空を行く雲

2012年06月30日
2012062802

み空行く雲にもがもな今日行きて妹に言問ひ明日帰り来む
万葉集 巻十四

単身赴任か、遠距離恋愛か…。
昔も今もまるで同じですね。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感、細かい情報が次々(2012.6.30)

2012年06月30日
もうすぐロンドンオリンピックですね。
トービル&ディーンの聖火リレーの動画見ました。正しいイギリスの紳士淑女(のイメージ)姿勢いいなっ!(笑)リレーっていうか、聖火を使ったプログラムですね。おお~リフトもあります。

Jayne Torvill and Christopher Dean Dance With The Olympic Flame In Nottingham June 28 2012

ランビはすっかり元気になったようです。Facebookには美姫ちゃんとの2ショット、美姫ちゃん相変わらずおしゃれです。
只今美姫ちゃんと新プログラム…とありますが、先日作ったSPのことではないとしたら、FPもランビ振付になるのでしょうか?
復帰を明言していない美姫ちゃんですが、ランビのプログラムが見たい見たい!
町田君のSPもランビですよね、こちらも楽しみ。

Stéphane Lambiel Facebook

ジェフはパトチャンの振付を担当、今季はジェフとランビの振付が、トップ選手の競技プログラムとしてたくさん見られそうで楽しみですね。あのスター選手たちがねえ…どんどん時代が進む。

スケート界の人事異動は落ち着いた頃でしょうか(笑)
それにしてもニュースが多い、拾いきれないというか、みんなよく知ってるな~と感心してます。

ミーシンキャンプ、ミヤケンさんとプルさんの写真見ましたよ。運動着のプルさんが…おっさん(汗)。
プルさんが日本人の振付師と仕事をするかも…と聞いた時、振付師デビューしたナナちゃんかと思いました(爆)…ウソです。
ミヤケンさんがプルのフリーを…なんか感慨深いですね~。
それよりニノ・ロータのロミジュリってのが想像つかないけど(笑)

ロミジュリと言えば、昨年のジガーシナ&ガッシーのプログラムが、ロミジュリでした。そして今季のFDは「ゾンビ」!さすがオッサンの匂いのするロミジュリだけある…天国で結ばれたのではなく、ゾンビで蘇っちゃったよ!(爆)

アモちゃんが映画主演(しかも高校生のスケート選手役)ときいて、そんな暇あるんかい?と思ったら、短編映画で撮影も1週間とかかってないらしい。
ニコライとダイスケについては、何も語ってない…たぶん。
そういや、新プロの案をファンに募集かけてたみたいですが、決まったのかな?

復帰するジョニー・ウィア-・ボロノフは、コーチはズミエフスカヤ、振付はウィルソン、SPとFPにクワドを入れたプログラムになるらしい。
それと、ニコライをアドバイザーとして迎えた?…ニコライ早くも浮気発覚かっ!?
…つまり、ダイスケと似たパターン?
…つまり、つきあうのはいいけど、結婚はちょっと…という意味でしょうか?(汗)

ケヴィンVPの引退につづき、コンテも引退とは…来季は4回転入れないと勝負にならんと言ってたばかりなんですが、環境的にも肉体的にも厳しくなってきたらしい、残念です。
男子シングルにおける癒しの時間だったんですが…お疲れ様でした。これからは奥さん孝行とコーチで頑張ってください。。

ポールの日本語どんどん上達している!(今季のSDはメリー・ポピンズだよ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Paul Poirier ‏@PaulDPoirier
今日Skate For Hope にアメリカの Ohio へ行く予定です。
「おはよう」と同じ発音です (笑) (^∇^)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来季のルール変更もでましたね。詳細に語るほど詳しくないですが、スピンの変更なんて細かすぎて(汗)シーズン始まって、やって見せてくれないとわからない、場合によっては見てもわからないかも…情けない自分(涙)
ボーカル入りの曲OK…と思ったら、2014-15シーズンからですか。

とりあえずSP後半のジャンプが1.1倍になることは大きい変更ですね。
多くの選手はジャンプ3本前半まとめてますが、ジャンプ3本全て後半に持ってくる選手は…いるかな?少ないけどいそう(汗)まあでも、後半に1本くらいが無難でしょう。
1本目をクワド単発にして、後半にコンボとか…でもコンボを最後に持ってきて失敗してもリカバリーできないですね。最後に持ってくるジャンプは、もっとも安定したジャンプでないとリスクがありそう。

真央ちゃんが後半に3A持ってくるとか?…いや~そうなると見てる方は最後まで気が気じゃなくなるな(汗)
それより、女子なら前半3+3ではなく、後半3F(3Lz) +2Lにした方がいいのかな?
勢いのあるジュニアなら後半に3+3コンボきそうですね。

コレオステップ、コレオスパイラルは、コレオグラフィック1本化。ただし、女子のスパイラルが絶滅しないかと、そこが気がかり。
ステップシークエンスは、ストレートかサーキュラーかサーペンタインか、だんだん関係なくなってきてますから、こちらも問題なさそう。片足ステップでレベルあげがなくなったのは良かった。ちょっとイラっとしてたので。

真央ちゃんは、今季のプログラム完了。
今はハンガリーですか~、長期滞在はうまいおやつみつけたからでしょうか?(笑)
元気で留守ならそれもいいですが、新プロつうか、情報なさすぎてさみしい。

今年の振り付けが出来上がりました!

KOSE SPORTS BEAUTY NEWS 羽生結弦選手インタビュー

NOZ inner beauty ゲスト 高橋大輔(全5回)
後半になるにつれおもしろかったですね!

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

ねむの木陰

2012年06月29日
2012062801

気温が高い日も多くなりましたが、からっとして過ごしやすい日々です。
ネムノキの花にはまだ早い。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

火星の水

2012年06月29日
火星内部に大量の水? 隕石から判明 2012年6月26日 AstroArts
火星内部に大量の水、火山噴火で地表へ National Geographic News June 27, 2012

火星に水があるって話もいいですが…

「火星内部を起源とする2つの隕石」
「研究チームが火星から飛来した隕石を調査」
「火星の地殻下のマントルが部分的に溶解し、地表付近で結晶化したものが250万年前に火星を飛び出し地球にたどり着いた」
「小惑星の衝突により表面から吹き飛ばされ、地球に向かって猛スピードで飛んできた」

…って、その隕石ホンモノ?…とか言いたくなってしまいますね(笑)

iw,pbfbos

「火星で最も古い地質年代区分「ノアキス紀」は温暖だったため、火山噴火後には地表に液体の水が存在した可能性もある。 」
「一時的に生命に適した領域が出現したかもしれない。」
「液体にすれば、火星全体を深さ200~1000メートルで覆うことのできる量」

火星人が昔タコ型星人に描かれたのは、予言か?!(爆)

そういえば、火星のテラフォーミング(地球化)計画はまだ生きているのだろうか。大量の温室効果ガス(二酸化炭素など)を使って、極の凍土をとかし水を得るという。
ある意味火星の環境破壊、火星人にとっては迷惑かも…(苦笑)
レイ・ブラッドベリならなんと言うだろうか?

サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

福島の内と外 報道を見て思うこと

2012年06月29日
震災と原発事故関連の海外のドキュメンタリーの多くを、ネットなどで見られるいい時代です。まあでも膨大な量を見るのは不可能で、私が見ているのは数える程度ですが。
で、海外では原発事故をどう見ているのか?
利害のからまない海外の報道こそ真実、「日本では決して報道されない衝撃の真実」…というような内容ですと、ネットが盛り上がるのなんのって、ショッキングな内容であればあるほどアクセス数もうなぎ登り…どうなんでしょうか(汗)

震災から一年以上たち、福島県でも一時期のような恐怖感、不安感はなくなり…少なくとも軽減しました。
福島で暮らしている者として、今だから言えることなんですが…
これだけ規模の大きい災害ですと、膨大なネタがあり、関係する人も膨大、それぞれの状況や望んでいることも違います。ですからニュースや報道から見えることは、たとえ事実であっても、その一部です。冷静に見なくてはと思っています。
やっかいなのは、ドキュメンタリーなどで、恐ろしい結末 or 楽観的な結論、あるいは涙を誘う感動的なテーマが先にあり、その「結論」のために細かい真実を集めて演出していくことです。
…嘘はついていない…けれど、それが全てではない…と思います。

海外の報道が全て嘘だと思いませんし、日本の報道が圧力を受けたかどうかはわかりませんが、実際及び腰に見えることも事実です。
ただ(嘘や事実でないことを報道したら問題外ですが)どんな真実や本音であっても、それはこの大規模な災害の一部であって、全てではないと思うのです。
もちろん私が書いていることも、ある一人の考え方です。

そんな中、ドイツZDFの番組は、まあその…わりと怖い内容でかつ「拡散希望」なんてタグがつき、アクセス数も多い動画だと思います。
昨年の夏は、私の父の友人が取材されていてビックリしました(汗)以前から原発反対を唱え、原発事故に憤りを露わに…それはそうなんだけれど、番組で見る父の友人はなんか違う?こういう人だっけ??…という疑問だらけ。
また、高い空間放射線量を示すガイガーカウンターの映像や、高濃度の放射性物質が検出されたキノコの映像のあとに、夏祭りでトウモロコシをほおばる子どもの映像があったり、ちょっと待て…その流れでは、福島では汚染された野菜を何も知らず食べているかわいそうな子どもがたくさんいる…と思われるではないか!?
例えば、そういうことが多々あるので、先日ネットで見た番組も若干引き気味に見始めました。
結論からいえば、内容は特に目新しいわけではなく、少しおおげさな作りでした。

動画
ドイツZDF フクシマのうそ Part1
ドイツZDF フクシマのうそ Part2

BGMがものものしく、怖いわっ!(泣)
○ドイツ人の取材班福島第一原発に潜入する様子からしてドラマチック!…映画みたいです(汗)
○関係者(技術者)が危険を訴えても嘘の報告書を強要されたこと。
○前福島県知事インタビュー…度重なるトラブル(事故)隠しを内部告発で知り、不信感を募らせていったこと。黙っていられなくなった前知事に2004年復讐が始まった。知事が不正取引で刑事告発、辞任に追い込まれた(その後裁判は無罪)
○菅さん「大学の研究者が危険性を言えば、出世できなくなり、賛成すればあらゆる援助を受けられる。スポーツ、マスコミも同じである。」
○脱原発の河野太郎議員のインタビュー
○3.11の地震、津波、原発事故の流れ。
○のらりくらりの東電、事故収束の問題点、4号機など今後の危険性などなど…

番組の私的ハイライトは前知事インタビュー。原発への不信感を抱き、原発反対を口にし始めた途端、不正取引で辞任に追い込まれたと、本人がきっぱり話しています。
この事件は複雑で簡単に要約はできないのですが、知事の汚職&辞任という全国でも大きなニュースが「原発への不信感」と結びつけられることは、テレビはもちろん大手メディアでも、現在に至るまでありませんでした。
当時一部の週刊誌に書かれたり、またその後の著書、講演ではふれていますが、一般的な報道では皆無だと思う。(今はネットでも知る事もできます。)
そういう意味で、海外の報道もやるな~と思ったわけです(笑)
まあどれだけの人が見ているかわかりませんが、前知事の失脚は、原発がいかに政治的なものかということを表しています。そこは日々のニュースではなかなか見えて来ません。
原発が必要かどうかを問うなら、少なくとも政治家や企業の利権から切り離してくれないことには。
お金だけ受け取り、誰かのいいなりになっている首長が、いざ事故が起きてから「安全だと信じてました」などと言われても困るのです。

地元の発展を願う親分肌、5期18年を勤めた前知事は、今も地元に住み、人望厚い有名人です。私も著書を読みましたし、講演を聞く機会もありました。
元々は原発推進派(でないと当選できなかったはず)だった知事が、清廉潔白かどうか…、そこは一般的な意味でいい面も悪い面もあり、意見も分かれます。首長とはそんなものかもしれません。
それを言うなら、首相辞任後の菅さんも、都合のいいようにしか話していないようにも思いますが(汗)

いずれにしても、これだけ情報があり全て隠蔽はできない世の中です。福島を知るなら怖いニュースで盛り上がる前に、福島に来て見ていただくのが一番ですが、できないのなら一つの考えに固執せずに報道を見て欲しいです。
ただ、県外で報道される福島のニュースのほとんどが極端な部分ばかり「フクシマのうそ」どころか福島の素顔も伝えてないのがね…(汗)
ここをなんとかできれば、多少なりとも福島のイメージも変わってくるのですが…そんな風に考える今日この頃です。

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

Le bureau de la Caravane ラ・キャラバン(福島県大玉村)

2012年06月28日
被災地にフランス料理を届けよう…震災直後の2011年4月から、避難所に温かいフランス料理を届ける「ラ・キャラバン」というボランティア活動が続いています。
都内や大阪のフランス料理店のシェフが交代で料理を持参し提供するという活動で、在日フランス人協会・在日フランス人シェフ・パティシエの会が中心となり、フランス大使館などが協力しています。
避難所が無くなった現在は、各地の仮設住宅を月1回くらいのペースで訪れています。資金や時間の制約もあるため、日帰りが原則、ということで福島県が主だそうです。
ボランティアを構成するシェフたちは毎回異なりますが、回を重ねて20回になります。

La06
この活動を地元でお世話している方を知っており、今回は場所も近いとこともあり、私もボランティアに参加してみることにしました。

訪れたのは、富岡町の方が暮らす大玉村安達太良応急仮設住宅。仮設はあちこちにあるので、着いてみたもののここでいいのか?と一瞬思いました。というのも広い、そしてイマイチひとけがない(汗)
ここは福島県のほぼ中央、安達太良山の麓の山あい、診療所が併設されていますが、車がなければ買い物に行くのもなにも不便…ということで入居の際人気がなく、630戸のうち3分の1くらいしか入っていないらしい。それでも約480人(子ども30人)が暮らしています。

La03
ボランティアは午後2時集合、今回やってきたシェフやスタッフは50人位、ほとんどがフランス人で、飛びかうフランス語が全くわからない、外国に来たみたいです(汗)といっても日本在住の方達なので、必要な時は日本語を話しますが。
慣れてるせいか段取り早いな~。私は飛び入り参加ですし、調理そのものは衛生面もあり手出しもできないので、お土産やおもちゃを並べたり、運ぶのを手伝う程度です。
ある程度準備が終わったところで、さあみんなよろしくね~という感じでワインで一服…さすがおフランス(笑)
今回は、日本の生活が長いのよ…という歌姫も参加。手回しオルガンで「ラ・ヴィアン・ローズ」など、定番の古いシャンソンを、準備中からずっと歌ってくれていて、それがとても心地よかったです。

La02
食事の提供は5時から、4時くらいかな…芸人さんも登場。傘の上で升廻しとか…染之助染太郎のジャンルですね。
最初はスタッフが見ているだけでしたが、賑やかな雰囲気に仮設の住人も徐々に集まり始めました。

La07
食事の提供が始まりました。
集まってきたのはおばあちゃんが圧倒的に多いですね。その次に子ども、子どものお母さん。
働き盛りの世代は、この不便な場所の仮設より、街なかのアパートなどにいるからかもしれませんが、こういう時好奇心旺盛なのは女性と子どもですね(笑)

La04
提供される料理は、言い方変ですが正しいフレンチ、日本人向けにアレンジしたりしないのがポリシーらしい…おばあちゃんの口に合うでしょうか?食器は使い捨てのもので自宅に持ち帰るので感想は聞けませんでした。

そういえば昨年春、避難所でこのボランティアが始まった時のニュースで、この時も対象者が田舎に住む高齢者や子どもが多くて「フランス料理なんて初めて…」なんて言葉があり、笑ってしまいました。人生初のフランス料理が避難所の体育館か…と。

La01
子どもには、おもちゃやぬいぐるみ、本など、女性にはランコムから化粧品などのプレゼントが用意されました。

La08
集まった人に一通り提供したあとは、スタッフもいただけることに…やった~。それを狙っていたとも言える(笑)
パテ、フランスパン、カマンベールチーズ、ほほ肉のシチュー、野菜添え、お米のように見えるのはパスタ、デザートはカヌレ。おいしかったです、余っているのでカヌレをおかわり(笑)

La09
芸人さんが使っていた大きな傘にみんなで寄せ書き。この傘はこのあとどうなったのかな?

La10
夏至の時期で日は長いですが、だいぶ暗くなってきました。

ボランテイアは何かをしてあげるというより、仮設住宅にやってきてわいわい楽しく過ごす。仮設の住人は、あ…なんか珍しいのがきたよ…という雰囲気です。
震災直後は実際深刻さも違っていたでしょうが、現在のラ・キャラバンは、迎える方も行く方もリラックス。
この辺りが継続の秘訣かもしれないなと思いました。
ここまで続けるには確固たる信念があってこそですが、ボランティアに行ったからといって状況が急に良くなったり、何かが変わるわけではありません。やる気満々の熱血が来ても迷惑な時もあるのです。おいしいもの(人によってはめずらしいもの)を食べて、少しの時間癒されたり、この長い避難生活にアクセントになればいい。
ボランティアも何かしてあげるというより、文化祭のようなノリかな(笑)

そして私はといえば、食事のトレイを持ってあげたり、子どもの相手をしたくらいで、役に立った覚えがない。もしかしたら邪魔だっかも(汗)
ただ、こういうことでもなければ仮設住宅に来ることもないんですよね。こんなに近くに住んでいても接点がまるでないのはどうかなと思っていました。いきなり仲良くなんてことはないですが、何かしらの交流があっていい。そういう意味でおもしろかったです。

La05
お疲れさま。

Le bureau de la Caravane ラ・キャラバン 事務局
ミッション
Apporter soutien et renconfort aux refugies de la region du Tohoku touchee par le seisme du 11 Mars 2011.
Delivrer ce que nous savons faire,le cuisine Francaise en preparant et en distrubuant des repas chauds.
3月11日の東日本大震災被災者に支援と激励を届けよう。
私たちにできることはフランス料理を作ること。あたたかい食事を用意して現地に運び、被災者の皆さんに提供すること。
組織/在外フランス人協会・在日フランス人協会・在日フランス人シェフ・パティシエの会・フランス料理文化センター

在日フランス大使館 フランス料理の炊き出し隊が郡山に(2011年4月5日)
フランス人の有名シェフ、避難所で料理振る舞う 福島(2011年4月9日)朝日新聞

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

ミヤコワスレ

2012年06月27日
2012062007

ずいぶんと遅く咲くミヤコワスレです。
ここは標高が上がるので夏は少し遅れてくるのかもしれません。
見知らぬお宅なんですが(汗)道沿いなので写真を撮らせてもらうことに。
びっしりと花を付けたピンクのミヤコワスレは、ラブリーな「花柄!」という雰囲気で笑ってしまいました。

2012062006

隣には紫のミヤコワスレが咲いていたのですが、こちらは山野草の「都忘れ」の風情、日本の庭に似合う渋さですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

チェリーセージ・ホットリップス

2012年06月26日
2012061601

最近見かける紅白のセージ、この配色はよく目立ちますよね。
同じ形で赤1色のチェリーセージがありますが、これはチェリーセージ・ホットリップスという名前らしい。

2012061602

最近何でもありのネイルのデザイン、こういうおねーさん、いそう(笑)
…こんなに指があったら怖いですが…(汗)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

オニノヤガラ

2012年06月25日
2012061703

陽の射さない薄暗い森で、遠くからは冬枯れの実、ウバユリやマツヨイグサの実のように見えました。
調べてみると、オニノヤガラ(鬼の矢柄)、ナラタケ菌と共生している腐生のラン科植物で、葉緑体を持たない…どうりで茶色、葉っぱもない。

名前は、直立した様子を「鬼の矢幹(やがら)」に見立てたことから。
別名「ヌスビトノアシ(盗人の足)」、転々と生える様子を、盗人の忍び足にたとえた。
…どっちもどっちの気の毒な名称ですが、とても美しい蘭です。

2012061704
枯れて乾いた実のように見えましたが、近くで見ると瑞々しい。
1mほどの丈に、セピア色の個性的な花がたくさんついています。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

クレマチス、その名はカイゼル

2012年06月25日
2012062005
クレマチスがの園芸種の多様さときたら、すごいことになってますが、クレマチスだとわかるだけまだいいのか?…というくらいですかねえ。
このクレマチスは、モップのような花芯のボリュームが迫力満点。
調べてみると…たぶん「カイゼル」
あの「カイゼル髭(ドイツ皇帝ウィルヘルム2世の髭)」のイメージだろうか?

2012061706

検索して偶然知ったのですが、このクレマチスを作ったのは、福島県南相馬市にあるアウルフラワーガーデンの宮崎和志さんという方なんですね。
ちなみに「カイゼル」はクラシックの用語から、髭ではないらしい。

原町観光協会 アウルフラワーガーデン

がんばれ南相馬市!


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ETV特集 飯舘村 一年 ~人間と放射能の記録~

2012年06月25日
(番組HPより)2011年5月、原発事故のもたらした放射能汚染によって全村避難を余儀なくされた福島県飯舘村。放射能は人々から、ふるさと、なりわい、共同体を奪った。暮らしを奪われた住民は、全村避難から1年を経過した今、何を思い、これからどう生きていこうとしているのか。
避難直後、村は「2年での帰村」を掲げ、国に速やかな除染を求めた。しかし、一向に前進しない故郷の回復、長引く避難生活。住民はいらだちを募らせ、心身への負担も日に日に増している。
判断に資する確かな見通しがない中、人々は、それぞれの「生き方」をかけて、人生の選択にのぞんでいる。先祖伝来の土地を守りたいと独自に除染を開始する者、別天地での農業に希望を見いだす者、将来を見通せず立ちすくむ者・・・。放射能は、事故前に確かにあった未来を人々から奪っていった。そして今、人々はその重荷を背負いながら、新たな未来を描こうともがき始めている。
番組は、原発事故直後から取材を続けてきた家族たちに密着。1年3か月に及ぶ長期定点取材で伝える。


内容的に特に目新しいわけではありません。放射能汚染により翻弄される飯舘村のある家族の記録…という感じでしょうか。番組の前半は、事故直後の混乱を経て全村避難、除染実験を試す人々、この辺りは、これまで様々なメディアで取り上げられてきた内容とほぼ同じです。

飯舘村は山村、農業や和牛で生計を立てている方が7割くらい。どちらか言えば厳しい自然環境、一時は財政破綻まで追い込まれた村はその後、環境を活かした農業や和牛の生産でようやく軌道にのりつつある…そこでの震災でした。
避難にあたり住む場所も保証され、賠償金をもらっても、土地がなければ農業も和牛を育てることもできない。サラリーマンが勤め先を変えるとか、会社の人事で転勤というのとはわけが違います。廃業するほかない家族の姿は、やり切れなさばかりです。

幼い子供と出産間近の家族のため、関西に避難し、新しい職にもついた若い家族。とても誠実な夫婦ですが、離れてみて改めて故郷への思いがつのる夫と、子どものために既村は考えられないという妻、これはもう若夫婦の典型的なパターンですね。結論はでません。
ここでふと思ったのは、家族を支えるため、縁もゆかりもない土地で職についた夫の様子を取材しているのですが、この職は短期、ずっとじゃないだろうなというのが見た目明らかで、それってやっぱり人生が半端なままなんだなあということです。このあいまいさに応えるにはどうしたらいいのか。

年配の人にとっては、村に戻りたい。若い世代はたぶん戻らない。みんなわかっているんですよね。
菅野村長も戻るのは半数程度ではないかと予想。一人一人状況が違う、そこに対応して行くのは大変ですが、やらなくてはなりません。
飯舘村に限らず、避難区域となり居を移した方の中には、こんな田舎には住みたくないとか、以前から機会があればどこかに行きたかった…そういう若者もいるとは思うんですよね。そういうケースはニュースにならないですが。いろいろなんです。ただ、こんな村イヤだと思っても、故郷がなくなってもいいはずはない。
避難が長引き、今の暮らしに慣れていくに連れ、帰村への思いも薄れ、このままいけそうな…といっても何を目標にしていけば良いのか。元気にサバサバしているおばちゃんが、ふとしたきっかけで涙腺決壊。

番組の最後、賠償金をもらっているのだからという理由で、再就職先を解雇された青年。これが本当なら、なんのための賠償金なのか?
政府は原発事故の収束宣言をし、原発の再稼働も決めましたが、避難した方の生活再建は腹立たしいほど進んでいない。それはもう歴然とした事実です。

ETV特集 飯舘村 一年 ~人間と放射能の記録~
Eテレ
2012年6月24日(日) 夜10時~
2012年7月1日(日) 午前0時50分~ 
福島で暮らす | Comments(2) | Trackback(0)

バラ園

2012年06月23日
2012062201
バラ園に来ました。いい香りがします。

2012062206
今が見頃なんですが、雨が続いたせいか、よれよれなバラも多かったのが残念。

2012062204
品種改良で日本の気候にあうバラも多くなりましたが、大輪系のバラはやはり雨だと大変そうです。

2012062209
こういう漬物があるよね。赤カブだっけ?

2012062207
初めて見る素敵なバラがありました。
バロン・ジロード・ラン、白いエッジがおしゃれ。

2012062203
ハマナス似たこういうタイプのバラは丈夫そう。

2012062202
つるバラ、ミニバラのタイプは、高温多湿の日本の気候でも強そうです。
ここまで咲かせるには大変な手間暇だろうなあ、毎年バラ園に来るたびそう思います。


花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感、ミヤケンさ~ん(2012.6.24)

2012年06月23日
シーズン的にはオフ、来季のGPSのエントリー眺めながらまったり予想でもしてみるか、なんにもわからないまま予想するのも楽しいので…などと思っていたのですが、予想外のビッグニュースが次々でまったりしてるヒマがない(汗)

ニコライのダイスケダイスキ会見はひとまず落ち着いたものの、ダイスケの新プロ振付はどうなっているのか?
え?意外なところで目撃があるんですか?
なんてのもあるみたいですが、公式でない以上噂の域を出ないというか…。
なんか今年も意表をついてくるんだろうな…全く根拠ない私の予想では、SPはアップテンポのノリも衣装も明るいやつ、フリーは女性振付師によるエレガントすぎる(バレエっぽい)プログラム、衣装もフリフリで…なんてのはどう?

そんなところに、プルさんがミヤケンに振付依頼…そういえば、プルさん側から日本の振付師と仕事するみたいな情報あるよと友人が教えてくれてました…本当だったんだー。
おお~ミーシン&プルさん&ミヤケンの3ショット!
どんなEX?…え~ロミジュリ?…え~?しかもニーノ・ロータ?(汗)
…ええ~っ!競技のフリーっ!(驚)
マジですか?(亀さんが先日作ったのはSP)
ミヤケンがプルさんの競技プロを振付する日が来るとは…誇らしい(涙)

ダイスケファンなら誰でも考えることですが、男子シングルにおいての亀さんとミヤケンさんの高評価は、ダイスケが作り上げたもの。そしてダイスケ以上にモノにした選手はまだいないんですよね(それでいいよね?)ミヤケンさんは国内中心で事例が少ないですが、亀さんの振付は有名選手でいろいろ、もちろん素敵なんですが、やっぱりダイスケには及ばなかった。
来季のプルさんがどんなプログラムを見せてくれるか楽しみです。プルさんとしては、いかにもプル…ではなく、全く新しいものを狙っているのでしょうね。
思えばプルさんのコーチ、ミーシンさんは、ダイスケにいつも手厳しかった。バンクーバーの頃も散々だった…それを思うと、この振付師の選択はミーシンさんのダイスケ評価が変わったということかなと思ってます。

DOI、私はBS待ちなのではるか彼方ですが、町田君の評価がすごいですね~(喜)
4月のショーでも披露した、お蔵入りだったSPです。この広島での動画もなかなか素敵ですが、DOIはさらに素晴らしいらしい。

広島ビッグウェーブ・感謝祭「ロシュフォールの恋人」
Les Demoiselles de Rochefort 2012.04.22

ランビの雰囲気が、そして白シャツのせいかダイスケっぽい感じもしますが、この二人を連想させるってすごいことだよ。マネって意味じゃないよ。
今の町田君は、ランビとダイスケのいいとこ取りして、自分のものにできる実力がついてきたと思う。
アンソニーコーチもとのトレーニングもいいみたいですね。
そんな町田君が出演する長岡のアイスショー、なにかと町田君に目をかけてくれているランビといっしょです。うれしいだろうな、引き続きよろしく頼むランビ。

そして追加エントリーが刑事君!ジュニアの選手がアイスショーに呼ばれる場合は圧倒的に女子が多いですが、刑事君が選ばれたことは、惹きつける魅力があってこそと思うのでうれしいです。
彼にはアジアな男性の色気があるんですが、そこを開花させたのはミヤケンさんのプログラムです。DOIで披露した新SPもいい評価。
しばらく見ていないのですが、DOIの写真が、少年から精悍な顔つきに、かっこいい。

フィギュアスケート アオーレ長岡
9月15日(土)14時・16日(日)14時
出演/荒川静香、安藤美姫、鈴木明子、羽生結弦、町田樹、ステファン・ランビエル 田中刑事

来月はTHE ICE、真央ちゃんの記者会見もありましたが、競技プロの情報は、ローリーとタラソワってだけで、まだないですね。
ハム食べてる場合じゃないよ!
…っても、あらかわいい。もう大人なのにかわいいってどうかな?いいのかな?
でもかわいいからいいか(笑)

フィギュアスケート | Comments(6) | Trackback(0)

フタリシズカ

2012年06月22日
2012061713

シズカとは、静御前のこと。
山野草に花穗が1本のヒトリシズカ(一人静)があり、これは2本だからフタリシズカ(二人静)。
安易なネーミングだなあと思いましたが…
『能の謡曲「二人静」の中で静御前の霊とその霊に憑かれた菜摘女(なつめ)が舞を舞う姿にこの花を見立てて、フタリシズカの名が付いたとされ』
とあり、なるほどと思いました。

しずやしず しずのおだまき 繰り返し 昔を今に なすよしもがな
静御前

2012061712
花穗が3~4本のこともあるらしい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

庭藤

2012年06月22日
2012061301

赤っぽくて小ぶりな藤に似た花、庭藤(ニワフジ)。
西日本では自生しているそうですが、これは庭木として植えられたもの。
一見華やかそうで、実は繁った葉の陰で地味に咲いています。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

サイハイラン

2012年06月21日
2012061702

森で采配蘭 (さいはいらん)を見つけました。
遠目ではしおれているように見えましたが、近くで見ると折り重なる花弁がドレスのような、上品な色合いの蘭です。
oavjopd
戦場で指揮をとる「采配を振る」
これに似ているので「サイハイラン」らしい。
2012061701
似てるかな?
あ、…サイハンランは見たことがあっても、「采配」の現物は見たこと無いことに今気がつきましたよ(汗)
2012061705
花を下から接写するとこんな感じ。
トウモロコシの粒みたいな雌しべ?が見えます。


動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

キンモンガ

2012年06月21日
2012062001

蝶々がいる…と写真に撮って調べてみると、キンモンガ(金紋蛾)という、歴とした蛾でした。
昼間だし、アゲハのような配色で、花の蜜を吸い、飛んでいる姿も蝶のようなんですが…。
言われてみれば、羽根の閉じ方は蛾ですね。
ただし、アゲハモドキガ科ですと…「モドキ」かぁ(汗)



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

クリンソウ

2012年06月21日
2012062003
山野草の定番クリンソウ。
花だけみるとサクラソウやプリムラによく似ています。いずれもサクラソウ科なんですよね。

2012062002
輪生で咲く花が段になり、五重塔のてっぺんにある飾り「九輪」に似ていることから「九輪草」

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

2012年6月21日 福島のこのごろ

2012年06月21日
原発事故直後の対応で、東電と国が責任のなすり合いをする暇があるなら、被災地の復興の具体策や、金をばらまくだけでない生活の立て直しのために頭を使って欲しい今日この頃です、やれやれ(汗)

がれき処理の問題は一定の進展があったのか、いやいや、まだまだ理解してもらえないですね。
「安全性が確認されたがれき」の解釈には、「○○シーベルトは安全でないから」という考え方と、被災地のモノはなにひとつ受け入れ断固拒否!…2つあるように見えます。
前者なら安全か安全でないかの線引きをどこにするか?徹底的に議論してほしいですが、後者に関しては何を言っても無駄でしょう。真剣である方に失礼を承知で言いますが、がれきが来たら今すぐ病気になる…の勢いです(汗) 身を呈して激しく抗議をしている市民のニュースを見るたび、それなら福島は、ここに住んでいる我々はどうなる、ここは地獄か?と思えてきます。
2012062101
福島県の空間放射線量はだいぶ下がってきました。
今回の事故で放出された主な放射性物質のセシウムは、半減期2年のセシウム134と、半減期30年のセシウム137があります。この割合が半々という説と、134が7割以上という説までいろいろ、なんでわからないのだ?って気もしますが(汗)
まあとにかく、半減期の短い134が大部分を占めるとすれば、来年あたりは放射線の影響は半分くらいになるのではと言われています。
福島の内外には、なぜか危ないと言った方が盛り上がる人も少なからずいますが、もう勝手にやっててください(汗)
線量が下がっても、福島が名誉を回復するには時間がかかるでしょうが、まずはきちんとしたデータを公表することからです。

外部被ばく1ミリシーベルト未満51.4% 県北・県中・会津・南会津・相双 県民健康管理調査(06/13 08:34)福島民報
県は12日、県北、県中、会津、南会津、相双の5地域の住民1万143人の外部被ばく線量の推計値を初めて公表した。
問診票に基づく事故後4カ月間の推計で、平時の年間被ばく線量の上限とされる1ミリシーベルトを下回ったのは5090人で51・4%を占めた。最大値は相双地方の住民の3.9ミリシーベルト。
放射線業務従事者を除いた5地域全体を見ると、2ミリシーベルト未満が94・2%を占める。
検討委はこれまでの疫学調査の結果を踏まえ「いずれの数値も健康への影響があるとは考えにくい」と評価した。
 推計値は対象者の行動記録を基に、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による推計空間線量と、モニタリングポストによる実測値を基に算出した。県は「問診票による分析でも精度は高い」としている。


987+0so
現在のこのようなモニタリングポストが学校やお役所、駅前などの公共施設に設置されています。これは、比較的線量が高いとされる市街地の公園。あれ…もっと高いと思ってたよ(汗)

以前は大ざっぱなデータ、もしくは自治体ごとに公表していた空間放射線量ですが、現在は文科省の情報ページに一本化しています。福島県がより詳細ですが、全国の空間放射線量をリアルタイムで知る事ができます。

放射線モニタリング情報 文部科学省
全国及び福島県の空間線量測定結果(リアルタイム配信)

2012062102
福島だけではないと思いますが、状況はどんどん変化しています。
避難区域の方は、(除染、あるいは線量の低下で)近い将来戻るか、戻らないか…覚悟を決めなくてはならない時期でしょうか。あいまいでは何も進まない、気持ちも停滞ですよね。

「仮の町」課題示す 2012年06月20日 朝日新聞
不動産賠償の声、次々 2012年06月20日 朝日新聞
双葉町役場「年度内に県内へ」06月20日NHK福島
原発で被災 「怒り」の転身 2012年06月20日 朝日新聞

課題はまだまだ山積みですが、福島の四季は豊かで美しい。
できることなら、そういういい面をたくさん見て(楽しんで&食べて)欲しいです。

果樹王国の元気発信 福島の観光農園開園しサクランボ狩り 2012/06/18福島民報
アヤメに宿る美と絆 美里で祭り開幕 2012/06/16 福島民報
福島県の観光スポット、旬の地域情報が満載!福島の旅が丸わかり!!

様々な状況があり、個々の立場があります。地道にそれぞれに力を尽くすしかないでしょう、たぶん。
言い負かして物事が解決するとは思いません。私はずるい大人なので、だったらおだやかにして、有利に事を運んだ方がいい、そう考えることも多いです。

「ふるさと」 思いが分かるか 2012年06月06日 朝日新聞
(記事抜粋)震災前、農村整備について取材したときのこと。財務官僚の言葉に絶句した思い出がある。「金がかかるへき地に住んでもらわなくても、都会にはいくらでも空き家がある」。東京生まれというその官僚に、「ふるさと」は理解できないのだろう。そういう人たちに、いまの福島の思いが分かってもらえるだろうか。

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

福島の内と外 報道を考える

2012年06月20日
動画
ドイツZDF フクシマのうそ Part1
ドイツZDF フクシマのうそ Part2

ドイツのドキュメンタリー、ネットで公開されてから時間もたってしまいましたが、報道についてはあれこれ思うことがありました。あとで感想書くつもりでしたが、うっかりリンクだけでアップ、あわてて削除しました。
変なことしてしまって、ご心配する方が…どうもすみません、ただのうっかりです(汗)
別に構わないのでリンクだけで残します。
福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

声はすれども姿は見えず…モリアオガエル

2012年06月20日
2012061807
ひめさゆりの群生地の隣にはアヤメの咲く池がありました。
この辺りを管理していらっしゃるお宅ではないかと思います。周辺には桜など花木もたくさん植えられています。

201206180900
今はハナショウブ(アヤメかも)が見頃です。

池のほとりにいるとカエルの鳴き声が聞こえてきます。
モリアオガエルじゃないかなと、連れが教えてくれました。
池に覆い被さるように張り出した木に目をこらすと…ありました、ありました、泡のかたまりが。モリアオガエルの卵です。

2012061806
2週間ほどで孵化、オタマジャクシがぽとん、ぽとんと池に落ちていくのです。

ここは福島市ですが、モリアオガエルといえば、福島県双葉郡川内村の平伏(へぶす)沼。モリアオガエルの繁殖地として有名な場所です。
川内村は、沼を含む一部地区が昨年9月まで緊急時避難準備区域に指定され、ことし1月に帰村宣言を出しました。
●参考記事
帰る宣言の村にカエルの声 福島・川内村で産卵始まる 2012年6月14日朝日新聞
福島・川内村、モリアオガエルが産卵シーズン 2012年6月11日読売新聞
モリアオガエル…鳴き声をきくことができます。

201206180800
緑が濃くなった森には、ヤマボウシも咲いていました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ひめさゆり

2012年06月20日
2012061801

福島県のひめさゆり群生地は、喜多方市と南会津が有名ですが、ここは福島市土湯、群生地があります。
市街地から山の方の土湯温泉に向かい、そこからさらに山の方へ入って行きます。

2012061802
美しいユリでしょう?
香りはユリ特有の甘く強い香りとは違う、すっきりした甘さです。

2012061803
ここのひめさゆりは、地元の方が地道に増やしていったそうです。一望する景観ではないのですが、山の斜面のあちこちのひめさゆりが咲いています。これだけ手入れするのは大変だろうなあ。

2012061805
前回来たときも小雨、今回もまた小雨。
ひめさゆりには似合うけれど。

土湯温泉観光協会

花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

ラムズイヤー

2012年06月19日
201206171100

公園などで見かける白っぽい植物。
もふもふとした肌触りが気持ちいい。
何となく動物っぽいと思ったのですが名前がラムズイヤー(lamb's-ear)、「子羊の耳」という意味。
もふもふした耳…わかる、わかる(笑)ぴったりの名前ですね。

2012061709

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

「俺のダイスケ」インタビュー(赤ら顔)他

2012年06月19日
JAPAN SKATE DOI2012
これ、詳しいインタビューでおもしろいですね。映像でも見たいな。

○ゆづ
故障は順調に回復しているようで良かったです。
オーサーさんとのやり取りの様子が興味深いですね。
「スケーティングは1からやり直そうね」と言われたそうですが、そうなんですよね。今が悪いいうことではなくて、エッジのクリアさとか、前のめりになりがちな姿勢とか、もっとよくなるところがたくさんあるんですよ。
この環境を選んだのは良かったですね。

○美姫ちゃん
ニュースではすっきりしたいい顔しているなと感じましたが、気持ちはまだ迷っているんですね。
現役復帰だとしたら、どのような結果でも自分でうけとめなくてはならない、子どもではないのだから。でもどんな結果でもうけとめる人生も、プロスケーターの美姫ちゃんも、美しさは変わらないんじゃないかな。

○ダイスケ&ニコライ
ニコライが記者会見に登場する時は、スモークたいてほし~(笑)
ダイスケのインタビューは、いつもの誠実な人柄が感じられる内容でした。
「これから、自分の人生の中でもきっとおもしろいシーズンに入るんじゃないかな」…いいですねえ、トップアスリートにしてアーティストな言葉です。
しかしそれより…ニコライがオモシロ過ぎ。

>この4年間は、彼が成長するのを眺めるだけの立場だった。
→(意訳)俺の…俺のダイスケが…と悶々としていた(涙)

>以前もとても充実した日々を一緒に過ごしたが、ここ数年の間に私たちも成長したので、 これから数年一緒にやって行くとさらに盛り上がって、よい関係が築けるのではないかと思う。
→(意訳)夫婦喧嘩は犬も食わない。

>自分自身が向上していかないと、とても太刀打ちできないと感じている。
→(意訳)俺が酒を断てるかどうか…

>活躍している高橋選手を見ながら嫉妬心のようなものが芽生えてしまった。 でもその後で、彼はやるべきことをやっているだけで、能力に見合った成果を挙げているだけだとわかり、だんだん落ち着いてきて、 ここ2年間ほどは単純に彼の活躍を楽しんで見守ってきた。
→(意訳)俺がいないのに楽しそうじゃないか!いや、ダイスケは無理をしてるに違いない。俺が見守っているのをわかっているに違いない!

>細かい部分で、「ここをこういう風にすればよくなるのに」というような気持ちも抱いていた。
→(意訳)俺の好みをわかってないなと思うこともあった。

>チームを離れた時から、私としては非常に落ち着かない気持ちだった。 彼への未練でいっぱい(stuck)だった。
→(意訳)ダイスケが恋しくて病気になりそうだった(泣)

>(これからはどんな指導内容となるのか?)
>以前コーチをしていた時も、特に一方的に自分がすべて決めていたわけではなく、 チーム全員で協力し合って決めていた。 今回も、もう一度じっくり話し合って決めていく。
→(意訳)誰も何も言わないから好き勝手してきたが、これからは一回くらいは聞いてみてもいい。

>( 高橋選手が自分を必要としている、と思ったのか、それよりも自身に高橋選手が必要、と思ったのか? )
> 「彼にも僕が必要だったし・僕には彼がもっと必要だった、ということで!」(笑)
→(意訳)誰も俺たちを引き裂くことなんてできないだろ!

>最後に写真撮影 (モロゾフコーチ、高橋選手の肩を抱き寄せしっかりホールド)
ニコライ「俺のダイスケ!」(笑顔!)
ダイスケ「…恥ずかしい」(汗)

…うまくいくといいですが(滝汗)
妄想意訳はお遊びですから、笑えない方は華麗にスルーして下さいね。

世間に印象付けるための会見であり、ダイスケを持ち上げること含め、日本に対してはサービスしちゃいました!ってところもあるかと思います。
多少割り引いて聞いてみる大人な私(笑)
彼は、今一番力を注いでいる選手に夢中になるあまり、過去現在の教え子をコケにする傾向があるので…大丈夫か?と思うことが多くてハラハラします。そこだけは気をつけてほしいです。

ジャパンオープン2012 
日本 …鈴木明子、他女子1名、靍橋大輔、小塚崇彦

北米…アシュレイ・ワグナー、グレーシー・ゴールド、パトリック・チャン、ジェフリー・バトル

欧州 …アリョーナ・レオノワ 他、女子1名、男子2名

うわーん、豪華っていうか、私好みっていうか。
残りの枠、日本女子が真央ちゃんか他の選手かで、男子にランビがエントリーするかどうかで、チケットの売れ行きがかわりそう…(汗)

カーニバル・オン・アイス 2012
ジャパンオープン並びにメダル・ウイナーズ・オープン出場選手の中から選出 他ゲストスケーターを予定。

メダルウィナーズオープン2012
男子
アレクセイ・ヤグディン [ロシア](2002ソルトレイクシティ五輪 金メダル)、
イリヤ・クーリック [ロシア](1998長野五輪 金メダル)、
ジェフリー・バトル [カナダ](2008世界選手権 金メダル)
フィリップ・キャンデロロ[フランス](1998長野五輪 銅メダル)、他2名

女子
イリ-ナ・スルツカヤ [ロシア](2006トリノ五輪 銅メダル)、
ジョアニー・ロシェット [カナダ](2010バンクーバー五輪 銅メダル) 
ラウラ・レピスト[フィンランド](2010世界選手権 銅メダル)、他3名

あとは…男子に本田、ランビあたりか?女子は荒川さん、サーシャあたり?
ペアとダンスもあればいいのにな。
金曜日開催がチケットの売れ行きにどうでしょうか?
大きな会場なので、人が入らないと悲しいことになりそうで、ちと心配(汗)

フィギュアスケート | Comments(6) | Trackback(0)

また森へ

2012年06月18日
2012061708

週末、近場の森をうろうろする初夏です。
そうはいっても、ここはキャンプ場に隣接した遊歩道が整備された森ですが。
記事のタイトルなにげに書くと、あれ、どこかで聞いたような?
しばらくして、有名な絵本のタイトルだと気がつきました。

また もりへ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)また もりへ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1969/03/01)
マリー・ホール エッツ

商品詳細を見る


もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1963/12/20)
マリー・ホール・エッツ

商品詳細を見る

トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)

ノアザミ

2012年06月18日
2012061006

ノアザミ(野薊)
野原に花火…という感じ。

2012061000

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ダイスケ、あれこれ

2012年06月17日
ローリーの振付はやっぱり白紙なんですかね?それはそれで残念だな。

FSSKATE.RU ニコライページ
教え子ちゃんのトップには、昨日の時点でダイスケがトップで掲載されてたそうだ。
現在の順番は…

ダイスケ
アモちゃん
レオノワちゃん
エレーナ&ニキータ
プシュカシュ&ゲレーロ(リニチュクさんちだと思ってたよ)
ヴォロノフ
イヴァン・バリエフ
マキシム・コフトゥン
テオドシウス・エフレメンコフ…誰?
アブザル・ラキムガリエフ
アルトゥール・ドミトリエフ

今はペアがいないんですね。
なんかさ~、やっぱり濃いですよね!(笑)

すっきり王道になったかと思われたダイスケが…再び濃い味…
鶴亀…ちがう、プル亀に対抗するにはこれくらいしないとだめか(苦笑)

?橋大輔×サムライ魂~天才たちの化学反応~ [DVD]?橋大輔×サムライ魂~天才たちの化学反応~ [DVD]
(2012/09/26)
高橋大輔

商品詳細を見る

化学反応!
今の気分にぴったり、なんかウケる(笑)

結局、この路線なら間違いないとか、それなら素敵なものができるに違いないと、我々が想像できるような道を、彼は選ばないんですね。
そこを選ぶと、安心してしまって、成長できないことをよくわかっているんでしょう。
一般的には経験から要領よく歩くものですが、どうなるのか全くわからない…え~?ってところにあえて突っ込む。なにも苦労するのが目に見えるあの男と付き合わなくとも…と(汗)
長いつきあい、わかってたはずなんですが、つい油断してしまって(笑)

フィギュアスケート | Comments(7) | Trackback(0)

杜若

2012年06月16日
2012061502

唐衣(からころも) きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞ思ふ
在原業平(伊勢物語)

「かきつばた(杜若)」の5文字で詠んだ有名な和歌。
着慣れた衣のように慣れ親しんだ妻を都におき、はるばる旅をしてきたものだ。
「着慣れた衣」か…とても?色っぽい歌だなあと思います。
さみしいなら旅に出なければいい…それでは名歌も生まれないか?(笑)

杜若が美しい、雨の季節になりました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

なるほど~そうですか

2012年06月16日
婚約発表か?…の勢いです…指輪がないだけで(爆)
顔が… 顔が… 顔が近づきすぎや!ニコライ。
回した手がむぎゅーって…もう絶対離さないぞ!…すっごい笑みですねえ。
俺、すっげえいい女をモノにしたからっ!みたいな顔ですよ(汗)
…すみません品が悪くて(汗)

今回は話を詰めた上で記者会見のよう、過去の行き違いのようにならないためもあるでしょうね。
どちらが先に口説いたか?(笑)お互いどういう立ち位置か?
反目していた親子が再会、わだかまりを忘れ、酒を飲み交わすみたいな図を想像(笑)
ダイスケサイドは「アドバイザー」というこで、長光コーチ(多分本田コーチも)の指導は引き続き、ダイスケファンとしてはホッと一安心です。
選択権はあくまでダイスケにあるような気がします。
振付も、たぶんニコライではない、少なくともニコライ一色にはならないでしょう。
そうは言ってもあの男が黙ってる訳ないので(苦笑)
ここまできたらこっちのモノ、いずれ俺の手に落ちる…とかナントカ、きっと思ってんだろうな~…すみません、品が悪くて(汗)

ダイスケが悩んだ末と言ってますね。
結果として順調に終えたシーズン、新しい刺激や変化を求めてもあるのかな、より(厳しいと言うより)難しい環境に身を置くことで、自分の甘えをなくしたいのかな?そんな風にも思います。
国別後のダイスケの言葉の端々に、賞賛されることの喜びと、ここからどうしたらいいのかという迷いは感じていました。
強引強欲強情で価値観が違う猛禽類を飼うことで、来季も苦労しておかなくては…というダイスケの覚悟かなと思ったり(笑)
猛禽類に見つめられると身が引き締まるとかね。
想像ですが、亀さんがプルさんとソチまで組み、縁が無くなる方向なのかもしれません。

ニコライはこれまで「ダイスケを育てたのは俺!なのに日本は恩知らず!」発言を繰り返してきましたが「4年前のことを、申し訳なく思っていた」と、本当に言ったとしたら、ここは筋を通したい私としてはうれしい。
考えてみれば、日本とダイスケのスタッフのことを散々に言ってはいたけれど、ダイスケのことは悪く言ってないんですよね(ちょっとはありましたが)
ダイスケもニコライのことを悪く言ったことはないですし。

海外のフォーラムでは…OMG!が多数ですねえ(笑)
まあニコライの振付に関してはビミョーですよね。
ただこの4年間のニコライの振付は、ダイスケだったら…と思わせることも多くて、やりたくてしょうがなかったのだろうなと思います。
ですから(ニコライの教え子には申し訳ないけれど)誰かの使い回しのような振付はしない(押し付けられない)し、ダイスケがニコライに新たなインスピレーションを与えることになるでしょう。
「私も向上していかないと、とても太刀打ちできない」…珍しく(!)謙虚ですし。

気がかりはアモちゃんの立場です。
あと、ダイスケがニコライと組むことは、他の教え子にとってもいいと言ってますが、ダイスケをエサに生徒集めしたりしないといいですが。
まあ長くて2年、浮気心がおきなきゃいいわけで(爆)…すみません品が悪くて。

細かいことはこれからですね。
まあぶっちゃけ来季がどうあれ、ソチのシーズンがどうなるかはわからないのでは?
この選択がどう出るかはわかりませんが…
結果が良ければ、さすがダイスケ。
散々な結果でも、苦労してまた成長するダイスケ。
…となるので、ファンは全く心配することはないんです(きっぱり)

わかっているのは、ダイスケがソチで「勝ちたい 」と思っていることです。
早くDOIのピアソラ見たいなあ!

○フィギュア高橋大輔、モロゾフ氏に再び師事
http://www.asahi.com/sports/update/0615/TKY201206150654.html
 高橋は横浜市でのアイスショーの後、モロゾフ氏とともに報道陣の取材に応じた。今年3月の世界選手権前にモロゾフ氏から申し出があったといい、「悩んだが、ソチ五輪へ向けてより厳しい環境に身を置こうと思い決めた」と語った。モロゾフ氏は「4年前のことは申し訳なく思っていた。彼はフィギュア史に残る選手。自分の全てを注いで、彼の五輪メダル獲得に協力したい」と話した。

○フィギュア高橋とモロゾフ氏コンビ 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120615-968059.html
世界選手権前にモロゾフ氏から打診を受け、悩んだ末に再結成を決めた高橋は「ソチ五輪に向けてあと2年しかない。すごく悩んだが、五輪に向けていいアドバイスをくれるんじゃないかと思い、組みました」と話した。モロゾフ氏は「大輔は、私の教え子の中で、もっともお気に入りの選手だった。大変申し訳ない形で別れたが、心残りがあった」と明かし「以前は偉大なスケーターの1人だったが、今は記憶に残る選手になった。私も向上していかないと、とても太刀打ちできない」と高く評価した。

フィギュアスケート | Comments(8) | Trackback(0)

ツボスミレ

2012年06月15日
2012061005

ツボスミレ(坪菫)は、別名ニョイスミレ、「匂いすみれ」がなまったのだろうかと想像していたのですが、僧侶が持つ如意棒(にょいぼう)に似ていることから「如意菫(ニョイスミレ)」でした。
如意棒?…ピンとこないので検索してみると、ドラゴンボールのあのまっすぐな如意棒ばかりで、結局はよくわかりませんでした(汗)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »