FC2ブログ

赤い林

2013年03月12日
2013021601

日陰の雪もだいぶ消えました。
そして、春といえば…花粉が(涙)
我が地方でのピークはこれから、花粉をたっぷり蓄えた赤い杉林がうらめしい。

日記 | Comments(4) | Trackback(0)

震災から2年、ニュースいろいろ

2013年03月12日
震災から2年、復興が思うように進んでいないというのが、被災地の大半の人が感じていることです。
都市部以外では、震災以前から高齢化や過疎化、少子化、また駅前商業地域の空洞化などが問題になっており、それが震災によってさらに加速されたと言われています。

福島の場合、原発が事を複雑にしています。
廃炉処理や賠償問題が長期化することは、避難していた方の環境も変わりますし、また気持ちも揺れ動くのが当然だろうと思います。
風評被害については、福島県産の検査体制が整ってきたことなど、地道な努力が少しずつ実を結んで来ていると思う…思いたいか(苦笑)

放射線による健康被害は、検査や累積被爆量のサンプリングから、(一般人で)心配するようなことにはならないだろうという報道がほとんどです。
しかし、空間放射線量が下がったとはいえ、震災前より高いのは事実ですし「絶対とは言えない」という観点にたてば、今の福島の環境は許せない人もいるのでしょう。
記事にはありませんが、自主避難していた方もぼちぼち戻ってきているようです。

原発事故後の対応は、今になって明るみに出た…みたいなニュースもあり、なんだかな…と思う事が多いです。
ロイターの記事が、言いにくい事をズバズバ書いてます。
作業員がこれからどうなっていくのかも気になります。
-----------------------------------------------------------------------------------------
次代へ復興決意 東日本大震災2年県追悼式( 2013/03/12 )福島民報
幻想の光包む 伊達・保原で「復興の灯」(2013年3月11日 福島民友ニュース)
青空に“希望の風船” 南相馬で「復興祭」(2013年3月11日 福島民友トピックス)

警戒区域で不明者一斉捜索 03月11日 NHK福島
震災から2年がたちましたが、県内ではいまだに211人の行方が分かっておらず、警察などは11日、沿岸部を中心に一斉捜索を行い、警戒区域に指定されている浪江町の請戸地区では警察による追悼式が行われました。

震災と原発事故から2年 03月11日 NHK福島
県によりますと地震や津波で自宅を失った人や、原発事故で自宅を追われて避難生活を余儀なくされている人は、およそ15万4000人にのぼります。
このうち避難区域に指定された原発周辺の11の自治体から避難している人はおよそ8万5千人で、これらの自治体では避難区域の見直しが進められていますが除染やインフラの復旧などはほとんど行われておらず、帰還に向けた見通しは立っていません。
一方、避難区域以外から自主的に避難している人は少なくとも7万人いるとみられ、家族離ればなれの生活が長期間、続くことによる経済的・精神的負担の増加を訴える声も強くなっています。

子どもの甲状腺検査 福島県以外と同じ 3月8日NHK
原発事故を受けて、福島県が子どもを対象に行っている甲状腺の検査で、小さなしこりなどが見つかった割合が、福島県以外で行った検査の結果と同じ傾向だったことが分かり、環境省は、福島県での検査結果は原発事故の影響によるものとは考えにくいとしています。

風評被害/「東北離れ」苦境続く/観光復興に向け正念場 2013年03月08日 河北新報
 東日本大震災と福島第1原発事故の影響を強く受け一時、激減した東北の観光客は下げ止まりの兆候を示している。ただ外国人の宿泊者数は全国では震災前の8割までV字回復したが、東北は3割弱と低迷。福島県会津地方への修学旅行も振るわず、風評の払拭(ふっしょく)は東北の課題として重くのしかかる。

【インタビュー】福島県飯舘村村長・菅野典雄さん 2013.3.12 サンケイビズ
 --東京電力福島第1原発事故をめぐる土地や建物などの財物賠償は、被災者の生活再建の鍵を握る。東電は賠償基準を昨夏示したが、いまだに実施されない
 「東電は不動産の賠償に登記情報を利用しようとしているが、農地や家屋の登記者が避難者の親や祖父のままだったり、既に死亡しているといったケースが多い。登記変更には何十人もの親類の承諾を取り付けなければならず、手間や時間を考えても現実的ではない。村としては、固定資産課税台帳を活用して納税者を賠償対象者とする証明書を、村が出す方法などを提案している」

特別リポート:福島原発、廃炉までの「長い戦い」
2013年 03月 11日 14:05 ロイター

…膨大な資金や人的資源を必要とし、開発を待たねばならない技術に依存する原発廃炉の困難さを象徴しているかのようだ。日本原子力産業協会の服部拓也理事長は「(日本のやり方は)戦争に竹やりでいくのと同じ」と語った。
…日本は今後、前例のない処理費用に直面する。専門家は、廃炉費用は少なくとも1000億ドルかかり、被害者への賠償金支払いや近隣地域の汚染除去でさらに4000億ドルが必要になる、と指摘する。

…震災から2年、周辺地域の処理作業は、場当たり的だ。作業の大半は関連分野の経験がほとんどない建設業者が請け負っている。原発近くの市町村は、処理作業が計画通りに進んでいないと指摘。

(原発用ロボットの開発が遅れたことについて)日本でこうした技術開発への取り組みが遅れた大きな理由は、原発災害が発生する可能性を認めようとしない空気だった。認めれば、数十年にわたる原子炉の安全神話との矛盾が生じたからだ。
…未来ロボット技術研究センターの小柳栄次副所長は「それ(東海村事故)以降、国の予算がついた原発用のロボット開発はされていない。なぜかというと、記者発表したら『人が入れないほど重大な事故が起こるのか』という質問が出てくるからだ」と説明した。

<悪化する作業員の待遇>
第一線の作業員たちは匿名を条件に、息の詰まるような防護服での作業、低賃金、孤独、ストレスへの不満を次々に口にした。
昨年暮れに東電が行ったサンプル調査によると、作業員の約70%の最低賃金は1時間当たり837円。

最終的に処理費用がどれだけ膨らんでも、巨額の財政赤字と高齢化問題を抱える政府に余力はないのが実情だ。結局コストの多くは国民が税金か電気料金引き上げ、あるいはその両方で負担することになる。国民の不評を買うのは必至だが、避けては通れない。経験したことのない事態だけに、今後も「暗闇を手探りで進む」状況は続く。

原発要員計画が破綻 福島第一、半数が偽装請負の疑い
朝日新聞デジタル 3月12日(火)

東京電力福島第一原発で働く作業員の要員計画が破綻(はたん)し、政府が見直し作業に入ったことが分かった。違法な偽装請負の状態で働く人が約半数に上る疑いが浮上し、適法な作業員だけでは足りない恐れがあるためだ。業界の慣行である偽装請負に依存しない新たな計画を打ち出せるかが焦点となる。


福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

早春の花見山

2013年03月11日
2013031001
少し暖かくなってきた週末、出かけたついでに花見山へ寄ってみました。
桜が満開になる見頃はまだ先、人もまばらで静かです。

2013031002
今咲いているのは、ロウバイとマンサク。
まだ冬仕様の地味な山で、あちこちで煙るような黄色がよく目立ちます。

2013031006
マンサクは種類が違うのか、若木だからか、我が家のマンサクと違ってびっしりと花をつけ、とても華やかです。1枚目の写真がそうです。

2013031004
こちらはロウバイ、満開の時期を迎え、辺り一帯いい香りがしています。

2013031005
今頃は実が落ちてしまう南天がまだいくつか。

2013031003
山の中腹から福島市内を見渡すと信夫山とテレビ局の塔が見えます。

2013031007
午後5時、だいぶ日は長くなりましたがもう夕暮れ、肌寒くなってきました。

花見山がもっとも華やかになる見頃は、4月上旬から中旬くらいです。
以前の記事 2011年春の花見山

花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

震災から2年、報道番組から

2013年03月11日
3.11 あの日から2年
わが子へ~大川小学校 遺族たちの2年~

NHK総合 2013年3月8日(金)午後10時00分~10時49分
巨大津波によって全校児童108人のうち70人が亡くなった石巻・大川小学校。
安全と信じていた学校でこの事実は重い。学校を責める人、自分を責める人。どう受け止めていいのかわからないし、失った喪失感は消えない、ここから「再生」なんてできるのだろうか。でも生きていかなくてはなりませんね。
放送の翌日のニュースでは、大川中学校では、入学してくる予定だった生徒の大半が亡くなってしまったことにより閉校、統合されることになったと伝えています。
------------------------------------------------------------------------------------
BS1スペシャル 「波のむこう~浪江町の邦子おばさん~」
BS1  3月8日(金)午後11:00~午前0:40
「国際共同制作。ロンドン在住で母の故郷が福島県浪江町の三宅響子ディレクターが今も原発事故の渦中にいる親類の姿を追った。」

原発事故後の福島を、これほどリアルに伝えている番組はないかもしれません。震災と事故のショックよりその後、福島の抱える問題はそこからが始まりと言っていい。
明るくたくましく生きる邦子おばさんも時にはふさぐこともある。普段はおとなしく、飲んだくれてくだを巻くおっさん、世代間のギャップ。
原発で豊かな暮らしを手にした隣町を見ながらつつましくくらしてきた浪江の人々。事故後も淡々と暮らす人々。我慢強いと評される福島の人々の人間性がわかります。
------------------------------------------------------------------------------------
3.11 あの日から2年
福島のいまを知っていますか

NHK総合 2013年3月9日(土)午後9時00分~9時58分
原発事故後の福島の人々の動きを視覚化、全国に散らばっていく家族、あるいは離れて暮らす妻子の元に通う人。心が不安定になる妻や子ども、年配では慣れない環境で体調を崩しなくなる人も多いらしい。
放射線の影響より、環境の激変や、放射線への不安によるストレスの方が深刻です。
これからどうなるのか…戻れないなら国はそう宣言すべきではないだろうか。はっきりしないことが不安につながっているのはたしか。
心は誰が救ってくれるのだろうか?
------------------------------------------------------------------------------------
ドキュメンタリーWAVE 
「原子力“バックエンド”最前線~イギリスから福島へ~」
BS1 
放送: 3月 9日(土)22:00~22:49
再放送: 3月10日(日)12:00~12:49/3月15日(金)18:00~18:49
イギリスの廃炉処理(バックエンド)を追ったドキュメンタリー。ここで開発された技術は、福島の事故処理でも導入される予定らしい。
廃炉を専門に行うのは政府直轄の機関NDA、廃炉には膨大な資金と時間がかかり民間では行えない。およそ100年スパン?(汗)
原子力産業ショーケース(技術のワークショップ)では福島の事故により、バックエンドが注目されることに。
NDAは「…責任は重い。いずれイギリスでは新規の原発建設よりも、廃炉にかける資金の方が多くなるでしょう」と語っています。
------------------------------------------------------------------------------------
3.11 あの日から2年
メルトダウンⅢ~原子炉“冷却”の死角~

NHK総合 2013年3月10日(日)午後9時00分~9時58分
東京消防庁の3号機への決死の注水は効果がなかった…。
事故直後から働いている作業員、また当時の消防庁、自衛隊の苦労は察して余りあるだけに、虚しさがつのる。
あの時ああしてれば、万が一のためにこうしていれば…。最悪の事態に陥る前にできることはもっとあったのでは?簡単に言うとそういうことです。
全電源喪失でも、非常用の装置があったにもかかわらず、40年間一度も訓練ですら動かしたことがなかったという第一原発の人々。
安全対策はあまりにもお粗末で、そして番組で取り上げたのは、数ある問題のたぶん氷山の一角なのでしょう。

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

パンスターズ彗星接近中

2013年03月10日
パンスターズ彗星がやってきます!
といっても、当初期待されていたほど明るく見える彗星ではないようです、ちょっと残念。
見えるのは、3月中旬から下旬、予測では2〜4等級。日没後30分くらいの西の空。今の季節は空がもやっていることも多いので見やすいかどうかも微妙ですが。
パンスターズ彗星が、太陽に近づくのは今回一度きりで、二度と戻ってこないらしい。地球から見られるのは今回限り?ある意味一期一会(笑)

orbit-m.jpg
パンスターズ彗星の位置(惑星の位置は2013年3月10日)

パンスターズ彗星 国立天文台
パンスターズ彗星は、2011年6月6日(世界時)に発見されました。太陽に最も近づく頃には肉眼で確認できる程度の明るさになるのではと期待されています。

動画 パンスターズ彗星の特徴

evening-3-m.jpg
パンスターズ彗星の位置(夕方)3月中旬〜4月上旬 日の入り後30分
日本でパンスターズ彗星が観察しやすくなるのは、3月10日の近日点通過以降となるでしょう。この頃から、日の入り後の西の空に見られるようになります。3月下旬から4月上旬は、日の入り後の西の空、日の出前の東の空と、1日に2回見ることができるようになります。ただし、いずれにしても太陽から見かけ上あまり大きく離れることがないため、きわめて低空でしか見ることができず、観察条件はよいとは言えません。

パンスターズ彗星を見つけようキャンペーン(期間:3月1日~4月30日)

サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感 荒川さんの七変化、他いろいろ

2013年03月08日
ソチオリンピックのフィギュアスケート、日本からの観戦ツアーがいずれも「ひゃくまんえん!以上」というのにびっくり…チケットも10万円近いんですね。ま、私はハナから行けないんでいいんですが(汗)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SOIジャパンツアー2013(BSジャパン完全版)
アイスショーの世界も世代交代を感じますが、カートとキャンデロロは永遠です(笑)
イリヤがやけに元気いっぱいで(笑)
久しぶりのショーン・ソーヤーとナバーロ&ボメントレが元気そうでうれしい。みんなNHK杯に来てくれたっけなあ。
ショーンはこここそが居場所という感じ、アレグリア、これはすばらしい〜!
ダイスケ、真央ちゃん、カナコが入ったグループナンバーに癒される。
荒川さんのつややかで気品あふれるスケーティングも改めてすごい。この時の荒川さんは色っぽいんだよなあ。
ちょっと大きくなりすぎたブラッドレイのハリー。彼のキャラ的にはロンだよね(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
荒川静香さん:秋田公立美術大の客員教授に就任へ /秋田 毎日新聞-Feb 5, 2013
なんか全く違和感ないなあ(笑)

荒川さんといえば、先日放送していた「世界の果てまでイッテQ。流氷の上でイナバウアー?バラエティは断っってもいいのにな(汗)
…と思いつつも見た(笑)。特番全部に付き合う根性はないので、荒川さんのところだけ見ました。
バラエティなんだから流してもいいのに、手を抜かないのがさすが荒川さん(笑)
でも…海の上、太陽の下で見るトゥーランドットはとても美しく、写真も素敵でしたね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アドリアン・シュルタイス オフィシャルサイト(日本語版)
シュル太のサイトに昨年9月から日本版あったんですね、知らんかった…すまん(汗)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
icenetwork 03/06/2013 Relentless Aaron rewarded for ignoring doubters
全米チャンピオン、マックス・アーロンの記事。元ホッケー選手、2012年の全米は8位、やめようと思った。「ブライアン・ジュベール」と呼ばれることが「=時代遅れ」という意味になっているのがなんとも(涙)
自分のスタイルが今の主流じゃないかもね、でも変えるつもり無いよという意味でいいのかな。

icenetwork 03/06/2013 The Inside Edge: Sweet desserts, sweethearts
ジュニアワールド男子表彰台独占に貢献したショータロー君の記事。
コンペよりミラノ楽しかった、ジェラートとパスタがうまかった話(笑)

icenetwork 03/04/2013 Fernandez joins ranks of Spanish sports royalty
スペインでウィンタースポーツはメジャーではない、フィギュアスケートを続けるにはいろいろ大変だったのだなあ。
14歳でミーシンキャンプに参加、プルさんみたいになりたいと思ったこと。
最初にアメリカに渡ったときは英語はちょっとしかできないなかった。英語の国アメリカでロシア人のコーチとトレーニングして、周りには日本人スケーター(笑)
オーサーについた時は、ハビがオーサーに似ていると、ハビの父ちゃんにそっくり!…とみんなに言われたと…ああ、なるほど、考えてもみなかったけれど若い頃のオーサーに似てるかも(笑)

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

古代のサウンドオブジェを作る

2013年03月08日
2013030301

先週末は美術館の「古代のサウンドオブジェを作る」という実技講座に参加していました。
古代のサウンドオブジェって何?って感じですが、素朴な民族楽器みたいなものです。
こういうマイナーな講座に参加する度「オマエはいったい何が目的なんだ?」と友人に突っ込まれますが、ただの図工好きです(笑)
定員12名とありましたが、なんと6名、やはりマニアックすぎるのか?(汗)

2013030302
1日目に作ったのは、真竹で作る「竹ぼら」、法螺貝の笛の代用ということか。近代では芝居や映画の効果音に、江戸時代の頃は寄り合いの合図や一揆で使われたらしい。
竹を適当に切って地面を叩けば、軽やかな結構いい音がして、長さによって音階ができますが、それでもう楽器だよねってところから。
2013030303
竹ぼらは、直径6〜7センチの真竹を50センチくらいの長さに切り、節の上に親指が入るくらいの穴をあけて出来上がり。
横笛のように持って穴に唇をあて吹きます。コツはありますが(肺活量は関係ないです)時代劇で聞く、大きく響く法螺貝と同じ音がします…ホントです!
音の大きさと、体に響いてくる振動の大きさにちょっとびっくり(汗)
実習室は山の麓に面していますが、山から山伏が降りてきそうと受講生たちと話してました(笑)
法螺貝の吹き方も同じだそうなので、私はつまり法螺貝を吹く技をマスターしたわけ(笑)
でも、いったいどこで吹けばいいんでしょうか?(笑)

2日目は「うなり弓」、1枚目の写真がこれです。
空気を振動させるオブジェに紐をつけ、頭上で振り回すという原理。
「風の谷のナウシカ」で、怒り狂ったオームをナウシカが蟲笛で静める場面がありますが、ああいう音です。
形や素材はいろいろですが、今回は長方形の長い板と、空気を振動させるゴム(楽器でいうリボンリード)、つっかえ棒、方向を定めるための尾翼(写真のブルーの下敷きのように見える所)というパーツです。
ゴムがない時代はクジラの皮などがリードに使われていたそうです。
どれも好きな形にしていいというので、イトノコやカッターでせっせと切り出し、やすりで仕上げました。今回は雲っぽい形にしてみました。

できたものを振り回すと…ブヮーンという和音のような音色、とても繊細でスピリチュアルな音色です。

2013030304
これは、余った竹でつくったものうなり弓、同じ原理です。
この他にキジ笛(うなり弓の下にある短い枝)、これを吹くと縄張りを荒らされたと思って雄のキジが出てくるというわけ。
指くらいの太さの枝を割り、隙間を作りゴムのリードをつけます。ゴムがない時代は桜の皮だったらしい。この隙間に幅によって高低がありますが、草笛と同じような音色がします。

講師の関根秀樹氏は、古代技術史・民族文化研究家など、様々な肩書きをもつユニークすぎる人で「タモリ倶楽部」にも時々出てます。
この先生の実技講座は2度目なんですが、相変わらずおかし過ぎる(笑)
ヌンチャクもプロ級、でもただのヌンチャクとは違う、「ピヨピヨ・ヌンチャク」。リクエストしたらやってみせてくれました。
うはは、どうかしてる〜おもしろい〜!
イベントの動画あります → ぴよぴよヌンチャク Piyo Piyo Nunchaku 

2日間、楽しい図工の時間でした。
翌日、いつもと違う筋肉の凝りを感じましたが、慣れないのこぎりを使っていたからですね。


アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

マンサク

2013年03月07日
2013030702

マンサクが咲きました。

語源は「早春に咲くことから『まず咲く』が東北地方で訛ったもの」、また「花がたくさんつくので『豊年満作』から命名」ともあります。

2013030701


動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

震災から2年、関連報道番組の予定など

2013年03月06日
3.11に向けて、福島でもイベントやら何やらが開催される模様。昨年のような鎮魂や危機感をスローガンに掲げたイベントは少なくなり、今年は音楽祭みたいなものが多いようです。私は特に参加の予定もなく、平常通りです。

「震災を風化させない」とか言いますが、それは無理(汗)止めようもありません。
問題は、風化ではなく「復興」ではないかと思う。

3.11にむけ、TVでは特別番組が多くなってきました。おもだった報道番組だけでも相当あります。
見て下さいというわけではないですが、多少なりとも、ご縁や関心のある分野で番組があるようでしたらご覧になって頂き、震災を自分なりに考えるきっかけになればいいなと思っています。

震災から2年、今になってわかること、できることもたくさんあります。
今になって、何かをしようと思うこともあるかもしれません。それが遅いということもありません。
いろいろな考え方があります。
たとえば、この番組おかしいんじゃないかなと思うことも、問題をクリアにするためには大事なことです。
番組をきっかけに少しでも被災地を理解していただけたらと願っています。

暗い番組ばかりではないと思いますが、くれぐれも無理はしないで下さい。無理に見ていいことは何もありません。
それにしても多い、すべてを網羅しているわけではないのでご了承ください。

番組内容は見ていないので保証できません…すまん(爆)
正直、有名人出してやっつけかな?とか、いわゆる美談シリーズかな?という番組も多そう(汗)
私とて全てを見るのは不可ですが、必ず見るだろう番組に「★」をつけておきます。地球規模の巨大地震も原発も人も、あの時何が起きたのか、私は知りたいという観点です。
(※一部地域では、放送されない場合があります。)
------------------------------------------------------------------------------------
●3月7日(木)
3.11 あの日から2年
何が命をつないだのか~発掘記録・知られざる救出劇~

NHK総合 2013年3月7日(木)午後10時00分~10時49分
被災直後、自衛隊などが救援に到着するまでの間、被災した人々は瀬戸際の状況を自分たちで乗り越えるしかなかった。瀕死の重傷者の搬送。ライフラインの確保。飢餓の克服。極限状態の現場には、名も無き人々の、多くのドラマがあった。そこには、次世代に引き継ぐべき教訓が満ちている

青春リアル 特別シリーズ 福島をずっと見ているTV vol.22
「避難している人と地元の人をつなぎたい」

Eテレ 3月7日(木)午後11:30~11:24
再放送/3月12日(火) 午前1:00~1:24 ※11日深夜
福島の人たちは、この2年間、震災前にはありえなかった選択を迫られ続けてきました。避難するか、しないか。子どもを外で遊ばせるのか。国や県の発表をどこまで信じるのか。福島の野菜を食べるのか。
そして、違う選択をした人たちのあいだには、お互いに悪気なんてないのに、どこかぎくしゃくした空気が流れることがありました。今回は、番組始まって以来の公開収録です。

(3/8追記)当初の告知と違う内容になっていました。
------------------------------------------------------------------------------------
●3月8日(金)
3.11 あの日から2年
わが子へ~大川小学校 遺族たちの2年~

NHK総合 2013年3月8日(金)午後10時00分~10時49分
巨大津波によって全校児童108人のうち70人が亡くなり、4人の行方が今もわかっていない、石巻・大川小学校。学校の管理下で唯一、多くの犠牲者を出した“震災最大の悲劇”といわれている。
今なお続く大川小の“悲劇”を見つめる。大災害が人々にもたらした傷の深さ、「復興」という言葉からほど遠い現状を踏まえながら、深い悲しみの淵からの、「人間の再生」を見つめたい。

BS1スペシャル 「波のむこう~浪江町の邦子おばさん~」
BS1  3月8日(金)午後11:00~午前0:40
国際共同制作。ロンドン在住で母の故郷が福島県浪江町の三宅響子ディレクターが今も原発事故の渦中にいる親類の姿を追った。

バリバラ 東日本大震災から2年~被災地の障害者はいま
Eテレ 3月8日(金)夜9:00〜
日本大震災から2年。被災地の仮設住宅では、孤立している障害者が数多くいる。さらに福島県の障害者は原発事故でヘルパーが県外に避難、十分な支援を受けられなくなった。被災地を訪ね、いまだ困難を極める障害者の暮らしについてリポートする。
------------------------------------------------------------------------------------
●3月9日(土)
報道特別番組「0311 知られざる心の闘い」
フジテレビ系列 3月9日(土) 午後1:30~ (約2時間)
東日本大震災発生から、まもなく2年。
被災地で疎外感・孤立感を抱え、苦しむ被災者の方たちと支える医師らに長期密着取材。さらにアメリカにおける「惨事ストレス」へのさまざまな対処についても、現地で徹底取材。こころの危機を抱える人たちの「こころの再生」の道筋をドキュメンタリーで探っていきます。

土曜プレミアム・突入!福島原発に挑んだ男たち~激闘秘話!命と執念の12日間
フジテレビ系列 3月9日(土)21:00~23:10
2年前、東日本大震災によって福島第一原発は制御不能となった。東日本壊滅という“最悪のシナリオ”を食い止めるため、自衛隊、消防隊は言うに及ばず、名もなき人々がさまざまな行動を起こし日本を救ったことを知る人は少ない。
それはALL JAPANとも言うべき総力戦だった。

3.11 あの日から2年
福島のいまを知っていますか

NHK総合 2013年3月9日(土)午後9時00分~9時58分
原発事故によって、世界がその名を知ることになった福島。しかし、世界も注視するこの異常な状況は、断片的には報じられるものの、トータルとして伝えられることはなかった。住民はどう移動し今どこにいるのか。大地の汚染はどう変化したのか。そして、人々の暮らしや健康への影響はどこまで分かり、これから人々はどう生きていこうとしているのか・・・。
最も困難な復興の道のりを歩む福島の、再生への手がかりを探っていく。

ドキュメンタリーWAVE 
★「原子力“バックエンド”最前線~イギリスから福島へ~」
BS1 
放送: 3月 9日(土)22:00~22:49
再放送: 3月10日(日)12:00~12:49/3月15日(金)18:00~18:49
これから何十年かかるかも分からない東京電力福島第一原子力発電所の事故処理。東京電力や経済産業省では、諸外国の技術や知見も導入しなければ、この未曽有の事故処理に対応できないとして、その導入計画を進めている。なかでもイギリスは、1957年にレベル5の原子炉事故を起こし、その処理が未だに終了しておらず、他にも様々な事故処理や廃炉といった、いわゆる原子力の「バックエンド」の課題を「先進的」に抱えており、政府や企業などが一体となった機構の創設や、新技術の積極的な開発に苦心してきた。その姿は、福島の事故処理の「これから」に重なり、その技術が今年福島に導入される予定である。「事故処理先進国」イギリスの原子力“バックエンド”最前線をルポする。
------------------------------------------------------------------------------------
●3月10日(日)
東日本大震災から2年 特集 明日へ~支えあおう~
NHK総合 
3月10日(日) 午前10時05分~11時54分 午後1時35分~4時30分
3月11日(月) 午前10時05分~11時00分 午後1時05分~4時00分
岩手県大槌町をキーステーションに、震災から2年になる人々の“今”を、2日間にわたって伝える。10日午後の番組は、岩手・宮城・福島の3県からの報告。被災した人々の現状と課題、復興に向けた動き、原発事故で県外避難を余儀なくされた人々の現状などを、中継を交えて伝える。ゲストは俳優・村上弘明、南果歩、医師・鎌田實、歌手・臼澤みさき。

BS1スペシャル  THE NEXT MEGAQUAKE 巨大地震
BS1  3月10日(日)午後7:00~8:50
日本を襲ったM9.0の超巨大地震。地震研究の最先端を行く日本の科学者たちが築き上げてきた自信は、完全にうち砕かれた。しかし、日本列島にくまなく張り巡らされた世界でも類を見ない地震観測網は、人類史上初めて巨大地震と巨大津波の全貌を捉えていた。
人類が初めて手にした「膨大なデータ」と、その瞬間を捉えていた「膨大な映像」。それらを手がかりに、次の巨大地震に立ち向かう地震学者たち。地震学がたどり着いた最新の知見を地球規模の視点で取材し、“次の巨大地震”に迫っていく。

3.11 あの日から2年
メルトダウンⅢ~“同時多発”事故の全貌~(仮)

NHK総合 2013年3月10日(日)午後9時00分~9時58分
再稼働をめぐって社会的な議論が続く原発。福島第一原子力発電所の事故が、なぜどのように起きたのか。取材で浮かび上がってきたのは、“複数号機”が同時多発的にメルトダウンを起こすという世界で初めての事態が、事故の対処をより困難にした、という事実だった。型が全く異なる冷却装置を使ってメルトダウンへの対応を行った1号機と2号機。現場では2号機への危機感が強かったにもかかわらず、実際の事故の進展は1号機の方がより危機的だった。また3号機と4号機では、稼働中だった3号機の原子炉の冷却に力を注いでいる間に、運転が止まっていた4号機燃料プールの1535本の使用済み核燃料棒がメルトダウンの危機にさらされるという事態に陥った。
番組では、さらに国内外の専門家チームとともに、原子炉を模した海外の巨大な施設での実証実験やコンピューター解析(コンピューター・シミュレーション)を実施。そこからは原発の安全性の根幹に関わる驚くべき事実が浮かび上がってきた。事故は本当に防げなかったのか。全国で原発再稼働の動きが進む中、事故の教訓はどこまで生かされているのか。証言に基づく再現映像やデータに基づくCGを駆使して検証する。

そうだったのか!池上彰の学べるニュース 2時間スペシャル
復興のいま 緊急SP

テレビ朝日系列 2013年3月10日(日)午後9時00分~

ETV特集
何が書かれなかったのか~政府原発事故調査~
2013年3月10日(日) 夜10時
【再放送】2013年3月17日(日)午前0時50分 ※土曜日深夜
数十名の専従チームが1年がかりで史上空前規模の調査を行い、東電や国の問題を次々と明らかにした政府原発事故調。実は、調査にあたった元委員の多くが報告書に満足していませんでした。新たな安全規制の原点となる事故調報告に、一体何を書くことが出来なかったのか。なぜ書けなかったのか。非公開で進められた政府の原発事故調査の内幕が、初めて明かされます。

NNNドキュメント’13
3・11大震災 シリーズ 命の砦…災害医療 石巻市立病院の教訓 55分枠
日本テレビ系列 2013年3月10日(日)24:50~
津波に襲われ患者、医師、看護師ら450人が孤立した宮城県・石巻市立病院。命をつなぎ止めようと奮闘した医師たち、家族の安否もわからぬままに患者に尽くした看護師の献身。災害派遣医療チームDMATが到着したのは震災3日目の3月13日。聞いていた任務は術後患者1名の転院搬送。しかし、目の当たりにした状況に、到着したDMATの医師は決意する。病院を丸ごと脱出させなければ…前例のない作戦には様々な壁が立ちはだかった。組織を超えて、病院脱出は成し遂げられる。
------------------------------------------------------------------------------------
●3月11日(月)
”震災”今も…732日目の真実
テレビ朝日系列 TBS系列2013年3月11日(月) 午後1時55分~
去年4月、約1年ぶりに立ち入りが可能になった原発から15キロの街・福島県南相馬市、そして津波で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市からの2元中継を中心に、被災各地から生中継。

3・11報道特別番組 大震災2年 復興と現実 ~被災地の「今」あなたは知っていますか~
TBS系列
第1部:3月11日(月)午後2:00~午後5:00(生放送)
第2部:3月11日(月)午後6:15~午後7:55(生放送)
未曾有の被害をもたらした、東日本大震災は、3月11日で、発生から丸2年を迎える。この間、復興が進んだ場所もあれば、遅々として進んでいない場所もある。被災地が今、抱えている問題とは、一体何なのか。そして、被災した人たちは今、何を思っているのか。

3.11 あの日から2年 シリーズ東日本大震災 
故郷を取り戻すために~3年目への課題~

NHK総合 2013年3月11日(月)午後10時00分~10時58分
東日本大震災の発生から2年。この間、津波で甚大な被害を受けた東北の沿岸各地では、住民の高台移転と沿岸部の再整備が急ピッチで進められようとしている。ところが、莫大な国費も投じて動き出した各地の復興事業が、いくつもの壁にぶつかり暗礁に乗り上げている。番組はその現実を、①想定外の人口の流失や企業誘致失敗によって生まれようとしている膨大な「事業空白地帯」、②被災者同士による「住民合意」の膠着状態、③膨大な復興業務による「自治体職員の疲弊」という三つの視点から浮き彫りにし、課題解決の道筋を探していく。
-----------------------------------------------------------------------------------
●3月12日以降

BS世界のドキュメンタリー 
シリーズ エネルギー消費を考え直す
★○カーボン・ラッシュ ~CO2排出権ビジネスの実態~
BS1 3月12日 火曜深夜[水曜午前 0時00分~0時50分]
京都議定書の目標達成のために作られた<温室効果ガス排出権取引>という仕組み。本当に地球温暖化を防止しているのか。
○クリーンテクノロジーは地球を救うか
BS1 3月13日 水曜深夜[木曜午前 0時00分~0時50分]
クリーンテクノロジー(環境技術)はいまや最も注目される市場。ビル・ゲイツなども巨額を投入し、ベンチャー企業への投資額としてはITや医療機器を抜いてトップとなっている。これからのクリーンテクノロジーは、大規模に導入されるため大きな利益を生み、環境への貢献度も高いとされている。オランダや中国の実際のケースを取り上げ、世界で急速に進む技術革命の舞台裏に迫る。

海をわたる“震災漂流物”
BS1スペシャル 3月15日(金)午後11:00~午前0:49

証言記録 東日本大震災  福島県葛尾村 ~早期全村退避を決行した村~(仮)
NHK 2013年3月17日(日)午前10:05~10:48

福島で暮らす | Comments(2) | Trackback(0)

ジュニアワールド2013 終了

2013年03月05日
World Junior Championships 2013
Milan / ITA 25.02.2013 - 03.03.2013
Starting Orders / Result Details

ジュニアワールド終了、今回はJスポで今週末から放送してくれるので楽しみです。
動画で何人かは見ました。
ジュニアはどんどんハイレベルですねえ!

○男子シングルFS
ショーマが素敵でした!スケーティングも素晴らしいけれど、なにより彼の演技には音楽の魂が宿っているような、引きつけられます。もうちょっとPCSが上でも、少なくとも上位選手とここまで差はないと思います。
ショータロー君押しの私でしたが、3位に残るとは!
いいのはわかってましたが、どんどん素敵なってきたので焦ったり(苦笑)
ジェイソンはついに3A×2本標準搭載!やりましたね。2A含めアクセル4本ってどうかな?とは思いますが、ノーミスの素晴らしい演技でした。

ジョシュアは、4Tの転倒が残念でしたが、やはり素晴らしい。フリーは2位でしたが優勝にふさわしい演技でした。というか優勝したことに、とてもほっとしている自分に驚いています。ジョシュアのここ数年の戦いぶりは賞賛に値するもの、タイトルとれてよかった。おめでどう!

○女子シングルSP
ロシア女子が伸びなかったことも驚きですが、まさかチェサリオがくるとは思ってなかったというのが本音(汗)
宮原さんはパーフェクトに見えましたが、まさかの6位(絶句)
どうもTCが厳しかったらしいと教えてもらいました。
正直この順位はどうかなと思いましたが、1位56点から7位本郷さん52点まで得点差を考えると、どうとでもなるのは誰でも想像憑くというもの。

○女子シングルFS
やはり来ましたロシアの3人娘。
ラジオノワは、体全体をつかった表現がいいな。風に舞うような軽やかなスケーティング、なんだろう無心に踊る姿にぐっときました。
宮原さんはもう少しスピードがほしかったかな、でも素敵でしたね。SP、フリーともにステップはレベル4です。しかしこの得点は?
本郷さんは、実力を出すことができなかったかもしれないけれど、初出場でここまで出来たことは立派です。
とにかく今回は全体に辛いジャッジでしたねえ。>とかeの嵐は、宮原さんだけじゃないと思って我慢するしかない?

世界ジュニアフィギュア・談話


フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ロウバイの開花

2013年03月05日
2013030401

我が家のロウバイがようやく咲き始めました。
外ではあまり感じませんが、手折った枝を室内におくといい香りがしてきました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

アスリートの魂  フィギュアスケート 高橋大輔

2013年03月05日
膝はまだ痛む時があるんですね。
そんなこと言われると、リンクに叩きつけられるたびにハラハラしますが(汗)

番組はわりとシリアスな内容だったと思います。
全日本のフリーは納得できるものととらえても、ここ数年の栄光やファイナルの優勝には触れず、「4回転」と「勝つ」ということに焦点を絞ったことはいいんではと、個人的には思いました。
(靴に関しての苦労はもう、そういうもんだということにしたいのかなと思ったり)
良かったことのおさらいはシーズンオフでいい、ワールド直前の今、ダイスケの課題はそこなんですから。

ベタな言い方で嫌なんですが、甘えを許さない状況を自ら作り、果敢に向き合う姿には男気を感じます。
しかし一人じゃ出口もなく孤独でおかしくなりそうですが、そこにチームがあるわけで、普段の様子にもその感謝がにじみ出ていましたね。
ストイックさの中にも楽観的なところがあるのはチームだからなんだろうな。

4回転もプログラム変更も勝つため。
深夜の月光の振付、こういうシーンはゾクゾクします(笑)ニコライ無精髭で頑張ってます(チョー上から目線ですまん!)

頭の形状から(爆)ごく最近のものと思われるインタビュー。
すべてはソチ向けて。そしてどんな厳しい状況でも勝ちたい、勝つために勝負している。けれどどんな結果でも受け入れ、次にいかす覚悟もできている。
そういう目で私も応援したいなと思います。

陸トレ、リンクでの練習、振付、本番、イベント、打ち上げ、それぞれの時と場面で別人のような顔で見飽きない。おもしろいヤツだなあと。
…ファンですからご勘弁を(笑)

アスリートの魂  フィギュアスケート 高橋大輔

東日本大震災チャリティー演技会2013 〜復興の街、神戸から〜

World Championships 2013
London ON / CAN 10.03.2013 - 17.03.2013


フィギュアスケート | Comments(12) | Trackback(0)

NHKスペシャル "いのちの記録"を未来へ~震災ビッグデータ~

2013年03月04日
NHKスペシャル"いのちの記録"を未来へ~震災ビッグデータ~
NHK総合 2013年3月3日(日) 午後9時00分~9時58分
再放送/2013年3月7日(木)午前0時25分~1時23分(6日深夜)
東日本大震災。今、関係各機関が持つ膨大な災害情報=「震災ビッグデータ」から震災の全貌を明らかにする動きが広がっている。
去年9月からNHKやグーグル日本法人、ツイッター社など8社・団体が、それぞれが有する膨大な災害関連情報を持ち寄り、解析を試みている。さらに、このビッグデータを利用して「新たな防災ツール」を構築しようと、産官学を越えてさまざまなプロジェクトも立ち上がっている。
被災地の数十万人の行動の軌跡、車載カーナビに残された車の走行記録、震災1週間でつぶやかれた1億7千万のツイートなど、さまざまなビッグデータから、あのとき大震災と向き合った1人1人の命を見つめていく。


東日本大震災では、個人、公共問わず膨大な記録データが残されました。その膨大なデータをどう読み解くかで、今後の防災を考える上で大きなメリットにもなるのでしょう。

GPS搭載の車や携帯電話の記録から、震災直後の人の動きがわかってきました。
地震直後、沿岸部の人は皆逃げた、あるいは逃げる行動を取ったと思われててきましたが、実はかなりの人が津波が襲う沿岸部に向かった。家族や家を心配した行動だったのではないかという。
テレビの画面で、光の点で現された人々が、首都圏で、被災地で動いていく。単なるデータだとわかっていても視覚化された光の点が、人の魂のように見えて困りました。

データは変わらずそこにあるにもかかわらず、読み方一つで気がつくこともあり、また重大な危機を見逃すこともあります。
今(震災後)になって巨大地震の兆候が、宮城県沖で確認されていたということもありました。
この作業はまだ始まったばかり、何年もかかるかもしれないけれど、データを生かすことが被害に会った方々の供養にもなるのではないかと思いたいです。

ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)

日曜美術館「二人の“キャパ”」

2013年03月04日
「ロバート・キャパ」は2人のカメラマンのユニット名だった…先日、NHKスペシャルで放送された「運命の一枚~"戦場"写真 最大の謎に挑む~」の続編という感じですね。
今回はよりゲルダ・タローに迫ります。

兵士が銃で撃たれる瞬間を捉えたと言われる「崩れ落ちる兵士」。戦争の現実をカメラで追い続けた「ロバート・キャパ」。世界で最も偉大な戦場カメラマンと称されるその名が、実はある二人のカメラマンが、成功を夢見て作り上げたものだったことはあまり知られていない。
キャパの本名はアンドレ・フリードマン(1913-1954)。駆け出しのカメラマンだった頃、雑誌社に写真を売り込むため、ある戦略を思いつく。それは、ロバート・キャパという架空のカメラマンを作り出し、その名前で写真を発表するというものだった。しかしその戦略は、ある人物の存在なしには成し遂げられなかったといわれている。“キャパ”の恋人であり、“キャパ”の写真にも大きな影響を与えたといわれる、ひとりの女性戦場カメラマン。その女性は、戦場で命を落とし、歴史の舞台から忘れ去られていった。。


caw99 -we-wp
「崩れ落ちる兵士」
ロバート・キャパ《共和国軍兵士、コルドバ戦線、スペイン》1936年9月5日頃

今更という気もしますが、キャパ以前に「戦場カメラマン」が事実上存在していなかった。
…え〜、そうなんだ(汗)

1931年ハンガリーに生まれたユダヤ人アンドレ・フリードマンは、迫害を逃れドイツ、ベルリンへ渡りカメラマンの職を得るものの、ナチスの台頭によりパリへ。言葉もわからず貧しい暮らしの中で出会ったのが、やはりユダヤ人のカメラマン、ゲルダ、二人は公私をともにするようになります。
ゲルダの発案で「アメリカで活躍する有名カメラマン、ロバート・キャパ」という架空の人物を作り上げ、その名前で写真を発表するようにしたところ、大当たり(汗)キャパは売れっ子カメラマンに。
当時はゲルダの写真も含めて、キャパ名義で発表していたんですね。

プロデュースというべきかか、ほとんどのイニシアチブをにぎっていたのはゲルダだったのだろうと。
キャパをの才能を見出し、育て、売り出し、キャパをキャパたらしめたのがゲルダ。
写真の腕そのものはキャパが上だったようですが、ゲルダもいい写真を撮ってます。初期はとても絵画的な美しい作品。それが戦争にのめりこんでいく過程で、ストイックな写真へとかわっていく。

そして運命の写真「崩れ落ちる兵士」
この写真は、2人のカメラが特定されたことによって、ゲルダが撮影したものだろう。しかもこの現場は戦場ではなかった(たぶん演習の取材時)…という話が、先日の沢木耕太郎さんのドキュメント。
これまでのキャパ名義の写真には、ゲルダの写真もかなり含まれていたらしい。

それにしてもこの二人の出会いは、運命としか思えないですね。
二人がユダヤ人であることも、戦場にのめり込んでいったことも、ゲルダがあっという間にいなくなってしまうことも、その後のキャパの生き方も…。
ゲルダに脚光があたってよかった。

日曜美術館「二人の“キャパ”」
NHK Eテレ2013年3月3日(日) 午前 9:00~10:00
再放送/3月10日(日)午後8:00〜9:00

以前の記事 沢木耕太郎 推理ドキュメント 運命の一枚~"戦場"写真 最大の謎に挑む~
関連展覧会 「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー  二人の写真家」

ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)

Friends+α 2012ー13 高橋大輔

2013年03月03日

ジュニアワールドも気になりますが、時間がなくてリザルトしかチェックしていません。
ひとまずフレンズ。

激戦の日本男子の環境がなければここまで強くならなかった、いい時代だとときっぱり言えるところがアスリートだなと思います。
この時代に本田がいたなら?
…なるほど、そんな風には考えてみたこともなかった。本田の時代、日本選手で世界で勝負できていたのは本田の一人。あの責任、重圧、プレッシャーは今考えても、私は息苦しくなりそうなんですよね(汗)

経験を積み重ねて、フィジカルの管理、コントロールができる環境があっても、メンタルのコントロールはやっぱり難しいですね。
攻める気持ちが演技にパワーをもたらした全日本のフリー、これが好きな時に出せるならねえ(笑)
彼に限らず、「この演技がオリンピックできたら金メダル」という演技は、これまでも数多くありますが、ここだという時にできる人は何人いるか?

番組では今回のSPの変更については話していませんが、話の内容からいろいろわかることがありますね。
荒川さんのトリノの話が出ましたね。迷いがないこの感じ、幸せですね。これも運命なのか?
ソチは大好きな曲で…と、ダイスケは以前から言ってましたが「勝てる曲」とも、ここ大事ですよ。

引退後もバレエは続けたい…おお、プロで少なくとも数年はやってくれそう…かな?
荒川さんがカギかな?

長いと思ったソチまであと1年。
事務レベルではクワド(汗)。
あとはひたすらメンタルですね。
当るかどうかはともかく、いろいろな人がオリンピックの予想をする時、根拠はやはりここなんですよね。

シェイリーンとのマンボステップの練習映像が、激しくて熱くて最高!
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

ジュニアワールド2013開催中

2013年03月01日
World Junior Championships 2013
Milan / ITA 25.02.2013 - 03.03.2013
Starting Orders / Result Details
動画

すでにペアは終了。SPとFSの順位の入れ替わりがすごすぎ(汗)
名前だけで盛り上がれる(爆)タラソワ&モロゾフ組は5位…中途半端?(汗)

○男子SP
ショーマ、前半慎重な感じから後半いい感じ来たのですが、2Aでバランスを崩したのが残念。しかしスケーティングの魅力はたっぷり。
ジェイソン、3Aがきれいに決まった〜!と思ったら、3Lzでバランスを崩しセカンドは2T。個性的なプログラムはジェイソンらしい。ちょっと重く感じるところも…もう少しスピードがあればなあ。
ジョシュア、3Fがあぶなかったけれど、あとは素晴らしい、美しいです。密度の濃いつなぎ、そしてステップ、上体と足下までのラインが一体となり、つまり全身をつかった大きな表現ができてるんですよね。
ショータロー君、3A決まった!3+3、3F、おお〜これはいい雰囲気です。パーフェクト!うれしそう!PCSは、ジョシュアとジェイソンに迫る勢い。PBも大幅更新。
マルティネス、ジュニアの中で見ても、ちょっと中性的な魅力。スピンすごいな〜。
フェイの動画はまだ見ていませんが、コンボと3Fで大きなミス、厳しい順位に。フリーでがんばれ。


フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

2018年火星の旅

2013年03月01日
「2018年火星の旅」、米民間団体が計画 501日間で往復 2013.02.28 Thu  CNN
米富豪らの設立した団体が27日、2018年に男女2人を乗せた宇宙船を打ち上げ、501日間かけて火星付近まで往復する宇宙旅行の計画を発表した。
宇宙船は火星から約160キロまで接近するが、着陸はしないまま地球に戻る。米航空宇宙局(NASA)も火星への有人飛行を計画しているが、着陸を伴わなければ計画は、はるかに容易だ。乗員の選考は打ち上げの半年~1年前に行う予定で、夫婦が選ばれる公算が大きいという。
NASAには資金提供を求めず、米国のための「慈善事業」として実施。記者会見では放映権の販売やスポンサー募集などで資金を調達する計画も発表された。


有人火星ミッション、計画の詳細発表 National Geographic News February 28, 2013
【求む】男女各1名。50代初め~半ばで、夫婦が望ましい。冒険を楽しみ、ともに長期間を同じ空間で、例えば501日間を0.93立方メートルのカプセルおよび居住空間で過ごせる人。さらに火星に興味がある人。

ついにこういう話になってきたのだなあと。
まあ、今の時点ではハードルありすぎて突っ込みようもないですが(汗)
火星に着陸しないならば、早い段階で実現可能、宇宙船は定員2名なので、夫婦かカップルがいいのでは?ということらしい。

vddlkimsva
火星ミッション用宇宙船(想像図)

これとは別に、NASAは2030年代に火星有人探査を計画しています。

サイエンス・ネイチャー | Comments(2) | Trackback(0)
« Prev | HOME |