JGP2012第2戦アメリカ大会と第1戦フランス大会感想

2012年08月31日
第2戦始まってます!
只今男子SPを終わって、ジョシュアぶっちぎり、美しい〜大人の滑り。
刑事君2位…しかし内容は、むむむスピンが、ステップが(汗)気合いが入りすぎてしまったのかも…落ち着け刑事君!
本田太一選手も大健闘。えらく大人びたタンゴですよ〜。

ISU JGP Lake Placid 2012
Entries/Results
YouTubu 公式チャンネルISU Junior Grand Prix of Figure Skating

男子/田中刑事 本田太一 ジョシュア・ファリス 
女子/宮原知子 友滝佳子 キリ・バガ コートニー・ヒックス 
ジョシュアぶっちぎりか?刑事君は最低でも2位以上!(←命令!)
女子は、宮原選手チャンス!いけそうですよ。あとは昨シーズン故障していたヒックスがどれくらいもどしたか。

フィギュアジュニアGPに岡山勢2人 V狙う田中、自然体の友滝 8/27 山陽新聞

●第1戦フランス大会
ISU Junior Grand Prix2012/ FRA 
Starting Orders / Results
上位のみしか見ていませんが
男子優勝はBoyang JIN選手(中国)、またまた来ましたよ〜中国の新星が(汗)フリーで4T、3A×2本!まだ体も細いんですが、ジャンプがいいですねえ…それ以外のところはスケーティングも表現もまだまだなんですが、フリーでチャップリンやるには力不足だし、でも今はこれで十分でしょう。
2位のジェイソンは、ジュニア離れした表現はさすがでしたが、SPは調子悪かったとしか…いい時のプログラムの緻密さが欠けてましたね。このエレメンツ構成だとノーミスでないとキビシイ。フリーは見た感じ悪くはないですが、ロングエッジと回転不足の嵐か(汗)
総合3位の日野君のSPは秋祭り?着物風衣装、背中のマークは?この場合「さらし&はっぴ」では?SP、フリー共、スケーティング、全体の印象はすごく良くなっていますね。特にフリーのスローパートに成長の跡が。
女子優勝はラジオノワ、SPはフィフス・エレメント。エレメンツ、エッジがクリア、その前後の振付も複雑で難しい動作。これは強い!
本郷選手も素晴らしい。エレガントで、でも勢いがありますねえ!
女子は2A+3T、3+3が標準仕様、より難しい組み合わせで順位が決まる状況。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

マリーゴールド

2012年08月31日
2012081010
夏の花壇の定番、マリーゴールド。
たいていびっしり植えられるので、遠目にオレンジのじゅうたん状になっていたりします。猛暑の夏にはちょっと暑苦しい感じもしますよね。
20120807112
マリーゴールドといば、昔流行ったケイト・グリーナウェイの絵本のタイトル。
ふと思い立ち洋書で検索…すると、今もAmazonで手に入るようです。昔見た本と同じかどうかは不明。というか、あまり覚えていない。

Marigold GardenMarigold Garden
(2011/11/28)
Kate Greenaway

商品詳細を見る

当時見た絵本の中に、私の知っているマリーゴールドはなかった記憶が…。
今思えば、日本の定番は花びらの多い八重ですが、品種改良する前は一重のシンプルな花だったのかもしれません。品種もいろいろあるようです。
2012082401

参考 ケイト・グリーナウェイ 「マリーゴールド・ガーデン」
mariwuios

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

FOI 2012 楽しかったよ!

2012年08月30日
久しぶりのアイスショーということもあり、目の前で起きることにずっと圧倒されていました。そして見ている間、ず〜っと幸せでした(笑)
ダイスケについては、SPこそは競技になったらどうか?という目線でしたが、あとはただ楽しみました。コラボも良かったし、オープニングやフィナーレで踊りまくるダイスケも見ました。メデイアの露出がかなり多い方とはいえ、目の前を楽しそうに滑っていく姿を、好きなように見放題!(笑)…なにしろ久しぶりなもので(汗)

●オープニング
荒川さんがスノーマンの曲に乗って空を駆け上がる。美しいです…天上的な美を体現できる荒川さんにふさわしいオープニング。
女優やスターのような華やかさとも違う、気品にあふれ、侵しがたい神聖な雰囲気は荒川さんだんなあと思います。

以下順不同で感想

●彰生とダイス
彰生君の演技を見るのはいつぶり?ってくらい、私には見るチャンスがないかも…ジュニアの頃はスケーティングの粗さが目立っていたけれど、きっちりうまくなっています。ホント楽しそうに滑るよね。
ダイスの衣装を見た時は「えんま様」かと思いました。地獄の炎に…めらめら~(笑)
なんと彰生君の衣装だったんですね。普通に似合ってますよ。ダイスはスケーターとしてとてもいい感じに来ていますが、上に行くにはまだ少し足りないものがある、がんばれ。

●荒川×ユカ×シェイリーン×イーラ×本田×イリヤ×ヤマト
今年はヤマ子がいないのが…やはり残念で…

●あっこ姐さん
年々華やかさを増しているあっこ姐さんが楽しみ。昼公演はSP「キル・ビル」、千秋楽はFPシルクドソレイユの「O」…う~ん、どちらもいい!
キル・ビルはインパクトのあるハードな印象、ホントにかっこよくて、かっこいい衣装の背中に惚れます。
それに対しFPは美しくファンタジック、そしてスケールの大きな生命力を感じるプログラム。衣装も素敵です。
このイメージが違う2つの組み合わせは大賛成。あっこ姐さん、今年もイケますよ。

●ウィーバー&ポジェ
トラが出た!…オープニングの衣装は、昨シーズンSDのゴージャスなトラ衣装、生で見られてうれしいです!
別世界のような美男美女、見とれますね。

●ユカさん
美しいスケートは健在、足元がとても丁寧なんですよね。この路線にあるのは、こづだと思うのですが、この足さばきの丁寧さを見習ってほしい。
FOIがどんなにはっちゃけても品格を失わないのは、荒川さんやユカさんのスケーティング美しさなんだろうと思いました。

●ヤマト
ジャンピングジャック、たのしいプログラムです。
なんだろ、ここ数年、この人のトークや普段の様子を知るにつれ、親近感が湧きすぎて、普通のコメントができない(笑)もっとハジケといて!

●本田
昼公演はボーカル曲、夜は「トスカ」
調子としては昼が良かったかもしれませんが、どちらも良かったです。メダル・ウィナーズを控え体も絞り、ジャンプの精度も増している。実戦に向かっている感じが、顔つきからして以前と全く違う。
イーグルのスケールが素晴らしい。この雄大さは本田だなあ。

●イーラとイリヤ
本田、荒川さんと共に、10月のメダル・ウィナーズにエントリーしている2人。本田もそうですが、以前のショーとは全く別人…と言っていいくらい、気合い十分。ちょっとびっくりです。やっぱりアスリートなんですよね。
イーラが体をかなり絞っていて、これまで見たショーとはキレが違う、競技モードであるとことがわかります。3Lがイーラの跳び方だ!
イリヤはもうノリノリ、ずっと楽しくってしょうがないといいう感じでした。こんなイリヤは初めて見ます。でっかいフライング(?)のたびに会場は大喝采、それがまたうれしくってしょうがない、ホント楽しそうです。

●こづ
今季のSP「栄光への脱出」
雄大で美しく、似合うプログラムだと思います。ただクラシカルで、いかにも王道、それがこづらしさだと言ってもいいけれど、どうかな?という気もしなくはない。
4T他、ジャンプがびしっと決まれば、問題なく得点が出そう。
今の時点では、EXの「サウンド・オブ・サイレンス」がすごく好きなんですが、昨年もEXが一番良かっただけに、また同じこと言われないようにがんばれ。
演技前の衣装についてのコメントの意味が???

●荒川×美姫 オペラ座の怪人より「The Music of the Night」(サラ・ブライトマン)
この曲好きなんです。
2人はタイプの違うスケーターだと思いますが、こんなに自然に美しく調和するんですね。いいですねえ。特に美姫ちゃんの荒川さんに対する寄り添い方がはんぱない。
ジャンプも2人でぴたりと決まる。
美姫ちゃんは姿勢が前のめりがちなのですが、荒川さんの姿勢の良さに同調して美しく、また荒川さんは美姫ちゃんのカラーが加わりしなやかな魅力が。
今しかできないかもと、荒川さんが言ってますが、わかるような気がしました。

時々不安定な憂いを見せる美姫ちゃんですが、今回のFOIでは信頼できる人たちがそばにいて、とても落ち着いて演技に集中出来ているように見えました。
彼女は天才で、迷いの多い難しい人だと思う。今シーズンの競技にどのように臨むかはわかりませんが、彼女には信頼し指針となる人、あるいは有無を言わさない人…もっと言えば、時にはガツンと言ってくれる人が必要なんだと思う。ニコライの時代はもう終わりでいいけれど、あのような存在がないと、競技には向き合えないのではないだろうか。

●ノブリン愛してる!
信夫コーチのお誕生日と感謝をこめてのお祝いセレモニー。信夫コーチ、昼はコンパルソリー、夜はイーグルを披露…おお~滑ってる!(あんまり見たことないので感動)
昼公演で「信夫」バナーを発見!…と思ったら、夜は「ノブリン愛してる!」のでかい段ボールバナーが(笑)…仕込みはミヤケンという噂。

●立石選手
昼公演のサプライズは、こづの友人としてロンドンオリンピック銅メダリスト(水泳・平泳ぎ)の立石選手が登場。
実は会場に入る前、どこかで見たことのあるイケメンがコンビニの近くにいるなと思ったのですが、立石選手だったんですね。
ジーンズにメダルを無造作に突っ込み、何事もないように観客席からリンクに降りて、ゆるいしゃべりをして、また何事もなかったように客席に歩いて戻ってました(笑)

●美姫×荒川×ダイスケ「白鳥の湖」
わかっていたとはいえ、このコラボはすごいインパクト。
荒川さんの白鳥を見られるとは感激、衣装も当時を再現、いろいろ思い出してします。まさかコンボは跳ばないよねと思いつつ…2A、…だよねと思ったら、セカンドに3T!(驚)どうかしてるとしか(汗)
ダイスケのヒップホップスワン、この衣装だとやっぱりワイルドなヘアスタイルがいいですね、ちょっとさわやかすぎる(笑)もうこのプロできないと、ダイスケ本人も言っていましたが、思ったより違和感ないです。
野獣がぐいぐい突き進むようなステップ、曲の激しさに負けないダイスケのパッション、ヒップホップはこの後もいろいろな選手がチャレンジしましたが、うーんダイスケのこのプロはやっぱり名作。
荒川さんと美姫ちゃんのスパイラルが素晴らしい、白鳥と黒鳥、大きな鳥が2羽、空を雄大に飛んでいるみたいです。鳥だけに…トリハダ!…いやホントだってば(汗)
3羽の超個性的な白鳥がステップを踏む、贅沢〜。最後のポーズは、3人で1羽なんですね。
美姫ちゃんのスピンが調子イマイチだったのですが、ダイスケのスピンが、3人の中で一番速くてきれいでびっくり、素直に喜んでいいはずですが、やっぱりびっくり(汗)。これが2008にできていたらヒップホップスワンはもっとすごいことになっていただろうなあ。
FOIのメンバーの中で、最もスピンが良かったのもダイスケのような気がします。

●シェイリーン
今年のフレンズはないと思っていたくらいなので、大きな期待はしてなかったんですが、すごいです。そりゃジャンプはないですが、このスケーティングのキレ、パワーみなぎる感じ、かっこいい〜、まいりました。

●本田×あっこ姐さん「リバーダンス」
なつかしい本田のリバーダンス。
あっこ姐さんのステップもすばらしい。ふくらはぎに見とれます。
もう少し男女っぽい感じがあればなあ…贅沢ですね。

●パントン「ロミオとジュリエット」
最近異形のロミジュリばかり見ていたいましたが、正しいロミジュリにリセットされました。ロマンチックです〜トンがいつものように、若干徹夜明けな感じはするけれど(汗)
リフトもスローも大迫力!
ジャンジャンが引退、スイハンは故障中、パントンの責任重大なシーズンになりそう。

●美姫ちゃん
昼はエビータのボーカル曲「You must love me」、夜は「タイスの瞑想曲」
好みとしては昼です。こういう切ない思いを伝えるプログラムの美姫ちゃんは素敵です。
しっとりしたタイスは、千秋楽のどんどんヒートアップしていく会場の雰囲気に飲まれてしまったかもしれません。ミスもありましたが、各公演で3プロずつ滑っているので、疲れていたのではと友人が言っていました。

●ダイスケ
トリの荒川さんの前にふさわしい盛り上がり。なんかもう会場はお祭り騒ぎって感じですね。
4Tが今の時期ここまで出来てるのがうれしい。去年はマイナスからの出発って感じでしたよね。
コメントいただいてから考えたスピンの配置ですが、他のことに気を取られてよく見ていなかったかも(汗)後日のインタでは、ジャンプをまとめて後半…と言っていますが、もしかして冒頭のクワド(コンボかも)以外後半?(汗)となると、スピンは前半になってきますよね。
何しろ昨シーズンのVASは、スピンが見所、バシッとはまっていたので、比較するとそこまでのクオリティではないかも?
まあでも、これからでしょう。

●荒川さん
衣装は同じですが、昼はボーカル曲「A Moment Like this」、夜「星に願いを」。
昼は華やかで大人のかっこいい女性、夜は全てを愛おしむ女神のような感じでした。どちらも素敵です
美しい…ずっと見ていたい。

●フィナーレ
千秋楽のフィナーレはすごい盛り上がりですね。みんな弾けてます。
どっちかいうと南側がおいしいですが、そこから離れた私の席でも楽しかったです。
ダイスケが本当に楽しそうに踊っていて、見ているこちらも幸せな気分。美姫ちゃんのナチュラルな笑顔もいい。
今回、ダイスケが足りないと言う声に応えるためか(笑)、千秋楽ではヒップホップスワンが流れ、無理やり前に出されるダイスケ…疲れてます。
そしてさらにマンボも!シェイリーンと2人、どこからやっていいのかつかめない様子。ラストのステップが始まったものの…もっと疲れてます。足がもつれてもつれて倒れそう…もう限界ですね、お疲れ様(笑)

やっぱり千秋楽は違う、みんなが千秋楽に行きたがるのもわかります。楽しさに、さらにおまけが付く感じですね。


フィギュアスケート | Comments(6) | Trackback(0)

ロンドン・パラリンピック開会式 ホーキング博士登場

2012年08月30日
イギリスの物理学者スティーブン・ホーキング博士が、パラリンピックの開会式に登場していたんですね。気がつきませんでした。
難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症してから50年以上、一時は危ない時もありましたが、その後、病の進行は遅くなり、(進行はしていますが)今は小康状態なのかな?

パラリンピック=ロンドンで開会式、ホーキング博士らも参加 2012年8月30日ロイター 「足下ではなく、星を見上げよ。興味を抱け」
パラリンピック:開会式にホーキング博士登場 毎日新聞 2012年08月30日
ロンドンパラリンピック 開幕 8月30日NHK

病気の進行と共にコミュニケーションが難しくなり、親指で操作するスイッチで合成音声を出力、それもだんだんとと難しくなってくると、今度は赤外線センサーで…と、新たな手段を開発。
今はIntelのカスタマイズPCを使用して入力。Intelにはホーキング博士のためのチームがあり、新しい入力方法を開発中らしい。
病は不幸なことですが、人間の技術開発ってすごいと思います。

サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

オーシャンブルー

2012年08月30日
2012083002

西洋朝顔であることはわかりましたが…有名な「天上の青」?よく見ると花弁に赤紫を帯びた部分がありました。
調べていくと「天上の青」に次ぐ人気の「ブラックナイト」か?…どうやらこれも違う。
少し時間がかかってしまいましたが、たぶん「オーシャンブルー」です。

西洋朝顔は驚くほど大きく伸びて、秋にかけてたくさんの花をつけます。日本の朝顔は夏の花ですが、西洋朝顔は秋の花といっていいですよね。
今は咲き始め、たくさん咲くころにまた写真を撮りたい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

FOI 2012 ダイスケのSP

2012年08月28日
何から書いていいのか悩みますが、ひとまずダイスケのSP「ザ・ストロール」

ディアフレンズからご覧になっている方からすると、回を重ねるごとに良くなっているらしい。この辺りは例年の通りか(笑)
冒頭の4Tは完璧とは言えないものの、私が見た回では転倒もなく、今季また靴を変えたことを考えると一安心。
公演全体を通して見て、スケーティングそのものは何の問題もない、そう思います。
ケガからの復帰以降、ジャンプの跳躍力(つまりバネ?)が、心配な時もありましたが、どんどん良くなっていて、バレエジャンプの高さに見とれました。

今の段階でSPはまだ未完成、間違いなく。そんな未完でもファンにとっては十分楽しい。ここからどう魅力的なプログラムに変わっていくかが楽しみだからです。
曲に関しては好みが分かれそうです。(ダイスケのイメージど真ん中という意味では)今回も王道ではないと思うし、今の段階ではなんとも言えない。
今はまだ振付に忙しい感じで、妙な笑顔からして、なんというか演技に照れがあるような印象でした。例えば、俺様路線で行くのか、みんな来て来て路線(←何じゃそりゃ?)で行くのか定まってないというか。
個人的には、もっとドライに「オレサマってクール!」って感じがいい。
ステップはとても凝っていて、これまでと違う振付師なんだなと、新鮮に感じました。ここがもっと良くなっていくのは保証付きですね。

今回の私の席は、撮影が入った昼公演が西側、千秋楽が東側、どちらも北寄りでした。SPを裏表から見られるのは楽しいです。
見慣れたかどうかかもしれませんが、私には、西で見るとちょっとアピールが弱い、ジャッジ側で見る方が断然いいと感じました。ダイスケでそう思うことは、これまでなかったのですが、それは振付でしょうかね?
会場では、ななみ先生もガン見していたそうで、手直しも迅速にできそう、そこんとこヨロシクです。

衣装は、実際動いていると、極端に悪いというわけではないですが、大柄な人向きの衣装では?(汗)
ショーだと周りが暗いので、白黒柄のコントラストばかりが強すぎて、背中の「×」がどうなの、演技的にも、縁起的にもさ?(汗)
それと、ダイスケは体のラインがとてもきれいになってきているので、それを隠しているのもったいない。ズバリ…
もっといいのが、あるだろっ!
…ってことで(笑)

これがSPであることで、最も気になった点は、前にも書いた通り、見る方もやる方も緊張を強いられるSPで、ノリノリの雰囲気を維持できるかですね。
冒頭の大技4Tが成功すれば、勢いに乗れますが、ミスしたら?(汗)
ノリで行くマンボが競技プロとしては、だんだんと難しくなっていったことを思い出します。
ダイスケだけでなく、自分のキャラに似合うからと、お笑いや深い演技を要求されるプログラムで失敗した例は、これまで過去にたくさんあります。
ダイスケなら、マンボでできなかったことを克服したいと、あえてこのようなプロにしたのか…そんな深読みもしてしまいますが、あの直感タイプの男は、単純に「これやりたい、なんとなく」というだけかもしれません(笑)

思うところはありますが、なにか心配があるわけでなくて、ネタにしていろいろ考えてみたってことですので…(笑)。
まずはSPで4回転を「確実に」決める事からでしょうか?
あとは、今の段階で完成度が高くなくても気になりません。むしろこれからの楽しみが増えるくらいで(笑)
完成形がどんなものになるか、初見と全く違っていても驚きませんよ。

このSPをうけて、シェイリーン振付のFPをどんな感じにするかが気になりますね。
フレンズで会った友人たちと、SPとは全く違う、美しい、かわいいプログラムがいいよねと話していました。今ごろ振付してるところでしょうか?楽しみです。


フィギュアスケート | Comments(6) | Trackback(0)

佐渡×シエナツアー2012 郡山公演

2012年08月28日
佐渡×シエナツアー2012 郡山公演
2012年8月25日(土)郡山市民文化センター

指揮:佐渡裕
演奏:シエナ・ウインド・オーケストラ
曲目
J.オリヴァドゥティ:序曲「バラの謝肉祭」
P.グレインジャー:組曲「リンカンシャーの花束」
音楽のおもちゃ箱―佐渡裕のトークと音楽―
 サンダーバードのテーマ
 タルカス
 マンボNo.5
福田洋介:さくらのうた
R.シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」組曲
〈アンコール〉スーザのマーチ

佐渡裕さんの指揮を生で見るのは初めてです。なんとなくTVで見るより痩せたような気が…。この日が「佐渡×シエナツアー2012」全国ツアー最終日だったそうです。

チケットは完売、さすがTVで出る人は違う(笑)
今回私の席は4階、後ろ…というよりかなり上から見下ろす席なんですが、俯瞰で見るオケは、楽器構成が一目瞭然でおもしろかったです。
特にたくさんあるパーカッション、マリンバがよく見えます。奏者が、ティンパニーから他の打楽器に、シンバルから銅鑼にジリジリ移動していったり、曲目によってマリンバが変わったりするのが見えて楽しい。

佐渡さんはテレビの印象と同じ、とてもエネルギッシュで、奏者も観客もぐいぐい引っ張る指揮でした。
カリスマというより、若さのパワーと情熱というのが私の印象。それが吹奏楽乗りうつっている感じ、生で聴くシエナは迫力があり、引き込まれました。

プログラムは「花」にちなんだ曲目、といっても「リンカンシャーの花束」なんて、全く聴いたことがない(汗)
1部の後半は、「音楽のおもちゃ箱―佐渡裕のトークと音楽―」
ご想像の通り、佐渡さんはトークがうまい(笑)
子どもの頃夢中になった「サンダーバード」や青春の思い出「タルカス」…迫力あるなあ!
そしてお約束(らしい)ネタ「マンボNo.5」
ア〜〜〜〜〜っ ウッ!っていう、アレです。団員の芸風、仕込みからしてさすが!素晴らしいノリです(笑)

2部の最初の曲は、福田洋介作曲、2012年度吹奏楽コンクール課題曲「さくらのうた」
美しい曲ですが、なぜか久石譲(ハウルあたり?)にきこえてしまう(汗)
「ばらの騎士」を吹奏楽で聴くのは初めてです。ちょっと強引な感じもしなくはないけれど、後半キラキラ感はあったと思う。

アンコールの「スーザのマーチ」では、会場に楽器を持っ来た人にステージに上がってもらい一緒に演奏…シエナはいつもそうらしい。
その数にちょっとびっくり(汗)、俯瞰でステージ見てるので、びっしり具合がよくわかります。
佐渡さんは、以前から音楽の指導で三陸や福島県の南相馬市に度々訪れていて、今回も南相馬で教えていた中学生を招待(?)していたようです。リハも公開していたらしい。
みんなで演奏するマーチ、楽しそうだなあ!佐渡さんのような指導者がいたら、演奏が楽しくなるだろうな。
音楽の喜びが伝わってくる、そんな楽しい公演でした。

シエナ・ウインド・オーケストラオフィシャルサイト

音楽・舞台 | Comments(2) | Trackback(0)

露草

2012年08月27日
2012082002

月草に衣は摺らむ朝露に濡れての後はうつろひぬとも
万葉集 作者不詳

月草とは露草(つゆくさ)のことなんですね、初めて知りました。
6月頃から咲き始めるので初夏のイメージがありますが、花の盛りは8月の今ですね。
毎朝たくさんの花を咲かせ、午後にはしぼむ。そして翌朝またたくさんの花を咲かせる。はかなさと生命力を合わせ持つ植物です。

2012082003

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

アームストロング船長死去

2012年08月27日
野口聡一さんのTwitterで知りました。 @Astro_Soichi
もう月に着いた頃だろうか?

アポロ11号のアームストロング船長、82歳で死去 人類初の月面着陸 2012.08.26 CNN
時代の象徴でもあった宇宙飛行士のニール・アームストロング氏死去 NBC News
アームストロング船長死去 月面着陸「人類にとって大きな飛躍」産経新聞 8月27日(月)

英雄として賞賛され、宇宙開発のアイコンとして、その後の長い人生を謙虚に静かに生きるのは、大変なことかもしれませんね。
産経の記事が興味深い。命知らずのテストパイロット時代を経て、人類初の月面着陸に成功。
「月に行くとしたら、正直にいって帰れるかどうか分からない」

宇宙開発に消極的な政策を批判し、オバマ大統領に手紙を出したと。宇宙開発が政治的な意味合いを持つのはアポロ時代も今も同じです、難しいところですね。

ポルノグラフティ/アポロ 
とても好きな曲、ハルイチの歌詞もいいんだよねえ。
PVをリンクしようとしたら著作権の問題で削除。…まあ、キーワードで検索すれば、あちこちで見られるんですが(苦笑)



サイエンス・ネイチャー | Comments(2) | Trackback(0)

FOI 2012見てきたよ

2012年08月27日
日曜日昼公演と、急遽行けなくなったからと譲っていただいた千秋楽公演です。
コラボがいっぱいでとても楽しかったです。
冒頭の荒川さんが美しすぎて涙でそうになりました。でもって、さらっと2A+3T跳んだりするし…(汗)
美姫ちゃん素敵でした〜。本当に魅力的なスケーターです。そして荒川さんとのコラボ、あたたかい関係が伝わってきますね。

ダイスケのSPは好み分かれるかもしれませんね。
まだ未完成なのはたしか、ただここからどうなって行くかが勝負でしょう。緊張を強いられるSPでこのノリノリを活かせるのか?マンボが競技プロとして難しかったことを考えると、あえて…あの時できなかったことに挑戦してきたのだろうか?…そんなことも考えます。

あっこ姐さんはSP、FP両方見られました。どちらもいい!今年もやってくれそうですよ。
本田、イリーナ、特にイリヤの本気モードがすごい。10月のメダルウィナーズ楽しみですね。
しかし、そんなプロたち以上にぐっときたのは、シェイリーン、惚れます!

千秋楽のフィナーレは、ダイスケが足りないという声に応えた?ヘロヘロになってましたねえ(笑)
ただただ楽しめました。
詳しい感想はまた後日。

会場で購入したワールドフィギュアスケート。
読み始めたばかりですが、パトちゃんの浴衣が似合いすぎ…いやいやそうではなくて(笑)今回も田村さんが、そんなこと聞いちゃう?っていうエグいインタビューで楽しめます。

ワールド・フィギュアスケート 54ワールド・フィギュアスケート 54
(2012/08/31)
ワールド・フィギュアスケート

商品詳細を見る


フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

日没の空

2012年08月25日
2012080701

サーチライトのようなドラマチックな夕日を見ました。


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

FOI2012ニュース、他

2012年08月25日
Friends on Ice 2012

ニュース番組でいろいろ出てますね。
ネタバレも気にせずガン見してしまいました(笑)荒川さん美しい〜。
昨年はヤマ子先生がジェルソミーナだったので、今年はゆづを相手に「ヤマ子ジュリエット」では?…なんてことを考えていましたが、今年はゆづがいないんだよねえ(苦笑)

スワンのコラボと聞きました…浮かれて踊りまくるダイスケスワンを、美姫スワンが呪い殺そうとしているところに、静香スワンが助けに来るとか?映像だけではわからない。さて、どうかな?(笑)

で、ダイスケのSP、動画で後半のステップの映像をちょっと見られました。熟成はこれからって感じはしますが、いいじゃないですか〜。
衣装は、良くないとかデザインがとかではなくて、ここしばらく一層美しくなったダイスケの体のラインがわかりづらいのはもったいないなと。

8/24のNewS23では、真央ちゃん、ダイスケ、ゆづを取り上げていました。
ここでヨナちゃん取り上げるの別にいいんですが、真央のソチを阻むのはヨナだけ…みたいな作りは相変わらず(汗)そんな時間あるなら、真央ちゃんのメリーポピンズでも見せろやっ!
ホント、ソチでどうなってるかなんてわかんなんいですから…。

JGPフランス、動画見る時間ないんですが、本郷選手堂々2位。
ラジオノワぶっちぎり優勝です。ジュニア女子のトップ選手は、男子ジュニアとの差がないよ!(汗)
ISU Junior Grand Prix2012/ FRA 
Starting Orders / Results  
動画 ISU Junior Grand Prix of Figure Skating


フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

スイスの絵本画家 クライドルフの世界

2012年08月24日
fsligo8bddfs 
スイスの絵本画家 クライドルフの世界
8月4日(土)~9月17日(祝・月) 郡山市立美術館

〈美術館HPより〉
小さな生き物の世界は私にとって、大きな世界と同じくらい美しく大切だった。
エルンスト・クライドルフ

スイスの国民的な絵本画家、エルンスト・クライドルフ(1863-1956)の作品展を開催します。クライドルフの絵本には、妖精や人の姿をした虫や野の花がたくさん登場します。彼らは夢や空想を織り交ぜた自然界の住人として、時に愛らしく、時にユーモアたっぷりに生き生きと描かれています。クライドルフは、子どもの頃から自然の中で花や虫たちをスケッチするのが大好きでした。画家をめざしてドイツで勉強に励みますが、静養のためにアルプスで過ごした時期がありました。大自然に抱かれ、ちいさな生き物たちとふれあったその時の体験が、クライドルフの豊かな創造の世界を育んだのです。19世紀末頃から、ヨーロッパでは現代につながる美しい色刷りの絵本の出版が盛んになりました。クライドルフの芸術活動は、その先駆けとしても高く評価されています。

参考 Bunkamuraザ・ミュージアム「スイスの絵本画家 クライドルフの世界」(企画展は終了)

suniua98yy70
『花のメルヘン』より《輪舞》1898年 ヴィンタートゥール美術館 

クライドルフと言われてもピンとこなかったのですが、以前ほるぷ出版で発刊した洋書の復刻版にあったような気がします。
花の妖精たちがワルツを踊る。
一見メルヘンチックな子ども向けのイラストにも見えますが、かわいらしさだけに終わらない、虫たちはリアルで気味悪さもあるし、擬人化した花や虫もかわいいとだけは言えないような気がします。

sufefivsv7pq
『花を棲みかに』より《わたりどり》1926年以前 ベルン美術館

原画は美しいですねえ、この細く優美な線に感動。
でもどことなく寂しさも感じますよね。

0078290nv
『花を棲みかに』より《まま母さん》1926年以前

クライドルフは、画家をこころざすも体調を崩し療養生活を送っていました。
自然とふれあう中で生まれたのが「花のメルヘン」。かわいらしさを狙ったふうには見えない、アルプスの自然とふれあう中で、クライドルフの中に生まれてきた世界だと思います。
絵を見ると女性的な感じですが、自画像を見るときちんとした紳士。でもどことなく神経質そうな感じもする…とは、連れの言葉。
絵はいずれも、繊細なんですよね、こんな細やかな神経をしていたら、体も壊してしまうのかもしれないとおもったろ。
花も虫もはかない命、そこに心を重ね合わせたのだろうか。

sddsriskfs
『詩画集 花』より
《クルマバソウ》

花や虫と妖精の世界は、今の年代だと懐かしいような。
子ども向けかと言われるとちょっと疑問もありますが、日本とは文化的な背景も違うのでなんとも言えないところ。
単純に美しくユニークな絵を鑑賞でいいのか。色彩も素晴らしいです。

お盆の休みに行ったのですが、今頃の感想になってしまった(汗)
巡回もあるようで、機会があればぜひご覧下さい。

〈今後の巡回〉
富山県立近代美術館(富山)2012年11月10日(土)-12月27日(木)
そごう美術館(横浜)   2013年1月30日(水)-2月24日(日)

アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

くもの糸

2012年08月24日
2012081605

クモは詳しくないですが、我が家付近にいそうなありふれたクモから調べてみると、たぶんコガネグモ。
今がかき入れ時!って感じかな(笑)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

いんげんの花

2012年08月24日
2012081604

自家用野菜、いんげんの花。
この夏お世話になりました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP動画今年も見られるよ!第1戦フランス只今開催中

2012年08月24日
ISU Junior Grand Prix2012/ FRA 
Starting Orders / Results

YouTubu 公式チャンネル
ISU Junior Grand Prix of Figure Skating

今年もジュニアの動画見られますね!よかった!
女子は只今ラジオノワぶっちぎり。
男子は、SPでミスありもジェイソン強そうだな。フェイも頑張れ。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

FOI2012,他いろいろ忙しい

2012年08月23日
Friends on Ice 2012
いよいよですねえ、楽しみですねえ。

復興支援ソング特集番組「花は咲く」スペシャル
NHK総合 9月5日(水)夜8:00〜8:43
司会/西田敏行・荒川静香
NHKサイトで記者会見の模様が見られます。
「花は咲くスペシャル」「花」を巡る物語や歌が生んだ物語を紹介!

International Figure Skating
October 2012 カバーストーリーはゆづ、表紙もゆづ
International Figure Skating記事 浅田真央
Daisuke Takahashi Ready to Rock
Kiira Korpi Back on Track
キーラのSPは「亜麻色の髪の乙女」(ウィルソン振付)、FPは「Once Upon a Time in America」(シェイリーン振付)

Art on Ice  
Tomas Verner: “Dracula will bring me back amoung the big”
Carolina Kostner: "non c'è ragione per smettere"

ice network
U.S. pairs skaters Marley, Brubaker end partnership(08/14/2012)
悲しいー(涙)好きなペアだったんだけどなあ。
Bereswill's blue book: Collegiates at the Cape(08/17/2012)
ベッキー元気そう

ISU Junior Grand Prix2012/ FRA 
Starting Orders / Results
大変だ、もうJGPが始まる!
第1戦フランスは、男子にジェイソン、フェイ。女子は松田、本郷、バネッサ、なにかと大変そうなロシアからラジオノワ。

フィギュアスケート | Comments(3) | Trackback(0)

猛暑の終わりは…

2012年08月23日
2012082006

暑さに比例するように咲いていたノウゼンカズラ、このところ花の勢いが弱まって来たような気が…気のせいかなあ。


動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

FOI、土曜日夜公演チケット譲ります→譲渡先決まりました

2012年08月23日
●8/23 譲渡先が決まりました。

今週はいよいよFOIですね!
私は日曜日に、久々にフレンズに行けることになりました。

ところで諸事情により、現在土曜日夜公演のチケットが余っています。
無駄にしてしまうのはもったいないので、ご希望の方がいらっしゃれば、お譲りいたします。

8月25日(土曜日)夜公演(17:00開演)
・S席見切れ席・E1階1列・2枚連番(定価7000円を1枚5000円)…バラ売り可
・A席・西3階1列・1枚(定価6000円を4000円)

但し、日にちもありませんので、友人を通じて現地で現金引き換え…ということになります。条件があえば…になります。
もしご希望の方がいれば、管理人のみ閲覧の非公開コメントにてご連絡ください。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

磐梯山慧日寺 ともし火と仏教声楽の夕べ

2012年08月22日
2012081908

日曜日は磐梯山のふもと、慧日寺で声明を聴くイベントがあると知り、出かけてみました。
慧日寺は史跡(建物無し)でしたが、国の事業として平成20年に金堂が復元されました。真新しい金堂を舞台にしたイベントです。

慧日寺 『ともし火と仏教声楽の夕べ2012』を開催しました(2010.8.20)

史跡慧日寺(福島県耶麻郡磐梯町)
真言宗豊山派、明治の廃仏毀釈で一旦廃寺になったが、1904年(明治37年)に復興。
平安時代初期からの寺院の遺構は、慧日寺跡(えにちじあと)として国の史跡に指定されている。2008年(平成20年)には金堂が復元された。


福島県内の真言宗派による声明(しょうみょう)「ともし火と仏教声楽の夕べ」
「夏の夜に響く平安仏教へのいざない」と題し、新義真言聲明・三宝会が声明を唱える。
声明は仏教の儀式、法要で唱える声楽。数千年前にインドで始まり、日本には仏教伝来とともに伝播(でんぱ)した。諸仏や祖師を讃嘆(さんたん)する式文に音曲を付した「講式」は、鎌倉時代の平曲や室町時代の謡曲に影響を及ぼしたとも言われている。バラモン讃歌、ユダヤ讃歌、グレゴリオ聖歌とともに、世界最古の伝統音楽として芸術性が高く評価されている。
 真言声明の研さんのために1985(昭和60)年に発足した三宝会は、真言宗豊山派、室生寺派、新義真言宗3派に属する僧侶たちによって構成されており、各地でチャリティー公演活動も行っている。
○演目:四智梵語、金剛界唱礼、散華、六大響(和太鼓)ほか

新義真言聲明 三宝会/昭和60年に真言声明の研鑽・研学を趣旨に、郡山市如宝寺に発足し、福島県を中心に寺院以外でも各地で公演活動に取り組まれています。

Wikipedia-声明

2012081901
人の多い観光地である猪苗代町(猪苗代湖湖畔)から20〜30分で磐梯町の慧日寺です。
そろそろ日が陰る時間です。
2012081902
歴史ある土地らしく、美しい松がありました。
2012081904
金堂前の客席は、芝生だと思っていたら大きな石がランダムに敷かれてでこぼこ、配られた座布団が、やたら厚くて立派だったわけがわかった(苦笑)さらに腰を下ろすと、微妙に後に下がる傾斜(汗)…観覧に来た人にとって、本堂がやや上に見える方が威厳を感じられるよう計算したから…かな?
入場料は通常の観覧料500円のみ。
最前列を陣取り…そんなに混んでいません。観客は、地元中心に年配の人多いようです。
2012081905
町長の挨拶から始まり、60代から20代くらい、10人くらいの演奏者(坊様)が入場。
この日の観客は昼夜2回公演会わせて350人とか、たぶん私たちがいた夜公演が多かったでしょう。
2012081911
様々な楽器、道具?などを持っているようですが、その名称すらわからない(汗)そももそ「仏教声楽」というジャンルがあることすら知らなかったわけで…(汗)
何が始まるのか全くわからないで始まりました。
2012081907
緩急があり朗々と響く声に聞き惚れます。
途中立ち上がったり、鈴ののようなものをならしたり、結構賑やか。仏教のお葬式に参列すると、宗派によって賑やかな読経がありますが、それをさらに豪華にした感じ。しんみりした感じはしないです。
ハモったり、輪唱のようだったり、これはまさしく音楽。一定のリズムですが、いわゆるトランス状態に近い心地よさもあります。
見どころは太鼓、響き渡る声と共に迫力あります。途中ほら貝も登場!…戦国武将かと思った(笑)
世界観というより、仏教の大宇宙を見たような…かっこいいです。
2012081906
私の隣は、小学生くらいの子を3人連れた家族で、声明の単調な音楽をじっとして聴いてられるだろうか?飽きてどこかに行ってしまうかも…と思いましたが、聴き入っていました。
最後は「般若心経」を和太鼓の伴奏付で…結構派手(笑)こうして聴くと新鮮ですね。
2012081910
約1時間ほどの公演が終了しました。
人はあっという間にはけ、灯籠の光だけ残っています。
2012081909
公演が終わってから、金堂の中に入ってもいいですよと言われました。なるほどこうなっているんですね。
真新しい金堂、広いわけではないです。復元された金堂に仏像はありません、今は写真のスクリーンのイメージだけです。
金堂では、三宝会のお坊様と話す機会があり、楽しかったとお礼を言いました。気になっていたこと…声明に拍手をしていいどうか考えてしまったと言うと、「普段拍手をもらうことがないので、すごくうれしいです。どんどん拍手して下さい」とのこと。そうなんだ。

今回の演奏は、どこまでは古来のものなのか、創作や演出がどれくらい入っているかもわからないのですが、とてもおもしろかったです。
ニュースで取り上げて欲しいくらいですが、カメラは入ってなかったなあ。
機会があれば、また見たい聴きたいと思いました。

音楽・舞台 | Comments(0) | Trackback(0)

吾亦紅のつぼみ

2012年08月22日
2012081603

吾亦紅(われもこう)が伸びてきました。
赤く色づくのは10月頃ですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ダイスケ、今季の振付師は…

2012年08月22日
【冷静と情熱のあいだ】
自分がやるべきことをきちんとやるに尽きる 髙橋大輔 2012.8.21


FPはシェイリーン!
友人となかば冗談でそういう話もあったのですが…
ニコライとの食い合わせは大丈夫なんでしょうか?うなぎと梅干しとかさ(爆)
それとも別れた夫婦を対戦させて楽しむ気でしょうか?
SPはななみコーチでロカビリー?
歌子、ななみ、シェイリーン…どこまでも気ぃ強そうな女性に縁がありますね(笑)ま、シェイリーンはとてもシャイで優しい女性ですが。
この記事の時点ではまだどんな感じになるかは決まってないみたいですが、バレエで作り込まれた体とシェイリーンでどんな風になるか、とても楽しみです。

ダイスケ…何も問題ないですね。
いい形で前シーズンを終えて、今季はわざわざめんどくさい方向に手を出すという、それくらいエネルギーが満ちているということでしょう(笑)
ニコライのことは、あくまで言葉のアヤですが、お互い利用するだけ利用し尽くせばいい、そして捨ててもいいんです。二人ともそういう気構えでしょう。

ワールド・フィギュアスケート 54ワールド・フィギュアスケート 54
(2012/08/31)
ワールド・フィギュアスケート

商品詳細を見る

54号の表紙が誰になるか、記事書こうと思ったのに…遅かった(汗)
メリチャの表紙もありかな?成美ちゃんもいいな。
なんなら真央&ジェフのダンスでもいい…
大穴で、村主さんのメイド姿とか(笑)
…しかし、真央ちゃんのメリー・ポピンズを見てしまうと、この可愛さにはかなわん!(笑)

ジャパンオープンに真央ちゃん決定。そうだと思ってはいましたが、決まって良かった!
メダルウィナーズは荒川さんとサラ・マイヤーで決定。
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

勝手にロクサーヌ大会

2012年08月22日
ヨナちゃんは夏のアイスショーで「ロクサーヌ」を滑ったらしいと聞き、なつかしい東京ワールドの動画を見てました。
2007 World Figure Skating Championships SP
思えばこの頃からSPは最強でしたねえ。

そこへきた2012シーズンプログラム情報。
SPが「Kiss of the Vampire(吸血鬼のキス)」、FPは「レ・ミゼラブル」いずれもウィルソン振付。
なんつうか、わかりやすいっ!
まあでも、今季はB大会1つとワールドしか出ないっぽいので、こういうダイレクトなインパクトがいいのかもしれませんね。

今季はライサやジョニーの復帰で、どうなるか気になるし、楽しみですが、そういえばライサもロクサーヌ滑ってました。
Evan Lysacek El Tango de Roxanne All That Skate Spring 2012
黒い!長い!

Evgeni Plushenko (RUS) - Europeans 2012 FS
こっちはプルさんのロクサーヌ

2009 Worlds SP
パトチャンも!

となれば、ダイスケのロクサーヌも!
なんか、その時々のことを思い出しますねえ。スケアメのロクサーヌは衝撃的だったな、前年とは別人のようで。
2005 Skate America SP(五十嵐さん解説)
2005NHK杯SP(五十嵐さん解説)
kandaiEX_Daisuke(2006関大・信夫コーチ解説)
06NHK_EX_DaisukeT(2006NHK杯EX・ミヤケン解説)
Stars sur glace - Bercy 2007(フランスのマダム解説)
2012 SOI
AOI上海 Roxanne (2012)

映画の雰囲気ならこちら、ウィーバー&ポジェのFD、いいねえ〜。
Weaver and Poje 2011 Canadian Nationals Free Dance
キスクラにクリロワとシェイリーン、なんと美しくゴージャスなキスクラ!
ウィーバー&ポジェ、シェイリーンは共にFOIにINですね!

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

かぼちゃ

2012年08月21日
2012082001

道の駅に寄ると、あらゆるかぼちゃが大集合、おもしろい。
青皮栗かぼちゃ、赤皮栗かぼちゃ、白皮栗かぼちゃが我が地方では一般的。
手前の黄色いのは糸かぼちゃ(金糸うり)、ゆでると糸状にほぐれる変なかぼちゃ。
写真にないですが、小さくて柄がかわいいプッチーニ、バターナッツ(もちろんかぼちゃ)もありました。

野菜ナビ-かぼちゃページ

動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

ディディスカス

2012年08月21日
2012081406

セリ科特有のレース状の花。可憐ですね。
鉢植えの園芸種、通称「ディディスカス」、ブルーレースフラワーの白花ではないかと思う。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

マンデビラ

2012年08月21日
2012081405

キョウチクトウの仲間、マンデビラ。
次々と花を咲かせます。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

2012年8月20日 最近の福島から「誰がゴミを引き受けるのか?」

2012年08月20日
全国の原発関連のニュースは、反原発、再稼働問題が中心ですが、福島ではすすまない事故処理が大きな課題です。
はっきり言って、誰がゴミを引き受けるのか?ということですね。

2012081408

中間貯蔵候補12カ所…住民には「故郷に戻れない」宣告 (2012年8月20日 福島民友ニュース)
中間貯蔵「法整備は必要」 環境相、現行法改正も視野(2012年8月20日 福島民友ニュース) 
中間貯蔵施設予定地初めて示す 08月20日NHK
中間施設候補地 知事、賛否言及せず(2012年8月20日 読売新聞)
双葉町民参加し、復興会議始まる 2012年08月20日朝日新聞

〈ニュースの要旨〉
●除染ゴミを保管する中間貯蔵施設を、原発を抱える8つの町村に要請。
●細野環境大臣「中間貯蔵施設が確保できなければ、除染を実行することは難しい」
●候補地は、運びやすい、線量が高く住民の帰還するのに時間がかかる土地。
●8つの町村と福島県は回答せず、協議する意向。
●住民の声…
若い世代の町に帰ってこようという気持ちをそぎかねない
先頭に立って、町に戻って農業を再開するつもりでいるのに、将来の道筋が立たなくなってしまう。
保管した汚染土壌を誰が引き取るのか。中間貯蔵施設が永久保存施設になる可能性もある。
汚染土壌を原発の立地町で保管するのは仕方がない。他に誰も受け入れてくれない。
町に戻るつもりはない。それより賠償をもらい、違う土地で生活するしかないのではないか。
●貯蔵期間は最大30年間、住民にとっては「故郷に戻れない」宣告

実際処分場ができても出来なくても、もう帰らないという人は多いでしょうね。
だからといって帰りたい人の気持ちを無視することはできない。難しいです。

●中間貯蔵施設と処分の流れ
「仮置き場」…自治体ごとに設けられる除染ででたゴミを保管する場所(H27年1月まで)

「中間貯蔵施設」H27年以降の保管、最大30年

「最終処分場」(県外)

細野環境大臣は「最終処分場」は県外と明言していますが、全く決まっていないため「中間貯蔵施設」が最終処分場になるのではないかと思われています。
自治体ごとの「仮置き場」(かなりの数)や「中間貯蔵施設」が複数設けてあるのは、量が膨大であることもありますが、特定の自治体、個人にだけ負担をかけるのはまずい…という意味があります。
助け合い、痛み分けってことでしょうか?

2012081407

「中間貯蔵施設」が、福島県の線量の高い地域作られることは、利にかなっているのかもしれません。しかし福島県以外の皆さんが、それを当たり前のように思っているようで腹立たしいです。
なぜ福島県だけが引き受けなくてはならないのか?稼働する原発より、除染ででたゴミを保管するほうが、たぶん安全です。東京電力管内で保管すればいいじゃないか?30年も経てば半減期も過ぎてるし。
…皮肉っぽく、そう思うこともあります(ただのぼやきです)
このまま福島県は核のゴミ捨て場になるかもしれません。

原発の賛否を考えることは未来を考えること、しかし、今現在の福島の状況は見ていないように感じます。原発反対運動からは、被災地のゴミは引きうけられませんという強い意志と、「福島かわいそう」「危ない、お気の毒」くらいの気持ちしか見えてこないし、原発推進派も似たようなもの、福島はどうでもいいのかもしれません。それが私の実感です。

たとえば原発賛成派が「福島のために私たちの町に(福島県外に)処分場を作りましょう」と言うとか。
反対派が「処分場をあちこち(私たちの町にも)作らないと原発は維持できないから原発反対」と言うとか。
そういう議論があってもいい…無理か?(苦笑)

そんなこんなしているうちに、あっという間に30年経ちそう!
それが作戦か?(汗)


福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

浄土平の湿原

2012年08月20日
2012081521
お盆休みは親戚をつれ裏磐梯へ行き、そこから磐梯吾妻スカイラインへ向かいました。このあたり一帯の観光有料道路は只今無料開放中です。
浄土平ビジターセンター

2012081524
スカイラインの中間地点にあるのが浄土平、吾妻山です。
震災後、日本の火山活動…というか地球規模で火山活動が活発化しているといわれていますが、吾妻山もそのひとつ、新たな噴煙が確認されたとか。
2012081523
福島市内からもよく見える吾妻小富士、簡単に登れますが、もう夕方、今日は登りません。

2012081528
駐車場近くの平坦な湿原を一周して帰ることに。リンドウなど秋の花には少し早いけれど、いろいろ咲いていました。
2012081525
ハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン)
2012081526
ウメバチソウ
2012081527
クロマメノキ、簡単に言うとブルーベリーの仲間。
食べられますが、ここは国立公園内なので採取禁止です。
2012081529
アキノキリンソウ
2012081531
ヤマシロギクかな?キク科シオン属は毎度判別が難しい〜。
20120815290
イタドリかその仲間メイゲツソウだと思う。

2012081522
湿原から見る吾妻山の噴煙、結構迫力あります。
2012081530
ウルトラマンの頭みたいな建物は天文台。
浄土平は星を見るには最高、流星群の時期には観測会も行われています。
浄土平天文台

猛暑の一日でしたが、標高1600mの浄土平までくればさすがに涼しい(笑)
スカイラインの景観は、別の惑星にきたような光景が広がりおもしろいです。途中路駐して写真撮ろうかと思っていましたが、現在は火山性ガスのため、まあ念のためという意味でしょうが、道路沿いは駐停車禁止となっています。


花めぐり | Comments(2) | Trackback(0)

ニカンドラ/黒ほおずき

2012年08月19日
2012081403

気になっていたこの植物を調べてみました。
ニカンドラ、または黒ほおずき。草丈が1〜1.5m位、けっこうでかい。ゴルフボール位の大きさの花を次々咲かせます。ほおずきに似た実をつけていたので、それに似た植物を検索してたどりつきました。
緑の実はだんだん黒っぽくなるので、黒ほおずきと呼ばれるらしい。

「ニカンドラ」だと、スペインとかラテンの国の義賊かなんかで、「黒ほおずき」だと、江戸の盗賊みたいですね。…ただの妄想です。ネットで似たようなことを考える人を発見、仲間だ(笑)

2012081405

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

夏の裏磐梯 五色沼

2012年08月18日
2012081501

裏磐梯の五色沼に来ました。

2012081506
自宅を出てから雨模様でしたが、山を越えると天気も違う、裏磐梯では青空が広がっていました。
磐梯山は雲がかかっています。
2012081505
五色沼入口の毘沙門沼は、駐車場や観光客で賑わうレストハウスの目の前にあり、夏は貸しボートに乗ることもできます。
リゾート地らしいおしゃれなカップルや小さな子ども連れがいっぱい。なぜか犬連れもたくさん…なんでだろう?
福島の観光地は震災前に比べたらずっと人出は少ないのですが、こんなに人がいるのを久しぶりに見ました。
2012081507
人がおおぜいいたのは、五色沼遊歩道の入口付近だけ、歩き始めると人も減り、いつもの静かな湖沼群です。
2012081517
夏の濃い緑に遮られ、遊歩道は薄暗い位です。
この日の裏磐梯はとても暑かったのですが、日陰は涼しい。
2012081502
ここは赤沼、周囲の草が、鉄分で赤っぽくなっているから…らしい。
沼がそれぞれ違う色をしているので「五色沼」ですが、季節や光の加減で見え方がずいぶん違います。
基本はエメラルドグリーン、これが黄みががかったり、青っぽく見えたりします。
2012081515
ある意味、定番の標識。熊には会いませんでしたが…(笑)
2012081508
繁った森の地表にはあまり光が射しません。夏の森はシダ類の天下でした。
これは我が家付近でも見かける、毛むくじゃらの大きなシダ、オシダかな?
2012081509
キンミズヒキも咲いています。
2012081510
みどろ沼。じゅんさいっぽい水草が見えます。
2012081511
渓流の近くに来ました。水が冷たくて気持ちいい。
2012081512
木漏れ日を浴びた木の葉が美しい。
夏の遊歩道は木が茂り、その合間、合間にエメラルドグリーンの沼が見えます。

2012081503
青沼…だったと思う(汗)
水に含まれる石灰が葉っぱに着いて白くなっています。
水面が東山魁夷の日本画のようです。

2012081504
ここが最後の柳沼。
水は透明で水面は鏡のよう、濃い緑が映っています。

裏磐梯 五色沼湖沼群

トレッキング | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME | Next »