フィギュアスケーター味付けMAP Ver.2(2011.5)

2011年05月31日
スケーターの印象やカラーを分布図にしたらどうなるか?
独自データ(=妄想と偏見)を元に作成するフィギュアスケーター味付けMAP。前回2011年1月から4ヶ月、もう誰も覚えていないと思いますが…(汗)
今季における選手の味付けの変遷から、今後の傾向と対策をさぐる、誰もやってくれとたのんでない(たぶん)企画です。

振付師のカラーで ポイントを設定し、選手をマッピングすると…、より系統(分布)がわかりやすくなる?(つもり)
あくまでお遊び、私の個人的な印象に基づいています。
実力、成績完全無視!センター付近にいるからバランスが良いわけでも、エライワケでも何でもないです(笑)突っ込みながら遊んで頂ければと思います。

前回MAP(2011.1)Ver.1

●フィギュアスケーター味付けMAP Ver.2(2011.5)
Vr2
前回Ver.1から大きく移動した選手を、わかりやすいように矢印で示しました。

●解説
パトチャン/「のどごしは水の如し」「匠の技、職人スケーティング」無色透明のパトチャンにも、味わいの兆候が…!
こづ/パトチャンと双璧をなすスケート職人こづ、カートと出会い、こづらしい味わいが生まれつつあるようです。有香&佐藤家から味覚の冒険旅へ出かける季節かもね。
ノブナリ/表現力、表現力…と、自分味の模索中でしたが、自分の持ち味はシンプルな味付け、デミグラは体に合わん…ということで腹くくった感じ。
ジュベ/素材がいいのだから、味付けはシンプルでいい、素材は一つ(ジャンプだけ)でいい…それが男の料理!…そんな時代もありました(涙)スパイシーな味つけに挑戦してみたりもましたが…「ママン…僕の体には合わないのかも」なつかしいおふくろの味から出直し、今は素材を引き立てる調味料をバランス良くという気分に。
ゆづ/仙台から地産地消、純国産、牛タンだってやわらかい…あれ、輸入だっけ?(汗)あっさり素材と思われたゆづは、ロシア料理の奥深い味へ向かっているような?若いのに熟成が早すぎるような気がするんだけど。
コンテ/もうすぐコテコテのエスニックと思われたコンテは、燕尾服で高級レストランへ、味付け変更は最大幅、意外~。
シュル太/エスニックを極める、そんなシュル太に迷いが出た時…魔の手が!「オレはどんな味付けにも染まらん!」と抵抗を試みるも、いろんな味付けがまざって、何が何だか…だから腹下しカルメンだったのか?(汗)一度全て洗い流して出直してもいいかもね、待ってるから(涙)
マヨロフ/もうすぐエスニック味?
ダイスケ/濃い~濃い~言われ続けたダイスケですが、ホントに濃いと思います?気がつけば、濃い味だけじゃない、どんな調味料も自由自在、自分のものにできる万能スケーターに。

ミキ/濃い男とつきあったからといって、濃い女になると思ったら大間違いよ!「♪あなたの色に染まって」…そういう演歌があったな(汗)。ニコライ食堂の濃くなる一方の味付けに、一時期健康が心配されましたが、あらゆるものを消化、いや浄化?さすが日本女性は強い!今ではニコライ食堂を矯正、いや牽引する味付け、ミキはニコライ食堂の良心と噂されているらしい。
レオノワ/前回、ニコライ食堂の近くをうろうろしていたのですが、やはり入りましたか(笑)好きだからって食べ過ぎには注意してね。
ヨナ/素材は素晴らしいと、しかし味はよくわからなかった…すまん。
キーラ/おいしい水はそのままが一番、美人は何もしないのが一番。そんなユーロの箱入り娘キーラにカナダの調味料。素材の良さはそのままに、新しい味覚の世界がひろがっていました。
ソトニコワちゃん&タクタミシュワちゃん/前回適当に配置していたので訂正、ジュニアの味付けとしてはかなり濃い~よね。
はるか/かわいらしいアイドルに限ってレバ刺し好きだったりする。はるか、只今食の冒険中。
マオ/ローリーに近づいたというより、ロシアから離れたという感じでは?なにげにユカ方向に向かっているような…来季はもしや?

●総評
アボちゃんの絶妙な味のバランスが評価されないのが個人的には不満。
素材(選手)にあった味付け、素材を引き立ててる味付け…それがわからないから大変なんです(汗)
表現力に右往左往する選手が、濃い味(タンゴとフラメンコ)に向かうも、この味を自分ものにできた選手は少ないかも。結局初心から出直しをはかる選手多数。
新規エントリーのドーンブッシュ、ハン・ヤン、ジェイソン、ロゴジン、ラッセル、マヨロフ、木原、男子は、濃い口から薄口まで、味のバラエティがあって楽しいね。
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

モッコウバラ

2011年05月31日
2011052912

バラの季節ですね。
これは公園のフェンスのモッコウバラ(木香薔薇)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

シャリンバイ

2011年05月31日
2011052907

シャリンバイ(車輪梅)
名前の由来は、花が梅に似て、葉が輪状で車輪に似ているから。
車を運転する方なら見てるはず、道路の分離帯などに植えられているのを見かけます。
「車輪」と付くだけに車に縁のあるところに植えたとか?
と、勝手に思ってましたが、乾燥や大気汚染に強いかららしい。
…よかった、誰かに言う前に気がついて(汗)

2011052906

動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

復興応援コンサート・東京都交響楽団

2011年05月30日
会場に入ってから気がついたのですが、避難されてきている方(招待)を多いことに気がつきました。
どうりで募金箱がなかった…(汗)
私は整理券を頂きましたが、もしかして…私がもらうべきものではなかった?(汗)

シベリウス:フィンランディア
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番第1楽章
アルビノーニ:オーボエ協奏曲
アンダーソン:トランペット吹きの休日、プリンク・プランク・プランク
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界」第4楽章

演奏:東京都交響楽団  指揮:本名徹次

楽しいコンサートでした。久しぶりの生オケがうれしい。
必ずどこかで聞いている有名曲ばかり、組曲も全曲ではなく、聴きどころをチョイス、クラシックに慣れていない方でも楽しめるプログラム。
「題名のない音楽会」の公開録画みたいな雰囲気でした。
冒頭、客席の扉からラデツキー行進曲を演奏しながら登場するオケの団員。
都響のMCのお姉さん(バイオリン)の進行がむちゃくちゃ上手くて、トークをはさみながら、笑いも取り、たぶんこういうイベントに慣れているのでしょうね。
途中「会場で指揮をやってみたい人は?」というコーナー。子どもさん3人が指揮にチャレンジ。仕込みではないようですが、この子たちがとても上手くてびっくり、ハイレベルな音楽教育受けていると想像。

福島県は音楽教育が盛んな土地で、特に郡山市は合唱や吹奏楽の全国大会入賞の常連なんですよね。田舎の小学校のマーチングバンドもすごくうまかったりします。
関係ないですが、県警音楽隊もハイレベル。
福島市や郡山市では例年鼓笛隊パレードがありますが、今年はたぶんできなだろうなあ、残念。

ここからは独り言…
開演前ふと、楽団員に石を投げつけたくなったらどうしよう…などど、ワケのわからないことを、冗談ではなく考えてしまいました。どうかしてますね(汗)
福島県の今の状況、原発、風評被害、東京都との関係、福島県だけが…と、私の気持ちのどこかに被害者意識があるのでしょう。
もちろん楽団の方に責任があるわけではない(汗)
冒頭の明るいラデツキー行進曲を聴いたとたん、ちょっと涙目になってしまいました。
音楽が見えないカギを開けたみたいで、いろいろなことが頭を駆け巡り、感情のコントロールができませんでした。

都響の方でも、いろいろな意味で福島県には行きたくなかった(来なかった)方もいるのだろなあと思います。あるいは、今日観客に受け入れてもらえるのだろうか?とか、まるっきり何も考えずにいらっしゃった楽団員はいなのではと思います。
どこかに溝があったとしたら、地元出身の指揮者本名徹次さんが、その間を取り持つことになったのかなと深読みしたり。
ずっと明るく元気なMCのお姉さんが、最後に声を詰まらせていたことに、深い思いを感じました。

楽しく盛り上がり、コンサートは大成功でした。
今日来てくれてありがとう、心からそう思います。
震災前の予定では、都響は6月に福島県、宮城県で公演の予定があったそうです。仙台は会場の被害が大きく、公演の予定はまだ立てられないとか。
郡山も市民文化センターの復旧はまだ先、今回は大学のホールでした。というか、あったんだ~こんなホールが(笑)

本名さんが激励のタクト 郡山で「復興支援コンサート」
本名さんが指揮 郡山で復興支援コンサート

復興、チャリティ…と声高に言わなくてもいいのですが、少しずつ楽しいイベントが増えてくると、気持ちも明るくなります。

巨人戦チケットに行列前売り開始来月郡山で2連戦
劇団四季、被災3県で無料公演へ 7~8月、子ども招待
神戸に避難の女子高生、合唱祭で福島の仲間と再会 京都(2011年5月30日朝日)


6/3追記
東京都交響楽団 ふくしまで「復興応援コンサート」(28日・郡山市)公演レポート
郡山市HP “ふくしまに癒しと元気を” 東京都交響楽団による復興応援コンサート(平成23年5月28日)

<郡山市週間トピックス>テレビ放送予定
●6月3日(金)放送 テレビユー福島 午後6時55分~午後7時
●6月4日(土)放送 福島テレビ 午後2時55分~午後3時
●6月5日(日)放送 福島中央テレビ 午後5時25分~午後5時30分・福島放送 午後5時55分~午後6時

音楽・舞台 | Comments(4) | Trackback(0)

2011年の田植え

2011年05月30日
2011052902

季節はどんどん過ぎていきます。
水田を見て未来をあれこれ考えてしまう日が来るとは。
思い悩むよりは、やることやってとしか今は言えません。

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

2011年5月30日、最近の日常会話 

2011年05月30日
2011052504

私:放射能に色でもがついてればねえ…。
友人:あれ、赤い煙が見える、逃げよう…とか?
私:今日は濃いんじゃない、煙が…とかさ。色つける技術を開発すればいいのに。
友人:ガスみたいに匂いがついててもいいよな。
私:あ、臭い!危ない!…とか?
友人:そのうちユニク○が放○能カットのシャツ出すかもよ。
私:だったら、ソ○トバンクに線量計付きケータイ発売してほしい~。
友人:うわ、ありそ~。

そんなことより、いらないモンが無くなるのが一番なんですが(滝汗)

二転三転する政府や東電の発表に、うんざりしつつも一応読むか…と新聞を広げる日々です。今頃発表~って、それっていつの話や!…と突っ込むしか(汗)
自分のブログに以前書いたことも、新たな事実で整合性がなくなってきているのがねえ、情けないですね。

原発と放射能に関する説は、諸説あることに変わりなく、あちらを聞けば東電の息がかかっている大学だから信用できないと言われ、こっちの話を聞くと神経質だと言う…どこの信者になるかは…?あ、信者じゃないか(汗)
いずれにしても、警告が厳しい方の説が伝わりやすいのはたしかです。
先日、顔見知りのローカルTV局の報道記者に会いました。
最近は一般の方々に取材に行っても、「マスコミならもっといろいろ知ってるんでしょう?教えてよ!」「国はなんか隠してるんでしょ?情報は先に入るんでしょう?」…と、質問攻めで取材にならないらしい。

2011052505

私の姉の家は、原発から32キロにあります。
事故直後に、小学校低学年の末娘を県外の親戚に預けました。姉の一家は仕事他の関係でそこを離れられないため緊急の措置。しかし原発の状況は安定化というにはまだ遠く、結局姪は、親戚宅から地元の小学校に通うことになりました。
姉の住む所は山間部、今現在は危険なレベルではなく、避難地域にもなっていません。ただ過疎地でネットワークも心許ないということもあったようです。
賢明な判断…ということになるのかもしれませんが、このやり方がいいとは思わないし、たまたま預けられる環境があったとはいえ、誰にでも勧められる手段ではないと姉は言います。
避難したから解決、放射能に関してはそうかもしれませんが、暮らしていくとなるといろいろ大変、簡単なことではないのです。

福島で暮らす | Comments(3) | Trackback(0)

キショウブ

2011年05月30日
2011052901

ほとんど野生化しているキショウブ、ここは近所の池。
生態系を脅かす外来種を規制する外来生物法、このリストには載っていませんが、「アイツちょっと危ないんじゃね?」と目をつけられている要注意外来生物リストには載っているらしい。
仕事をしていると要注意人物みたいな人に会いますが、身近に「要注意外来生物」もいたとは(笑)

wikipedia 要注意外来生物

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

みやこわすれ

2011年05月29日
201105281

花の時期が長く楽しめるのが都忘れ。

「順徳上皇が佐渡に流された時、この花を見て「今日からはこの花によって都のことを忘れることができる」と言ったのに由来」

…そうなんですか、知りませんでした。

動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

ブルーベリーの花

2011年05月28日
2011052206

庭のブルーベリーは今年たくさんの花をつけました。
果たして、安心して食べられるでしょうか?
やれやれ、こんな心配をしなくてはならないとはね~(汗)


動植物 | Comments(4) | Trackback(0)

こでまり

2011年05月28日
2011052209

こでまりが散ると、そろそろ梅雨です。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感・WFS48

2011年05月27日
美姫、真央、小塚はGPシリーズ3戦出場可…フィギュア
(スポーツ報知)
これって、いいのかどうか微妙ですよね。
トップ選手であればあるほど調整には慎重、3大会は負担が増すだけのような気も。
3大会目はランキングポイントもたぶんつかないですよね。であれば、カテゴリー3の大会に出た方がポイントも稼げるし…どうなんだろう。
※訂正:GPS3大会出場した場合、成績のいい2大会が残る。
エントリーが10人というもの…トップ選手以外にはチャンスが少なくなるし。

フィギュアリンク再開めど立たず 羽生選手「勇気届ける」(2011年5月23日西スポ)
友人に教えてもらいました、8月再開にむけがんばってるみたいですね!


ワールド・フィギュアスケート 48ワールド・フィギュアスケート 48
(2011/05/21)
ワールド・フィギュアスケート編集部

商品詳細を見る

美姫ちゃんの表紙がなんかしみじみうれしいワールド・フィギュアスケート48。

パトリック・チャン選手
絶好調!って感じですね。
「4回転は必要ないと言いながら跳んでみせる方がかっこいいと思った」…冗談だよと言いつつ、本音だよね(笑)
ダイスケの4Fに刺激を受け、4Fか4Lzを練習する予定だとか。「でも10回中8回位成功しないとプログラムに入れない」…と、ちぇっ、イヤミかしら?(苦笑)
来季はSP続行、FPをローリー振付で新しくする予定。やっぱり完成度重視の方向性は変わらないみたいですね
将来について…「証券取引などに興味あります」…はは~ん、なんかわかる~。

小塚崇彦選手
やってみたい振付は?
こづ「先生と話していたのは、SP、フリー、EX、どれでもいいから、ラテン系をのものをやってみたらどうか」
…!!!
心配なのは衣装だな、ダイジョウブか?佐藤一門(汗)

高橋大輔選手
ダイスケの写真が大小たくさん…さすが、どうすれば売り上げが伸びるか、よくご存知で…(苦笑)
今季の衣装はどれもクオリティ高いなとあらためて思います。ファンのえこひいきとは言わせませんよ!
そういえば、靴を2ヶ月で交換するダイスケですが、こづは6ヶ月…だとか(汗)

Q「今回は、ある意味新しいスタートですね」
D「ええ、表彰台にも乗れなかったので、もう丸腰です。」
…あいかわらずものすごく冷静です。…ちょっと謙虚すぎですね(苦笑)
「海外で練習することはあるかもしれないけれど、メインは長光先生…。ソチまでやるって言って、長光先生がびっくりしたみたいですが、ずっと長光先生と一緒にやっていくことになると思います」
将来について…「サラリーマンは性格的に無理です」

アルトゥール・ガチンスキー選手
「来シーズンは4回転ループを跳びたい」
SP「ピンクフロイド」の写真が載ってます。あれ、ベルトのバックルが結婚式の熨斗(水引)みたいですよ~(爆)
gachibbb


真央ちゃんの、ワールドSPの衣装を見ながら、やっぱりこれはないよな~と思うワタクシですが、では似合う人がいるのだろうか考えてみたりします。
やはりボリュームのある体型でないと難しいですよね。
現役時代のスルツカヤ選手みたいに、少し大柄でエロカワな感じの選手なら似合うかも。…これって案外タラソワデザインだったりして…ロシアテイスト?(汗)

ブライアン・ジュベール選手
総合8位でしたが、満足して終われたと。
…う~ん、喜んでいいのかどうか、ファンとしてはフクザツです。
ただ、今季は気持ちのブレがなかったみたいですね。
FPはとても気に入っているようで…これまでプログラムで苦労してきたことを考えると、よかったなと思います。
来シーズンはGPSフランス大会に出たい…母国は苦手なジュベの心境の変化がこんなところにも。

安藤美姫選手
ニコライについて(ワールドメダリスト記者会見)
「長年一緒にトレーニングしてきて、今ではほとんど話をしなくても理解しあえます。…私たちは共に戦い、共に笑い、共に泣くんです。…彼はスケートの面でも生活の面でも助けになってくれます。世界最高のコーチだと思います。」

ボロソイジャル&トランコフ
わーい、みっちりしたインタビューですよ~。
相性、実力のバランス、だいたいわかっている内容なんですが、カップル競技のパートナーとの出会いは運命を感じますね。
トランコフ「五輪の後、滑るのが嫌になっていたんです。だから、やめるか、タチアナと一緒に滑るかの選択でした。うまくいかなければスケートをやめるだけだったんです」
トレーニングでは、FP振付のニコライがいろいろやってくれたみたいですね。
3月11日は成田にいて、美姫ちゃんがいろいろサポートしてくれたらしい。

世界のスケーターから日本へのメッセージ
ランビとジョニーのメッセージにうるっとしました。彼らがいかに日本で愛されてきたかがわかりますね。

世界ジュニア・田中刑事選手
来年は4Tを入れたい。
将来は、小塚崇彦選手のような、すごく滑るスケーターになりたい。
おお~こづがあこがれの選手とし名前があがりました!
…つうか、その路線かな?いや、ダイスケと言わなくてもいいのですが、その路線?という気も(汗)

太田由希奈インタビュー
インタビューと関係ないですが、彼女の解説はすごく好きです。
声は穏やかで聞きやすい、そして何より鋭い、言いたいこと言ってます。当たり障りのない地上波の実況にちょっと飽きて来ているのでよけいに。



フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

白いツツジ

2011年05月27日
2011052201

ツツジが一斉に咲くと見事です。
これは通勤途中のツツジ。
背景が岩と林の暗がり、真っ白なツツジとのコントラストが…ちょっと異空間な感じですね。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

空木

2011年05月26日
2011052503

ウツギの名を持つ植物がいくつかあり混同してしまいますが、これは「スイカズラ科低木のウツギ」。
ただしそこからが…よくわからない。
調べてみると、たぶんツクバネウツギか、ベニバナツクバネウツギ?
木はグミの木に似た感じ。

ウツギはどんな漢字を書くのか知りませんでしたが「空木」…これだけ出されたら読めないな(汗)
ツクバネウツギ…衝羽根空木
ベニバナツクバネウツギ…紅花衝羽根空木 
「衝羽根」は羽子板の羽のこと、花が散ると萼だけ残りますが、この部分のことですね。
しかし、漢字だけ見ると何が何やらさっぱりわからんとです。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

クサノオウ

2011年05月26日
2011052502

毒にも薬にもなるクサノオウ。
私の近所ではどこでも見かける毒草、ばさばさに繁ってます。
茎を折ると、いかにも毒草っぽい黄色い汁が…。
有毒アルカロイド…といってもよくわからないんですが、ケシ科なので、な~るほどってことで(汗)

2011052501


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

カモミール

2011年05月26日
2011052207

ほんのり甘いりんごの香り、カモミール。
とても丈夫、種があちこちに飛ぶので、毎年いろいろな場所に出没。
日当たりがいい所を好みます。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

映画「わたしを離さないで」

2011年05月25日
hanasa

映画「わたしを離さないで」公式サイト

カズオ・イシグロの同名小説を映画化、イシグロ本人も制作に加わり、期待しつつ。
簡単に言うと、小説が素晴らしかったので少し期待はずれ、本と映画は違うなという印象。

隔離された田舎の寄宿学校で育った3人の子どもたち、そのうちの一人キャシーが大人になり、これまで回想するという物語。3人を待ち受ける運命は、原作も映画も最初からネタバレな感じなので、感想を書くにもネタバレを気にしなくていいような気がしました。

私の場合、原作を読みながら主人公キャシーと共に、子ども時代からの記憶を追体験していくような感じでした。誰にでもあるできごと、初恋、友情、嫉妬、いさかい、思春期の不安定な心、青春時代、子どもから大人へ、瑞々しく描かれる心の軌跡が、原作の最も大きな魅力なのではないかと思います。
子どもはいつも楽観的ではないし、何も考えてないわけではないですよね。子ども特有の感受性や直感力、寄宿学校の子どもたちは、何も知らされていないけれど…自分たちの運命を「なんとなくわかっている」。
そして大人になり、叶わない夢を見たり、ささやかな抵抗を試みるけれど、結局は運命から逃れられないことを…やはり「わかっている」。
そうした生まれ持った悲しみみたいなものを、達観…とも違う、はかなくて美しい人生を淡々と受け入れている。
悲劇でもハッピーエンドでもない人生。
なぜこの設定なのだ?といえばそうだけれど、少年少女のリアルな成長物語、恋と青春の物語でいいのだと思います。

映画の方はというと、キャシーではなく、第三者の視点になっています。
美しい自然に囲まれた寄宿学校、無邪気なかわいい子どもたちの映像…子どもがかわいいだけに冒頭からエンディングの涙を予想!…みたいな気持ちになってしまう。
原作のように、キャシー自身に感情移入(=読者)して読むのとは全く違うんですね。子ども時代より、大人になってからの方にウェイトがあるところも違う。
原作にはない病院のスタッフや手術室のシーンもちょっと残酷。
普通っぽい生活に対し、待ち受ける悲劇がより際だっているような感じでした。

思えば…ですよ。
これがよくあるタイプのハリウッド映画なら、臓器移植のためにクローンで育てられた子どもたち→成長→自分の運命(秘密)を知り驚愕→友人や恋人と生きるための逃避行→巨大組織と戦う→勝利…というパターンになりそうな(汗)…近未来SFな設定なんですよね(汗)

実際の映画も原作も、SFではない…と思う。こんな未来は許されるのか?みたいな告発っぽいテーマでもありません。
短く美しい少年と少女の物語といっていいのでは。
カズオ・イシグロ自身、映画化にあたり原作とは違う…みたいなことを言っているので、これはこれでいいのかもしれません。
映画の雰囲気はとても良かった、校長先生役のシャーロット・ランプリングが映画を引き締めている感じでした。
ただ105分という上映時間ではどうにも食い足りない、長いと敬遠されるのかもしれませんが、心のひだまでは描ききれなかったなあ、心理描写をもっとじっくりと描いて欲しかったです。

これを強いてSF映画、SF小説だというなら、ブラッドベリが近いかな。SF的な設定が全く出てこないという意味でも。

ETV特集「カズオ・イシグロをさがして」 NHK教育4月17日(日)放送


わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
(2008/08/22)
カズオ・イシグロ

商品詳細を見る
映画 | Comments(0) | Trackback(0)

芍薬

2011年05月25日
2011052203

触れただけで壊れそうな芍薬(シャクヤク)の花びら、幾重にも重なって幻想的です。
大輪の白が、他の花にはない気品と美しさ。

下は牡丹、肌寒い日から一気に暑くなり一気に開花。
しかし雨と風で、今年の牡丹はあっという間に終わってしまいました。

2011052205


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

鬼田平子ちゃん

2011年05月24日
2011051505

鬼田平子…
どこの極悪人か?…と思うような名前ですが(滝汗)
え?それを言うなら鬼平犯科帳だろうって?

オニタビラコの花は1cm弱くらい、木漏れ日の下、真上から接写しただけですが、ブーケのような愛らしさ。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ハルジョオンとベニシジミ

2011年05月24日
2011051506

どこででも見かける花と蝶、ハルジョオンとベニシジミ。
動く蝶に珍しくカメラのピントが合ったのがうれしい、子どもの頃の図鑑の写真みたいで…ただそれだけ(笑)


動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

あの選手の次のシーズンは?

2011年05月24日
ジョニー自伝が出るんですね…って、表紙が、えーと…ジョニ~っ!
ま、ジョニーらしくていいんですが(汗)
どこまでもジョニーらしくいて下さい。


ジョニー・ウィアー自伝 Welcome to My Worldジョニー・ウィアー自伝 Welcome to My World
(2011/03/23)
ジョニー・ウィアー

商品詳細を見る


今シーズンはダイスケ以外はあっさり味だったような気がします…というのは言い過ぎ?…特にワールドは。
シュル太も元気なかったしなあ…アモーディオ君やフェルナンデス君はがんばってましたね。
しかし表彰台争いとなると、採点法を攻略したもん勝ちな部分も…ヒガミかしら?(汗)

ジョニーやランビがちょっと懐かしい。
ジョニー、ライサ、ジョアニー…お休みしていた選手たちは、来シーズン競技に戻ってくるのでしょうか?
プルさんは、フルエントリーはなさそうですが、やる気満々なのがうれしい。
勝算がなくて競技に戻る選手はいないと思います。
ただ現役ですら、1シーズンごとの採点方法に対応するのに苦労していますから、そのあたりはどうでしょうか?
兄ちゃん世代が採点法を上手くこなして…なんて言わない。採点法なんてぶっちぎれるくらいのカリスマ!オーラ!な演技をしてほしいものです。
そうはいっても、採点は手強そうですよね(涙)

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

2011年5月23日の日常

2011年05月23日
5月××日に大きな余震が…などという噂もありました。大丈夫でした…しかし震度3~4余震があった(汗)
まちなかの個人商店、専門店など小さな店がどんどん閉店しているのが寂しい今日この頃です。
テレビ画面のL字の震災情報が少なくなり、ほっとしています。番組に集中したくても、文字情報がずっと画面に流れていると、番組に集中したくてもできないんですよね。

先週は真夏の暑さでした。放射線を避けるため肌の露出を避ける…という学校の作戦もだんだんと厳しい季節です。特に福島市内は盆地、夏は度々全国一の暑さを記録する場所、エアコンつけるしかないかも。
放射線量の高い学校の校庭では、土の除去が進んでいます。国の指導は遅すぎ、指針もアテにできず、自治体主導で行動を起こしています。
少しずつですが、数値が下がってきているようなので、その点は少しだけ安心か。

2011052208

風評被害に「心が折れた」 岳温泉の老舗旅館廃業(2011年5月21日朝日)
この温泉街で一番好きだった旅館です。豪華ではありませんが、とても落ち着く、くつろげる宿でした。
地震による建物の損壊だけなら、返済計画を立て融資が受けられたかもしれませんが、原発事故と風評被害で先の見込みが立てられない…銀行は厳しく見ていました。
「心が折れた」…か、切ないです。
頑張る以前に「心が折れない」ことでしょうか。

福島の3高校、連合チームで参加へ 夏の高校野球(2011年5月23日朝日)

海で大きく育て 実習船・福島丸が3週間遅れで出港(2011年5月20日朝日)

福島 梨農家が不安のなか作業(05月22日NHK福島)
福島県は果物王国、これから、さくらんぼ、桃、梨、りんごと続きます。
果樹は手入れを怠ると荒れますから、生産を休むわけにはいかないんですよね。
この記事の梨農家は浜通りですが、中通り地方では生産制限、自粛はありません。ハウス栽培のさくらんぼが出荷されはじめました。現在放射性物質は検出されていません。
これから生産される野菜や果物は、出荷される段階であらためて放射性物質の検査を受けることになりますが、手をかけて生産しても、出荷制限といわれたらつらいですね。
出荷できても売れなかったら、それも悲しいですが。
5.23現在、野菜の出荷制限は減りましたが、一部産地のタケノコなどに制限が出ています。山菜は好きなので安心して食べたい…。

ゴーン社長、現地で祝ういわき工場の復旧(2011年5月18日 読売新聞)
日産のゴーン社長は、震災後かなり早い時期にいわき工場を訪れて、復興宣言をしました。福島県では何もできなくなる、人さえ住めないのでは?…そんなムードの中、ゴーン社長の言動には、日産と無関係の私ですら励まされました。
そして予定より早い復旧、カリスマってすごい!
そういう政治家が今の日本にいたらいいのにねえ。


福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

カザグルマと雨

2011年05月23日
2011052202

カメラを構えたところで雨。
テッセンやクレマチスの仲間、カザグルマが咲き始めました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

あやめ

2011年05月23日
2011052204

あやめは晴れた日より、雨の日が美しい。
梅雨にはまだ早い。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

あけびの空

2011年05月22日
2011051501

あけびの葉もだいぶ茂ってきました。
蔓を支柱に這わせて、真夏にちょうどよい日陰にする…はずなのですが、なかなか均一には這わないらしい(笑)

2011051502
ゆで小豆みたいな花も咲いています。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ドウダンツツジ

2011年05月21日
2011051515

5月、日ざしが強くなってくると、ドウダンツツジの花が咲き始めます。
赤い小さなベルがたくさん付いているようでかわいい。



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

墓地の番人

2011年05月21日
2011051514

古い墓地の細道に、番人のようなマムシグサ(テンナンショウ)。
薄暗い森の中で、マムシグサに出会うとぎょっとします。
この日は日ざしがきつくて、気味悪さも半減、じっくり見てみました。
写真のマムシグサは50cmくらいで華奢な感じですが、もっと大きくて気味の悪い姿のものも…。
水芭蕉と同じサトイモ科、花のように見える部分は「苞(仏炎苞)」です。
全体的に蛇っぽい、特に茎が蛇に似ているからこの名前なんでしょうね。
シルエットがツッパリ野郎みたいで、というかやり過ぎたリーゼントみたいで…(笑)

2011051513
後ろ姿は、力士の髷のようにも見えてきます。

2011051511
濃い茶色と緑があります。
テンナンショウは、種類がたくさんあるらしいのですが、似ているので分類がよくわかりません。
私は昔からマムシグサと覚えていました。
秋になると、今度は毒々しい赤い実がなり、出会うとやはりぎょっとさせられます。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

さらばボルト!

2011年05月20日
すっかり出遅れましたが、日経のダイスケ記事がかっこよすぎて、今さら何言っていいのかわかりません。
応援する方としては、何の変わりもないし(笑)

高橋大輔「フリーのアクシデント、不運と言われるが…」
2011/5/19 日経


ボルト抜き手術も無事終わったみたいですね。
4回転がなかなか上手いこといかなかったのは、ボルトの分、左右の足の重さが違うからなんじゃないでしょうか?

…そんなわけはないですね(汗)

ところで抜いたボルトはどうなるのでしょうか?
気になって夜も眠れません…すみません、ウソつきました(涙)
ショスタコーヴィッチのボルトのプログラムを見ながら、ダイスケのボルトの行方を考えてみます。

田中刑事FP 世界ジュニア選手権2011
ジュニアワールド2位(フリーだけなら1位)今季後半、素晴らしい活躍を見せた刑事君のFP「ボルト」(&革命)
エンディングで、ボルトが欲しいとダイスケに訴えています(爆)

Artur Gachinski WORLD2011 FS
ワールド初表彰台、ロシア期待の星ガチンスキー君のFP「ボルト」
特にダイスケのボルトを欲しがっているようには見えません。

Slutskaya 2005 EC SP
なつかし~、イリーナ・スルツカヤ、2004-5シーズンSP「ボルト」
体のキレが素晴らしい!ジャンプも高い!
…ダイスケのことは眼中にないと思います。
この年のスルツカヤ選手は、ソルトレイクOPの痛手や病やら何やら、様々な困難を越えて復活したシーズン、スケーティングには、なんかこう喜びがあふれていますね。この勢いのまま2005年モスクワワールドで優勝したんですよね。
リアルタイムで見ていた時は、荒川さんが不調のシーズンでもあったので、私は気が気ではなかったのですが。
2011年モスクワワールドでは、解説席のスルツカヤ選手がとても幸せそうに見えました。
ソルトレイク、トリノ…オリンピックはいろいろありました。現役選手でいることは平坦な人生を送れないということですかね?(苦笑)当時のあれこれを思い出してしまいました。

「ボルト」で検索すると、走る方のボルトがたくさん出ました(汗)
何かの啓示でしょうか?

ダイスケの来季のプログラムはどうなるでしょうねえ。
いよいよウィルソンの出番かな?エレガントなクラシックも見たいなあ。
関係ないですが、アイスダンスのSDが来季はラテンとか、ダイスケのラテンを思い出しながら見ることになりそうです。


フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

コバンソウ

2011年05月20日
2011051510

稲の苗や麦の若葉のようなコバンソウ。
今は小さいですが、丸い小判状の部分が大きくなり、夏の終わり頃には黄金色に色づく…ゆえに小判草。
小判というより虫や蝉の抜け殻っぽくて微妙なんですが。

ほんとに小判がなるならねえ!
根こそぎ持ち帰って、こっそり育てますよ(苦笑)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

オドリコソウ

2011年05月20日
2011051507

「笠をかぶった踊り子達が並んだ姿」から踊り子草。
笠かぶった踊り子さんたちが、なかなか想像できないんですが…(汗)


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

アストロアーツ かけはしプロジェクト

2011年05月20日
kakehashiP

AstroArts アストロアーツ かけはしプロジェクト
HPより…今回の震災では、多くの天文ファン、天文台、科学博物館、プラネタリウム館等、弊社と少なからず縁のある方々も被害にあわれ、現在復興に向けて懸命な努力をしておられます。そんな被災地の皆様を支援するために、業界各社の皆様や全国の天文ファンの皆様との「架け橋」となれるような活動を通して「子供達の未来を守りたい」という願いを込めて、「アストロアーツ かけはしプロジェクト」を立ち上げました。

負けないぞ綺麗な星空! 福島・星の村天文台で21、22日観望会
メインの望遠鏡は大破しましたが、残った望遠鏡で再開しました。

仙台市と郡山市で天文施設が再開

郡山市ふれあい科学館 スペースパーク
郡山駅に隣接する地上24階ビッグアイ、最上階にあるスペースパークには、展望台とプラネタリウムあります。
新幹線郡山駅から、でっかい球体(プラネタリウム)のあるビルが目の前に見えます。
さすが新しいビル、地震による大きな被害はないようです。

被災地では、多くの公共施設が地震の影響などで使えなくなっています。イベントの開催も自粛ではなく、会場の都合がつかないことが多いのです。
再開している施設は貴重かもしれません。
復興へは長い道のり、こういう所で少しでも気分転換できたらいいですね。

5月の明け方は、東の低空に木星、火星、金星、水星が一度に見えるらしい。木星は明るいからすぐわかりますね。
え?…早起きが苦手なワタクシはちょっと(汗)

5th hosizora


サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »