2013年08月30日
2013083001

心の美しい人は、蓮の中に観音様が見えるはず…。
…と振ると、私の友人のだいたい半分くらいが「見える、見える」と言います。困ったものです(笑)

2013083003

蓮の花もそろそろ終わり、種の方が多くなってきました。

2013083002

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

福島のこのごろ 豊かな水が…

2013年08月30日
豊かな水が福島の自慢だったのですが…。
原発事故収束に向けて最大の課題は、処分場問題と汚染水問題、ここに集約されてきたように思います。
最終処分場が決まらなければ、中間貯蔵施設も決まらない、除染も進まないことになります。
事故現場付近の高濃度に汚染されたがれきと、今現在人が暮らしている地域では、除染のあり方も違いますが、置き場所がないのはいずれも同じです。
除染の効果がどれほどか、たとえば原発から50〜60kmのわが町の空間放射線量では効果がないと言われて久しいのですが、これは場所により、場合によっては1軒ごとに異なります。効果がないなら次どうするか考えるためにも、まず放射性廃棄物の処分場がなくてはなりません。

そして汚染水問題、廃炉処理以前に、毎日大量に発生する汚染水に手一杯のように見えます。この状況で廃炉計画もなにもない。
これから台風のシーズン、空から降ってくる水も多くなるというのに。

201308260700

汚染水大量漏出に大気中の線量一時上昇 原発事故収束宣言は間違いだったとの指摘 
2013/8/28 J-CAST ニュース

原子炉建屋の地下水が汚染されて1日約400トンも出ているほか、2013年8月19日には汚染水の貯蔵タンクから約300トンもが漏れる事故があったことが分かった。この事故では、地盤沈下を受けて移設されたタンクから漏れており、タンクにゆがみができていた可能性も報じられている。また、汚染された地下水については、東電が地中を薬剤などで壁に固める作業を進めているが、その影響からか地下水位が上昇しており、壁の上や横からあふれ出る恐れも指摘されている。
タンク事故との因果関係はまだ分からないが、福島第1原発の近辺では、大気中のセシウム濃度が上がったことも相次いで報告されている。
タンク事故については、政府の原子力規制委員会が28日、国際原子力事象評価尺度(INES)をこれまでの1から「重大な異常事象」に当たる3に引き上げると発表している。

セシウム濃度一時上昇 「放出源は原発」福島県が推定  2013/8/28 日経
東電 汚染水漏れ原因調査の計画示す 8月28日 NHK

汚染水漏れはもちろん、事故の現状も全くつかめていないのが問題です。
一つ一つ解決していくしかないのですが、タンクなど汚染水を保管する施設も老朽化していく、時間はありません。
--------------------------------------------------------------------------------
情報開示にIAEA苦言 汚染水漏れは「レベル3」 2013/8/29 日経
 東京電力福島第1原子力発電所で起きた汚染水漏れに絡み、国際原子力機関(IAEA)は日本側の情報開示に懸念を示した。汚染水問題そのものには事故評価の目安である国際原子力事象評価尺度(INES)に基づいてレベル3(重大な異常事象)との判断が固まったが、正確で迅速な情報発信に努めなければ、国際社会の不安を増幅させる恐れもある。
原子力規制委員会は最も深刻な評価を示すレベル7にあたる福島第1原発の事故で、汚染水問題を別のレベルに定める必要があるのかをIAEAに問い合わせた。IAEAは「事故と切り離した評価も可能」と答え、レベル3の評価が固まった。

--------------------------------------------------------------------------------
全漁連 東電社長呼び強く抗議 8月29日 NHK
福島第一原子力発電所で汚染水を巡るトラブルが相次いでいることを受けて、福島県沖の試験的な漁が延期されるなど漁業に大きな影響が出ていることから、全漁連=全国漁業協同組合連合会は29日、東京電力の廣瀬社長を呼び、強く抗議しました。
東電:28日に福島県漁連と協議-地下水バイパス計画の説明で 2013/08/27 ブルームバーグ
東京電力 は28日に福島県いわき市で漁業関係者と会い、汚染水を減らす有効な手段と考えている地下水バイパス計画について説明する。
東電は、山側から流れる地下水を原子炉建屋付近の汚染源に達して汚染される前にくみ上げて海に放出するバイパス計画を検討している。水をくみ上げるため、既に12本の井戸が掘られているほか、配管設備や一時的に保管して水質を確認するタンクなどの設置も完了している。
東電が経済産業省に提出した資料によると、同社は地下水のくみ上げから海洋への放出までを3日間のサイクルで運用することを計画している。1日目にタンクでくみ上げた地下水をタンクに貯蔵し、2日には含まれる放射性物質の濃度を分析し、許容の上限である1リットル当たり1ベクレル以下であれば3日目に放出する流れだ。


「汚染される前の地下水」をくみ上げて海へ放出、これはもうやるしかありません。ためておく方法と今後のリスクを考えると、他に方法がないと思う。
問題はやり方と、世論からの理解でしょう。なぜ大量の汚染水が発生するのか、きちんとした説明をすることからですね。

201308260200

第1、2原発「廃炉前提」 立地4町、初めて認識共有 (2013年8月30日 福島民友ニュース)
東京電力福島第1、2両原発の所在4町や町議会でつくる県原子力発電所所在町協議会は29日、広野町で臨時総会を開き、第1、2両原発について廃炉を前提にした考え方を共有していくことを確認した。同協議会で廃炉が議題に上ったのは初めて。

事故を起こした第一原発は廃炉が決まっていますが、隣接した第二原発(停止中の6基)もあります。信じられないことかもしれませんが、(ついこの間まで…と言っていいかも)立地自治体によっては、第二原発の再稼働を望む声がありました。
原発は自治体にとり、それだけうまみのある事業なのでしょう。それは福島だけではありません。


福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

ホウセンカ

2013年08月29日
2013082603

隣家のホウセンカが花盛り。

てぃんさぐぬ花(歌詞つき)古我地
『てぃんさぐぬ花』(歌詞&訳)
ホウセンカの赤い花で爪を染めるのは魔除けだという。
沖縄民謡「てぃんさぐぬ花」はホウセンカと聞いていましたが、この歌が、教訓を伝える歌とは知らなかった(汗)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ダイスケのソナチネ、断片を漁ってみる

2013年08月28日
20130823 Daisuke Takahashi 新SP披露
私が全て見るのはしばらくおあずけ。
最初にニュースで見た映像は断片的で、音楽と格闘しもがいているように見えたのですが、こちらの動画では、エモーショナルな流れがわかります。すごいディープエッジだなあ、映像だとスピードがわかりにくいのがもどかしい。
そしてダークで濃い(笑)この暗さを好むところが、私がファンである理由の一つなんですよね。
FOIでは回を重ねるごとに良くなっているとの現地の感想などを読みました。楽しみです。
今回、佐村河内さんが会場にいらしたとか、タイミングを逃すと会うチャンスもなかなかないので、早いうちに会えたのは良かったですね。

20130826 Daisuke Takahashi 特集
これだけ時間とっているなら、過去の反省は抜きで、SPフルで放送してくれ〜…と思いつつも、ありがたいと思ってますよ(笑)
振付けシーンがうれしい。仕事人ミヤケンがかっこいい。
回を重ねるごとに濃さを増しているという皆さんの感想に納得。そして暗さの中に強い生命力を感じさせる。こんな表現が出来る現役はダイスケだけ…とファンは思うワケ(笑)
それにしてもステップが、エッジ使いがすごいですね〜。
バイオリンの伸びる音色とダイスケの全身を使った表現がシンクロ、というかうねりとでもいうのか、ゾクゾクします。いやあこれは楽しみです!

衣装は黒、個性的でありつつエレガント、好きです。
何かの衣装に似てる?エプロンっぽい?
…ああ〜江戸の大工の腹掛けのように見えなくもないですが(笑)素敵です、ホントだって(汗)
ダイスケバナーじゃなくて、ファンはこっちの装束で応援するとか?(爆)
ご注文はこちら→ 腹掛
---------------------------------------------------------------------------------
新進気鋭 山隈恵理子、山隈太一朗(1)大阪日日新聞(8月27日)

ジャパンオープン2013 3地域対抗戦
フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2013|テレビ朝日
---------------------------------------------------------------------------------
それでも前を向くために be SOUL 2 Facebook

それでも前を向くために be SOUL 2それでも前を向くために be SOUL 2
(2013/10/31)
高橋大輔

商品詳細を見る

---------------------------------------------------------------------------------

ワールド・フィギュアスケート 60ワールド・フィギュアスケート 60
(2013/08/28)
ワールド・フィギュアスケート

商品詳細を見る


日本男子フィギュアスケートFanBook CuttingEdge2013+Plus (SJセレクトムック)日本男子フィギュアスケートFanBook CuttingEdge2013+Plus (SJセレクトムック)
(2013/08/28)
不明

商品詳細を見る
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

あかね雲

2013年08月27日
2013082601

夕日に赤く染まった空をもっと見ていたいと思っても、あっという間に群青色へと変わってしまうのでした。


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

最近のドキュメンタリーから(2013.8.26)

2013年08月26日
SWITCHインタビュー 達人達 「宮崎駿×半藤一利」
Eテレ 8月3日(土)午後10時00分~午後11時00分
零戦の設計者という実在の人物を主人公に、初めてリアリズムに挑んだ映画監督・宮崎駿と、歴史探偵・半藤一利。二人が読み解く「昭和」、現代に投げかけるメッセージとは?
子ども向けファンタジーに徹してきた宮崎駿(72)が、初めて戦争のただ中に生きた人々を描いた「風立ちぬ」。この映画をどうしても見せたかったのが、近現代史の裏表を知り抜く作家・半藤一利(83)だった。半藤が独自の視点で読み解く「宮崎版昭和史」とは? 今、昭和に向きあう意味とは? 声優のプロを起用しない理由から、トトロ誕生秘話まで、宮崎を「久々に出会う天才」という半藤が、その創作の秘密に迫る1時間。


宮崎監督の告白…という側面もさることながら、半藤一利さんの鋭さに舌を巻く。
------------------------------------------------------------------------
NHKスペシャル 緒方貞子 戦争が終わらない この世界で
2013年8月17日(土) 午後9時00分~10時29分
緒方貞子さん、85歳。1991年から10年に渡って国連の難民救済機関UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のトップを務め、“戦争が生み出した弱者”である難民を救うため、世界を駆け回った。
難民一人一人の声に耳を傾け、一人でも多くの命を救うために、前例にとらわれない決断を次々と下していった。
人道支援の歴史を変えたとも言われる、大胆かつ勇気ある行動と決断
。 そこには、これまで明かされることのなかった、緒方さん自身の、幼少期からの戦争を巡る経験や、人生の節目節目での意外な人々との出会いも、大きく影響していた。
緒方さんが果たした難民高等弁務官としての業績と知られざる人生を、ドラマとドキュメンタリーを織り交ぜながら、壮大なスケールで描いていく。


報道で見るようになってからの緒方さんは、すでに高い地位にいたので気がつきませんでしたが、名家と認められる家に生まれ、高い教養を身につけていたとはいえ、日本人女性が1960年代に国連で活動し、国連難民高等弁務官として英断を下す、やはりすごいことですね。
困難な状況で、自分が何をすべきかを見失わずいる強さにただ感服しました。
------------------------------------------------------------------------
NHKスペシャル 僕はなぜ止められなかったのか?~いじめ自殺・元同級生の告白~
2013年8月25日(日) 午後9時00分~9時49分
再放送/2013年8月29日(木)午前0時40分~1時29分(28日深夜)
14歳のとき、“相棒”と呼び合った友だちから「今までありがとう。さようなら。」というメールを受け取った少年がいる。その友だち・篠原真矢(まさや)くんは、 自分や友だちがいじめられていることを苦にし、少年にメールを送った直後、自ら命を絶った。
少年は、「なぜ何もできなかったのか」と悔やむ気持ちを抱えながら、3年たった今も、月命日には必ず真矢くんの両親のもとを訪ね続けている。
いじめは、被害者だけでなく“傍観者”にも時として大きな心の傷を残す。番組では、少年が「何もできなかった訳」をドラマで掘り下げながら、その悔いをなんとか軽くしてやろうと言葉を探す父親との交流の夏をドキュメントで追う。


なす術もなく、親友を死なせてしまった悔いを、少年は乗り越えることができるのだろうか?
3年経った今も、月命日には亡くなった友人の家に泊まりに行く…両親との交流が切なく、そして限りなくあたたかい。誰にでもはあてはまらないけれど、こんな関係もあるのですね。

亡くなった人を思う時、ふと思い出す本がオースン・スコット・カード「死者の代弁者」。今年映画化が決まった「エンダーのゲーム」の続編です。
戦闘シーンなどいかにもSFらしい「エンダーのゲーム」とはまったく毛色の違う続編は、地味ではあるけれど「エンダーのゲーム」以上に好きな作品です。
宇宙を巡りながら、死者の物語を残された人々に語る「死者の代弁者」となったエンダー。傍観者であり、死者を「供養」するような仕事だろうか。
そうはいっても、それは生きている者の自己満足ににすぎないのかもしれませんが。

死者の代弁者〈上〉死者の代弁者〈上〉
(1990/09)
オースン・スコット・カード

商品詳細を見る
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)

残暑

2013年08月26日
暑い日が続きますが、お盆が過ぎて日差しに秋の気配を感じます。
我が地方では、30度を大きく越えることはもうなさそうで、それだけでもありがたい。
異常気象に翻弄される夏ですね。皆さんもどうぞお気をつけ下さい。

2013081707
打ち水をした庭石が夕方の定位置。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

白いサルスベリ

2013年08月21日
2013081702

サルスベリの白が涼しげです。
これはまだ鉢に収まるほどの若木。

動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

ヒオウギ

2013年08月20日
2013081706

いかにも夏色、檜扇 (ヒオウギ)のオレンジが目を引きます。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ギボウシ

2013年08月18日
201308170300

猛暑の夏も半日陰のギボウシには心地いいらしい。
今年は特に花のつきがいいような気がする。

2013081704

動植物 | Comments(0) | Trackback(1)

フィギュアスケート雑感 新プロ続々公開

2013年08月18日
JUL 2013 Akiko Suzuki ★ Edith Piaf
「愛の讃歌」、リリカルなバイオリンは古澤巌さん、このプロのグラムのためのオリジナル演奏です。
王道で、申し分なく美しいプログラムです。気持ちよく滑ってますねえ。
こういうプロを待っていた…という気持ちと、彼女らしさ、彼女にしかないカラー…となると、ちょっと弱いかもしれないという2つの印象が交互にきます。
これからの滑り込みもカギでしょうが、エレメンツをきっちり決めて、そのうえでどう評価されるかは、まだ未知数。

Satoko Miyahara SP 2013 Asian Open FST
Satoko Miyahara Asian Open Trophy FS 11-08-2013
テレビの放送などでは、小柄で幼い見た目が気になるのですが、これはホームビデオ撮影、遠いぶん全体の様子がよくわかります。スピード、キレ、動きも大きい、シニアで通用するスケーティングがよくわかりますね。
戦メリとポエタ、どちらもいいプログラムだと思います。

Tatsuki Machida FS 2013 Asian Open FST
4T+3T!
遠いので鳥っぽさは分かりにくいけれど、全体にスピードがあってよかったです。思いっきりのよさというか。
今の時期これなら…と言いたいところですが、シーズンが進むににつれどうなっていくか。プログラムの完成度が増すというプラスの面もあれば、まとめなくてはという気持ちが、シーズンはじめの鮮烈な印象を失ってしまうこともある。気持ちや周りの見方の変化もある。
毎年確実にレベルアップしているのは間違いないけれど、そこでどう闘っていくか、町田君のポジションの難しいところなんですよね。

町田樹 白夜行
町田君自身による振付。
しっとり、とても日本的な感性、気持ちのこもったいい演技でした。
------------------------------------------------------------------------
アレックスがんばりすぎや〜(笑)
THE ICE 2013 - #thatPOWER
------------------------------------------------------------------------

家庭画報 2013年 10月号 [雑誌]家庭画報 2013年 10月号 [雑誌]
(2013/08/31)
不明

商品詳細を見る

好評連載「父と息子の肖像」にフィギュアスケーターの小塚崇彦選手とお父様の小塚嗣彦さんにご登場いただきました。


フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

夏水仙

2013年08月17日
2013081701

夏水仙 (なつずいせん)を園芸種だとずっと思っていましたが、里山に自生する植物だったんですね。
道理でこんな薮の中でも元気に咲いている。
水仙と名がついていても、ヒガンバナの仲間。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

熱帯夜

2013年08月16日


昼も夜も、どこもかしこも暑いです。
せめて夜くらい、健やかな眠りが欲しい…。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

お知らせ

2013年08月14日
2013080501

いつも読んで頂きありがとうございます。
さて、私ごとですが、現在日々の事に右往左往しております。しばらくの間ブログの更新が、これまでよりゆっくりになりそうですのでご報告致します。
…といいつつ、がつがつ書いてペースは変わらないかもしれませんが(苦笑)、滞ることになっても、様子を見てまた遊びに来て下さい。
休むわけでも、何か変わるわけではありません。コメントも断りがない限り、基本的に「非公開の拍手コメント」以外には返信いたしております。

大事なシーズンを迎えるフィギュアスケートのこと、福島のこと、ニュースなどなど、中途半端になっている記事や、書きたいこともいろいろあります。
上記の理由から、FOIなどフィギュアスケートの観戦やライブなどをいくつか見送ることになりましたが、ブログは皆様と共にこれまで通り、楽しみながら続けたいと思っていますので、よろしくお願い致します。

そんなこともあり、情報を得るだけで、ほとんどつぶやいたことのないアレを稼働させてみようかという気に最近ようやくなりました(笑)

hot nilgiri

ゲリラ豪雨の次は猛暑、過酷な季節です。
皆様、どうかお気をつけください。

このブログについて | Comments(6) | Trackback(0)

ダイスケのフリーが楽しみすぎる

2013年08月13日
五輪シーズンのフリー披露 高橋、合宿で4回転成功 共同通信 2013年8月10日
「現役をやめることを想像するのはつらいが、27歳までスケートができている今が一番幸せかな」

スケート 高橋大輔が合宿公開 8月10日 NHK
8月10日サタスポ
20130810 Daisuke Takahashi 合宿②
20130811 Daisuke Takahashi 合宿③
合宿中の高橋大輔を集めてみた。

いや〜断片であっても、何度見てもいいですね!(笑)
全身からプログラムへの愛を感じます。
近頃は美しく、きりっと大人っぽい顔つきでしたが、合宿の様子は少年っぽい笑顔にやたらキラキラした瞳、楽しくてしょうがないという感じ。
ローリーにつなぎのスケーティングがなってないと言われたそうですが、自分にまだ伸び代があるという喜びしか感じてないんじゃないかな(笑)

曲順…Yesterday Come Together Friends and Lovers In My Life The Long And Winding Road

イエスタディでクワド2本、3A、カムトゥギャザーでステップでしょうねえ。
クライマックスは、やはりワインディングロードかあ、泣かす気か…つうか、泣きの準備に入りそうだな自分(汗)

SPはどうなってますか、こちらも気になりますね。
-----------------------------------------------------------------
2013 AOI Daisuke Takahashi (skaters edition)
引き過ぎや〜(涙)と思う場面も多々ありますが、別角度もあったりで楽しい。
熱いファンには、まだまだ不満でしょうが、カメラワークは非常に凝っていると思います。
スケーターだけではなくミュージシャンとのコラボで広がる世界観、リンクは星空の海であり不確かな未来、そこへ旅立つ勇気、強くなりたいと願う心…そんな風に感じます。
荒川さんのナンバーについては、女神に魅入られてしまう人間界の男フミヤという関係性もプログラムの重要な要素だと思うので、これでいいはず。
-----------------------------------------------------------------
アジアンオープン、町田君優勝、女子は宮原さんが優勝。おめでとう!
町田君は攻めの構成で、4T+3Tが決まってる〜!
Asian Open Figure Skating Trophy 2013 Senior Men


フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

夕暮れのユニコーン

2013年08月12日
2013081002

先日参加した精密折り紙のワークショップで頂いた「ユニコーン」の折り方にそってがんばってみました。
先生に比べたらトホホ…ですが、完成して立った時はうれしかった。

2013081001
折り紙という日本の伝統的な遊びのイメージとは全く違う。どっちかいうとフィギュアを作る感じに近いですかね。
挫折したT-REXに比べたらずいぶん簡単
…かも?ユニコーンがなんとか出来たので、T-REXにもういちどチャレンジしてみようかという気になりつつあります。

西田シャトナー 折り紙作品展 & ワークショップ 2013年08月07日
アート・美術館 | Comments(4) | Trackback(0)

2013年のペルセウス座流星群は?

2013年08月12日
流星群のピークは8月13日未明、近年では最高の条件…期待できそうですよ。

特集 2013年 ペルセウス座流星群 Astro Arts
jters38p0

【ペルセウス流星群】今年はかなりの好条件2013年8月12日
流星群の活動が極大になるのは「13日の午前3時頃」の予想。
その前後の時間帯「今夜遅くから明日13日の明け方」は、
多くの流れ星が見られそう。
今年は
・放射点(流星の出発点)の位置が高い(高いほど観察しやすい)
・月明かりの影響がない
ということで、近年まれに見るよい条件で観測できることが予想されています。
さらに街灯などの明かりに邪魔されない、条件の良い場所で観察した場合、
1時間に50個以上!!流れ星を見ることができると言われています。



サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感 シーズンはどんどん進む

2013年08月10日
PIW東京、いろいろあって放送は全然見ていないのですが、よかったみたいですね。

さて本日のサタデースポーツ、見ましたよ!
ダイスケすごくいい感じです。
クワドが今の時点でこれなら!西宮リンクのニュースでも感じましたが、体がきっちり絞れていて、動きにキレがありますよね。
もうちょっと長く見たいーと思ううちに終わっちゃいましたが、フリーの様子もわかりました。
ローリーでどんな感じになるのかが気になる点でしたが、やはりつなぎですね、これまでと決定的に違うのは。
似た人探す意味もないんですが、エミューちゃん(コストナー選手)っぽいかな?つなぎが巧みというより、つなぎのスケールが大きい感じがしました。
そして美しいプログラムになりそう。
あと、アメリカ合宿から帰ってきたら、プログラムが変わってた!…なんてこともなくよかった(笑)…なにしろ、あの男ですからね(汗)
--------------------------------------------------------------------------------
真央ちゃんインタビュー(全4回)ワンピースがかわいい〜
「あなたの未来を強くする」住友生命公式facebook
「MAO ASADA応援プロジェクト」特設サイト

住友生命CM、小さい頃の真央ちゃんの映像は、5歳で最初の大会に出た時。
「自分の演技を見て元気になると言われるとすごくうれしい」
住友生命の熱い応援について「皆さんの応援が自分のパワーになるので、とってもとっても嬉しいです。」
一番大事にしているものは「5歳からずっとスケートをやってきて、本当にいろんなことがありました。悔しかったり、本当に自分にムカついたり、喜んだりと色んなことがあったんですけど、でもやっぱりスケートがあったからこそたくさんの方に応援して頂くことの喜びを感じることが出来るし、このスケートという競技を通じて試合での達成感を得ることできたんだと感謝しています。
だから、いまはスケートが一番大事にしているものであり、拠り所にもなっているものでもあります。このシーズンもスケートと一緒に歩んでいけたらいいなと思っています。」

どんな応援でもうれしいと感じるのは、やっぱりアスリートだなあと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
いいともの荒川さん見ました!
ダイスケネタはサービスでしょうか、タモさんが振ってましたねえ(笑)
一生懸命「剃った」のはこづかな?(笑)
なんかこう、男前な荒川姐さんと乙女なダイスケの関係がはっきりわかりますね。
20130808 しーちゃん、 大ちゃんを語る
--------------------------------------------------------------------------------
アスリート交差点:氷の炎=フィギュアスケート・小塚崇彦
毎日新聞 2013年08月09日 東京朝刊

何はなくとも体作りということですね。
なにげに書いてある「隣で黙々と練習をこなす世界王者、パトリック・チャン(カナダ)とともに。」というか所が気になる〜。
--------------------------------------------------------------------------------
鈴木が練習公開 フィギュアスケート女子 スポーツナビ-2013/08/07
故障は大丈夫でしょうか?何はなくとも体作りです!
--------------------------------------------------------------------------------
バナータオル、続々発売になりますね。
ダイスケ、真央ちゃん、あっこ姐さん、刑事君、ゆづ、無良君…
私が知らないだけで、もっとあるんだろうな。

え〜、もう来年のカレンダーの告知が出てる〜早〜(汗)
--------------------------------------------------------------------------------
プログラム情報が続々と出ていますが、ちょっとバタバタしておりまして、追えてないです(汗)
プルさんのSPは、ウクライナの人気バンド「Okean Elzy」の「Taka jak ty」だとか…わからん(汗)
エミューちゃんは、SPユレモスク、FSシェヘラザード。
アモちゃんはヤグディンの指導受けているようですが、正式なコーチではないもよう。体制が早く整いますように。

リッキーのフリー「ビートルズメドレー」
まだこれからって感じですが、うねうねとしたスケーティングがリッキーらしい美しいプログラム。衣装はもっとビートルズしてるほうがリッキーに似合いそうじゃない?
Richard Dornbush "Beatles Medley" Glacier Falls Summer Classic 2013

テッサとスコットのSDはジャズ、ルイ・アームストロングとエラ・フィッツジェラルドということは、誰でも聴いたことあるねって感じだろうか。
FDはグラズノフのバレエ音楽「四季」とスクリャービンの「ピアノ協奏曲嬰ヘ短調」
--------------------------------------------------------------------------------
2014四大陸選手権(台湾) 国際ボランティア募集
こういうのがあるんですねえ。
フィギュアスケート | Comments(6) | Trackback(0)

アキノタムラソウ

2013年08月10日
2013072802

アキノタムラソウ(秋田村草)
もう秋?と思ったら、アキノタムラソウは梅雨の頃から秋まで咲いているらしい。
シソ科はたくさんの種類があるのでまぎらわしいですが、これは花が毛深いのが特徴か。

2013072803


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

コリウス

2013年08月09日
2013080502

派手です。
シソ科の観葉植物コリウス、花に負けない華やかさ。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

西田シャトナー 折り紙作品展 & ワークショップ

2013年08月07日
nisida01

西田シャトナー 折り紙作品展『22.5°の宇宙』 展
2013年7月6日~9月1日
諸橋近代美術館
西田シャトナー公式サイト

演出家にして折り紙作家という不思議なプロフィールを持つ西田シャトナーさんの企画展。
なんだかすごそうだなと思ってはいましたが、本当にすごい。複雑で精緻な作り、美しさ、写実、そして醸し出す雰囲気。写実や技術的な高さだけではない、空気感というか世界観というか、すごいです。
折り紙でエイリアンですよ…!

nisida03
ペガサス、ユニコーン、恐竜、ET、プレデター、昆虫…有機的な形が、がたった1枚の正方形の紙から生まれる。
ハサミものりも使ってないのです。

nisida02
展開図も展示していますが、もちろん展開図から作品が作られたのではなく、作品が出来てから広げてみると、整然とした美しい折線があるということらしい。

nisida05
海老やカニも、もちろん一枚の正方形の紙から…どうなってるのかわからないけど、すごい!
----------------------------------------------------
「大人のための精密折り紙 ワークショップ」
(西田シャトナー氏による、非常に難易度の高い大人向けのワークショップ)

楽しみにしていたワークショップです。
何も準備しなくていいですと事前に連絡がきていました。渡されたのは70cmの正方形の紙、ほんとに紙一枚から始まるのだなあ。
作るのは恐竜、Tレックス。写真による工程が12Pくらい…しかしこれは、おおまかな内容だったのでした(汗)

わからなくなると先生に訊きながらですが…わからないことだらけ。
あれ、1点しか作らないのか?と思いましたが、なんと6時間折ってもまだ完成しないという(汗)子どもの参加は不可だったのですが、これは子どもには無理ですねえ。
丈夫な紙が、何度も折り直したりでコシがなくなり、柔らかくなってしまう。完成しても「立つ」気がしない。

どんな風にして作品を作るのか、数学的に計算しながら折るのかなあと先生に尋ねてみると、ただ紙と向き合う…と。計算しながらということはなさそう。やはり天才としか思えない(笑)

難易度の高いワークショップだとありましたが、その難度はシンジラナイくらい高かった(汗)
まあでも、10人ほどの参加者で完成したのは、折り紙を結構やってましたという方1名のみなので、しょうがないか(苦笑)
先生よれば、これまでの教室で最短は3時間、先生が急ピッチで折っても40分だという。最初に紙を三角に折ったところで挫折してしまう人もいるらしい。

2013080401
帰宅して、なんとか形にしようとがんばったのがこちら。足はできていないので「寝たきり」Tレックスですが、雰囲気は伝わるでしょうか?(汗)
約6時間格闘してここまでとは情けない(汗)
これをワークショップで教えようという西田氏もすごいけれど、6時間延々折り紙している自分にもちょっと驚いたりして…。
結局完成しなかったのですが、製作している時間は楽しくてしょうがなかった(笑)
そういえば、ワークショップの写真撮ってもいいですよと言われてたんですが、折るのが忙しくて、そんな余裕もなかったのでした。

アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

小野不由美「丕緒の鳥 十二国記」

2013年08月07日

丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)
(2013/06/26)
小野 不由美

商品詳細を見る

「希望」を信じて、男は覚悟する。慶国に新王が登極した。即位の礼で行われる「大射」とは、鳥に見立てた陶製の的を射る儀式。陶工である丕緒は、国の理想を表す任の重さに苦慮していた。希望を託した「鳥」は、果たして大空に羽ばたくのだろうか―表題作ほか、己の役割を全うすべく煩悶し、一途に走る名も無き男たちの清廉なる生き様を描く全4編収録。

十二国記の12年ぶりの新作短編集。
十二国記のすごさを知っている人しか読まないとは思うけれど、これは番外編。王や麒麟や活躍し、奇獣が跋扈する本編とは異なり、下級役人や民の物語。
圧倒的な世界観はさすがだけれど、テーマも内容も重いと言えるでしょう。
ファンタジー、十二国記という体裁でも、作者が描きたかったのは、辛い時代を生きぬく人々なのだと思います。

「丕緒の鳥」
王の即位式で、陶製の鳥を射る華やかなセレモニーを司る役人の話。
国のあちらこちらに斜陽の気配を感じながらも、やるべきことをやらなくてはならない、公務員はつらいよといった感じ。
丕緒の鳥とは滅びと再生の象徴か。

「落照の獄」
これはずばり、死刑の是非を問うストーリー。誰が見ても極悪非道な事件の犯人が捕らえられ、死刑以外はないという世の風潮。裁判官である主人公は、世論を十分理解しながらも、事実上死刑を封印してきた自国に誇りをもってきた。繁栄をきわめてきた国に陰りが見えてきた今、死刑を復活させてしまうことは、今後、刑が安易に連発されていくことになるはずと憂う。
犯人には何か止むに止まれぬ理由があるのかもしれない、まだ善の心が残っていて改心の見込みがあるかもしれないと、一縷の望みを抱いて接見するも、そこにあるのは命への無関心と、善悪を越えた虚無感だけ。
結局のところ、極刑になってもならなくても、残るのは敗北感のみ。

「青条の蘭」
人も国土も荒れていく国で、唯一の資源ともいえる森の木々が疫病によって枯れていく。なんとかくい止めたいと奔走する主人公。しかし人々は自分のことだけで手一杯、お役所は腐れきっている。
「走れメロス」的な展開、絶望的な状況で最後に希望は見えて来たのだろうか、あって欲しい。
それにしても…せつないなあ、せつな過ぎる。

「風信」
国は内戦のような状況。家族を失う悲惨な現場から生き残った少女は、別の土地でつかの間の平穏を得るが、再び訪れる悲劇。なんの罪もない人々が、なぜこのような苦境に立たされるのか、無力感にとらわれてしまう。
しかしそれも受け入れる他ない。一人の力は無力でも、ひとり一人が自分のなすべきことをして生きていくことが、希望につながるのかもしれない。

全体が暗い中でも、「丕緒の鳥」には 十二国記らしい、きらびやかな雰囲気がありますが、2つめの「落照の獄」で深い深い虚無感にとらわれ、ここで本を投げ出してしまいそうになりました。
そして「青条の蘭」で絶望に突き落とされ、不確かな希望にすがる。どうしたものかと思いつつ「風信」まで読み終え、なんとか明るい兆しが見えたかも…。
読み始めたころに、ちょっと落ち込むこともあり、読み進めるのが辛くなってしまったのですが、最後まで読んでこそ見えてくるかすかな希望。途中で放り投げなくてよかった(汗)
この暗さに引きずり込まれてしまうのは、作者の力量なと思う。これもまた十二国記。

| Comments(0) | Trackback(0)

梅雨明けというけれど…

2013年08月07日
2013080701

例年より長い梅雨が明け、いよいよ猛暑が…とニュースでは報じていましたが、私の地方では記録的な豪雨に各種警報の連発。そしてあちこちで浸水や土砂崩れ。
なんでしょうか、この天候は…!
私は危ない目にこそあってはいませんが、ここ数日豪雨に翻弄されていました(汗)

そして今日あたりから本格的に暑くなりそうです。
皆様も豪雨に暑さに、どうぞお気をつけ下さい。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

昼顔

2013年08月05日
2013080301

花が咲いて初めて気がつくヒルガオ。
今年は曇りや雨で日差しが少なかったからか、花の色が薄いような気がします。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 一挙再放送

2013年08月05日
オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史(再)NHK BS-1
今週から「オリバー・ストーン」シリーズ一挙再放送!

監督、来日してたんですね。
オリバー・ストーン監督本紙インタビュー 非暴力の闘い積極的に 2013年8月4日 琉球新報
<オリバー・ストーン監督>広島を初訪問…原爆資料館見学
-----------------------------------------------------------------------------
関係ないですが…
こんなのがあるんですねえ〜全然知りませんでしたよ。
般若心経のリズムを生かした、アレンジ曲「般若心経ロック」だとか。
おもしろいです。これぐらいやってもいいと思う。

超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?(般若心経超解釈)カラパイア
(冒頭部分)
超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ
もっと力を抜いて楽になるんだ。
苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。



ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)

木漏れ日

2013年08月04日
2013073001

にほひつつ散りにし花ぞ思ほゆる 夏は緑の葉のみ繁れば
(後撰集165)

「香り立つ花が散っていったことが忍ばれる、夏は緑ばかりが繁るので」
緑濃い木々は桜、花が咲いていたことを忘れてしまう夏です。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

映画「風立ちぬ」

2013年08月03日
l,iyt443323233

風立ちぬ 公式サイト
ゼロ戦設計者として知られる堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄の人生をモデルに生み出された主人公の青年技師・二郎が、関東大震災や経済不況に見舞われ、やがて戦争へと突入していく1920年代という時代にいかに生きたか、その半生を描く。
宮崎監督が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画が原作。「新世紀エヴァンゲリオン」の監督として知られる庵野秀明が主人公・二郎の声優を務めた。松任谷由美が「魔女の宅急便」以来24年ぶりにジブリ作品に主題歌を提供。


実は全く見るつもりがなかったのですが、メディアーティストの八谷和彦さんが、モノ作りをするという部分で共感できると話しているのを聞き、俄然見てみようという気持ちになったのでした。
八谷さんはナウシカのメーヴェを作ってみようという発想から、本格的に一人乗り飛行機作りはじめたおもしろい人です。
最近ではこんな感じ 
M-02J taxiing and jump flight test 地上滑走&ジャンプ飛行テスト 2013/07/31

映画について事前の告知などもほとんど見ていませんでした。
万人向けではないし、ジブリの系統を考えると異色だし好みは分かれそうですが、これはこれであり。大人向けの映画ですね。

ただひたむきに「美しい飛行機」を作りたかった堀越二郎。
ある日、美しい女性と出会い、美しい恋をする。
二郎が求めたのは、この二つだけで、たぶんあとは何もいらない。

裕福な家に生まれ、飛行機を作るという好きな道で才能を開花させることができた。二郎には時代も背景も関係ない、戦争がその後押しになっていても、理屈ではわかっていても、二郎には関係ない。やさしさはあっても、イデオロギーもないし、戦争を肯定するしないも、無関心なのだから。
それが天才クリエイター宿命であり、傲慢である意味残酷な生き方、そして宮崎監督そのものなのでしょう。

宮崎監督が描きたかったのは、そんなクリエイターの生き様なのかなと思います。
二郎が夢の中で出会う有名な飛行機製作者カプローニ、夢の飛行機が飛ぶ二人の夢の世界は、傲慢な創造者のみが立ち入ることができる夢の国。

戦争を肯定する映画だとは思わないけれど、そう批判されてもしょうがないでしょうね。それも織り込み済みなのではないかと思う。
もしかしたら、日本の「良心」のような扱いになりつつあるジブリの抵抗なのかもしれない。

恋人の菜穂子のキャラはちょっと消化不良な印象。古臭いというか、男に都合よすぎるというか、もうちょっと主体性があってもいいなと感じました。
あとキスシーンとかねえ…、中途半端というか、あれならない方がいいような(汗)

話題の庵野監督の声は、ベストかどうかはわからないけれど、それほど違和感はなかったです。
カプローニの野村萬斎さん、服部の國村隼さんの声が素敵でした。
エンディングのユーミンの「ひこうき雲」も、悲しみを帯びた明るさが、この映画らしい、そう感じました。

タイトルの由来は…風立ちぬ、いざ生きめやも。
(風が吹き始めた。さあ、どうして生きてみないってことがあろうか。)
堀辰雄著「風立ちぬ」より
ポール・ヴァレリーの詩『海辺の墓地』の一節“Le vent se lève, il faut tenter de vivre”を、堀辰雄が訳したもの。

iuurter
菜穂子が二郎と再会する避暑地のシーン。これはモネを意識しているのかな。

69rew32q2369
クロード・モネ「日傘の女性」(オルセー美術館展)

宮崎駿「時代が僕に追いついた」「風立ちぬ」公開  2013/7/27 日経新聞


映画 | Comments(0) | Trackback(0)

メハジキ

2013年08月02日
2013073101

我がやどに 生ふる土針 心ゆも 思はぬ人の 衣に摺らゆな 
万葉集 作者不詳

庭に咲いたメハジキよ、思ってもいない男の色に染められてはなりません。
土針(つちはり)とはメハジキのこと。
好きでもない男と結婚してはいけません…というような意味らしい。染料に使われていることから、このように引用されてるんですね。
薬草でもあります。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

THE ICE 2013 動画

2013年08月01日
THE ICE チャンネル

動画が上がってきましたよ!

(追記)ノクターン 新衣装ver.
限定公開。大阪公演の新衣装、こっちの方がずっとすてきです。


フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

ヒメヤブラン

2013年08月01日
2013072801

日陰でひっそりと咲く、米粒ほどの紫の花。
ヤブランかなとよく見ると、葉は細く、花の数もずっと少ない。
調べてみると、ヒメヤブランのようです。

こういう環境は蚊が多い…刺されまくって退散です(汗)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |