映画『パッセンジャー』

2017年04月14日
f405bc0b4841f60e.jpg

映画『パッセンジャー』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ
20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。

passengers-dom-zg0270fr1099rgb.jpg
passengers-ending-700x294.jpg
宇宙もの、大きなスクリーンで見たい映画にしようと選んだ映画。
画像は今の技術ならナンボでもできるとわかっていても、根拠とセンスがなければどうしようもないわけで…その意味ではなかなか良かったです。
ゆっくり自転する巨大宇宙船アヴァロン号がとても美しい。こんな風に稼働しているのかなというリアリティがあります。
船内や冷凍睡眠カプセルも洗練されたデザインです。
ただあれだよね、睡眠カプセルの誰でも眠ってる人の顔が見えるってどうなのかな?(笑)

640_2017041315390869b.jpg
目的地到着4ヶ月前に目覚めるはずが、なぜか90年も早く目覚めてしまったジム。
誰かに聞こうにも誰も起きてない!(汗)一般客のジムは当然ながらクルーのエリアには入れない。それでもエンジニアのジムは様々な事を試みるのですが…どうにもならない。ジムは宇宙船で孤独に死ぬのを待つしかないのか?
予備知識なしで見ていたのですが、これは巨大陰謀か?「2001年宇宙の旅」か?とか思ってしまう。
そして、2人目が目覚めます…作家のオーロラです。

lead_960.jpg
閉塞感に包まれる宇宙船で和ませてくれるのが、アンドロイドのバーテンダー。粋な会話も楽しめます。
(バーシーンはスタンリー・キューブリック監督『シャイニング』へオマージュらしい)

Jennifer-Lawrence-White-Mesh-Swimsuit-Passengers.jpg
作家オーロラ役のジェニファー・ローレンス。
才色兼備のお金持ちで、有名作家を父にもつオーロラはセレブな乗客、部屋も豪華だし、食事も違う、プールもついている。安いチケットで乗船したジムとはまるで違う(笑)
星を見ながらプールとか、ゴージャズです。
オーロラの名前は、「眠れる森の美女」のオーロラ姫からでしょう。これも大事なポイントです。

オーロラが、セレブな暮しを捨て120年の旅に出たのは、未知の分野に行かない限り父を越えられないから。
そしてジムも新天地に夢を描く。
2人とも現状には満足できない、そして孤独を抱えている2人、そこらへんをさりげなく描いた所で…恋に落ちる2人。
豪華客船の身分の違う2人、ほとんど「タイタニック」な展開かも。
そして次々とトラブルに見舞われる宇宙船、様々な決断、困難を乗り越え、2人は生き延びる事ができるのか?

passengers-trailer-700x300.png
気晴らしの宇宙遊泳シーン、航行中は恒星の重力を利用して方向転換を計ったり、迫力の映像満載。

640-2_20170413153906b49.jpg
ラストはネタバレにならない程度に言うと、前半のスリリングな展開からちょっと大風呂敷かな?お気楽かな?って気もします。それを突っ込むと、そもそも120年の旅にしては、宇宙船の危機管理が相当まずいのでは?となってしまうか(苦笑)

ところでこの映画、前半は原作にかなり忠実なのに、ラストがかなり違っているらしい。ちょっと検索すればすぐわかりますが、これから映画を見る人は知らない方が楽しめます。
ポール・バーホーベン監督の「トータルリコール」を思い出します。「トータルリコール」もフィリップ・K・ディックの原作をかなりいい感じに映画化してるのですが、最後があれれなハリウッド映画にしっちゃったなあと感じました…まあそういうケース、映画化にはよくある話すね。それにちょっと近いかもです。

感想を要約すると「2001年宇宙の旅」→「眠れる森の美女」「タイタニック」→「トータルリコール」
映画 | Comments(2) | Trackback(0)

映画『ラ・ラ・ランド』

2017年03月03日
e3271406063387f2.jpg

映画『ラ・ラ・ランド』公式サイト
「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。
「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズも出演。第73回ベネチア国際映画祭でエマ・ストーンが最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を制した。第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネートを受け、チェゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞したほか、エマ・ストーンの主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得した。


640-2_20170227144924c92.jpg
何かと話題の「ラ・ラ・ランド」早速観てきました。
ちなみに先週末、アカデミー賞発表前でしたが、話題作だけあって混んでました。
事前情報はあまり入れないで鑑賞、冒頭の高速道路渋滞シーンから「あれ、これっていつの時代の話だっけ?」というレトロな雰囲気。携帯電話が登場して「だよね、現代の話だよね」と確認(笑)。
映像が一貫して、全盛時代の映画やミュージカル映画を彷彿とさせる作りで、そこが見所でもあります。
これが1985年1月19日生まれ、32歳の監督が作ったとはねえ。

携帯電話、YouTubu、ミアの車(プリウス)という現代にしかないツールも登場するけれど、全体の色彩と照明、ファッション、ヘアメイク、小物、セズの車、パーティーシーン、すべてがなつかしい雰囲気を醸し出してきます。
女性たちの色鮮やかなドレスが、ロサンゼルス・ハリウッドのからっとした空気、青空にはまります。

640_20170227145350e8f.jpg
「ジャズは死につつある」と話す売れないジャズピアニストのセブ。女優にあこがれもオーディションに落ち続けるミア。かつては華やかだったけれど、斜陽になりつつある映画やジャズへのノスタルジーなのでしょう。

la-la-land-poster.jpg
反発し合いながら惹かれていく二人という設定も往年の映画にありそうだし、ちょっとしたアクシデントから、夜道を二人きりで帰るシーンは「雨に唄えば」のような感じ。
どこかで見たような?…映画好きならきっといろいろな過去の映画を思い出すと思う。私は「雨に唄えば」「巴里のアメリカ人」「ティファニーで朝食を」「ウェストサイドストーリー」をぱっと思い浮かべました。
ミュージカル映画なんで、突然踊りだしたり、歌い出すわけですが(笑)最近のミュージカル映画はもっと自然に歌い出すと思う。突然歌い出すところも古き時代の映画を踏襲してます。

過去の映画をあれこれ、なつかしく思い浮かべるのは王道の楽しみ方。
ただ万人向けとは言いにくいと思う。最近の映画しか見てないと、逆に新鮮か?

LaLaLand_clip_playsetlist.jpg
ライアン・ゴズリングはこの映画のために、ピアノを一から練習したとか、すごいですねえ。かっこよかったです。

640-3.jpg
ちょっと物足りないと思ったのは、ミア役のエマ・ストーンの歌唱力かな。もうちょいパンチある方がヒロインらしいと思うのだけれど。

640-5.jpg
「La La Land」とは、ロサンゼルスという意味と、現実離れしたおとぎの世界…というような意味があるらしい。
映画の結末はおとぎ話のハッピーエンドで終わるのかと思いきや、切なく、ハッピーだけど少しほろ苦い。
ノーテンキなハッピーエンドを予想していたので、ちょっと意外でした。
個人的な好みで言えば、なにもかもうまくいって、どかんとハッピーエンド、見を終えてすっきりがよかったかな。
それもこれも、昔には戻れない、今はもう無い、失われつつあるものへの惜別なのかもしれません。
あるいは何もかも手に入れることはできない、大きな夢をつかむには、何かをあきらめなくてはならない、そんな大人な結末が、現代にはふさわしいのかもしれませんね。
------------------------------------------------


このアルバムの6番目の「Japanese Folk Song」が、滝廉太郎の「荒城の月」のアレンジらしいのですが、全然気がつきませんでした〜。

映画 | Comments(3) | Trackback(0)

映画『ミス・シェパードをお手本に』

2017年02月06日
31bd7d3c13d6f8a2.jpg

映画『ミス・シェパードをお手本に』オフィシャルサイト
イギリスの名女優マギー・スミスが、16年間にわたり主演してきた舞台劇の映画化で、スミス扮する風変わりなホームレスの老女と劇作家の奇妙な絆を描いたドラマ。北ロンドン、カムデンの通りに止まっている黄色いオンボロの車で暮らすミス・シェパード。近所に引っ越してきた劇作家のベネットは、路上駐車をとがめられているミス・シェパードに声をかけ、親切心から自宅の駐車場に招き入れる。それから15年、ミス・シェパードはベネットの家の駐車場に居座り続け、ベネットは、高飛車で突飛な行動をとるミス・シェパードに時折、頭を抱えながらも、なぜかフランス語に堪能で、音楽にも造詣の深い彼女に惹かれていく。脚本を手がけた劇作家アラン・ベネットの実体験に基づく物語で、舞台版に続きスミスがミス・シェパードに扮し、ベネット役をロイヤル・シェイクスピア・カンパニーなど舞台で活躍するアレックス・ジェニングスが演じている。

the-lady-in-the-van-6.jpg
大好きな女優マギー・スミスならと出かけました。
実話に基づいた話→舞台化→映画化。舞台でも演じたマギー・スミスが主演。
偏屈、傲慢、バンに暮らすホームレスの婆さんをこんなに魅力的に演じるのはさすが名優。まさにマギー・スミスのための映画でした。
それ以上、劇的な何か?とか、涙と感動のクライマックスを期待すると、肩すかしになるので要注意(苦笑)
640-1_2017012310311029b.jpg
近所に越して来た劇作家アランは、ちょっとした親切心から、結局ミス・シェパードにいいように取り込まれてしまう(笑)
背景に、社会的にまずまずの成功をおさめたものの、老いた母との関係を模索する息子としての姿があります。
関係ないかもしれませんが、なぜか年配の女性(にだけ)好かれる男性というのを、私は何人も知っていて、こういう関係ありだなと思う(笑)

彼女が居座る通りは、そこそこの金持ちが暮らす閑静なお屋敷街。住人たちは、迷惑と感じつつ、金持ちである優越感と自分たちだけが豊かに暮す「罪悪感」から、追い払うほど無慈悲にはなれず容認している。
なにくれと差し入れをしたりする…けっこういい人たち(笑)。彼女はそこをよくわかっているから絶対に「礼」は言わない。
この、金持ちたちのあいまいな態度、微妙な「社会貢献」「建前人道的」な設定がおもしろい。
maxresdefault_2017012310311044a.jpg
後半だんだんと、ミス・シェパードの過去があきらかになっていきますが、それは誰の人生にもありそうな「つまづき」「試練」のようにも感じます…極端に言えばですが。
環境、苦労、アクシデント…あの時、もうちょっとこうしていれば人生がちがったかも?…誰にでもあるもどかしさ。それがなんだかリアルで、ひとつ違っていたら、こんな暮しをしていたかもしれないな…そんな思いにも囚われます。
作家アラン、アランの母、ミス・シェパード、金持ちの住人、登場人物たちの人生も、そんな様々なことの積み重ねで今に至るわけで。
640_20170123103109c03.jpg
邦題「ミス・シェパードをお手本に」は、イギリス映画らしく「シャレ」をきかせた?と察しますが、違うなあと思う。
感想やキャッチコピーならともかく、映画はタイトルは一人歩きしてしまうので、ぜんぜん「お手本」じゃねえ…と突っ込まれそうです。

映画 | Comments(0) | Trackback(0)

映画「ある天文学者の恋文」

2017年01月13日
6b13ad4fb8306184.jpg

映画『ある天文学者の恋文』公式サイト
「ニュー・シネマ・パラダイス」「鑑定士と顔のない依頼人」で知られるイタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレが、名優ジェレミー・アイアンズとオルガ・キュリレンコを主演に迎えて描くヒューマンミステリー。音楽はトルナトーレ監督作おなじみのエンニオ・モリコーネが担当。著名な天文学者のエドと教え子のエイミーは、周囲には秘密で年の差の恋愛を満喫していた。ある日、大学で授業を受けていたエイミーのもとに、出張中のエドから「もうすぐ会える」というメールが届くが、エドの代わりに教壇に立っていた別の教授から、エドが数日前に亡くなったという訃報を知らされる。その後もエイミーのもとにはエドから手紙やメール、贈り物が届き、疑問を抱いたエイミーはエドの暮らしていたエジンバラの街を訪れる。そこでエイミーは、彼女自身が誰にも言えずに封印していた過去について、エドが調べていたという事実を知る。

宇宙オタクとして「天文学者」という言葉に食いつき(笑)
トルナトーレ監督で、音楽モリコーネなら、見ないわけない(笑)首都圏じゃあもうとっくに公開が終わっているかもですが、私ローカルでは今ごろです。
亡くなった恋人から次々と届くラブレター。レビューでは「P.S. アイラヴユー 」(2008)に展開が似ているというコメントが多いですが、私はその映画は見ていません。

la_corrispondenza_1.jpg
親子ほど年の差のある不倫カップル。どこにでもありそうな不倫も、ジェレミー・アイアンズの品の良さと、恋人エイミー役のオルガ・キュリレンコのいかにも愛人って感じではない、ちょっと野性的な雰囲気が、この不倫を無二の恋愛に高めているような気がします。
知性の塊である天文学者と、優秀ではあるけれど刹那的で危険なスタントの仕事もするエイミー、そのギャップもおもしろい設定。エイミーの飾らない感じがかっこいい。

656710.jpg
亡くなったはずの恋人からメールや手紙…それをミステリーかといえば、遺言や今の通信手段や技術があれば十分可能なので、この部分の謎解きはミステリーというほどではないと思う。
若い恋人の行く末を気にかけた大きな愛ではあるけれど。

640-2_201701111404321b3.jpg
これは恋人を失ったエイミーの再生の物語であり、わだかまりのある家族の過去からの再出発、真の意味で大人になる物語。
そう考えると、エイミーが父ほどの年上の男性に引かれるのもなんとなくわかるし、危険なスタントの仕事をする理由もわかる。
エドの情熱的な愛は、限られた時間を生き抜こうとする思いのたけ…というふうにも感じとれます。

Lisola-di-San-Giulio-dOrta-in-una-scena-del-film.jpg
イタリア湖水地方オルタ湖、ジュリオ島
エドに導かれるように訪れる別荘の雰囲気がとても素敵で、映像のハイライトです。

maxresdefault-1.jpg
いい人ばっかりで、こんな優しく、美しく終わる不倫はないだろうな…とは思うけれど、癒しと魂の再生だからね(笑)

maxresdefault_20170111140612dc2.jpg
恋人エドは天文学者。
何光年も離れた遠くの星を見ることは、過去からの光を見ること。星の光が地球に届くまで、何年も何百年もかかるなら、その光を見ることができた時、その星はもう存在していないかもしれない。
亡くなった恋人からの手紙を、遠くの星からの光になぞらえるところに、「天文学者」の設定に意味あるのですが、映画評はだれもそこに突っ込んでない〜!だめじゃん〜。
それだけが残念な宇宙オタクです(涙)
--------------------------------------
おまけ
ジェレミー・アイアンズの不倫ものといえば「ダメージ」でしょう。ジュリエット・ビノシュ共演。
「ある天文学者の恋文」とはまるで違う、激しく超キツイ結末に、見たらダメージ受けます(汗)


映画 | Comments(0) | Trackback(0)

映画「ローグワン / スターウォーズ・ストーリー」

2016年12月28日
15350f6d7a87d4a1.jpg

映画「ローグワン / スターウォーズ・ストーリー」公式サイト
銀河全体を脅かす帝国軍の究極兵器“デス・スター”の設計図を入手するため、反乱軍は極秘チーム<ロ―グ・ワン>を結成。情報将校キャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)、盲目の僧侶チアルート・イムウェ(ドニー・イェン)、巨大銃ブラスターを駆使するベイズ・マルバス(チアン・ウェン)、貨物船の凄腕パイロット、ボーディー・ルック(リズ・アーメッド)たちとともに命を懸けた作戦に身を投じることになった孤独な女戦士ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)。様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かってゆくが、その運命のカギは天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父ゲイリン・アーソに隠されていた……。

640_20161224122305274.jpg

1977年、最も早く制作されたスターウォーズ・エピソード4、このストーリーの直前を描いたスピンオフ。エピソード3.9…なんて言い方もあるらしい。
事前情報も最小限、レビューも読まずに見てきました。
派手さを期待するとだいぶ違う。
本編の華やかさ、お気楽さはあえて封印、ヒーロー、ヒロインはいるけれど、サイドストーリーとして、市井の人々を渋く描いています。家族の物語であることは同じ。

帝国軍に支配される閉塞した世界。
辛い経験をもつヒロイン、後ろ暗そうな将校、使い回しのロボット(ドロイド)K-2SO(ナウシカの巨神兵っぽい)。
平和や正義を掲げるヒーローではなく、たまたまここに生まれてしまった、居合せてしまったので、ここで生きるためには戦わざるを得ない感じ。
…このあたり、ちょっとのんきな40年前ではなく、今の時代に制作するとしたら?という時代背景もあるのかも。

そうかエピソード4の前にはこんな事実があったのかと、素直に納得できる作品。
この作品だけだと地味かもしれませんが、ここまでつき合うファンなら問題ないでしょう。
エピソード4をこよなく愛すファンにとって、上々の仕上がりではないだろうか。

640-2_20161224122305d15.jpg
暗黒に包まれたダースベーダーは、でかくて黒くてひたすら怖い。
でないとエピソード4につながらないわけだが。

sub4.jpg 
無茶な展開はスターウォーズらしい。
ドンパチが多くて、人がどんどん倒されていくのがちょっと切ない。
「フォースとともに」という言葉は、パワーアップする魔法ではなく、おまじないのようで存在感が薄い。
そしてラストが…さらに切ない(涙)

Rogue-One4.jpg
多様な人種が登場すると話題にもなっていますが、もっともインパクトあるのは僧侶チアルートと戦士ベイズの異業種コンビ。かっこいいです。
チアルートは座頭市じゃないの?…と思うのは私だけじゃない(笑)
二人の関係は戦友というより、弁慶と牛若丸のようにも見える。絶対的な絆ってやつですね。過酷な運命がきても怖くない、二人でいるなら。

スターウォーズと言えば日本趣味、今回も着物っぽい合わせの衣装や、兜と甲冑ぽいやつとか(トルーパーはもともとそうだけど)、あちこちに見られます。
キャシアン・アンドーって「安藤」だよね?

640-1_20161224122303574.jpg
汚れて、くたびれた服の大人たちが、みなかっこいい。
家族の物語であり、ままならない人生をおくる群像ドラマでした。
----------------------------------------------------------------------------------------
【訃報】「スター・ウォーズ」レイア姫役のキャリー・フィッシャーさん死去 2016年12月28日
「レイア姫」キャリー・フィッシャーさん、死去
12月23日、ロンドンからロサンジェルスに旅行中、空港着陸直前に心臓発作、一時容態が安定していたと聞いていたのですが…

ローグ・ワンからエピソード4のレイア姫につないだところなのに。
来年公開のエピソード8の撮影は終えていたらしい。エピソード9ではどのよう設定か明かされていません。
最近話題になった自叙伝では、スター・ウォーズの頃からのハリウッドの闇が赤裸々に書かれているとか、スターを生きるのは大変です(汗)
訃報を聞いた時、エピソード7の役作りで無理なダイエットしたから?などと一瞬思いましたが、どっちかいえば長年の薬物、アルコール依存の影響かもしれません。
それにしても早すぎる。ご冥福を祈ります。

The Force will be with you!

映画 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | Next »