2018 ピョンチャンオリンピック 男子SP 羽生様華麗に復活

2018年02月21日
2018平昌冬季オリンピック
リザルト

ヴィンス
早い登場だな。
4Lz+3T、4Fステップアウト、3Aこらえ。攻めてます。攻めてます。
…の割に得点が伸びないのは、マイナス多かったことと、ジャンプメインでPCSはちょっと物足りない。シニアじゃまだ新人、滑走順早いこともあるかな。

デニス10
美しいプログラムも決めるところを決めないと…まさかのフリー進めず(涙)

ハンヤン
3Aは華麗に、4Tとコンボでミスが痛い。スケーティングは切れ味が良くて、いい頃に戻って来たと思う。

ケリー
着々ときてますケリー君。4Tも成功。足元もう少し多彩だといいなあ。

クヴィテラシビリ
フィーリングッドはうちの無良君の曲やぞ。
いい選手だと思うんんですが、もっと似合う曲ありそう。

キーガン
カナダ2位でここまで来たよ!
4T+3Tがギュルギュルっと決まった!いいなあ。あ〜3A転倒。
スケートがすごくきれいになりました。そして踊ってます!すごく回ってます!
かわいいキーガンでした。ロックなコーチは今日もかっこいい。
85点、まずまず。

ミハル
鼓童と何年付き合っているか?
4S+2T決まった!でもクワド決まって、他のジャンプで大コケかもな…と思った自分(すまん)久々のノーミス、やればできる!(笑)

ジュンファン
いろいろあったけど、よくここまで戻って来た。前途は明るい。

ミーシャ
アーティストミーシャの真骨頂。
音楽的、美しい演技、いいんだけど、ちょっとタメすぎじゃないのかな?

ヨリク
アーティスト系スケーターが続く。
3A美でだいたいのできは決まった気がする。あとは好きなだけ表現しよう!
泣きのスケーティングと勝手に名付ける。
お〜気がつけばパーフェクト!

アダム
ここ2シーズンくらい、アダムは迷いのないクリアな演技をしてますよね。かっこ良かった。
PBに近い得点でも、80点台後半だと、ふ〜んとしか思わない今日この頃(汗)
クワドなしで90点もらうのは大変なんだなあ。

アリエフ
王子がんばれ。
4Lz+3T美、4T美、3A。よく動いています。若手がジャンプ突出になりがちなところ、ジャンプと美しい表現を両立させたところがすばらしいですね。とても雰囲気があってすてきです。
PB98点!

パトちゃん
4T、3lz+3T、3A転倒。スケーティングは別格の美しさ。
3A以外はとても良かったけれど、勝ちにいくパッションがあまり感じられなくて、どこか達観しているような気がする。

刑事君
冒頭の4Sは転倒しましたが、そのあとはとても良かった。情熱的で男っぽく、色気に満ちてました。
PCSプリーズ!

ビチェンコさん
4Tはこらえ、、ちょっとあぶなかったけれど、しっかりまとめる力は、さすが我らの兄貴。

ラトデニ
師匠譲りの風を捉えるようなスケーティング。3A転倒、クワドなしでミスはキツい。

羽生様
4S美、3A美、4T+3T
美美美美美美美美美美美美…そして強い、あっぱれです。
エレメンツがスケーティングに溶け込む、これぞゆづのスケーティング。
ブランクの影響を全く感じさせないSPでした。
今日もプーの雨が降る〜。
111点はPBに近い得点。

ネイサン
また微妙な衣装(汗)
4Lz転倒、4Tステップアウトで単独、3Aもステップアウト。
どうしたんだと実況、その通り(汗)
う〜む魔物はネイサンのところに…

コリャダ君
このところ確率悪い4Lzは3Lzに。4T転倒でコンボにならず。3A美。
エレメンツと失敗しても美しく動けるのはコリャダ君の成長の証ですが。
ピリッとしませんなあ(汗)私だって落ち込むさ。

ショーマ
4F、4T+3T、3Aこらえ。緊迫感あるSPでこの曲はハマる。
決してベストではない、危ないところもありましたが、終わってみればすばらしい内容。がんばりました。トップを争う格がありました。
104点。

ハビ
滑りだすともうドラマが始まる。4T+3T、4S美、3A完璧です。
軽快な滑りと、ソフトでロマンチックな滑り、自由自在に表現できてしまうハビ。
さすがです、107点。

ボーヤン
すばらしい高さの4Lz+3T、4T、3A、パーフェクト!ジャンプの高さがすごいです。
スピンやステップもきっちり決めました。

羽生様華麗に復活。インタビューにもやることやってきた自信が満ちていていました。
表彰台争いには、ゆづ、ハビ、ショーマ、ボーヤンの100点越えメンバーになりそう。
この時点でこのままの順位でいってくれていいな、あるいは日本に2選手が表彰台ならどの位置でもいいかな。そんな風に思ってました。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

日当りのいい坂道

2018年02月20日


日当りのいい土地では、雪もあっという間に消えてしまう。
北側の土地の我家とは大違い。今度生まれ変わる時には日当りのいい土地に生まれたい(笑)
今年の冬は寒さが厳しく、ついそんなことを考えてしまいます。

坂の途中には杉林。
そいえば数日前から鼻が…寒さの次には花粉症の季節か、やれやれ(汗)

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

秋元湖、冬の夜明け

2018年02月17日
2018021024.jpg

秋元湖のワカサギ釣りには、暗いうちに出発。
現地に着いたのは午前6時、まだ月が見えていました。

2018021007.jpg

釣りのポイントに着く頃、白々と夜が明けてきました。
氷上で迎える夜明けは幻想的で、それだけでも来た甲斐がある、そう思えるほど美しかったです。

2018021003.jpg


トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)

2018 ピョンチャンオリンピック ペア アリオナ悲願の金メダル!

2018年02月16日
2018平昌冬季オリンピック
リザルト

●SP
須﨑&木原
2人ともなんていい表情しているのだろう!
苦手の3ツイストはマイナスだけど。その他のエレメンツはプラス評価。がんばりました。
フリー進出はできなかったけれど、こんなにすてきなペアに成長したことをどんどん報道してくれ!
それにしても上はまだまだ遠い、がんばれ。

ユウジャン
シャオユー美しい。美しくてダイナミック、スケールの大きい白鳥の湖。ハオジャンがこんなにノーブルな演技をするようになるとはねえ!すばらしい〜。

バネッサ&ジェームズ
このスピード感、かっこいい~。パーフェクト!すごく良かったです。
団体戦の慎重さかふっきれてる感じ。できるのはわかってる、あとは大舞台で実力を出せるかだけなんですよね。

スイハン
ノーミスのすっごい演技!ってことだけでなく、スケートに気持ちをこめるってこういうことかなあと。すーっと滑るだけで思いが伝わってきます。
2人のこれまでのあゆみが昇華されていくよう。

マルホタ
生き生きしてます。ジャンプ軽々、2人ともキレがいいなあ。弾けてます!(笑)すばらしい〜。

デュハメル&ラドフォード
ルッツでちょっとだけマイナスがありましたが、いい演技です。スローの高さがダイナミック。
じわじわパワーが満ちてきます。

サフマソ
今日もかわいい2人。リズムを刻む、音楽とのシンクロがすばらしい。大舞台で楽しい雰囲気をだせるすごさよ。
ツイストの滞空時間長過ぎる(笑)ミスは3Sが2S、でもプログラムの楽しさには影響していません。

タラモロ
このSPは失敗する気がしないですよね。団体戦につづいてパーフェクト!
ジャンプやエレメンツがこのスピードの中で美しく収まっていて、2人の技術力の高さがわかります。

サフマソの2Sくらい、ペアSP上位陣は歴史に残りそうな神演技大会
できるのはわかっていてもオリンピックでいい演技ができるとはかぎらないない、大舞台でこの演技、みんなすばらしい!
よりパーフェクトだったのがスイハンとタラモロで82点と81点。強いていえば、タラモロのプロはチャンピオンプロにしては王道過ぎたかも(逆にフリーはユニークすぎるわけなんだけれど)、ハートをゆさぶるのはスイハンだったとしか言いようがない、今は。
3位ラドフォード76点から、9位グアリゼでも74点!PB続々。うは〜!
-----------------------------------------
●フリー
マルホタ
元気いっぱい、ノーミス!ジャンプがダイナミックに決まる威力はすごい。
そしてマルケイの女優っぷり、とても濃い内容のプログラム。

バネッサ&モーガン
スロー4Sで両手つき、ソロジャンプの2Sというミスはありますが、終始力強く、美しく、プログラムの魅力を存分に伝えています。
ミスがあっても、美しい姿勢やつなぎが魅力的でずっと引きつけていますよね。メダルだって夢じゃないところまで来た、すごい成長です。

サフマソ
冒頭のメビウスの輪のようなてつなぎポーズが好きです。スピリチュアルな何かが起きそう。
ツイスト、スロー、ソロジャンプ、リフト全てが高いクオリティ。スロークワド、クワドツイストは封印して、パーフェクト、加点モリモリの高得点に。
手つなぎの印象がプログラムのあちこち現れて、個性的なプログラムに。ペアでここまでの芸術性を体現したことに感動です。
エンディングの疾走感に気持ちが高まります。
終えて倒れ込むふたり…やりきった!

デュハメル&ラドフォード
3Lzでちょっと乱れましたが、できることはすべてやった…そんな清々しさがあります。
カナダの雄大な自然に育まれたスケールのある演技でした。

スイハン
中国ペア、プライドをかけたトゥーランドット。
すごい気迫です。4ツイストOK,スロージャンプもすごいスケールで決まる。ソロジャンプのミスが残念ですが、その他は迫力十分でした。
氷の姫を命がけで口説くハン君、後半ほろほろとやわらかくなるスイちゃんもすてき。

タラモロ
ソロジャンプの2S、スロー3Sの転倒が致命的でした。表彰台のチャンスがあっただけに落胆は大きい。
ミスがあっても感動的な演技が続き、タラモロのこういう軽さのあるプログラムはちょっと不利だったかも?
まあでも、大きなミス2つは厳しい。

表彰台を逃したタラモロの落胆と、優勝が決まったサフマソの感動の涙、マッソの号泣、祝福するメーガンの大人の対応。スイハンは北京で金をめざすからね!
サフマソというか、アリオナ・サフチェンコついにオリンピック金メダルです!
SP4位から劇的な逆点優勝、本当にすばらしい演技でした。おめでとう!
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

笹の葉

2018年02月16日


小竹(ささ)の葉はみ山もさやにさやげども我れは妹思ふ別れ来ぬれば
柿本人麻呂 万葉集

笹の葉が風にざわざわと鳴っているけれど、私は別れてきた妻(愛する人)をただ思うのです。
旅先でふと不安にかられた時、愛する人を一心に思い心を落ち着かせる、そういう歌だとか。

2018020467.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

鎮守の社

2018年02月16日


遠目にこんもりとした杉林が見えました。
鎮守の森かな…近くまで行ってみると、荒れてはいますが、赤い鳥居と社。
田舎の集落に点在するこのような社は、寂れてしまっいることが少なくありません。残念ですが手をかける費用も時間もなかなか難しい時代ですね。

201802040600.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2018 ピョンチャンオリンピック団体戦決勝 女子フリー・アイスダンスFD

2018年02月16日
2018平昌冬季オリンピック
リザルト

●女子フリー
未来ちゃん
3Aクリーン!未来ちゃんの3A!全てをていねいに、ていねいに。
オリンピックと3Aにかけた思いに、なんかこうジーンとしてしまいます。
キスクラ応援団も大盛り上がり、アダムの目に涙。
PB大幅更新、たくさんの意味でおめでとう。

かおちゃん
緊張してましたね〜でもそうだろうなあ…未来ちゃんでもりあがった後だし、そう見てました。
3Lzコンボは単独になるも、後半のジャンプをコンボに、どんどん持ち直しています。この緊張感の中で大崩れなしでリカバリー。ベストではないかもしれませんが、かおちゃんは強いです。立派です。

デールマン
超特大3T+3Tは今回も完璧!彼女の体には、しなるような強いバネを感じます。
少し危ない場面もあったけれど、すばらしい内容。いや〜強いです。

コストナー
全身カマキリ色でなくなったのはいいけれど、今度はアメーバ風。もっとふわふわした天上人みたいなのにしてほしい。
けっこうミスはあっても貫禄の滑り。完璧な滑りは個人戦でいいかなと思う。

ザギトワ
15歳、オリンピック初出場初演技なら、何が起きてもおかしくないと、ちょっとだけ思ってましたが、ただただすごかっただけ!(笑)
ミスの気配すらない。
かわいい+すごい+エテリ=強い
エレメンツは加点のとれるでき、テクニカルカウンター83!
さてどんだけ出るか?158点!圧勝です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アイスダンスFD
かなクリ
今の季節にこのプログラムを見ていると、雪解けと共に桜が咲き始める、まさにそんな景色が見えてきます。すてきなプログラムです。
クリスが珍しく転倒、焦りましたが、かなちゃんの落ち着きとクリスへの揺るぎない信頼がより強く感じられ、うるっときてしまいました。
どこのカップル競技もそうですが、相性のいいパートナーとの出会いが奇跡のように感じられ…かなクリは最強選手ではないけれど、出会いはやっぱり奇跡だと。
後半は動きも良くなり、良かったです。ミスがなくとも順位は変わらなかったかもしれない、日本にとってミスが団体戦で良かったとも思いますね。

アンルカ
じんわり、しみじみ、人生への愛おしさがこみ上げてくるプログラムです。
押しの強いカップルが多い中で(汗)きめ細かい演技。すてきでした!

ボブソロ
難解そうな世界にいつのまにか引き込まれていく。
柔らかいスケーティング、エッジの滑らかさが心地いいい。
出会って恋が生まれ、消えていく…そんな世界か。

渋谷家
今日もシャープな動き。ツイズルはすごいの一言。
まっすぐな思い、ピュアな精神を感じました。

テッサ&スコット
気迫、目力、登場からしてすごいオーラ。テクニカルも表現も圧巻です。
リフトが毎回すごいですよね、磁石ついてるのかと思うくらい(笑)
情熱的に激しく盛り上がる恋、つかの間の平和、そしてクライマックスへ…肉食系の恋です。
すごかった!

FD前に優勝決定のカナダ、テッサたちがさらに上積み。
カナダ優勝おめでとう。
俺たちのパトリックさんを手ぶらで返すわけにはいかない…ラドフォートとスコットの思いが通じました(笑)

2位アメリカ、3位OAR(ロシア)
やはりこの3カ国が強いですねえ。かないません。
団体戦はメダルのチャンスが増えるという意味では悪くない…うらやましいなあと思います。距離や種目の違いで複数のメダルを取れる競技を見て、いいなあと思うスケートファンも多いと思います。
ただルールやスケジュールなど、まだまだ課題は多いですよね。
私としては、どのカテゴリーにも負担の少ないスケジュールでお願いしたいということと、個人戦と別の選手のエントリーもありにしてほしいです。
個人と団体、両方出る(出たい)選手もいていいし、別の選手でもいいと。団体戦をリハくらいに考える選手がいてもいい。
そうなると、今の段階ではリアルではないけれど、団体戦を優先する国が出てきてもいい。
よりよい方向に進むことを願っています。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »