映画「ブレードランナー2049」

2017年11月23日
4266f56fa9d707d4.jpg

映画『ブレードランナー2049』 オフィシャルサイト
SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編。前作から30年後の2049年を舞台に、違法レプリカント(人造人間)処分の任務に就く主人公が巨大な陰謀に巻き込まれる様子を活写する。新旧のブレードランナーを『ラ・ラ・ランド』などのライアン・ゴズリングと、前作から続投のハリソン・フォードが熱演。『メッセージ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを取り、前作の監督を務めたリドリー・スコットが製作総指揮に名を連ねている。
<あらすじ>
2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっかけに世界は食物供給が混乱するなど危機的状況を迎える。2025年、科学者ウォレス(ジャレッド・レトー)が遺伝子組み換え食品を開発し、人類の危機を救う。そして、元捜査官デッカード(ハリソン・フォード)が突然行方をくらませて以来30年の月日が流れた2049年には、レプリカント(人造人間)の寿命に制限がなくなっていた。


640-3_2017111411164688e.jpg

前作のファンは、設定や展開に感想が分かれているようですが、そこは百人百様、あげるとキリないです。私はとても楽しめた…というか、胸に迫るものがあり、こうして30年後を描いた映画を見られて、良かったなあと思っています。
前作の「ブレードランナー」は、マニアックな作品で、当時は人気もそれどではなく、ローカルに住む私が見たのも公開から何年か後だったと思います。
決して明るくない未来設定、刹那的に生きる人々の姿に、やるせない思いがこみあげてくるのですが、自分の心の中にある(私を含む)ある一定の人はがっつりハートをつかまれました。
私はすぐにビデオ(VHS)とサントラCD買いにいったくらいで…そんなあれこれを思い出します。

640_20171114111647113.jpg

前作から30年後、その間に地球規模の危機があり、貧富の差は更に広がっていると思われる設定…もはや天然の植物、食料資源もないのかもしれない。前作以上に暗い未来。
見る前にほっとしたのは3Dではないこと。今ならどんな作り込みも派手な映像演出もできますが、それはブレードランナーとは違う。SFという設定の人間ドラマですからね。
とはいえ、私にとって映像美のないSFは問題外。今回、旧作の小道具や町並みの再現もすごいし、新たな舞台、砂漠の廃墟もリアルでぞくぞくするほど美しい。(廃墟の美ってやつですね)

640-1_201711141116442a3.jpg
640-2_20171114111640ca4.jpg

レプリカントも普通の人のようにくらしている世界。
VRの彼女がとてもかわいい。彼女との関係は、今現在のVRがこのまま進めば想像に難くないです。

66018.jpg
images_20171120103034be4.jpeg

捜査官Kはある出来事をきっかけに、元捜査官デッカードを探し始める。
従順なレプリカントが従わなくなる瞬間、それは奇跡なのか、生命への冒瀆なのか?

1*OcVp0cfWTVEb_NOdgMeWVw

ストーリーや結末も大事なんですが、もっと大事なのは全体に流れる空気感。
多かれ少なかれ、誰でも持っているだろう夢やあこがれと、相反する現実の厳しさや挫折の入り交じった感情、そこに寄り添ってくる空気感…そこは前作のままで、胸が熱くなります。

人はどこかで「奇跡」を信じたいし、自分には特別な事が起きるかもしれない、特別なミッションがあるのかもしれない…そんな期待もあったりします。
そしてそれ以上に、自分の人生には意味があったと思いたい。
ラスト、その思いが、どこまでも甘くせつないです。

blade_rannner_spinner_Peugeot_20171012-500x281.jpg

プジョーとコカコーラの看板があって、そうかこれは未来に生き残るのかと(笑)
ブレードランナーファンで車好きの友人は、車がプジョーですごくうれしかったと言ってました。


映画 | Comments(0) | Trackback(0)

夏井川渓谷の紅葉

2017年11月22日
2017111903.jpg

久しぶりにやってきた親戚を連れて、いわき市の夏井川渓谷にやってきました。
この日(11月19日)紅葉が残っていて、天気が良さそうな所がここでした。
我家からはけっこう遠いのですが、先月、ここに近い二ツ箭山に来ていたので、来やすいということもあります。

夏井川渓谷 (いわき市)
夏井川渓谷 いわき観光情報サイト
多くの滝や渕が変化に富んだ美しい日本画のような風景が約15kmも続く夏井川渓谷。昭和28年3月に夏井川渓谷県立自然公園に設定され、四季折々の景色を見ることができる。春のアカヤシオ、秋の紅葉の時期はJR磐越東線徐行運転が行われ、車窓からその景色の素晴らしさを楽しむことができる。「籠場の滝」は平藩主が籠をとめて景色を堪能したことからこの名前が付けられたと言われている。

2017111908.jpg

ドライブコースは、県道141号線と夏井川、磐越東線が複雑に交差しています。大きな駐車場は少ないので、そこから歩くか、短時間の路駐、ただしドライブだけでも十分美しくて楽しめます。
道は広くなく、紅葉を見てるうちに道路の真ん中に…なんて人も多いので、運転は注意が必要です。
磐越東線の古いトンネルや踏切は風情があってそちらも見所(車を停められないので撮影できなかった)

2017111904.jpg
春、アカヤシオ(ツツジ)が見事だった場所には、比較的広い駐車場があるのですが、そこに紅葉の巨木があり、すごい迫力でした。

2017111905.jpg
真っ赤です。

2017111907.jpg
そして鮮やかな落ち葉

2017111906.jpg
桜など早い紅葉はすでに落ち葉に、最後に残るのはもみじの仲間。沈んだ色合いの山に赤いもみじもいいですよね。

2017111911.jpg
夏井川にそそぐ水流、どこから来るのか?

2017111918.jpg
山々の紅葉は色あせてきたところ。

2017111910.jpg
サーモンピンク、優しい色合いのもみじ。

2017111916.jpg
赤い巨木から下流に下ると、前回も訪れた篭場の滝。

2017111913.jpg
この時間、日差しは山の影に入ってしまいましたが、白っぽい岩と紅葉の山々が美しい。

2017111914.jpg

2017111917.jpg
松に清流、絵になりますね。

2017111901.jpg
木漏れ日。
渓谷沿いの道路はうねうねと曲がり、場所や時間によって日差しが変わり、午前と午後でも、まったく趣きが変わります。何度来てもおもしろいかも。

散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2017 フランス大会 男女フリー ショーマ名古屋ファイナルへ

2017年11月21日
リザルト

●女子フリー
まいちゃん
良かったです。落ち着いて演技ができたと思います。すばらしいスケーティングの伸び、ここが一番の魅力。
しかし得点は(悪くはないものの)イマイチ伸びないなあ(汗)PCSはもっと欲しいところです。
ミスをしたSPで4位、ほぼノーミスのフリーが5位、総合4位。他の選手がすごすぎってこともありますが、厳しい〜(涙)
着実にステップアップしていますが、ファンとして、これが現実かなとも思います。テクニカルの積み重ねと、PCSはスケーティングだけではない、芸術性や華やかなインパクトが必要。ケイトリンの迫力、ザギトワの華やかさ…上位争いに加わるには、まだまだ足りないものがありそうです。
まいちゃんには、というかそれぞれの選手にはそれぞれの個性があり、味わいが違う、それを生かしながら…もっとうまくなれ!がんばれ!

ザギトワ
強い!まいりました。
ノーミス、後半ジャンプ固め打ちが得点を支えていますが、大会を重ねるごとに、スケーティングや表現面でのステップアップもしているのがすごいです。
PB更新151点!うっは〜。余裕で逆転優勝、ファイナルへ。

優奈ちゃん
安心したのか最後ジャンプで転倒、ここが決まればねえ、しかしよくがんばりました。シニアの大会で自分らしいスケートができました。PB更新。
ただし、このプロはちょっとまとまりづらいところがあるんですよね。

ソツコワ
ソツのないソツコワじゃない、パーフェクトなソツコワ!すばらしい。
まだ青いな〜って選手ですが、醸し出す雰囲気は上品でエレガント。青い「月の光」がよく似合う。
ロシア代表に少し近づいた感じ。

ケイトリン
ミスを重ねる良くないケイトリンなんですが、以前のような大崩れはしないのが強み。いい時にくらべると微妙ですが、PCSは高値キープ…この地位を確立するのがトップ選手の証か。
フリー4位も総合3位でファイナルへ。

日本女子は皆がんばっていますが、周りはそれ以上に追い上げています。とにかくロシア女子強し。
名古屋ファイナルへは、わかばちゃんに少しだけ可能性が残っているのみ。
当たり前のように行っていたファイナル、これまでがすごかっただけなのかも(汗)

●男子フリー
デニス10
GPSは練習、練習…でもいいんですが、この調子悪さが2大会続くと、これでいいのかなと思う。

マックス
もう少しオペラ座っぽい衣装にした方が…(汗)これだと「オペラ座の暴れん坊」って感じ(笑)
ジャンプのミスはあっても、しなやかな流れのあるスケーティングになってきて、がんばってるなと思います。もう少し演技のメリハリがあれば。

エイモズ
現地っ子か。
勢いがありますね。ステップやコレオが楽しい。どんどん大人になってきてます。
会場からすごく応援されてシアワセ!(笑)
お〜キスクラにジマーマンコーチ、振付もなのか〜かっこいい〜、かっこいいコーチのかっこよさを学ぼう!

クヴィテラシビリ
イベントのユニフォームみたいな衣装。
表彰台にはまだちょっとですが、着々と実力つけてますよね。

ビチェンコさん
道化師というよりは、親切な郵便やさん的なビチェンコさん。
総合5位、ファイナルは残念。

ミーシャ
「タイスの瞑想曲」美しい〜。いいもの見せてもらいました。
3Aは2本入り加点も。パーフェクトでもこれまでだと、パーツパーツで分かれる感じがあったのですが、今回は最初から最後まで流れがしっかりあって途切れず、見応えがありました。
総合3位!GPS初表彰台おめでとう!

サマリン
もっと変衣装を!
攻めの姿勢は良かったですが…。ファイナル残念。

ハビ
最後のGPSになる…らしい。
かなりよくないなりに、4Sは決めたし、かっこいいし、スケートがうまいし、プログラムはいいし…(笑)
演技演技しなくても、自然に溢れてくるようなドラマ、それが稀有な表現者ハビ。
腰に痛みがあるらしい、お大事に。

ショーマ
リンクサイドのコーチを「バー美穂子」と言うらしい…うまい!
良くないなりにがんばりました。
良くないなりに攻めました。
インフルエンザ明けでハード過ぎる後半はきつかったと思う。4Loは練習でも跳んでなかったらしい。4Fがよくないのがちょっとねえ。
総合2位でファイナルへ。
私は、大崩れで台落ちもなくはないと思っていたので、演技を楽しむどころではない(汗)ほっとしたというのが正直な気持ちです。
地元名古屋のファイナル、ゆづもいないし、何としても自分は行かなくてはというプレッシャーもあったと思います。

ハビが最後のGPSを優勝できて良かった。
ショーマは3年連続でファイナル、ファイナルに行くのは当たり前のように考えてますが。すごいことですよね…ゆづのGPF3連覇はもはやモンスターか神業です!
さあ、残るはスケアメのみ、みんな元気でがんばっておくれ!

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

晩秋のムラサキツユクサ

2017年11月21日
2017111801.jpg

もう霜が降りていますが、日当りのいい場所にムラサキツユクサを見つけました。
やわやわとした花でも丈夫なものです。
夏の盛りに比べて花の色はずっと濃い紫。そういえば、野草のツユクサも初夏より夏の終わりの方が色が濃いし、秋のバラも夏に比べると濃い色ですね。
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

霜が降りる朝

2017年11月20日


ここ数日は冬の寒さです。
朝が遅い私でも、霜で真っ白の庭を目にします。

2017112002.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2017 フランス大会 男女SP 波乱にも慣れた?

2017年11月19日
リザルト

●女子SP
優奈ちゃん
伸び伸び、笑顔〜。今の彼女の良さがいっぱい、すてきでした。
以前はジャンプはいいけど、つなぎと分断している感じがあったけれど、つなぎからスムーズに流れていくジャンプになって、成長を感じます。
おお〜PB66点。

ザギトワ
何度でも言いますが、なんでブラックスワンがそんなにいいのかわからない。ザギトワなら姫様オデットでいいんじゃないの?
3Lzコンボでまさかの転倒、びっくりした!…で、3F+3Loでリカバリーもお手つき。リカバリーでもセカンド3Loってすごい(汗)
プレッシャーとかいろいろあるんじゃないかと織田君。ショックを隠しきれないキスクラ。

リーザ
冒頭3A転倒、1Lo、コンボは3+2。ショックもあるのか全体にいい時のキレがないような。
厳しい結果に。

まいちゃん
冒頭のコンボでフェンスに寄りすぎて、セカンドは2Tでフェンスへ。練習でもしないミスだったとか。
他はすばらしかったです。表現の進化、表情、黒ひょうのようなしなやかな動き、そしてスケーティングの滑らかさ、気持ちいいい。
今回もSPで出遅れてしまいました。それでも66点はラッキーな方か?
なかなか思うような結果が残せていませんが(もしかして今季の最大の目標には間に合わないかもしれませんが)着実に成長していますし、今季のプログラムは彼女をステップアップさせる内容だと思う。強い気持ちで前を向いてがんばってほしいです。応援しています。

ソツコワ
正しい白鳥の湖、華やかなピンクのドレスが勝つオーラって感じ。
3Fでちょっとバランス崩す。すこ〜し大味なところもあるけれど、王道のスケーティングと麗しい表現力。よかったです。
タノジャンプの腕が伸びればもっといいと織田君。たしかに盆踊りっぽいもんね。

ケイトリン
「パリの空の下」ケイトリンの背中好き。
コンボは3+2、3Lzでお手つき。いい時の迫力はなかったかも。
それでも67点でちゃうかあ〜。でもテクニカルミスってもプログラムの魅力が失われないのはさすがだなあ。

●男子SP
クヴィテラシビリ
ほっそり長い手足、ノーブルな雰囲気。かっこいい。
動きが軽いですねえ、4S+3T、4T転倒。

マックス
4Tがグルグルした!…ミスしたってことです(汗)4Sこらえ。う〜んジャンプ2ミスは厳しい。

サマリン
変衣装の期待がかかるロシアの若手。若手が全員おしゃれじゃツマラナイ。男前の無駄使い、かっこいいのに変衣装、そんな若手を育てよう!
4Lz<+3T、4T、3A。ちょっと危なっかしいところもあるんですが、サマリンもここまで仕上げてきました。
体のラインが洗練されてきた印象です。

ビチェンコさん
4T含めて大きなミスなくてもSP5位、男子も大変な時代です。

ハビ
体調不良だったチューハイからは想像できないすばらしい内容でした。
4T+3T、4S、3A、ジャンプ完璧、スケーティングや表現は一級品。チャップリンメドレーをSPで使うには、詰め込み過ぎなくらいなんですが、ハビが演じると宝物がたくさん詰まった箱を開けたような充実感。中身の濃いSPになります。すばらしい〜!PBにちかい107点、まあ実力か(笑)
結果としてオーサーコーチがいるといないのじゃ大違いって思ってしまいますね。

ショーマ
冒頭の4F転倒、4T+3TOK、3Aこらえ。
滑り出した瞬間、さっと冬の風が舞い込むような空気感。ターン一つにしても、ゆるやかなターンと、力強いターン、早いターン、様々なバリエーションがあります。緩急の使い分け、指先の動き、表現にも深まりを感じます。
スケーティングやステップ、スピンなどはとてもよかったと思う。ハビに迫る高いPCSも納得です。
終えて上を見上げて何を思う…きつかったなあ…ですね。
冬がきた〜と思ったら風邪ひいた?って思ったらインフルエンザ、お疲れ様。
90点台で低いと感じる時代です(汗)

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

銀杏並木

2017年11月18日


金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちるなり夕日の丘に
与謝野晶子

小学校の校庭をぐるりと囲む銀杏並木。
ハラハラと落ちながら、夕日に輝いていました。

2017111201.jpg

散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »