良いお年を

2013年12月31日
20131230101

いつも読んでいただきありがとうございます。
2013年も間もなく終わりです。皆さんにとってどんな一年だったでしょうか。
私はしんどいことの多い一年でした。まあその、生活しているといろいろなことが起きますからね。皆さんもそれぞれにいろいろあるとお察します。
今年は気持ちも時間も余裕なく、ブログもしばらく休止しようと何度か思いましたが、ブログはいつの間にか私のいい気分転換になっており、ある意味逃避かもしれませんが(苦笑)右往左往しつつも続けることができました。
携帯のアプリやiPadなど、出先のちょっとした時間でも、ブログの記事を書きやすくなったことも大きいです。
そしてやはり、読んでいただける方がいてこそ続けられたかなと思います。

来年がどんな年になるか全くわかりませんが、それも毎年思うことで、人生そんなものかもしれません(苦笑)
とりあえず来年、皆さんにいいことがたくさん訪れますよう。

良いお年を!

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

福島のこのごろ ニュースにならない日常(2013.12)

2013年12月31日
震災から2年半、被災された方もだんだんと身の振り方を考えているような…、そんな最近の福島です。
県内外に避難、自主避難していた方もだいぶ戻ってきているようです。

知人の妻子は、山形県米沢市に自主避難していましたが、年内に福島市内の自宅に帰ってきました。
放射線量は多くの地域で半減、除染も一応終わったことなどを受けてですが、避難生活に心身共に疲れたことも大きいらしい。
福島で普通に暮らしている人の多くは、(注意する前提はありますが)現在の放射線量に神経質になっている人は少ない…と思う。世間の空気を読むことに長けた営業職の知人は、そういう風潮の中で避難を決めた妻について、これまで多くを語りませんでした。
現在小5の子どもは親の都合に振り回されたとずっと怒っていたそうで…。幼児ならともかく小学校高学年ともなれば、そうですよね。
避難や放射線に対する考えは、今も様々あり、どれが正しいのか、あるいは得なのかは何とも言えないです。

除染作業は、市街地を中心にかなり進んでいます。
我が家のような田舎では、子どもがいるお宅優先、我が家はいつになるかわかりません。
というより、こんな田舎の山や畑がある地域で点在する住宅の除染が、どれだけ効果があるのか?…と皆が話してますが。
今現在、ある程度線量下がったのは自然減(半減期)だと思います。

福島県内の除染費用は莫大です。この仕事を受けているのは、地元の建築・土建関連会社、ゼネコンなどですが、除染作業員は下請けとして全国から集まっているようです(最近特に他県ナンバーの車がとても多い)
震災後は復興ビジネスにより、除染作業だけでなく様々な人が被災地に入り乱れています。残念ながら「よそ者」が集まって起きるのが犯罪で、大小様々な事件が、特に人が多く出入りしている郡山やいわき市で多く発生しているようです。

先日は私の仕事場の近くで強盗事件があり、警官の聞き込みがありました。不審人物を見なかったですか?と聞かれましたが、心当たりなし。
ところが、ちょうど打ち合わせに来ていた取引先M氏が「そういえば…」と言いだす。
犯行現場の近くでM氏が信号待ちをしていると、不審な人物が「200円貸して下さい」と言ってきて、当然断った。犯行はそれから40分後の近所で起こった…これは有力情報となりました(汗)
しかし警官が帰ったあと「お前がそこで200円貸してれば事件は起こらなかった。みんなMが悪い」…と、わけのわからない責めを受けてましたが(汗)
ちなみに押し込み強盗の被害は3000円、怖いのはかわりませんが(汗)

そんな軽度の犯罪なら、いくらかましですが、数日前はやはり仕事場の近所の繁華街で、自営業の住宅兼店舗が全焼しました。空き家となっていた隣家から不審火、気がついた時は延焼をまぬがれなかったらしい。
人的被害はなかったけれど、こんな年末の寒空に…と愕然としてしまう。
近所総出で協力するのは人情の厚い田舎の町、ちょっとうるっときました。
犯罪はよそ者とは限らないのですが、最近多いのは間違いない。気をつけましょうというのが、近所の話題です。

2014010304

福島の景気は以前に比べれば、良くなっているような気もします。ただ業種にもよりますし、サラリーマンには実感がないなあというのがみんなの声。
避難されてきた方が、(いわき市を中心に)県内に居を構える傾向もあり、不動産関係は活発、特に住宅建設は消費税増税前ということもあり、これは全国的に同じでしょうか。
場所にもよりますが、福島で土地の売買はあり得ないと言っていた原発事故直後からは考えられないです。

依然として県民同士の確執の原因になっているのは補償の格差だと思います。
もらっている人は、相当もらっているらしい…そんな疑心暗鬼。
しかしそうであっても、仮設住宅では孤独死や心身を病んでしまう方も多い。莫大な補償金をもらったばあちゃんのお金をめぐり、県外の親族をいがみ合う…とか、うんざりするような話もあります。

原発事故による風評被害、休業、売上減少は、東電から補償金が下ります。それでなんとか食いつないでいる会社もあれば、それが思わぬ(実質的な意味で)利益なんて会社もあります。
復興関連で好調の企業(建築、通信関係、ホテル、タクシーなど)も多いです。そんなこんなで、まとまった額のお金を手にしている企業は多いように感じます。
以前なら、これを機に業務拡大、設備投資に走るところですが、先行きの不安感からか使わずに持っている。この辺りはバブル期と違うところですね。

個人に対しての補償金も将来への不安からか?使われず、預金のままが多い。
結果、福島県内の預貯金額は過去最高。ある地銀の年度の預金目標は、年度初めから3ヶ月でクリアしたとか。
そういえば毎年私に、定期預金を迫っていた銀行の営業も全く来ない。
銀行は貯めておくのではなく融資するのが仕事です。ところが融資先がない。所得の少ない人は依然として不利、融資の審査が厳しくなっているのでおりないケース多いと銀行の人が言っていました。本当に融資が必要な人には融資できないという、これは全国的にそうかもしれませんが、おかしな話です(汗)

福島にやってくる政治家も、地元の首長も復興を声高に言うけれど、復興に求めるものが個人によってかなり違っていて…その考えの違いは年々大きくなっているような気がします。
何を持って復興なのか、とにかく除染なのか、賠償金をもらって他で暮らすのか、優遇措置なのか、原発の廃止なのか…答えはやっぱり出ないですね。
そんなこんなで、来年はもう震災から3年、早いものです。

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

朝の足跡

2013年12月30日
2013123001

うっすらと積もった雪に、朝帰りした猫の足跡。

日記 | Comments(2) | Trackback(0)

2013-14 年末年始の気になるドキュメンタリー番組

2013年12月29日
【年末年始特別番組】BS民放5局共同特別番組 ニッポン百年物語
 2013年12月29日(日)、30日(月)
 2014年1月1日(水・祝)、2日(木)、3日(金)
 (2013年12月31日を除く5夜連続) 各日21:00~23:00放送
~食の100年~「おいしいは力だった」
~医学の100年~「日本人はなぜ長寿になったのか」 
~流行歌の100年~「未来に残すべきニッポンの歌」
~鉄道の100年~「日本人は鉄道がつくった?」
~家族の100年~「人生相談にみる日本人」

NHKスペシャル シリーズ遷宮
第1回 伊勢神宮 〜アマテラスの謎〜
 1月1日(水)[総合] 前7:20〜8:10
第2回出雲大社 〜オオクニヌシの謎〜
 1月2日(木)[総合] 前7:20〜8:10
2013年、伊勢神宮と出雲大社は社を新たにして御神体を移す“遷宮”を迎えた。伊勢は20年に一度、出雲は60年ぶりのことで、これまで映像記録がほとんど残っていない。番組では、数年がかりで行われた二つの遷宮の全貌を紹介。

京の“いろ”ごよみ 染織家・志村ふくみの日々
1月1日(水)[Eテレ] 後10:00〜11:00
 京都・嵯峨野で半世紀、植物からとれる自然の染料で糸を染め、鮮やかな着物を織り上げてきた人間国宝の染織家・志村ふくみさん。
 植物からいただく色で、豊かな物語を内包するイメージを織りなし、芸術の域にまで高めた志村さん。その手は、色の無限の表情を引き出す魔法の手だ。季節の移り変わりに寄り添う、志村さんの“いろ”との暮らしをドキュメント。


ジブリの風景~高畑勲が描いた“日本”を訪ねて~
BS日テレ 1月1日(水) 19:00~20:54
「ジブリの風景」シリーズ第4弾となる今回は、公開したばかりの14年ぶりの新作「かぐや姫の物語」を手掛けた高畑勲監督にスポットをあてます。

惜櫟荘ものがたり
BS朝日 1月2日(木) 午後4:00~
この番組は、日本の歴史的建造物を守るために立ち上がった、ひとりの作家の情熱の物語。 「惜櫟荘(せきれきそう)」という近代数寄屋建築の最高峰の3年にわたる修復・復元を追い、岩波書店創業者と稀代の建築家の知られざる物語を描くドキュメンタリーである。

●地球アドベンチャー 冒険者たち
北極圏サバイバル ツンドラの果ての湖へ〜登山家 服部文祥〜
1月2日(木)[BSプレミアム] 後8:00〜9:30
ユーラシア大陸の北東端に巨大な隕石によって生まれた湖がある。サバイバル登山家の服部文祥が、前人未踏のツンドラの荒野を自給自足で歩き通し、幻の魚がすむ湖をめざす。

BS1スペシャル マイケル・サンデルの白熱教室
世界の人たちと正義の話をしよう
1月3日(金) [Eテレ] 後2:00〜3:40(再放送)
議論することは、ある意味エンターテインメントでもある。それを教えてくれた、ハーバード大学マイケル・サンデル教授は、日本のみならず世界中で白熱教室を行っている。韓国・中国・ブラジルそしてインド。
 番組では、世界各地で行われた白熱教室のハイライト・シーンを紹介し、また新たにサンデル教授のインタビューも収録、各国で行われた正義をめぐる議論を伝える。


体感!グレートネイチャーSP
「地球一周!あの手この手で“奇跡の絶景”スペシャル」
BSプレミアム  1月3日(金)午後8:00~9:30
カザフスタン・純白の大地や砂漠に一年に数日だけ現れる“奇跡の花園”など、選りすぐりを徹底紹介!
「大空から絶景に大接近!決死の空中作戦スペシャル」
BSプレミアム  1月4日(土)午後8:30~10:00
世界の絶景に大空から大接近!SF映画アバターのモデルとなった中国・石の森やユーラシアで最も危険なカムチャツカ・シベルチ火山の溶岩ドームなどに空中から迫る。


SWITCHインタビュー 達人達(たち)SP 
1月4日(土)[Eテレ] 後10:00〜11:00
大河ドラマ主演の岡田准一が登場!実はクラシック通の岡田、天才バイオリニストにして武道にも長けた五嶋龍と意気投合。今明かす意外な役作りの秘密から若き日の苦悩まで。

●BS世界のドキュメンタリー NHK-BS1
■シリーズ 野生のロマンに迫る
フルーツハンター 前編 未知の果物を探して
 1月6日 月曜深夜[火曜午前 1時05分~1時55分]
“フルーツハンター”とは果物の魅力に取りつかれ、その原種やまだ知られていない品種を探し、栽培する人びと。珍しい白いマンゴーを探してジャングルを分け入る人、ルネッサンスの絵画に描かれた果物を探し出そうとする人など、フルーツハンターの活動に密着する。(前編)
フルーツハンター 後編 果物の多様性を守りたい
 1月7日 火曜深夜[水曜午前 0時00分~0時50分]
果物の原種やまだ知られていない珍しい品種を探し出し、栽培する人びとが“フルーツハンター”。多品種のバナナを集める人、交配によって“スモモ・アンズ”やブドウ味のリンゴを開発した人など、多様な果物の品種を維持しようする人々の知られざる世界を見つめる。(後編)


ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)

真冬のブルーベリー

2013年12月27日
2013122502

良く晴れた寒い朝、朝の光を浴びたブルーベリーの葉が鮮やかでした。

2013122501

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ソチオリンピック代表選考に思うこと

2013年12月26日
ソチオリンピック代表が決まりました。
代表発表の前に会場を後にしていた私は、新幹線乗り換えの大宮駅で落ち着きなく、友人からのメールを待っていました。たぶん大丈夫だろうと思っていましたが、ダイスケが決まったと知りうれしかった。ようやく…なんとか、ほっとしました(笑)

私の中には、ファンとして選ばれてほしい気持ちとファンゆえの心配がありましたが、全く別に客観的に見てどうだろう?…常に2つの視点があったつもりです。
今更書いても説得力ない…言い訳と思いつつ、頭を整理しておきたいので、ダイスケファンということを抜きに、一応客観的に男子シングルの選考経過を追ってみます。
客観的といっても私個人の見方ですが。なお選考結果は順等と思っています。
---------------------------------------------------------------------------------
・男女シングル選考方法
 全日本選手権終了時に、五輪参加有資格者の中から、以下の選考方法で決定し、フィギュア委員会へ推薦する。
(1)1人目は全日本選手権優勝者を選考する。
(2)2人目は、全日本2位、3位の選手とグランプリ・ファイナルの日本人表彰台最上位者の中から選考を行う。
(3)3人目は、(2)の選考から漏れた選手と、全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング日本人上位3名、ISUシーズンベストスコアの日本人上位3名選手の中から選考を行う。
---------------------------------------------------------------------------------
シーズン序盤に発表された選考基準は、全日本王者以外は連盟が選びますよ…と、解釈しています。
特に(3)は、連盟が押したいスター選手(浅田、羽生、髙橋)に何事かあった場合の救済策だろう。ただし羽生と髙橋どちらかを選ぶ状況になれば、将来を担う羽生を選ぶだろうと。あとは「救済策」も程度によると思いました。
男子はこの時点で、3枠目を町田、織田、小塚、無良で争う展開から始まったと。

GPSは羽生、髙橋が勝ちあがり、ここに食い込んで来たのが町田選手。
次に安定した成績を残したのが織田選手。この時点の評価は、4番手織田、5番小塚、6番無良、3人はファイナルを逃し、ワールドランキングが日本選手の中で4〜6位、代表に文句なく選ばれるには、全日本優勝狙いするしかないと思いました。
また今季以外の実績が弱く、ワールドの経験もない町田選手は、勝ち続けない限り、ギリギリで代表に選ばれない。その意味で常に崖っぷち宣言をしているのは正しいと思いました。

GPFは、羽生選手が優勝した時点でほぼ当確。(髙橋選手は故障で棄権)
繰り上がり出場の織田3位、町田4位、二人の結果は悪くないものの、SPの出遅れなどもあり、王手…とまでは判断できない。

全日本は予想通り、羽生選手が圧勝で代表確定。
2位町田選手はここまできて、総合的に見て代表としてふさわしいと判断された。

髙橋選手は5位、故障もありジャンプは良くなかったですが、パフォーマンスとしてはすばらしい。この内容なら髙橋選手が代表に選ばれるだろうと思いました。
ところがフリー終了後は打ちひしがれ、すっかり諦めている様子でした。これを見た私は、表彰台に入らなければ、代表に選ばれても辞退するつもりなのかと思いました(引退を示唆する言葉も出て、私は動揺してしまいました←ここはファン目線です)
後日、動揺による思い込み?らしいと知りました(彼の本質である「ガラスのハート」が露呈してしまった感じ)

(私は現地観戦していて、髙橋選手はやれることをやった、よくがんばったと思いましたが、テレビでは涙のインタビューもあり、悲壮感が強調されているように感じました。)

残る3枠目は、全日本3位小塚、4位織田、5位髙橋から。
選考基準を満たさない織田選手が外れますが、私は今季安定した成績を残しているのは、小塚選手より織田選手ではと感じていました。
残ったのが小塚、髙橋。
この選択なら迷わず「髙橋」です。今季成績、ランキング、国際的な評価、期待値、比較すれば全てにリード。遡った過去の実績は関係ないと思いますが、仮に直近を見てもGPF優勝など、髙橋選手が有利です。あとぶっちゃけ人気とか求心力です。

小塚選手は全日本3位がよりどころ。
ここにきて彼の良さが戻ってきて良かった。特にスケーティングは、直前滑走の町田選手と比較しても圧倒的でした。ただジャンプ構成の弱さが気になることと、全体のインパクトでは髙橋選手が上ではないだろうか。
小塚選手が2位かファイナル出場であれば、また髙橋選手がもっと下ならば…評価が違ったかも?それでも髙橋選手の優位は変わらないと見ます。
肝心なのは、来年2月に勝てそうな選手を選ぶこと。
問題になるとすれば、小塚選手との比較ではなく、故障の回復だろう。

そんなわけで、私は髙橋選手と予想。ここで彼を選ばないしたら、大げさでなく国際的に判断を疑われるでしょう。
ただ、私の周りでは全日本表彰台が優先という声もあり、だんだんと自信がなくなってきました。なぜか男性は髙橋だと言い、女性は不安視している人が多かった。

報道も髙橋選手ばかりでした。彼の演技より、涙のインタビューと血に染まった手が繰り返し放送されたことには違和感があります。
あの場面は、脆さと表裏一体の彼の魅力が伝わるものですが、感情論で、人気先行で後押しされた…選ばれた印象になってしまう。私はそれ以前に髙橋選手が有利だったと思います。
小塚選手が争う相手が、髙橋、羽生以外であったら、また違っていたかもしれません。
選考を待つ間、小塚選手はどう考えていたのか、できたら聞いてみたい。選ばれると確信していたとは思えないのですが。

結果は全会一致で髙橋。気になる故障は、担当医の確認をとることで解決。
どんでん返しでもない、一貫して髙橋選手の優位は変わらなかったと思います。
どちらに転んでもファンの想いはそれぞれ。公平でないという意見もあるそうですが、全日本一発勝負なら、そもそも選考基準は必要ない。

選考基準がそのものがおかしいという意見もあるのですか?
私が誰のファンかを抜きにして、今回の選考基準を支持しています。
それは全日本がある意味特殊で、国際大会で強い選手が国内で強いとは限らないこと。連戦の選手がたまたま全日本だけ良くないこともある。故障や病気もありうる。
順位を軽んじるということではなく、選考は別の側面。目的は、目指す大会で勝てる選手を選考をすること。1大会だけで判断するのは賢明ではないと思っています。
これまでの、他国のナショナル(特に全米やロシア)、全日本ジュニアのワールド選考などでも、一貫して私が感じてきたことです。
言葉は悪いですが「たまたま」勝った場合もある。結果論ですが、別の選手を派遣していたら?…と思うようなことが、これまでたびたびありました。
1枠となると難しいですが、2枠、3枠とあるのなら、期待値や総合力で選択する余地を残しておくべきだと、私はずっと思ってきました。特定の選手を貶める意味はありません。

以上が私が選考で考えていたことでした。
誰を選んでも、誰もが納得はしないことは、現在の日本ではわかっていたことです。

疑問があるとすれば、多くの人がおっしゃるように、オリンピック選考ではなくワールド選考でしょう。
今の日本ならば、オリンピック代表を総入れ替えしても、3枠獲得できそう…それは大げさか。
これが他国開催なら、羽生、小塚、織田だったかもしれませんが、日本開催でスター選手を外したくないのでしょう(羽生選手は全日本王者として、来季の枠を自分で取りに行く責任がある)
私はダイスケファンとして喜びましたが、客観的に見れば複雑です。
オリンピックの結果次第では、誰かが辞退するかもしれないですが、それを待てというのは、今季を集大成としてきた選手に対しあまりに過酷で、失礼だろうと思います。

もうひとつ心に留めておきたいのは、このような状況下では、選手や関係者が何を話しても失言になりやすいことです。
たまたま口にした言葉が、誰かを傷つけたり、生意気と取られたりします。
報道で伝えられるのは全体のごく一部であること、どこを切り取るか、見出しひとつで印象が変わります。
全日本で心身ともに揺さぶられた選手たちが、二転三転の発言をしたとしてもおかしくない。あたたかく見守ることもスケートファンとしての務めだと思っています。

ちょっと優等生すぎるかもしれませんが…
私は全ての選手に敬意を払っています。なかでも過酷なオリンピック代表を争った選手たちの努力は計りしれない、お疲れさまでした。
そして、織田選手、安藤選手、今までありがとう。新しいスタートを祝福します。

フィギュアスケート | Comments(20) | Trackback(0)

メドハギ

2013年12月24日
2014091606.jpg

よもぎやすすきなどと一緒に繁っているマメ科の野草。以前から気になっていましたが、メドハギ(筮萩)という名前らしい。
なぜか茎は片側にしか伸びない(刷毛のように)。花が咲く頃は倒れていることが多い印象、これもそうです。

2014091607.jpg


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

冬薔薇

2013年12月24日
2013112801

鉢植えに薔薇一輪。

日記 | Comments(4) | Trackback(0)

全日本、ダイスケのフリー

2013年12月23日
2013年の全日本、男子が終了しました。
ダイスケは5位、状態を考えればもっと良くない結果もあり得ると思っていました。よく踏みとどまってくれました。

どこまでも優しくて美しい、ダイスケらしい、ダイスケにしかできないフリーでした。
今日のフリーはこの日だけのもの、だれがなんと言おうと、すばらしいフリーでした。
壮絶な競技の場で、これほど無防備に自分をさらけ出し、なお魅力に溢れている、こんな選手いないです。

会場の後押しがすごかったですね。みんなの愛に応えようとするダイスケ 。今日のフリーはダイスケと会場の後押しと、テレビ観戦のみなさんのパワーも、世界中のダイスケファンのパワーも加わってが作り上げた作品だと思う。

ソチに選ばれるかどうかはわかりませんが、聞こえてくる報道などを見ると、五分五分?そして
選ばれてもいい条件は揃っているようです。
ファンとしては、なんとしても選ばれてほしいですが、誰かを選べば誰かが落ちる…これ以上もう言えないです。

インタビュー記事があがってきて、今回の全日本がいかに厳しい覚悟で臨んでいたかがわかり…
ソチがなければ引退という下りを読んだとたん、私のメソメソに歯止めがきかなくなってしまいました。

現役に限りがあることはわかっている。ソチまで来ただけても、ファンとしては十分幸せ。
満身創痍の今、残された時間は少ないこともわかっている。
ああ、行ってしまうのだ、リアルに意識したとたん、考えていた以上に動揺してしまいました。
私はダイスケのスケートをこんなに愛していたのだななあ。
しかし、限りあるからこそ美しく、愛おしい。限りあるからこそ輝くものなのかもしれません。
その同じ時代にいて、ファンになれて幸せです。
どんな未来がくるかわかりませんが、行けるとこまて応援しますよ。

フィギュアスケート | Comments(14) | Trackback(0)

全日本、ダイスケのSP

2013年12月22日
ダイスケ、いろいろな意味で完敗でした。
6分間練習から、かなり慎重でしたし、調子はよくないようでした。
ホテルについてニュースを見ても、憔悴した様子でした。
結果や、これが意味することについては、さっきまで友人たちとしゃべり倒し、だいぶ気も晴れました(苦笑)

しかし、これだけは言っておかなくては。
ダイスケは、負けてなお恐ろしいほど美しかった。
これはまぎれもなくスポーツで、たぶんそんなことをうっとり語っている場合ではないのでしょうが、今日のソナチネは美しくて、せつなくて、胸に迫るものがありました。

ここからどんな結末を迎えるのか、何かが始まるのか終わるのか、私には全くわかりませんが、今日のこの哀しみを帯びた美しさを、私はずっと忘れないだろうなと思いました。

まだ、明日がありますね(笑)
では、明日のために、お休みなさい。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

全日本フィギュア2013 行ってきます

2013年12月21日
いよいよ全日本、前日練習の様子などニュースもあがってきましたね。
私は現地で応援してまいります(MOIは仕事もあるのでパスです)
いろいろ書きたいこともあるような…何書いていいかわからないような(笑)まあとにかく、全日本に集中する3日間を捻出するために忙しかった(汗)
期間中、ブログの更新は未定ですが、twitterがメインになりそうです。
TVではわからないことがお伝えできるといいですが、そこまで余裕があるかどうか(汗)

hot nilgiri

真央ちゃんは引き続き心配ないので、あとは天井知らずの高難度構成を楽しみにしています。
町田君や刑事君のコンペを生で見るのは久しぶり、ジュニアからの選手も楽しみです。

スケートファンとして、どの選手も力を出しきり、気持ちよく終えてほしいと願っていますが、今は、ダイスケをソチまで送り届けたい。ソチで金を取りにいく姿を見届けたい、そういう気持ちが強いです。

私はいつでも今現在のダイスケが好きです。
勝ち負けはこれはもう大事ですが、勝者だった過去よりも、やっぱり今のダイスケがいいです。
彼のスケートはどんどん魅力を増している。評価を得てもフィギュアスケートに誠実に向き合い、もっとうまくなりたくて、それを実現してきた。気がつくとすごいスケーターになっていました(笑)
たぶん、明日のダイスケはもっと魅力を増していると思っています。
私にとって、そういう可能性を感じさせてくれるのが、ダイスケというスケーターです。
ですから、彼を応援することは、いつでも喜びです。
ソチでダイスケを見たい、そう願いながら応援してきます。
--------------------------------------------------------------------------------
第82回全日本フィギュアスケート選手権大会
2013年12月20日~23日 さいたまスーパーアリーナ
エントリー/リザルト
全日本フィギュア2013/フジテレビ
スポーツナビ/フィギュアスケート
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

今週はいよいよ全日本フィギュア2013

2013年12月19日
今週はいよいよ全日本、泣いても笑ってもいろいろ決まってきますね。
ここでしか見られない選手も多いし、ジュニアからのエントリーもとても楽しみです。

しかし、楽しみと言いつつ半端なくハラハラで(汗)
なんといってもオリンピック代表男女各3枠の行方。これに関する報道はとても多いですが、解説者も元選手もライターも、真央ちゃんとゆづの優位以外は、はっきり言わないという(苦笑)それが現実でしょうか。
まあ(あり得ないと思いますが)真央ちゃんとゆづが台落ちでも選びます、私なら。

第82回全日本フィギュアスケート選手権大会
2013年12月20日~23日 さいたまスーパーアリーナ
エントリー/リザルト

女子は、真央ちゃんが確定として、実績からすればあっこ姐さん。ただし、文句なく選ばれるには内容と、表彰台に入らなくては。波がある選手なのでそこが気がかり。消去法で生き残るのではなく、勝ちとってほしい。

そして3枠目、カナコ、宮原さん、美姫ちゃんのいずれか?強い人、勝てる人が行く…そういうことなんですが…
これまでの実力からすればカナコですが、今季の不調というか不安なムードは…(汗)しかしカナコよ、ここでソチに行かなくてどうするのじゃ?と思っています。SPを過去のものに変更したそうなので、これでうまく行くといいなあと思います。
宮原さんは、難度の高い構成が強み、結構安定しているイメージがあるので、チャンスありますね。
美姫ちゃん…ここがわからん(笑)ゴールデンスピンで得点はそれなりにでたとはいえ、カナコや宮原さん以上にソチで戦えるのか?となると、今の時点では難しいと思う。PCS頼りではなく、もう少し難度を上げてほしい。ただし、どんな神演技がきても彼女の場合はありなので(苦笑)

男子はゆづは確定でしょう。
残り2枠を、ダイスケ、織田君、町田君で争う展開か?
こづ、無良君は、優勝でないと厳しいかもしれません。逆に考えれば、優勝さえすればいい…なんでも起きそうな全日本ですから。

やはりここでも、だれがソチで勝てるのか?ということだと思います。
現時点では、実力、評価、経験値を考えればダイスケです(…実績を上げて押すほど甘くはないと思います)
私がダイスケファンだから…を抜きにしても、パトちゃん、ゆづ、他の強豪と勝負でき、なおかつソチで日本選手の支えとなれるのは、ダイスケだと思っています。
ダイスケファンとしては、日本が誇れる類稀なスケーター、ダイスケを世界の舞台に出さなくてどうする?…と思ってますが(笑)
故障だけが気がかりですねえ。文句なく選ばれるそういう内容ででないと、他の選手次第となってしまう。
あとは、メンタルで負けなければ大丈夫かなと思います。
今、選手たちはどうなっているのだろう?どんな様子か気になるところですが、今はそっとしておくべき時ですね。

ソチで誰が勝てるのかを考えると、思い浮かぶ2つのことがあります。
オーサーコーチがパトちゃんにアドバイスしたという、オリンピックをオリンピックと意識しない(他の小さい大会の)ように思い込んでもダメだと(うろ覚えですが)。
もうひとつは、NHK杯で樋口さんがチャーリーに、オリンピックに向けてどんなことを心がけているか?と聞いた時、チャーリーは常にプレッシャーをかけている…と即答していたんですよね。
平常心で、いつものように、練習通りにと…プレッシャーを意識しないよう思い込もうとしても、オリンピックでは通用しない。
いずれも実力のある選手たち、波はあっても最後はプレッシャーと向き合い、そこに勝った人が勝つということなんだと思います。
そうあってほしいと、自分が願っているのかもしれませんが。

全日本フィギュア2013/フジテレビ
スポーツナビ/フィギュアスケート
-----------------------------------------------------------------------------

フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シフィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シ
(2013/12/10)
不明

商品詳細を見る

すべて読み切れてませんが、今季が最後になる選手と、口に出さないものの進退を意識している選手と、若い選手と、引退しているスケーターと…
当たり前か?(笑)この時期、読む方の自分がいろいろ考えてしまうのかもしれませんね。

刑事君の写真がかっこいいー!
リッキーやジェイソンもありますね。

ポワティエのジュベールが自然体で楽しそう。ポワティエなしでジュベールはあり得ない。しかしタトゥーは(汗)日本人の自分の感覚では、ぎくっとしてしまう。


フィギュアスケート | Comments(3) | Trackback(0)

福島のこのごろ ユーロ圏での報道

2013年12月18日
仏ジャーナリスト 福島を視察 NHK
東京電力福島第一原発の事故後の福島の現状を理解しようと、フランスのジャーナリストたちが福島県伊達市を訪れ、3年ぶりに出荷が再開された特産の干し柿「あんぽ柿」の放射性物質検査や、除染で出た土などを保管する仮置き場を視察しました。
今回の視察は、フランスで報道されている福島に関する情報が必ずしも正しい内容ばかりではないとして、フランスの放射線防護の専門家が企画し、ジャーナリストたちおよそ20人が参加しました。


原発事故後の報道は偏っており、福島の現実を伝えていない、そう思う福島県人は多いと思います。
特にユーロ圏においては距離もあるせいか、報道されるのは事故に特化、福島がいかに危険か、そんなイメージばかりのようです。
危険であったことは事実だし、今が何も考えずに100%安全だとは言いませんが、状況はどんどん変わってきています。今現在の福島を世界に知ってもらういい機会になればいいなと思います。
原発事故の経過も大事ですが、福島がどんなところか、どんな人たちかも含めて。

日本というのは、海外の報道をありがたがる傾向があるので(←これ皮肉です)、海外から「あれ、福島ってお安全なんじゃないの?」と、発信されると威力があるはずです(笑)
もっとも、フランスが原子力大国であり、今後もその方向は変らないという背景があることは事実。

ふくしま新発売。
福島県が運営する、福島県産の農産物を紹介するサイト。
農林水産物モニタリング情報では、地域、産品の放射性物質の情報をリアルタイムで知ることができます。

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

短日

2013年12月18日
2013121503

冬の一日はあっという間に暮れてしまう。
一年もあとわずか、なんとなく焦る季節です。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

福島のこのごろ 中間貯蔵施設とは

2013年12月17日
中間貯蔵施設の建設がようやく動き始めたのかもしれません。
中間貯蔵施設とは、原発事故に伴う福島県内の「除染で発生する汚染廃棄物」を30年以内で保管する施設です。事故現場のがれきは別、また福島県外の廃棄物も別です。
広い意味で、原発事故の収束とは、事故現場にしろ除染の廃棄物であれ「放射性廃棄物」の処分の行方(最終的な行き先)がカギとなるわけで、福島県である程度のめどがたてば、県外ではどうするか?など、いろいろ議論が進み、決まってくるのではないかと思います。

中間貯蔵施設について 環境省

石原環境大臣らが福島県に中間貯蔵施設の建設要請 テレビ朝日-2013/12/14
中間貯蔵施設受け入れ要請 政府 19平方キロ国有化提示 2013/12/15 福島民報
 原発事故に伴う除染で発生する汚染廃棄物を保管する中間貯蔵施設をめぐり、石原伸晃環境相と根本匠復興相(衆院福島県2区)は14日、福島市で佐藤雄平知事と、建設候補地がある大熊、双葉、楢葉の3町長に面会し、建設受け入れを要請した。第一原発周囲など3町の合わせて約19平方キロを国有化する計画と、貯蔵から30年以内の県外搬出を法制化する意向を伝えた。

福島…「最終処分場化」に不安 県外受け入れ展望なく 2013.12.14 産経
 福島県ではこれまで、中間貯蔵施設の見通しが立たないため除染の遅れを招いてきた。今回の政府の建設要請には、手詰まりを打開し除染を一気に前進させることで復興を加速する狙いがある。一方で、地元では「施設が最終処分場になる」との懸念が根強い。政府は「30年以内の県外処分」の法制化を約束することで懸念を払拭したい考えだが、たとえ国が法制化できても実現性には疑問が残る。
 一方、今回の中間貯蔵施設について、環境省の担当者は「放射線量が極めて高い使用済み核燃料などを保管する貯蔵施設とは全く別物」と強調する。
 だが、原発事故を経た現在、国民の放射性物質への不安は強い。福島県以外の自治体では、線量が比較的低く各県ごとに処分することになっている「指定廃棄物」でさえ、「福島県内で処分すべきだ」との意見が根強く、栃木など5つの県で最終処分場の建設地探しが難航している。


国の認識に“疑問の声” 大熊町民、中間貯蔵要請受け(2013年12月16日 福島民友ニュース)
 除染で出た汚染廃棄物を長期保管する中間貯蔵施設の設置を国が要請した候補地の一つ、大熊町の町政懇談会は15日、会津若松市で開かれた。14日の正式要請を受け、出席した町民からは、施設受け入れを前提に県外での最終処分を法制化するとした国の認識に対する疑問や、補償などの受け入れ条件を国が提示するよう求める意見が出された。

(除染しても効果が期待できない場所も多く、除染のあり方はかなり批判されていますが、それはひとまずおいて)
今回のニュースは、原発周辺の土地を国有化し、施設の建設をするというもの。
どこかに作らなくてはならない以上、自治体首長も知事も、またここまで時がたつと、周辺住民も一定の理解をしているように感じられます。

中間貯蔵施設は最終処分場までの30年間を預かる施設です。住民からは「最終処分場が決まらない現在、中間貯蔵施設がこのまま最終処分場になってしまうのではないか?」と、不安の声があがっている…と、ニュースでは伝えています。
それはそうなのですが、では検討されている土地に今後住民が戻るのか?と聞かれれば…無理でしょ…と、誰もが言うと思います。
なんとしても戻りたいと願う年配の方(少数)はいるかもしれないけれど、若者や子どものいる家庭では、まずありえないと思う。
放射線量が基準以下になるにしても、一度失われてしまった町が元どおりになるとは思えません。将来を考えれば、選択肢はそう多くはないでしょう。

30年間待つのか?
30年間、中間貯蔵施設になっていた跡地にまた住むのか?
そこで何をしたいのか?仕事があるのか、ライフラインは?

心情的には戻りたいと思うのは当然ですが、時間も現実も厳しいです。人生のうち30年間戻れない土地ならば、もう…。
私は、中間貯蔵施設が最終処分場になってもいいと思っています。
今後、最終処分場が県外に決まるとは思えないこともありますが、仮に決まったとしても、建設費用、運搬費用、…反対デモやら、「うちの近所は通るな」とか、都会の人はすぐそういうことを言うし(汗)

原発事故から時間がたち、「もう戻れません」ダメならダメときっぱり言ってほしい。避難者からそう考える人も多くなったように見えます。
みんなわかっているんですよね。あとは利害と補償の問題だけでしょう。

最終処分場までを長いスパンで考えれば、この先どうなっていくかはわかりませんし、必ずしも悲劇のようにとらえる必要もないと思います。
しかし、とにかく今は、一旦はこの土地を白紙として、ここに暮らすことは考えず、やり直すのが賢明ではないかと思います。

2013120504

中間貯蔵施設:原発事故から3年目…福島に国有化案 毎日新聞 2013年12月14日 
「やむを得ない」「町に亀裂が生まれる」…福島第1原発周辺の大熊町・双葉町 2013.12.14  サンケイ
原発事故関連死(49)ストレス 仮住まい 慣れない環境 入居後も体調戻らず 東の空に「古里」を思う (12/16 1
福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

雪の日

2013年12月16日
201312150200

この冬初めての、まとまった雪になりました。
あちこち凍りつき、とても寒いです。

2013121501


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

クリスマス妄想企画「ゾンビ・オン・アイス」

2013年12月15日
シーズンまっただ中、落ち着かないですね(汗)…というワケで(どんなワケや?)、気分転換にふしぎ系プログラム集めてみました。
きっかけは今季のEXで、ラジオノワとジガシナ&ガッシーがゾンビプロで、これじゃゾンビ一家だなと思ったところ、友人が「ゾンビ・オン・アイス」ができる…と言い出したから。
ゾンビ、幽霊、魔女、怪物、妖しプロ…などなど。

○第一部

ショーン・ソーヤー Canadian Figure Skating 2011 映画『アリス・イン・ワンダーランド 』
ショーのプロローグは、ソーヤー君のアリスで不思議の世界へご案内。
現役時代は3Aに苦労して、コンペの上位は難しかったけれど、個性的で好きでした。アリスを使う選手はけっこういますが、不思議っぽい マジカルな雰囲気を出せる選手はあまりいない。
男子でドーナツスピンとか軟体系の動きのさきがけかも。カナダナショナルは現役最高の内容。東京ワールド代表になったものの震災で延期になり、スケジュールがかぶったショーを優先し、同時に引退という…そういう選択もありか(汗)というソーヤー君、今年のスケカナEXにもでてましたね。元気そう。

エレーナ・ラディオノワ グランプリファイナル2013 EX (Dance Zombie)
この衣装ショーならではだが、最高に可愛い〜。競技のひたむきな少女の感じが好きなんですが、EXのゾンビはエンターテナーとしてすばらしい。ボーカルの「ゲッゲッゲ」と笑うところの振付が私のツボ。踊れて魅せるスケーターであることがわかる。

アルバン・プレオベール  スケートアメリカ2007 SP 映画「アダムス・ファミリー」
ニコライのイロモノプログラムの代表作(笑)肩に「手が憑いてる」衣装もいい。
欠点の猫背が振付けと衣装に妙に合って、いいプログラムになりました。当時、このヒト大丈夫?とか思ってたら、有名大学に通う秀才と知り驚いた(汗)

ジガンシナ&ガジー組 2013 エリック・ボンパール杯 EX Zombie
ジガンシナ&ガジー組 2013World Championships FD
EXとしてはじけてますが、元は競技プロ。この前年のプログラムがロミジュリなんですが、再婚反対された中年の恋みたいで…(汗)あの世で結ばれたロミオとジュリエットが年取って、毎日しょうもないケンカばっかり、ゾンビとして蘇った!…と勝手に妄想(笑)
それにしても、すごいインパクト、日本のショーにも来て欲しい!

長洲未来 エリック・ボンパール杯2010 SP 映画「イーストウィックの魔女たち」/リスト「ため息」
魔女と言っても元気でかわいい魔女。

トマシュ・ベルネル ユーロ2013 SP「ドラキュラ」
不調続きのトマシュのドラキュラ、ドラキュラというより、血を吸われそうになって逃げまどう一般人のような…(汗)

Yu-Na Kim - Short Program - 2009 World
夜中に死神が現れバイオリンを弾き、骸骨が踊り狂う。
2009ワールド、ヨナはんの「死の舞踏」。すばらしいスピードとキレ!怖いくらい強いっ!

中野友加里 2008 NHK Trophy FS「ジゼル」
恋に破れ錯乱する村娘は、亡霊となって恋人と再会する。ジゼルはいろいろいますが、ここは代表してゆかりん。

○第2部

2013ユーロ  Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV FD ゴースト
第2部はしっとりスタート、大ヒット映画「ゴースト」ボロが出ないうちに死んでしまうのは反則や!…と当時ボヤいてました私(汗)
ニコライ作のこのプロ。セリフも入ってどうなんだろ?てFD。悪いとは言わんが…

アレーナ・レオノワ 世界選手権2011 フリー 映画「イーストウィックの魔女たち」
元気いっぱい、レオノワの魔女。ちょっと濃すぎだが楽しそうでいい。

ペシャラ&ブルザ組 2012 TEB EX People Are Strange
死んだ女が蘇る…白衣の血がリアル〜。

Denis TEN SP Merano Cup 2013
メラーノカップ2013、デニス10の「死の舞踏」、ローリー振付。
なんとなくダイスケっぽいんだよなあ…。衣装じゃないくて、振付や動きがです、なんで?

安藤美姫 カーニバル・オン・アイス2009 マイケル・ナイマン 映画『英国式庭園殺人事件』より「夜の女王」
蜘蛛の糸を投げてからめとる…蜘蛛の女王。悪の道に入ったらもう逃れられないよって感じ。かっこええ〜。ゾンビは関係ないが、この妖しさはこの世っぽくない。美姫ちゃん怖い妖しい色っぽい。

アルトゥール・ガチンスキー ユーロ2012 フリー
映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」/ 映画「ドラキュラ」

このところずっと元気ないガチですが、プログラムは素敵なものばかり。北米の選手には出せない独特の翳りが色っぽい。課題は山ほどありますが、まずはジャンプの調子さえ戻ればねえ。

Daisuke Takahashi 2008 4CC exhibition + encore  "Bachelorette" by Bjork
2008ワールド  Daisuke Takahashi EX B Eurosport
妖しさならこちら、ダイスケの「バチェラレット」もすばらしい。生と死と、血と闇の匂いがするプログラム。
初見の時から、最後のポーズがビアズリーの「サロメ」、生首を持つサロメに見えてしょうがなかったなあ。→ヨカナーンの首を手に入れたサロメ
今見てもゾクゾクする、こんなスケーターはいないって。ユーロスポーツはこの頃からベタホメ(笑)

カロリーナ・コストナー 世界選手権2013 SP 映画「ヤング・フランケンシュタイン」
Carolina Kostner EURO 2013 SP
フィナーレは、私のかわいいエミューちゃんこと、カロリーナ・コストナー選手のヤング・フランケンシュタイン。このプロは芝居っぽいところもあって楽しい。
なかなかノーミスとはいかないけれど、どんなプロでも華がある、むちゃくちゃ素敵なスケーター。

以上「ゾンビ・オン・アイス」でした。
全部見たら、夜が明けるくらいがちょうどいい(笑)というは冗談、適当に見てください。おすすめに「★」つけときました。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

街なかのヒヨドリジョウゴ

2013年12月13日
2013120903

街なかの路地にヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)。
葉が黒っぽくなってなっているのは、これも紅葉(草モミジ)だろうか?
黒々としたアスファルトに、黒褐色の葉と赤い実がやけにモダン。長谷川潔の銅版画を連想します。

2013120904
ここはは駐車場のフェンス。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

韮の種

2013年12月12日
2013120405

田舎では珍しくない、道ばたの韮(ニラ)。
種もだいぶ落ちました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ふたご座流星群は12月14日が見頃

2013年12月11日
今年のふたご座流星群の見ごろは12月13日と14日の夜、またはその前後の日、深夜から明け方にかけて。ふたご座は日没後、東北東から上り、2時頃に天頂にきます。
ただし月明かりがあるので、月が沈む4時頃から明け方までが、多く見られると思われます。
年間最大の流星群、1時間あたり20〜30個、100個近い年もありましたが、期待しすぎるとアレですが…。
ご覧になる時は、あったかくしてご覧下さい。

20131214000

2013年12月14日 ふたご座流星群が極大 AstroArts › 星空ガイド
【特集】2013年 ふたご座流星群
今週末がチャンス! 今年最後の天体ショー「ふたご座流星群」2013年12月09日
国立天文台 | ふたご座流星群

ふたご座流星群(12月) - Radio Meteor Observation

サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

くこの実

2013年12月11日
2013120101

葉陰に枸杞 (くこ)の実を見つけました。
もう12月、朝は真っ白に霜が降りる程冷え込みますが、くこは実も葉も瑞々しい。写真だけを見ると夏の盛りのような…不思議な感じです。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPF EX感想、NRWのジュベール、ゴールデンスピンの美姫ちゃんとか

2013年12月09日
○GPF EX
刑事君の放送がない!(涙)
町田君の白夜行、PIWで見た時の感動は、TVじゃ伝わらないなあ。

ラジオノワのEXは元から好きなんですが、コスチュームが変わって「好き」が倍増〜。この衣装いいです。かわいいゾンビ、部屋に飾りたい。ジガシナ&ガッシーのゾンビプロと合わせると、ゾンビ一家ができますね(笑)

マキシムの007いいですよね。カタギじゃない感じだし、ハジキがよく似合います。
パトちゃんは、タキシードの方が好きですが、この衣装も悪くはない。いや〜足元すごい、うまいなあ〜。
パントンはフリーとEXが「レ・ミゼラブル」から、EXの方がらしいかな。

真央ちゃん…素敵だ。この選手が同じ国の人だってことがうれしい。
衣装も素敵、セクシーなんだよねえ。それも清潔感あふれる真央ちゃんだけの色気。

フィナーレはくるみ割り人形、真央ちゃんがこの曲使ってた頃を思い出す。
ゆづのフィナーレ…パトちゃんに追い打ちかけるみたいで…(汗)
-----------------------------------------------------------------------------------
Brian JOUBERT SP NRW Trophy 2013
オブリビオン
話題沸騰の衣装!…でもない?(苦笑)こういう衣装はラテン系褐色の肌で、長髪、不良っぽい雰囲気ならいいかもしれないけれど、体育会系じゃあ…ねえ(汗)
まだまだ調整中な感じです。大人の哀愁も感じられる今のジュベールなら、こんな渋い曲でも違和感ないんですが、この曲でこの男が「ノれるか?」って方が心配、衣装はともかく(汗)

Brian JOUBERT 2013 NRW Trophy FP 
まさかのアランフェス!
ジャンプだけでなく、スピン、ステップその他もろもろ、総合力がないと上位は厳しい。いさぎよくジャンプメインで行くのもいいけれど。さてどうなりますか?
やっぱりノリのいいプログラムの方が…衣装はともかく(汗)
------------------------------------------------------------------------------------
Miki Ando - My Way, 20131206
淡いブルーの衣装が氷上で清潔感(ゴールドの方が勝てそうな気がするけどね)
回転不足はこの位置だとわかりにくい。つなぎがまだ物足りないことやスピードはもうちょい欲しい、いいからこそ欲もでる。欲も出ますが、美しい演技でした。

Miki Ando - Firebird 20131207
攻めてるのが伝わってくるいい演技でした!まだまだな部分も多いけれど、短期間でここまでくるとは、美姫ちゃんすごい。いろいろな意味で予測不可能なのが美姫ちゃんらしい。
代表は?…ということになると、まだなんとも言えませんが、自信になったと思う。全日本が楽しみです。
------------------------------------------------------------------------------------
Yuna Kim - Send in the Clowns, 20131206
珍しい色の衣装だな。
大人の女性らしい、とてもやわか〜い演技をするようになりましたよね。ヨナはんといえども初戦の緊張はありそう。2A転倒はびっくり。

Yuna Kim - Adios Nonino, 20131207
冒頭の3Lzのコンボが入らなかったのが残念でした。ここが決まるかどうかで「勝てそうな流れ」が決まると思う、そこらへんはわかっているはずで、今後対策はしてくるでしょう。もっとすごいものになると思う。
スケーティングがクリアというか。そつがないというか。そこらへんが…絶好調ではないけれど、やっぱり強い。
あと、ヨナはんでタンゴならもっと濃い〜のができるはず、今回は淡白、PCSのIN、CH、PEは高過ぎだと思うなあ。
3Lz+3T、2A+2T+2Lという構成は、3+3でGOE+評価もらえる選手が増えてきているので、以前のようなアドバンテージがないんですよね。PCSは真央ちゃん、コストナーとの勝負かなと思います。
まあでも初戦でこれだけできて、TES、PCS共にトップクラスということで、強さは変わりないですかね。

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

霜の朝

2013年12月09日
2013120901

霜が降りたつつじの植え込みに日が差しています。
今朝は一段と冷え込み、真冬のコートが必要になってきました。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

12月の乙女椿

2013年12月09日
2013120202

寒かっり暖かかったり、寒暖の差があったせいか春に咲く乙女椿が狂い咲きしています。
千重咲き特有の整然と揃った花弁ではなく、若干寝ぼけてる…感じ?(笑)

乙女椿 - 季節の花300

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

再開

2013年12月08日
高橋が氷上練習再開=フィギュア男子 時事通信 12月7日(土)

そうか、そうか、良かった(笑)
動き出している、それだけで気分が明るくなります。…もちろん私の気分がです(笑)

GPF開催中、勝負の行方も気になりますが、日本的にはどうしたって代表選考が頭にチラつきます。
考えてもしょうがないのですが、出自のはっきりしないロシア記事に右往左往したりで…気をつけろ自分…と(苦笑)

全日本がどのような戦いになるか、全く想像できませんが、思いが叶う結果になることを願っています。

全日本は私も現地で応援してきます。とにかく氷上のダイスケを見られることがうれしい(笑)
彼を応援することは、いつでも喜びです。

フィギュアスケート | Comments(8) | Trackback(0)

GPF2013福岡 女子フリー 真央ちゃん連覇!

2013年12月08日
Starting Orders / Results
スポーツナビ フィギュアスケート

ポゴリラヤ、色っぽい15歳。
いい感じにきたのですが、後半リズムがおかしくなってしまったのはなぜだろう?フリップの転倒はちょっとダメージが…。後半のミスは印象に残ってしまうからなあ。

ラジオノワ、かわいい〜。
ぶっちゃけ、まだまだジュニア、お姉さんにまじってのびのびという気楽なポジションです。このひたむきな少女がうまく育ってくれるといいなあ。ミスはありましたが、良かったと思います。
なんで「フリーダ」チョイスしたのか聞いてみたい。
コーチがリアルなモナリザみたいだ〜。

リプニツカヤ、良かったと思います。
自信もあったろうし、勝つ気満々で来ていると思いますが、SPもフリーも、思うように得点は伸びなかった。
情感の出し方が、見るたびにうまくなっていることに感心してます。
今回の結果はたぶん不満だと思うけれど、この急速な伸びはすごいし、2ヶ月後のソチで見る時には、もっと良くなっているような気がするので、なんの問題もない…たぶん。

アシュリー、衣装がいつも素敵。強く華やかなジュリエット。
3F+3Tかっこいい〜、もう失敗する気しない。後半が乱れてしまったのが残念。転倒以外に、ちょこちょこミスが重なりました。200点位の実力考えると厳しい。

ソトニコワ、3Lz+3L。2A+3T、大技は素晴らしい出来なのに、おいおい、そんなとこで…次々とミスを重ねてしまう(汗)。
ああ〜自分にがっかりの顔してます。あとはメンタルかな。
衣装は黒じゃない方がいいって。

真央ちゃん、うーん、3Aが1本でも決めて欲しかったな。しかし2本入れると自信持って言える強さを今は喜ぶべきか?1本目失敗したあとに2本目も3Aはキツイ(汗)
しかしそのあとは素晴らしかったですね。実際は危うい場面もあちこちあるのだけれど、壮大な楽曲のこう…大河のような大きなうねりに一つ一つのエレメンツがはまり、後半への盛り上がりと共にスピード感が増していく。
スピンはどれも洗練されて良かった。ステップの力強さ、迫力はもう言うことなし。
残念だけれども、爽やかな笑顔と自分への期待は揺るぎない感じ。頼もしい(笑)

扇型ブーケのモリモリがすごいな。

急に思いついたので衣装順位(SP/フリー)

1位 アシュリー(1/1)完全優勝!
2位 リプニツカヤ(4/2)フリーは完璧
3位 ソトニコワ(2/5)フリーはつまらん
4位 ラジオノワ(3/4)かわいいから許す
5位 マオ(5/3)SPなんとかしなさい
6位 ポゴリラヤ(5/6)ちょっとケバい

アシュリーとリプニツカヤI以外は課題多し…余計なお世話?(笑)
フィギュアスケート | Comments(8) | Trackback(0)

移菊(うつろいぎく)

2013年12月07日
2013120501

黄色一色だった小菊も白一色だった小菊も、いっせいに赤みを帯びてきました。

残菊(ざんぎく・のこりぎく)という言葉を調べていた時に出て来た言葉が「移菊(うつろいぎく)」。
移菊は、霜が降りた菊の花が赤や紫がかっていく様子のこと。
残菊にもその意味があるらしい。
いわゆる霜焼けですが、紫にこだわる平安貴族に好まれ、かさねの色目にも採用されています。

Wikipedia-移菊

2013120502

日記 | Comments(2) | Trackback(0)

GPF2013福岡 男子フリー他…いろいろすごすぎて疲れた〜

2013年12月07日
Starting Orders / Results
スポーツナビ フィギュアスケート

なんだかもう…今日のファイナルは、あれもこれも凄すぎて(滝汗)
感想は簡単にしよう…体力がもたん(汗)

ペアもダンスもすごかったようで、とりあえずペアのマキシムとサフショルだけは見ました…すばらしかったです!

○ジュニア男子フリー
私期待の刑事君はフリーで崩れ、総合4位となりました。
優勝はSP5位のボーヤン、クワド3本という高難度を滑り切り、フリーだけで150点!…ジュニアで!いやはや(汗)
優勝候補のネイサンはやはり3Aが課題。
刑事君は4T、2つ目の3Aで転倒、どちらかできていれば表彰台もあったかなあ、残念でした。しかしミスありも200点超え、トップとの差も15点くらいなので、十分射程距離です。ジュニアワールドに期待です。

○男子フリー
町田君、よくここまで立て直しました。見ていて胸が熱くなりました。
エレメンツは危ないところありましたがほぼパーフェクト、ジャンプを決めなくては、そういう気力だけでもっていった感じはあります。
しかし、町田君のこの演技、得点だけでは伝わらない感動がありました。すごいです。

コフタン、クワドは2本に抑えた。がんばったが若い!すべてこれからっ!
ハンやん、3A決まらず残念、4+3決まった。しかしなんとなく不安定、後半苦しそう。若い!すべて これからっ!
織田君、冒頭の4Tは転倒しましたが、あとはほぼパーフェクト。良かったと思います。

パトちゃん、調子はそんなに良くないのかなあと思ってましたが、4+3、4T、3Aきっちり決めました。あとはもう流れるような淀みないスケーティングを堪能。
フリーの四季は、余計なことを考えずに、ただただスケーティングのためにあるような。美しさが際立ちますね。スピードがまたいい、やっぱりうまいなあ。
高得点も納得です。

ゆづ、このフリー、すごかったですね。
正直なところ、フリーでパトちゃんから逃げ切れるかな?…と思ってました…みんなもそうでしょう?(笑)
ディダクション1でテクニカル100点超え!いったいどうなっとるのじゃ〜⁈…と思いましたが、とにかくBVがすごい。
ジャンプの基礎点だけでパトちゃんと10点くらいさがあります。ジャンプ5つ後半だし。って今頃気がついたのかと言われそうですが(汗)とにかく、その超高難度をジャンプ一個ミスって、決まったエレメンツは加点はあるしで…滑り切った結果はこうでるってことで。
2種類のクワドが入るから、このバリーションが可能。ノーミスなら200点あっさり超えますね(汗)
個人的には、全体のスケーティングの印象など、基本的なところはパトちゃんが上、PCSにはもっと差があってもいいと思いました…特にPCSなど。けれど、ゆづの優勝は文句無しです。

そして(このプログラム、最初どうなのかなあと思うところはあったんですが)今日のロミジュリは、大事なものを命がけで守るような熱いハートを感じました。
それを表現力とするならばPCSの高さはありかなと思うのですが、高難度構成に引っ張られるパターンのPCSの引き上げとなると…この辺りがPCSの傾向のわかりづらいとこ。

少し前まで、パトちゃんには誰も敵わないのでは?と思われてましたが、ゆづはあっという間に、パトちゃんを追い詰めました。一番焦っててるのはパトちゃんかもしれない。
町田君も織田君も素晴らしかったけれど、今日のこの二人は別の高い次元で戦っているように見えました。

ゆづ、おめでとう。
みんなお疲れ様でした。

フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

GPF2013福岡 男女SP、刑事君も

2013年12月06日
Starting Orders / Results
スポーツナビ フィギュアスケート

○ジュニア男子SP
シニア男女にばかり注目がいってますが、ジュニア男子は、SPで刑事君が首位です!
今季安定した成績を納めているSPは、3Aがカギ、しっかりまとめてPB更新。そしてステップでレベル4!もうちょっとPCS出してほしい〜。
テレビにも出して欲しい〜。

ファイナルトップでエントリーのネイサンは、2Aでパーフェクトだったところを3Aへ。慎重に決めたのは良かったのですが、コンボで転倒。ミスしたところを見たことないのでびっくりしました。
しかしスケーティングはすばらしい。やはり強いです。

○男子SP
(多少マシになったとはいえ、リンクサイドのシューゾーうざい。お前はスタジオで滑ってなさい!)

織田君、4回転以外はすごく良かったんですが…、特にステップはノリノリで楽しかった。暫定3位ではあるけれど、あまり喜べないのがなんとも。

ハンやん、4Tは残念でしたがコンボが3+2だったのがもっと残念。でもよく動いていてます。
彼のスケートは引き込まれるものを感じますが、やはり強豪の中でみるとまだまだ若いなあ…これからの選手ですからね。

さらにワカゾーだったのがコフタンか?(汗)
大丈夫、こういうのを積み重ねて強くなっていけばいいんです。
キスクラのコーチが妖しい雰囲気のイケメン。

ゆづ、すばらしかったです!
すごいスピードからジャンプ、速いスピン、エレメンツはすべて美しく加点がたっぷりつく内容。そして複雑なつなぎがあり、全く力んだところがない、すべてがスムーズに、スピードもありましたねえ。
100点に王手!もう99点も100点も同じですが(苦笑)
最後のスピンでバランスが…しかしすばらしい〜。
スケーティングが自信にあふれ、華麗、これまでPCSはちょっと高いななんて思うこともありましたが、今日のPCSは納得、お見事でした。
インタビューが大人になったなあ。

町田君、
4Tは不完全な2Tに、3AはOK、3Lzにがんばって2T…2T重複、これがザヤックとなりノーカン(涙)
スケーティングそのものは悪くなっかったし、思いのこもった、町田君らしい表現ができていたと思いますが。
前日の様子やインタビューに、今回の伏線はあったので、良くないらしい結果には驚きません。しかしこれは屈辱的な得点、これではまずいので(汗)明日、がんばれ。

パトちゃん、4T+3Tちょっとぐらつき、波に乗るはずの3Aで転倒、眠ってもできそうだった3lzは2lzに。スケートもなんとなく元気がない…それでも87点出るのがパトちゃんですが、不本意な出来にはちがいない。
まあでも、こういうこともあるでしょう。

パトちゃんと2回対戦して敗れ、3度目で大量リード、いやはや、ゆづすごいわ(汗)

○女子SP
ラジオノワ、ちっこくてかわいいお人形みたいです。
できることはすべてができたんじゃないでしょうか、良かったです。

ソトニコワ、コンボを3T+3Tにして安定してきましたね。美しくて品のあるスケーティング、そして今日はパワー感じます。
これはいい演技でした!PBおめでとう!
ここまでいいと、音源のヘンテコさばかりが気になる(汗)

ポゴリラヤ、まさかポゴリラヤがファイナルまでくるとは思ってなかったな〜。
15歳にして大人の色香が(汗)
2Aのミスがなければ高得点でしたね。演技そのものは見るたび良くなっているような気がする。

アシュリー、かっこいい〜美しい〜。
パーフェクトであり、大人の風格が漂う。ここまでのお嬢ちゃんたちを吹っ飛ばすようなオーラが(笑)
このプログラム、ジョアニーのかっこよさに通じるような感じ。

リプニツカヤ、冒頭と最後のぶりっ子は、どっちか片方にして欲しい。
悪くなかった、良かったと思うけれど、おもうほど得点は伸びない?
直前のアシュリーの大人のスケーティングや表現をみてしまうと、なんとなくわかるような。
でも、本当に悪くなかったです。

真央ちゃん、3A完璧に見えました、流れもいい。そこからもう笑顔が止まらない。ジャンプもスピンも良かった、ステップは圧巻。こんなに力強く、怒涛のステップでなのに心地いい。
しなやかに美しく華やかに…スケーティングもエレメンツの流れも全てに余裕がありました。スピード、緩急のつけ方、タメが素晴らしく生きてる。こういうところは若い選手と全く違う。音楽は、もう真央ちゃんのためにあるようなものだ。
会場に幸福感がみちていく…良かった〜。すごく良かった〜。
そうか、3Aは回転不足だったんですね、残念。

いい演技がたくさん見られた女子でした。
リプニツカヤも良かったけれど、真央ちゃんやアシュリーのスケーティングを見てしまうと、まだまだジュニアの滑りにみえてしまう。
得点差は、実はあまりないので、フリー次第でどうなるかわかりません。とはいえ、真央ちゃん、アシュリー、ソトニコワで表彰台かな?
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

銀杏

2013年12月05日
2013112802

母が銀杏を拾いに行きました。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »