裏磐梯、曲沢沼の夏

2017年07月21日
2017071722.jpg

裏磐梯の曲沢沼にきました。
紅葉の頃とはうって変わって、とても静かです。
山は緑、湖面も緑。

2017071720.jpg

2017071721.jpg

2017071717.jpg

沼に突き出した倒木に何かいます。
…シラサギです。こんなに静かなら、漁もうまくいきそうですね。

2017071718.jpg

2017071719.jpg


散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

達沢不動滝 2017年夏

2017年07月19日
2017071701.jpg

猛暑の休日、涼を求めてやってきた中丿沢温泉、達沢不動滝。
ほの暗いほどの林を抜けて目の前に現れる滝は、本当に美しい。
天気のいい休日とあって、家族連れなどたくさんの人が訪れていました。

2017071703.jpg

2017071705.jpg

しぶきがミストになって気持ちいい。
もっとも、このあたりの標高までくれば、さすがに涼しい。

2017071704.jpg



ひっそりと隣にあるのは女滝。メインの滝が男滝。

2017071706.jpg

達沢不動滝 (猪苗代町) - ふくしまの旅

2017071707.jpg
散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

岳林寺 十六羅漢像

2017年06月03日
2017052862.jpg

伊達のつきだて花工房の帰り、近くに「十六羅漢像」の看板をみつけたので行ってみる事に。
山間の寺の向かい、こんなところにあるのかなあと、さみしい山道を登っていくと、林の中に十六体の羅漢様が並んでいました。

2017052851.jpg

岳林寺十六羅漢像(がくりんじじゅうろくらかんぞう) 伊達市観光情報ポータルサイト
十六羅漢像は、今から200年以上も前、天明年中(1780年代)に造られたといわれています。
第一尊者の背後には、「信州高遠滝口村亀右衛門泰道」の名が刻まれており、作者名の明らかな石造としては大変貴重なものです。ほぼ完全な形で現在に至っているその姿は、周囲をとりまく松の古木のかもしだす雰囲気とともに、修行僧の理想と地域の人々の信仰心を今に伝える貴重な文化財として、市の重要文化財に指定されています。


参考 十六羅漢

2017052853.jpg

予備知識ないとはいえ、お地蔵様のような仏像を想像していたので、その違いにびっくり。古いものですが、写実彫刻のようにリアル!実在の人物をモデルにしたのでは?。
こんな田舎に…と言っては失礼なんですが、なんだか異空間です。
お経を読んでいたり、瞑想しているように見えるもの、ポーズも様々。名札がでかすぎるのがちょっとアレですが(汗)私のように何もしらない人も多いと思うので親切ってことで。

2017052861.jpg

2017052852.jpg
第6尊者 跋陀羅尊者(ばだらそんじゃ)この人に人生相談したい。

2017052856.jpg
なにかを捧げられている羅漢様。ごはん?

2017052854.jpg
近づいて顔を見ると、髭をたくわえた彫りの深い顔立ち…あきらかに外人!

2017052855.jpg
そして…巻き毛です!

2017052857.jpg
羅漢の並ぶところから反対側に伸びる小道ありました。そこは岳林寺代々の墓所。

2017052858.jpg
モミの木の大木がそびえていました。

2017052859.jpg
岳林寺の墓所から羅漢の方を見る。墓所も羅漢様も深い森に囲まれ神秘的な雰囲気でした。

2017052860.jpg
岳林寺はごく普通の歴史ある寺のように見えます。
本堂前の石段にはお茶の垣根、たぶん摘み頃。


散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

犬のいる散歩道

2017年06月02日


友人が保護犬を引き取ったのだよと、黒ラブを連れて遊びにきました。
数年前に亡くなった愛犬に似ていたのが、引き取った決め手だったらしい。5歳くらいだろうとのこと。
「お前は愛犬家のすごくいい家に来たんだよ」と言いましたが、わかっているのかどうか(笑)

住宅街に住む友人と犬、せっかくなので、舗装していない田舎道を散歩に。
歩いたことのない道に興奮気味のわんちゃん、ペースがみだれまくり、落ち着かない(汗)このあたりは他のわんちゃんも散歩しているので、匂い情報がいろいろありそう。
帰宅すると、玄関先で見ていた我家の猫たちが、突然現れた黒くてでかいケダモノに毛を逆立てて威嚇。友達にはなれそうにない(笑)

2017052715.jpg
散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

裏磐梯 5月のレークライン

2017年05月22日
2017051443.jpg

5月13日の裏磐梯、帰りはレークラインを通って帰りました。
レークラインは裏磐梯でもっとも混み合う五色沼そばから、R115土湯峠に向かう観光道路です。

磐梯吾妻レークライン

2017051432.jpg
五色沼からレークラインに入ってまもなく、眼下に小野川湖を望むビュースポット。

2017051433.jpg
車を少し停めてすぐに行くつもりが、林の中を小野川湖へ下る道を発見、迷わず行ってしまう我が一族たち。

2017051434.jpg
新緑は始まったばかり。

2017051441.jpg
下って下って10分ほどで、小野川湖の湖畔に着きました。歩いてみればすぐです。

2017051435.jpg

2017051437.jpg
山桜が咲いています。

2017051439.jpg
車を停めたところから、眼下に水芭蕉が見えていたのですが、あっさりそこまでやってきました。

2017051442.jpg
水芭蕉と小野川湖、ただしここは湿原、うっかりすると足がずぶぬれ(汗)

2017051447.jpg
レークラインの紅葉スポット、中津川渓谷の新緑はまだまだこれから。
この日は初夏の陽気でしたが、ここは肌寒い、あちこちに残雪が見えていました。標高があがれば季節もだいぶちがいます。

2017051449.jpg
きれいなピンクは、ヤシオツツジのつぼみ。

2017051448.jpg
ドライブ日和のいい天気でした。

散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »