Japan Open 2011 を前に

2011年09月30日
Japan Open 2011   カーニバル・オン・アイス2011

プルシェンコ選手からメッセージ 
コルピ選手からメッセージ
欠場の二人からのメッセージ、二人の誠意を感じますねえ。
プルさん「主治医の診断を無視して出場しようかと真剣に悩みました」…いや、それはまずいのでは…(汗)

え~、サラも欠場なんだ。やれやれお大事に。
JOはCOIが決まっていたタクタミシュワが出場。

現時点のプログラム情報
JOではフリープログラムだけですが、参考にSPも併記
あちこちでかき集めた情報、もしかして間違い、変更があるかもしれません、ご了承下さい。

○日本チーム
美姫ちゃん
 2011プログラム?(振付/ニコライ?)
アッコ姐さん
 SP:ハンガリアン・ラプソディー(振付/クリロワ)
 FP:こうもり序曲(振付/亀さん)
こづ
 SP:Inner Urge(振付/ウィルソン)
 FP:ナウシカ(振付/ズエワ先生)
ダイスケ
 SP:The garden of souls(振付/ウィルソン)
 FP:?(振付/亀さん)

○北米チーム
シズニー
 SP:ばら色の人生(ラ・ヴィ・アン・ローズ)(振付/亀さん)
 FP:シベリウス「悲しきワルツ」(振付/ユカさん)
ジョ兄~
 2010プログラム?
パトチャン
 SP:テイク・ファイヴ(振付/ローリー・ニコル)
 FP:アランフェス協奏曲(振付/ローリー・ニコル)
 スケートファンにはお馴染みのアランフェスで攻めてくるあたり、相変わらずパトチャンは…(汗)
ジェフ…?

○欧州チーム
レオノワ
 SP:パイレーツ・オブ・カリビアン(振付/ニコライ)
 FP:"Аdagio for strings"  "Requiem For A Tower"(振付/ニコライ)
タクタミシュワ
 ?
ガチ
 SP: St. James Infirmary
 LP: "Fahrenheit 451" and "Interview with the Vampire"
 吸血鬼似合いそう!
アモちゃん
 (振付:ニコライ)
icenetwork アモーディオインタビュー
Expressive Amodio takes aim at worlds podium
モスクワでヤグディンとトレーニング。モロゾフコーチのこと。
ニースワールドへの意気込み。今季の目標はクワドとベストの演技をすること。

有名どころのコーチも帯同だと思いますが、リンクサイドに亀さんがいるってことも考えられますねえ。だといいなあ。

フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

秋祭りの夜

2011年09月30日
2011093001

秋祭りの夜は熱気の中にあっても、空気はひんやりしていて、仕事帰りにぼーっと見ているだけでは寂しい(苦笑)
盛り上がるには御輿を担ぐのが一番。

2011093002

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ヒョウモンチョウ

2011年09月30日
2011092809

陽の下にじっとしているヒョウモンチョウ(豹紋蝶)の一種。
太陽光で蓄電しているみたいだなと思う。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP第5戦 オーストリア大会 男女シングルSP追記

2011年09月29日
Entries/Results
YouTube公式チャンネル

ああ~もう女子シングルSP終わってるし…
何はともあれ、刑事君に期待。

男子シングル
田中刑事 ハン・ヤン 川原星 Liam FIRUS He ZHANG Gordei GORSHKOV
優勝候補は刑事君、ハン・ヤンあたりかな?刑事君はまたしてもスケーティングで魅せるタイプの選手と対決。
ここに伸び盛りハン・ヤン、Liam FIRUSで表彰台争いでないでしょうか。

女子シングル(SP終了)
(1)ポーリーナ・アガフォノワ 前大会よりちょっと重いかな?
(2)ジジュン・リー 流れといい、完成度ならNo.1では。
(3)佐藤未生 コンボミスは残念だけど、スピードとメリハリがあってすごく良かった!
(4)バネッサ・ラム ちょっと小さくまとまった感も
(5)友滝佳子 しばらく見ないうちにエレガントで洗練された印象に、いいんじゃない?
難易度的にはアガフォノワが優勝候補筆頭かな~と思ってましたが、ジジュン・リーの動きがとてもいいので、混戦かも。
次にバネッサ、友滝、佐藤両選手にも十分表彰台のチャンスはあるのでは?
友滝選手は、たぶん度胸次第、がんばれ!

9/30追記
男子シングルSP
(1)ハン・ヤン 3A転倒、演技途中曲が途切れるトラブル?間があって途中から演技開始。スコアを見て、ディダクション1でこの得点はどうかな?と思いましたが、素晴らしいスケーティング!ディープエッジとスピード、ステップは舞っているよう…PCSがすごい、まさにパトチャンそっくり。ただ、得点はやっぱり高すぎでは?
(2)Gordei GORSHKOV そんなにツイヅル好きなのか?(笑)ミスはあるもの、ダメージ最小限、スピン、ステップの加点はやや疑問。
(3)田中刑事 3A失敗、3Lzはダブルに、これではしょうがない。ただプログラムの魅力は伝わってきたし、全体的な評価はそれなりにされているのでは?フリーで挽回してほしい。
(4)川原星 前大会のハラハラ感がなくなり良かったと思います。 
(9)He ZHANG コンボを失敗、2Aだとやはりキビシイ。
(11)Liam FIRUS どうしたものか?後半グズグズに。

GORSHKOV君はまだ未知数。フリーは、ハン・ヤンと刑事君の争いでは?大崩れしなければ(汗)
ただ現時点での10点差は大きいのでハン・ヤンが有利。ここで刑事君がひっくり返してくれたら爽快だけどな(笑)思いっきりいってほしいな。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ミゾソバ、タニソバ

2011年09月29日
2011092803

里山の水辺にたくさん繁っている小さな花、ソバの花に似ているからこの名前でしょうか。ミゾソバ(溝蕎麦)もソバもタデ科の植物なんですね。
開花している時より、赤が印象的なつぼみの方がかわらしい。金平糖のような、和菓子のような繊細さを感じます。

2011092804

もう少し山の方で見られるのは白い花のタニソバ(谷蕎麦)

「溝蕎麦」「谷蕎麦」、どちらも蕎麦屋のお品書きにありそうでおもしろい。
「名物溝蕎麦」とか、「幻の蕎麦、谷蕎麦」とか(笑)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

野菊の綿毛

2011年09月29日
2011092805

綿毛はたんぽぽとは限らない。これはたぶんシラヤマギク(白山菊)の綿毛。

2011092806

この背の高い野菊は、シオンのような咲き方からしてヤマシロギクだろうか?
野菊の見分けは、いつまでたってもわからない(汗)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

夏から秋へ

2011年09月28日
2011092808

この1週間で、朝晩はすっかり肌寒くなりました。
あの猛暑が永遠に続いたらどうしようかと思いましたが、夏から秋へきちんと移行しているようでよかった(苦笑)
皆さん風邪など引きませんように。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

天人草

2011年09月28日
2011092801

森の際、日陰の湿った場所に群生していた天人草(テンニンソウ)。
群生していたので気がつきましたが、地味な花です。
名前は穂状のつぼみを、天人、天女にみたてたことに由来するそうですが、ちょっと名前負けという気が(汗)

2011092802

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ネーベルホルントロフィー2011

2011年09月28日
Nebelhorn-Trophy 2011 

見られた動画だけで記事書いてたんですが、ぽろぽろ動画が出てくるので、なかなか書き終わらない。
書き足しているうち、気がつくと、えらく長い記事に(汗)

Yuzuru HANYU SP スクリャービン「エチュード」
Yuzuru HANYU JPN FS ロミオとジュリエット
競技で完璧なクワドを披露できなかったのは悔しいだろうと思いますが、シーズン初戦を優勝は素晴らしい、おめでとう!
SPは、ショーの断片的な映像しか見ていなかったのですが、競技の方がずっといいプログラムに感じました。つくづくスケールが大きくなったなあと実感、実際手足が長いけどさ!
すばらしい3A、ミスをした4Tコンボの前にはステップが入っていて、ミスした場合のリカバリーも考えられているんですね。
FP、プログラムとしての完成度にちょっと足りないのは、昨年に引き続き後半のスタミナかな?でも克服しつつあるので問題ないでしょう。
スローパートの使い方がまだ青いな…なんて上から言ってみたりして(笑)
初戦であること、ゆづのキャリアを考えればすごい内容なんですが、私が贅沢を言うとしたら、SP、FPとも悲壮感が漂うこと。雰囲気の違いがもう少しあれば…彼の音楽的感性はもともと素晴らしいので。
気迫や激情はビシビシ伝わってきます、押して押して押しまくり!…つまり若いってことか!(爆)
Yuzuru Hanyu interview after SP in Nebelhorn-Trophy
Yuzuru Hanyu practice FS in Nebelhorn-Trophy
Yuzuru Hanyu 6 min practice before FS in Nebelhorn-Trophy
Yuzuru Hanyu interview afetr FS in Nebelhorn-Trophy
クワドとアクセルを念入りに練習する様子、クワドも大事だけれど、やっぱり3A決めないことにはね。

Michal BREZINA SP 鼓童
Michal Březina FS アンタッチャブル
SPの衣装が勇名虎先輩の系統では?(笑)
SPの4Tコンボは失敗。ステップがかっこいい!ミハルのスケーティングはやっぱりいいなと思う。
FSはミスも多いし、後半は特に疲れてきたかな?スピンがスローモーション(汗)でも、さわやかなミハル青年らしいプログラムだと思いました。アンタッチャブルですが、スローパートは同じ作曲家モリコーネの別の映画音楽?っぽい部分が…「ニュー・シネマ・パラダイス」?
表現だけ技術だけに偏らない、スポーツとしても作品としても、ちょうどいいバランスがミハルのいいところかな。うーん、FPもステップの腕の使い方が素敵だ。
Michal BREZINA interview afetr FS in Nebelhorn-Trophy

Stephen Carriere SP
総合3位、久しぶりの表彰台、キャリエール君!
素晴らしい流れの3A、2つ目のジャンプはコンボの予定?3Lからのコンボは珍しい。それとも3番目のジャンプがコンボという珍しい構成なのだろうか?3Lz+2T。
昔からスピンが上手かった、コツコツ稼ぐタイプなんですが、すっかり地味な存在になってしまったのが寂しい。

Zhan BUSH SP
Zhan BUSH RUS FS
ザン・ブッシュ君はSP3位、4T+3T決めました!しかし他はちょっと荒っぽいですかねえ。ジャンプだけで勝負するには時代はキビシイ。でもだんだんといい位置につけてきてますよ。

Max Aaron FS トスカ
今季のプログラムは2つともジェフリー・バトル。
トスカは美しいプログラムですが、やや淡泊な印象、ジェフならこの美しい間が…と思ってしまうのが(汗)

Denis TEN SP
これはローリー振付かな、とても素敵なプログラムだと思います。やっぱりいいスケーターだと思う。ただどうなんだろう、方向性がよくわからない部分も。
FPのピアソラはランビの振付と聞いていますが…

Javier FERNANDEZ SP
Javier FERNANDEZ FS
Javier Fernandez "La donna e mobile" gala
オーサーコーチ、振付はウィルソン、リンクサイドのオーサーが気になって、気になって…(笑)
ニコライから離れたら雰囲気変わったなあ。個人的な好みでは、ニコライのバタ臭いフェルナンデス君が好きだったのですが…あ、でもFPでウィルソンのステップ踏む彼は新鮮かも。

Konstantin MENSHOV SP
Konstantin MENSHOV FS
うはは、メンショフ楽しいな。
4T+2T決めたし、楽しいし…そこで満足してはいけないんですが(汗)

Mirai NAGASU SP
Mirai NAGASU FS
大人っぽくなりましたねえ。ちょっと幅が…(汗)
優勝したけれどミス、取りこぼしも多かった、未来ちゃんの時代が来た!…とまでは言えない。
FPはまだ滑り込みが足りない感じ、これからですね。

Elene GEDEVANISHVILI SP
リンクにオーサーが?え~いつの間にかコーチはオーサー、振付はウィルソン。
ゲデ嬢の肉感的なお色気に、北米のシャープさがプラス、あら、意外といいかもよ。
動画が見つけられませんでしたが、FPは昨年から続行みたい。

Sarah HECKEN SP
攻めの姿勢が感じられたのは彼女では?昨シーズンからの成長は著しいです。
地味な女の子がプリンセスになれるか?…なんてね(笑)

Shion Kokubun SP サユリ
もう少しスピードが欲しいなあ、でもきれいです。
リンクサイドとキスクラに本田!

Karen Kemanai SP
う~ん、これは厳しいな。

Ksenia MAKAROVA SP
こちらもジャンプの失敗がここまでくるとしょうがない。
でもつなぎも凝っていて、すてきなプログラム。FPは別の動画で見ましたが、ワタクシ的にはちょっと微妙。

Tatiana VOLOSOZHAR Maxim TRANKOV SP ブリング・ミー・トゥ・ライフ
Tatiana VOLOSOZHAR Maxim TRANKOV FS ブラック・スワン
Volosozhar & Trankov  Romeo & Juliet  gala
まだまだ未完成ですが、ふたりにぴったりのカッコいいプログラム。
特にFPブラックスワンは個性的でいいですねえ。ブラックスワンの異形っぽさがあって、これまでの白鳥の湖のどれとも違う。ただ、映画のブラックスワンはヒロインが自己崩壊していくストーリーだけれど、それとは違いますね。

Vera BAZAROVA Yuri LARIONOV SP トスカ
Vera BAZAROVA Yuri LARIONOV FP  ドクトル・ジバコ
SPでは、なんてこったい!の転倒。よく演技が続けられたと。
ストーリー性のあるプログラム、昨季までの淡白な表現力を考える、課題をよくわかっているのかなと思う。ステップの二人の距離がとても近くて、がんばってますね。

2011 Nebelhorn Trophy Medal ceremony men
NHT 2011 - Practice Stéphane Lambiel 4T-3T
NHT 2011 - Practice Stéphane Lambiel 3A
動画を検索していると、やたらランビが(笑)
4+3T、3Aですかー。

Madison HUBBELL Zachary DONOHUE FD
組替えで新しく誕生したカップル。コーチは亀さんとクリロワ。この段階で何か言えるほどの眼は私にはない。

Reed & Reed SD
今年SDはラテン、なるほど。

ダンスはシーズンが進んできてからでないとねー。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ウドの大木

2011年09月27日
2011092506

ウドの大木とは、この方です(笑)
木ではなく植物なのですぐ折れますが、幹が3~4cmくらいの太さ、丈は2~3mくらい、葉も大きく茂り、植物としては破格のサイズと言えるでしょう。
山菜のウドもスーパーで売ってる真っ白なウドも、元は同じです。

2011092504

夏の終わり、白い花をびっしりつけて、なかなかきれいです。
秋になるにつれ黒っぽく熟し、冬は枯れます。

2011092505

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

トリカブト

2011年09月27日
2011092502

山道をドライブしていると、鮮やかな紫の花をみつけました。トリカブト、正確にはヤマトリカブトと呼ぶそうです。
それにしても堂々とした咲きっぷり、園芸植物としても人気があるのもわかります。
枝の先、青唐辛子のような実もかわいい。

2011092501

背後の森を見ると、ここはトリカブトの群生地でした。
トリカブトといえば、昔事件がありましたね。根に猛毒のアルカロイドが含まれます。

2011092503

トリカブト(鳥甲、鳥兜)の由来は、舞楽の常装束、鳥甲に似ているから。
ダースベイダーに似て無くもない?(笑)

90823.,0
参考/鳥兜を被ったサルタヒコ 面掛行列(御霊神社)

ああ、なんか似てますねえ!


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

光より速いニュートリノ?

2011年09月26日
物理:光より速いニュートリノ? 相対性理論覆す発見か 毎日新聞 2011年9月23日

<ニュートリノ>「衝撃的な結果」名大准教授ら講演 毎日新聞9月26日(月)

光より速いニュートリノ? 驚愕の測定結果を精査へ AstroArts

アインシュタインの特殊相対性理論を覆す衝撃的な結果。
本当だろうか?これが正しいと、宇宙の成り立ちについて一から考え直さなくてはならなくなります。
ダークマター(暗黒物質)、ダークエネルギーといい、宇宙はわからないことだらけ。
もっとも、ダークマターもこんなこと言われてるし…

「暗黒物質は幻想」、新しい反重力理論 ナショナルジオグラフィック ニュース

サイエンス・ネイチャー | Comments(2) | Trackback(0)

秋風松虎図

2011年09月26日
2011092403

天気がいいのでひなたぼっこをしていると、常日頃から仲の悪い近所の猫が因縁をつけてきたため、やむなく庭の松に避難する老猫。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

チカラシバ

2011年09月26日
2011091808

丈夫で引き抜くのも困難な道ばたの雑草、チカラシバ(力芝)
…抜くには、もちろん力比べ(笑)
ブラシのような穂が日ざしをうけて光っていました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

フレンズオンアイス2011第一部 日テレプラス

2011年09月26日
オープニング、ミヤケンさんがルッツ跳ぶ?のかと…

仙台のちびっ子スケーターとのコラボ、荒川さん、本田、ヤマト…仙台がフィギュアスケートの聖地だった頃を思い出しますねえ。
荒川さんの「スマイル」は、カートの振り付けってやつですね。ステップの踏み方、音の取り方がカートだね。
そして続いて登場の石川翔子ちゃんが荒川さん振付の「ミス・サイゴン」。腕の使い方が荒川さんだ!アオザイ風の衣装が彼女の東洋的な面差しに似合うし個性的、このミュージカルにぴったりかも。
まだちょっと奥ゆかしいか?

シェイリーン!エネルギッシュ、生きてるって感じがしますねえ、生命力を感じる~(笑)
ヤマトは大人の男の余裕みたいな…おしゃれなプログラム。
ショーはそれほど多くないはず?ですよね?ここまで引きつけるのはすごいなあ。

アッコ姐さんは「こうもり」
エレガントでゴージャス、いいじゃないですか~この路線。
衣装が洗練されて、いいと思ったら、衣装が間に合わなくて荒川さんに借りたとか(汗)…ならば、同じ衣装屋さんに頼んでください。

本田はタンゴ、大人の憂いと色気で勝負していいお年頃ですが、まだ青いな(上から目線)
その点人妻ユカは違う…年下の男をユーワク(笑)

ライサ黒い、黒い、黒い…背景と同化?
体も絞れてますね~
スルツカヤ、やっぱり懐かしいという気持ちに…

ダイスケ!
Goingとはまた違う映像。友人によれば、2Aだったのは日曜日の昼だとか。
冒頭はアップ、足にたかった蚊を追っ払う振りが見えない(汗)
全体像、ステップは今回がよくわかりますねえ。
前半のパーカッションにぴったりくる振りがいいですねえ。ステップの個性、躍動感、流れが…ああでもカメラ引きすぎや…ってとこも。
ドーナツスピンで盃飲み干したあと、口拭うシーンが遠すぎてわからん(涙)ここが好きなんですが。カメラ目線で見たいな。

第2部の予告では、美姫ちゃんスワン、マンボも未放送映像のよう…こづに胸毛が(笑)楽しみです。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

夏の終わり、秋の音

2011年09月25日
2011091805

風が吹くとカサカサと乾いた音が。
瑞々しくてしなやかだった夏の蓮の葉には無い…秋の音ですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP第4戦 ルーマニア大会男女シングル またまたロシア!

2011年09月25日
Entries/Results
YouTube公式チャンネル

ネーベルホルンも終了して感想言いたいところですが、動画はゆづのSPしか見てないので、後に。

ISUさん、公式チャンネルの動画アップはうれしいものの、目当ての選手を探すの一苦労…私だけ?(汗)
女子は順当にポーリーナ・シェレペン優勝。

ポーリーナ・シェレペン
SPはコンボ転倒でも減点は最小限だったのでは?というか、転倒しても1位か…あ、上位は皆ミスしてるんですね。
前大会より動きが重いような感じがしたけれど、そんなに悪くはないんですね。
SPとFPの衣装は色合い変えるとかしてほしいな。
ここまでできても、国内の激戦に勝てるかどうか?って、大変だロシア女子は(汗)

Polina KOROBEYNIKOVA
もう一人のポーリーナ、総合2位、そしてまたロシア!(汗)
うわ~なんか可憐ですね~雰囲気ありますね~美しいですね~。
難易度的に現ロシアじゃどうなの?って余計な心配したりして。

西野友毬
うはは… やっぱ美しい~なめらかなスケーティングがいい。
SPはジャンプの勢いが戻ってきたような感じ…あれ、やっぱり回転不足ですか(汗)
フリーの衣装が素敵。
ジャンプの高さやスピードが落ちていたことを考えると、だいぶ戻ってきたのでは?
ありゃ、後半ボロボロですね(涙)
しかし総合4位、健闘です。

Ashley CAIN
美女系、こちらのお嬢さんも美しい。
スポーティで、ロシアンな美とは違う華やかさがありますね。結構好きかも。

Hae-Jin KIM
フリーだけ見ました。
大人っぽい選手の中ではひときわ小柄。フリーはオーストラリア大会のSPほどヨナちゃんっぽくは感じないですね。

男子は日野君2大会連続優勝のチャンス…のはずだが?

日野龍樹
SPはPB!1大会でどんどん成長しているような、ジュニアってすごい。
しかしフリーは?(汗)プレッシャーか?勝ちを意識しすぎたか?
全体にゆがんでしまうような良くない時のジャンプでした。
ここからは勝負強さ、何事も経験ですね。これでファイナルは確定ですよね?

Maxim KOVTUN
全く知らない選手ですが、ロシアでもプルさん系統ではないなと思ったら、ニコライ組か!(笑)
なるほど、おもしろい、楽しい~。
フリーのオースティンパワーズは、後半お疲れでしたが、かっこ良くて楽しいプログラム、エンターテイメントとして魅力感じますねえ。
芝居がかった部分は好み分かれそうですが、私は好きです、覚えておかないと。

上位二人共ミスが多かった、どちらが上になっても…でしょうか。
先が楽しみになってきました。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

Japan Open 2011 のエントリーは?

2011年09月24日
今シーズン、私が唯一観戦予定のJOとCOI。
欠場のプルさんとコルピ嬢の代わりに、レオノワとアモちゃんが決まりました。…モロ、モロゾフ組…ですね(汗)
ニコライ色に染まったレオノワと、4Tに挑戦するのかもしれないアモちゃん、楽しみです。
ニコライがまとめてドン!リンクサイドの猛禽類に注目ですね、コーチが見える席だといいな(笑)

JOはダイスケが出場すると聞いて行くこと決めましたが、たぶん全盛期であろうパトチャンをこの目で見ておきたいという気持ちもありました。
ダイスケ、こづ、歴代最高得点の現チャンピオン、伸び盛りのガチ、アモちゃん、男子は今季を占う大会になる…かも?
COIにはネーベルホルン優勝のゆづもいます。
でっかい会場で、選手との距離感があるのが残念な会場ですが、このリンクででっかく見えたらホンモノです、ホントだってば(笑)

Japan Open 2011  
日本/美姫ちゃん・アッコ姐さん・こづ・ダイスケ
北米/シズニー・ジョ兄~・パトチャン・ジェフ
欧州/レオノワ・サラ・ガチ・アモちゃん
ゲスト/荒川さん・リード姉弟

カーニバル・オン・アイス2011
JO出場選手・荒川さん・リード姉弟
ゆづ・本田・高橋家・タクタミシュワ・サフショル

○裏メニュー
リンクサイドエントリー/ロシアに越した猛禽類、血圧高そうなおっちゃん、ヨーダ、ヒゲ、聖母のほほえみ、厳格な女校長(風)、肝っ玉母さん…

リンクサイドはこのようなラインナップになるのでは?希望!(笑)
今年は「荒れ地の魔女」がいないのが残念。


フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

霧雨のトレッキング

2011年09月24日
2011091901

先週は連休があったので、一日は山へ登ってました。

2011091902
今はリンドウが咲いているはず…ありました。
濃い青紫がよく目立ちます。

2011091903
下界は雨、登山道入口付近でも霧雨、来てみたものの登るかどうか、現地のガイドに相談すると、今日は眺望は臨めないねえ…でもせっかくきたんだから、途中の避難小屋まで行って様子を見たら?迷うような道はないし。
…というわけで登り始めました。

2011091905
これはヤマハハコ。

2011091904
アキノキリンソウも咲いていました。

2011091907
登り始めると雨はやみ青空が見えてきます。
暑くてカッパを脱ぐことに。
前日は晴天で大勢の人が来たらしいですが、今日は数えるほど。
近くに噴煙が見えてきます。噴煙近くのルートもあるのですが、火山性ガスのため現在は立ち入り禁止になっています。

2011091908
長い登山道ではないのですが、傾斜のきついガレ場を延々登ります。これが結構キツイ、すぐに息があがってしまう(汗)
軟弱な登山なので休み休みです。

2011091906
この白い実は、シラタマノキ(白玉の木)というらしい…見たまんま(笑)
たくさんありました。

ひとまず避難小屋で昼食。
そして雨も降らないので、山頂まで行くことに。
再び急斜面と悪戦苦闘!(大げさ)

2011091909
山頂!標高1948m。
平らな山頂にはケルン。
ひとけもなく、霧がかかっていたせいか、別の世界に来たような…ケルンがチベットの山にあるような宗教的な石積みに見えてきます。

2011091915
雨は止み、時々青空も見えますが、視界は白い。
湖を望む絶景!が見えた…はず…晴れていれば(汗)

2011091914
険しい山頂を下ると、今度は沼と湿原の木道。平らで歩きやすい。
再び霧雨、カッパを脱いだり着たり忙しい。
霧の湿原は幻想的で美しい。

2011091911
木道は沼をめぐります。なにか出てきそうな気配…。

2011091913
湿原を抜けると林の中へ、赤い実はガマズミ。

2011091912
木々が色づき始めています。山はもう秋ですね。
無事下山しました。
息も絶え絶えだった一番きつい場所ではなぜか晴れていた…不思議(笑)

磐梯朝日国立公園 浄土平ビジターセンター


トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)

仮設住宅でのコンサート

2011年09月24日
20110919001

被災地では集客も目的とした大きなイベントがありますが、自治体単位の小さなイベントも結構あります。
福島市のにある飯舘村の仮設住宅では小規模なコンサート、加藤登紀子さんが来ていました。
仮設住宅の敷地内にステージを作り、午前10時から夕方まで、沖縄のバンドやアルパの上松美香さんなどなど。

ここは福島市中心部からはだいぶ外れた所、被災者に来てもらうのではなく、仮設住宅まで出向くという主催者の細やかな配慮?とも言えるか。
ただ、仮設住宅にいる方は年配も多く、こうしたイベントには慣れていないのか、反応が控えめなんですよね(苦笑)すごく嬉しいはずなんですが、それを表に出せない…そんな引っ込み思案、いかにも福島県人なんだよなあと思いました(笑)

私が行ったのは夕方で、トリの加藤さんすこし前でした。朝から見ていた知人によると、それでも加藤登紀子さんは乗せ方が上手い、すごく反応がいいと。
私も加藤さんの包容力というか、被災者に寄り添う姿には気持ち動かされました。
そんなほのぼのとしたコンサートでした。

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

すすきの風

2011年09月23日
2011091802

鉄道の土手、風になびくすすきに陽があたり、きらきらと光っていました。
台風一過、今日から電車が動き始めました。

動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

アゲハ蝶とアザミ

2011年09月23日
2011091807

一般的によく見られるキアゲハとノハラアザミ(野原薊)。
夏もそろそろ終わり、花も少なくなってきました。

2011091806
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP第3戦ポーランド大会 男女シングル

2011年09月22日
今週は注目のネーベルホルンが始まるのに…
感想がすっかり出遅れたジュニアグランプリ第3戦 ポーランド。せっかく動画見られる、主な選手だけでも見ておこう。
今季のジュニアはおもしろい、シニアをしのぐ高難度。
…というかジュニア女子の難易度は男子と同じくらいってどーよ?
…つうかロシアガールがすごすぎ(汗)
ワールドが各国3枠までなのが、ありがたいくらいだと思えてきた(汗)

Entries/Results
YouTube公式チャンネル

宮原知子選手
スピード感、フットワーク、見ていて気持ちいい。
逆回りのスピンだ、3A+3Tはジュニアじゃ当たり前になりつつありますね。
ジュニアでできる最大限のことができているような、でもジュニアの限界も…体型が変わるこれからなんですよね。
しかしまだ幼いイメージ、小柄な体型でこの衣装はどう?凝ってるし大人っぽくしたいのはわかるけれど、どーもイケナイ感じがしてしまって(汗)

佐藤未生選手
王道な魅力。ジュニアでもインパクトのある選手が多いので、少しおとなしめな感じで損をしてるかな。素敵なんだけどな。
取りこぼしがたくさんあるみたいなんですが、これがパーフェクトだったら?と考えるとかなり行けそう。

ユリア・リプニツカヤ選手
うわ~また出てきちゃいましたよ、ロシアガール!
13歳、151cm、大きく見えますね
SPかっこええ~背中にぴったりつくあの足はどうなっているのじゃ…大丈夫なのか?FPもすごいねえ、いきなり2A+3T+2T、スピンの加点もすごい。
FPは恋に無関心なジュリエット?(汗)
一本調子だし、あれもこれもてんこ盛りで忙しいし、どこがロミジュリやねん…表現だの魅力だのという意味では、まだまだこれからなんですが、こんなこともあんなこともできちゃいますよ!見て見て!…というアピールがすごい。
ジュニアとしてはもう十分、このインパクトは武器ですねえ。
それと柔軟性をウリにすると、曲芸の一歩手前みたいになることがあるんですが、姿勢や頭の傾け方、腕の使い方とか、粗さはありますが、はあるけれど基本的な動きが洗練されてますよね。
…あ、コレオはニコライだ。

木原龍一選手
見ていてスケーティングが上手いなあと思います。
課題は3Aを入れることですが、なんとなく、作品としてまとめる上手さと物足りなさを同時に感じたりして。
FPのチャイコフスキーは、ダイスケ見過ぎているの…すまん(汗)後半はスタミナが…エレメンツの消化でいっぱいいっぱいだったかな。

宇野昌磨選手
うまいなあ、スピードもあるし音楽表現も、指先まで神経が行き届いている。いつショーにデビューしてもおかしくない魅せるスケートがここまでできるのすごい。
技術もあるけど、内面の成熟した表現力とでも言えばいいのか。
フリーは3位なんですね、立派です。他の選手と比較して、PCSはもっと高くていいような気がします。
あとは小柄な時代は気にならないけれど、トゥジャンプの足を振り上げる癖は早く直した方がいいね。

アルトゥール・ドミトリエフ選手
若さゆえの乱暴者な感じはしますが、勢いという意味で「買い!」じゃないでしょうか(笑)
フリー冒頭の3Tは4Tの予定だったのかな?
ジャンプ他エレメンツがプルさん系統なのがな~。フリーレッグの美しいファリス選手を見てしまうと、やっぱりちょっと乱暴者って感じが(汗)

ジョシュア・ファリス選手
SPは「月の光」男子では珍しいような…美しい~、繊細で流れるようなスケーティングだから似合いますね。…ええ~75点?…そこまでかな?え、そうなの?
フリーは冒頭、慎重すぎて勢いがちょっと足りない感じでが、でも後半持ち直しましたね。もうちょっと激しさが表現できるとメリハリがあっていいのでは?
でもこの美しさ、好きな人は大勢いるだろうな。

おまけ…教えてもらいました、ムロズのクワドルッツ!
Go!Go!ムロズ!
Will Mroz's quad Lutz go down in history?

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

さよなら、Roke

2011年09月22日
2011092201

地震も台風も慣れているとはいえ…今年の日本にはあらゆる災害が(汗)
台風15号は東海、関東から北上、大雨と共に北関東、福島を縦断して行きました。震災で半壊状態の建物や、緩んだ地盤など、今来てもらっては非常に困る!…わけなんですが。
昨日(9/21)は電車が早々運休、高速も通行止めで大渋滞、川沿いの地域には避難勧告、避難指示が出ました。
そして夜、台風のニュースを見ていると緊急地震速報が…びびる~(汗)

今のところ、私の生活圏で大きな人的被害はないようなんですが、土砂崩れや河川の氾濫、市街地のあちこちが冠水しており大変です。
仮設住宅に避難指示が出たところもあり、なんとも申し訳ないです。
今も消防車が巡回中、早く落ち着くといいのですが。

2011092202

ところで、アジアの台風にも名前があったんですね。
台風15号はRoke(ロウキー)
大きな被害をもたらした台風12号はTalas(タラス)
次の台風16号、Sonca(ソンカー)は温帯低気圧になったもよう。
地球さん、地球さん、お手柔らかに頼みたい(汗)

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

白い萩

2011年09月21日
2011091810

我が家では、白い萩は赤い萩の後に咲き始めます。

動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

剛毛な種

2011年09月21日
2011091803

たんぽぽとは比べものにならない位大きくてごわごわした綿毛(?)は、アーティチョークの種。
これじゃ重くて遠くに飛べそうにない。さすが欧米サイズ(笑)

2011091804

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

Friends+αに荒川姐さんの男気を見た

2011年09月21日
Friends+α第1回、おもしろかったです!
ものすごくコアなファン向けですよね、さすがCSという感じ。内容も濃いし、ダイスケやミヤケンさんには突っ込みたい小ネタがてんこ盛りで(笑)
トリノ以降のプロスケーター荒川さんの話は、意外と聞けてないんだよなあと思っていただけに、うれしい番組でした。
そしてプロスケーターの枠を越えて、プロフェッショナルなプロデューサー荒川静香を知ることができました。

2006年の第1回、6年前6年分、みんなきっちり若いな!(笑)荒川さんも、ミヤケンさんも、本田も…
十代のダイスケは、頼りなさそうなそこらの兄ちゃんっぽくて、あはは…。あれからどんどん大人になって、今がカッコよすぎるので余計そう感じるんですよ(←親バカ!)

キスマークもお似合いの現在のダイスケ(笑)
荒川さんのそばにいる時のダイスケは、後輩がいようがいまいがのんきな弟キャラのままですね。なんだろう荒川さんがいると安心、信頼しきってリラックスして甘えてくる子犬のような(笑)
そして、ダイスケにどうしてここまで尽くしてくれるのかな?…というくらい、荒川さんはダイスケのことを考えてくれている。姉というより母?

懐かしい2008のオペラ座の怪人FOIバージョン。
そして今年のマンボのグループナンバーをフルバージョンで放送。Goingとはカット違い、おお~これはうれしい。
何回見てもこのナンバーのアッコ姐さんは素敵。彼女はダンサブルなナンバーが一番いいと思う。
ダイスケとシェイリーンのステップも素晴らしい。(シェイリーン結婚したんですね。おめでとうございます)
そして、ダイスケの「道」今見てもいいプログラムだなあ…この泣きのスピンが好きなんですよ。あれ?背後の暗闇から忍び寄る怪しい影が…あれが噂のジェルソミーナ?(爆)

プロになってからの荒川さんの表現者としての成長は素晴らしい。
今季のプログラムは、シェイリーンでVoice、カートでスマイル、あとウィルソン。
今もジャンプの練習を欠かさないとか、そういえば3+3コンボを跳んでるそうじゃないですか(汗)

FOIプロデューサー荒川静香にはちょっとびっくり。ここまでプロデュースに徹しているとは。
信頼できる仲間がいて、任せるところは任せる、細かいことにはタッチしない。
エンターテイメントとして大局的な見方をしているし、スケーターやショーの将来のことも考えている。
このショーの人気の秘密がわかりますね。
美しいスケーターでありながら、荒川さんの内面の男らしさにしびれました(笑)

それにしても、FOIの男子スケーター達は、他の場面では見られないかわいらしさがありますね。荒川さんの母なる器の大きさかな?(笑)

日テレプラス<フィギュアスケート特集>
荒川静香 Friends+α
 9月18日(日)21:00~22:00 # 1
 9月25日(日)20:00~21:00 # 1 シェイリーン・ボーン
9/24(土)CS初!「LOTTE presents THE ICE 2011 完全版」
9/25(日)今年も放送!「荒川静香 フレンズオンアイス2011 【第一部】」
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

LIVE福島 風とロックSUPER野馬追 全日程終了

2011年09月20日
LIVE福島 風とロックSUPER野馬追  
風とロックYou Tube公式チャンネル

LIVE福島 風とロックSUPER野馬追  全6日が無事終了しました。
箭内道彦さん(実行委員長・プロデューサー)を中心に、日本青年会議所、地元メディア、スポンサーが垣根をこえて協力して作り上げたライブでした。
このライブが、今苦境にある福島の何かを変えたり、解決したとは思いませんが、関わった全ての人にとって忘れがたい日々になったのは間違いありません。
私は郡山会場のみ行ってまいりました。
猛暑の野外ライブは体力的にきつかったですが、ライブは参加してこそ楽しい。余裕があれば、複数回行きたかったな。

2011091701

福山雅治さんの人気はすごくて、ファンは開場すぐ…雨混じりの蒸し暑さ、昼の炎天下を乗り切り…夕方の登場までステージ前方を死守していました。登場と同時に絶叫が…(笑)
アンコールは、福島県三春町の「滝桜」に敬意を表して「桜坂」、隣に三春出身の友人がいて感激していました。

シークレットアーティーストは内田裕也さん。出演は箭内さんのゼクシイCMつながりだと思いますが、実は裕也さんにとって郡山は特別な土地です。
1974年に郡山で開催された日本初のロックフェスティバル「ワンステップフェスティバル」は、オノ・ヨーコはじめ豪華な出演者で、日本版ウッドストックとして日本のロック史に残る(大げさでなく)伝説でした。この時のプロデューサーが裕也さんなんですよね。
なので地元では、シークレットアーティストはオノ・ヨーコだったりして?…という冗談交じりの世間話もありました。
裕也さんは今回のライブでそこに軽く触れていましたが、会場で思い当たる人はほとんどいないようでした。もちろん私も、伝聞で知っているだけなんですが。

wikipedia-ワンステップフェスティバル

ワンステップ・フェスティバル1974 [DVD]ワンステップ・フェスティバル1974 [DVD]
(2005/03/05)
オムニバス、外道 他

商品詳細を見る

裕也さんの次の次に登場したサンボマスターの山口君は、(福島県で今まで)こんなすごいライブはないよな!…というようなニュアンスのことを話して(叫んで)いたと記憶していますが、実は40年前にもすごいことがあったんだよ、君が知らないだけで(笑)

それにしてもサンボマスターがあんなに熱く激しいとは思わなかった(汗)すごい盛り上がりでした。
次のステージがBEGIN、すごすぎるサンボマスターの後で恐縮していました。私はBEGINのステージから離れていたので、遠くに聞きながらおやつ食べてました。激しい後だと癒されますねえ~。

サンボマスターの山口君、箭内さんと猪苗代湖ズ、そして西田敏行さんは福島県出身、それぞれの言葉で今の想いを話してくれました。
今の福島県の被害は、もろもろ含めてまだ進行中で、何が正しいか誰もわからない、決定的な解決策もない…と言っていいと思いますが、そいういう福島県に今は寄り添っていく、そういうことでしょうか。

猪苗代湖ズが福島への愛を歌った「I love you & I need you ふくしま」、箭内さんはこの歌を聴いた方から「これを聴いてしまうと福島を離れられなくなる。」福島で頑張ろうという気持ちになると言われたそうですが(私もそう)、それは違うと言います。
公式サイトにもありますが、福島から避難する人しない人、避難したくともできない人、避難したくないのに避難させられた人、いろいろな人がいる。それぞれの事情がある。福島で頑張る事だけがいいとは思わない。ただ福島への愛は持ち続けたい。
箭内さんはそういう全ての人を応援したいのだなと思います。

「I love you & I need you ふくしま」猪苗代湖ズ

2011091702.jpg

郡山会場は、これほどの人数を受け入れることに慣れていないので、入場も退場も大変でした。私は電車を利用しましたが、磐梯熱海駅が休日の原宿駅みたいでした。
一番残念だったのは、会場入りに時間がかかったのはやむを得ないとしても、誘導路の確保はしっかりしてほしかった。私は真ん中あたりにいましたが、猛暑、ぎゅうぎゅう詰めの会場は身動き獲れず、殺気立つ場面もありました(汗)
こういうライブになれてない年配の方もいたけれど、大丈夫だったのか。あとから聞いたのは、30人ほどが救護室のお世話になったそうです。
ちょっと気になったのは、乳母車の赤ちゃんや幼児を連れた方もいたこと。全席自由・オールスタンディングの会場で、これはちょっと危険すぎると感じました。スタッフにもそれがわかったのか、急遽子ども連れの方に限り、別位置のスタンド席を解放しました。箭内さんは出演アーティストでもあるのに、業務連絡に忙しい(汗)
夕方から少し涼しくなったのですが、ライブも佳境、発熱体の観客の中にいると全く涼しくない(汗)
盛り上がってきて腕を突き上げると、あれ?上空は涼しい(苦笑)

何はともあれ無事に終わって良かった。
スタッフもお客さんもお疲れ様でした!

福島横断ロックフェス 福山さんらと観客大合唱(朝日新聞)
福山、西田ら福島支援ライブで熱唱 1万5000人を魅了(オリコン)

CDジャーナル
<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追>in 郡山!
<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追>最終日in いわき!


060512.,0
福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

アレチウリ

2011年09月20日
2011091801

ここまで来るとモンスター!
特定外来生物アレチウリ。
木をすっかり覆って何の木かわからない。

2011091106
花はかわいい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

満開の萩

2011年09月19日
2011091503

ここまで繁ると、かなりの迫力。

このようなサイトがあるんですね。
萩の花WEB/全国の萩の花情報

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »