FC2ブログ

隣家の芍薬

2020年06月05日


緑を背景に大輪のシャクヤク、豪華なタペストリーのよう。

隣家の庭と菜園は、100歳になるおばあちゃんがこつこつと手入れしていましたが、さすがに高齢で、ここ数年は庭に出て来ることもままならなくなりました。
それでも環境さえあえば、シャクヤクはじめ多くの花が育ち咲きつづけています。シャクヤクは本来、きれいに手入れされて土の色が見えるのですが、今は一面緑のスギナに覆われています。
それがかえって華やかな色あいになるのですから不思議です。

2020060129.jpg

牡丹やシャクヤクの華やかさは、花の中でも相当のもの。

2020060130.jpg
白はそろそろ終わりです。

2020060132.jpg

ボタニカルアートそのままですね。
来年も咲くといいな。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

イタチハギ

2020年06月05日


黒く細い指がぐねぐねと踊っているようなイタチハギ(鼬萩)。
萩の仲間でも、純和風の萩とはだいぶ違う。
色といい形といい、悪魔チックな花だなあと毎年思ってしまう…すまん(汗)

2020060113.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

赤と白のクローバー

2020年06月04日
2020060127.jpg

クローバーの園芸種、赤いクローバー。
チョコレートクローバー、アカバツメクサ(赤葉詰草)などの名前で売っています。葉の色がもっと黒っぽいもの、斑入りのものなど、園芸品種はたくさんあるらしい。
家人がプランターから地植えにしてみたところ、勢いを増し、今年はたくさんの花をつけました。グランドカバーになるくらいなので、地植えの方がいいのでしょうね。

2020060125.jpg

こちらが原種のクローバー、シロツメクサ(白詰草)
色が違うだけで、園芸種と形もサイズも同じ、花の時期も同じです。

2020060126.jpg

今の季節は、原っぱにクローバーがコロニーのように茂っていて、ねっころがるのに最高なのです。



そしてクローバーと共によく見かけるアカツメクサ。シロツメクサとアカツメクサといっても、シロツメクサは匍匐しながら広がるのに対し、アカツメクサは茎立ちして花をつけ、名前は似ていても、両者の姿はかなり違っていています。

「赤クローバー」「ムラサキツメクサと」という別名もあるらしいですが、あまり使われていないように思います。
「赤クローバー」というと、園芸種の赤いクローバーのことかな?と一瞬考える…紛らわしいですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

キツネノアザミ

2020年06月04日
2020060111.jpg

あたりはキツネノアザミ(狐野薊)だらけ、今が花盛りです。
アザミと言っても棘だらけの一般的なアザミとはかなり違います。
Wikipediaによれば、植物学者牧野富太郎が「『アザミに似るがよく見るとそうでな』くて『狐に騙されたよう』に感じるからと書いている」だとか。
牧野先生、それってキツネに失礼じゃないでしょうか?
人は昔から似ていて違う植物や、人にとって有益ではない植物に、キツネ…、イヌ…、イタチ…と名付けているんですよね。

2020060109.jpg

キツネノアザミ柄!

2020060115.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

タイリントキソウ

2020年06月04日
2020052421.jpg

カトレアのような優美な花。山野草好きのお宅で良く見かける鉢植えの蘭。
なんだっけ?聞いてみようと思いつつ忘れ、また見かけるとなんだっけ?を繰り返す(汗)

花は5月に終わってますが、今ごろ知りました、タイリントキソウ(大輪朱鷺草)、別名プレイオネ。
中国原産で、台湾から輸入されてきたらしい。



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »