FC2ブログ

5月の日山トレッキング

2020年05月12日
2020050330.jpg

天候も良かったGW、ハイキング気分でやってきたのは阿武隈山地の日山です(2020年5月3日)。
東西に長い二本松市(旧岩代町)の東の端、有名な合戦場の桜から、車でさらに30分くらいかかります。
日山は基本静かな山、ここは葛尾村、浪江町に接しています。
トレッキングとしてより「富士山が見える山」としての方が有名で、冬場でも空気が澄む日は、富士山狙うカメラマンが結構訪れているらしい。

日山 ひやま ( 天王山 てんのうざん ) - 福島の山々
日山 | 二本松市公式ウェブサイト
県立自然公園の日山は、阿武隈山系第二の高峰として知られ、山頂からの視界も広く、条件が良ければはるか太平洋を望むことができます。標高1057メートルの山頂付近には三つの社が祭られ、古くから信仰の山として崇められてきました。
また、「日山から富士山が見える」と昔から言い伝えられていましたが、平成12年に撮影された写真で、はじめてその言い伝えが正しいことが証明されました。以来、富士山が見える北限(北遠)の山として、その名が知られつつあります。


2020050302.jpg
ルートはいろいろありますが、今回は最も簡単そうな田沢登山口から。山頂まで1時間とあります。
阿武隈山系の山は荒れているところも多いのですが、ここは登山口、登山道共にきれいに整備されています。
駐車場の手前では地元の方が道路を掃除していました。近くにはキャンプ場やバンガロー、頂上には社、手をかけ整備していることがよくわかります。

登山口にある大きな桜は「日山の桜」。二本松市で一番遅く咲くとされ、ガイドブックなどにも掲載されています。一度満開の時に来てみたいと思っているのですが、開花情報がイマイチわからず、来てみて見頃を外すのもなあ…と思っていた桜。SNSなどにもひっかかってこない、ちょっとマイナーな桜です。
この日は散ってまもないくらい?やはり開花はかなり遅いですね。

2020050308.jpg
すぐ近くには大きな養鶏場、そして牧場。歩きはじめると、早くも傾斜がきつくて、あれれ、ハイキングコースじゃないんだっけ?
この日は晴天の真夏日、二本松市は全国1、2位を争う30度越えでした。早くも汗だくです。

2020050306.jpg

2020050307.jpg
日当りのいい牧場の端にはキジムシロ

2020050303.jpg

2020050304.jpg
日陰にはセントウソウ

2020050309.jpg
標高が上がってくると、木々が芽吹いていた登山口と違って冬山みたいな風景です。
それにしても登りがきつい……暑い、この日は真夏日(汗)

2020050305.jpg
早春の花ムシカリ

2020050311.jpg
この新芽はなんでしょう?

2020050310.jpg
エンレイソウ

2020050312.jpg

2020050313.jpg
少し傾斜が緩やかになってきたあたりで巨木群、ここは参道でもあることを思い出させます。

2020050314.jpg

2020050315.jpg
続いて現れたのは巨石群、霊峰という雰囲気になってきました。

2020050316.jpg
切り出したみたいな形ですが、自然石です。


ようやく頂上です!
実際ルートは短いのですが、思った以上に登りがキツくてバテたってことです。
頂上は広場のように開けていて、社、大きな展望台があります。ここから富士山狙うわけか〜富士山は望めなくても、太平洋が見えたらいいなと思っていましたが、高気温もあり空気がもやっていて、見晴らしは今ひとつでした。晴天なのにちょっと残念。

頂上には7〜8人いたでしょうか。これが多いのか少ないのかはわかりません。登山口の駐車場には車が2台ありましたが、ルートがいろいろあるので違うルートの人が多そう。

2020050318.jpg
日山神社

2020050319.jpg
帰りは茂原登山口へ下ります。
距離はずっと長いのですが、なだらかでとても歩きやすい。

2020050321.jpg
あちこち巨石だらけ、「胎内岩」なんてのもあります。

2020050323.jpg
妖怪の白い指!…もうそれしか想像できない(妄想)

2020050320.jpg
エイザンスミレ、とても優雅な雰囲気で見つけるとうれしくなります。

2020050322.jpg
あまり見た記憶がない白い花、足首程の草丈です。
調べてみると、ナデシコ科ワチガイソウ属であるのは間違いなさそうで、ヒゲネワチガイソウ(髭根輪違草)かなと思いますが、ワチガイソウ(輪違草)、ワダソウ(和田草) かもしれない。

2020050324.jpg
雑木林を下りるとカラマツ林。

2020050326.jpg
カラマツの新緑が美しい。

2020050328.jpg

2020050327.jpg
里が見えてきました。ここはおおきく視界が開け、東屋あり眺めを楽しみながら休憩できます。

2020050329.jpg
特徴のある尖った山は羽山(麓山)

2020050332.jpg
さっきまでいた日山が遠くに見えます。ふもとの白っぽい建物は、登山口近くにあった養鶏場、かなり大きい施設です。

2020050331.jpg
ポツンと一軒家的風景。

2020050338.jpg
ハルリンドウ

2020050333.jpg

2020050334.jpg
ここまでがなだらかでしたが、カラマツ林を下っていくと、長い階段状の道に。膝弱い人は大変かもしれません。登ってくるのも大変そうです。

2020050336.jpg
茂原登山口まで降りてきました。ここから車を停めた田沢登山口まで戻ります。

2020050337.jpg
まだ遅い桜が咲いていました。

トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)

西会津・大山祇神社の参道を歩く

2019年11月16日
2019110904.jpg

2019110934.jpg

紅葉が見頃の西会津町、大山祇神社の参道を歩きにやってきました。(2019年11月9日)
大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)という名前の神社は全国各地にありますが、西会津の大山祇神社です。
参道は約4キロで、トレッキングとして軽い道ですが、ぶらぶら散策にはちょっとキツい行程なので、スニーカー以上がベストです。
天気は晴れ、紅葉も美しい絶好のトレッキング日和でした。

2019110914.jpg

大山祇神社(西会津)
大山祇神社は大山祇命(山々を守護する神)をはじめ、岩長姫命(長寿を司る岩の神)、木花咲耶姫命(安産・子育ての神)の親子三柱をお祀りしております。水源水利・商売繁盛・家庭平安・長寿・良縁・安産と多くのご利益をもたらしてくださいます。

御本社参道について
大山祇神社の本社までは遥拝殿から約4kmの参道を通ります。
町営無料駐車場の参道の入口から一本道です。豊かな自然に囲まれ、川や滝などの自然の音を感じながら参拝することができます。
参道には「木の根坂」と呼ばれる遊歩道があり、樹齢400年以上の木々が根を這う道は「ふくしま遊歩道50選」にも選ばれ、貴重な価値があるとされています。


2019110940.jpg
出発地点の遥拝殿、ここに車を停めて歩き始めます。


集落を抜けて歩き始めは、車1台くらいは通ることができる道。

2019110906.jpg
美しい山道です。

2019110905.jpg

2019110907.jpg
あちこちに道祖神。

2019110908.jpg
石段を下り川へ、ちょっと危なそうな橋を渡ります。滝の音が聞こえてきます。

2019110910.jpg
不動滝。

2019110911.jpg
岩肌に紅葉。

2019110909.jpg
癒されますねえ。

2019110912.jpg

2019110913.jpg
別の道を登って参道に戻ります。落ち葉で滑りそう

2019110915.jpg
広い道に戻ってきました。しばらく行くと別の滝、弥作滝です。こちらも大きくはないけれど風情のある美しい滝です。

2019110916.jpg
ついた時はひんやりした空気でしたが、歩くにはちょうどいい、絶好のトレッキング日和。

2019110917.jpg

2019110920.jpg
あまり人はいないなあと思っていたら、ちらほらと人が…

2019110918.jpg
大きな杉、2本に見えて1本

2019110921.jpg
どこを見ても紅葉がきれいで楽しい。

2019110922.jpg
歩きやすい車道から旧道に入ります。狭い山道、こちらが本来の参道なんでしょうね。

2019110924.jpg
小川を越え、登る登る…

2019110923.jpg
ほぼ登山道。

2019110925.jpg
急な登りを越えると、うっそうとした杉林に200段の石段、また登りか〜

2019110926.jpg
で、石段登ったら本堂だよね?と普通思うわけですが、まだまだ道は続く。
樹齢300年以上の杉の木、「隣接する杉の間の根を通ることから木の根坂(きのねざか)」と呼ばれているらしい。

2019110927.jpg

2019110929.jpg
ようやくつきました!大山祇神社御本社です。
景色を眺めがら、ゆっくり来たので1時間以上かかってしまいました。

2019110941.jpg
山中に立派な本社、そばには宿泊もできそうな建物もあります。6月の祭事に営業しているらしい。

2019110928.jpg
本社の裏手には奥の院に続く道。約700メートル急斜面を登った岩屋で、大変危険なためガイドがいないと参拝できないそうです。

2019110930.jpg
帰りは車道が多いルートで。

2019110931.jpg
帰りはまた違った景色が楽しめます。

2019110932.jpg
深い森にスポットライトのように光が入り、紅葉が輝いていました。

2019110935.jpg
帰り道は下り、あっという間、無事に帰ってきました。
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)

晩秋の額取山トレッキング〜2019秋

2019年11月07日
2019110338.jpg

11月になると(雪山の趣味はないので)登るに良さそうな山は限られてきます。
額取山は標高1000mなのでまだ大丈夫、紅葉は見頃も過ぎていますが、まだまだきれいでした。(11月3日撮影)
ルートは一般的な、郡山市の御霊櫃峠登山口から、大将旗山をへて額取山を往復するコースです。

額取山(ひたいとりやま)|ふくしま30座
大将旗山 たいしょうはたやま - 福島の山々
額取山 ひたいとりやま ( 安積山 あさかやま ) - 福島の山々

2019110336.jpg


登山口の御霊櫃峠からして標高が高いので、てっぺんからはちょこんと磐梯山、猪苗代湖も見えます。

2019110302.jpg
眼下には郡山市の郊外。

2019110303.jpg
最大の難所はわりと早くやってきます。ロープと枝をつかみながら岩登り。

2019110304.jpg
急な岩場を登りきると視界が開けてきます。

2019110306.jpg
登山口の方を振り返ります。この日の天気予報は晴れ、駐車場には20台くらいの車がありました。

2019110305.jpg
出発の頃かかっていた雲が薄れてきました。日差しが明るくなると山々が鮮やかな色に変身!
肌寒いと感じましたが、暑くなってジャケットをしまいました。

2019110309.jpg
日差しがまぶしい。残っていた紅葉は、ホツツジやウラジロヨウラクなどのドウダンツツジの仲間。

2019110308.jpg
しばらく平坦な林。この林はいつ来ても美しい。
この登山ルートは、まあまあアップダウンの繰り返し、登りのあとは緩やかになるので、ありがたいのです。

2019110310.jpg
紅葉の見頃は過ぎても色とりどり美しい。

2019110314.jpg

2019110311.jpg
磐梯山と猪苗代湖が一望できるところまできました。

2019110312.jpg
湖岸の集落まで見えます。

2019110313.jpg
最初の目的地、大将旗山の頂上。

2019110315.jpg
ぶ厚い毛布をかぶったみたいな山々。

2019110319.jpg

2019110318.jpg
天気のいい日の尾根歩きは最高。眺めもいいし、今日は風もありません。

2019110317.jpg
大将旗山を過ぎると遠くに目的地、額取山の台形の形が見えてきました。

2019110323.jpg
モミの木

2019110326.jpg
もうすっかり色あせているのだけれど、暗い赤とグレーが渋く、美しい。

2019110327.jpg
私にとって額取山の魅力は、山ひだの陰影です。
鮮やかで濃い色の近景から、青く霞んでいく遠景のグラデーション。
午前と午後ではまったく違う、季節、天候や時間によって変わる深い陰影はいつまでも見ても飽きません。

2019110329.jpg

2019110325.jpg
頂上が近づいてきました!

2019110333.jpg
頂上につきました。前方に見えるのは郡山の中心市街地。

2019110332.jpg
北には安達太良山と吾妻山まで見えます。
額取山は、東に郡山市の市街地とあぶくま山系、西に磐梯山と猪苗代湖、南に那須の山々、パノラマで見渡せる贅沢な眺めなのです。

2019110330.jpg
西を見ると磐梯山と猪苗代湖、とても近い。この景色を眺めながら昼食です。

2019110328.jpg

2019110340.jpg
昼食の場所を探しているとヒカゲノカズラ、相変わらずトリフィドな感じ(笑)

2019110331.jpg
ふと足元の岩場を見ると花が…マツムシソウです。
マツムシソウが山野草であるのは知っていましたが、山で見るの初めてのような気がします。花の時期は8〜10月、淡い藤色の花は初夏にふさわしいような色ですよね。寒々しい晩秋の山で見るとは思ってませんでした。

2019110335.jpg
刻々と変わる日差しに、山々の陰影も変わっていく。

2019110334.jpg
昼過ぎ、日差しが変わり、二岐山と那須の山々も見えてきました。

2019110337.jpg
もう11月、強い風が吹いたら遅い紅葉も散ってしまいますね。

2019110339.jpg
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)

安達太良山〜2019年秋

2019年10月31日
2019102020.jpg

2019102002.jpg

久しぶりのトレッキングは安達太良山です。(2019年10月20日)
夏は諸事情で断念、秋は山へ!…と思えば、天候に恵まれず、なかなかタイミングがあいません。自然相手はそんなものですね。

今回のルートはいつもと同じ。
奥岳(安達太良高原スキー場・ロープウェイ)-薬師岳-安達太良山山頂-牛の背-峰の辻-くろがね小屋-奥岳

安達太良山 トレッキングコース


ロープウェイからの眺め、少し雲があるけれど晴れそう。
紅葉のピークは前の週(10月12日頃)だったそうですが、各地に甚大な被害をもたらした台風19号のまっただ中でした。

2019102003.jpg
ロープウェイの山頂、薬師岳につきました。晴れそうと思っていたら…雲が…頂上付近も見えません。まあともかく、歩きはじめます。

2019102004.jpg
鮮やかなウルシ科の紅葉。ウルシだとかぶれやすいので、近づかないようにしよう。

2019102005.jpg
かわいらしい赤い実はツルリンドウ。

2019102010.jpg
つやつやした葉はイワカガミ。安達太良山はイワカガミの群生地、6月の花盛りの頃はピンクの花がそこここに咲き、とてもきれいです。

2019102006.jpg
ロープウェイの山頂駅から30分くらいでしょうか、だんだんと人が混み合ってきました。駐車場の車の多さからすれば、まあ当然か。
秋の登山シーズン、紅葉の安達太良山は例年混みます。ただ今年は、福島では台風被害も大きく、もしかしたら山は空いてるかも?と思ったのですが…。
週末は天候に恵まれなかった今秋、2000m前後で登るによさそうな 山&天気&休日 には限りがあり、やっぱり安達太良山に集中したのかもしれません。

2019102007.jpg
頂上が近づくにつれますます雲行きがあやしい…

2019102008.jpg
着きました!頂上です。周りは見えません!

2019102009.jpg
てっぺんの岩山は強風!ガスがかかって眺望もありません。
さっさと下ります!

2019102011.jpg
頂上付近は昼食に不向きなので、少し下りてから昼食です。
それにしても濃いガスが…(汗)

2019102012.jpg
牛の背はいつも風が強いですが、この日は一段と…。

2019102013.jpg
異世界な沼ノ平の風景を楽しみにしていたのですが、全く見えない。

2019102014.jpg
一気に下り、風が弱まりました。
道はあちこちぬかるんでいます…雨が多かったので…いや、ここはいつきてもこんな感じかな。

2019102015.jpg
紅葉がきれいなんですがガスが…

2019102016.jpg

2019102017.jpg
峰の辻まで下りてきました。昼食です。

2019102018.jpg
ガスが消え、あたりはとても美しい〜

2019102019.jpg
福島方面を見ると明るい。
この日、下界はおだやかな晴天で、山は雲がかかっている…そんな天気だったよう。
ロープウェイを使った登山は、団体もいて混みあいますが、多くは山頂からロープウェイに引き返すルートで、くろがね小屋に下りて来るのは、たぶん半分もいません。

2019102022.jpg
雲がぐんぐん動いています。
晴れたと思うとすぐに陰る。日差しがあたるとまぶしいほどの紅葉が現れ、あわててカメラを構えるのですが、あっと言う間に陰に入ってしまう。この日はその繰り返しでした。
ステージのスポットライトが動く、それを追いかけるみたいな感じです(汗)

2019102021.jpg
くろがね小屋付近まできました。

2019102023.jpg
錦秋です。日差しがあたるとまことに美しい。

2019102025.jpg
落葉したダケカンバの白い幹がアクセント。

2019102026.jpg

2019102027.jpg
ふかふかした苔、寝転びたい。

2019102029.jpg
くろがね小屋到着。

2019102028.jpg
紅葉は見頃です。思えば昨年の秋も、紅葉の見頃を1週間ほど遅れての登山でした。晴天で紅葉まっさかりに巡り合うのは難しい。

2019102030.jpg

2019102031.jpg
さあ帰りましょう。

2019102032.jpg
またたく間に遠ざかる山小屋

2019102034.jpg
ヒカゲノカズラがかわいい。

2019102035.jpg
くろがね小屋から奥岳の登山口までは、くろがね小屋専用のジープが一台が通る道幅です。なだらかで歩きやすいけれど、だらだら長いのが難点でもあります。旧道は森の中を下る昔の道で、近道ですが雨続きで悪路も考えられ、友人も通りたくないと言います。

2019102033.jpg
まもなくゴール、登山口に戻る頃に晴れてきました…というか山はずっと雲がかかっていたのかも。
なにはともあれ無事下山、お疲れ様!

トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)

栂平園地(浄土平)

2019年08月18日
2019081237.jpg

浄土平駐車場から車で1〜2分のところに、浄土平キャンプ場と兎平駐車場があります。浄土平の湿原を散策したあとに寄ってみました。

浄土平ビジターセンター

2019081227.jpg
兎平駐車場にはこんな地図が。「栂平園地 展望台」…約20分ならと歩いてみることに。

2019081228.jpg
この日はスニーカーくらいで登山の装備はしていないのですが、普通の登山道です(汗)

2019081242.jpg
コメツガ

2019081229.jpg
ダケカンバ
うっそうとした森です。道はちゃんとありますが、誰も歩いていないので、一人で歩くのはおすすめしません。

2019081230.jpg
きれいな羽が落ちていました。なんの鳥?

2019081231.jpg
しばらく行くと、どんどん道がすごいことに。まあでもここまで来たので、先へ。

2019081232.jpg
ふっと視界が開け、湿原に出ました。
一面に紅葉しているのはコバイケイソウです。

2019081233.jpg
ここが目的地?と思ったのですが、この標識は?左に50mで栂平園地?
ひとまず左に道があるので行ってみます。

2019081234.jpg
進むと、どんどん薮が…

2019081235.jpg
薮に覆われ、朽ちそうなテーブルとベンチ…若干ホラー(汗)

2019081236.jpg
50m以上は歩いたのですが、道がわからなくなりました。あちこち進んでみますが、行き止まりか薮に覆われてよくわかりません。
さすがにこれ以上行くのは無理っぽいので、さきほどの湿原に戻ることに。

2019081239.jpg
帰宅して調べてみると、やはりここが目的地の「栂平園地」でした。しかし展望台らしきものは何もありません。そして左に50mの標識はなんだったのだろう?
湿原は木道でぐるりと一周できるようになっています。
コバイケイソウが満開の頃、また周辺にはたくさんのシャクナゲがあるので、花の頃はきれいだと思います。ただ、この日は誰にも会いませんでした。

2019081240.jpg
周辺はコメツガの樹林、栂平の名前の通りですね。

2019081238.jpg
荒々しいコメツガですが、松ぼっくりは小さくてかわいい。

2019081245.jpg
さあ、来た道を戻ります。

2019081222.jpg
ヨツナヒヨドリがたくさん咲いていました。

2019081248.jpg

2019081244.jpg
ツルリンドウを1輪だけみつけました。

2019081243.jpg

2019081225.jpg
兎平駐車場にもどって来るとガスがかかってきました。めまぐるしく天気が変わる日です。

トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »