FC2ブログ

水田のオモダカ

2020年08月10日
2020080205.jpg

オモダカ(沢瀉・澤瀉・面高)は珍しくも何ともない水田の雑草なんですが、かわいいし、細長い独特のかたちの葉っぱ、そして普通の丸い花弁が3枚の花はあまりないので、まじまじと見てしまいます。

2020080206.jpg

この3枚だけの花弁、ありそうであまりない。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

つる草の攻防

2020年08月10日
2020080224.jpg

右を向けばクズ、左を向けばアレチウリ。
農道を散歩していると、夏のつる草の勢いがすごいです。
農家が少なくなり、畑も荒れていていることも多いから、毎年夏に思うことです。

2020080225.jpg

2020080228.jpg

道も飲み込まれてしまいそうです。
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

お盆の花、ミソハギ

2020年08月09日


御仏はさびしき盆とおぼすらん 
一茶

長い梅雨に季節感がなかったけれど、ミソハギが咲き、お盆だなあと実感しています。

2020080236.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

畑の散歩道

2020年08月09日


あまり歩いたことのない農道を散歩。
バサバサに繁った畑は何の畑だろう?奥に重機も見えるし。
よく見るとゴボウのよう。なるほど地中深く伸びるゴボウの収穫には重機が必要なのです。

2020080231.jpg
こちらは民家の菜園、食べごろのとうもろこし。

2020080237.jpg
こちらも見たことないなあと、後から調べてみると、健康野菜のヤーコン。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

線路にて〜2020年の夏

2020年08月08日
2020080223.jpg

龍の馬も今も得てしかあをによし奈良の都に行きて来む為
大伴旅人 万葉集

空を飛ぶという龍の馬が欲しいものです。奈良の都に飛んで行ってまた帰ってくるために。
やはり相手は恋人でしょうか。
今すぐ会いたい…そんな気持ちがあふれていますね。

自由に旅をしたり、遠距離の恋人に会いに行ったり、帰省したり、ごく普通のことを慎重に考えなくてはならない。
新型コロナウイルスのために、そんな困った夏になってしまいました。

制約はごく一時的なものだろうと、GWの頃には考えていましたが、想像を超えて長く続き、夏休みや夏期休暇も事実上の自粛と受け止めるしかない状況にあります。
我が福島県でも、首都圏からの帰省はご遠慮下さいというムードです。
感染拡大の地域では、辛い状況の方がたくさんいて、なぐさめの言葉もありません。

行政には失望することが多いですが、どこをどうすればという答えは、地域、人や職業によって違います。ひとりひとりもそれぞれ考えて行動しなくてはならない問題です。
厳しい制限を課すこともあれば、妥協とバランスで乗り切ることができるかもしれません。

少なくとも、度を越す程他人の言動を非難したり、よくわからない感染予防の話に乗ってしまうする前に、落ち着いて考えて欲しいものです。
そのためには、個々ができるだけ普通の暮らし、生活の中にメリハリやリズムをつくる事が大事なんじゃないかと思っています。

まだまだ暑い日が続きます。
マスクは適宜に、どうぞご自愛下さい。

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

アワモリショウマ

2020年08月08日


里山と山の境界のようなところでよくみるショウマ(升麻)。
暑い夏、緑の中で涼しげな花を咲かせます。
ショウマの仲間はいろいろあって似ているのでイマイチ自信ないですが、これはアワモリショウマかな。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

鬼百合

2020年08月07日


何本かある我家のオニユリは、今年は雨の影響で早々に倒れたりしてますが、これは隣の木にもたれて、傾きつつもなんとか。
ユリは花が大きいので倒れやすいですね。

オレンジに黒い斑点は。暑い夏って感じですね。色合いから鬼百合、赤鬼のイメージでしょうか?
別名「天蓋百合(てんがいゆり)」、天蓋つきベッドの天蓋でしょうか?ああなるほど、この形、なんとなくわかりますねえ。
ついでに英語でなんというのか調べてみると「Tiger lily」…なるほど、こちらは虎ときたか(笑)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »