FC2ブログ

磐椅神社のえんむすび桜〜猪苗代の桜2021

2021年05月11日
2021042461.jpg

2021042472.jpg

磐椅神社の「えんむすび桜」です(2021年4月24日)
福島でかなり遅くに咲く大鹿桜は咲いているだろうかとやってきたのですが、例年5月中旬の開花、さすがにまだ堅いつぼみでした。
しかし、大鹿桜の頃には葉桜のえんむすび桜がちょうど見頃。おもえばこの時期に来たことはありません。
推定樹齢800年以上の大杉に山桜が寄生、毎年花を咲かせています。「杉木に桜が縁を結んだということで「えんむすび桜」と命名」ということらしい。TVなどでも話題になったとか。

磐椅神社(いわはしじんじゃ)

2021042462.jpg
人がいてわかる巨木感。

2021042463.jpg
光の加減で花が目立ちません。えんむすび桜は、山桜の中でも花がまばらな種、目を凝らさないとわかりません。

2021042464.jpg
縁というよりは、寄生だけどね(汗)

2021042471.jpg
大杉には願掛けの5円玉がびっしり。
新しい縁より、健康と金運の方がいいなと思ってしまう嫌な大人です(汗)

2021042468.jpg
本堂

2021042473.jpg
境内では、縁結び絶賛応援中!

2021042474.jpg
こちらが大鹿桜、渋い桜ですが、花はとても優雅で美しい。
今年はたまたま会津五桜(石部桜・薄墨桜・虎の尾桜・杉の糸桜・大鹿桜)を全て見ました。といっても見頃は石部桜だけですが(汗)咲く時期が違うのでそんなものですね。

2021042467.jpg
境内の他の桜は見頃。

2021042469.jpg
里桜の一種「雨やどり」と表示されていました。美しいですね。

2021042470.jpg

2021042465.jpg
キクザキイチゲが咲いていました。

2021042475.jpg
おまけ
土津神社から磐椅神社にむかうところに、「キリシタン殉教の地」という案内があり行ってみることに。森の中を数10mくらい進むと「キリシタン塚」という碑がありました。碑そのものは古くはないようですが、死者を悼み歴史を記すということでしょう。

2021042477.jpg
天正18(1590)年、キリシタン大名である蒲生氏郷によって、会津にキリスト教が伝えられます。
会津若松では、人口の3割ほどが信者といわれています。しかし江戸時代になると、幕府のキリスト教禁止令が強化され、多くの人が処刑されました。


2021042476.jpg

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

土津神社の桜〜猪苗代の桜2021

2021年05月11日


郡山市湖南から、猪苗代の土津神社に来ました(2021年4月24日)
桜は例年より早い開花で桜吹雪でした。

土津神社-こどもと出世の神さま-

2021042453.jpg
境内は桜吹雪。桜吹雪は好きなんですが、思えば昨年もそうだったな。

2021042454.jpg

2021042455.jpg

2021042452.jpg

2021042456.jpg
桜が散りばめられた境内。

2021042457.jpg
薄曇りから日差しが…木漏れ日がまぶしい。

2021042458.jpg
土津神社と言えば、土津霊神碑

2021042459.jpg
白い鳥居は珍しいほうかな?

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

舟津公園の桜〜郡山の桜2021

2021年05月08日
2021042421_20210505131129f3e.jpg

2021042413_20210505131118db3.jpg

猪苗代湖の南端、湖南には何度も来ているけれど、舟津公園の桜は初めてです。
猪苗代湖にそそぐ舟津川の河口には桜並木、猪苗代湖の向こうには磐梯山、雄大でありながら、おだやかな景色が広がっていました(2021年4月24日)

猪苗代湖畔・湖南七浜|郡山市観光協会


湖畔から飯豊山、磐梯山、安達太良山までパノラマで!

2021042417_20210505131124b10.jpg
駐車場に隣接して遊歩道。

2021042420_2021050513112848d.jpg
暑いくらいのこの日、はらはらと散り始めた桜。

2021042418_20210505131125b6d.jpg

2021042419_20210505131126de0.jpg

2021042412_2021050513111613f.jpg
川の対岸も桜並木。

2021042403_2021050512523445f.jpg
磐梯山の雪もだいぶ消えましたね。

2021042407_20210505125240294.jpg
飯豊山は真っ白

2021042406.jpg

2021042404_20210505125236433.jpg
ここはキャンプ場

2021042405_202105051252376f0.jpg
湖畔で遊ぶ家族連れが数人いるけれど、人は少なく静かで落ち着く場所です。

2021042408_20210505125242fa0.jpg
青い構造物は湖南港。
江戸時代から輸送港、戦後は観光港に。

2021042415.jpg

2021042416_202105051311222d8.jpg

2021042422_20210505131537faf.jpg
河童発見!

2021042423.jpg
桜、菜の花、水仙。

2021042424_20210505131540179.jpg
人は途切れないけれど、決して多くはなく、ゆったりのんびり散策できました。

2021042411_20210505125245d41.jpg

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

赤津の御前桜〜郡山の桜2021

2021年05月08日
2021042431.jpg

2021042433.jpg

郡山市湖南、赤津の御前桜です(2021年4月24日)
ひらけた田園地帯の川沿いに咲く名木です。

赤津の御前桜|郡山市観光協会

2021042435.jpg
木はあまり大きくはないけれど、勢いのある白桜。

2021042437.jpg

2021042438.jpg
地上から広がるような枝振りが美しい。

2021042434.jpg
山の向こうに見える風車は、布引高原の風力発電かな。

2021042439.jpg

2021042436.jpg
少し曇ってきてしまったのが残念。それにしても満開なのに誰もいません。

2021042432.jpg
-------------------------------------
2021042440.jpg
赤津の御前桜からそうとおくない、千手院の種蒔桜に来てみました。
千手院の境内まで上がってきたけれど、桜はどこか…一瞬わかりませんでしたが、境内から見下ろす川沿いの桜がそうでした。
台風で折れた姿は無惨で、ここでお別れすることに。

千手院の種蒔桜※台風等の影響により枝折

2021042442.jpg

2021042441.jpg
古い御堂、裏手の山にはたくさんの山桜。

2021042443.jpg
境内の巨木「千手観音堂の夫婦モミ」

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

米沢の千歳桜〜会津の桜2021

2021年05月06日
20210410119.jpg

20210410112.jpg

米沢の千歳桜ははじめてやってきた桜です。
畑が広がる緩やかな傾斜地で存在感を放つ桜です。この日は五分咲き位でしょうか(2021年4月10日)
樹齢700年以上のベニヒガンザクラ。いつ枯失してもと思うと、今見るべき桜だと思います。

米沢の千歳桜(会津美里町) - 福島県観光情報サイト
「この地の領主が娘、千歳の死を悲しみ、供養のために植えたのが由来」

20210410117.jpg

20210410116.jpg

20210410110.jpg
枯れた枝もあるけれど、花つきのいい枝もたくさんあります。

20210410114.jpg
なんといってもこのうずくまるような、太く黒々とした幹。
千歳は、恋煩いの末に亡くなったとも書かれていて、慟哭しているようにも見えてしまう。

20210410111.jpg

20210410115.jpg
龍の頭のよう。

20210410118.jpg

20210410113.jpg

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »