FC2ブログ

5月、庭の草花

2021年05月14日
2021050401.jpg

庭の草木がどんどん咲いてきました。

2021050403.jpg
ツクバネウツギ(衝羽根空木)、このぷっくりした形がかわいい。


ブルーベリー、たくさん実をつけてくれるといいけど。

2021050612.jpg
コデマリ、今年は花つきが良くない。遅霜のせいでしょうか。

2021050608.jpg
忘れな草もまだ咲いています。以外と花期が長い。

2021050609.jpg
大きな花はあっという間に咲いて、あっという間に終わるジャーマンアイリス。

2021050610.jpg
名前が覚えられなくて、毎年検索する青い花。
シラー・カンパニュラータ 又は ヒヤシンソイデス
流通名となるさらに入り交じり、スパニッシュ・ブルーベル、イングリッシュブルーベル…
たぶん来年も検索することでしょう(汗)

2021050406.jpg
ほぼ野生化のオドリコソウ

2021050404.jpg
オトコヨウソメ

2021050405.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ルリソウ

2021年05月12日


近所の山際で家人がルリソウ(瑠璃草)を見つけました。
薮のなかに可憐な青い花が点々と咲く、印象的な美しさです。

2021050114.jpg
つぼみは紫で開花と共に花は青色に。

2021050402.jpg
こちらは我家のワスレナグサ、似ているけれど中心が黄色、と覚えればいいかな。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

絹さやの花とほうれん草の花

2021年05月10日


雨上がり、絹さやの雨雫が美しい。

20210500609.jpg
春から初夏へ、家人の菜園も緑が濃くなってきました。
野菜の花のなかでも、スイトピーに似た絹さやの花はかわいらしく、見とれます。

20210500613.jpg

20210500603.jpg
こちらはご近所の畑、緑の葉が繁り、地味ですが花が咲いています。
よく見てみると…ほうれん草でした。

20210500604.jpg
後日ネットで見てみると、ほうれん草の花には、雄株と雌株があることを知りました。
このてっぺんで穂状に咲いているのが雄株であることはわかりましたが、雌株はあったのかどうか?こんどよく見てみます。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ムラサキハナナ、またの名を諸葛菜

2021年05月09日


春、桜の頃によく見かけるムラサキハナナ(紫花菜)、藤色がほとんどで、こんなに濃いピンクは初めて見ました。目立ちます。ほとんどが野生化してますがm、これは園芸種なんでしょうか。
ムラサキハナナには別名がたくさんあるそうで、、オオアラセイトウ(大紫羅欄花)。ショカツサイ(諸葛菜)…「諸葛孔明が広めたとの伝説」…こういうのはかなり伝説ですね(汗)

2021050102.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

路傍のすみれ

2021年05月07日
2021042401.jpg

(西院辺りに、早うあひ知れる人を尋ね侍りけるに、すみれ摘みける女、知らぬよし申しければ、よみ侍りける)

いそのかみふりにし人を尋ぬれば 荒れたる宿にすみれ摘みけり
能因法師 新古今和歌集

昔馴染みの女を訪ねると、荒れ果てた家にすみれを摘む人がいて、女のことは知らぬ、知るすべもないという。
(いったいどうしたらよいものか…)

路傍のすみれが点々と咲いています。鉢植えに仕立てようにこんもりと咲き、道案内をしてくれるよう。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »