FC2ブログ

全米選手権2014 男子フリー

2014年01月13日
全米選手権 2014.01.05 - 2014.01.12
Result

赤平アナが過去の演技にもとても詳しくて、いろいろがっつり見ているのが話す内容からもわかる。

キーガン、マスク・オブ・ゾロ。4+3決まった!2本目は転倒。暑苦しく濃くよく動く、押して押して押しまくれ(笑)おもしろいけど、PCSはあんまり望めないんだよなあ、きっと。
今日もロックなコーチはかっこいい!
キスクラでヨーヨー?フリー終わってこんなことしてる場合か⁈…ええやっちゃ(笑)

ラザーノ、良かった。ミスはもちろんあるけれど、決まったジャンプはとてもいい。そして気持ちが伝わってくる、好印象。
あ〜涙ぐんでる。お〜すばらしい得点!

ムロズ!4+3決まった!…ですが、その後がといういつものパターン。
よく動けていたんですが、ミスも多かったなあ。

マイナー、ボストンマラソンのテロに捧げる曲だそう。
すごく印象はいいのだけれど、クワドなしなんですね。ケガがあるらしい。スケーティングはやっぱいいなあ。
ボストン拠点組はコーチも含め、みんな高学歴に見える(笑)毎年おんなじこと言ってるんですが(笑)

ジョシュア、ベストではないと思うけれど、今できることはできたのかな。
着氷の音が気になる。スケーティングは美しい、そしてもっともっとスムーズにできると思う。

マックス黒牛、4S+2T、ミスありも勢いがあって悪くなかった。

アダム、冒頭のミスで実況が「あーっ」って言ったところで決まってしまった感じか(汗)
いい時のアダムはもっとゴージャスなんだが、今日はさみしげ。キスクラもシリアス。

ジェイソン、3A決まった!
相変わらず音はめがすごい。目が釘付け!これは高得点。

リッキー、4Sも3Aも大技が決まらないとやはり厳しい。
しかし、すごくよく動けていたし、素敵なプログラムだなあと思います。彼のスケーティングは好きです。

アボちゃん、4T+3T、3Aが決まったところで、少なくとも逃げ切れると思いました。その後ミスは続いたけれど、大丈夫、なんとかまとめました。
スケーティングは最高、美しいですね。
フリーは2位で総合優勝。おめでとう!

クワドだけが勝つ方法ではないけれど、クワドを決めた選手が勝ってくれてうれしい。
クワドだけでも勝てない、スピンも落とせないし、スケーティングや表現面も頑張らないとならない。
でも、下位の選手がいきなりそれをめざして詰め込んでも、ただ忙しいだけだったり。それを見ると、トップ選手たちがいかにすごいかがよくわかる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ソチオリンピック代表が発表されました。
男子…アボちゃん、ジェイソン
女子…グレイシー、エドマンズ、アシュリー

男子は、ジェイソンかマックスか?ここはフリー1位のジェイソンというところか。
マックスはまだこれから磨かれていくと思うので。
女子は、エドマンズがジュニアワールドで、未来ちゃんが選ばれると思っていたので…うーん、そうかあ。
国際大会で高い評価が安定しているアシュリーを外したりしないと思っていましたが、彼女は諦めかけていたようで…。
やっぱり全日本の選考が頭を過ぎりますね。アスリートは勝負師、興奮の中、惨敗とも言える結果を「条件」で有利だからという理屈では納得できない …ということか。
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

全米選手権2014 女子フリー グレイシー完全優勝

2014年01月12日
全米選手権 2014.01.05 - 2014.01.12
Result

今回もまたドラマが…涙が…

キャロライン・ジャン、やっぱ重そう。あと、言いにくいけれどずっと我慢しているような、全然楽しそうじゃないんだよね。

レイチェル、最後の全米。
かつての勢いからすれば程遠いし緻密さにも欠けますが、気持ちをこめて丁寧に、そんな思いが伝わってきますね。
どんな選手にもいずれ訪れることなんですが、切ない。泣かないで…。
今日が人生の一区切りにはなるだろうけれど、彼女にはタフで明るい未来が待っているような気がします。

ヤスミン、SPはどうしちゃったの?という感じですが、フリーはまずまず。セブン・イヤーズ・チベット、すごく雰囲気に似合いますよね。良かった。

アグネス、トムコーチに戻ったんですね。
出だしは良かったのですが、どんどん崩れてしまいました。故障などでないとすれば、やはりメンタル。
素材は一級品、才能も表現力もある、スケーティングもスピンもいい、3+3だって跳べます。どうにもこうにもメンタルの弱さが(涙)
この順位だと国際大会の派遣に影響あるだろうなあ。
泣くな〜。

コートニー、もっと上位争いをする位置にいていいんですがSPは出遅れてしまいました。フリーは大健闘ですね。
ただし、エビータにはなぜかうるさくなる私なんですが(苦笑)…表現はまだまだです。明るすぎる(笑)
うぉ、アリーナに緑の髪のマダム、強烈。

サマンサカルメン、パーフェクト!最後まで熱く、濃く、勢いがあって良かった。

ハナ・ミラー、ジュニアで見ていてそれほどピンとこなかったのですが、このフリーはいいなあ。
ステップが何かにつき動かされるような、後半の激しさは、何かが乗り移ってる感じがいい。

ガオ、いい時のガオはかなり強いんですが…。いい感じだったのですが、後半の3Fから大きくくずれてしまいました。1ミス位ならねえ…。
表彰台狙える選手だったわけで…涙。

アシュリー、始まった途端すごく素敵な雰囲気。
あ〜3+3で転倒、転倒だけでなく、細かいミスも続いて…終わって某然とするアシュリー。
これでは得点が伸びません…ミスがあっても十分高いとも言えるんですが、PCSはさすがです。ただ、ナショナルは200点越えでないと国際大会の上位は狙えないと言われていますからね。
最終順位は4位、ソチ代表は5位までで選考、大丈夫と思いますが…。

エドマンズ、15歳かあ。
3Lz+3T、3F+ハーフループ+3S、3Lz、3L…おお〜ジャンプは全て決めました。高いと思いましたが…193点!
スケーティングはまだジュニアっぽいんですが、15歳でここまでできるのは今後期待できますね。…え?今後じゃなくて、ソチ?…え〜、早いんじゃないの?(汗)

未来ちゃん、背中のデザインがちょっとコワイ。
3F+3T、2A+3T、お〜勢いがあり、迫力のあるフリーでした!
うはは〜お客さんも大喜び。
体が大きくなって、一時期は重そうな感じでしたが、それが迫力とか貫禄に変えることができたのでは?
点数出るまで心配な未来ちゃん…190点!(喜)

グレイシー、気合の青い衣装。
かわいさが美しさへ変貌、女の子ってすごい。
スピードあります。3Lz+3T、2A+3T、この辺りでもう勝った気がしてた。
3Fのミスはありましたが、ジャンプ、スピン、ステップ、つなぎ全てに美しくて、細部まで行き届いた演技。そして輝くような笑顔、すばらしい〜!
気品ただようチャンピオンにふさわしい滑りでしたね。
お〜211点!完全優勝。

オリンピック代表は、グレイシー、未来ちゃん、アシュリー(ソチではずずことはないと思う)。ジュニアワールドにエドマンズかなと思いますが…どうなりますか?
…え?全日本の男子みたいだって?え〜え〜え〜(汗)

表彰式、グレイシーの輝くような美しさ。未来ちゃんの涙。
アシュリーの涙、審判団がいろいろ話しかけてますね。ここを乗り越えたらまた強くなると信じてますよ。

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

シンビジューム

2014年01月12日
2014010403

冬の室内で定番となりつつある鉢植えの蘭。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

全米選手権2014 男子SP アボちゃん!!!!!

2014年01月12日
全米選手権 2014.01.05 - 2014.01.12
Result

実況は杉田さんと赤平アナ、この組み合わせはかなり好きです!

リッキー、いい時は最高だがそんなに期待してなかった…ので、びっくり!
すばらしい4S、3A、3+3完璧、もともとスケーティングがいい選手なので、ジャンプが決まった時の見栄えはすばらしい。
過去最高のリッキーかもれない。そしてこんなにすごくても俺様オーラではなくて、人の良さそうな優しいオーラってところがリッキーのさらに素敵なところ(笑)
92点!これはフリー次第ではソチ?
最後のところで衛星放送が途切れるトラブルがありましたが、番組の最後に完全版を放送…さすがJSPORTS!

キーガン、忘年会ではしゃぎすぎたサラリーマンみたいなシャツ…オッサンっぽくなっててちと悲しい(涙)白シャツより奇抜な衣装がいいよ。まあ、SingSingSingだからね。
4T決まった〜!うれしそう。
…しかしここからは…4Tが決まったのに全て帳消し…(汗)
ロックなコーチもっと映せ〜。

ムロズ!ちょっと困った顔の生徒会長風は変わらず。
4+3決まった!アクセルパンク、スピンもちょっと、3Lz危ない。うーん、いいいところもあるんですが、ミスが多すぎたなあ。PCSはもともと厳しいし。

ジェイソン、3Aが決まった。全身を使った音はめがすごい!ステップすごいな、見入っちゃいますね。ノーミスで87点!

第3グループは王子とオッサン混合〜

マイナー、地元だガンバ〜。
ネスカフェ(…古い・汗)ステップから始まる「追憶」。こんなにスケーティングは素敵なんですが、ジャンプが(涙)捻挫の影響もあるだろうという話。

アダム、4Lz予定を3lzにして安全策、コンボOK、3A転倒…3A苦手だってことを忘れてました。全体は美しいのだが。
キスクラの表情がシリアスすぎて怖い。

アボちゃん!全てにすばらしい…としか言いようがない。
4T+3T!3lz、3A、ジャンプ完璧、スピンもつなぎも美しい。ジャンプ終えた後のステップはもう最高、音楽に乗り大きくエレガントに、もう自由自在!
ランがなくて全てが表現となっているのもすごい。曲調も音楽の解釈も難しい、大人のアボちゃんだからできる表現ですね。
杉田さんより、赤平アナの抑えきれない興奮ぶりどうよ!(笑)
これは100点?…まではいかなかったけれど…99.86!
だから赤平アナ、アボちゃん好きなのわかるけど、興奮しすぎだって!わかるけど(笑)

ジョシュア、4Tはいれてないんだね。美しくていいスケーティングでした。後半の乱れは何だったのかわからないけれど、まずまず。

マックス、マンボでなんで白シャツなのかナゾ、よく見るとフリルになってたりしてさらにナゾ?大好きなダイスケセンパイの白シャツに影響されたのだろうか?
なんだかんで言ってマックス結構好きですが…(笑)
4S決まった〜、うれしい。いろいろ荒っぽいのはマックスらしくていいかなと思ったり。
杉田さん、アボちゃんのスケーティングと比べるのはムチャで…(汗)

最終グループに無名のカグラス選手18歳、まだ2Aまでなんですが、優雅で端正なスケーティング、いいなと思いました。

男子SP終了、アボちゃんすばらしい得点で第1位、これができると証明しただけでソチに選ばれていいと思いました。やっぱりできるんだな…とみんなが思ったはず。
リッキーも素敵でした。ただソチとなると、まずはフリーで大崩れしないことを証明する必要があるかな?
ぶっちゃけ本命がいないスケアメ男子、個人的にはリッキー、ジェイソン、マックスの3人から残り1枠かな?
アダムはよほどの神演技でないとキビシイ。

個人的に好きな選手がすばらしい演技だったのが、とにかくうれしい。
アボちゃん、本当に素敵でした!ソチに行ってくれ、頼むよ!
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

全米選手権2014 女子SP

2014年01月11日
全米選手権 2014.01.05 - 2014.01.12
Result

いよいよ始りました。
全米女子1人目から美人で高得点、やるな〜全米(笑)
アシュリー・ケインよかったです。
不思議な衣装の子はキエラ、「マトリックス」なるほどあの画面そのものを再現した衣装、おもしろい。
フォルテがもう27歳!ってことに驚く。
ベル…サーシャみたいな感じ。

キャロライン・ジャン、まだ20歳(汗)幅が…(汗)
オペラ座の怪人、一生懸命さは感じるけれど、プログラムを堪能できるところまで見せられてない、クオリティを上げられないってことがなあ。いろいろキビシイです。

バネッサ、よく動いているけれど慌ただしい…イマイチの時のアメリカ選手にありがちのパターン。
カイザー、キミーみたいな衣装。

レイチェルだ!
まあちょっと幅はありますけど。衣装が素敵です〜。
弦楽のためのアダージョ。ブランクもあるし、ジャンプをこれだけミスしてしまうと厳しいですが、すごく素敵なプログラムを演じてくれました。
ステップ素晴らしい〜、美イナバウアー、美イーグル‼︎

コートニー、またまた幅が…(汗)大きくなったからか、ジャンプが重い。
この衣装はちょっとやだな。タンゴっぽさがあまり感じられない。

未来ちゃん、パンチのある演技でした!
バネが戻ってきたような。3T+3T、ジャンプもスピンもよかった!

ガオ、肩のテーピングが気になる。
このSP、独特の雰囲気があって好きです。パーフェクトかと思えば、ステップのつまずきが残念。でも素敵でした。

グレイシーかわいい+赤いドレスもヘアもかわいい+笑顔かわいい+仕草がかわいい。
体もだいぶ絞っている感じ。
パーフェクト!ジャンプもいいけど、スピンが美麗。これは勝てるプログラムという気がする。
2Aあたりの編曲はちょっと違和感があるけれど、密度を上げると気にならないかな。

ハナ・ミラー、火の鳥、とても激しい感じが見応えあったんですが。2Aもったいないなあ。

アシュリー、緊張してたみたいですね。3+3は3+2に。
このプロは強気な感じで押さないといけないんですが、ちょっとおとなしかった。キスクラは、自分にがっかりという感じか。
靴のトラブルもあったとか。
内容考えればまずまずの得点、暫定4位ですが、得点差からも心配してませんよ。

アグネス!強気に見えて繊細なんですよ(汗)
うーん、ジャンプがどれも危うかったなあ。得点と順位を見て、ああ〜終わったみたいな泣き顔、泣くな〜明日いくらでも挽回できる差だから。

サマンサ、よく動いているけれど慌ただしい…イマイチの時のアメリカ選手にありがちのパターン。

エドモンズ、15歳、ジュニアワールド派遣ですよね。シニアではある意味伸び伸び。
ロシア系なんだ。ジャンプの高さが素晴らしい!

グレイシーがすばらしい内容で第1 位、未来ちゃんも素晴らしかった2位。
アシュリーは暫定4位ですが、実質3位と思っていいと思う。これまでのことを考えると、十分逆転も可能。

それにしても、ライバルは「人としての幅」って子が多くて(汗)どこの国も女の子はそうなんですが。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

青空に杉

2014年01月10日
2014010601

空に天蓋のような杉木立。冷たい風が吹き抜ける。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

全日本フィギュア2013 男子フリー

2014年01月10日
エントリー/リザルト

刑事君、今回はようやく生で見られるヨロコビがまず大きい(笑)もうすっかりシニアのスケートです。年々スケールを増しているのがうれしい。
4Tは決まらないかもと思っていました。危ない箇所もけっこうあり、後半はかなり疲れてきてるなあと感じましたが、よくまとめました。
私は彼のファンだからですが、これからいい選手になるだろうな、そういうきらめきみたいなものを感じられ、うれしかったです。

ケント、エレガントで軽やかな曲調はだけど、衣装が重たい感じで残念。見た目麗しく、スケーティングも優雅、両方一致しているって幸せかも。

あきお!パーマが…ねえ、どうよ?
ものすごい転倒はよく覚えてる。とてもコンペとは思えないエンターテイメントなフリー。
この日、心穏やかでない全日本で、癒しポイントとして見てしまう私。でもテレビで改めて見ると、すごく攻めてるんですよね。やっぱりアスリートだな。

無良君、どうもジャンプがビシッと決まらない。いい時の彼はもう少し力が抜けているかも、全体に力みすぎだろうか。後半は勢いがあって素敵でしたね。
おお、キスクラは一家だったんですね。

最終グループの6分間練習、この時の気持ちはよく覚えてます。ああついに来てしまった、もう戻れないんだなと。

ゆづ、そろそろ4Sを決めて欲しかったけれど、残念でした。
圧倒的に有利な状況でも、緊張していたのか。優勝には充分の内容でしたが、トータルで見れば、ファイナルのすごさには及ばなかったと思う。
できによってはトータル300点という雰囲気があったと思いますが、そこまではいかなかった。
しかし強い!お見事。4Sを決めたパーフェクトなら、マックスのパトちゃんに勝てる?…どうだ?

ショーマ、ついに来たぞ最終グループ!
代表争いとは無縁のショーマですが、この位置で滑る誇りとか気概とか、胸に迫るものがあり、ちょっとうるっと。かっこ良かったですね。3Aは残念でしたが、他はすばらしい、特に音楽表現がすばらしい。そして色気があるんだなあ(笑)

織田君、2本目の4Tは決まらなかったけれど、やれることは全部やった、そんな感じ、本人も満足そうです。SPの出遅れが残念でした。
涙ぐんでたんですね。

ダイスケ、すさまじい歓声でした(自分含む)
思えばビートルズメドレー、今季も披露するたび全く違う面を見せてきた。
JOの芽吹いたばかりの瑞々しさは素敵だったし、スケアメはもう「愛」しか残ってなかった。NHK杯ではこれがトップクラスの滑りだった。

全日本の演技は、嵐に翻弄され、耐える若木のような感じだろうか。最後は太陽が顔を出したと思う(笑)
ジャンプは思うようにできなかったですが、アーティスティックで、スケーティングに思いを込めて、これほど濃密な世界を作れる選手はいないと思う。
流血は会場では、ほとんどの人が気がついていなかったんじゃないかな。私はよくやったという気持ちの方が大きくて、花を投げ入れに行ったり満足でした。優勝はないと思っていましたし。
ただTVでは流血やら、涙のインタビューで悲壮感が漂っていたんですね。本田コーチの実況が切ない。

翌日の女子フリーで、たまたま隣の席にいた見知らぬ兄さんと、いろいろ話をしていたのですが、兄さんも男子フリーの感想は私と同じで、帰宅してからダイスケの録画を見て号泣したそうな。(まさかこのブログ読んで「僕です」と名乗り出たりしないと思うけど・汗)

衣装はちょっと地味かな。スリットの入り方、ラメの使い方など、細部は凝ってますが。メドレーだと衣装が難しいですね。

町田君、スケーティングはちょっと粗かったし、決して100%の演技ではないんですが、ジャンプはすばらしい。勝つために、今自分が何をしなくてはならないかわかっているんですよね。
4Tを決める、スピンのレベルを維持すること、最後までスピードを落とさないこと…すさまじい闘争心、集中力、強いです。
アンソニーが控えに下がり、大西コーチがキスクラに、アンソニーが譲ったのかな?彼を支える人たちの思いが感じられます。

こづ、衣装はここ数年で一番!品良く華やか、大人っぽいし。
よくここまで戻ってきました。さわやかで淀みない流れのようなスケーティングがこづらしい、彼のスケーティングも無二の存在のような気がする。
ジャンプに関しては、これだけ美しい4回転を飛ぶ選手が多いと、弱いところもあるような。
今回はミスはありましたが、まとめ切った感じです。
いろいろありますが、ここから新しいスタート、そう思いたい。

結果は順当だったと思う。ゆづと町田君の強さに脱帽。
スケーティングの存在感となると、何と言ってもダイスケ、そしてこづ、ショーマも強く印象に残りました。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ヘクソカズラの実

2014年01月09日
2014010301

離れたところからビーズのアクセサリーのように見えたのは、ヘクソカズラの実。
一つの実は5mmくらいだろうか。
真冬でもつやつやしています。

2014010302

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

映画「かぐや姫の物語」

2014年01月09日
kagu266898989bbyerdd

かぐや姫の物語 公式サイト
日本で最も古い物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫はどうして地球に生まれやがて月へ帰っていったのか、知られざるかぐや姫の心情と謎めいた運命の物語を水彩画のようなタッチで描く。
かぐや姫の物語 予告
【ジブリ新作】かぐや姫の物語 最新予告ノーカット版
kaguwew67i

美しい水彩画タッチの竹林から物語は始まります。
絵巻物を広げるような、日本画の川合玉堂などを連想させる日本の原風景が広がっていく。
動画も筆のタッチをそのままのような、どうしてこれが可能なのか、動かせるのか。時間も苦労も…作画監督は大変だったろうなあと思います。
冒頭、竹林からかぐや姫を授かるシーンはかわいらしく、老夫婦に訪れた、日だまりのようなしあわせが、こちらにも伝わってくる。
赤ん坊がどんどん成長していく場面、山里の子どもたちと遊ぶシーンは、昔話そのままで楽しい。

kagu68kutrre

で、このまま昔話が進行していくのかと思いきや…どうも違うらしい。
都で高貴な姫君としての教育を受け、貴族から求婚され、無理難題をふっかけ、やがて月へ帰っていくという基本的なストーリーは同じなんですが、大人っぽい作り、いや子どもには向かない作りか?
一言で言えば…わかりにくい。

都の暮らしに息苦しさを感じ、逃げ出すシーンもわかるけれど、苦悩と言うには人物描写が甘いような気がする。
月からやってきた、人ではないナニモノカであるなら、クールかもしれない。

kagu65645e43w3w4w34

屋敷を逃げ出すシーンは、筆のタッチも激しくて迫力があります。ハイライトですね。
ただ、どうもこのあたりになってくると、画風(画質)にバラツキが…。
シーンごとはまとまっていても、全体としてみると、牧歌的な山里と、いかにもジブリの女の子っぽい姫キャラクターと、暴走する劇画調のかぐや姫がバラバラで統一感がない、ドラマチックな展開にしたいのだろうけれど。
それもこれも、やたら時間が長いかからかなあとも思う。

そしてキャッチコピーの「姫のおかした罪と罰」が、最後まで私にはわからなかった。というかこのコピーがあるがために、作品の見方を限定し、わかりにくくしているような気がする。
ネットのレビューでこの辺りを詳しく解説している記事がありましたが、映画を見てそのようには感じ取れなかった。

牧歌的な昔話に徹するか、説明的なセリフを減らし、かぐや姫の心に深く突っ込んだ哲学的な作品にするか、どっちつかずではないのだろうか。
個人的には、育ての爺と婆の愛情とか、人情っぽさを排し、もっと抑えた渋い映像で姫の心を描く方がよかったのではと思う。特に幼なじみとへの恋心や空を飛ぶとかはいかにも…、とってつけたようで余計だったと思う。
あと、お迎えがお釈迦様っぽいのは、どういうことだろう?

kagukrte35688

時おり、はっとするように美しい風景が現れると同じように、あれ?というタイミングで稚拙な背景が現れる(苦笑)
部分部分は、すばらしいクオリティ。
ジブリだし高畑監督だしで期待値が高く、どうしても厳しく見てしまいました。
とにかく長すぎる(汗)

映画 | Comments(0) | Trackback(0)

全日本フィギュア2013 女子SP

2014年01月08日
エントリー/リザルト

女子選手はユニークなデザイン、素敵な衣装、いろいろあって楽しい。
村元さん、2A以外はすごく良かった。衣装も素敵。
庄司はよく動けていたと思うのですが、ジャンプが…ねえ(涙)

本郷さん、はつらつ。スピードとパワーがありました。勢いがあるっていいな、これからどんどん行けそう、今はまだ粗さもあるけれど、きっと素敵な選手になるだろうな、そういう演技ですよね。
思いっきりスタオベです!

宮原さん、とても落ちつているように見えました。シーズン進むに連れ、曲のメリハリもついてきたような。
うわ〜パーフェクト!もしかしてソチまで行っちゃうかも?…と思いました。
浜田コーチ、ヤマト大喜び!

大庭さん、久々?ノーミス!体型も落ち着いてきたしジャンパーの体型だし、これからトレーニング次第ではかなりのところまで行くと思うのだけれど。どうだろう?

西野〜コンボならず、うーん、この位置からなかなか浮上できないな(汗)
中塩さん、ノリのいいプログラム、よかった。

遥ちゃん、今日の衣装も一段とフォーマルな華やかさ。彼女の衣装は女の子が着てみたい思うフィギュアスケートの衣装ですよね。
つうか、今日の遥ちゃんノーミス!すばらしい!美しい!笑顔だ〜。

ここまでいい演技ばかりで、この後の最終グループで反動で大こけしたらどうしようと、私には余計な不安が…(汗)

美姫ちゃん、このブルーの衣装もいいです。
マイウェイを生で観るのは初めて、スローな曲調はどうかなあと思ってました。そしてここまで、ブランクがあってもこれくらいまで出来れば…という感じでしたが、この日の美姫ちゃんはすごかった。ただすばらしい。
3+3も決まりました。ベストの時に比べたらという面はありますが、生き生きと美しくて、たおやかに舞う美姫ちゃんは素敵でした。

真央ちゃん、冒頭からものすごく美しい〜。3Aは、あ?…というのが遠目にもわかりました。
ノクターンはシーズン進むに連れ、緩急もつき、流れがどんどんスムーズになってきて気持ちいい。上半身、腕の表情が優雅で、そしてスケールの大きさを感じます。
この美しい真央ちゃんで頭をいっぱいにして、今日はもう帰りたい…と思ってしまいました(笑)

カナコ、女子SPで最も緊張した瞬間かも(汗)
衣装はもう少し明るくてもいい…などと思って見てましたが、そんなことはすっかり忘れてしまうインパクトのある演技でした。
スケーティングの疾走感がいい。手足の表情がとても雄弁、そして大きくエレガント。ジャンプは高さがあり、どれもかっこいい。
これはいい、カナコ泣くよねえ(苦笑)ここまでくじけつつもよくがんばった。

あっこ姐さん、愛の讃歌、バイオリンの伸びやかな音色に振付がぴったりはまる。3+3完璧、リンクを大きく使って3Lz。
そしてエンディングの高まりへ向かい…2A!ステップは喜びに満ち溢れ、最後のスピンも力強い。瞬間、会場総立ちです。
いいプログラムだなとは思ってましたが、今日はとにかくすばらしい!一週間前にジャンプが跳べなくなった?信じられません。

女子SPは神演技大会でした。美姫ちゃん順位こそ5位でしたが、とてもよかったし、それは遥ちゃんも同じ。
いやー女子すごかったです。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

りんごいろいろ

2014年01月07日
2014010201

りんごを3種類頂きました。
種類はもう忘れました(汗)
真冬のりんご、昔は日持ちするのはフジくらいしかなかったけれど、今は種類がたくさんありますね。

りんごの品種

野の食卓・スローライフ | Comments(0) | Trackback(0)

吾妻小富士

2014年01月07日
2014010402

先日の日曜日、雪に覆われた吾妻小富士。
寒い日が続きます。皆さん風邪など引きませんように。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

映画「ゼロ・グラビティ」

2014年01月07日
00l;hyrewewaqwqw

映画『ゼロ・グラビティ』オフィシャルサイト
スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士とベテラン宇宙飛行士のマットは、船外作業をしていたところで予想外の事故に遭い、宇宙空間に放り出されてしまう。空気も残りわずかで地球との交信手段も断たれ、たった1本のロープでつながっているだけの2人は、絶望的な状況の中から生還を目指すが……。ストーン博士役にサンドラ・ブロック、マット役にジョージ・クルーニー。

映画『ゼロ・グラビティ』予告1【HD】 2013年12月13日公開
映画『ゼロ・グラビティ』特別映像2 2013年12月13日公開
映画『ゼロ・グラビティ』予告4 絶望編【HD】
映画『ゼロ・グラビティ』予告5【HD】

00tesw36o
事故→パニック→絶望→助かり息継ぎ→新たな危機→パニック…
おもしろかった…というより、すごかった。これは3D映画であってこそ、その意味で歴史に残る作品かもしれません。
船外活動をしていた宇宙飛行士を、破壊された衛星の破片が襲う。乗って来たスペースシャトルは破壊され、ストーン博士(サンドラ・ブロック)とコマンダーのマット(ジョージ・クルーニー)は宇宙に放り出されてしまう。生き残ったものの地球との交信も途絶え、酸素は残り少ない。二人は地球に生還できるのか?
00@]yw3ar322vy7
スペースシャトル、アーム、背後に見える地球の圧倒的な美しさ、3Dあってこその臨場感がすばらしい。
ISS、スペースシャトル、ソユーズ、そして中国のロケット「神舟」、私はそこそこの宇宙オタクですが、それぞれよくできてます。
00uyt32q2q4141
実際の時間軸に近い流れで進みます。登場するのはサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーだけ、あとは声のみの出演。
ストーン博士とマットとの間には様々な会話が交わされるのですが、癒されるような回想シーンもない。舞台は(エンディング数分の地上以外は)宇宙のみ。
宇宙はかくも美しく恐ろしい、逃げ場のない差し迫った状況がより鮮明にしているのではないだろうか。
00oiytew3
経験豊富なコマンダー役クルーニーがいい味出してますが、今回はなんといってもサンドラ・ブロック。
パニックに襲われ、絶望に教われ、あきらめ、時に厭世的になり、またタフに行動する、その心の動きがひしひしと伝わってきます。
無重力空間のシーンもすごい、ほんとに無重力で撮影したのかと思う程です。
00@piutrrw3
冒頭はNASAの宇宙服、これはロシアの宇宙服。
明るく高級感漂うNASAのスペースシャトルや宇宙服に対し、実用一点張りのロシアのソユーズ、違いがよくわかる(笑)
00hew234u7
こちらは中国の「神舟」こっちは詳しくないですが、雰囲気出てます。

約90分、息をつめ、緊張感に震えるドラマ。
このすごさはTVでは伝わらない、見るならぜひ映画館で!

『ゼロ・グラビティ』サンドラ・ブロック 単独インタビュー
無重力をどんなふうに撮影したかも。


映画 | Comments(2) | Trackback(0)

フィギュアスケート 2014年1月の主要大会

2014年01月06日
スケオタが眠れないシーズンがやってきました。皆さん体調を整えてがんばりましょう(笑)
各国ナショナルはオリンピック開催年ということで、例年より少し早い。いよいよオリンピック出場選手も決まってきますね!
全米とユーロ、今年はかぶってないので体に優しい?男女シングルは、今年もJ SPORTSライブ中継。
全米は今週末の金曜日から、成人の日を含む週末に開催。
ユーロは15日(水)から、女子フリーが真夜中〜明け方ですが、男女SP、男子フリーはちょっと夜更かしくらいでみられますね。
ここにまたがるのがカナダナショナル、放送は月末。

J SPORTS フィギュアスケート
スポーツナビ | ウィンター | フィギュアスケート
--------------------------------------------------------------------------------
●全米選手権 2014.01.05 - 2014.01.12
U.S. Figure Skating Championships 
Result
J SPORTS 全米フィギュアスケート選手権放送予定
男女シングルは今年もライブ!全カテゴリー放送

オリンピックは、女子はアシュリーとグレイシーで2枠、残り1枠は全米で良かった人を選びそう。
ペアはシナピア組が有利思えるけれど、混戦かも。
アイスダンスはメリチャ確定で、残り2枠は、チョーク、シブタニ、ハブルで死闘かな(汗)
問題は男子2枠。正直誰を選んでも…感は否めませんが、勝負としてはおもしろくなりそうです。
--------------------------------------------------------------------------------
●カナダ選手権 2014.01.09 - 2014.01.15
Canadian Figure Skating Championships
Result
J SPORTS カナダ選手権放送予定
1.27〜29 全カテゴリー放送

オリンピック、男子は、成績に関わらずパトちゃんとケビンでしょう。3枠目はわからない。
女子はケイトリンが順調ならいいんですが故障がどうか?…たしか2枠だから選ばれると思うけれど。あとはアメリか?デールマンはJGPを見る限りちと心もとない。
ペアはラドフォード組が有利そうだけれど、けっこう混戦か?まあでも3枠あるから、ムアタワーズちゃん、スイガース組で決まりそう。
ダンスは、テッサたち、ポジェ君たちがほぼ確定で、3枠目で死闘になりそう(汗)ポールたちにで決まって欲しいけれど、なんともわからない。
--------------------------------------------------------------------------------
●欧州選手権 2014.01.13 - 2014.01.19
ISU European Figure Skating Championships 2014
Entries/results
J SPORTS 欧州選手権放送予定
男女シングルはライブ!全カテゴリー放送

ユーロの状況は、表彰台含め正直わからないですねえ。
気になる選手なら、男子はミハルとトマシュ、アモちゃんとジュベ、コフトンとメンショフとヴォロノフ、そしてハビ。ハビは優勝候補、ソチでもメダル候補のはずだったんですが…ここで結果を残さないと、ソチに暗雲になるかも…まあ大丈夫かなとは思いますが。ここでコフトン優勝なら、ロシアはすごいアドバンテージになりそう。
女子は、コストナーとロシア(ソトニコワ、リプニツカヤ、レオノワ)の争い。リプニツカヤがさらっと優勝しそうな気もする。
ペアは、サフショルとマキシムたちの争い再び。残りをベルホタとロシア勢で争うことになりそう。
ダンスはペシャブルとニキータたち、アンナちゃんの争いか?
--------------------------------------------------------------------------------
●四大陸選手権 2014.01.20 - 2014.01.26 Taipei City / TPE
ISU Four Continents Championships 2014
Entries/results
フジテレビ 放送予定はまだですが、フジ系でしょう。
J SPORTS 四大陸選手権放送予定/2.7〜放送予定

カナダとアメリカのエントリーは現時点で未定。ナショナルの結果でオリンピック代表と他の大会への派遣が決まってくるでしょう。
男子/小塚、無良、田中、ハンやん、ナンソン、デニス10、ラキム、カルーザ、マルチネス、ミーシャ
女子/村上、今井、宮原、クーシン
ペア/スイハン
ダンス/平井&アソンション
--------------------------------------------------------------------------------
第86回日本学生氷上競技選手権大会
2014/01/06(月) 〜2014/01/08(水)
フィギュアスケート会場/北海道帯広市 帯広の森第二アイスアリーナ
フィギュア部門タイムスケジュール 

第63回 全国高校スケート選手権大会
2014/01/20(月) 〜2014/01/24(金) 
フィギュアスケート会場/三沢アイスアリーナ(三沢市)
エントリー(予定)
ショーマと優君、りさちゃん、本郷、大庭さん、友滝さんがいます。
つうか、女子の163人エントリーってマジ?(汗)

フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

ロウバイのつぼみ

2014年01月06日
2014010203

1月初旬、寒い日が続き、これからまたどんどん寒くなるというのに、つぼみはこんなにふくらんでいるんですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

全日本フィギュア2013 男子SP

2014年01月06日
エントリー/リザルト

フェイ、全体に固かったですかね。良くなかった全日本ジュニアを引きずっているような感じも…。来季はシニア、ちょっと苦労しそうな予感。ここはコンパルソリーから見直すことも考えた方がいいんじゃないかな。

刑事君、コンボが3+2は残念、あとはまずまずでした。このステップは最高、レベルとかではなくてジュニア離れした濃く激しい内容で見応え十分。
間近でみると衣装がとても凝っていて美しい。男っぽさを増した最近の刑事君なんですが、久しぶりに生で見る刑事君のスケーティングは洗練されてきた印象です。

ショーマ、トップ争いを別にして、特に印象的だったのはショーマです。まだまだ小柄ですが少し身長も伸びて、子どもから少年、男の顔が見え隠れするのがなんとなく色っぽい。
そして音楽表現がすばらしい。曲に合わせるとか表面的なものではなくて、彼は音楽の本質に寄り添っているような、体の奥底から音楽が湧き上がってくるような感覚です。

町田君、もう失敗する気がしない(笑)余裕すら感じます。脇役から主役へ、期待に応える演技でした。

無良君、ピンクのシャツをとてもおしゃれに着こなしている。
ジャンプをこれだけミスしてしまうと、どうしても印象は薄くなってしまう。この得点はしょうがないですね。

ダイス、4Sは転倒。パワーで持っていく感じだったスケーティングのスタイルが、エレガントに。ほっそりして、なんとなく私が応援してる方のダイスケに似てきた感じ。
キスクラの美女はどこかで見覚えが…あ〜、アンジェラ・ニコディノフ!

織田君、公式練習は絶好調、完璧なら100点近い点が出てもおかしくないけれど、またやっちゃうかもなあ…と思ってました…ので(汗)

ケント…すまん、覚えてない(汗)

ゆづ、こちらも失敗する 気がしない、連覇のプレッシャーもあるだろうに、圧倒的に強いです!(笑)
完璧な4T、余裕の回転に参りましたと思う。コンボがぐらついたのはありましたが、ナショナルだし100点出ても…つうか出す気まんまんだな〜(笑)

ダイスケ、4T両足、3A着氷後転倒、3Lz+3t<、スピンも危うい。6分間練習から不安な感じがありましたね。
録画見ながら記事書いているんですが、実況の本田コーチは、ケガを間近で見ていたわけで、どんな思いで見ていたのだろうと、ちょっと切なくなります。
故障を考えると、よくがんばったと言えますが、負けは負け、厳しい得点です。
キスクラの涙目が黒目がちで、美男でありながら捨てられた子犬みたいで、胸が苦しくなる。つい抱き上げて家に連れて帰りたくなる…変か???(汗)
スケーティングから生まれる表現は誰も到達できない域にあるように思います。彼の場合、緊迫感や不安を抱えた心のありようまでがそのまま演技に反映され、それすらもプログラムの表現になってしまう不思議。
夜明け前の闇の中で美しく繊細に舞う、触れると消えてしまいそうな、はかない美しさがありました。

こづ、よかったです(衣装を除く)。
ただ4Tはなんとか、コンボは間にターンが入ったり。最近はゆづに代表される前後の流れもすばらしいジャンプを見慣れているので、ジャンプの印象はあまり良くないと思いました。80点半ばかと思っていると…減点は最小限、流れるようなスケーティングはよかったし、スピンもまとめて90点…ええ〜?と会場はどよめいてました。本人もびっくりだったんですね。

今回の全日本は、いい演技には惜しみなく出しますムードがあったので、ゆづの高得点は納得ですが、正直言って町田君とそんなに差があるかな?とか、こづと町田君で得点差が少ないってどうなの?とは感じます。
順位は納得なので、まあいいかな。

坪井君、全日本ではいつもいいところにいる、これって結構すごいかも。

あきお!本日の癒しポイント!楽しい〜。
最終滑走なんで、お客さん帰らないでとつぶやいていたそうで(苦笑)
得点は…え〜、そういうことは抜きに、いてくれてありがとう!

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ソチへの道の途中で

2014年01月05日
20131230 Daisuke Takahashi 対談
20131230 Daisuke Takahashi 対談後

内容は聞いてはいたんですが、おもしろいですね〜。録画が全日本の2日後今ここでクマテツ説教部屋とは、タイムリー過ぎてなんと運がいいダイスケ(笑)
冒頭から、合わせる顔がないと思っているのか、熊川さんの顔を直視できないダイスケ(苦笑)。
熊川さんは見てくてれたんですね。ダイスケの置かれている状況をきちんを把握した上でのアドバイスが鋭くて感動。今必要なのはこの言葉なんですよね。

「おまえたち、俺の演技を観にきたんだろう」そういうキャリアを持っているでしょと熊川さん。
…うはは、そんな性格なら苦労しないっすよね〜。プルさんならそんな感じですね。
生まれながらの「ビッグマウス」クマテツのようには、なかなかなれそうにないですが(苦笑)熊川さんは今後も、あるいは引退後のダイスケにとっても、先輩としていい関係になりそうでよかったです。

熊川さんは、ああ見えて(汗)ものすごく気配りできる方なんですね…ええ〜ダイスケと同じA型なんすか?
(ちなみに私もA型…だれも興味ないと思うケド)

ミヤケン、渡部トレーナー、長光コーチの話もいいですね。
------------------------------------------------------------------------------------
20140104 高橋大輔のプリズム 前編
20140104 高橋大輔のプリズム 後編

前編、あっこ姐さんとの対談もJOの反省会にしても、今見ると…良く言えば穏やか、ある意味のんきというか。やっぱり、このままではいられないんですよね。
といって、計画通り、計算通りにいかないのが天才であり、この男のめんどくさいところで(汗)
ダイスケ、北島にまで心配されてた(苦笑)それにしても、北島さんもダイスケの立ち位置把握していることにちょっと驚き(汗)世間はやはりダイスケをチームリーダーと位置付けているのだろうな。そういう諸々が嫌なら断るように言う北島さん説得力ある。
オリンピック経験者だけが言えるアドバイスですね。
平常心か…そうだそうだ!平常心なら全日本であんなマイナス発言は出なかったはずだ(笑)

もっとも興味深かったのは、12/25の全日本を振り返る車内のインタビューかな。
2本の4回転のこと、あいかわらず客観的に自分を見ている。
あの日、求めるものがどんどん遠のいても、最後まで諦めなかったフリー、私にはとても感動的なフリーでしたが、代表選考のあれこれに埋れてしまったようで残念でした(それもこれもあんなに泣くからじゃ…)
全ては意味のあることで、そうでなければわからなかったことも多いですね。
アスリートらしい決意の言葉が頼もしい、ここでこの言葉が聞けたのは、ファンとしてうれしいですね。

熊川さんと北島さんのインタビューを総合すると…
強気な俺様路線が平常運転になればいい…しかし…それはムリ!プルさんじゃないんだから(汗)
------------------------------------------------------------------------------------
高橋大輔と歩んだ「道」 フィギュアスケート 長光歌子コーチ
2014年1月1日 大阪日日新聞

 少し前から「もしかしたら、来季も続けるかもしれない」という大輔の発言に対し、モチベーションとして追い込みきれていない原因がそこにあるのかなと懸念を持っていたので、スケートアメリカから帰ってミーティングしたときに、「逃げ道を作らずに、退路を断ってやらないとだめなんじゃない?」と思い切って彼に告げたんです。でも、言ってしまった後にすごくつらくて。私自身が大輔のスケートを見ていたいという気持ちが強くて、その言葉をなかなか言えなかったんですよね。

そうなんです、ここですよ、ここ。
これが全日本フリー後のインタビューにつながる内容なんですね。私も頭ではわかっていたつもりだったのですが、引退を示唆する言葉に動揺してしまったんです。

インタビューの内容は、ファンにとってはよくわかっていることですが、こうして言葉で目にして、また気持ちを新たにする感じだろうか。
------------------------------------------------------------------------------------
話の肖像画 フィギュアスケートコーチ タチアナ・タラソワ サンケイニュース
(上)(中) (下)
タラソワさん、読みでありますねえ。
思い出す…2005年GPF。オリンピック出場資格のない真央ちゃんがファイナルで、当時無敵と思われたスルツカヤを破っただけでなく、心理的にに追い詰め疲れさせた…そのことがトリノの勝負に影響したと…私もそう思いましたよ。タラソワさんは、スルツカヤがファイナルに出られなかった方が良かったと…。そして荒川さんはファイナルを逃し、コツコツと準備していたしね。
でもそれってさ、今年のGPFでパトちゃん破ったゆづにそっくりやん(汗)で、ファイナルに出られなかったのはダイスケ。

マラデェッツ!(素晴らしい)か…マツコ・デラックスじゃないよ(笑)
------------------------------------------------------------------------------------
ソチ五輪 3選手インタビュー 産経新聞 1月1日(水)
羽生結弦 加藤条治 葛西紀明
フィギュアスケート | Comments(10) | Trackback(0)

白鳥

2014年01月04日
2014010306

遠出をしたわけではありません。近所の白鳥。
観光マップに載る有名な白鳥の飛来地だけでなく、人家や幹線道路から離れた河原などで白鳥を見ることができます。

2014010301
ご存知と思いますが、白鳥よりカモが多い(苦笑)

2014010305
一見優雅ですが…

20140103020
けっこうガメツくて騒がしい…(汗)

2014010101
カモの羽はとても美しいと思う。白鳥ばかりもてはやされるのはナゾ。

2014010303
風が冷たいので、帰ろう。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

白い実

2014年01月03日
2014010303

うら寂しい冬の庭。
白式部(シロシキブ)の実を見つけました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME |