ジャコメッティ展

2017年07月01日
00088008.jpg

ジャコメッティ展
2017年6月14日(水)〜9月4日(月)
国立新美術館

スイスに生まれ、フランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、そして、1920年代の終わりから参加したシュルレアリスム運動など、同時代の先鋭的な動きを存分に吸収したジャコメッティは、1935年から、モデルに向き合いつつ独自のスタイルの創出へと歩み出しました。それは、身体を線のように長く引き伸ばした、まったく新たな彫刻でした。ジャコメッティは、見ることと造ることのあいだで葛藤しながら、虚飾を取り去った人間の本質に迫ろうとしたのです。その特異な造形が実存主義や現象学の文脈でも評価されたことは、彼の彫刻が同時代の精神に呼応した証だといえましょう。またジャコメッティは、日本人哲学者である矢内原伊作(1918-1989年)と交流したことでも知られ、矢内原をモデルとした制作は、ジャコメッティに多大な刺激を与えました。
本展覧会は、南フランスにあるマーグ財団美術館のコレクションを中心としたジャコメッティの大回顧展です。この稀代の彫刻家の作品を数多く所蔵するマーグ財団美術館は、パリとチューリヒのジャコメッティ財団と並んで、世界3大ジャコメッティ・コレクションの一角を占めています。本展覧会には、ジャコメッティの貴重な作品を所蔵する国内コレクションのご協力も仰ぎつつ、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品、約135点が出品される予定です。


topics3bbe81f3562283.jpg
(左から)《キューブ》1934/35年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、 サン=ポール・ド・ヴァンス / 《横たわる女》1929年 静岡県立美術館 / 《コンポジション》1927年 マーク・コレクション、パリ / 《女=スプーン》1926/27年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、 サン=ポール・ド・ヴァンス

初期作品はこんな感じ。アフリカの民族的な香り。スプーンを女性に見立てた作品は、太古のヴィーナスを想像。
そして、シュールレアリスム、キュビズムの影響。
ほんのわずな局面の多角形作品は無駄なく美しい、SF的未知の物体のよう。

305b1a8c3e1016aad1e28965489.jpg
《鼻》1947年 大阪新美術館建設準備室

骸骨に鼻…呪術的です。
日本で言うなら「天狗」か?いや、違いますねえ(笑)

t216621f4ac091302ee8f4e79.jpg
《犬》1951年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、 サン=ポール・ド・ヴァンス

ジャコメッティらしくなってきました。デフォルメされた犬、とても風情があります。

s08uy52.jpg
アルベルト・ジャコメッティ《林間の空地、広場、9人の人物》
1950年 ブロンズ
マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス

ある時期から、「ものに近づけば近づくほどものが遠ざかる」ようになってしまったジャコメッティ。どんなにがんばっても作品は「小像」化してしまう縮小現象なんだとか。
対象との距離感、人のコミュケーションの難しさなんだろうか?戦争の影響もあったようです。
ホントに小さい…楊枝よりは細いけど…と思って見ていくと、なんと楊枝くらいにまで小さくなった作品も!サイコロに楊枝差したのか…みたいな(汗)楊枝を彫刻したと言われても納得しそう。小さい作品に大きな台座のバランスも変わってます。
不思議ですねえ…小さく、デフォルメされているけれど形はとてもリアルで見ていてもあきません。

すれ違う3人の男など、群像作品は独特の世界観があります。どこかにこんな町がありそう。
《林間の空地、広場、9人の人物》も小さい作品、木簡か、「地面からなんか生えて来た」みたいですが、とてもおもしろいです。

c96845397aab.jpg
(左から)《歩く男Ⅰ》1960年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、 サン=ポール・ド・ヴァンス / 《大きな女性立像Ⅱ》1960年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、 サン=ポール・ド・ヴァンス / 《大きな頭部》1960年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、 サン=ポール・ド・ヴァンス
(チェース・マンハッタン銀行からの依頼を受けて、ニューヨークの広場のために制作された3点の大作、未完)

こちらはびっくりするほど大きい…やればできる(笑)戦後「大きさ」は復活したらしい。

y45431223.jpg
このフロアは撮影可。この写真は私が撮ったものですが、ジャコメッティの作品は、長く伸びた巨大な影が立体となって歩き出したようにも見えます。その長い影のそのまた長い影…みたいな(笑)

xtopics513dc6ab686d496cde7.jpg
「ヴェネツィアの女」シリーズ 1956年 マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、 サン=ポール・ド・ヴァンス

細長く引き延ばされた、ジャコメッティらしい作品をみていると、何かを削ぎ落としていった結果とは違うのだろうなと感じます。きっとこうなんだろうなと自然に見えてきます。
ジャコメッティ流のリアルの追求、いずれの作品にも共通するの、高い知性かな。

高く結い上げた髪の妻アネットをモデルにした作品は品格と深い精神性を感じさせます。じっと見つめかえされるような…彫刻家の対象との向き合い方の深さを実感できます。
特徴的な細長い作品はどれも似通っているように見え、モデルなんていらないんじゃないのと思いましたが、ジャコメッティは長時間のモデルが必要だったとか、ゆえに妻や弟、親しい人がモデルの作品が多くなっていった。
リトグラフやデッサンをみると、顔やまなざしに強い執着が感じられ、なるほどと思います。

10ishi1.jpg
留学中だった哲学者、矢内原伊作との交流。
矢内の東洋的な顔立ちにひかれモデルに、矢内は帰国を伸ばしモデルをつとめたという、
高い鼻と落ち窪んだ眼窩が特徴のジャコメッティが、平板な東洋人をモデルに求めたのは不思議な感じがしますが、いかに対象と向き合うか、という意味で矢内に強く惹かれたのだろうと…簡単に言えば「人柄や知性が顔を出る」ってことでしょうか?(笑)

アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

美の巨人たち~犬塚勉「梅雨の晴れ間」

2017年06月22日
inuzuka_03.jpg
「梅雨の晴れ間」 72.7×116.7㎝ アクリル・キャンバス 1986年

KIRIN~美の巨人たち~ - テレビ東京
犬塚勉「梅雨の晴れ間」
BSジャパン 2017年6月21放送(テレビ東京2017年5月29日放送)

何気ない自然に心奪われ、一体となろうとした画家・犬塚勉。超緻密な風景画を描く一方、小学校の図画の先生でもありました。1988年、谷川連峰で遭難し、38歳という若さで帰らぬ人に…。
そんな犬塚が1985年の初夏、自宅にこもり描いたのが、今回の作品『梅雨の晴れ間』。縦72.7cm×横1m16cmあまりのアクリル作品です。雑木林の手前に草地が広がり、ヒメジョオンが風に揺れています。驚くべきは描写の密度。無数の草一本一本、葉のひとつひとつを、命を写し取るかの如く描き尽くそうとしています。描かれたのは何の変哲もない場所なのに、なぜか心を捉えて離さない感動が伝わってくるのです。
「ひょっとすると、大変な真実を見つけるかもしれない気がする」――ひたすら描き続けた犬塚は、そうつぶやきました。犬塚が見つけた“真実”とは?謎を解く手がかりは、犬塚が育ち暮らした『多摩ニュータウン』『アルミの折り畳みの椅子』『山の中でよく見かける赤いリボン』。そこにこそ、私たちがこの作品に強く惹かれる理由が…!
彼は一体何を描こうとしたのか?妻・陽子さんの言葉、元教え子や同僚の証言などから、犬塚の思いをひも解きます。


BSジャパン「美の巨人たち」で、久しぶりに犬塚勉の作品を見ました。
最初はNHK日曜美術館でいいなと感じ、その後作品を見る機会がありました。
すっかり魅了されたわけですが、好きというか、自然を捉える彼のまなざしに深く共鳴したという感じです。

「梅雨の晴れ間」に描かれているのは、里山のなにげない草むら、主役らしい雄大な自然や華やかな草花が描かれているわけではありません。
一見、主役が不在なのでは思うくらい、最初に見た時は、これで「評価」されるのだろうかと心配するくらいで(笑)
けれども、この場所がどれだけ美しく輝いているか、犬塚は知っていて、「私も知っている」と確信しています。

手前描かれている白い花はヒメジョオン。似ているハルジオンではなく、春から夏にかけて咲くヒメジョオン。
すっと伸びた茎が描く美しい三角形の空間、摘んでしまうとすぐにしおれてしまう細い花弁の美しさ…これらをちゃんと描いてくれた画家を私は知りません。
大多数は雑草として括られてしまう野原。野草の一本一本を描ききるすごさ、それはこの場所の感動を伝えるため。自然をこう描いて欲しいという理想が実現した気がしました。

犬塚の言葉「ひょっとすると、大変な真実を見つけるかもしれない気がする」には、自然の感動を伝えるすべを見つけたということかなと思っています。
38歳、深く自然に魅入られてしまい、早々にあちらに連れていかれてしまった画家。

inuzuka_02.jpg
「縦走路」 112.1×162.1㎝ アクリル・キャンバス 1985年

kuraku.jpg
「暗く深き渓谷の入り口Ⅱ」1988年 未完成 絶筆

アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

国立西洋美術館所蔵 ミューズ:まなざしの先の女性たち

2017年05月28日
00088237.jpg

平成29年度国立美術館巡回展
国立西洋美術館所蔵 ミューズ:まなざしの先の女性たち
2017年4月22日(土)~7月2日(日)
福島県立美術館
「ミューズ」とは、美術、音楽、文芸などの諸芸術をつかさどる女神たちのことです。古代ギリシャでは、彼女たちは芸術家にひらめきを与え、制作意欲をかきたてる存在と信じられていました。芸術家にとってのミューズとは、実のところ、身近にいる女性たちのことだったのかもしれません。女性たちの姿は、かわいらしい恋人として、つつましやかな妻として、愛情あふれる母として、あるいは家庭を飛び出して仕事に勤しむ社会の担い手として、またときには男性を誘惑し破滅へと導く「ファム・ファタル」として、さまざまな姿で美術作品に登場します。
ルネサンスから印象派を経て20世紀に至るまでの珠玉の作品を通して、芸術家たちのまなざしの先にあった、魅力あふれる女性たちの姿をぜひお楽しみください。


タイトルやポスターと見て、女性は女神、健康的で華やかな「女性賛歌」を想像していました。
ところが様々な作品がある中では、どちらかいうと生々しい女性像、醜さも含めた女性たちの生き様…そっちのインパクトが強かったです。その意味でとてもおもしろかったです。
西洋美術館の常設展示で見ている作品も多数。

0058580001MM.jpg
マリー・ローランサン 「イフィジェニー、あるいは三人の踊り子」

前々から感じているのですが、ローランサンのデッサンは夢二に似てるような気がします。

0003490004MM.jpg
マリー=ガブリエル・カペ「自画像」

18世紀の女性画家カペの自画像。自分自身をこんなに美人に描いちゃうのか〜?と思いましたが、これは参考作品で営業に使っていたからかな?
当時の女性は、家庭内の仕事に従事し家から出ることはほとんどなく、教育の機会もなかった。画家になったとしても高度な知識必要な宗教画や歴史画は描けないので、絵画として格下だった肖像画や静物画を描くほかなかったらしい。

0000600003MM.jpg
ギュスターヴ・クールベ もの思うジプシー女(1869年) 

最初に見たのはずいぶん前、とても野性的な感じがして好きな作品。

0000440002MM.jpg
シャルル・コッテ 裸婦

ドキッとするほど生々しい裸婦。まとわりつくような暗さとエロス、娼婦かな?

0000650003MM.jpg
モーリス・ドニ 「水浴」

明るく楽しそうですが、不自然な水浴び(笑)みんな裸ならわかるんですが、着衣(普段着)の人と裸の人が一緒に描かれると変な感じです。いろいろ謎ですね。

0002340003MM.jpg
ジャン=バティスト=カミーユ・コロー「ナポリの浜の思い出」

癒されるコローの風景画。

0082920001MM.jpg
ラファエル・コラン「楽」

黒田清輝に影響を与えたとか…わかりますねえ。淡いタッチが幻想的で、手が届かないもどかしさが。

0003570014MM.jpg
オーギュスト・ロダン「接吻」
0003750007MM.jpg
オーギュスト・ロダン「フギット・アモール(去りゆく愛)」

個人的なハイライトはロダンです。
誰も寄せつけない恍惚の愛、そして去っていく恋人への執着。恋愛の奥深さとドロドロを表現するならロダンでしょ。
ロダンだけでも見る価値があると思います。

0012060003MM.jpg
マックス・クリンガー『ある生涯』:誘惑
0014330004MM.jpg
フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス 『ロス・カプリーチョス』:美しき女教師 

クリンガー『ある生涯』は男によって、ゴヤの『ロス・カプリーチョス』は欲望をそそのかす魔女によって、落ちていく女を描いています。出会った相手が罪深いのか、それとも自分自身の中にある闇が目覚めただけなのか?


アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

ブリューゲル「バベルの塔」展

2017年05月26日
2017babelbl.jpg
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―

2017年4月18日(火)~7月2日 (日)
東京都美術館

副題に「16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて」とある通り、ブリューゲルのみならず、彼が手本とした先駆者ヒエロニムス・ボスの油彩2点、そして彼らが生きた時代、16世紀ネーデルラントの絵画、版画、彫刻を全体で約90点の出品作でご紹介します。
迫真の写実と輝くような美しい色彩が印象的な油彩絵画、ボスの怪物モチーフが所狭しと、描かれる版画作品、そして木彫の粋を尽くした彫刻作品など、16世紀ネーデルラント美術の精華をご覧いただきます。
また、今回の展覧会では新しい試みとして作品を美しく見やすく展示することに加え、東京藝術大学COI拠点の特別協力により芸術と科学技術を融合させ、原寸を約300%拡大したブリューゲル「バベルの塔」の複製画を制作・展示します。また、同拠点は「バベルの塔」の3DCG動画も制作し、多様なメディアを駆使してこの傑作の魅力に迫ります。


topics2c1ff682bcad042a130.jpg
「四大ラテン教父(聖アウグスティヌス、聖アンブロシウス、聖ヒエロニムス、聖グレゴリウス)」

ネーデルランドというか、ヨーロッパで木彫という意味で新鮮。日本の仏像を連想し親しみを覚えます。

530xNxtHUnxezXVG.jpg
枝葉の刺繍の画家《聖カタリナ》1500年頃 / 枝葉の刺繍の画家《聖バルバラ》1500年頃

たくさんの宗教画がありました。細密で豪華な作品多数。この2点は特に美しい、表情、ドレスの刺繍、背景、緻密です。
宗教的な意味を知らなくとも、神聖な気持ちになりそう。

bruegelpic04.jpg
ヒエロニムス・ボス《放浪者(行商人)》1500年頃
bruegelpic05.jpg
ヒエロニムス・ボス《聖クリストフォロス》1500年頃

バベルと共に目玉となっているボスです。ボスと言えば「快楽の園」などの、人間の醜さを描いたおどろおどろしい、怖いイメージがあり、あまり好きではなかったのですが、この2点を見て印象がかわりました。まず美しい作品だということ、拒絶反応は全くなく、すっと引き込まれます。
登場人物の姿、遠景、近景、小道具など「快楽の園」ほどではないですが、たくさんの寓意に満ちたモチーフが描かれています。
「放浪者」の建物は、さまざまなモチーから娼館。男はその誘惑を断ち切るように去ろうとしている。あるいは罪を犯したことを悔いて逃げようとしているのか。
「聖クリストフォロス」は、キリストを背に川を渡った聖人。「吊された熊」は、危機が去ったことを意味するらしい。
あれはこれは?
会場ではモチーフの詳しい解説もあり、なるほどと思います。

lif1705210007p1.jpg
ピーテル・ブリューゲル1世《バベルの塔》1568年頃

いよいよバベルの塔です!
朝日新聞の見開きの広告に、原寸大のバベルの塔が載っていたのでわかったいたのですが、それほど大きな作品ではありません。
透明感のある背景、奥行き、立体感のある美しい作品です。
混み合う会場では「(近くで見る方は)立ち止まらないで下さい」とのことで、じっくり見ることは出来ません。
それよりも、仮にじっくり見ることができたとしても…細か過ぎて全然わからない!わからないったらわからない。虫メガネプリーズ!という状況(汗)

04179812540x360.jpg
originalswcbnruhu.jpg

そんな我らために、会場では細部までわかるように、300%拡大し詳細がわかるよう画質調整したプリント、解説、ビデオ上映まで、至れり尽くせり。
拡大してもなお細かい、レンガを運ぶ人、てっぺんの建設現場、生活している人の洗濯物、教会…どうやったらここまで描き込めるのか?驚異としか言いようがないです。

■巧みな仕掛け…動画で鮮明に 東京芸大が立体CG・拡大複製画
 芸術と科学技術を融合させた新たな表現をめざす東京芸術大学COI拠点が、「バベルの塔」の魅力により迫るべく、3次元のコンピューターグラフィックス(3DCG)映像および拡大複製画を制作、「バベルの塔」展で展示している。制作にはボイマンス美術館と朝日新聞社が作品調査や画像提供に協力。その過程で、ブリューゲルが絵画で表現した巧みな仕掛けも、見えてきた。
■縦横3倍に拡大、質感も再現
「バベルの塔」が展示された空間では、同作品の縦横を約3倍に拡大して制作された縦162センチ、横201センチの複製画を見ることもできる。


AS201704280027comm.jpg

芸大の立体CGで構造の詳細を見ることができます。
構造計算は大丈夫でしょうか?耐震構造でないと思う(笑)

bruegelpic07.jpg
ピーテル・ブリューゲル1世、彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン 《大きな魚は小さな魚を食う》1557年

ブリューゲルは当初、ボス風の版画を制作していたらしい。「大きな魚は小さな魚を食う」とは、弱肉強食みたいな意味。
ボス風ではあるけれど、ボスのような禍々しさ、妖しさは少なくて、どことなくユーモラスなのがブリューゲルらしいところでしょう。

bruegel_¥pic10
ヨアヒム・パティニール《ソドムとゴモラの滅亡がある風景》1520年

滅亡するまちから、天使に導かれて避難するロトと娘達。
ドラマチックでダークファンタジーの場面のよう。

DSC01254.jpg
会場入口もバベルの巨大プリント。ここまで拡大してもなお細かいのがすごいです。
バベルの塔=細かい!とまず言うしかない(汗)


アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

オルセーのナビ派展 美の預言者たち ―ささやきとざわめき

2017年05月25日
39736.jpg

オルセーのナビ派展 美の預言者たち ―ささやきとざわめき
2017年2月4日(土)〜5月21日(日)
三菱一号館美術館、オルセー美術館
19世紀末、ゴーガンの芸術や日本の浮世絵から影響を受け、パリで結成された前衛的な若手芸術家集団ナビ派。自らを「ナビ(預言者)」と呼んだこのグループは、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットンらを中心に、静かながら革新的な活動を繰り広げていきました。本展は、最も重要なナビ派コレクションを有するオルセー美術館の監修により、こんにち国際的に評価が高まるナビ派芸術を日本で初めて本格的に紹介するものです。

最終日に駆け込み鑑賞!終了しています。

Unknown_2017052215064403f.jpeg
ポール・ゴーガン 《「黄色いキリスト」のある自画像》

ゴーガンは自画像と静物画が展示。
複雑な色合いは奥深く、いつまでも見ていたいです。
ナビ派といってもピンと来ないですが、19世紀末、ゴーガンの影響をうけて誕生した、印象派後の流れってことになるらしい。

2D05-620.jpeg
エドゥアール・ヴュイヤール「八角形の自画像」

モーリス・ドニ「絵画が、軍馬や裸婦や何らかの逸話である前に、本質的に、一定の秩序の下に集められた色彩で覆われた平坦な表面であることを思い起こすべきだ」

テーマや主題が前面ではなくまず色彩、考えるより色彩を感じろ…みたいな。単純だけれどほっとする。これは鑑賞者にとって心地いい時間かもしれません。

Unknown-1.jpeg
アリスティード・マイヨール「女性の横顔」

彫刻作品しか知らないマイヨールの絵画。目を悪くして彫刻の方へいったということを初めて知りました。
色合い、ライン、とても美しい作品です。

20161216-nabis.jpg
モーリス・ドニ「ミューズたち」

イラストっぽい、グラフィック的に見える作品。マットな質感がシック。
きれいですが、じっと見てるとちょっと謎めいてますね。

10fef94213c7a3416169a44debe90b5e.jpg
ピエール・ボナール「庭の女性たち」

縦長の画面に、四季の装いの女性達。ナビ派は日本美術の影響を受けているそうですが、四季を意識する所といい、なるほど掛け軸風、浮世絵風、屏風の形をしたもの多数。
見ていてなんとなく落ち着くのはそのせいかもしれませんね。

varotton.jpg
ヴァロットンの室内画

ヴァロットンはナビ派になるんですね。テーマがありそうでなさそうなところはナビ派かと思う。
写実表現が際立っていることと、同時にクールで距離感があるので、これから事件起きそうというか(汗)、ミステリアスなんですよね。

_P2090734.jpg
ピエール・ボナール「ベットでまどろむ女」

あけすけで、展示がためらわれるような作品。ボナールにこんなアブナイ作品があるとは(汗)
ヴァロットンなどもそうですが、ナビ派アンティミスム(親密派)というカテゴリーになるらしい。
アンティミスムとは「室内風景や家庭生活などの身近な題材に個人の内的な感覚を反映させ、情感あふれる描写で表わす絵画の傾向」(アートスケープより)

Vuillard.jpg
エドゥアール・ヴュイヤール「公園」(子守、会話、赤い日傘)

公園で子守りをしながら過ごす、ほのぼのとしたところがないのが逆におもしろい。こちらにがつがつ迫ってこない距離感が、いかにもナビ派という思いが芽生えます。

一筋縄ではいかないのがナビ派、ゆえに後を引く感じもします。

photo04_1.jpg
オディロン・ルドン「グラン・ブーケ(大きな花束)」1901年
パステル、カンヴァス 248.3 x 162.9cm

ポスト印象派という意味でナビ派に影響を与えたルドン。
それはさておき、なんと魅惑的な作品、がっつり見ました。
三菱一号館美術館所蔵、こんなに大きいパルテル画は知りません。


アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »