笹の葉

2018年02月16日


小竹(ささ)の葉はみ山もさやにさやげども我れは妹思ふ別れ来ぬれば
柿本人麻呂 万葉集

笹の葉が風にざわざわと鳴っているけれど、私は別れてきた妻(愛する人)をただ思うのです。
旅先でふと不安にかられた時、愛する人を一心に思い心を落ち着かせる、そういう歌だとか。

2018020467.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

アメリカセンダングサの種

2018年02月13日


「冬の花火」とでも言おうか。
アメリカセンダングサ…別名「ひっつき虫」
散歩から帰ると、衣服にたくさんついていることに気がつきます。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

オモト、雪の中

2018年02月13日
2018020471.jpg

オモトの実をみつけました。雪に赤い実、雪がなかったら逆に気がつかないかもしれません。
雪の中でも青々として「万年青 (おもと)」…名の通りですね。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

雪の足跡

2018年02月12日


近所、雪の多い日陰の道を散歩中。
なだらかな畑は雪に覆われていますが、その上にはおびただしい野生動物の足跡。
しかし、足跡だけでは何か、私にはわかりません。

2018020402.jpg

この辺りには、タヌキ、イノシシ、ウサギ、リスはいます。
私は見たことないですが、キツネも、もっと山の方へ行くとシカもいるらしい。
普段は気がつかないですが、ひとけのない時は、活発な往来があるということか(笑)

2018020404.jpg

2018020401.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

冬枯れのアジサイ

2018年02月10日
2018020457.jpg

まだまだ雪が深い花見山公園。
強い日差しと冷たく澄んだ空気の中で、美しく映える冬枯れのアジサイ。

2018020453.jpg
花のように見えたのはガクアジサイ。
ドライフラワーとなってそっくり残っています。

2018020459.jpg
雪の中で繊細な金細工のよう。

2018020455.jpg

2018020454.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »