ネーベルホルン杯2013 女子フリー/ 男子(織田君)

2013年09月30日
Nebelhorn Trophy 2013
スポーツナビ フィギュアスケート

安藤美姫
懐かしい「火の鳥」衣装もヘアスタイルも、10年前に似てます。当時の衣装は赤でしたが今回は青い翼を纏ったような、より華やかに。赤と青の衣装は、まるで聖母マリアではないのか?…深読みかな?(笑)
不安があったフリーはその通りの結果となりましたが、とても意味深いフリーでした。
言葉通り、体力的な問題と準備不足でしょう、エレメンツのクオリティ、スピード、表現、いずれも元世界女王として考えれば物足りないし、批判があったとしてもしょうがない内容でした。
しかし、すごいです。現役復帰は到底無理に見えたAOIからはじまり、DOI、FOI、ソチには間に合わないのでは?
そしてネーベルホルン、体つきが全く変わり、ジャンプももどりつつある。AOIの状態を考えると、この復活のスピードは驚異的です。
ぶっちゃけ、今の段階でも日本代表に入るには厳しいと思いますが、SPの内容、気持ちにブレがないこと、この復活のスピードであれば…そう期待できる姿でした。いやはや、彼女のすごい才能を再認識。

「火の鳥」は、彼女がジュニアからシニアに上がりたての頃のプログラム、今回新振付…だと思っていましたが、あれ?あんまり変わってないのかな?いろいろな点で、今の採点に対応しきれてないように見えました。
今回は時間がなかったので止むをえないのかもしれませんが、スピンやつなぎなど、かなり見直さないとならないですね。まあそこはこれからなんとでもなりそうですね。

すぽるとでは、美姫ちゃんを取材に訪れた中野友加里さんがアドバイスするシーンが。なんだかとてもいいシーンでした。なんならコーチにと思うほど(笑)
そして最も心配だったコーチは、今回帯同したイタリア人のリッツォさん(律男)に決まったもよう、よかったですね。

エレーナ・ラジオノワ
優勝は予想通りといった感じでしょうか。
これだけ難度の高いエレメンツをこなしても元気いっぱい、若い!強い(爆)
昨シーズンの無敵っぽいイメージから、体も大きくなってますが、それでも強かった。
彼女の可憐でひたむきな感じが好きです。これから難しい時期にかかると思うけれど、ソチは関係ないはずなので、その間にうまく成長してくれればいいです。
EXの動画見ました。すごく楽しい、踊れる子なんだよねえ。
2013 NHT Elena Radionova EX

ゲデ嬢(グルジア)、グレボア嬢(エストニア)が無事、ソチへの切符を手にしてほっとしました。
フィンランド…(涙)
韓国の女子3枠は使い切れるのかな?
----------------------------------------------------------------------
織田君絶好調!
男子シングル…といっても放送は織田君だけ。
ジャンプのキュッ、キュルキュルっとした軸で調子がわかります。ジャンプもいいですが、つなぎを含めた全体の流れを大事にしている感じが得点に反映されてますね。
フリーもPBを大幅更新、これまで実力があってもなかなかまとめきれないところもありましたが、今回は違いますね。計算間違いもなく(笑)
2本目の4Tは3Tになりましたが、エレメンツの加点がすごいです。
優勝おめでとう!

織田君が放送されたことは良かった、しかし競技の流れも見たかった。せめて最終グループだけでも放送してくれれば、織田君のすごさが、より引き立つと思うんですが…。
…ジェイソン見たい。
----------------------------------------------------------------------
9.29深夜のANNニュース&スポーツで近畿選手権の町田君。
惚れ惚れするような4T、4T+3T!すごいです。
そして全く浮かれる様子のない冷静な町田君に、これからの過酷な代表争いを予兆させるというか。日本男子のハイレベルにクラクラ、どうなるのだろう代表選(汗)

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

実り

2013年09月30日
2013093001

秋晴れに黄金色の田がまぶしい。

2013093003

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

枸杞の花

2013年09月30日
2013093002

枸杞(クコ)といえば、薬膳などに入っている赤い実を知っていても、花の印象はあまりないかも。小さな花はとても地味です。
花木としては丈夫で、勝手に繁っていますが、我が地方では実の印象がない…花もまばらなので実も少ないのかもしれません。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

青い銀杏

2013年09月30日
2013092305

神社の境内には、たわわに実をつけた銀杏。
まだ青い。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

フレンズオンアイス2013第一部(日テレプラス)

2013年09月29日
オープニングのダイスケのバレエジャンプが高い!
8回目の今回、第1回のキッズスケーターが本郷理華さんだったとは。月日の流れに打ちのめされそう(汗)

シェイリーンのマーチングバンド、楽しい。そしてたった一人でマーチングバンドの雰囲気を作ってしまうことに驚嘆。

こづのSP、会場の手拍子がどこの劇団の仕込みですか?というくらい揃ってます。
いいですねえ、ザ・アイスからまたよくなってます。心配なのは衣装だけ⁉

ユカさんのソロナンバーの衣装が素敵です。日本人にはむずかしそうだけれども、ちゃんと着こなしてますね。ようは、おしゃれゴコロさ!
ベルアゴ久しぶり、華やかさもベルビンの美しさも変わらず、しかしベンから怪しさが消え、健全そうだったのがちょっと残念。

あっこ姐さんのSP「愛の讃歌」こちらもぐっとプログラムの深まりが。エレガント!2Aの入り方がプログラムとぴったりで気持ちいい。
彼女はキャラクターやストーリーを演じるのではなく、心のままに踊ればいいんだよ、ドラマやストーリーは彼女には何もしなくて備わっているのだから…と、わかったようなことを書いてみる。

本田、妖しい黒いテッシュ箱から赤いテッシュペーパーが覗くプログラム(爆)
十分スケートで魅せられるのだから、衣装はシンプルでいいのに、まさか佐藤家の型紙借りるとは思ってなかった(汗)

ユーモレスク、エミューちゃん(コストナー)のプロに対抗してるんでしょうか?
これは、ヤマトの夢にスケートの天使が現れた…という設定でいいんですか?最後は葬られてますが…
若干気色悪…いや、ヘンテコで(笑)

荒川さんとユカさんとジュンジュンのコラボ、ジュンジュンの衣装が素敵です。
最初で最後…そうか、そうなんだよね。

ということで、第一部終了…あ〜もの足りない!
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

あさがお

2013年09月28日
2013092401

見しおりの 露忘られぬあさがほの 花のさかりは 過ぎやしぬらむ  
(光源氏)

秋果てて 霧のまがきに むすぼほれ あるかなきかに うつる朝顔
(朝顔)

昔お会いしたあなたを忘れられません。朝顔の花の盛りは過ぎたのでしょうか。
再会した女性朝顔に忘れられないと訴える源氏に、朝顔は、秋が過ぎて色あせる朝顔のはかなさに例え、つれない態度をとる。というような内容らしい。

朝晩の冷え込みに秋を感じます。
朝顔がたくさんの花をつけています。朝顔は秋の季語なんですよね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ネーベルホルン杯2013 女子SP/ペアSP

2013年09月27日
いやー競技って興奮しますね、皆さん!(笑)

Nebelhorn Trophy 2013
スポーツナビ フィギュアスケート

○女子SP
美姫ちゃん、きれいでした。衣装も素敵です。
体をこんなに絞ってきたのかと、春頃とは動きが全然違いますね。
ルッツとループは以前と同じ、かっこいい。スピンはちょっと甘いかな?スピードももう少し欲しい、緊張のためか全体に堅い感じ。決してベストではないし、技術的、体力的には課題もあるでしょうが、大きなミスなく終えたことは自信になりますね。
緊張していても表情が落ち着いていて、以前たびたび見られた感情の不安定さが見えない。ニコライが、ミキは強くなると言ってましたが、メンタル的にはとても強くなった印象です。
ブランクがあってもここまでできる、いろいろなことがありますが、いろいろな意味ですごい(笑)まあでも、現役選手である以上、こうして結果で評価されるものだろうと思います。
フリーはどうなるかわかりませんが、このSPでスタート、今後十分期待できる内容だと思います。
これまで本人の口からソチとは明言してこなかったけれど、演技後のインタビューからは、ソチへの手応えをつかんだ感じですね。

女子SP、美姫ちゃん以外はネットでみました。
ああ〜ゲデ嬢が…ソチ危うい(汗)

SP1位はラジオノワ、ロシアのこの世代では一番気に入っている選手。加点のつく3+3を決めるのは大きい。とても良かったですが、やはりまだジュニアという感じ。
あと、そろそろ成長期にかかってきたようにも見える、がんばれ(汗)

○ペアSP
ペアを下位の選手から真剣に見るのはいつ以来だろう?(汗)後半はとびとびにしか見てないですが。
ドイツが強いなあ。ウェンデもマリさんも良かった〜。

イルハン!ついにきましたね。…というかびっくり、本気なんだと(笑)
演技はいかにもごつくて、スケーティングも経験を積んだスケーターには遠く及ばないのだけれど、とても心を打つものがありました。みられてよかったよイルハン、ありがとう。

久しぶりのロックニー・ブルベイカー、元気そうで良かった。この位置で見ると別格にうまい、華もあります。パートナーが安定しなくて気になっていたのですが、良かった。

マービン!新しいパートナーと組んで7ヶ月…といっても、ペア経験者と組めるカナダの選手層の厚さがうらやましい。
とても良かったですね。マービンこんなに美しいスケートだったっけ?というくらい洗練されていました。個人的にはSP2位では?と思いました。

髙橋&木原組
ミスはありましたがまずまずといったところ、ほっとしましたね。
リフトがなるみちゃんらしいきれいなポジションで素敵でした。デススパイラルは回転が足りないのかな?
木原君がどうなることか一番心配だったのですが、とても落ち着いていたのが印象的でした。演技のインタビューでは、緊張しすぎて開き直ったと(苦笑)そうか、そうか。
演技も二人の様子も、ペアとしていい感じになってきているのを実感。あとはもっと良くなるだけだから(笑)

ボロソジャル&トランコフ組
ひゃ〜、一般道の普通車の群れに、ジェット機飛んで来たぞ〜みたいな(汗)ここは滑走路じゃないからお引き取り下さいと言いそうになる(爆)
ジャンプ、リフト、ツイストの高さを見よ!ステップはレベルなんて関係なく見てしまう。スピード、スケール、オーラ、全てに圧倒してました。いや〜すごいですね、すばらしいですね。
TESはすべてに高い加点、PCSは全て9点台。81.65!100点でも驚かないけどね。
プログラムもいい。すごいけれど大味にもなりかねない二人ですが、仮面舞踏会の演劇的な要素がプラスされて表現力が強化されてる。マキシムの軍服もかっこいい、とにかく華やかで、強気な二人にぴったりでした。
モロゾフ(振付の方)やっと本気出したか?
キスクラのモロゾフ(旦那の方)が蚊帳の外っぽいのが不憫(涙)
--------------------------------------------------------------------------------
9月27日(金)
 08:30- 男子SP(日本15:30- )
 13:50- ペアFS(日本20:50- )
 18:00- 女子FS(日本01:00- )
9月28日(土)
 09:00- 男子FS(日本16:00- )
 15:15- ダンスFD(日本22:15- )
 20:15- エキシビション(日本03:15- )

テレ朝チャンネル
09/27(金) よる08:45-あさ07:00
 「ペアフリー」「女子フリー」<生放送>
09/28(土) よる09:55-深夜02:10
 「アイスダンスフリー」<生放送>
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ネーベルホルン杯2013開催中

2013年09月26日
Nebelhorn Trophy 2013
スポーツナビ フィギュアスケート

9月26日(木)
 11:00- 女子SP(日本18:00- )
 16:20- ペアSP(日本23:20- )
 19:55- ダンスSD(日本02:55- )
9月27日(金)
 08:30- 男子SP(日本15:30- )
 13:50- ペアFS(日本20:50- )
 18:00- 女子FS(日本01:00- )
9月28日(土)
 09:00- 男子FS(日本16:00- )
 15:15- ダンスFD(日本22:15- )
 20:15- エキシビション(日本03:15- )

テレ朝チャンネル
09/26(木) よる11:00-あさ06:30
 「ペアショート」<生放送>/「アイスダンスショート」<当日録画>
09/27(金) よる08:45-あさ07:00
 「ペアフリー」「女子フリー」<生放送>
09/28(土) よる09:55-深夜02:10
 「アイスダンスフリー」<生放送>


フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

梁川天神社奉納 古澤巌ヴァイオリンコンサート

2013年09月26日
LIVE UNDER TREE 梁川天神社奉納 ロクサーヌ〜Le Grand Amour~
9月23日(月)梁川天神社(福島県伊達市)

2013092301
今年も福島県の神社に古澤さんが来てくれました。
会場は篝火が美しいこちら。ステージは神社の縁側(?)、客席は境内。
福島市内中心から30分ほど、住宅街の神社に観客は200人くらいだろうか?こじんまり、最前列に陣取った私と友人、ステージが近い…というより、古澤さんが目の前で(笑)
夕闇が迫るころ、古澤さんと一緒にご祈祷をうけてから始まりました。

○プログラム
History of the future
ショーロ・インディゴ
ロクサーヌ
ひばり
黒い瞳
龍神伝説
涙の流れるままに
オブリビオン
チャルダッシュ
瞑想曲(グラズノフ)
As Time Goes By
海の上のピアニスト

なんと懐かしいショーロ・インディゴ。古澤さんが世にでたCM曲ですね。
そしてこちらも懐かしい「ひばり」、といってもモダンアレンジで激しい。
アレンジにも古澤さんの演奏にも月日の流れを感じます。繊細でドラマチックだったショーロ・インディゴの頃から、装飾が消え、人間的なたくましさ?大人の余裕?骨太なヴァイオリニストへと変わってきたような。
…もちろん古澤さん比での話で、ドラマチック、ロマンチックな音色は変わらないのですが。

演奏の合間の境内には、虫の音と篝火のはぜる音。
外という開放感もあり、夜空に響くヴァイオリンにも野趣が感じられます。

ロクサーヌ、黒い瞳、オブリビオン、チャルダッシュ…スケートファンならおなじみの曲多数(笑)
トークでは、PIWのゲスト出演について話されていました。
オファーがあった時、スケートで登場するととっさに言ってしまったこと。そこまでしなくていいと、周りから心配されたこと。公演が始まっていざスケートで登場すると、会場がハラハラしているのがわかり、無事演奏を終えると、割れんばかりの拍手だったこと。
ただヴァイオリン弾いてるだけじゃだめなんだね、僕の場合は…と(笑)
PIWはとても楽しかったようです。

私は前日、笠松でPIWの公演を見て来たばかり、笠松では古澤さんの演奏は録音でした。翌日生で、しかもこんな至近距離で聴けるとは、幸運としかいいようがない(笑)
PIW2013笠松の記事

暮れにはかつてのユニット?タイフーンが期間限定で再結成をするらしい。
こちらも懐かしい、当時としてはおもしろいカラーのクラシックでした。しかしメンバーそれぞれ年取ったはずで…(汗)

神社奉納は昨年も9月でしたが、うだるような暑さ。今回はなんと震えるような寒さ、こんな誤算があるとは(汗)
半袖しか持って来てないらしい古澤さんも後悔しているもよう。
そんなこんなで、短いコンサートでしたが、堪能できました。ライブはやっぱりいいですね。
2013092302
地元のお客さんはほとんどすぐに帰り、私たちのようにCDにサインもらおうとか、差し入れをするファンは少なくて、おかげでお話することもできました。
私は前日のPIW笠松の様子、ゆきなはんと古澤さんのコラボが素敵だったことや、八木沼さんのことなどをお話しできました。
古澤さんとしてはPIW全公演に出演したい気持ちだったようですが、ショーのスケジュールが決まるのがぎりぎりで調整ができなかったと。
アイスショーへの出演はもっと前からあっても不思議じゃないですよねと言うと、フィギュアスケートは好きで、(ショーか競技かはわかりませんが)だいぶ前から、ちょくちょく見ていたそうです。

寒かったでしょうとねぎらってもらい、私は「お気をつけてお帰り下さい」と、どこの知り合いじゃ?という感じですが(笑)申し上げ、神社を後にしました。
ほのぼのした田舎の会場だからのんきに話もできますが、大きな会場ではこんなことはできませんね。

ロクサーヌ~Le Grand Amour~ロクサーヌ~Le Grand Amour~
(2013/07/03)
古澤巌

商品詳細を見る

------------------------------------------------------------------------------------
2013092303
梁川天神社の「撫で牛」
自分の体の悪い所を撫でると治るという信仰です。
迷わず鼻の穴に指を突っ込む私を友人がとがめる、鼻炎なもので…。
しかし、とがめた友人は、撫で牛のしっぽを掴む…お前はあるのか?しっぽが?

音楽・舞台 | Comments(0) | Trackback(0)

まもなくネーベルホルン2013 & CMいろいろ

2013年09月25日
絶賛応援中!なるみ&龍一ペア。
ロンバルディアではまずますのスタートで、ちょっと安心しました。

Lombardia Throphy 2013 リザルト
髙橋&木原組(総合7位)
P-SP-7 Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA 2013 Lombardia Trophy
Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA FS Lombardia Throphy

公式より見やすい観客からの動画 
Takahashi Kihara Sesto Sangiovanni 21.09.13 s.p.
Takahashi Kihara Sesto Sangiovanni 22.09.13 f.s.
いいですねえ二人の雰囲気。二人とも美しいスケーターなんですよね。
そして、半年でよくここまでと思います。
------------------------------------------------------------------------------
そして間もなく…運命のネーベルホルン。
日本的には、アイスダンスとペアのオリンピック枠をかけ、リード姉弟、髙橋&木原組がエントリー。
女子は久々に国際大会に復帰する美姫ちゃんと、普通に考えれば優勝するよね?織田君がエントリー。

Nebelhorn Trophy 2013  
9月26日(木)
 11:00- 女子SP(日本18:00- )
 16:20- ペアSP(日本23:20- )
 19:55- ダンスSD(日本02:55- )
9月27日(金)
 08:30- 男子SP(日本15:30- )
 13:50- ペアFS(日本20:50- )
 18:00- 女子FS(日本01:00- )
9月28日(土)
 09:00- 男子FS(日本16:00- )
 15:15- ダンスFD(日本22:15- )
 20:15- エキシビション(日本03:15- )

ネーベルホルン杯2013 テレ朝チャンネル
09/26(木) よる11:00-あさ06:30
 「ペアショート」<生放送>/「アイスダンスショート」<当日録画>
09/27(金) よる08:45-あさ07:00
 「ペアフリー」「女子フリー」<生放送>
09/28(土) よる09:55-深夜02:10
 「アイスダンスフリー」<生放送>

このアバウトな放送時間は…(汗)たぶん男子も放送してくれるのではと思う…放送はライブの時間は外れてますが、たとえ空き時間だとしても(汗)
あとは織田君のぶっちぎり次第!
再放送も一応張ってた方がいいかもね。
------------------------------------------------------------------------------
Nike Presents: JUST DO IT.
"失敗の先にこそ、成功の喜びがある。 - 安藤美姫"

美姫ちゃんガンバ〜
------------------------------------------------------------------------------
住友生命 公式チャンネル MAO ASADA 応援プロジェクト!
CM、舞ちゃんからのインタビュー、練習シーン他
CMがすごくいいっ!エンディング、こちらを見つめる笑顔がかっこいい!
「今までで一番強い浅田真央を見せたいです」なんか泣けるなあ。

浅田真央CMで金メダル&引退決意を語る
------------------------------------------------------------------------------
日本生命CM(ダイスケ)
こっちのCMもいい〜。
テンション上がる(笑)
------------------------------------------------------------------------------
木下グループカップ フィギュアスケート ジャパンオープン2013 3地域対抗戦
2013年10月5日(土)

こちらも間もなく、私も観戦予定です。結果より新プロ披露大会という感じか?
エントリー見る限り、現役そろえた日本が優勝しないとまずいっしょ?ではありますが(汗)
アシュリー、ソトニコワ、ハビ、ケビン、新プロ気になりますね。楽しみです。


スカパー!TVガイドプレミアム 2013年 10月号 [雑誌]スカパー!TVガイドプレミアム 2013年 10月号 [雑誌]
(2013/09/24)
不明

商品詳細を見る

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

笠松にて

2013年09月25日
2013092201
PIW笠松公演。
たくさんの花々、友人が贈ったという花を探してみたりする。

201309220200
レインボーカラー、青いバラ…久しぶりに見ました。

2013092203
おまけ。これくらいはよかろう。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

PIW2013 笠松公演

2013年09月24日
PIW2013 笠松公演、9/22の2公演を見てきました。前日のみ美姫ちゃんの出演でニュースにもなってましたが、そちらは見ていません。
笠松はPIW今年度の最終公演になります。
久しぶりに見るプリンスは振付けも衣装もあか抜けて、洗練されて来たように感じました。
昼は後方のA席、楽公演はショートサイドのアリーナ席で見ていましたが、プリンスメンバーによるグループナンバーは、ショートサイドで見るのがベストですね。照明で見え方も全く違う、華やかで迫力もあります。
どうかなと思ったのは1部のダンスワールド、フラメンコがありましたが、これはラテンの雰囲気を出すのが難しいですね。あらためてランビはすごいんだなと思ったり。
グループナンバーでは、フィナーレのレ・ミゼラブルがよかった。大人数向きか?(笑)グループナンバーにふさわしいプログラムで迫力がありました。

古澤巌さんオリジナル演奏(録音)によるメドレーでは、太田由季奈さんが最高に美しかった。ここは表現力というべきなのか、音楽との親和力というか、ゆきなはんは演技している感じがしない、音楽とともにある感じ。
ニュー・シネマ・パラダイス、ロクサーヌ、曲調でがらりとスケーティングが変わっていくのも見どころ。
ゆきなはんは、2部ではかっこいいタンゴを演じるのですが、こちらは後方の席ではわかりにくい。アリーナの距離だと、ちょっとした仕草や思わせぶりな目線などもわかって楽しいです。

八木沼さんは、終始こぼれるような笑顔、踊ってますねえ、2Aも跳んでます。めいっぱい楽しんでいるように見えました。
本田さんはアダージョ、雄大なイーグルを見ると、いつもジーンときてしまう。…あれ?衣装にティッシュ口みたいのが…幻覚でしょうか?(汗)

現役選手からは、今井遥選手と町田樹選手。
後方のA席で見ると、現役選手のキレとスピードがやっぱり違うなあと感じます。
今井遥選手は、うぉ〜かわいい〜です!
ラブリーなはるかちゃんですが、すごく攻めてる。スピードがついてきたなということと、スケートがうまくなっていることに感動。ステップも見応えありました。あとはこのスピードでジャンプを安定して決められるようになれば。

町田君は「白夜行」。とても繊細で美しく、切ないプロラムでした。
会場が冷たく澄んだ空気にかわり、町田君の孤高の存在感が支配する。運命を受け入れて、長く静かで孤独な旅をしているような感覚。私は彼を一人送り出すことしかできないのだなあという気持ちになる。応援ではなく、見ていて胸が苦しくなる。
スケーティングは美しく、情熱のままに演技していた少年の面影はすっかり消えてしまいました。世界観を構築できる表現力、アスリートというよりストイックな表現者として突き進む。これが町田君の道なのかな。
ふと、男子プロでこの日本的な繊細さが、世界でどこまで通用するのだろうかと思う。これはショープログラムではあるけれど。
ふれあいタイムでは、私の隣にいた男の子が町田君にブーケ、町田君は「僕でいいの?ホントにいいの?」としきりきいていたのが微笑ましかった(笑)
(町田君の新SPはフィリップ・ミルズ振付「エデンの東」だそうです。似合いますね!)

荒川さんはショープログラムになった「パガニーニの主題による狂詩曲」。
最後に高価な宝石が現れたよう、美しいだけではない、ゴージャス!めまいがするくらいに美しかったです。
スケールの大きいスケーティングは変わらず、そして加点のつきそうな2A跳んでました。
フィナーレでは3S+2T+2T決めてました(汗)
----------------------------------------------------------------------------
今回の観戦は土壇場まで行けるか行けないか…という状況だったのですが、なんとか無事行くことができました。
笠松のリンクは、震災被害を受け長く閉鎖されていました。全日本ジュニアなど、私には思い出深い会場で、復旧した時にはぜひとも行かねばと思っていました。
私はこれまで、PIWを熱心に見ていたわけではないので恐縮ですが、笠松は今季の最終公演であり、チームリーダー八木沼さんの最後の出演、大事な所に居合わせることになりました。
終了後、八木沼さんからごあいさつ、そして荒川さんから花束が手渡されました。すべての人に感謝、感謝の言葉。八木沼さんは最後まで涙を見せることもなく、ずっと笑顔で明るく、キラキラしてかっこよかったです。
会場にはプリンスのOBとその家族がたくさん来ていて歓声が上がっていました。

フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

秋海棠

2013年09月24日
2013091802

秋海棠 西瓜(すいか)の色に 咲きにけり」
松尾芭蕉

秋海棠(シュウカイドウ)はスイカ色か…なるほどたしかに(笑)

2013092002

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

白い萩

2013年09月23日
2013091806

朝晩の空気がひんやりしてきました。
我が家では白い萩が見頃、ふくよかな白に癒されます。

2013091805

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

若冲が来てくれました プライス・コレクション 江戸絵画の美と生命 福島展 

2013年09月21日
若冲が来てくれました―プライスコレクション 江戸絵画の美と生命―
2013年7月27日(土)~9月23日(月・祝)
福島県立美術館  
展覧会HP
jyaiut4337
伊藤若冲 《花も木も動物もみんな生きている(鳥獣花木図屏風)》

世界的に知られる米国カリフォルニアのプライスコレクションは、特に伊藤若冲を中心とした江戸時代の絵師たちの傑作が集められてます。京都で人気を博した円山応挙や、大胆な構図や意表を突く機知で個性を発揮した曽我蕭白、長沢芦雪ら上方の絵師をはじめ、江戸琳派のコレクションも充実しています。酒井抱一やその弟子の鈴木其一らは四季のうつろいを写し取り、大胆な画面構成で見るものを惹きつけます。
本展のテーマは「美」と「生命力」です。このたび東日本大震災の報に接したプライス夫妻は、真っ先に若冲の《鳥獣花木図屏風》を思い浮かべたそうです。鳥やけものは言うに及ばず、草木の一本に至るまで、若冲の描く世界は「生命(いのち)」の輝きと喜びに満ちています。この《鳥獣花木図屏風》を東北の皆様に見ていただき、少しでも慰めになることを願いつつ、子供たちには元気を取り戻して欲しいという願いから、今回の展覧会は計画されました。


被災地3県を巡回してきた若冲展も福島でまもなく終了です。
日を追って内容のすごさが話題になり、福島県立美術館では開館以来最高の人出を記録しました。
私は8月に一度見て、どうしてももう一度ゆっくり見たいと思いましたが、人出がどんどんすごいことになり入場に1時間以上という具合で引き返すこともしばしば。渋滞の車は他県ナンバーも多く、なぜか宮城県ナンバーの車も…おいおい、仙台開催の時になんで見なかったのじゃ(汗)
いずれにしても、この機会に福島を訪れる人がたくさんいたことは良かったなと思います。
私が2度目に見たのは、台風18号で各地に警報が出ていた先週末。道路は空いていて快適、美術館はそれなりには人が多いですが待ち時間なしで入場、どんどん人がいなくなっていく閉館時間ギリギリまで約3時間堪能…我ながらよくやるという感じです(苦笑)

今回、メインになっている若冲はもちろんすごいんですが、若冲以外の作品も本当にすばらしい。大作が多くて圧倒されます。なので2度、3度訪れる人も多くなったようです。

ポスターになっている「鳥獣花木図屏風」、ぱっと見た時は「ノアの箱船」を思い出しました。
タイル状に描かれた屏風。緻密に描かれた他の作品とは全く違う、あとにも先にもこんな作品は見たことがない。どうしてこんなタッチで描こうと思ったのか、つくづく謎ですね。
奇妙で明るい、なんとなくユーモラス。生命観があふれる楽しい作品でした。

jya3222qq2q2
伊藤 若冲【紫陽花双鶏図】アジサイの花と二羽のニワトリ

若冲と言えばニワトリ、雄鶏の羽の華麗さつややかさは他の作家では及ばない。揺れる尾羽、羽を奮い立たせる筋肉までも感じられそう。
そしてこちらを威嚇するような目つきの怖さと言ったら半端ない(笑)爬虫類的な足は、ルーツが恐竜なんだと実感させられます。
若冲の花鳥風月は緻密で華やか、独特の濃密な世界観がありますね。

jyar343t8700
鈴木 其一【群鶴図屏風】ツルの行列

鈴木 其一の作品もいろいろあって見応えがあります。
「貝図」など軸で小さな作品でも、其一のすごさは十分わかりますが、「群鶴図屏風」のような大きな作品はまた別の魅力。
シンプルでおしゃれ、まるでモダンデザインのような作品。描き込んでいるようでそうでないような、しかし計算され尽くされている。潔さも気持ちいい。

jyaiurw395423w2
酒井抱一【十二か月花鳥図】十二ヶ月の花々と鳥たち

楽しみにしていた一つが酒井抱一。12ヶ月12の掛け軸に描かれた四季は、まさに日本の美意識。息をのむほど美しい。
5月、カキツバタの凛とした線に惚れる。

jya-^-96
長沢芦雪 《白いゾウと黒いウシ(白象黒牛図屏風)》

こちらも事前の告知で知られていた作品ですが、目の前にすると感覚としての大きさに圧倒されます。屏風絵としても大きな作品だと思いますが、とにかく目の前にして感じる大きさは想像以上、圧倒的に巨大な牛と象。これは来てみないと絶対にわからない。
象の背中に止まるカラスが、これまた卑小、こずるい、いかにも小悪党な感じで(苦笑)神聖な白い象との対比がおもしろい。
そして牛の巨大な「まなこ」、全て見抜かれてしまいそうな眼力で、その場にすくんでしまいそうになります。

jya00965432
jya[^-08765432
葛蛇玉【雪中松に兎・梅に鴉図屏風】雪の夜の白いウサギと黒いカラス 6曲1双

個人的に一番はまってしまったのはこちら。降りしきる雪の夜にウサギとカラス。
雪は筆に含ませた白い絵の具を垂らす大胆な描き方。その雪がリアルで、まるで動画のように見えます。
特にテーマがあるようにも見えないのですが、ここが異世界への入口のよう。冷たい目をしたウサギが「お前はこっちの住人だろ。来いよ」と誘っているように見えてなりませんでした。
なんだろうこの感覚、画風とか技術を超えた何かが宿っているようで、この絵の前でかなりの時間をついやしてしまいました。

私は花鳥画の方に夢中になってしまいまいたが、美人画も多数。
歴史や仏教、源氏物語などを題材にした大作も多数あります。その分野で詳しい方なら、かなり満足できそう。
閉館間際の会場では、好きな作品をぎりぎりまで楽しもうというディープなファンが残っていて、何が人気かがわかりますねえ(笑)

アート・美術館 | Comments(3) | Trackback(0)

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

2013年09月20日
stppoiyte
スター・トレック イントゥ・ダークネス  オフィシャルサイト
映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』本予告編

西暦2259年。平和を保っていた地球に突如訪れた史上最大の危機は、スターフリートの隊員、ジョン・ハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)によってもたらされた。復讐を誓い、たった一人で戦争を仕掛けてきたハリソン。ロンドン、サンフランシスコと急速に広がる地球規模の脅威を前に、エンタープライズ号船長、ジェームス・T・カーク(クリス・パイン)は、敵が潜む宇宙の戦闘地帯へと旅立つ。だが生死を賭けたバトルが展開される中、カークと仲間たちとの絆が徐々に引き裂かれていく。ハリソンの過去、そして復讐の真の目的とは何なのか。地球の存亡と引き換えに、カークが、そしてエンタープライズのクルーたちが払わなければならない犠牲はあまりに大きいものであった……。

shhreq852w
今頃ですが、ようやく見てきました。おもしろかった!
今回も冒頭からスポックがいい味出してますね〜。スポックの精神世界を垣間見るような。
ザカリー・クイントがいてこのリメイクが成功したと言えるんじゃないかな。

st88p.ukre3pp.
しかし今回の主役はやはりこの人、ベネディクト・カンバーバッチ。かっこいい〜。ディープに演技している感じはしないけれど、美しさと存在感が際立ってますねえ。
最後まで謎だらけだし、設定はむちゃぶりな気もしますが、スピードあげて突っ走ってしまう映画なのであまり気にならない。
ネタバレでないと思うけれど、カーンの設定に「ブレード・ランナー」を思い出しました。

st268jjuewaa
主役を食ってるカーンですが、カーンの最大のライバルはスポックかな(笑)
深刻になりそうな場面も、カークの若くて熱くておちゃらけたキャラが救ってくれる、このバランスがいい感じ。
Dr.マッコイ、スコットもそれぞれに活躍するので楽しい。

st;iouytree
エンタープライズがどんどん壊れていくので、ハラハラしてしまう…毎回そうか?(汗)

st3iuw[,ydres
とってつけたように現れる美女がさすがアメリカ映画(笑)
映画を見る前は、カーンの復讐の目的がロマンスに由来するものと想像していたのですが違ってました。となるとウフーラだけでは美女とお色気が足りないから、あとで足したに違いない…と邪推(笑)

スタートレックに何を求めるかで、満足度は変わりそうですが、最後は必ずスカっと青空が広がるような所にもっていってくれる安心感はありますね。
気持ちよく終われるというか。

映画 | Comments(4) | Trackback(0)

女郎花

2013年09月20日
201309180100

をみなへし咲きたる野辺を行き廻り君を思ひ出た廻り来ぬ

大伴宿祢池主
万葉集

おみなえしの咲く野辺を歩くうち、あなたのことが思い出されて、回り道をして来てしまいました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

福島のこのごろ 汚染水問題は前途多難

2013年09月20日
記事を書きかけの間にどんどん新しいニュースが出てきますが…まずは汚染水問題で最近感じたことを。

待ったなしの原発事故現場の汚染水問題。ちょっと前までは、事態を把握しているような発言をしていた東電は、ここ最近はコントロールできていないと積極的に弱気発言。つまりはお手上げ、(経費的にも)自社では対処できないので国になんとかしてもらうしかない…ということでしょう。
------------------------------------------------------------------------
「制御できていない」 第一原発汚染水問題で東電幹部 2013/09/14福島民報
東京電力の山下和彦フェローは13日、郡山市で開かれた民主党会合で、福島第一原発の汚染水漏れ問題について「今の状態はコントロール(制御)できていないと考えている」と発言した。
 一方、菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「放射性物質の影響は発電所の港湾内にとどまっている」と反論、首相発言に誤りはないとの認識を強調した。


福島汚染水:各国から厳しい指摘 IAEA説明会 毎日新聞 2013年09月17日
日本政府主催の福島第1原発汚染水漏れ問題に関する説明会で、各国の専門家から抜本対策の遅れや規制当局のあり方などを問う厳しい指摘が相次いだ。第一義的な責任は東京電力にあると繰り返す日本側の説明からは「政府が責任をもって取り組む」(山本一太科学技術担当相)との意気込みが伝わらず、責任の所在のあいまいさを印象付けた。

遮水壁の建設、2年前に見送る 東電、経営破綻を懸念 朝日新聞デジタル 9月18日(水)
東京電力福島第一原発事故後の2011年6月、東電が汚染水の流出を防ぐ遮水壁の設置を検討しながら、経営破綻(はたん)のおそれがあるとして着工を先送りしていたことが、当時の民主党政権幹部の話でわかった。東電側が当時試算した約1千億円の設置費用の負担に難色を示したためで、その後の汚染水対策の遅れにつながった可能性もある。
------------------------------------------------------------------------
BS1スペシャル 「フクシマ・プラン~国際協力チームの廃炉戦略~」
NHK BS1  9月16日(月)午後10:00~10:49
東京電力福島原発の廃炉作業は、喫緊の汚染水問題の対応に迫られている。当初の汚染水浄化装置の作成は、諸外国の協力を得たが、今後も海外の知見や技術が必要とされる。それぞれの国の経験や知見によってもたらされるプランはどのようなものなのか。スリーマイル島事故の経験があるアメリカ。チェルノブイリ事故の処理に当たったロシアやウクライナ。その他原子力先進国、イギリスやフランスなどのプランをルポする。

先日放送された廃炉に関する番組。
日々のニュースとは別に、除染や汚染水処理について、この方法があるのになぜやらない?…というような提案や記事を、私もネットなどでもよく見かけます。それらがなぜすぐに導入されて、スムーズに機能しないのか、真相はわかりませんが、今現在よってたかって研究や開発が進んでいるようにみえて、やはり事はそう簡単ではないということでしょう。
ベンチャーから大手まで、福島第一原発には様々な学者、企業が参入。まあ簡単にいえば一長一短です。
そして「廃炉」といってもビジネスです。
番組で取り上げたプランはあくまで一例、一説ととらえるべきと感じますが、原発事故の受け止め方という意味で興味深い番組でした。

私が知らなかったのは…
汚染水から放射性物質を取り除くことはできても、「トリチウムだけは現在の技術では取り除くことができない。」
番組に登場する専門家たちは、これを人体に影響を与えない基準値にうすめて海に放出するという考え。これはどこの国の正常に稼働している原子炉で行われ、法律でも許されている。これ以外の方法は見出せないという。

ローザ・ヤング博士:
処理済みの水の処分ができないのであれば大きな問題、これは日本の人々が理解し、対処しなければならない問題です。
エイドリアン・シンパー博士:
生物学的に強い影響をおよぼすものではない。同時に解決策には社会的な合意も必要なのです。ここが難しい点で努力が必要なのです。


「処理済みの水」には「汚染される前の地下水」も含めていいでしょう。
「現時点では関係者の合意は得られていない」…とナレーションが入りますが、関係者が自治体や地元の漁業関係者のことだとしたら違います。
自治体や漁業関係者は「基準値や安全性に問題がないなら」放出は認めるでしょう。そうするしか方法がないことを十分わかっています。
しかしそれ以外の地域、つまり「広く世論からの理解が得られない=風評被害」ので、容認できずにいるのです。

(データは改ざんされている…という反論はおいておいて)私も安全性を確認できたなら、水は放出するべきと考えます。でないと日本国中、汚染水のタンクだらけになります。冗談ではなく。

なるほどと思ったのは…
エイドリアン・シンパー博士:
世界では数十年前、原子力発電は非常に低リスクだということについて、話し合いがなされたと思います。(そこで)原子力の恩恵を受け取ることに同意したわけです。
…しかし、低リスク=ゼロリスクではありません。
ところが日本では、どうした訳か低リスクがゼロリスクにすり替わってしまったのです。もしリスクがゼロだと言われていれば、私だって「事故が起きる前の状態に戻してください」と言います。「こんな問題が起きるなら同意はしませんでした」と言うでしょう。
日本国内でこの点について突っ込んだ話し合いがされるべきだと思います。「いい」とか「だめ」ではなく、「これ」か「あれ」を選ぶということです。こうした話し合いが必要だと思います。そうすることでフクシマの事故を受け止められると思うのです。過去にしておくべきだった話し合いをすることになると思います。そうすれば、人々はなぜ、どうして、こんな状況になっているのかわかるでしょう。個人的な見解ですが、こうした話し合いがなされるまでは、前に進むのは難しいと思います。


一般的な意味で「原発がゼロリスク」というイメージを植え付けたのは、国と東電に責任があると思います。電力のことは、一般の人は考えなくていいよ…という風に覆い隠してきたと思っています。

原発の賛否を議論することは大事です。
しかしその前に、起きてしまった事故の処理を早急に進めてほしいと、福島の人は願っています。
そのためには人海戦術と同時に、原発と放射線を知る専門家が総力をあげて取り組まなくてなりません。それは原発の研究開発を、今ここで止めることができないという意味でもあります。

原発反対は理解できますが、「被災地復興」や「福島の子どもを守れ」と声高に言う原発反対派ほど、現実的な汚染水問題や廃炉処理、最終処分場の建設には目を向けていないように思います。
危険と言うだけで、福島のために汚染水を引き受けましょう、処分場をここに作りましょう…とは、誰も言わない。
「他の地域に汚染が拡大する」…一見正論に見えますが、単に自分の近所に来たら嫌だということではないのか?
「汚染水は東京に持っていけ」…口で言っても、そんなことができないことを福島の人は皆わかっています。
事故はすでに起きてしまった。データや客観性に基づいて、今の目の前にある汚染水をどうするべきか、まずそこからでしょう。
精神論や正義感、安心っぽいイメージでは事故は収束できないのです。
------------------------------------------------------------------------
福島第一元作業員の「遺言」詳報 東電、信用できない 2013/9/13 神戸新聞

原発を「社会的悪」のように言う方も多いですが、ここで働く人はそれで生計をたてている。金儲けではあっても、悪人ではない。
福島第一原発でも、他の原発でも、今もたくさんの人が働いています。今後もたくさんの人材がなければ廃炉もできないのです。もっと目を向けるべきではないかと思います。


福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

2013シーズン、新プロいろいろ見たよ

2013年09月19日
急ぎでざーっと見ました。
今の時期なので、完成度より新プロはどんな感じなの?という視点でいいと思う。

2013 US International
----------------------------------------------------------------------
かわいい〜グレイシー
2013 US International FSC Gracie GOLD SP
中国の陰陽のマークみたいな衣装→大極図
弦楽器の音色がでっかいアブが飛んで来たみたいで(汗)
個性的でおもしろいプロ、私は嫌いじゃないけれど、これはチャレンジプロですね。高得点がもらえるのかどうかは…好み分かれそうだし。
Gracie GOLD FS
かわいいから何でも似合うんですが(苦笑)こっちの衣装は子どもっぽ過ぎる、ジュニアみたいで。
プログラムも悪くないけれど、やっぱりジュニアっぽいかなあ。もっとグレイシーらしさがほしい。ジャンプは大きくて気持ちいい。
それよりコーチが変わったとか、涙もろい親戚のおっちゃんみたいな前のコーチ、けっこう気に入ってたんですが…キャラ的に(笑)
USクラシックはズエワコーチがついていますが、どうもキャロルコーチにつくらしい。
----------------------------------------------------------------------
アグネス
2013 US International FSC-Agnes Zawadzki SP
SPは持ち越し。体が大きくなったような…まだオフっぽい感じ
2013 US International FSC-Agnes Zawadzki LP
タンゴ・ジェラシー、キャラには似合うが、まだぜんぜん出来てない模様。
黒髪にした方がいいと思うが。
----------------------------------------------------------------------
コートニー
2013 US International FSC-Courtney Hicks SP
2013 US International FSC-Courtney Hicks LP
コートニーも体が大きくなったような(汗)
スポーティなスケートが彼女の魅力だと思うけれど、シニアとして戦うにはスケーティングも音楽表現も物足りないかな?
----------------------------------------------------------------------
マックス
2013 US International FSC Max Aaron SP
これがちまたで話題沸騰のSP。いや〜びっくりしました(汗)
ダイスケが「ミエ」を切るところは、マックスの場合ジャンプ!ってとこがなんともらしいが(苦笑)
よせばいいのに〜♪
亀さん振付なんですか?ザカライセクコーチもいったい何を考えているんでしょうか?
日本でこれを披露したら、みんなどんなリアクションするんだろう?
Max Aaron FS
カルメンモダンアレンジ、こちらはローリー振付。
完成度はこれからとすれば、悪くないと思う。ただ感情表現のメリハリがどこまでできるか、でないと何してんのかわからないプログラムになりそう。
黒子衣装はどうかな?もしかしてマックスは黒い牛を演じているのか?(汗)
----------------------------------------------------------------------
ファリス
2013 US International FSC-Joshua Farris SP
ピアソラ〜。ちょっと地味かな
Joshua FARRIS FS
シンドラーのリスト。リリカルなメロディーでジョシュアの美しいスケートが堪能できるプログラム。
SPとフリー、どちらも黒っぽい衣装のせいか、2つとも大人しいイメージになってしまうかも。
----------------------------------------------------------------------
キャリエール
2013 US International FSC-Stephen Carriere SP
スケーティングはどんどんうまくなっているにも関わらず、存在が年々薄れていくようで不憫でならない(涙)
ベルビンちゃん振付のシェヘラザード。すごく素敵です!
2013 US International FSC-Stephen Carriere LP
ドン・キホーテ、一般的に使われるパートとは別の部分なので新鮮。こちらもいいプログラムです。
キャリエール君の場合、持っているものはいいので、あとはぶっちゃけ「華」!衣装を含めたプロデュースを!
(例)
金髪にする。
ヒラヒラフリフリ衣装にする。
スケスケ衣装にする。
リンクサイドとキスクラに美人を呼ぶ(ベルビンちゃんとか)
眉毛をつなげる。
アイドルとつき合う。
----------------------------------------------------------------------
デイビス&ホワイト
2013 US International FSC-Davis White SD
メリルの軽やかなステップに悩殺
2013 US International FSC-Davis White FD
想像したとおりぴったりのプログラム。贅沢をいえば想像以上をどう見せられるか?ってとこか。
----------------------------------------------------------------------
ウィーバー&ポジェ
2013 US International FSC-Weaver Poje SD
ドラマのような二人、かっこいいです。
2013 US International FSC-Weaver Poje FD
うわーこっちはもっとかっこいいかも。
タンゴの黒衣装は定番ですが、同じ黒でもこの二人だと華があるなあ。
----------------------------------------------------------------------
ロシア・カップ ヴォロノフ SP
調子良さげ〜、スケーティングが以前よりスムーズでは?
フリーも1位だったみたい。おめでとう。

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

萩に吹く風

2013年09月18日
2013091803

我が岡の秋萩の花風をいたみ散るべくなりぬ見む人もがも
大伴旅人 (万葉集)

我が岡に咲く萩は強い風に散ってしまいそうだ。
共に惜しむ人がいてくれたらいいのに。

2013091804

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2013第3戦 スロバキア大会続き

2013年09月17日
JGP2013第3戦 スロバキア大会
Starting Orders / Result Details
動画配信 YouTubu-ISU Junior Grand Prix

女子は…おいおい、得点も構成も男子シングルに迫る勢いじゃないか(汗)
JGP女子、上位に来るのはロシア、アメリカ、時々日本…という最近の流れ。

カレン・チャンが第1戦(3位)からSBを大きくのばして優勝、ファイナル決定です。まだまだジュニアな雰囲気ですが、高難度の構成。SPでは見事な3Lz+3Tを決めました。あ、フリップが苦手なんですね。
チャンと優勝を争ったのはロシアのAlexandra PROKLOVA、こちらも高難度の構成。やはりお子様っぽいけれどエレガントな所作はロシアバレエの基礎でしょうか。スピンがすごい…リプニツカヤ並みと言えばわかるでしょう(汗)
加藤りおな選手は大健闘3位、おめでとう。

ところでスロバキア大会の男子を見ていて、映画音楽ばっかりのような気がして書き出してみると…やっぱり多いですね。最近の傾向がわかりますね。

男子フリー動画
Keiji TANAKA (JPN) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Free Skating
映画「ドクトル・ジバコ」
He ZHANG (CHN) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Free Skating
映画「アーティスト」
Mikhail KOLYADA (RUS) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Free Skating
映画「パール・ハーバー」
Moris KVITELASHVILI (RUS) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Free Skating
映画「シャーロック・ホームズ」
Shotaro OMORI (USA) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Free Skating
シェヘラザード
Taichiro YAMAKUMA (JPN) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Free Skating
映画「アラビアのロレンス」

男子SP動画
Keiji TANAKA (JPN) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Short Program
Instinct Rhapsody(川井郁子)
Shotaro OMORI (USA) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Short Program
The Last Airbender by James Newton Howard
Mikhail KOLYADA (RUS) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Short Program
映画「マスク」
Moris KVITELASHVILI (RUS) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Short Program
映画「Interview with the Vampire」
He ZHANG (CHN) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Short Program
And The Waltz Goes On by Anthony Hopkins
Taichiro YAMAKUMA (JPN) - ISU JGP Kosice 2013 Junior Men Short Program
映画「道」

--------------------------------------------------------------------------------
今週は第4戦ポーランド大会

ISU JGP Baltic Cup 2013 Gdansk / POL 18.09.2013 - 21.09.2013

男子/Nam NGUYEN、He ZHANG、川原星、中村優、Alexander PETROV、Adian PITKEEV
表彰台はロシア勢とHe ZHANGあたりかな?
女子/Gabrielle DALEMAN、Lena MARROCCO、大庭雅、Evgenia MEDVEDEVA、Angela WANG
ロシアのMEDVEDEVAが有力?ワンもいけそう?大庭さんもチャンスあり?デールマンだっていいよ…うーん、でも読めないなあ。
--------------------------------------------------------------------------------
ISU JGP Minsk 2013 Minsk / BLR 25.09.2013 - 28.09.2013
ISU JGP Czech Skate 2013 Ostrava / CZE 02.10.2013 - 06.10.2013
ISU JGP Tallinn Cup 2013 Tallinn / EST 09.10.2013 - 13.10.2013
ISU Junior Grand Prix Final 2013/14 Fukuoka / JPN 05.12.2013 - 08.12.2013
------------------------------------------------------------------------------
ISU Figure Skating 
Grand Prix、Junior Grand Prix、日程など
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

台風一過

2013年09月17日
2013091701

各地に最大級の注意をうながしていた台風18号は、わが町では大きな被害をもたらすことなく、あっという間に去り、夕方は台風が来たとは思えない夕焼け空が広がっていました。
台風の雨風はある程度慣れているつもりですが、これまで大丈夫と思っていても通用しない、ここ最近の自然災害は局所的で甚大で、何が起こるかわからない不安があります。

まずは命が大切、といっても家や暮らしを奪われることは大変なことです。被害に遭われた方には、穏やかな日が一刻も早く戻りますように。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2013第3戦スロバキア大会男子フリー 刑事君GPS初優勝

2013年09月17日
JGP2013第3戦 スロバキア大会
2013年09月11日 ~ 2013年09月15日  スロバキア・コシツェ
Starting Orders / Result Details
動画配信 YouTubu-ISU Junior Grand Prix

全体的にミスの目立った男子フリーでした。
その中で最も目立ったミスが少なかったのが、フリー1位のHe Zhang。もともとスケーティングが魅力的な選手でしたが、ついに日の目を見たという感じ。但しセカンド3Tが1Tに、3連続が入らなかったり、パーフェクトとは言えなかった。3Aと4回転がない構成はネイサンと同じですが、パーフェクトなら十分優勝できる得点を得られるだろうことがよくわかります。
この調子でいけばファイナルも見えてきますね。

今回優勝候補だったショータロー君はフリー8位(総合5位)、どうしてしまったんだろう?SPを見る限り調子も良さそうだったのですが…と言いつつわかるような(汗)Jr.ワールドメダリストとして勝たなくてはならない焦りではないかと。ちょうど、Jr.ワールド2位を取ったあとの刑事君と同じように見えました。
ジャンプのミスも痛いけれど、慎重になりすぎたか全体にぎこちなく、優美で明るい、見ていて幸福感に包まれるような彼のスケーティングが全く見られなかったのが残念。
一気に注目される存在になってしまうと、そういう時期も必要なのかもしれません。実力を発揮出来なくてはどうにもならないけれど、実力がなくなったわけではないので(きっぱり)、きっとまた元気なところを見せてくれると思います。
(追記)ケガをしていたという話があるそうです。それはそれで心配です。

フリーは、1位HeZhang、2位コリャダ、3位刑事君、4位なんとかシビリ(←読み方がわからん、すまん)。
2〜3位はいずれも魅力もあるけれどミスも多く、ぶっちゃけ得点差ほどの差はないような気がしました。
刑事君ファンとしてはSSやトータルのPCSは刑事君でしょと思ったりしますが、SPの時のように4点台つけるトンデモジャッジがいなかったのでホッと(汗)
あとは運というか、ジャッジの好みとか加減次第かな。

刑事君はSP1位でも僅差、フリーどうでるか?リスク承知で4回転入れるか、ファイナル目指して安全運転か?
4T来ました!…回転不足で転倒でした!(汗)ひどく打ち付けるような転倒で中断かと思いましたが、がんばりました。ただし勢いがそがれたのか直後の3Aは2A、後半も2Aでした。この構成だとセカンド3Tは一度しか使えないのが辛いところ。得点は伸びませんでした。
しかしこの時期に4Tに挑戦できたこと、TESに限界ができてしまったけれどPCSは下がることもなく、フリー3位ながら優勝できたこと、いろいろ考えると良かったです。3Aが2本入るようになれば全体の印象も変わり得点も伸びそうです。

ドクトル・ジバコは美しくてドラマチックなプログラム、素敵でした。
エッジも深く、右回り左回り、めまぐるしく変わるターンの連続。弱点だったスピンのクオリティが高くなり、プログラムが途切れる感じもなくなりました。
男性的で体を大きく使っても繊細で指先まで気持ちがこもっているところが刑事君のいいところです。手を差し伸べるところの優雅さを見よ。

GPS初優勝…なんですね、ここまで長かったなあ(笑)
刑事君、おめでとう!


フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

ラベンダーセージ

2013年09月15日
2013091101

夏の豪雨に倒れたままだったセージは、L字形にぐいぐいのびて復活、シソ科の植物は丈夫ですね。
ラベンダーセージとは通称、ブルーサルビアの園芸種になるらしい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2013第3戦 スロバキア大会男子SP 刑事君1位

2013年09月14日
JGP2013第3戦 スロバキア大会
2013年09月11日 ~ 2013年09月15日  スロバキア・コシツェ
Starting Orders / Result Details
動画配信 YouTubu-ISU Junior Grand Prix

女子SP上位は、難度の高い構成を決めたカレン・チェン、そしてロシア勢ですが、加藤利緒菜選手がほぼパーフェクトで3位に!3T+3T、スムーズなスケートが気持ちいい素敵な演技でした。

そして男子SP、刑事君がノーミスで1位!
今回はスケーティングのいい選手が揃って見応えありました。
ショータロー君も良かったし、ミスはあるものもロシア勢も健闘、中国のザンもこの位置ならまずまずです。

刑事君は「Instinct Rhapsody」私は詳しくないですが激しくも大人っぽい曲。
立ち姿から美しいです。体格も大きくなり、それにふさわしいスケールの大きな演技で素晴らしかったです。ケガでジャンプが跳べなかったころはスケーティングを磨いていた成果がはっきり、バレエレッスンののせいか、上半身の動きもダイナミックになりました。スピードもあるし、ジャンプの着氷後もきれいです。
すべてにおいてレベルアップしてますねえ。
決してわかりやすいプログラムではないと思うのですが、激しくも美しく、最後まで引きつける魅力がありました。
ミヤケンということもあるのか、つなぎやステップにダイスケっぽいところがあります。そういえば衣装も道化師っぽい。

個人的には70点台後半が出てもいいと思いましたが、ぐらついたり少しミスのあったショータロー君とは僅差の1位でした。
スピンがレベル3、弱点だったスピンはこれまでに比べたらポジションも美しくて素敵だったんですが、レベルがまだか(汗)
そしてジャンプが全て前半なのが、ぶっちぎりとならなかった大きな理由。最後の3Lは後半じゃなかった?
それでもSS、TRではトップはうれしい。
フリーはまた別の難しさがありますが、SPを見て期待は膨らむ一方です。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2013第3戦 スロバキア大会開幕

2013年09月13日
JGP2013第3戦 スロバキア大会
2013年09月11日 ~ 2013年09月15日  スロバキア・コシツェ
Starting Orders / Result Details
動画配信 YouTubu-ISU Junior Grand Prix

いよいよ刑事君がエントリー。
SPは第1グループ3番滑走、まずは無心でがんばってほしい。

男子、日本からは田中 刑事 山隈 太一朗
優勝候補はショウタロウ・オオモリ選手でしょう。ぶっちぎり優勝するくらいの実力はあります。
Mikhail KOLYADA、スケーティングが素敵なHe ZHANGにも注目。

女子、加藤 利緒菜、カレン・チェン、Ziquan ZHAO
昨年の実績からすると優勝候補はカレン・チェンあたり、といってもロシアの新星が…なんてことも十分ありそう。加藤選手にもチャンスあります。
Yasmine Kimiko YAMADA(スイス)は日系の選手かな?
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2013開催中

2013年09月12日
JGP2013が開催中ですが、ほとんど追えてません(汗)
目立ったところだけでも。
YouTubu-ISU Junior Grand Prix
------------------------------------------------------------------------------
ISU JGP Riga Cup 2013 Riga / LAT 27.08.2013 - 30.08.2013

宇野昌磨
SP、衣装がちょっとどうかな?(汗)ジュニアとは思えない大人びたプログラム、そしてとことん表現者であろうとするショーマの気迫が伝わってきます。コンボの転倒は痛い。最後のスピンがかっこいい。
FS、冒頭の3Aで思いっきり転倒、しかし攻め続けるショーマに胸が熱くなります。表現者としては大人びているけれど、ジャンプはまだジュニア、ここがなんとも切ない。
どんな時も諦めない姿勢が表彰台に結びついたのでしょう。
どちらのプログラムも素敵だと思うけれど、彼の表現を磨くなら、SPとフリーで雰囲気のがらっと違うプログラムでも良かったのでは?

Michael Christian MARTINEZ (PHI)
SPはニーノ・ロータのロミジュリ、なかなかいいのでは。あいかわらずすごい柔軟性のマルチネス君。ビールマンスピンは女子以上、トップクラスかも。

Adian PITKEEV (RUS) フリー
スケーティング、振付、選曲、衣装、どこをとってもロシア。はいはい、ロシアねって感じ(笑)後半につれジャンプが良くなって、軸の細いきれいなジャンプとんでます。

ボーヤン・ジン
SP、これまでからは想像できないエレガントなプログラム。ジャンプはミスしてますが、エレメンツ前後のつなぎも工夫されてますね。
フリーはチャップリン(織田君っぽい編集)。冒頭の2Sは4Sの予定なのかな?4Tは決まりました。ひたすらジャンプ跳ぶだけだったボーヤンがすばらしい進化。スケーティングもよくなり、上半身の表現も多彩になりました。後半は猫背っぽくなり、足下がかなりシンプルになってしまうのが残念。あとはスタミナか。

Maria SOTSKOVA (RUS)
SPは、3F+3T、スピン、ステップでレベル4、スケーティングはまだジュニアですが、ステップの難度がすごいのでは?エレメンツは完璧、振付けはすごく密度高いです。SP1位は納得。
フリーはちょっと散漫な印象でした。

Evgenia MEDVEDEVA (RUS) フリー
ロシア女子ジュニア、無尽蔵って感じですね。可憐で美しいスケーティング。こちらのお嬢さんもいかにもロシア、ラジオノワっぽいかな。
------------------------------------------------------------------------------
ISU JGP Mexico Cup 2013 Mexico City / MEX 04.09.2013 - 07.09.2013

ネイサン・チェン
SPは「四季」、流れるようなスケーティング、スムーズなエッジ使いが気持ちいい。うまいねえ!上半身の使い方もジュニアとしてはかなりのもの。曲といいパトちゃんにかぶる…いい意味で。3Aが入るようになれば80点くらい出そう。2Aで余裕があるから、スケーティングに細かい所まで気を配れるのか。SSはもっと高くてもいいのでは?
フリーも2Aまでなんですが、ほぼ完璧な内容。よく動いてますね。冒頭からプログラムの楽しい雰囲気が伝わってきます。スケートって楽しくてしょうがないよ(byネイサン)みたいな。後半はちょっと疲れてガクっと淡白になるんですが(汗)
3A、4Tなし、セカンドトリプルは1回のみですが、ジャンプ6本を後半に。スピンもいいのが強みです。まだ14歳ですからね。

日野龍樹
SPは和太鼓のプログラム。体つきががっしりしてきました。細身の美少年より、男っぽい今の方が存在感あって、彼のスケーティングには合いますね。最後のステップが力強くて好感。
フリーは、プロコフィエフのロミジュリ。4Tは転倒残念。こういうロマンチックストーリーのプログラムが彼に似合うのかどうか?いやチャレンジとして必要なのか?…とか、頼まれもしないのにアレコレ考えてしまう(汗)どうしても一本調子になりがち、特に後半はただ終わってしまった感が…

優勝はネイサン、フェイは健闘2位。
フリーのTESは、難度は高くないもののパーフェクトだったネイサンと、難度は高いけれどミスをしてしまったフェイがほぼ同じ。しかしPCSで10点以上の差、厳しい見方かもしれないけれど、これは納得。
カナダのグエン君も魅力的だけれど、ネイサンのスケートをみてしまうと…(汗)

本郷理華
SPは「ドン・キホーテ」う~ん、緊張感のうちに終わってしまったか…実力からすればもったいない。
フリー「ミス・サイゴン」いい時のスピード感がないせいかジャンプが全体に危うい。プログラムは印象的なメロディとかメリハリ欲しいと思いました。
4位は健闘かもしれませんが、もっともっとパワフルで輝く子なんですが。

Polina EDMUNDS (USA)
SP、スケーティングが軽快ですねえ。スピードもあって飛んでいるような。ラテンメドレーの明るくて、すかっとする感じが出てました。
フリーは一転エレガント。3Lz+3Tなんとか決まりました。これが大きい。SPに比べると振付にやらされてる感ありも、まだジュニアだしね。癖のないスケートに将来性を感じます。

Natalia OGORELTSEVA (RUS)
2000年生まれ(汗)ひゃ~13歳とは思えない大人びた雰囲気。

Mariah BELL (USA)
フリー「タイタニック」、ミスは多いが、彼女のスケート体全体をつかった表現が結構好きかも。
------------------------------------------------------------------------------
ISU JGP Kosice 2013 Kosice / SVK 12.09.2013 - 15.09.2013
ISU JGP Baltic Cup 2013 Gdansk / POL 18.09.2013 - 21.09.2013
ISU JGP Minsk 2013 Minsk / BLR 25.09.2013 - 28.09.2013
ISU JGP Czech Skate 2013 Ostrava / CZE 02.10.2013 - 06.10.2013
ISU JGP Tallinn Cup 2013 Tallinn / EST 09.10.2013 - 13.10.2013
ISU Junior Grand Prix Final 2013/14 Fukuoka / JPN 05.12.2013 - 08.12.2013
------------------------------------------------------------------------------
ISU Figure Skating 
Grand Prix、Junior Grand Prix、日程など
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

梨木香歩「鳥と雲と薬草袋」

2013年09月12日

鳥と雲と薬草袋鳥と雲と薬草袋
(2013/03/29)
梨木 香歩

商品詳細を見る

鳥のように、雲のように、その土地を旅する。ゆかしい地名に心惹かれる―地名に召喚される土地の記憶をものがたる葉篇随筆。作家の胸奥の「ものがたり」がはぐくまれる場所に、滋養を与える旅の記憶。49の土地の来歴を綴り重ねた随筆集。

美しい本です。
西日本新聞に連載したコラムをまとめたもので、読者が九州管内ということで、取り上げる土地のほとんどが九州、西日本。
いずれも私の知らない土地ばかりです。ルビがないと読み方もわからないことも多い。全く知らないと、それはそれで語感や漢字からうける印象から想像が広がるものですね。

富士山が見えるから「富士見」、窪地や谷だから「谷戸」、景観やその土地由来の地名、地名には歴史が残っている。何と読むか苦労する地名も大変だけれども、市町村合併など時代とともに消えてしまうのもさみいしいものです。

一篇一篇はシンプルで短かいけれど、丁寧に選ばれた言葉が心地いい。
タイトルは、著者が旅した土地の名が、著者に薬効を与えてくれることに気がついたことから「薬草袋」をタイトルに入れたそうだ。


| Comments(0) | Trackback(0)

高三郎

2013年09月11日
2013091102

足下を見下ろすと、小さな白い花。
タカサブロウ(高三郎)…いわゆる「畑の雑草」ってやつですね。
よく見るとかわいい花なんです。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ハンやん新プロ、他

2013年09月10日
今季はSP、フリーともローリー振付。いい感じにきてるのでは?

Han Yan SP at National competition 2013.9.5
ハンやん、あいかわらず速い!
「Minor Waitz」おしゃれでかわいいプログラムですが、ローリーがトマシュに作ったプログラムみたいな印象、もちろん悪くないんですよ(汗)。この密な振付をこなせるスケーターなんだと感慨深い。ぜひ自分のものに!

Han Yan LP at National competition 2013.9.6
映画「ハンニバル」より「美しき青きドナウ」ってことでいいのかな?
3A+3T、4T、3A…いずれは4Tが2本になるのかな?
ハンやんのスピードとワルツいいですねえ。
最後のコレオシークエンスが、バレエのジャンプもたくさん入り見応え、とっても新鮮な印象。しかしバテてる後半にこれは大変かも。
---------------------------------------------------------------------------------
夢の舞台を目指す羽生結弦、「五輪シーズンの戦略」とは? Sportiva 2013.08.31
「サルコウを抜いて4Tを2回というのは考えなかったですね。それは得点的にも、サルコウを4回転にしておくと後半でも3回転トーループ(3T)を入れられて、トリプルアクセル(3A)からのコンビネーションジャンプに3Tをつけられるし、3Sも跳べるので。4回転を複数入れるのは何人もやっているけど、4Sを跳べる選手は数人ですし、せっかく(4Sというジャンプを)持っているのだから、その武器を活かそうと思いました」

あとは進むだけ。ゆづ、なんの心配もない感じですね。
---------------------------------------------------------------------------------

スポーツ男子。Vol.2 (ぴあMOOK)スポーツ男子。Vol.2 (ぴあMOOK)
(2013/09/09)
不明

商品詳細を見る

第2特集は10ページで、アイスショーに出演した「髙橋大輔+羽生結弦」にフォーカスしたリポート。
…とありますが、どうなんでしょう?
---------------------------------------------------------------------------------
アミノバイタル GOLDモニターキャンペーン 
ダイスケのCMはいつからでしょう?
---------------------------------------------------------------------------------

美しいキモノ 2013年 09月号 [雑誌]美しいキモノ 2013年 09月号 [雑誌]
(2013/08/20)
不明

商品詳細を見る

「浅田真央さんのきもの 」
洋服はシンプルでもいいけれど、着物となると小紋より、豪華な花柄の振り袖がよく似合う真央ちゃんです。華やかな真央ちゃん、立ち読みでもいいので見てほしいです。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »