キンポウゲ

2013年05月31日
2013052805

日の光が差し込み、花弁が光っていました。
美しい、そして可憐ですね。

2013052806

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

花かつみ

2013年05月31日
2013052811

ある所にはたくさんあるらしいと聞くものの、自生しているのは見た事なかった花かつみ(ヒメシャガ)。アヤメを小さくした感じです。
もう終わりかけでしたが、ちょっとうれしい。
ここは低山の登山道につづく森の中。

ヒメシャガ、こういう場所もあるんですね、見事です。
愛敬院 ヒメシャガまつり

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

山中で…

2013年05月31日
2013052812

ここ数日、山中の写真が多いのは、平日のある日、ボランティアで登山口の清掃に出かけたからでした。
登山口といっても郊外にある1000m程度の初心者向けの山で、登山口にある東屋周辺をちょっと草刈りし、用意してもらったお弁当を食べて帰ってきたくらいで(汗)
天気はいいし、新緑はきれいだし、キンポウゲはたくさん咲いているし…半日もいなかったですが、いい一日でした。


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感 AOIには行きませんよ

2013年05月30日
今週末は日本初のAOIですね。いいですね〜いらっしゃる方は楽しんで来て下さい。
ぼちぼち情報が出て来てるようです。ニュースに張り込みか?
それにしても、美姫ちゃんの動向にマスコミの食いつきが違う(苦笑)

AOI 2013 in Japan
放送/BSフジ 6月9日(日)19:00~20:55
今回はTVの放送が早めなのがうれしい、楽しみにしてます。

安藤美姫、公の場で復帰へ強い意気込み 2013年5月30日
安藤美姫がオリジナルブランドをプロデュース!
--------------------------------------------------------------------------------
PIWブログ 庄司理紗選手よりみなさまへメッセージが届きました!
理沙ちゃん、コロラドのカラルコーチのところか。なるほど、ジャンプの強化ならここですね。
PIW東京公演では新プロ。

PIWブログ 小塚崇彦選手よりみなさまへメッセージが届きました!
ケガから復帰後初のショーです。
--------------------------------------------------------------------------------
スポケンのこづ動画
画質はアレですが、動画ありがとうございます。
もうダメなのかなと思ったこともあった。手術すればソチには間に合わない。完治はない。痛みは考えないようにしてる。
フツーに内容がおもしろい。
イタリア、ガルデナの取材から。
お〜靴のオーダー、リスポートの制作過程が。初めてのオーダー、今までは既製品だもんね。
靴の話で番組半分以上?(汗)こづは1シーズン4〜6足、たしか昔はもっと長くもってたはずですが、4回転とかハードな内容になるともたないんですね。(ダイスケの20足もすごいですが)
ホントにねー靴の世界はなんとかならなんもんかと、他のウィンタースポーツの靴はどんどん進化してるようなんですが、フィギュアスケートは、素材は変わっても100年くらい変わったないと。
水泳の立石選手との話もいいね。いろいろ腹が据わったこづでした。
--------------------------------------------------------------------------------
フィギュア五輪代表はアルメニアに独自練習拠点
--------------------------------------------------------------------------------
村上、町田らが演技 存続決定の臨海SCリンク 2013.5.16 21:48
刑事君もでてます。ファンサービスとかいろいろあったぽい。
--------------------------------------------------------------------------------
関西大学エキシビション ブースポ
【5.26関大エキシビション】信成&樹が競演
それぞれの覚悟が見えて、身が引き締まります。プログラム情報もいろいろ。
織田君の新SPは「コットンクラブ」(ウィルソン)
フリーは「ウィリアム・テル序曲」、EX「ラスト・サムライ」(ローリー)
町田君はフリー「火の鳥」を持ち越し。
--------------------------------------------------------------------------------
Denis Ten and Friends
カザフで行われたデニス10のアイスショー、ワールド銀メダル凱旋公演ですね。よかったねえ。
よく見てないのですが、ランビ、ジュベ、エミューちゃん、トマシュ、トトマリ、イリーナ…豪華です!
Denis Ten - May 2013 (Денис Тен)
民族舞踊っぽいナンバー、ランビっぽいなあ(笑)
Brian Joubert and "Mezzo" in "Denis Ten and friends",
Stephane Lambiel in Astana, Kazakhstan
Denis Ten Show Almaty (show closure)
探せばもっとあると思います。
--------------------------------------------------------------------------------
Music on Ice Geneva 2013 
YouTube 動画
4月にジュネーブで開催されたMusic on Ice Geneva 2013、村主さんも出演したショーです。
とても豪華な出演陣で…動画がいろいろ上がってますが…なんですが…
なんでしょうか…この演出は?(滝汗)たぶん…日本風?
サラが着物で登場、はだけ方が日本人として見てられないというか…。でもって、リンク上で殿方に脱がされる…コートじゃないんだから(汗)
着物の概念が外国だと全く違うってことですが…ああそうか、ガウンかコートと思えばいいわけか?(汗)
コンテスティは太鼓橋の上にいるレディに告白、ふられるとなぜか力士に変身?
全部見てないですが、万事そんな雰囲気で、いやはや…

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

れんげ

2013年05月30日
2013052001

レンゲを見たら、急に熊田千佳慕を思い出しました。
子ども頃、教科書でおなじみの細密画です。

oiyrt4569
熊田千佳慕「レンゲの町」日本の虫たちより

日本の虫たち (Kumada Chikabo’s Little World)
「レンゲの町」はこの本に収録かな?
Amazonでは取り扱い不可、絶版でしょうね。


動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

ジシバリ

2013年05月30日
2013052807

漢字で書くと「地縛り」
夜中に聞くとギクッとしそうですが…それは金縛りか?(汗)

道ばたに咲いているのは似ていて違う「オオジシバリ」、葉の形が違います。
これはジシバリ、最近では珍しくなってしまいました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

コゴメウツギ

2013年05月30日
2013052802

繊細でかわいらしい花をお米に見立てて「小米卯木(こごめうつぎ)」
どこにでもあるありふれた木なんですが、花の時期しか気がつかないですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

森の中にミヤコワスレ

2013年05月29日
20130528100

林道沿いの空き地に、半ば野生化したミヤコワスレ。
植生を考えるとまずいのでは?と思いつつ、木漏れ日があたりとてもきれい、しばし眺めていました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

黄花婆羅門参

2013年05月29日
2013052702

線路沿いで見かけました。高さ70cmくらい、キク科らしい黄色の花が美しい。
写真だとわかりづらいのですが、少し巻いた細い葉やつぼみ、閉じた花、しなる茎、植物の全体の姿がとても優美で、アールヌーボーの装飾のようだと思いました。

名前がずっとわからなかったのですが、黄花婆羅門参(キバナバラモンジン)、バラモンギク(婆羅門菊)という帰化植物でした。すごい名前ですねえ(汗)
根は食用で、ブラックサルシファイ(西洋ごぼう)として流通とありますが、全く同じかどうかはわかりません。

2013052701
花は朝開いて昼前には閉じてしまう。
どうりで休日にぶらぶらしていても気がつかないわけだ。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ヤブデマリ

2013年05月29日
2013052801

遠目にはガマズミの白い花かなと思いましたが、ヤブデマリ(藪手鞠)。
久しぶりに見ました。

動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

福島のこのごろ 帰還困難区域と避難指示解除準備区域とは?

2013年05月28日
原発事故後の福島県の避難区域が、「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」に再編されました。
ざっくり言うと事故から2年以上、今後の放射線量もだいたい予測できるので、区域を一回整理し直してみましょう。
原発から同心円状に線量が高いとは言えず、例えば20キロ圏内でも、線量の低い地域は、帰還できるようにしましょうということです。
「警戒区域」という言葉がなくなっただけで、除染が劇的に進んだとか、事故の収束とは全く関係ありません。

福島・双葉町の警戒区域解除 5月28日 NHK
原発事故に伴う福島県双葉町の警戒区域が28日午前0時に解除され、沿岸の一部で、日中の立ち入りができるようになりました。
東京電力福島第一原発から20キロ圏内で、全域が警戒区域に指定された双葉町は、およそ7000人のすべての住民が県の内外に避難しています。
28日午前0時に警戒区域が解除され、住民の96パーセントが住んでいた町の大部分が、原則、長期にわたって居住が制限される「帰還困難区域」に指定されました。
また、沿岸部の一部の地区は早期の帰宅を目指す「避難指示解除準備区域」となり、宿泊はできないものの立ち入りができるようになりました。

福島、警戒区域解消 双葉町内を区域再編 2013年05月28日河北新報
 福島第1原発事故の避難区域見直しで、政府は28日、福島県双葉町を警戒区域から、帰還困難区域(年間被ばく線量50ミリシーベルト超)と避難指示解除準備区域(20ミリシーベルト以下)に再編した。
警戒区域の再編が完了 福島・双葉町(福島県)[ 5/28 12:27 NEWS24] 

2013051907

1.帰還困難区域
年間積算線量が50ミリシーベルト以上、帰還が長期間困難な区域。原則として立入禁止。事実上、諦めるしかないか…ということですね。
原発立地自治体である大熊町、双葉町の8〜9割、富岡町の一部。立地自治体ではない浪江町の7割くらい、南相馬市、飯館村の一部が含まれます。
わかっていた事ですが、DASH村も帰還困難区域です。

2.居住制限区
年間積算線量が20ミリシーベルト以上。復旧、復興など例外的な理由があれば立入り可能。
飯舘村の6割、富岡町の半分くらい。浪江町、南相馬市、川内村の一部。

3.避難指示解除準備区域
放射線の年間積算線量が20ミリシーベルト以下の地域。立ち入り可能。今は住めないが、将来の帰還に向け、除染、インフラ復旧を進める。
年間20シーベルト以下とありますが、実際はず〜っと低いです。

楢葉町の半分くらい、川内村の一部は、3に該当しますが、他は避難区域ではありませんので、帰還を推進する方向です。例えば川内村は、年間で2〜3ミリシーベルトくらいのところがほとんど、福島市や郡山市より低かったりする所も多いので、帰還を考えるのも当然かなと思います。

※特定避難勧奨地点/上記以外で年間積算線量が高い地域、いわゆるホットスポット。1軒単位で避難指示。
参考/避難に関する用語解説(東京電力)

帰還困難区域 > 居住制限区 > 避難指示解除準備区域
原発事故後の避難区域は、ざっくりいうとこんな感じです。
11市町村の合わせて8万3900人余りが引き続き避難生活、そのうち「帰還困難区域」対象が2万5200人余り。

人が住めるかどうかで区分けしているだけで、インフラはともかく、事業の再開や農業、漁業などが再開できるかどうかとは別です。
そう考えると、帰還したくともたくさんのハードルがあります。問題は年間線量だけではないということ、帰還しない選択が多くなるのはわかります。

避難された方の心情みたいなところばかりがニュースで取り上げられますが(そこも大事ですが)、再編することにより区切りをつけて、賠償問題の解決をはかる…そっちの意味あいの方が大きいと思われます。
------------------------------------------------------------------------------
川内村観光協会 
川内木戸川「調査釣行会」やります  2013年5月1日
調査釣行、やりました! 2013年5月27日

調査釣行の様子を、夕方のニュースで見ました。
釣り大好きな人たちが、調査を兼ねて釣りをする。釣ったイワナやヤマメは食べないで放射線量を測る。安心して食べるレベルではないけれど、昨年に比べて大幅に線量が下がっていたそうです。
川内村の木戸川を愛する釣り人たちが、すごく楽しそうで(笑)こういう貢献の仕方もあるのだなあ、いいなあと思いました。
福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

カリブラコア

2013年05月28日
2013052606

ペチュニアを小振りにしたような花がびっしり、しかしペチュニアとは親戚くらいの関係で別種なんですね。検索してみると、同様のことを考えた人が多数(笑)
色が明るい色からチョコレート色まで、品種もいろいろあるらしい。こんなふうに寄せ植えをすると派手ですねえ。

2013052608

このイエローは、アンティークの陶器のような感じでおもしろいです。

動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

有川 浩「植物図鑑」

2013年05月27日

植物図鑑 (幻冬舎文庫)植物図鑑 (幻冬舎文庫)
(2013/01/11)
有川 浩

商品詳細を見る

お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。噛みません。躾のできた良い子です――。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所を「狩り」する、風変わりな同棲生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)“道草"恋愛小説。レシピ付き。

彼はイケメンで清潔感あふれ、彼女は真面目で純情、そしてこんな出来すぎた設定、展開はあるわけないと思いつつ、現実とギリギリ乖離しないで読めるのは、さすが有川浩かなと思う。
転がり込んで来た…いや、拾って来た男は家事が得意で、なにより植物、食べられる野草に詳しい。休日は2人で野草を摘みに出かけ、上手に料理をして食べる。
ゆえにタイトルが「植物図鑑」、章ごとに野草と料理の仕方が丁寧に書かれています。
それほど長い小説ではないのですが、季節の映りかわりに、2人の気持ちや関係の変化が織り込まれていくのはいい感じ。幸せな時間は永遠には続かない。それは少しだけ大人になればわかるもの。
ただ、恋が成就してしてからのラブラブな部分が、ままごとチックな日常で、ちょっとそこだけ浮くよなあ(汗)
もうちょっとメルヘンで通してくれた方がよかった(汗)

読んでみようと思ったのは「野草を食べる」という内容だからです、私の場合(笑)
私の住んでいる場所は田舎、子どもの頃から、そこら辺の山菜や野草を食べてたんです。ただ残念ながら、今現在の福島では、一般に流通していない野草や山菜を、検査なしになんでもかんでも無意識に食べるというわけにもいかないんですよね。ほんとにくやしいんですが。

で、本書で描かれる「野草を食べる」部分ですが…
まだまだ甘い…野草をわかってない…と、ちょっと上から目線で(笑)
でも、こんな暮らしがあってもいいな、こんな恋があってもいいな…という雰囲気を楽しみながら、軽く読むにはちょうどいいかもしれません。
どんどん映画化、ドラマ化される有川作品、これが映画化されても驚かないです。

| Comments(0) | Trackback(0)

今週末は…東北六魂祭2013、ふくしまフェスティバル in 郡山2013

2013年05月27日
今週末、福島県福島市と郡山市で大きなイベントがあります。復興を祈り開催されてきた祭りをメインにしたイベントです。
「東北六魂祭」は震災から数えて3回目、イベントの「格」としては、「ふくしまフェスティバル 」より、東北の有名なお祭りが集結する福島市の「東北六魂祭」が上でしょうかね。

対する「ふくしまフェスティバル 」は、ディズニー、スポーツカー、アニソン…と、ピンポイントでオタク心を刺激する内容となっています(笑)
なにも同日に開催しなくともねえ…(汗)
郡山も大人げないなと思いましたが…聞いてみたところ、「東北六魂祭」の日程がずれ込んで、その前に決まっていた「ふくしまフェスティバル 」とかぶってしまったらしい。
ディズニーのパレードは、日程を変更できそうにないですからね。
------------------------------------------------------------------------
東北六魂祭2013
2011年3月11日の大震災から、1年10ヵ月が経ちました。東北の6大祭りが団結し、復興への狼煙を上げた東北六魂祭は仙台市では約37万人、盛岡市では約25万人もの人々を集め、東北人の不屈の魂を世界中に示す、大きなきっかけとなりました。
そして2013年。第3回を迎える東北六魂祭は、その舞台を福島市に移します。
福島県内の12市(会津若松市、 郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、 田村市、南相馬市、伊達市、本宮市)も参加。

■ 2013年6月1日(土) 10:00〜18:00 
ステージ…東北6大祭り、フラガール、福島県内の12市の祭り
14:00〜 ブルーインパルス
14:30〜16:45 パレード 
■ 2013年6月2日(日) 10:00〜17:00
ステージ…東北6大祭り、フラガール、福島県内の12市の祭り、TOHOKU ROCK'N BAND、チャリティコンサート
12:30〜14:45 パレード

■ 開催場所 福島県福島市(市役所西棟建設予定地/国道4号ほか)
■ 参加祭り 青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつり 
------------------------------------------------------------------------
ふくしまフェスティバル in 郡山2013
東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を願い6月1日に郡山市のさくら通りなどで開かれる。
メインのパレードは「東京ディズニーリゾート30周年スペシャルパレード」、モーガンクラブ、青森県の「弘前ねぷた」、沖縄県の「沖縄エイサー」など県外15団体の計18団体が出場。

■ 開催日:2013年6月1日(土)
第1部:ステージイベント 13:00~16:00
 (会場:開成山陸上競技場サブトラック内)
 佐渡おけさ、浅草サンバ、弘前ねぷた、沖縄エイサー他
第2部:パレード(会場:さくら通り) 16:30~20:00
16:40〜モーガンクラブ・ジャパン、スペシャルパレード ディズニーの仲間たち
17:10〜地元歓迎パレード
17:25〜全国各地のまつりの絆を郡山の復興の力に
 ※スケジュールは変更になる可能性がございます。
 ※雨天決行、荒天中止
物産展(会場:開成山陸上競技場)11:00~18:00
アニソン&バーチャルコンサート(会場:開成山公園内ステージ)
 アニソン 14:30〜15:50
 バーチャルコンサート 16:00〜17:00
------------------------------------------------------------------------
福島の旅 福島県の観光スポット、旬の地域情報が満載!福島の旅が丸わかり!!
観光有料道路、磐梯吾妻スカイライン、磐梯山ゴールドライン・磐梯吾妻レークラインは、今年度も無料開放!
------------------------------------------------------------------------
余談ですが…

NHKのSWITCH、5/25放送は「あまちゃん」の脚本家クドカンとバイオリニスト葉加瀬太郎さんでおもしろかったです。クドカンは宮城県出身ということで、震災の事にも触れていました。
録画はしていないので大まかな内容ですが…

(東北の人は自分たちがいる東北を)不便だし、なんにもないところだから…なんて言うけど、他人から言われるとカチンとくるんだよね。
震災後は、行っちゃてる人(感動的な話をたくさん持っている人)が多いけど、なんにもなくて、バスは1時間に1本だし…。自信がない、でも自分の一番近いところに一番愛すべきものがある。そういうところを伝えたい。

そうなんですよね、震災後は非日常的なニュースやエピソードばかりが取り上げられますが、東北のだいたいの所は、田舎とはそんな感じなんですよね。
そういう、なんでもなさそうな良さをわかってほしいですね。

SWITCHインタビュー 達人達(たち)「宮藤官九郎×葉加瀬太郎」 
Eテレ 5月25日(土)午後10時00分
葉加瀬さんのぶっちゃけトークもおかしかった(笑)

福島で暮らす | Comments(2) | Trackback(0)

ニシキギの花

2013年05月27日
2013052602

ニシキギの花はとても地味です。
錦木(ニシキギ)の名前通りの華やかな紅葉からは、ピンとこないですね。

2013052601

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

NHKスペシャル 病の起源 第2集 脳卒中

2013年05月27日
NHKスペシャル 病の起源 第2集 脳卒中 ~早すぎた進化の代償~
2013年5月26日(日)午後9時00分~9時49分
再放送/2013年5月30日(木)午前0時40分~1時29分(29日深夜)

いま人類は、脳に必要な酸素やエネルギーを運ぶ血管が破れたり詰まることで起きる “脳卒中”に苦しめられている。日本では2分に1人の割合で発症し続けている。なぜ人類は、脳卒中から逃れられないのか。人類は脳の血管に大きな弱点をかかえていることが明らかになってきた。700万年前、チンパンジーとの共通の祖先から別れ、脳を3倍以上にも巨大化させてきた人類。その過程で、脳の血管は驚くほど長くなり、大量の血液が流れるようになった。しかし、脳血管の壁は進化しなかったため、その脆弱さが脳卒中を引き起こす原因となっているのである。そして人類は、6万年前以降、新たな脳卒中のリスクに直面することになった。長年暮らしていたアフリカを離れ、食生活を変えたことで、血管に大きなダメージを与える事態に陥っていたのだ。私たちは、なぜ脳卒中になるのか、どうすれば発症を防げるのか、進化からその答えに迫っていく。

ヒトの脳の血管標本がスゲ〜。
毛細血管が綿菓子みたいです(汗)
この細かく枝分かれしているため、脳の血管が詰まりやすく敗れやすいらしい。
哺乳類の時代から、筋肉のように大量の血流を必要とする体の血管が厚く強いが、筋肉のない脳の血管は薄かったらしい。
そもそも進化の過程で、手先などで細かい作業ができるように脳が発達、ヒトで最も進化し発達した部分で血液を必要としているため負荷がかかりやすい(脳卒中など)のはわかっているらしい。

脳卒中が起こりやすくなるのは高血圧、高血圧は塩分の取りすぎ、このあたりは知られてますね。以前「3大栄養素は?」ときかれて、「塩分、糖分、脂肪分!」と冗談で答えていた私ですが(汗)

ヒトは塩がないと生きてはいけない、人の塩に対する本能的な欲求があるため取りすぎてしまう、塩の摂取は麻薬中毒の症状と同じだと…。なるほど、人は塩中毒なんですね。
この他にも脂肪などの取りすぎでより脳卒中のリスクが高くなってきたなどなど。

番組の最後。幹細胞を脳に送り毛細血管を再生するという治療法(臨床実験段階)、うぉ〜なんか、すごいな。

脳卒中の起源はわかりましたが、結局のところ…
塩分控えめ、適度な運動をして、脂っこいもんばっか食うんじゃねえよ!
ってことですねえ(笑)
良い子の皆さん、わかりましたか?
ドキュメンタリー | Comments(4) | Trackback(0)

白つつじ

2013年05月26日
2013052403

風早の美穂の浦廻の白つつじ見れども寂しなき人思へば

河辺宮人(万葉集 巻3-434)
亡き人を想うと、美穂の浦の白つつじを見ても心が慰められない。

つつじは華やかな色が多いけれど、白いつつじは、現世とあの世をつないでいるようなは非日常的な白い花に見えてしまう。
私に、心当たりのエピソードは全くないのですが…不思議です。



日記 | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感 ライサの復帰、他

2013年05月24日
新シーズンに向けて、あちこちの情報拾い読み…
しかし、その前に…

伊藤みどりさんが優勝 2013年5月19日
動画 Midori Ito - Oberstdorf 2013

おめでとう!
--------------------------------------------------------------------------------
ice network
05/22/2013 | Lysacek, Ten will move with Carroll to L.A. facility
キャロルコーチの記事。
ライサがソチにむけて本格始動。デニス10もじきに合流。
ライサは、2012-13シーズンから競技に戻るはずだったのですが、故障で断念したんでしたよね。ライサも靴で苦労しているらしい(汗)フリーは「サムソンとデリラ」、SPは新しくする。
キャロルコーチはライサに自信満々という感じではないように見えます。やってみないとわからないとも言えますが、勝算なくて戻るわけない…と、私は思います。

05/21/2013 Hard-working Aaron aims to modernize 'Carmen'
アーロンのSPは「カルメン」似合いそうですね〜。振付のローリーとは初めて。
フリーは亀さん振付。
SPに2本のクワド、フリーに3本のクワド…うーむ、伸び盛り若手の標準仕様?(汗)
--------------------------------------------------------------------------------
Jeremy Abbott: A Japanese Celebration 05/14/13
国別後のファンミ、来季のフリーは、2012年のプロ「Exogenesis」に戻す。
福岡(ファイナル)で!ソチ(オリンピック)で!さいたま(ワールド)で! 会いましょう〜。
--------------------------------------------------------------------------------
イタリア関連でいつもお世話になっているchicconeriさんのブログ 
Notte sul ghiaccio
ミーシャ・ジーのインタビュー
カロリーナ&アレックスTV出演
優しすぎるように見えていたエミューちゃんが…選手としてのキャリアはありますが、まだまだ若いお嬢さんです。しかっりと歩いているのだなあ。
--------------------------------------------------------------------------------
アモちゃん
故障が気になります。振付をランビが手伝っているらしい。

ペシャブル
亀さんを離れてシュピルバンドの元へ。スケ連の意向らしい。その場合、振付けは誰?

あっこ姐さん
マッシモとSPを作っているらしい。楽しみです〜。
--------------------------------------------------------------------------------
フィギュアスケート企画 不撓不屈 織田信成 (1) 2013/05/22
大阪日日新聞連載中

織田君の記事に限ったことではないのですが、年がどうとか、ピークがどうとか、自分で言うならともかく、取材側決めることではないと思うんですが。
今季のプロだと、EXの「ニューヨーク、ニューヨーク」が良かったなあ。
--------------------------------------------------------------------------------
美しいキモノ 秋号  2013年8月20日発売
「本誌初登場!! 可憐な姿で私たちを魅了する 浅田真央さんのきもの」
--------------------------------------------------------------------------------
(4/15/13) U.S. Figure Skating Bids to Host 2016 ISU World Championships in Boston
アメリカは、2016ワールド開催に向けて名乗りをあげたもよう。開催地はボストン。
ロス・マイナー、キャリエール、ガオ、キャスティル&シナピアの拠点
--------------------------------------------------------------------------------
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

オニタビラコ

2013年05月24日
2013052401

古いビルとビルの隙間、日差しが差し込む溝に沿ってオニタビラコ(鬼田平子 )が咲いていました。白い花はハルジオン。
古ぼけたビル壁で壁画のように見えました。

2013052402
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

タイムの花

2013年05月24日
2013051303

野の花のようなタイムの花。
ハーブの定番ですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

文明を変えた植物たち

2013年05月23日

文明を変えた植物たち―コロンブスが遺した種子 (NHKブックス No.1183)文明を変えた植物たち―コロンブスが遺した種子 (NHKブックス No.1183)
(2011/08/26)
酒井 伸雄

商品詳細を見る

自然と人が交差したとき、何が起こったのか
6つの「たね」が誘う、文化・産業の発展史
1492年、コロンブスが大西洋航路を発見したことをきっかけに、さまざまな植物がヨーロッパ大陸に伝来した。
なかでも、ジャガイモ、トウモロコシ、カカオ、トウガラシ、ゴム、タバコの六種の存在は、私たちの生活を、豊かで潤いのあるものに激変させたといえる。
その伝播の軌跡を縦軸に、食文化や政治、産業などを横軸として、小さな種子たちが、文明を大きく押し上げ、現代の社会や文化を築いてきた歴史をひもとく。


食物にはそれぞれルーツがあり、歴史がある。内容はだいたい想像した通りなんですが、知っていた事もあれば、目からうろこもありでおもしろかったです。
なぜか、アートを連想させるエピソードが多かった。
-----------------------------------------------------------------------------
●ジャガイモ
ジャガイモの原産地はアンデス、16世紀ころヨーロッパに伝わったのではないかという。当初は地下に育つ不気味な「珍奇」植物として、食物の地位は低かった。
ところが主食であるムギ類に比べて、同じ面積の畑から収穫できるエネルギー量がはるかに大きく(4倍以上)、ムギが凶作でもジャガイモは収穫できることなどから、広く栽培されるようになっていった。
安定したエネルギー源を得ることができるようになり、ヨーロッパでは飢餓がなくなり人口も増え、国力をつけていくことになった。

なるほどねえ、ヨーロッパの貧しい食卓というとジャガイモが登場するのはそういうことなんですね。
「ジャガイモを食べる人々」は、信仰深く、貧しい人に寄り添っていた若い頃のゴッホ、初期の傑作。貧しい家ではパン(ムギ)を食べる事ができないんですね。
しかし、この絵は暗いな…(汗)
ops78wp 0es vi90s
フィンセント・ファン・ゴッホ「ジャガイモを食べる人々」(1885年)
-----------------------------------------------------------------------------
●ゴム
ゴムなしにはタイヤはなく、タイヤの進化がなければ、今の車社会はないということで。
中米原産のゴムはコロンブスによってヨーロッパへもたらされ、生ゴムから弾力性のあるゴムが開発され、そして空気入りのタイヤへと発展していった。
タイヤが黒いのは、見分けやすくするためカーボン・ブラックをまぜたところ、タイヤの耐久性が向上したことからだと…お〜知りませんでした。

そういえば、古タイヤアートというのがあった…
Yong-Ho-Ji氏の作品。すごすぎですね!
アーティストは、絵の具でも、石でも木材でも、CGでも、表現手段となる素材や技法との運命のような出会いがあるものですが、古タイヤってのはユニークです。古タイヤがこうなるとは、タイヤを発明した人もびっくりだろうなあ(笑)

公式サイト Yong Ho Ji
yonawaiwa90eww0p
yonwaiaw

ちなみに、タイヤなどの原料になる天然ゴムが取れるのは「パラゴムの木」。
観葉植物に「ゴムの木」がありますが、これは「インゴムの木」で、ゴムは取れるものの良質ではないらしい。
-----------------------------------------------------------------------------
●チョコレート
チョコレートの原料はカカオ豆。
カカオの木、花、実の付き方を初めて見た時はびっくりですよね。そしてここから、食べておいしいチョコレートになるまでの複雑な工程にも。
カカオ - Wikipedia

チョコレートの起源は、紀元前1000年のメソアメリカ(メキシコ、中央アメリカ)、マヤ文明では高貴で宗教的な飲み物だったらしい。当然ながら砂糖は入っていはず…苦いだろうな。
16世紀頃、ヨーロッパにもたらされたカカオは、当時メソアメリカを支配していたスペインの独占で、チョコレートの製造法も極秘だったらしい。
上流階級の飲み物だったチョコレートが、庶民に行き渡るのが産業革命の頃。
飲み物だったチョコレートが固形のチョコレートになるいきさつは…なるほど副産物からだったんですね。ヴァン・ホーテン、キャドバリーなどおなじみのチョコレートメーカーが出てきます。

マヤ時代もヨーロッパに伝わってからも、また18世紀頃日本に伝わった当初も、チョコレートは高貴なもので、薬用、または薬効があると信じられてきました。
薬効がどれほどのものかは、諸説あるとして、疲れた時にチョコレートが欠かせない私としてはうれしい。
そんな神秘的で、幸せな気分にしてくれるチョコレートを映画にしたのがこちら。

ショコラ [DVD]ショコラ [DVD]
(2009/06/19)
ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ 他

商品詳細を見る

フランスの小さな町に謎めいたヴィアンヌが娘とともにやって来た。伝統と規律を守り、日々静かに生活を送るその町で母娘はチョコレート・ショップを開店する。見たこともない美味しそうなチョコレートで溢れた店、人々は自分の好みにピタリとあわせて勧められるチョコレートにすっかり虜となる。美味しいチョコレートとヴィアンヌの不思議な魅力が閉ざされた人々の心を解き放っていく。がそれが古き伝統を守ろうとする町の指導者の反感をかってしまうことになり・・・。
-----------------------------------------------------------------------------
●トウガラシ
トウガラシ歴史は古く、紀元前8000〜7500年にはアンデスで栽培されていたらしいですが、栽培がいつ始まったのかは、よくわかっていないらしい。
世界に広まったのは16世紀頃、トウガラシを使った食品が当たり前なので、なかった頃の食事情が想像できないくらいですね。
トウガラシが伝わる前のイタリアン、カレー、中国料理、韓国料理、アジア・中東のエスニック…想像できない。特にキムチはトウガラシ抜きだと別物ですよね。
-----------------------------------------------------------------------------
●タバコ
タバコもまたアンデスに起源があり、コロンブスによってヨーロッパへ、そして瞬く間に世界に広まったらしい。
薬用として、特にペストに効くという噂が広まり大流行。
タバコをモチーフにした絵画はたくさんありますが、浮世絵に描かれるキセルは、優美ですよね。

969vsiefjpow9
歌川国芳画「ほぐぞめ」
紙縒(こより)できせるの手入れをする美人…だとか。
-----------------------------------------------------------------------------
●トウモロコシ
現在のトウモロコシは品種改良が進み…というか進みすぎたおかげで、人の手を介さなければ育たない。
では原種の野生種のトウモロコシはというと、見つかってないらしい。絶滅したか、あまりにも今のトウモロコシと姿形が違うので気がつかないのではないかと。
そうなんだ…そんなことは考えもしなかったです。
トウモロコシを主食にしているかどうかは置いておいて、トウモロコシの約40%が家畜飼料として栽培されているという。家畜の配合飼料の半分はトウモロコシ、つまりトウモロコシなしには肉食生活は語れない、ありがたい穀物なんですね。

ところで私は全く知らなかったのですが、こんなコーンがあるんですね。glass-gem-corn(グラス・ジェム・コーン)、宝石みたい!
遺伝子組み換えでもなく品種改良、日本では売ってないっぽいですが、食用らしいですよ。
Seeds Trust/公式サイト
ouy554e45e54


| Comments(0) | Trackback(0)

藤棚のある公園

2013年05月23日
2013051911

日曜日は藤棚のある公園に行きました。
ピークには1週間くらい早いかもしれませんが見事です。

20130051915
長方形の池を囲むように、藤色と白の藤棚が続いています。
この日は写生会が行われていました。
2013051918
年数のたったフジの幹は、書か水墨画の龍のようでかっこいいですよね。

2013051912

白い藤も見事です。

20130051913
香りは白藤の方が甘く強く香ります。
蜂もたくさんいますが、花に夢中で人には無関心のようです。

2013051920
池の対岸のツツジも咲き始めています。

2013051917
ボリュームが、ご飯大盛り!…的な?(笑)

2013051921
藤棚の間から日が差すと、緑が明るく一層華やかな感じになります。

2013051919
藤棚のある公園はたくさんありますが、ここは周囲の緑もきれいで藤棚が映えます。
静かなのはうれしいですが、もう少し人に知られてもいいなと思います。

霞ヶ城公園

花めぐり | Comments(2) | Trackback(0)

黄牡丹

2013年05月22日
2013051906

黄色い牡丹は、たぶん初めて見ます。
検索してみると、黄色種もいろいろ、これは「黄冠(おうかん)」かな。

日本牡丹協会

動植物 | Comments(6) | Trackback(0)

八重黒龍

2013年05月22日
2013051908

八重咲きのフジもあるんですね。
「八重黒龍」かっこいい名前です(笑)
つぼみがアヤメのような濃い紫で、とても個性的です。

2013051909

動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

ニコンD600マニュアルに、ダイスケと真央ちゃん

2013年05月21日
ニコンの雑誌にフィギュアスケート写真が載っているというのはコレ。
ダイスケのピアソラ2点、ステップで飛び散る氷が美しい。もう1点は、アクセントっぽい腕をあげてジャンプのシーン。
真央ちゃんは、メリーポピンズと白鳥の湖、白鳥のスパイラル、しなやかな体のラインが美しい。
チョーク&ベイツの「ドクトル・ジバコ」
ユリア・リプニツカヤのEX、背中にぴったりつく足の所。でも前からだとわかりづらいな。

計6点の写真は、いずれもドラマチック、または美しい瞬間をとらえることができるカメラの性能をアピールするものです。
本書はマニア向けのマニュアルですので、お値段も…(汗)
写真は美しいので、立ち読みだけでもぜひ(笑)

ニコンD600マニュアル (日本カメラMOOK)ニコンD600マニュアル (日本カメラMOOK)
(2013/02/16)
不明

商品詳細を見る

カメラマンは、フィギュアスケートの記事でもおなじみのこの方
●戸村 功臣 TOMURA ATSUSHI
-------------------------------------------------
5/23追記
見てきました(立ち読みともいう)こちらにもダイスケと真央ちゃん。
おすすめは上記の「D600マニュアル」かな。

ニコン D7100 オーナーズBOOK (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)ニコン D7100 オーナーズBOOK (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)
(2013/04/30)
不明

商品詳細を見る
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

山は藤の盛り

2013年05月21日
2013050903

黄色の花が多い春が過ぎ、新緑の頃になると紫系の花が多くなります。
桐、ライラック、アヤメ、クレマチス、すみれ、わすれな草…そして、藤の花。

2013051901
この時期、山のあちらこちらに流れるような紫の塊が出現します。
こんなにたくさんフジがあったのだなあと気がつきます。

2013051902
遠目でわかっても、山の中にあるのでなかなか近づけないのですが、ここは切り通しの道で間近で見ることができました。

2013051904
近くで見ると迫力あります。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

宇宙で試みる芸術表現

2013年05月20日
宇宙飛行士若田光一さんのTwitterを読んでいると、ISSで行われた「無重力空間における芸術表現」の動画が紹介されていました。

動画【ニュースミニ】宇宙で試みる芸術表現 宇宙ステーション「きぼう」での実験

国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」で、無重力空間における芸術表現で驚きや­感動を発見してみようと JAXAは、さまざまな実験を行なってきました。 
平成25年3月30日、実験を発案した学者たちが多摩六都科学館のプラネタリウム集ま­り、実験内容や作品を紹介しました。
筑波大学教授の逢坂教授は、直径8cmの水球に墨流し技法を用いてインクを流し、地球­大気に見られる雲の流れのような模様をつくりだした様子を紹介。予期せぬ色彩の動きや­広がりを見た感動と興奮を語ってくれました。東京大学大学院の河口教授が発案したのは­、抹茶の粉と水はどのように混ざり抹茶となっていくのかを確かめる実験です。そして、­お茶の水女子大学の石黒名誉教授の発案は、敦煌の壁画や仏教絵画で描かれる「飛天」を­ヒントにした無重力空間での踊り「飛天プロジェクト」です。


ISS関連のニュースでは、日本人宇宙飛行士が宇宙へ行ってよかった…みたいな、イベントっぽい取り上げたが多いですが、数々のミッション、実験などが本来の目的です。CMの撮影なんかもそうですが、いろいろなことをしています。しかし無重力空間で芸術活動!…とは?(笑)

水球に絵の具を垂らす…
抹茶を点てる…
飛天の舞を踊る…

そうか、そうか、やっちゃうか(笑)飛天の舞なんてコント?
笑っていいのかどうか?でも、ユニークですねえ。
アーティストが表現の場を、CGや電脳空間に移していく昨今、芸術表現はどうなって行くのだろう?と、わかったようなふりしていろいろ考えている私ですが(汗)…無重力とはねえ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
若田光一さんのtwitter @Astro_Wakata
若田宇宙飛行士最新情報 JAXA

若田光一さんは現在、国際宇宙ステーション(ISS)第38次/第39次長期滞在クルーとして、ロシアでトレーニング中です。
2度目の宇宙長期滞在は、2013年末から半年の予定。このミッションで、若田さんは日本人初のISSコマンダー(船長)を務めます。
これはすごいことなんですからね!自慢して下さいよ!(喜)
日本人の宇宙飛行士は、NASAで訓練を受けていますが、現在宇宙でイニシアチブを握っているのはロシア。ISSへの人の往復もロシアのソユーズ、ロシアなしには何もできません。
ということで、若田さんのTwitterは、英語、ロシア語、日本語、同じ内容を3カ国語でつぶやいてます。真面目だなあ(笑)

サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

NHKスペシャル 病の起源 第1集 がん 

2013年05月20日
病の起源 第1集 がん ~人類進化が生んだ病~
2013年5月19日(日) 午後9時00分~9時49分
再放送/2013年5月23日(木)午前0時40分~1時29分(22日深夜)
第1集は、人類最大の脅威となっている病“がん”。日本人の2人に1人が患い、3人に1人の死因となっている深刻な病気だ。“がん”は、多細胞生物に宿命の病と言われてきたが、自然界の動物では、ほとんど見つからず、進化の隣人チンパンジーでさえ、“がん”で死ぬ個体は極めて稀だ。なぜ人類だけが、これほど“がん”になり命を落とすのか。その答えは、人類が二本の足で歩き脳を巨大化させてきた陰で、宿命として抱え込んでいたことにあることが、最先端の研究から明らかになってきた。実はヒトは、他の動物に比べ“がん細胞”が増殖しやすい条件を、進化の過程で幾つも抱え込んでいたのである。“がん”を増殖させ続ける遺伝子、“がん細胞”の栄養源を大量に作ってしまう仕組み、そして“がん細胞”の増殖を防いできた体内物質の減少など・・・。
  進化の陰で宿命として“がん”になる種が埋め込まれていた人類の体。私たちはどう“がん”に向き合い、闘っていけばよいのか、進化の過程から紐解いていく。


人類の進化、歴史からがんの成り立ちを探る番組。
前日5月18日のプロローグが、ちょっと雑な作りで気になってましたが(汗)、本編はちゃんとしたクオリティでほっとしました。
がんを網羅するには広範囲すぎて、内容ははしょった感はありますが、がんを様々なアプローチで見るという意味で興味深いです。
人類の進化の過程には、がんになりやすくなったポイントがいくつかあるらしい。そうりゃそうだと思う点もあれば、え〜…?ってのも(笑)

細胞増殖が暴走するがんは、生命が単細胞生物から、細胞をコピーして増殖する多細胞生物になった時点でがんのリスクを負った。
「あいつは単細胞だから…」と昔よく聞かれた言葉ですが(古い〜)、曲がりなりにもヒトだから、それはナイと(苦笑)
ここでちょっと疑問だったのは、細胞増殖が多くなればなるほど、がんにかかりやすいなら、大きな動物(細胞の増殖が多い生物)はがんにかかりやすいような気がしますが、そこにはふれてない。

生物の中でも人間は特にがんにかかりやすいらしい。99%まで遺伝子が同じチンパンジーががんになる確率は2%、人間は30%(日本人)だという。
その違いは、生殖行動が人間とチンパンジーでは大きく違うから…セイショクコウドウ?(滝汗)
簡単にいえば、発情期がわかりづらい人間では、オスは年中生殖活動を続けなくてはならない、そういう体の作りががん発症を高めている…らしい…いやはや(汗)
え〜とですね…セイショクコウドウでがんになるわけじゃありませんよ(爆)詳しくは再放送見てください。

脳の巨大化もがんを増殖させることになったという。
人だけが加速度的に脳を大きくしていったが、その細胞増殖に欠かせない物質FASが、がんの増殖に関係しているらしい。
現在それをブロックする薬が開発中。
アメリカでは、紫外線の少ない地域(緯度の高い地域)では、ビタミンDの生成が少なくなり、がんにかかりやすいというのデータ。
…ただしこれも、地域に関係なくずっと外で働いている人もいれば、内勤の人いるわけなので、一概には言えませんね。

産業革命以降の有害物質や、ライフスタイルの変化もがんの要因になっているらしい。
夜勤の多い人の方が、がんにかかりやすいとは初めて聞きました。がんを抑制しているのではないかというメラトニンは、深夜就寝中に分泌されるが、起きていると分泌が少ないらしい。
といって、広い意味で、夜も活動している今の社会生活を捨てることはできないですよね(汗)

進化から見たがんということで、特定の何かががんを引き起こすというのではなく、上記の要因や他の要因のいくつかが重なり発症するということでしょう。
日本人は特にがんにかかりやすいことや、治療法までは取り上げていません。
番組から何か結論や答えを出すことはできませんが、今の暮らしであれば、がんと付き合っていくしかないのだろうなあと感じます。
がんは怖い病気ですが、以前に比べたら、例えば5年前、10年前と比べても治療法や捉え方も前進、変わってきています。

ところで先日、アンジーの「乳がんの予防的治療」がニュースになりましたが、だいぶ前にNHKで放送された「驚異の小宇宙・人体3 遺伝子」で、アンジーと同じ理由で、予防のために同じ手術を受けた女性(たぶんセレブ)が登場していました。
最初に見た時は、とても驚いたことを今も覚えています。人はそんなことまで…お金持ちはそんな事ができるんだ…と。
番組の取材時を想定すると約15年位前、あれから情報、状況変わっているとは想像しますが、有効な治療法としてメジャーになりつつあるのでしょうか。ですからアンジーのニュースに、私ははそれほど驚きませんでした。

驚異の小宇宙・人体3 遺伝子・DNA
NHKスペシャル(1999年放送)
NHKオンデマンドでは見られるらしい。

ドキュメンタリー | Comments(2) | Trackback(0)

わすれな草

2013年05月19日
2013051801

こぼれ種から育ったのでしょう。住宅街の道に咲いていたわすれな草。
可憐だけれども控えめな花。
そして名前が…ロマンチックすぎる(笑)

2013051802

動植物 | Comments(4) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感 オフもやっぱり忙しい

2013年05月18日
20130515 Daisuke Takahashi
Daisuke Takahashi: Japan's golden boy on the importance of being 'gorgeous'(記事)

噛んでない(笑)インタビューも良かったし、映像もかっこいいですね。
日本の取り上げ方とは違って新鮮。
観客があって完成するスポーツ、調子の善し悪しはあるにせよ、大会ごとに別の表情を見せてくれるところが彼の魅力ですからね。
インタビューでは、彼の美学と控えめで生真面目な性格がよくわかります。

"I don't have the Olympics gold medal, so I definitely want it."

そうこなくては(笑)
-----------------------------------------------------------------------------
めざましどようび
20130518 Daisuke Takahashi MEZADO

あいかわらずの癒しキャラで(笑)
靴は昨シーズンは20足(くらい)…!?いったいどうなってるんでしょうか(汗)この問題さえ解決すれば、何でもできそうな気がしてきた。
-----------------------------------------------------------------------------
フィギュア村上らが演技 存続決定の臨海SCリンク 共同通信2013年5月16日
カナコも町田君も刑事君も素敵だったらしい〜。
-----------------------------------------------------------------------------
鈴木明子オフィシャルブログ
なるみちゃんのブログ
こづのぶろぐ

あっこ姐さんはデトロイト。BBQ楽しそうです。ブログの写真にいろんな人が映ってますね〜
こづ、なるみちゃんと木原君
お〜、なるみちゃんのブログにもBBQの様子が。
こづのブログには、ニューヨークで浅田姉妹と一緒だった記事もありました。
みんな忙しそうです。
-----------------------------------------------------------------------------

ワールド・フィギュアスケート 59ワールド・フィギュアスケート 59
(2013/06/28)
ワールド・フィギュアスケート

商品詳細を見る

フィギュアスケートdays16の表紙は、国別のチームジャパン。
そうきたか〜、となるとこちらは?
一度ボロソジャル&トランコフがいいなと思うものの、前号が外国選手(パトちゃん)だったから、次は日本人かな?
AOI後の発売ですから、その出演者のうちの誰かかもしれませんね。

AOI 番宣
-----------------------------------------------------------------------------
icenetwork
Menshov tries to move past tumultuous season(05/15/2013)
いろいろあったシーズンについて、最後の方にプログラム制作でアメリカとありますが、誰が振付なんだろう?

Zawadzki zaps her demons for Olympic season
クリスティ・カラルコーチとともにコロラド拠点のアグネス。
オリンピック、アメリカ女子は3枠は素直にうれしいけれど、あんまり意識しないようにしてる。
本人もよくわかっている、問題はメンタルなんだよねえ(汗)
SPは持ち越し、フリーはウィルソン振付のタンゴ。

アメリカの男女シングルは混戦、来季誰が来るかも、まだまだわかりませんね。


フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | Next »