GPS2014 第6戦 NHK杯 女子シングルフリー ちょっともやもや〜

2014年11月30日
2014NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
2014年11月28日(金)~11月30日(日) なみはやドーム
エントリー/リザルト

オフチャロワの笑顔は何なんだろう?今ここでスケートをしている喜びに浸っているような、幸せそうな笑顔…そしてアスリートの笑顔じゃないっていう(笑)

エドマンズ、太ももの筋肉がエミューちゃん(コストナー)そっくり、長身、スピードの出るタイプ。今日は衣装もエミューちゃんっぽいので、余計そう思う。
悪くないと思うけれど、いまひとつ伸びないのは…そうか、< とか、! とか…。

ゲデ嬢、ジャンプが気持ちよく決まっていい感じでしたが、実況が「課題は後半」と言ったところからミス連発(汗)

利緒菜さん、すばらしくきれいな3F+3T!から始まって、ジャンプが次々決まる。全く危なげない。スピードもありますね。後半の2A+3Tも完璧!
いや〜すばらしい!こんなにできる子なんですね、びっくりです。

デールマン、なかなか良かったです。
ガオ、フリーはきれいにまとまったかな。
ジジュン「ムーン・リバー」、映画に合わせて黒の手袋だと思うけれど、長手袋でないとドレッシーな雰囲気が出ないのでは?…長いと重たい印象になるからか?

宮原さん、冒頭の3Lz+3Tが決まっていたら波にのれたかな?つまづきが残念、そのあともミスがあちこち、いいところもたくさんある、極端に悪いわけではないのだけれど、もっとできるはずだと思うと歯がゆい。

カナコ、だいぶファントムらしくなってきました。
2Lの跳びすぎで後半の3連続がキックアウトになったのが致命的、なんてこったい(汗)
しかし、全体にちとツメが甘いかも(すまん)
厳しい見方かもしれないけれど、今の日本女子において、カナコへは期待を大きくしてしまうので、日本のトップとして残念感が半端なく…。そういうプレッシャーもあるのかなあ。なんかもやもや。

レオノワ、フリーの失速は想定内でしたが、もしや神演技も?という期待はあっさり消え…。
3T+3Tはよかったのですが、ジャンプ全体が不安定でしたね。
芝居がかった部分は個人的にはあまり好きではないのだけれど、ずいぶんタンゴらしくなってきたかな?
結果として総合2位という喜ばしい結果でもイマイチうれしそうじゃないレオノワ(うれしいとは思ってるでしょうが)、国内で戦うにはこれでは足りないロシア女子戦国時代!(汗)

グレイシー、またオペラ座!
グレイシーもベストの状態からは遠い…と思う。ただしミスは最小限に抑えられたことが勝因でしょう。スピード、姿勢の美しさ、スピンもすばらしい。
個人的には、ラストのコレオで盛り上がる部分が、愛の勝利なのかな?悲しみなのか?怒りなのか?歌詞はあるのだが、イマイチわからない…このプロのよくわからないとこを象徴してる。
カナコとグレイシーの「オペラ座の怪人」正直どちらもピンとはこないけれど、どっちが勝てそうかというと、グレイシーかなあ。

女子後半グループはもやもや大会でした(汗)
結果はグレイシーが余裕で優勝、意外にもGPS初優勝なんだ〜。おめでとう!競技後の笑顔がナチュラルでかわいい、こういう笑顔が似合うプロが見たいな。
そして宮原さんも表彰台おめでとう。
GPS残り2枠は、アシュリーとグレイシー、日本女子は残念でした。またがんばりましょう。
日本女子的には、暮れの全日本がどうなっちゃうんだろう?って方に早くもシフト(汗)
----------------------------------------------------------------
スポーツナビ
GPSポイント表 
男子 女子 ペア アイスダンス
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2014 第6戦 NHK杯 男女SP 無良君の男前SP!

2014年11月29日
2014NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
2014年11月28日(金)~11月30日(日) なみはやドーム
エントリー/リザルト

⚫︎女子シングルSP
利緒菜さん、やはり緊張か?コンボが決まらず。しかし後半は動きも良くなってきたのでは?
スケーティングはまだジュニアっぽい。これから、これから…。
アンソニーコーチお久しぶりです。

ゲデ嬢、体絞っても出るとこすばらしい(あ、ほめるとこ違っ)
コンボは3+2になりましたが、なかなか良かった。ステップも勢い任せだったこれまでに比べて、丁寧で美しい。あちゃー最後の2A転倒、これがなければ後半に入れたのになあ。

デールマン、またたくましくなったカナダの筋肉!
うーん、昨年までの可憐さはいずこ…。あと勢いはあるけれどバタバタと粗っぽさが気になる。

エドマンズ、ジャンプが決まらない、コンボが入らない。どうしたんだろう?と考えると、身長が伸びてなかなか合わせられないのかな?
タンゴっぽくはないけれど、スケーティングは悪くなかったと思う。

ガオ、前回よりはずっといいSP、でもボーカルがガオのスケーティングを脇役にしてしまっているように思う。美しいスケートをじっくり味わえないというか。

ジジュン、かわいい!可憐!愛らしい〜!…とはいえ、そろそろ可愛い系ばかりのプログラムではないものを…。
スピードもあって良かった。身長はまた伸びて165cm!

レオノワ、すばらしい3T+3T、セカンドの高さときたら!体も良く動いてます。
コミカルな表現がまたすばらしい、ステップも独創的で彼女にしかできないもの。
パーフェクト!笑顔が弾けてます!PB納得!

カナコ、オペラ座の怪人。すばらしい〜。
セカンドの3T<は残念でしたが、エレメンツはほぼパーフェクト。
そしてつなぎの振付が、クリスティーヌの心の美しさや優しさを体現していて素敵でしたね。完成度の高いプログラムになりました。
あっこ姐さんと織田君も大喜び!マチコ先生まではしゃいでる。織田君早くも号泣〜(笑)
もうちょっと得点ほしかったなあ。

宮原さん、見た目パーフェクトだったのですが、あちこち引かれて、ちと悔しい。
魔笛の軽やかさ、歯切れの良さがよく出ていました。
上位に対して何か足りないとすれば「押し」「俺様を見ろ!」オーラかな?がんばれ!

グレイシー、やる時はやりますよ!的な(笑)
アップの髪がエレガント、どんどん大人っぽくなってる。
3Lz+3Tのセカンドがちょっとぐらついたけれど、ジャンプは高いし、スピンはあいかわらずすばらしい。ほぼパーフェクト、美しさもパーフェクト。プラスあれど、マイナスになる要素がないのが強い。さすがだ。
ただ、きちんとしすぎて、以前のキラキラ感、生命力の爆発みたいのが感じられなかったかなあ。
カナコとレオノワが心にしみるような演技をしただけに、若干物足りなさが…。

⚫︎男子シングルSP
ダイス、わーダイスケのロクサーヌそっくり、衣装も!似すぎてびっくり。
4S+2T!3A、3F完璧!パワーと熱い気持ちが溢れる演技、すばらしい〜。PB!
よくここまで戻ってきました。おかえりなさい。

リギーニ、顔色悪いプログラム。楽しそうだ(笑)得点は?…ま、いいか、楽しいから!

バルデ、ほとんどEX(笑)あ、4T跳んだ!…ちょっとびっくり…あ、試合か?(汗)
楽しいから、良かった(笑)

マイナー君、ステップシークエンスから始まる追憶、彼のクラシカルな雰囲気とスケーティングが美しいピアノのメロディーにぴったりと寄り添う。
4Sは2Sになり今季のルールでは0点に、3Aは乱れ、3Lz+3Tはセカンドが2Tに。スピン、ステップは最高。
なんて美しいプログラムだろうと思う。完成形を見たい。
苦しかったと思うけれど、こんな素敵なスケーターなのだから…がんばれ。

ジョシュア、すっかり大人っぽくカッコよくなりました。軸が倒れすぎた4Tで転倒、うーんジャンプ全てが…これはキビシイ(汗)
かっこいいプログラムなんですが残念。

アボちゃん、冒頭のジャンプがちょっと慎重でしたが、パーフェクト!
流れるようなスケーティング、スピードも申し分ない。ステップもすばらしいバランス。おしゃれな身のこなし、音楽表現、いいです〜。
80点台こうはんかと思ったけれど、得点が伸びない、PCSもっと出せ、このヤロ〜!

ヴォロノフ、4Tはちょっと乱れてセカンドは2T、3A危なかった。悪くはなかったけれど、ミスが出てしまうと見栄えに大きく影響してしまうのがヴォロノフの辛いところ、ちょっとバタバタしていたかも。

無良君!雰囲気の出し方が本当に上手くなりました。
4T+3T決まった!3Aすばらしい、つなぎのタメにぐっとくる。スピンもOK。スピードに乗って3Lz。
ステップはありそうで少ない男っぽいステップ。メリハリが効いてますよ。
攻めて攻めまくったSPはPB86.28点!やった〜!

ゆづ、4Tの転倒は想定内としても、練習で良かったコンボが入らなかったのは痛手でした。3Aはすばらしかった。得点が伸びなかったのはやむを得ないというか、ここまで出るのはさすがというべきか。
スケーティングそのものは美しく華もあり、良かったと思う。そこはPCSで評価されてますね。
ドクターのOKが出て、体はなんとかなっているとしたならば、練習期間の短さや調整、ダメージによるスタミナなどに由来しているわけだから、いずれ解消される問題で、そう心配しなくていいんじゃないかなと思う。
もちろん勝つ気で来てるわけですが、こういう状況でどこまでできるか?いい経験をしたということ、なんでも肥やしにすればいいんです。

無良君が一つ抜けてはいますが、点差はそれほどないので、特に2位アボちゃんから5位のゆづまではないも同然、フリーでどうとでもなると思う。
無良君の1位、ダイスの3位というすばらしい結果でも、ゆづがメインで取り上げられるのは、やはりスターは違うか〜(笑)
明日もみんながんば〜。
----------------------------------------------------------------
スポーツナビ
GPSポイント表 
男子 女子 ペア アイスダンス
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

木の葉散れば…

2014年11月28日


をぐら山ふもとの里に木の葉散れば こずゑに晴るる月を見るかな
西行 新古今和歌集

山々では木の葉が落ち、すっきりとした梢の向こうには月が見える。
せわしなく日常生活を送っていると、梢に見るのは月ではなく、街路樹のイルミネーションの方が多いかもしれないですね。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2014 第6戦 NHK杯 いよいよ最終戦!懲りずに予想

2014年11月27日
さあ今季のGPSも最終戦ですよ!
泣いても笑ってもファイナルが行きはここで決まります。

2014NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
2014年11月28日(金)~11月30日(日) なみはやドーム
エントリー/リザルト

●男子シングル
ヨリク、バルデ、ジェレミー10、リギーニ、ゆづ、無良君、ダイス、ジンソ、ヴォロノフ、アボちゃん、ジョシュア、マイナー君

最大の懸念はゆづの出場の有無でしたが、出場決定。万全ではないかもしれませんが、ドクター的にもOKということならば、あとは余計なことを考えず応援しましょう。まずは勝つことが大事、安全運転でもいいんじゃないかなと思う。
表彰台は、ゆづ、無良君、ヴォロノフ、調子良ければアボちゃん、あたりまでの争いでしょうか?
ジャンプにミスがあったとしても高い得点を維持できるのがゆづのすごいところなので、この状況でもゆづの優勝は濃厚のような気がする。
今の無良君とヴォロノフは、ミスが出ても大崩れしないような強さを感じます。
ゆづと無良君のオペラ座対決も見所。

アボちゃん、マイナー、ジョシュアはスケーティングのいい素敵な選手、表彰台にからむことができるでしょうかか?ポイントはSPとフリー両方揃えられるかどうか、仮にどちらかがすばらしく良くても、逃げ切りor大逆転かと問われると微妙。ただシーズンも進みいろいろ整ってきたのなら何より。
ダイスはここ数年、とてもエレガントなスケーティングをになってきて(なぜかダイスケっぽい)ここにジャンプが決まってくれば上位もあり。
ヨリクも破綻しないようがんばれ。

予想順位
1.ゆづ 2.無良君 3.ヴォロノフ 
(EX バルデ)
----------------------------------------------------------------
●女子シングル
デールマン、ジジュン、ゲデ嬢、リオナさん、宮原さん、カナコ、ヤシェム、レオノワ、オフチャロワ、エドマンズ、ガオ、グレイシー

表彰台は、宮原、カナコ、グレイシー、エドマンズの争いか?
ファイナルはあと2枠、事実上アシュリー、カナコ、宮原、エドマンズの争いでしょう。今回の順位と得点(ここ大事)でファイナルが決定。考えると、胃が痛くなりそう(汗)

実績からすると、カナコとグレイシーですが、今季は悪くはないものも、今ひとつ元気がないような…。プログラ的にも評価がどうかなあ。フリーはオペラ座対決、NHK杯はオペラ座杯か?(苦笑)
宮原さんとエドマンズは急成長中、1試合ごとにいろいろなことを吸収し強くなっている。ただ今現在、カナコとグレイシーを上回るほどか?と言われると自信ない。もし上回るようなら、いよいよトップ選手の仲間入りということになるでしょう。

レオノワ、ジジュン、デールマン、ガオも表彰台に絡んでくるかもしれませんが、2本揃えられればという意味ではちょっと弱い。
レオノワはSPでトップになる可能性もあります。課題はフリー、なかなかまとめきれない。
デールマンも急成長中という意味で注目、ガオも実力あるはずですが今季は調子がいまひとつ。

混戦になりそうな予感もします…となるとSPの出遅れはなんとしても避けたい、フリーで後半グループに入らないと土俵に乗れないのでは?

予想順位
1.グレイシー 2.カナコ 3.宮原 4.エドマンズ
----------------------------------------------------------------
●ペア
デュハメル&ラドフォード、ユウ&ジン、バルトマン&ヴァンクリフ、成美&龍一、バザロワ&デプタト、Arina CHERNIAVSKAIA / Antonino SOUZA-KORDYERU、川口家、レング&シナピア

優勝争いはラドフォード組と川口家でしょう。
わりと堅実そうなラドフォード組に対し、川口家は大技が決まるかどうかで勝敗が決まります。勢いからすると川口家を押したい!
3位以下はわからないのですが、中国ペアとデプタト組、シナピア組あたりかな。
成美ちゃんたちも怖いものはなにもないので、どんどん攻めてほしい。

予想順位
1.川口家 2.デュハメル&ラドフォード 3.ユウ&ジン
----------------------------------------------------------------
●アイスダンス
ウィーバー&ポジェ、ジガシナ&ガッシー、クームス&バックランド、平井&アソンション、リード姉弟、モンコ&ハリャービン、シニツナ&カツァラポフ、Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER

ポジェ君たちが優勝濃厚。むしろ2位以下の混戦が見所かもしれません。
注目は今季結成のシニツナ&カツァラポフ、デビュー戦こそミスもありましたが、競技重ねて強くなっていくと思う。
実力ならバックランド組、ガッシーさんのところも…いよいよ表彰台を狙える位置にきています。不調のモンコ&ハリャービンも調子さえ良ければ表彰台だと思うのですが、今季は今のところあまり良くない。
平井さんのとこも楽しみですね。リード姉弟はクリスの故障次第が全てかも。

予想順位
1.ウィーバー&ポジェ 2.クームス&バックランド 3.シニツナ&カツァラポフ
----------------------------------------------------------------
●1日目【11月28日(金)】
ペア(ショートプログラム) 14:45~
女子シングル(ショートプログラム)16:15~
氷上オープニングセレモニー 18:15~
男子シングル(ショートプログラム)19:00~
●2日目【11月29日(土)】
アイスダンス(ショートダンス)12:00~
ペア(フリー)13:45~
ペア表彰式 15:10~
女子シングル(フリー)15:50~
女子シングル表彰式 17:45~
男子シングル(フリー)18:40~
男子シングル表彰式 20:40~
●3日目【11月30日(日)】
アイスダンス(フリー)12:00~
アイスダンス表彰式 13:20~
エキシビション 15:00~
----------------------------------------------------------------
スポーツナビ
GPSポイント表 
男子 女子 ペア アイスダンス
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

GPS2014 第5戦 エリック・ボンパール 男女シングルフリー

2014年11月26日
Result
スポーツナビ

⚫︎女子シングルフリー
あっこ姐さんの解説がどんどん良くなってる〜、やっぱり遠慮しすぎの解説は解説じゃないし、カツゼツは大事ですね。この調子で頑張れ。

オフチャロワ、ロシア時代の記憶しかないので、すっかり大人になっていてびっくり、回転不足の嵐という感じで得点が伸びないのはしょうがないのだけれど、気持ちのこもったパフォーマンスで心打たれました。

遥ちゃん、このジゼル衣装は新鮮。重くなくて彼女らしい。
2A+3Tは大きくて軽々、前半のジャンプは絶好調でしたが、得意なはずの3Lが乱れ、一つは1L、2Aは…トラウマか⁈
ジャンプが肝心だけど、スピンもぐらつくところが…。こんな時こそスピンでカバーしないと。

コートニー、ジャンプのコートニーらしいパワフルなジャンプが見られて大変よろしい(笑)
ただプログラムがどうなのかなあ。

マエ、衣装がかっこいい〜特に背中!
パワフルなスケーティングも大人になるにつれエレガントになってきたなあ。全体に得点はもっと高くてもいいと思う選手ですが、つなぎが密になってくると違ってくるかな。

アルテミエワ、ショパンでなぜこの衣装???
メンショフのYシャツ借りてきたんでしょうか?この着こなし、ちょっとエ◯いです(汗)
めくれて見えるアンダーウェアがスクール水着みたいでもっとヤバいです(汗)
…しかし、エロさのタイプが違うので、この食い合わせ的にはどうか?…何考えてんだ自分(汗)
前半はすばらしくて、これは!って感じだったんですが、後半崩れたのは残念でした。

アシュリー、バラバラに見えたプログラムはだいぶまとまってきた印象。力強くゴージャスなスケーティングは、ロシアのお嬢ちゃんには出せない味わい。
ミスは少なくないですが、攻めの構成は好きです!だってアシュリーだもの、そうこなくては。

ユリア、13、4歳で演じたロミジュリとは随分違う(当たり前)
ごめん…後半にミスはサシャタイマーにしか見えなくなってきた(汗)
スピンが「ひゃースゲ〜」から大人っぽい美しさになってきて好感。

ラジオノワ、雷おこし衣装でラフマニノフ。始まってすぐのターンの後、右足のプルプルに萌えます〜。
高難度のエレメンツを正確に美しく、スピードにのって、そして音楽表現もいい。芸術性も高い。少女らしい透明感と一途な思いみたいなところにジーンときます。
どんどん大人になっていくのが、ちとさみしくもあり…。

⚫︎男子シングルフリー
織田君の解説が冴えてます〜

ハンやん、すばらしい3A+3T!4T転倒…なんかこの流れ定番(汗)ジャンプは高いけれど、危ない場面も。
心身に衝突の影響がゼロってことはないような気もしますが、演技してる選手を前にここで突っ込んでみてもしょうがない。がんばれ。

アモちゃん、アモちゃんの足元の雰囲気は織田君に似てる。
4S美しい〜。1点豪華主義だった〜 (汗)
いろいろあるような気がする。ステップやコレオは楽しい。

アダム、巻毛&刈り上げ…組み合わせどーよ?
この曲だとこづのスケーティングが頭をよぎる。
アダムはアダムの道を行けばいいのだけれど、なんとなく歯がゆく思うことが多くて。

コフトゥン、4S、4Tすばらしい。ジャンプに集中していることもあり単調かな思うところもあるのですが、SP6位からきっちりできたことがすばらしい。後半は熱い気持ちが伝わってきましたね。

べセリエ、4T2本とも決めました!
いつの間にか頼れる選手になってきたのだなあ。

リッキー、いいところはたくさんあるのですが、大技が決まらないことににはちと厳しい。
全体的に身のこなしがナチュラルな美しさががあるし、スピンも曲想にあってますね。

メンショフ、ジャンプのフリーレッグが昆虫みたいのが気になる(汗)
しかしよくがんばりました。熱くて激しいメンショフさんでした。
…ありゃ?コンボ4つ?(汗)

町田君、ジャンプが崩れても心が折れなかったことは良かった…いや、ホントに(汗)爆走中の町田君にとってきついですが、これも経験ですからね。
ひとまず2位にとどまれてよかった。ファイナル進出おめでとう。

デニス、若干エプロンみたいな衣装で「十面埋伏」…十面狸犬でもいいんじゃない?(笑)
4T+3Tすばらしい…一点豪華主義だった〜(汗)。ジャンプがここまで決まらないと気の抜けたビールのような感じだねえ。
それでも総合3位、ジャンプ以外でも評価が高いのデニスの強み、こういうところがポイントなんですよね。

ファイナル、だいぶ決まってきましたね。
------------------------------------------------------------------
GPSポイント表 
男子 女子 ペア アイスダンス
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ヒロハクサフジ

2014年11月26日


新潟市の郊外を散歩中、道路沿いにクサフジに似た花が咲いていました。
よく見ればちょっと違う。それとクサフジの花は初夏、初冬とも言える11月後半に花を咲かせるマメ科の植物はなんだろう?
調べてみると、ヒロハクサフジ(広葉草藤)かツルフジバカマ(蔓藤袴)のどちらか。どちらもよく似ていていますが、ここは海が近い新潟市、海岸の日当りのいい場所に咲くというヒロハクサフジではないかと思う。

2014112402.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

全日本ジュニア、NHK杯他

2014年11月23日
全日本ジュニア、行ってきます。
地震の影響がありませんように。
また、地震で被害を受けた方にお見舞い申し上げます。

第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 
2014年11月22日 ~ 2014年11月24日
新潟県新潟市・新潟アサヒアレックスアイスアリーナ
スケジュール(PDF)10月22日現在
エントリー/リザルト
----------------------------------------------------------------
NHK杯はテレビ観戦の予定です。

2014NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
2014年11月28日(金)~11月30日(日)
なみはやドーム
エントリー
●1日目【11月28日(金)】
ペア(ショートプログラム) 14:45~
女子シングル(ショートプログラム)16:15~
氷上オープニングセレモニー 18:15~
男子シングル(ショートプログラム)19:00~
●2日目【11月29日(土)】
アイスダンス(ショートダンス)12:00~
ペア(フリー)13:45~
ペア表彰式 15:10~
女子シングル(フリー)15:50~
女子シングル表彰式 17:45~
男子シングル(フリー)18:40~
男子シングル表彰式 20:40~
●3日目【11月30日(日)】
アイスダンス(フリー)12:00~
アイスダンス表彰式 13:20~
エキシビション 15:00~
----------------------------------------------------------------
スポーツナビ
GPSポイント表 
男子 女子 ペア アイスダンス
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2014 第5戦 エリック・ボンパール 男女シングルSP

2014年11月22日
Result

⚫︎女子シングルSP
サマンサは今回ちょっとスピードがなかったかな。危ういところが多かった。

遥ちゃん、衣装がいつも素敵だ。ジャンプはほぼ完璧でしたが、ステップで転倒はもったいない。ステップは練習だとすばらしいのだが、本番だとちょっと固くなっちゃうんだよね。
それにしてもPCSはもうちょっと高くてもいい。つうか、順位がサマンサやコートニーより下ってのは納得いかん。

ラジオノワ、ジャンプ完璧、前後のつなぎも濃い。幼い感じもするけれど色気も感じるフラメンコ。試合ごとにすごみも。表現することに迷いがないところが好きだな。最後蹴り上げるようなステップと決めポーズがかっこいい。お〜PB。

アシュリー、プログラムの流れに合わせた表情がいいんだよねえ。スケール感もすばらしい。
ただ、回転不足はやむなしという感じ。

ユリア、ジャンプが軽々。フリップがちょっと危なかったかな。でもスキのない内容でしたね。
無理に大人っぽくしないで、少女っぽさを生かしたプログラムの作りがうまいなあと思う。

⚫︎男子シングルSP
ハンやん、ハンやんらしい不思議ちゃんプログラム。屋根の上のバイオリン弾きでも、この曲チョイスは珍しい(汗)
すばらしい3Aだったのですが、他のジャンプが…。衝突の影響はどうなんだろう?大丈夫そうには見えるけれど。
でも彼のスケートはスピードとキレがあって好きだな。

メンショフ、すばらしい‼︎4T+3T、4S!
スケートも大きく体を使ってエレガントで雄大、ステップも雰囲気があって素敵です。かっこよかった〜。ホント素晴らしかったです!
ええ〜い、90点出しやがれ!

リッキー、ジャンプもスケートもまずまず、素敵でした。ただ、クワドを入れない構成でまとめたとして、90点近く出るならならねえ。

コフトゥン、どうしちゃったんでしょうか?足の調子が悪いらしい。ここまでミスしてしまうと、ボレロが重いな。
ああ、ファイナルが危うい…

デニス10、4Tちょっと危なかったがOK。つまり4T次第で全て決まるってことかな?いい時のデニスは本当に優雅で美しい。意外と少ない優しげなスケーティングなんですよね。
PB!SP1位!
GPS良かった記憶がないので、高得点にちょっと驚いた〜(汗)

町田君、4T+3T、3A完璧!最後の3Lzでお手つき。ここがラストなので、ミスで終わるのが惜しい。しかしそのリスクしょってでもやりたいんだろうなあ。
スケートもよく滑り、美しい演技でしたが、ガツガツしたスケアメに比べると(苦笑)、ほんのすこしだけ大人しめだったかもしれない。まあでも、十分いい出来です。
キスクラもインタビューも冷静ですねえ…大物!(笑)
------------------------------------------------------------------
GPSポイント表 
男子 女子 ペア アイスダンス
Read more "GPS2014 第5戦 エリック・ボンパール 男女シングルSP"
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

紅葉の公園を歩く

2014年11月22日
2014111614.jpg
まだ紅葉に間に合いそうかなとやってきた城跡の公園

2014111606.jpg
木々の向こうに見える山も紅葉。

2014111605.jpg
ここは眺めもいい。


石垣の門の跡。

2014111612.jpg
まさに錦秋

2014111608.jpg
日が射すと鮮やかな朱色が引き立ちますね。

2014111611.jpg
あまり人が歩かない山側の上り坂は落ち葉になっていました。
敷き詰められてる落ち葉はふかふかして、いい匂いがします。

2014111613.jpg
振り返っても落ち葉の道。

2014111610.jpg
見上げれば、太くうねる木々。古い公園なので、もみじも古木です。

2014111616.jpg
赤、黄色、緑…色合いも様々。

2014111615.jpg
華やかな紅葉の時期は短い。
写真を撮った日から1週間たってしまいました。今頃はもう終わっていることでしょう。

トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)

山葡萄の紅葉

2014年11月21日


赤い葉がモビールのように風で揺れていました。
ローズがかった赤い葉は山葡萄だろうか。
周辺のもみじは朱色っぽい赤、同じ赤でも様々ですね。

2014112002.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

秋から冬へのリレー

2014年11月21日


もうじき、紅葉の里山にあの雪山が下りてきます。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2014 第5戦 エリック・ボンパール しつこく予想

2014年11月20日
今週は第5戦、ファイナルもだんだん固まってきましたね。勝敗も気になりますが、ファイナル行きが気になるところ。
男子はハビ以外は未定ですが、優勝ポイントのある町田君、無良君、コフタンは固そうでしょうか。出られる状況であればゆづ。順当なら残る1枠はNHK杯次第ですね。

女子は、リーザ、ポゴリラヤ決定、ラジオノワも大丈夫でしょう。残り3枠ですが、アシュリー、ユリアがなんだかんだいっても有利か?
残り1枠を宮原、カナコ、グレイシーを争う形か?うーん、みんな行かせてあげたいですが、この3人が一緒にNHK杯エントリーなんですよね(汗)…で、ファイナルがなくてもNHKをかく乱しそうなのエドマンズ、レオノワがいるという。
日本女子、1人と言わず2人位ファイナルに行ってほしいのですが、今年は厳しそう。

ペアは、ペンジャン決定、クリモフ組、ラドフォード組、川口家も行けそう。
波乱が起きなければ…勝ちそうな組が順当に勝てば、タラソワ&モロゾフは行けそう。スイハンはエリック2位以上ならOK。あ、もう6組決まっちゃったな(汗)

ダンスはベイツ君決定、ポジェ君も大丈夫でしょう。パパダキス組も2戦目で順位を極端に下げることはないと思うので。
残る3枠は渋谷家、ポールたち、ハブル姉ちゃん、バックランド組からかな?ニキータたちやモンコ組もNHK優勝なら?…いやでもポジェ君たちいるしなあ。
エリックでだいぶ決まりそう。渋谷家とポールたちに行ってほしい〜!

GPSポイント表 
男子 女子 ペア アイスダンス
------------------------------------------------------------------
ISU GP Trophee Bompard 2014
Bordeaux / FRA 21.11.2014 - 23.11.2014
エントリー
スポーツナビ

●男子シングル
ハンやん、アモちゃん、ベセリエ、町田君、デニス10、コフタン、メンショフ、ピトキーエフ、リッキー、ラザーノ、アダム

いよいよ、町田樹フランス公演(パリじゃないのね)ですよ!(笑)
濃いの薄いの…天使みたいなのから動物みたいのまで、人類見本市!バラエティにとんだエントリーですね(笑)
優勝候補では町田君がリード、次にコフタン。
表彰台に絡みそうなのは、ハンやん、デニス、メンショフ、リッキーあたりか。
ハンやん、ケガは大丈夫なんでしょうか?(汗)万全なら優勝も狙える選手だと思いますが、そこだけ気になります。

コフタンは過酷だったチューハイを経てタフになっているかも。
リッキーが再び表彰台なら、実力は本物と認められるかも?だったらうれしい。
地元アモちゃんやベセリエ君に存在感示してほしいし、ロシア大会のヴォロノフに刺激されてメンショフさんがんばるってのもいいな。

予想順位
1.町田君 2.コフタン 3.デニス10 4.リッキー

うーん、3位以下はわからん。

●女子シングル
マルト、ブレジノワ、Laurine LECAVELIER、マエ、遥ちゃん、アルテミワ、ユリア、ラジオノワ、オフチャロワ、サマンサ、コートニー、アシュリー

今年のGPSはロシア選手権みたいですが、ここもですね〜ユリアとラジオノワ。迷いのなさそうなラジオノワが有利に思いますが、ユリアのチューハイSPはすばらしかったし、その実力は確か、問題はメンタルだけのよう、スイッチが入れば強いんじゃないかと思う。
ここでアシュリーがどこまで攻められるかが、私の個人的なポイント。3位狙いでまとめるか、あくまで攻めるか?
ユリアが失速ということも考えられますが、表彰台はやはりこの3人では?

遥ちゃんにもがんばってほしい。パーフェクトなら表彰台も可能なスキルがあると思っているんですが…。
そういう意味ではマエもそうかな。
そこそこいい位置に来そうなのは、サマンサかな。

予想順位
1.ラジオノワ 2.ユリア 3.アシュリー 4.マエ

●ペア
Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER、Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO、スイハン、ワン&ワン、ジェイムズ&シピア、デラモニカ&グアリゼ、ストルボワ&クリモフ、Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM

全くスキがなさそうなのはストルボワ&クリモフ、ここに迫れるのはたぶんスイハンだけですが、クリモフ組が強そう。
3位以下は混戦か?ムアタワーズちゃん、シピア組、グアリゼ組、いずれも波がありそう。読めないなあ。

●アイスダンス
ギルス&ポーリエ、ポール&イスラム、パパダキス&シセロン、Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI、Rebeka KIM / Kirill MINOV、Sara HURTADO / Adria DIAZ、

注目はパパダキス&シセロンでしょう。チューハイがまぐれではないことを、自国で示したいですね。
チャンスなのはパイパー&ポール、得点ではパパダキス組より下ですが、得点ほどの差はないと思う。今期はインパクトのあるプログラム、まだまだ行けます!
表彰台に来そうなのは、ハブル姉ちゃん、ポール&イスラム…このあたりまでかな?

予想順位
1.パパダキス&シセロン 2.ギルス&ポーリエ 3.ハブル姉ちゃん 4.ポール&イスラム

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

ホットスポット 最後の楽園2 第2回 赤い砂漠と幻の珍獣~ナミブ乾燥地帯~

2014年11月19日
ホットスポット 最後の楽園 season2 第2回
赤い砂漠と幻の珍獣~ナミブ乾燥地帯~

NHK総合 2014年11月16日(日)午後9時00分~9時49分
(再)11月20日(木)午前0時40分~1時29分(19日深夜)
まるで別の惑星のような神秘的な光景。世界で最も古いと言われるナミブ砂漠には砂丘を疾走するカメレオン、ブタの鼻とウサギの耳を持つ珍獣ツチブタ、砂漠ゾウなど驚くほど多様な生きものたちが暮らしています。その多くの命を支えていたのは実に意外な存在シロアリでした。そして、数十年来の謎だった大地に刻まれた無数の輪フェアリーサークル(妖精の輪)、その秘密がついに明らかになります!?

感想書いてる時間がなかなか取れないですが、第2シーズンもクオリティ高いです「ホットスポット 最後の楽園」。
2回目の舞台はナミブ砂漠。
時間帯によって表情を変える砂漠の風景が神秘的なほど、とにかく美しい。
寒暖の差が激しく、乾燥した砂漠には驚くほどたくさんの生き物がいる…脅威的な天敵が少ないことが要因だと思いますが、けっこうにぎやかんじゃないの?ってくらいいっぱいいます(笑)
独特の方法で食べ物を得て、暑さをしのぐ動物たちの戦略がそれぞれユニークでおもしろい。
4本足の2本ずつしか地面につかないようにして暑さをしのぐカナヘビ、熱砂に極力触れないように移動するヘビ、水分は捕食する昆虫からとるカメレオンなど。
どちらかといえば気持ち悪いと感じる爬虫類が、さらさらと乾燥した砂の中で清潔に保たれている。…ここには雑菌も汚れもたぶんない。砂漠が清流のようにも感じられるから不思議です。

砂漠で暮らすゾウの嗅覚、なにもこんなところでと思ってしまうけれど、天敵が少ないからだろうか。
ツチブタは知ってはいましたが、映像は初めて見ます。ウサギのような耳とイノシシのような鼻、ふしぎでかわいくもある。しかしこんな動物は見たことがない。詳しい生態はまだわからないらしい。
オットセイの出産時期に合わせて、育児をするジャッカル。シロアリを主食にするキツネ、砂漠の環境でもこんなにたくましく生きていける。

そして謎の現象「フェアリーサークル(妖精の輪)」長年研究されて、ようやく解明されてきたらしい。このシステムすごいですね。
今回の影の主役はシロアリ…砂漠を清潔に保ち、この環境を維持しているのはシロアリ。
雨期になると突如巨大キノコが生えてくる蟻塚もインパクトです。
多肉植物や、雨期の花畑なども目に楽しい。
------------------------------------------------------------------------
ドキュメンタリーとは直接関係ないのですが、砂漠でロケした2つの映画を思い起こしながら番組を見ていました(2つとも舞台はサハラ砂漠でナミブではありませんが)
人が生きるには過酷で、これ以上なさそうなシンプルな環境で、研ぎすまされていく自己。しがらみやら虚飾やら倦怠の中にいる男女が、表面的なものをどんどん捨てさり、最後に残るのは…「愛」というよりかは「エロス」だったりする。
砂漠という特別な環境なしには、そこにたどり着かない映画でした。
イングリッシュ・ペイシェンドは今見てもじわっときますね。

イングリッシュ・ペイシェント [DVD]イングリッシュ・ペイシェント [DVD]
(1998/12/25)
レイフ・ファインズ、ジュリエット・ビノシュ 他

商品詳細を見る


シェルタリング・スカイ [DVD]シェルタリング・スカイ [DVD]
(2010/04/16)
ジョン・マルコヴィッチ、デブラ・ウィンガー 他

商品詳細を見る
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)

夕暮れの空

2014年11月19日


夕まぐれそこはかとなき空にただあはれを秋の見せけるものを
式子内親王 三百六十番歌合

ふと見た夕暮れの空に、秋の趣きを感じる…という感じだろうか。
日中は感じませんが、日が沈むと急に寒くなりますね。
どうぞご自愛ください。


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2014 第4戦 ロステレコム 男女フリー 本郷初優勝!

2014年11月18日
Starting Orders / Result
スポーツナビ

⚫︎女子シングルフリー
雅さん、ジャンプがとにかくかっこいい。丁寧で落ち着いてましたね。
bring home聴くと泣ける…ここで、呼吸を整えて次へ〜。
生真面目さがジュニアっぽいけれど、一途な感じがあって、少女らしいレミゼだったなあ。
満足そうな笑顔、いい大会になりました。

アルテミエワ、美女にしか似合わない白いドレス。
ソヨン(若干ざわちんメイク)ロミジュリ言われるとあまりピンとこない。とてもうまいと思うのだが、個人的にはちょっと飽きる。プログラムかな。
スタビツカヤ、スレンダーな美女にしか似合わない衣装。

今回のロシアの二人を見ていて、ロシア女子といえども、人材無尽蔵ってわけじゃやないのかと思ったり…。まあでもロシア女子の主流は13歳〜16歳位で(汗)、その辺りはやっぱりうじゃうじゃいそうですね(笑)

未来ちゃん、衣装がゴージャスになった?見た目はとても良かった、いろいろマイナスさえなければね(汗)
織田君の解説がわかりやすい。

ポゴリラヤ&火の鳥、この食い合わせ好きなんです(笑)
大技にミスがあるので得点は伸びませんが、表現面や他の部分は悪くないし、その意味で大きく順位をさげるようなことにはならないのだなと思う。
長い手足、赤い手袋がキャラにぴったり、火の鳥らしさを表現するという意味で、今まで見た火の鳥で一番しっくりくるかも。

本郷さん、ジャンプの安定感がすばらしい。そして冒頭から華やかな美女の目ヂカラにやられますね。美しい〜(笑)こうなるとヘアメイクがすごく大事です。いつの間にか美しく成長し、観客の目を見て演技できるようになったのだろう。
本郷さんの持ち味、スピードとダイナミックな演技が、カルメンの情熱や奔放さに生かされてます。
最後のコレオがまた素晴らしくて惚れました。あちこちマイナスはあるけれど、ジャンプなどエレメンツをしっかり決めて、最後のコレオでカルメンらしいドラマチックな印象で終わる。これは王道のプランですね。

チャートランド、本郷さんと立場は似ている、今期からシニア。
本郷さんに比べるとミスは多かったですが、この大舞台で、SP1位というポジションはけっこうプレッシャーだったはず、ここまでできたのはすばらしい。

そして…本郷さん初優勝!おめでとう!
インタビューの本郷さんは素朴で、リンクの華やかさとギャップが…。将来大物になったら、隙のないコメントを求められるかもしれないけれど、今はまだ素朴さがかわいらしいと思っていたい。
本郷さんの拠点は名古屋ですが、元々は仙台出身。サンデースポーツでは懐かしいニュースが…。
長久保コーチが、仙台のリンクが閉鎖されることを機に、指導環境がある名古屋へ行くことに。そのコーチを追って仙台から移る小さな女の子数人…その1人が本郷さんなんですよね。
当時ニュースを見ながら、こんな小さな女の子が親元を離れていいのだろうか?と考えてました。
たくさんの人に感謝の言葉を述べ、涙、涙のインタビュー。
あれから10年近く?いろいろあったんだろうな…感慨深いです。
-----------------------------------------------------------------------------------
⚫︎男子シングルフリー
キャリエール、ちょっと期待していたのですが残念でした。
前半のエレガントな印象から、後半のボーカル曲でせかせかしてるのは微妙。それでも、なにもかもうまくいかないみたいな数年を経て、上位を狙える構成で勝負できるようになったことがうれしい。

ジェレミー10、衣装も含めてテーマがダイスケっぽい。この曲を選ぶ、その気持ちというか想いがすごく感じられますね。
難しい選曲だけども表現力をほめる織田君。

ガチ、厳しい内容に悔しそう。やはりスケーティングから…かな?上位選手に比べると単調かも。
いいところもあったと思う。体つきがアスリートっぽくなった…ような気がする。タラソワさんの振付は芸術性が感じられる。

ジェイソン、演技後の涙が…堪えて堪えての演技でしたね。これもまた経験になるでしょう。
スピンがアーティステックで素敵だ。
PB更新でもファイナルはほぼない…ハイレベルな大会になりました。

マックス、胸にサメのエラみたいのが?…あ、キズか!(笑)
ジャンプが決まらないことにはなあ…悔しそうです。
カルメン刺されました…みたいなエンディングが、結果を予見してるみたいで切ない(涙)

ミーシャ、今シーズンはジャンプに高さがあり、成功率も段違い。エレメンツでとぎれないので、プログラムの世界にぐっと惹きつけられますね。

ミハル、フィガロの結婚、クラシックでも軽快な曲調がミハルに似合う。4Sも決まった!攻めがいいねえ!すっきりしたいい顔してます。

こづ、シャツの胸元に大人を感じる今日この頃。
4Tは2本とも転倒、こうなるとやれることが限られてくるので辛い。ステップシークエンス最高!コレオも素敵ですが、ボーカルはいらないと思うけどなあ。
彼の心はわからないけれど、次につながるものであれば、それでいいのかな、今は。

ヴォロノフ、ブラインド壊れてます的な衣装。
すばらしい4T+3T!ジャンプをガシガシ決めてます。
曲のつなぎがどうよ?と思いつつ、最後までワイルド、男っぽさ全開でかっこよかったですね!表情も強気な感じ。こんな強いヴォロノフは初めて見たかも。
男っぽさはリンクで全て出し切り、キスクラではちょっと萎えた笑顔がなんかかわいい。

ハビ、絶好調とは言えないけれど、よかったですね。
クワド、スケーティングの多彩さ、明るい色気、小芝居(笑)強くてうれしく、見て楽しい…やっぱ魅力的な選手です。
優勝固いと思ってましたが、ファイナルは決まって良かった。本当によかった、おめでとう。

こづは残念でしたが、ここ数年、勢い足りなかったユーロ勢が表彰台を独占できたことはうれしい。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

木の影

2014年11月17日


初冬の乾いた空気の中で、高い木のシルエットがどこまでも伸びていく。
なんとなくシュールで、マグリットの絵に出てきそうだった。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2014 第4戦 ロステレコム 男女SP

2014年11月16日
Starting Orders / Result
スポーツナビ

⚫︎女子シングルSP
アルテミエワ、貴族的な顔立ちが印象的。途中からeyeになってびっくり。ミスが多かったのでやむなし。21歳?ロシアじゃ年長さん。
スタビツカヤ、こっちも美女オーラ!こちらもミスが…スケーティングはまだまだに見える。

アシュリー・ケイン、(スケカナのSP見てないので実は初見のSP)、大胆な衣装が似合うねえ。おもしろいんだけど、ちょっと忙しい感じも。
ソヨン、ミスありましたが、今後伸びてくるんじゃないかなと思うんだよね。

雅さん、まさか得意の3Sで転倒とは(汗)ステップも…緊張かなあ。
衣装は凝って素敵なんだけど、雅さんはもっとモダンではっきりした色がいいんんじゃないかな。
助走が短いと織田君。そうなんだよ、助走なしで3A跳ぶ子だからね。
インタビュー「(GPS)最初で最後かも」…そんなこと言うな!

チャートランド、スケカナではあまり印象に残ってないのだけれど、今回は勢いとパワーがありましたね。バネの効いたスケーティング。
しかしまさかSP1位とは!

本郷さん、すばらしい!
高さとキレのあるジャンプも良かったけれど、見るたびに身のこなしが洗練されて、姿勢も良くなったし、ラインがきれいなんですよね。美しくゴージャスな海賊でした。

ヨシちゃん、蜂みたいな衣装(汗)
うーん、かっこいいけど、ジャンプが…。あれ?落とし物した?

未来ちゃん、とてもエレガントにまとめたプログラム。良かったです〜…しかし得点出るまでわからん(汗)…あ〜セカンド3Tか。
織田君の解説が的確ですごい。

ポゴリラヤ、口元が色っぽいぜ!
最近ミスした記憶がないので、不安定な演技に見てる方がちょっと動揺(汗)ただ、スピードあるし、スピンもいいところあったし、極端にまずかった訳ではないですね。
キスクラが冷静で、こういう感じが強みでもあるのかなと思う。

⚫︎男子シングルSP
クヴィテラシビリ、身長伸びたのかな。全体に不安定な感じ。
ジェレミー10、お久ぶりです。キャリア長いが、インディーズバンドのボーカルみたいな雰囲気変わらず。さわやかで疾走感のある素敵なプログラムだった。

キャリエール、転倒もないけれど、ちょっとずつのミスが重なると、どっと厳しくなる例(汗)印象悪くないと思うけれど、完全アウェイだなあ(汗)
リギーニ君のMJ、会場の盛り上がりがすごいな。
ガチ、4T高かったのになあ。う〜ん、スケートがコントロールできてない印象。

ミーシャ、アル中っぽい振付から〜。
今季のミーシャはスケーターとしての格があがったと思う。以前は自己満足っぽく踊りまくるところが面白くもあったけれど、今は観客を引きつける表現技術がありますよね。

こづ、白いシャツに赤いバラ…やはり昭和の匂いが…(汗)
4Tは両足、ただ動きは良かったし、スケートの美しさはすばらしい。PCSが伸びないのが悔しい。ジャッジには、このさわやかな色気がわかってもらえないのか?
インタビューのすっきりした顔にほっとしましたが、ずいぶん自信をなくしていたのかなと、少し切ない気持ちになりました。

ヴォロノフ、すばらしい4T+3Tから!ジャンプ、つなぎ、ステップ、どれもいい。以前のスピンはざっくりでしたが、段違いのレベル。全て揃うと伝わってくるインパクトもすごい。これまでで最高のヴォロノフですね。90点、もちろんPB。

ジェイソン、神演技のヴォロノフの後でアウェイはちょっと辛いか?
挽回できるとは思うけれど、ちと厳しい得点。

ミハル、立ち姿から雰囲気があっていい。4Sが決まらない。あとはかっこよくて、とても良かったと思う。なんか今後につながりそうな兆しを感じます。

マックス、ヘアがオールバック、みんなに言われたに違いない(笑)
今日も元気だ!勢いはあったし良かったよ(笑)

ハビ、細かいミスはあるものの、全体とすればかなりいい。得点はちょっとおまけかな。
ジャンプも破綻しなくて良かった。
なんていうのか、パーソナルな魅力とスケーティングが合っているんですよね。こづの清らかな美しさとは違う魅力と、明るくて、なめらかで自在なスケーティングが見どころかも。
フリーもこのままいけそうかな。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

雨の紅葉

2014年11月15日
2014111305.jpg

小倉山 峰のもみぢ葉こころあらば 今ひとたびの御幸待たなむ
藤原忠平(貞信公) 小倉百人一首

小倉山の紅葉よ、心あるなら天皇の行幸があるまで待っていておくれ。
小倉山は京都嵐山、紅葉の名所。宇多上皇がおいでになった際、その景色を子の醍醐天皇にもお見せしたいと話したことを受けて詠まれたという。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感 時は流れる

2014年11月13日
ダイスケも真央ちゃんもいないシーズンが始まり、GPS2014はもう後半戦、早いですね!
先週末、我が家に来ていた親戚たちは、GPSを見ながら「真央ちゃん出てないと、なんとなく見る張り合いがないよねえ」と言う。つくづく真央ちゃんの吸引力はすごいのだなと感じています。
二人の今後は、なんとなくあやふやですが(苦笑)長い人生そういう時間も必要なんだと思っております。

そんなシーズンまっさかりのGPSは、チューハイの事故で、もやもやしている人も多いかと思います。
幸い、ゆづもハンやんも頭の方は大丈夫そうでよかった。ただ、ゆづの足は気がかりですね、捻挫や肉離れは尾を引くので、そして腰痛もあります。
NHK杯でファイナル行きをつかんだとして、ファイナルはすぐですし、そこから全日本もすぐです。GPSで活躍した選手たちは皆、(故障がなくとも)全日本への調整が大変だと例年話しているんですよね。
冷静になるところです、長い競技生活、ここで無理は禁物です。

こうした事故は防げるものなら防ぎたい、なかったことにしたいところですが、スポーツに事故はありうることです。
今回のことから、いろいろな意見も出されています。今後に改善の手が入ればといいなと思っています。
------------------------------------------------------------------------------------
第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会
2014年11月22日 〜 11月24日 新潟県新潟市・新潟アサヒアレックスアイスアリーナ
スケジュール(2014年10月22日現在)
開会式(22日)は非公開。
23日、24日は午前6時開場、競技終了10分後に閉場予定。
入場無料

23、24日に観戦したいと思っていろいろ調べていますが、情報が少ないですね(汗)
ぼちぼち調べてますが、交通手段も限られているようなので、どなたかアドバイスプリーズ!
------------------------------------------------------------------------------------
「KENJIの部屋」【髙橋大輔 エピソード2】
ダイスケが引退発表前の収録。
想像以上に自由な番組で(苦笑)ヤマトも加わりますます普通の飲み会風。

バース・デイ 高橋大輔
ファンにとっては、意外でもない内容…だと思う。
ライバルがいようといまいと、やはり彼は勝ち続けたかったし、現役でいる以上は勝ちたい、そこにメンタルがついて行けなかった?ケガは言い訳にしたくないのだろうなあ。
周りが見えすぎるのは良し悪しかもしれない。今はそっとしておく時期ですね。

パトリック・チャンから高橋大輔へ。ライバルから届いた「ありがとう」。
『Sports Graphic Number』864号


フィギュアスケート・高橋大輔が皆に愛された理由とその素顔を後輩が語る
澤田亜紀  [2014/11/10]

------------------------------------------------------------------------------------
荒川静香からのご報告(2014.11.12)
荒川さん、ついにママに!
母子ともに健康とのこと、おめでとうございます。
------------------------------------------------------------------------------------
村主章枝「未来に気持ちが向いている」 現役引退会見 一問一答
スポーツナビ【2014年11月13日 15:30】

村主さんが引退発表、ここ数年はなかなか厳しかったですが、日本人初のGPF優勝やワールド表彰台など、日本のフィギュアスケートを牽引してきた一人です。
長い競技人生、生半可な気持ちではできなかったと思う、おつかれさまでした。
今後はローリーのところで振付師の勉強をするとか(ミヤケンさんの仕事が…)、キスクラに入る日もくるでしょうか?楽しみですね。
------------------------------------------------------------------------------------
クリスマスオンアイス2014
高橋大輔、浅田真央、織田信成、鈴木明子、イリヤ・クーリック、デニス・テン、ブライアン・ジュベール、クリストファー・ベルントソン、チン・パン&ジャン・トン ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ / クリス・ハート

豪華なキャスティングになりました!
こんな豪華でも、デニスとポジェたち以外はコンペに出てないのか〜。
私は23日に夜公演のみまいります、楽しみです!
------------------------------------------------------------------------------------
メダル・ウィナーズ・オープン 2015
エヴァン・ライサチェク、織田信成、ジョニー・ウィアー
安藤美姫、ジョアニー・ロシェット、キミー・マイズナー、イリーナ・スルツカヤ、サラ・マイヤー

現在男子3人、女子5人が発表されていますが、男子にジェフも入るらしい。
いずれにしても、男女各5〜6人?
私は今のところ観戦予定はありませんが、男子の残る選手が気になりますね。この男子だと織田君がぶっちぎり優勝しそう(汗)
エントリーはたぶん引退を発表した選手のみ、数日後のSOIのキャストがそのままくるのでは?という噂もありあますが…。
パトちゃんは現役なのでたぶんない?真央ちゃんもたぶんない?ダイスケはスケート(コンペ)からしばらく離れてと話しているでない…ような気がする…けどわからない。
------------------------------------------------------------------------------------
スターズ・オン・アイス2015
[出演]高橋大輔 / 鈴木明子 / メリル・デイビス&チャーリー・ホワイト / テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー / エヴァン・ライサチェク / パトリック・チャン / カロリーナ・コストナー / ジョアニー・ロシェット / キミー・マイズナー / シネイド・ケアー&ジョン・ケアー / ライアン・ブラッドレイ / 他
[ゲスト]浅田真央 / 織田信成 / 宮原知子

まだチケットありますよ〜(高いですね〜・汗)
ダイスケはツアーメンバー、グループナンバーも楽しみですね。
私は最終日1/18に参ります。
------------------------------------------------------------------------------------
Art on Ice 2015
2015年2月、スイス
TATIANA VOLOSOZHAR & MAXIM TRANKOV
TESSA VIRTUE & SCOTT MOIR
CAROLINA KOSTNER
STÉPHANE LAMBIEL
DAISUKE TAKAHASHI
SARAH MEIER
FLORENT AMODIO
JOANNIE ROCHETTE
ALJONA SAVCHENKO & BRUNO MASSOT
FIONA GABRIELLE ZALDUA & DMITRI SUKHANOV
LE PATIN LIBRE

もちろん、行きませんとも!日本に来てくれればねえ…。
それにしても、フィギュアスケートにプロスケーターの道があるってすばらしい(笑)


フィギュアスケート | Comments(3) | Trackback(0)

GPS2014 第4戦 ロステレコム 懲りずに予想

2014年11月13日
ISU GP Rostelecom Cup 2014
Moscow / RUS 14.11.2014 - 16.11.2014
Starting Orders / Result
スポーツナビ

あっという間にGPS後半戦です。
いろいろありますが、いろいろあるのが世の中ですからね、落ち着けと心に言い聞かせる今日この頃(汗)
さて、頼まれもしない順位予想は、読み方は間違ってない…当たらないだけで…というレベルでして(滝汗)
まあね、当たらないからおもしろいんです!…と言い聞かせています(苦笑)


●男子シングル
ジェレミー10、ミハル、リギーニ、こづ、ガチ、クヴィテラシビリ、ヴォロノフ、ハビ、マックス、ジェイソン、キャリエール、ミーシャ

2巡目って感じで、またお前とあたるのか?…て感じですが、6回しかないからしょうがないですね。
そして2巡目なのにますます読めないですね(汗)
優勝候補は、引き続きハビ、ジェイソンでいいと思いますが、あとは混戦ですかね。
ミハル、こづ、ガチを押したいところですが、前大会を考えると心もとない。こづ、大丈夫かなあ…。
ヴォロノフは調子次第で表彰台いけると思います。いい感じにきてるのはキャリエール、マックスですが、2本そろえるとなるとどうか?
シニアデビュー(?)クヴィテラシビリも有望だしなあ。
なんというか、2本そろえられる選手が…たぶん少ないので(汗)2本そろえたら表彰台!ってことでどう?

予想順位
1.ハビ 2.ジェイソン 3.キャリエール

大穴はガチにしとくかな(テキトー)
おお〜ミーシャが2戦目として派遣が決まったんですね、おめでとう。

●女子シングル
チャートランド、ブレジノワ、本郷、雅ちゃん、ソヨン、アルテミワ、ポゴリラヤ、スタビツカヤ、ヨシちゃん、アシュリー・ケイン、未来ちゃん、アンジェラ・ワン

ポゴリラヤ当確!
と出したいくらい安定した強さがあります。有力選手の欠場もありますが、不安材料が見当たらないというか。
そして、2位以下は予測が難しい、ロシア独占もありそうだし。
といっても、初表彰台のチャンスの選手が多くて楽しみですね!
といっても、本郷さん、ソヨン、ロシアの二人くらまでかな?
未来ちゃんは回転不足次第で上位もありますが、強くは押せない…すまん。
雅ちゃんは思い切っていくだけ!ヨシちゃんも久しぶり〜

予想順位
1.ポゴリラヤ 2.ロシア 3.ロシア 4.本郷orソヨン

ちぇ、結局そんな予想か?と言われそうですが、ロシア女子すごいんだもん(汗)

●ペア
Annabelle PRÖLSS / Ruben BLOMMAERT、成美&龍一、Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV、ストルボワ&クリモフ、タラソワ&モロゾフ、Jessica CALALANG / Zack SIDHU、デニー&フレイザー、Dee Dee LENG / Simon SHNAPIR

優勝候補筆頭はこのエントリーですとストルボワ&クリモフ、オリンピック銀メダリストのプライドもあると思うし、負けられませんね。
最近安定して結果を残してきているタラソワ&モロゾフも表彰台に乗りそう。
あとはちょっとわからないですねえ。
知名度的にはデニー&フレイザー、組み替えのシナピアさんちとか。
チューハイでは中国独占でしたが、ここではロシア独占ってこともありそう。
成美ちゃんたちにもがんばってほしいですが、上位にいくにはまだまだ、ロシアに打ちのめされることなく、かれららしい演技で、今できる精一杯のことができたらいいんじゃないかと思います。

予想順位
1.ストルボワ&クリモフ 2.タラソワ&モロゾフ 3.ロシア

ちぇ、結局そんな予想か?と言われそうですが、ロシアペアですから(汗)

●アイスダンス(シニツナ&カツァラポフもINなんですね〜)
シニツナ&カツァラポフ、クームス&バックランド、Rebeka KIM / Kirill MINOV、イリニフ&ジガンシン、ステパノバ&ブキン、Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON、チョーク&ベイツ、Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER

優勝はチョーク&ベイツが固いと思いつつ、ここはロシアだからな…ステパノバ&ブキンとか、イリニフ&ジガンシンがくるかも?
と思ってたら、シニツナ&カツァラポフもイン、これはおもしろくなってきました。
GPS2戦目のイリニフ&ジガンシン、ダンスのテクニカルはよく知らないのですが、前大会を見て、正直いうと若干古くさくなったと感じたのは私だけ?

予想順位
1.チョーク&ベイツ 2.ステパノバ&ブキン 3.イリニフ&ジガンシンorシニツナ&カツァラポフ
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

虹と青空

2014年11月13日


仕事なんかほったらかしで、虹の向こうに行ってみたくなる朝。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

生誕200年 ミレー展 ―愛しきものたちへのまなざし

2014年11月12日
Millet_20141101-1214.jpg
生誕200年 ミレー展 ―愛しきものたちへのまなざし
2014年11月1日(土) – 2014年12月14日(日)
宮城県美術館
 ジャン=フランソワ・ミレー(1814-75)は、それまで絵画の主題とはなりえなかった厳しい農民の労働を見つめ、荘厳な農民画の世界を生み出した画家として知られています。その背景には、フランス初の風景画派の誕生の地となった、バルビゾン村の自然豊かな制作環境がありました。また一方で、幼い頃から育まれた自然に対する畏敬、身近な者への慈愛も、その作品を語る上で欠かすことのできない要素です。 
 家族や近しい人たち、大地と自然、そこに根ざして生きる人々や動物たちなど、ミレーは自らが愛情と共感を寄せたものたちをモチーフとし、温かさと尊厳を備えた作品を描きました。そこにはノルマンディーの寒村で過ごした子供時代のまなざしや、妻と共に9人の子を育てた父親としてのまなざしを感じることができます。
 ミレーの生誕200年を記念するこの展覧会では、画風を模索する初期の作品から、バルビゾン村移住後の名品まで、国内外のミレー作品約80点によりその制作の跡を追います。


「落ち穂拾い」や「種まく人」など、ミレーというイメージはすっかり出来上がっていますが、初期の作品から見ることで画家としての変遷もあり、新鮮な気分で鑑賞できました。

onosan-thumb-320x400-22527.jpg
《ポーリーヌ・V・オノの肖像》油彩・麻布 1841-42頃 山梨県立美術館

ミレーの最初の妻ポーリーナの肖像が3点。ありきたりな表現ですが、若く美しい妻への賛美、愛情があふれる作品でどれもいいです。
1枚目は瑞々しい肌とバラ色の唇が印象的。少女、聖女的な雰囲気。

222858.jpg
《青い服を着たポーリーヌ・オノ 油彩・カンヴァス 
1841-42年 トマ=アンリ美術館 

2枚目の肖像画は同じ時期のポーズ違い。こちらを見つめるまなざしがピュア、理知的な額、何事も見透かされてしまいそうな雰囲気もあります。指先が緻密に描き込まれています。

img043.jpg
《部屋着姿のポーリーヌ・オノ》1843-44年 油彩・カンヴァス トマ=アンリ美術館

結婚生活は数年、ポーリーナは若くして結核で亡くなります。死期が近いポーリーナは青白い顔で部屋着姿、妖精のような雰囲気。もう半分はあちらの世界に行ってしまっているような、この世の人ではなくなっていますね。

ミレーは2番目の妻カトリーヌの肖像画も描いていますが、こちらはたくましい、家事のシーンも多く丈夫で働き者!という雰囲気でギャップが…(汗)

ポーリーナの家族、オノ家の肖像画もあります。目元がポーリーナそっくりで、家族なんだなあ、当たり前ですが。すごく写実ってことです。
ポーリーナの肖像画を見ていると、大正期の夭折の画家の作品を見ているような錯覚が…というか、ミレーから多大な影響を受けたのは日本の若い画家たちの方ですね。
「犬を抱いた少女」という作品はまるでフラゴナールのような、こんなファンタジックな作品も若い頃は描いてたんですね。モデルは「故郷の親友の妻の連れ子の妹」…何じゃそりゃ?

222895.jpg
《刈り入れ》パステル・紙   1866-67年 ひろしま美術館

パステルですがけっこう大きい作品。下書きなのかもしれませんが、油彩と違って明るいタッチ、ミレーの筆遣いがわかって興味深いです。

tanemakuhito.jpg
《種をまく人》1847-48年 油彩・カンヴァス ウェールズ国立美術館

「種をまく人」何枚もあるそうで、これははじめの頃の作品。
背景には牛、農作業のリアリティのある作品ですが、自分がよく知っている「種をまく人」とは全く違う。それくらい「種をまく人」はいわばアイコンとして認識しているのだなと思う。

222853.jpg
《牛に草を食ませる女》油彩・カンヴァス1857-58年 ブル王立修道院付属美術館   

シンプルなシルエットは「晩鐘」などに通じる作品、とてもミレー的。夕暮れのほの暗さが俗っぽさを打ち消し、静謐な美しさがあります。

218480.jpg
《落ち穂拾い、夏》油彩・カンヴァス 1853年 山梨県立美術館

子どもの頃は何も考えずに見ていましたが、落ち穂を拾わなくてはならない貧しい農婦を描いているんですよね。
ミレーが農民や牧童を描き始めた頃の作品は、労働や生活の悲哀がリアルに感じられるような気がしますが、後世に名作と評価される作品は、そういった感情や泥くささがすべて昇華され、神聖な作品になっている。
多くを語らず、美しく優しいまなざしだけがそこにあるような気がします。


アート・美術館 | Comments(2) | Trackback(0)

渓谷の紅葉

2014年11月12日

標高2000m前後の山々ははすっかり冬景色ですが、すこし標高がさがればまだ紅葉が残っています。

2014110203.jpg
ここは我が家から車で20分ほどの渓谷です。

014110201.jpg
渓谷の沿いの道の先には田舎のスキー場。

2014110208.jpg
だいぶ落ち葉になっていました。

2014110207.jpg
葉が落ちてからり明るい雑木林。

2014110206.jpg
黄色い葉は青空とよく似合う。

2014110205.jpg
この日は暖かい休日で、私のようにぶらつく人もちらほら。
冬はすぐそこですね。

トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2014 第3戦 チューハイ 男女シングル・フリー

2014年11月12日
Result
スポーツナビ

●女子シングルフリー
アシュリー・ケイン「エビータ」見た目はエビータだが…うむ、表現までにはもの足りないか。
ガオ、いい時に比べると動きが重そう。大学忙しいのかな。

ポーリーナ・エドマンズ「ティンカーベル」…そのままや!
素晴らしかったですね。ジャンプも良かったけれど、スピンがどれも美しくて見とれました。つなぎも優雅になりました。
欲を言えば妖精プログラム、少女らしい無心な笑顔で踊ることこそがこのプログラムの魅力だと思うけれど、必死さの方が伝わってきて楽しみづらいかな(汗)。
心も体も急速にオトナになりつつあるし、無欲で演技とはいかないのかもしれません。
ぶっちゃけ優勝も狙っていたと思います。SPの出遅れが残念でした。フリーだけなら2位というすごい成績ですが、この時のキスクラは、まだ油断ならない表情で(汗)

ビッキー、スケカナから連戦、引き続きジャンプが不調(汗)ジャンプ転倒より、抜ける方が怖いと織田君。
かっこいい背筋が映える美しい衣装が泣いているぜ(涙)

ジジュン、黒手袋は必要なんでしょうか?ムーン・リバーだから黒?黒を着ると薄幸そうに見えるのでやめようよ。
3F+3T、前半絶好調でこれは!と思ったのですが、後半のミスで良くない印象で終わってしまったのが残念。

デールマン、「恋のアランフェス」?どっちか言うと「濃いアランフェス」か?
しばらく見ないうちに、カナダらしい筋肉のつき方が頼もしい(爆)目指せ筋肉女子!(笑)

カナコ、前半のコンボが決まっていたら…。前半は曲想にも乗り切れない感じで、マスカレードも華やかさに欠けていたと思います。表情が…マジっぽいんだよね(汗)
後半は頑張りました。ファントムの片鱗が見えたような、しかしまだまだファントムには遠いかな。淡々と振りをこなしているようなところが目につきました。
もっとできるはずだった…キスクラはそんな雰囲気?

リーザ、ますます貫禄と色気が…。
ジャンプに高さがあり、余裕ですね。どんどん引き込まれる演技になっています。大会ごとに勢いを増して、すごいの一言。
いい表情して滑っている、見てる方も喜びが増しますね。

ユリアはロミジュリ、なんでだろ?今更?
6分間練習は完璧でした。ミスが冒頭の3Sだけなら、なんとも思わなかったですが、後半の崩れ方が…ロミジュリってこともあり、つい「サシャタイマー」を思い出す(汗)
終えて泣きそう…泣いてる…切ない。
それでも2位はすごいですが。
表彰式欠席したんですか?あとで詫びて収まったようでよかったです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●男子シングルフリー
刑事君「椿姫」
4Sは着氷が…。3A、3F+3Tオッケー。ステップは華やかさと青年らしいひたむきさがあって、今の刑事君らしい、とても素敵でした。2つ目の3Aが決まっていたら…。スピンもだいぶ良くなってきました。
ミスありも、今できるところで挽回できたんじゃないかな。まだまだできます。
作品としての魅力も出てきて、全日本が楽しみになってきました。

ワン君、エレガントなプログラムだと思ったら、キスクラに亀さん。
韓国のジンソ、幽霊みたいな衣装が気になる。

ミーシャ、上半身が使えるようになって、体全体でスケールの大きい表現ができてきたと思う。ステップの暴走っぷりは相変わらず(笑)
大きなミスもなく、実力を出し切ったのでは?良かったですね。
最後のスピンがすごく良かったな。
お〜フリー3位!それはすごいぞ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最終グループの6分間練習で起きた事故は衝撃ばかりが大きくて、なかなかうまいこと書けません。
接触や衝突は練習中含め、これまでも数多くあり、ある意味選手はそれを避けることに慣れてもいます。それでも万が一の確率で起きてしまう、そういうものだと思います。
まあしかし、日本では視聴率高そうな時間帯で生放送中、誰もが注目し期待する選手の事故をライブで見ることになるとは…。
これは避けようなかったし、選手に責任はないですが、事故後の対応には疑問が残ります。
あの様子をみたら…個人的には、ゆづもハンやんも棄権すべきでは?と思いながら見ていました。
選手はファイター、戦士のようなもの、どんな状況でも戦い抜く気持ちがあります。それを支えたりコントロールするのがコーチやスタッフだろうと。
あれからいろいろ意見も出て、これから議論、対応が検討されるといいなと思います。
まずは二人のケガが早く癒えることを願っています。

オーサーコーチが棄権を促しても、最後はゆづに押し切られたのかなと想像しますが、競技終了後「誇りに思う」とこの状況で言えるのが印象的でした。自分含めどんな批判が来ても、最後まで選手の味方をしてくれているのだなと、選手は心強いと思います。
それにしてもオーサーコーチ、名コーチであるのは文句ないですが、育てた選手が自分がコントロールできないほど巨大化するのでは?…ヨナはんもゆづも…そういう運命の人なんじゃないかと、お疲れ様!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最終グループはアクシデントによって、選手も辛いところでしたね。

ナム君、心なしか元気ない。ように見えたのは、こっちの思い込みかな。ミスはありましたが、きっちりまとめてきたのはさすが。

リッキー、素敵でした、そして癒されました
4Tは高さがあり成功。3A完璧、タノ3lz、キャメルスピンも美しい。伸びやかで、彼が滑ると空気が柔らかになる。それでいて男性的なパワーもある。
後半の乱れは残念でしたが、全体とすればすばらしい演技、本当に素敵でした!

ハンやん、スピードのあるスケート、ゆづに比べたらいくらか大丈夫そうには見えましたが、やはり厳しい内容になってしまいました。後半はもう流していましたね。

ゆづ、新プロ披露の場でしたが、この状況で言えることはないというか、私はプログラムを見る余裕がなかったです。
ゆづもハンやんも国を代表する大事な選手。応急の診断で、ここで無理する理由はあるのだろうか?
じいちゃん先生に支えられキスクラを後にする姿を延々撮るカメラもちょっとな…。

コフタン、ミスはありましたが、よく頑張りました。そしてスケーティングの進化が、優勝への下支えになったと思う。
猫背っぽくなるところは欠点。スローパートがちょっと間延びか?
後半ばててましたね、終わってほっとしましたよね。お疲れ様〜。
そして、コフタンGPS初優勝おめでとう!

とにかくみんな、お疲れ様、ゆっくり休んで次に備えて下さい。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

葦の川辺で

2014年11月11日


葦辺なる荻の葉さやぎ秋風の吹き来るなへに雁鳴き渡る
万葉集 作者未詳

葦の川辺に秋風が吹き、雁も来た。
秋が来たという感じでしょうか。

2014110501.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

樹木礼賛-日本絵画に描かれた木と花の美-

2014年11月10日
jyumoku_1.jpg
特別展「樹木礼賛-日本絵画に描かれた木と花の美-」
平成26年9月26日(金)~11月9日(日)
< 前期:9/26(金)~10/19(日)/後期:10/21(火)~11/9(日)>
 日本人は昔から樹木とともに暮らしてきました。住まいや日々の生活に利用するだけでなく、花や紅葉など四季折々の姿を愛で、また信仰の対象として敬い、そして絵にもたくさん描いてきました。例えば、鎌倉時代以降の宗教絵画には榊や松など樹木が神木として描かれています。桃山時代から江戸時代の襖や屛風といった大画面絵画には、その力強い生命力を感じさせるように樹木が大きく描かれます。また、樹木の書き方も流派によって異なり、狩野派や琳派など、それぞれの表現に違いを見るのも面白いでしょう。中には、梅や桜といった特定の樹木を描くにを得意とした画家もいました。
 本展覧会では、樹木を描いた様々な絵画を通して、日本人が樹木をどのようにとらえ、表現してきたのかを紹介します。襖・屏風・掛軸・絵巻物・浮世絵など前期・後期あわせて総数81件の美しい樹木の絵に囲まれて憩いのひと時をお過ごしください。


前期展示の等伯「松林図屏風」が見たかったなあと思いつつ時間も取れず、後期展示に変わっていました。
作品の多くは、作品保護のため長期間の展示がないものも多く、貴重なチャンスです。

jyumoku_2.jpg
jyumoku_11.jpg
国宝 雪松図屛風 円山応挙筆 三井記念美術館蔵
【展示期間:10/21~11/9】  

企画展の目玉、応挙の「雪松図屛風」
さすがです。迫力あります。背景の金と墨一色で描かれたとは思えない奥深さ。この微妙な金色が画像では伝わらないのがもどかしい。
近寄って見ると大胆な筆遣い、雪の白は紙の地色を生かています。緻密に書き込まれた感じではないのですが、
少し離れて全体を見ると超写実主義と言いたくなるほど雪中の松です。
じっと見ていると、右隻は迫ってくる山に、左隻は遠くの山に、高く険しい雪山のようにも見えてきます。
画面下の方に粗い金粉が施してありますが、光に舞う雪のよう、背景の金も豪華というよりは、太陽の光をあびた眩しい雪景色のようです。

jyumoku_7.jpg
重要文化財 松杉桜図襖のうち2面 妙蓮寺蔵

日本美術のデザイン的面がよくわかる作品。金地に緑の三角、大胆なデザインです。

重要文化財など多数展示されていますが、傷みのはげしいものも多く、素人に判別が難しいと思うこともしばしば。
春日鹿曼荼羅(鎌倉時代・奈良国立博物館蔵)は、鹿も背中に神木の榊、鹿の優美さに気を取られましたが、こういう世界もあるのだなあ。
狩野永徳「松図襖」、やたらでっかい松の絵というのがありますが、はやらせたのが永徳らしい…そうか、あれは流行だったのか(汗)
樹木とともに動物を描いた作品も多くあります。それにしてもこの時代の「鳥」はちょっと怖いですね、孔雀なんて襲われそう(汗)
鳳凰の子育て…なんて珍しい作品も、架空の鳥に子育て、鳳凰といえば賞状の縁取りくらいしか思いつかないですが…。

jyumoku_3.jpg
重要美術品 木蓮棕櫚図 渡辺始興筆 文化庁蔵
桐谷真図 織田瑟々筆 佐野コレクション
藤花図 鈴木其一筆 細見美術館蔵【展示期間:10/21~11/9】

右の二つが木蓮棕櫚図、幽玄でほれぼれするほど美しい。
藤の花も匂い立つような瑞々しさ。

p10.jpg
《柳橋水車図屏風》 京都国立博物館蔵

この屏風もインパクトありました。
右隻から左隻に向かって、柳の木が芽吹いていく、川は水量を増していく。季節の移り変わりがダイナミックに描かれています。
そして金の存在感がすごい、応挙の松とは全く違う、クリムトを思わせるような豪華でディープな金でした。

アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

穏やかな秋の日

2014年11月10日


秋も深まり、滑らかに光っていたススキの穂は、ふわふわとした綿毛になっていました。
今朝は強い風、今頃は飛んでいってしまっただろうなあ。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2014 第3戦 チューハイ 男女シングルSP

2014年11月08日
Result
スポーツナビ

⚫︎女子シングルSP
地上波はわしゃわしゃイロイロ入ってくるので、競技に集中できにくいな(汗)
カナコ、金色衣装にヘッドフォンだと、「宇宙からやってきました!」みたいでおもしろいね(笑)
トトゥベリゼコーチ、相変わらずかっこいい。
チューハイといえば、スーパーアリーナ席にはレクサス様がどーんと(笑)

ジジュン、すばらしいコンボ!3Lが…。
ちょっとだけ大人っぽく、エレガントなりました。可憐さは変わらず。3Lがもったいないですね。

ガオ、回転不足が見た目以上にダメージですね。
ボーカルの印象が強くて、演技が歌詞に合ってるか確認したくなる…ということは、あまりいい傾向じゃないなあ。

ビッキー、いい時は60点位出ていたことを思うとベストには遠いですが、ジャンプ不調の中でよくまとめました。

カナコ「オペラ座の怪人」金色のレースの衣装、豪華です。
3T+3Tきれいに入りました。フリップ危なかったですが、そこだけですね。
きれいで初々しさもあるSP、気持ち良く演じていたのは良かったです。ただ印象に残るにはあと一押し何かほしいような。

リーザ、ジャンプが全て軽々、ステップに風格とか格調が感じられます。競技を重ねるごとに安定感を増し、(マダムっぽさではなくて)プログラムの芸術表現が倍増してるような気がします。すばらしい!

ユリア、ちょっと背が伸びた?この衣装ってどうなのかな?印象的ではありますが。
ジャンプも完璧、スピンも相変わらずすごいです。プログラム的に個人的には好みというわけではないんですが(音響悪いな)、スキがない。とにかくよく動いてますね。
うお〜69点!

ロシア2トップすごいですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⚫︎男子シングルSP
ゆづる様振り返りが多すぎて疲れる(汗)この時間で3人位放送できそう。

刑事君、なんかこう地に足がついてないような、すっかり飲まれてましたね〜(汗)
ジャンプは全てミス、スピン、ステップはがんばっていたけれど集中し切れていない感じも。
インタビューが悔しさというより放心で…
まあ、失うものは何もないのでフリーで思いっきりやってくれればいいです。
いいんです、いいんです、これからがんばればいいんです。

ミーシャ、アヴェ・マリア、上半身の動きがとても素敵になりましたねえ。美しくて切ない、いい演技でした。

ナム君、出た昭和のサラリーマン(植木等のしんせきみたいな)
ちょっとぐらつくところもあったかなあ。でもしっかりまとめてくるところは、さすがチームブライアンって感じ。

ハンやん「もし金持ちなら」…おいおい(汗)
ハンやんらしい不思議な入りから、あちゃー3Aでミスとは(汗)
4Tでぐらついた後ヘタレの振り付けが笑っていいんだか、まずいんだか…
コンボでミスった後ヘタレの 振り付けが笑っていいんだか、まずいんだか…
しかし、ハンやんらしいおもろいプログラムです。スピードのあるスケーティングは気持ちいい。
ミスがあってもますまずの得点。
3Aは10m位跳ぶ…ミノル解説…おいおい(汗)

リッキー、お腹膨れてますのポーズから。4Sお手つき、3Aオッケー、キャメルスピンいいよ〜。スピンの音の取り方が…足元素敵すぎてゾクゾクする。
コンボのセカンドがダブルになったのが残念でした。

コフタン、きみもボレロだったね。
4S+3T、セカンドで両足?4Tなんとか、3Aはダブルに。
SPにクワド2本もすごいけど、スケーティングの見せ方、スケールが昨年と全く違う。つなぎやステップの芸術性はタラソワらしい。コフタンのステップに魅入る日がこんなに早く来るとは、ちょっと感動。

ゆづ、王子登場に会場の湧き方から別次元!
絶好調でないにせよ、6分間練習でも動きは悪くなかったように見えました。
4Tは不完全な3T、コンボならず、それを思えば十分高い得点。後半の印象の悪さからするとPCSはちょっと高めとは思ういますが、やっぱスケートがうまいし。
スピンが面白かったですね、今季のレベルに合わせて、最初のシットスピンから工夫があり、さすがオーサーぬかりないと。

フリーはまだ未見なのでなんとも言えないですが、トップのコフタンとの差はわずか、ゆづにとってフリーで十分逆転できる差ですね。
男子上位陣はみんなミス?そうなると、ミスを「ルール上」最小限に抑えた選手が勝ちってことかな。
まずは、明日のフリーが楽しみです。
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

ウィンターコスモス

2014年11月07日
2014110304_20141105104059205.jpg

吹く風も冷たくなってきました。
少し寂しくなった庭で最近よく見かけるウィンターコスモス。
寒さに強く、よほどの寒冷地でなければ越冬するらしい。
丈夫で何より。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

菊の香り

2014年11月06日


秋の菊 匂ふかぎりは かざしてむ 花より先と 知らぬ我が身を
紀貫之 古今和歌集

秋の菊が匂う間は髪に飾ろうか。我が身は花より先の命かもれないが。
菊は長寿の守りの意味があるらしいのですが、この歌だと我が身の儚さの印象の方が強いかな。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »