山百合の咲く木陰

2018年07月19日
2018071418.jpg

裏山の青萱ぬけいで咲く百合の涼風のむた大きくゆらげり
木下利玄

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

安達太良連峰・鬼面山、7月の植物

2018年07月18日
2018070851.jpg

2018070817.jpg

ハクサンフウロ、ウスユキソウ、ミヤマキンバイ、コメツツジ…
花の時期ときいてやってきた7月の鬼面山は、ほんとうに花盛りで楽しめました。(7月8日撮影)
時期やタイミングもありますが、隣り合う安達太良山とは植生が少し違っているような気がします。


登山口からブナの森に入ると、水際に山菜のミズ。
私は食べたことがない。

2018070806.jpg
低山によくあるヤマブキショウマかな?○○ショウマで似てるのが多いので…。

2018070807.jpg
クロヅル、高山の裾野、低山でよく見かけます。

2018070808.jpg

2018070809.jpg
アオヤギソウ、全体が緑で見落してしまいそうですが、とても美しいです。

2018070813.jpg
ノリウツギ、花はもっとこんもりとしているような気がしますが、まだつぼみだから…だと思う。なじみの花なのにイマイチ自信ない(汗)

2018070815.jpg
今回のメイン、ハクサンフウロ。
見頃に間に合いました!緑の薮に点々と咲いています。

2018070816.jpg

2018070860.jpg

20180708258.jpg
薄く透けてしまいそうな柔らかい花弁に、濃い紫の線が放射状に走っています。
可憐ですねえ。

2018070821.jpg
サワフタギ

2018070824.jpg
2018070830.jpg
標高が上がってくるとウスユキソウ

2018070829.jpg
ミヤマキンバイもポツポツ咲いています。

2018070823.jpg

2018070845.jpg
コメツツジ、頂上付近にはおどろくほどたくさんあり、花も満開できれいでした。

2018070828.jpg

2018070833.jpg
上り坂の登山道を埋め尽くすコメツツジ。写真だとわかりにくいですが、とてもきれいでした。

2018070835.jpg
ノリウツギの先には、登山口の野地温泉

2018070836.jpg
ガマズミの実も大きくなってきました。

2018070842.jpg
ぽつぽつとしかないと思っていたミヤマキンバイは、頂上付近では花畑、こんなにたくさん咲いているとは思わなかったです。

2018070844.jpg

2018070848.jpg
誰かのガーデニングか?と思うくらい、ウスユキソウとミヤマキンバイの美しい寄せ植え(笑)

2018070849.jpg

2018070858.jpg
ミヤマシャジンかな?ツリガネニンジンの仲間は似ていて難しい。

2018070871.jpg
野地温泉のあたりは深いブナの森。

2018070873.jpg

2018070870.jpg
ツルアジサイが咲いています。

鬼面山は気軽に登ることができて、高山植物を楽しめる山でした。
紅葉のころもまた来てみたいと思いました。

トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)

安達太良連峰・鬼面山トレッキング

2018年07月18日
2018070875.jpg

安達太良連峰の最も北に位置する鬼面山に登りました。
日本百名山の安達太良山は、広く知られる人気の山ですが、連なる鬼面山は、安達太良山の縦走ルートにある山の一つ、まあ簡単に言うと脇役って感じのようです。
鬼面山単独の登山は、磐梯吾妻スカイラインに向かう山麓の野地温泉(又は新野地温泉)が登山口。ここから山頂まで1時間〜1時間半位、とてもお手軽な登山です。最初の写真は新野地温泉から見た鬼面山。

我家からは、午後から出かけても充分OK、気軽に登ることができます。私の山の師匠(叔母)が、ちょうど花が咲いてるはずと言うので(7月8日撮影)

鬼面山 (安達太良連峰) - Wikipedia
野地温泉ホテル|野地温泉 福島県
新野地温泉相模屋旅館

2018070803.jpg
登山口からは、まず深いブナの森を歩きます。

2018070820.jpg
ブナの森を抜けると、送電線ための開けた場所に出ます。

2018070818.jpg
今日の目的のひとつ、ハクサンフウロの群生地にでました。ピンクの優しげな花がかわいい。

2018070819.jpg

2018070825.jpg
ハクサンフウロを楽しんだ後は、傾斜のある登りです。
息を整え振り返ると、さっきまでいた送電線を見下ろす位置にいました。

2018070826.jpg
このあたりからコメツツジが多くなってきました。小さな白い花ですが、びっしり咲くととてもきれいです。

2018070827.jpg
遠くに磐梯山が見えますが、雲に覆われています。

マイナーな山なので、誰にも会わないだろうと思っていたら、しょっちゅう来てる地元のおっちゃん(一人)に遭遇。そういえば遠くにラジオの音が聞こえてましたが、クマよけのラジオだったか。
おっちゃんは、県が登山道の整備をしたのはいいけれど、高山植物を刈っていったとブツブツ言ってました。まあでも道はある程度開けていないと登山道にならないので、その折り合いでしょうね。
「ここはクマが出るんですか?」と訊くと、「この辺りには出ねえよ」という答え。
いやでも、さっき聞こえてたのはクマよけのラジオでしょ?…と突っ込みたいところでしたが、この山を愛するおっちゃんにとっては、クマの出る危険な山だと思われたくないのかなと考え、突っ込むのはやめました。
(山菜採りで森に深入りし、ばったり遭遇でもなければ、クマはわざわざ登山客の前に出てきたりはしないのが通常)

2018070834.jpg
まだウラジロヨウラクが咲いています。あたりにはサラサドウダンもありましたが、花の時期はもう過ぎていました。

2018070822.jpg
アオヤギソウ

2018070831.jpg
登山道にはウスユキソウが目立ちはじめます。

2018070832.jpg
ウスユキソウとミヤマキンバイ

2018070837.jpg
しばらくするとまた森に。
どんな庭師にもつくれないだろう形の松。倒れ、蘇り、荒々しい生命力を感じさせる松。高さはないのですが、すごい迫力です。

2018070838.jpg

2018070840.jpg

2018070839.jpg

2018070879.jpg
だいぶ標高があがりました。登山口の野地温泉が見えます。

2018070841.jpg
山並が美しい。
標高が上がり見えて来たのは裏磐梯、白く見えるのは檜原湖かな?

2018070846.jpg
頂上(1,482m)です。休憩したり写真撮るのに時間かけても、約1時間半で頂上です。

2018070856.jpg
トンボ(たぶんアキアカネ)がたくさん飛んでます。

2018070847.jpg
磐梯山と檜原湖、この日、磐梯山はずっと雲の中でした。

2018070853.jpg
頂上から安達太良連峰の箕輪山の方に5分ほど行くと、そこはお花畑。
ウスユキソウとミヤマキンバイ、そしてコメツツジがきれいでした。

2018070852.jpg

2018070855.jpg
箕輪山を眺めながら休憩です。紅葉シーズンもいいだろうなあ。
ここから南へ、箕輪山、安達太良山へと縦走できますが、かなり長い縦走ルート、私たちはここから引き返します。

2018070854.jpg
頂上付近の岩場は、庭師が手入れしたかのようなコメツツジ。

2018070857.jpg

2018070859.jpg
下りはあっという間、新野地温泉への分岐。下山の半分は別ルートのブナ林へ。

2018070866.jpg

2018070861.jpg
細道をしばらく進むと再び開け、ハクサンフウロの群生、先ほど見た群生より多いです。

2018070863.jpg
傾きかけた日差しがハクサンフウロを照らしています。

2018070864.jpg

2018070865.jpg
鬼面山を振り返ると、今下りて来た細い登山道が見えます。

2018070869.jpg

2018070867.jpg
ブナの森が続きます。

2018070868.jpg
木の根がいい感じに滑り止め。

2018070874.jpg
こぶだらけの大木は、ファンタジー映画に出てきそう。

2018070872.jpg
古い木の橋…大丈夫か?(汗)
よく見ると、下に太い丸太が渡してあり、大丈夫そうです。

2018070878.jpg
出発した登山口から500mほどの新野地温泉に無事到着です。湯煙が秘湯っぽいですね。
手軽に登ることができて、いい山でした。
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)

ミソハギ

2018年07月17日
2018071602.jpg

我が地方ではお盆の花、ミソハギ(禊萩)。
別名「盆花(ぼんばな)」。
連日の猛暑のせいか、早くも咲きはじめ、お盆の頃には終わってしまいそうです。

2018071601.jpg

散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

ニワトコの実

2018年07月16日
2018062459.jpg

古い民家の裏庭や里山で、誰もが知らず知らずに目にしていると思います。この赤い実の木はニワトコ(接骨木)です。
ニワトコという名前は知っていても「接骨木(セッコツボク)」…「骨を接ぐ木」と書くとは知りませんでした。
解熱や利尿に葉や木を煎じて服用したり、骨折や打撲に塗ったりしたらしい。
昔から役に立つ木として、家の近くに植えていたから今でもよく目にするわけですね。

Wikipediaによると、ニワトコの仲間に、セイヨウアカミニワトコ(European red elder)、セイヨウニワトコ(Black elder)、アメリカニワトコ(American elder)などがあり、欧米でも昔から、実(エルダーベリー)をジャムや健康酒などに利用してきたとあります。
ハリー・ポッターに登場する魔法の杖がニワトコ(elder)でしたね。

英語では「elder(エルダー)」…エルダー?…聞き覚えがあります。記憶を辿ると、少し前の時代の壁紙や生地に、エルダーフラワー、エルダーベリーというデザインがありました…調べてみると、ありました「リバティプリント」です。
デザイン化されているので、柄や模様を見ても、実際のニワトコは連想しにくいですが、親しまれてきた植物であることはわかりますね。
ニワトコは、日本でも欧米でも古くから利用されてきた身近な木なんですね。

LIBERTYリバティプリント・国産タナローン生地<Elderberry>(エルダーベリー)
リバティプリントとは

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ひょう干し

2018年07月16日
2018071202.jpg

畑の野草「スベリヒユ」は、食べられる野草として知っていて、だいぶ前に食べたことがあります。肉厚の葉はつるっとした(ツルムラサキのような)独特の食感と酸味がありあます。その時の感想は、まずいとは言わないまでも、また食べたいと思うほどではありませんでした。
その後、スベリヒユを干したものを「ひょう干し」といい、山形の郷土料理であることを知り、一度食べてみたいと思っていました。
私の場合、ひょう干しを作ってから食べるという意味です(笑)というのも、スベリヒユはありふれた畑の雑草ですから、その気になればいくらでも見つかるのです。

やまがたの郷土料理:冬の頃の郷土料理「ひょう干し」

2018071203.jpg

摘んできたスベリヒユを茹でて、太陽の下に干す。2〜3日でカラカラに乾きました。簡単です。
できあがったひょう干しは、カサが減り、切り干し大根のような感じですかね。
さて、本来は冬の郷土料理ですが、好奇心から作ってみたひょう干し、すぐに食べることにします。

2018071201.jpg

茹でて一晩戻す…干したものをまたすぐ戻すなら、生で食べた方が…いやいやそれはひょう干しではない(笑)
戻すと、また瑞々しさが戻ってきました。

2018071204.jpg

ひとまず、油揚げと炒め煮にしました。
生の時のアクや酸味はほぼ消え、食べやすいです。私の記憶の中では、やはり保存食のワラビの塩漬けに近いかなと感じます。
なるほど、これがひょうなんですね。
ただしこれは冬の郷土料理で、夏の食べ物ではないかも…、7月の今ですと、新鮮な夏野菜がたくさんあり、ちょっと霞んでしまいます。
ひょうは半分残っているので、冬までとっておいて、食べることにします。



野の食卓 | Comments(2) | Trackback(0)

7月の夕暮れ

2018年07月14日
2018070316.jpg

あつき日にねがひし程は空晴れて月になりゆく夕暮の雲
大内正弘 拾塵集

日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »