コズミック フロント☆NEXT「地球を守る見えざる盾 磁場消滅の脅威」

2017年06月18日
コズミック フロント☆NEXT「地球を守る見えざる盾 磁場消滅の脅威」
NHKBSプレミアム
6月15日木曜  午後10時00分~ 午後11時00分
再放送/6月21日水曜 午後11時45分~ 午前0時45分
地球の磁場に異変が起きている。磁場は宇宙から降り注ぐ有害な放射線や太陽風から生命を守る見えざる盾。しかし人工衛星の最新の観測で、その磁場がここ数年急速に減少していることが判明した。減少が続き磁場が消滅すれば、大規模な気候変動が起こり、現代社会に支障がでることも懸念されている。磁場消滅の脅威に立ち向かえるのか、磁場発生のメカニズムに迫る最新の研究も踏まえ、世界各国で進む磁場研究の最前線に迫る。

ご近所の月にも火星にも磁場が無いことは知っていましたが、目に見えない磁場のことなんてあんまり考えたことないですよね。
はるか昔、原始地球に大きな天体が衝突したことで、地球の内部に核と液体金属の構造が誕生、液体金属の対流と地球の自転によって磁場は発生した。
南極と北極のある巨大な磁石が地球。
原始地球の出来事が、今も続く磁場だとは、なんだかすごいですねえ。

磁場によって地球は、宇宙放射線や太陽風(プラズマ)から守られてきました。磁場があることで、生物の進化や知的生命体の発生(までの期間)を育んだと言っていいのでしょう。
人類が他の惑星に移住するSFはたくさんありますが、磁場があるかないか重要な問題なんですよね。
(仮に火星をテラフォーミングできても、火星には磁場がないので、人体に有害な放射線の問題が残ります)
磁場がなくなってしまうと、人体に有害な影響が出るだけでなく、プラズマなどによって通信網などインフラが使えなくなるかもしれません。

その磁場が急速に弱まっているという。
え〜地球温暖化ガスとか関係ないよね?と一瞬「人間の環境破壊」を想像しましたが…。
実は地球の磁場は、強い時期と極端に弱まり消滅、磁場が逆転する(N極とS極が逆転)歴史を繰り返しているという。
人のせいじゃない。ええ〜知らなかった〜(汗)
磁場が乱れ、消え、逆転することは、実験でも確認できているらしい。
500万年で12回の逆転、最近は78年前、ということは、次の逆転がいつ起きてもおかしくない。現在磁場が弱まっているのは、その前兆と考えるの普通なんだとか。

磁場がなくなり何が起きるか?研究では寒冷化ではないかと。
宇宙放射線などが地球に降り注ぎ→大気に衝突→雲を発生させる→日照時間が減る→寒冷化。
2億5千万年前の生物大量絶滅もそれが原因という可能性が高いらしい。

間違いなく磁場の逆転は起きる。
では、いつ磁場が消え(弱まり)るか?その期間も影響も、まだ予測はできていないらしい。
人類が生き残っていくのは大変です。地球の…いや宇宙の歴史レベルでの話ですが。

サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

コズミックフロント NEXT いざ火星へ! 完全植民計画 最前線

2017年03月13日
コズミックフロント NEXT
いざ火星へ!完全植民計画 最前線

NHK-BSプレミアム
3月9日(木)午後10時00分~
3月16日(木)午前0時00分~(再)
トランプ政権の誕生で、アメリカの宇宙戦略が変わろうとしている。火星への有人探査を本格化させ、宇宙開発で再び世界をリードするのが狙いだ。NASAは超大型ロケットSLSとオリオン宇宙船を使って、2028年までに人類を火星軌道に送り込む計画を立案。さらにロボット宇宙飛行士ヴァルキリーの開発も進めている。
果たして人類は火星を人工的に作り替え“第2の地球”に改造できるのか。火星完全植民計画の全貌に迫る。


トランブ新政権の目標は偉大なアメリカにすること、となると宇宙戦略においては、地球の周りをぐるぐるしてる地味なISSや衛星ではなく、一挙に火星有人探査に向くのでは?
だって派手でわかりやすいんですもの…って話です(笑)
ちなみにオバマ政権では軍縮傾向で宇宙へもわりと消極的でした。

火星有人探査はこれまでも研究開発が進められてきましたが、資金不足などでなかなか進んでない状況。
で資金を捻出するために、ISSは2024年で撤退し民間に委託。
そしてNASAが行ってきた、人工衛星による地球環境の観測もやめる…アメリカは地球温暖化は人間活動が原因ということに、もともと懐疑的だったわけで、NASAが地球環境を監視する必要はないということらしい。

しかし火星有人探査にはまだまだハードルが。
月までは38万5千km、片道4日。
火星はもっとも近い時で6000万km、現在の技術では片道8ヶ月、その間クルーは強い宇宙放射線にさらされることになる(ISSは底軌道なので地球の磁場で放射線から守られている)
また最短距離で火星に到達しても、次に最短距離で帰るには1年後。
となると長期滞在、帰還するための技術も未完成、火星に永住するくらいの覚悟でないと難しい(汗)

火星は重力が弱いので着陸も難しいらしい。人を安全に運ぶ有人探査はとにかく大荷物になるし、大変です。
実際に火星についたとして、資源は現地調達、トラブルがあっても自分たちでなんとかしなくてはなりません。有人探査の前に、荷物と一緒にAIロボットを送っておくというはわかるなあ。

磁場のない火星では大気も薄く放射線が強い、そして巨大砂嵐…
この辺りの話になると、番組でも引用されたSF「火星の人」(映画「オデッセイ」)がとてもリアルに感じます。荷物は先に火星に送っておく、将来食料を育てるためにクルーに植物学者がいる…なども、なるほどと思います。
映画にあった、種芋からのジャガイモ栽培は泣けてきますよね〜

ユタ州の荒野には、火星砂漠研究基地というのがあり、閉鎖空間で探査の模擬訓練をしてる。80日間ここで缶詰になり、演習を行っている。世界8カ国から、日本人の村上資さんは日本でもっとも火星に近い男と呼ばれているらしい。
だんだんと話がリアルになってきました。

火星には地下に大量の水(氷)があるらしい。鉱物資源も豊富にありそう。
ただ、いろいろ考えると、テラフォーミングが可能だとしても(理論では十分可能)、人が屋外で暮らすのはかなり難しそう。

ところで、トランプ政権が火星探査に意欲を見せたとして、この政権いつまで続く?(今の評判なら長くて4年?)火星有人探査は早くて2030年ごろ?

こういう番組を見ていると、フロンティア精神のワクワク感と同時に、地球は稀有な惑星なのだろうかとか、人間はつくづく地球(環境)に生かされているのだなと思います。

サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

村山斉の宇宙をめぐる大冒険

2017年01月09日
村山斉の宇宙をめぐる大冒険
NHK総合 2017年1月6日(金) 午後10時00分
「宇宙はどう始まったのか?」
「なぜ我々は存在するのか?」
「宇宙はこれからどうなるのか?」
この究極の謎に迫るのが、世界の第一線で活躍する素粒子物理学者・村山斉さん。36歳でカリフォルニア大学バークレー校の教授となり、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構の機構長を兼任する村山さんが、多忙なスケジュールの合間を縫ってNHKの撮影に協力することになった。ブラジルのレンソイス・マラニェンセス国立公園や、タイのランタン祭りなど、宇宙をひもとくヒントが隠された世界各地の絶景地を訪ね、情熱的でスケール感のある例え話で、子どもでも分かる“最新宇宙論”を展開する。さらに、ピザ屋への弟子入りや、室内スカイダイビング施設などで教授みずから体を張った数々の実験を敢行。また、2人のノーベル賞受賞者・ビッグバンの証拠を見つけたウィルソン博士と、宇宙の加速膨張を発見したパールムッター博士との対談も行う。CGを駆使した壮大なスケールの映像も交え、宇宙最大の謎に迫っていく。
【出演】東京大学 数物連携宇宙研究機構機構長…村山斉


日本が誇る物理学者、我らが村山先生が、宇宙の謎に体当たりで挑む!…って?
世界各地の絶景ポイントへ出向き、遊び、名物料理を食べ、イリュージョン体験し、(室内)スカイダイビングすることなのか?(笑)
番組の作り方は、若き研究者が絶景ポイントを巡りながら…目を楽しませ&頭使わせながら…研究を解説する。海外ドキュメンタリーによくあるパターンですが、なんといっても、血気盛んな(といっても1964年生まれ)日本人研究者が、がつがつ動くのは楽しい。

いやでももっと大事なのは、宇宙の基本を予習復習しながら、最新の宇宙の捉え方を、ダークマターとダークエネルギーをセットにして、1時間で理解できる、とってもタメになる番組。
内容はすべて、ニュースや宇宙関連番組で既出ですが、全体をとらえるという意味で貴重。これを見てから宇宙関連ニュースを見れば、理解度が格段に違うと思う。

ハワイ、マウナケア山の天文台から。
宇宙誕生から138億年。星空を見ることは過去を知ること。
例えば「すばる」は440光年離れているので、私たちが見ているのは440年前の光、つまり今、すばるに宇宙人がいて、地球方向を見ていたとしたら、織田信長が生きていた頃の440年前の地球を見ていることになる。
…といっても、これはまだ我々の銀河系(天の川銀河)の中の話。銀河系の外にも銀河はわんさかある、現在最も遠くで確認できている銀河は131億年…もう人の理解の距離を超えてますよね。
スター・ウォーズだって、帝国が支配してるのは銀河系内で、他の銀河までは行ってないはず。

ビッグバンで誕生した宇宙が膨らむことを、タイの名物料理とランタン祭りとイタリアのピザで解説する村山先生。
ランタン祭りがきれい〜。ピザうまそ〜。
ビッグバンの証明の歴史をざっくり。
結局、膨大なデータをどう解析するか、理解するかってことでもありますね。

ブラジルの美しい砂丘で砂遊びしながら、宇宙の物質について解説する村山先生。
ビッグバンによって誕生した宇宙には水素やヘリウムという単純な元素がほとんど、そこから星が生まれるには、なんらかの物質が関与し、まだら状に固まっていくことによって引力がうまれ、星や生命が誕生した。
それが未だに確認できていないダークマターで、ダークマター(の物質量)がなければ現在の宇宙の成り立ちが説明できない。
つまり、すかすかの過疎地じゃ出会いが少ないが、繁華街だといろいろなことが起きるってことでもありますね〜(笑)

最新の研究では、宇宙は加速膨張している。
カギを握るのがダークエネルギー。引力や重力と反する力ではないかという。
宇宙の膨張に伴ってなぜか増え続けるのがダークエネルギー。このまま増え続けると、星を形成する引力とのバランスが崩れ、すべてバラバラになって、素粒子レベルに粉々になってしまうかもしれない。
ここからマルチバースの流れは、理解がなかなか難しい。
無数に誕生する様々な宇宙があり、その中で重力とダークエネルギーが、絶妙のバランスにあるのが、我々の宇宙でないかという(仮説)

全ては観測と理論の積み重ね。
だいぶ学習したとはいえ、自分の理解はまだまだ(汗)
村山先生の続きは、コズミックフロントでやるらしい。

コズミックフロント☆NEXT
BSプレミアム・毎週木曜日よる10時

サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

コズミックフロント☆NEXT 恒星間飛行 人類は隣の星へ行けるか?

2016年08月01日
コズミックフロント☆NEXT 
恒星間飛行 人類は隣の星へ行けるか?
BSプレミアム
7月28日(木)午後10時00分~
8月4日(木)午前0時00分~(再)
地球への巨大隕石衝突や太陽フレア。宇宙から襲ってくる様々な現象によって、人類は滅ぶ可能性がある。だが観測技術の発達により、人類の新天地となりうる理想の惑星候補が見えてきた。しかし、その惑星に我々はどうやってたどり着くのか。一番近い恒星系まででさえ、およそ4光年。光の速さで4年かかる。この難題が、SFドラマに出てくるようなアイデアで解決されるとして、今、世界中の研究者が開発に乗り出している。果たして、何光年も離れた星から星へ、人類は宇宙船で旅をすることができるのか?その可能性に迫る。
参考/アインシュタインの特殊相対性理論…「宇宙では光の速度がつねに一定であるだけでなく、あらゆる物体は光の速度を超えて運動することはできない」


人は月に行った。火星の有人探査も現実味を帯びてきた。
では、太陽系外の惑星への旅、SFの設定によくあるワープや光速を超える設定は実現できるのか?

遠い未来かもしれないけれど、地球以外に人間が移住するとしたら?
太陽系外の惑星が次々と見つかっていますが、地球型で液体の水が存在出来るハビタブルゾーンの惑星は、現在42個見つかっているらしい。
くじら座タウ星系には5つもあるが…12光年(汗)
では、今最も手近な距離アルファ・ケンタウリ星系では…といっても4.37光年(汗)今、アルファ・ケンタウリに探査機を飛ばす計画があるらしい。小型探査機をの帆にレーザーをあてて、光速の20%くらいまでいけると…これならアルファ・ケンタウリまで、約20〜30年でいける…はず。
これは相当速い…はず(苦笑)現在の技術だと隣の恒星にいくということは、こういう話なんですよね。
この宇宙に知的生命体がいたとしても、会うにはとてもとても遠い(笑)

これが有人探査となると、時間も物資の量も半端ない。
推進エンジンは核融合、プラズマ。
人の水や食料は?…冷凍睡眠(冬眠)、そんな研究もあるらしい。
おお〜SFめいてきたぞ(笑)
それよりワープができれば距離の長さは一挙解決するのだが…。
ここで参考映像、エンタープライズ!ドクター役のピカードがわかったような話をしてるのがおもしろい(笑)

今人類が作り出せる最大のスピードは、CERNの加速器でなんと光速の99.9%!
これならアルファ・ケンタウリまで5年以内でいけそうですが、この加速器は陽子1つ飛ばすのに巨大施設、人や宇宙船を加速するのは不可能。

では、ワープやワームホールはできるのか?
ワープは理論的には可能らしいけれど、それを人工的に操作するする方法はわからない。そしてそこに存在する宇宙船も空間の伸び縮みに影響されるので、泡のようなもので空間ごと隔離しなくてはならない。すると、外とのつながりもなくなり、操作もできなくなる。
なかなか難しいですね〜。

人は光速を超えることができないとしたら、人の寿命は太陽系外の惑星へ向かうには短すぎる。
銀河系を出るなんてことは、人類の歴史どころか、太陽系誕生の歴史を入れてもまだ足りないということになります。
現時点では…
しかし、ワープがSF的な妄想ではなく、現実的に考えるところまで来ているのはすごい。
サイエンス・ネイチャー | Comments(4) | Trackback(0)

油井宇宙飛行士の142日~世界に示せ!日本の実力~

2015年12月19日
油井宇宙飛行士の142日~世界に示せ!日本の実力~
NHK総合 初回放送 12月16日(水)午後7時30分~午後8時43分

日本人10人目の宇宙飛行士として、国際宇宙ステーションで5か月に渡る長期滞在を果たした油井亀美也さん。日本の無人補給船「こうのとり」をNASAにいる若田光一さんと協力してキャッチするなど、日本の実力を世界に示した。はたして、どのような思いでこの5か月間を過ごしたのか?NHKは地球への帰還の直前に、軌道上の油井さんへの独占インタビューに成功。これまで語られなかった秘話を糸井重里さんが聞く。

日本人宇宙飛行士10人目の油井亀美也さんのISS滞在142日の全貌。
糸井さんとアナによるインタビューがなかなか面白かった。宇宙に夢とかロマンとか…そういうものだけでは語れない時代になったのだなと、つくづく思う。

ISSや宇宙の暮らしが、ここ数年リアルに感じられるようになったのはTwitterの存在が大きいですね。
油井さんは、通勤時間なくて楽、重力がない暮らしは慣れると快適だとか…なんか酔いそうなんですが(汗)
食事にロシア飯が…ロシアと聞くと不味そうなイメージしかない
…。
ISSの「出窓」キューポラからの映像はいつものことながら美しい。

ここで、油井さんの宇宙飛行士選抜の様子。番組にもなっているのでよく覚えてます。閉鎖訓練は、宇宙飛行士に何が求められているのかがよくわかって、興味深かったなあ。チームとして友情が芽生えたり、あれから6年か…。

油井さんのミッションのハイライトは、無人補給船「こうのとり」の受け取り。アメリカとロシアの補給船が相次いで失敗、補給できないと、ISSの存続にかかわる事態に。こうのとりのミッションは本当に重要だったのだなあと実感。

ISSの計画が始まった25年前、日本は資金だけ出せばいいと、技術的に全く相手にされなかったらしい(金さえだせば、宇宙飛行士の2〜3人連れて行ってやってもいい…そんな感じ)。
日本の宇宙開発はISS以前にも、ほとんど相手にされなかった時代が長かったですよね(汗)

こうのとりのミッションは、音速の20倍以上のスピードのISSから、油井さんがロボットアームで補給船を捕まえる。地上でアシストするのは若田宇宙飛行士。日本人による日本の技術力が試されるミッション。油井さんはプレッシャーが。
そして、無事成功!油井さんだけでなく、日本の技術の高さを証明することにもなりました。
からっぽになったこうのとり君とのお別れは、やっぱロマンだね(笑)

日本がISSに使った予算は9千億円、行政改革はこの予算に見直しを迫っています。
油井さんは、日本の技術力は国際的に評価が高い、尊敬される存在であってほしい。そして協調の文化、野口宇宙飛行士も、超大国ではない日本にしかできない役割(中立)を国際社会で果たせると。
ここで、アメリカとロシアの宇宙飛行士の間に立った、若田さんのコマンダー(ISS船長)のエピソードが…若田さんを見ると、なんだかいつも胸が熱くなってしまう(涙)

ISSはロシア、アメリカが運用、航空自衛隊のパイロット出身の油井さんは、自衛隊時代からロシアのイメージは180度変わったらしい。当初、自分はロシアに入れてもらえないんじゃないかと思ったと…だよねえ(笑)
ISSは喧嘩したからといって、すぐ出ていけるわけもな、国際平和の象徴としての役割もあるのでしょう…あと付けだと思いますが(汗)

ISSがいつまで運用されるかわかりませんが(老朽化もあるし)、次なる大きなミッションは、火星の有人探査。日本も参加を目指している。
日本は技術的にも(資金も)あてにされている模様。
…あとは予算が降りるかどうか?
我が身の老後も気になる(汗)苦しい日本の台所事情が、宇宙にも影響(汗)
そんなところに金をかけなくても…という世論もありますよね。しかし、宇宙に出遅れては、あとあと後悔すると思うのです。甘いかな?


サイエンス・ネイチャー | Comments(1) | Trackback(0)
 | HOME | Next »