良いお年を

2014年12月31日


朝のうちの雨で、残っていた雪もすっかり消えました。
あまり冷え込まず、穏やかな大晦日です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
今年も残りわずかとなりました。皆さんはどのような一年をお過ごしだったでしょうか?
楽しかった、充実した一年だった方、おめでとうございます。
ご苦労された方、お疲れ様です。

私の一年はジタバタしているうちにあっという間に過ぎました。
毎年いろいろありますが、なんとか無事に一年を終えることができそうで、ほっとした気持ちと、誰にというわけでもないのですが感謝の気持ちもわいてきます。

来年がどんな年になるかはわかりませんが、一日一日を大事に過ごす…これがなかできないんですが、そのような心がけをするということでいかがでしょうか?(笑)

というわけで、皆さん、良いお年を!

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!

2014年12月31日
20141017_hikari.jpg
ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!
平成26年10月28日 (火曜日) ~ 27年2月22日 (日曜日)
国立科学博物館
ヒカリ展は、「宇宙と光」「地球と光」「人と光」をキーワードに、美しい光の世界を紹介する展覧会です。
宇宙から地球に降りそそぐ光は、地球の磁気圏や大気圏を通り私たち人類が生活する地上を照らしています。
本展では、目に見える光(可視光)だけでなく、電波や赤外線、紫外線、X線なども含めた広い意味での光を扱います。太陽や星、オーロラ、光る鉱物や生物など、自然界に存在するさまざまな「光」を集め、その魅力やふしぎに迫ります。


冬休み自由研究のすごい版…的な(笑)
展示内容がとても多いので、ポイントを決めて見ないと、時間も集中力も足りなくなります。歴史はパスして、今はこんなことまでわかっているんだ〜という、現在の研究成果を中心に見るのがおすすめ。
ワタクシ的には、コズミックフロントとサイエンスゼロの復習、総集編を見ている感じでした。

光とは、ずばり地球と太陽がの関係。私たちが見ることができる可視光線(虹色)と、見ることができない紫外線、赤外線、X線があります。
見ることができないものをどう理解していくかという点で、かなりわかりやすい展示でした。

highlights_15.jpg
3Dのオーロラシアター、ふらっと入れるのはいいのだけれど、規模的には小さいのが物足りない。大型スクリーンで見たら迫力あるだろうなあと想像。
オーロラの仕組みを太陽と地球のなりたちから、かなり詳しく展示。

宇宙天気予報のコーナーもありました。関係ないようでわりと暮らしに重要な宇宙天気予報。もっと認知されてほしいと思う今日この頃。

私たちが生きて行く上で必要な食料である植物は、光合成をしています。つまり太陽光なくして人類はありえない。
光合成のコーナーもありましたが、いまいち地味でさっと見ただけ(汗)
仕組みはある程度わかっていても光合成を再現することはまだできていない。というか、こんなに研究が進んでも光合成はまだよくわからないんですよね。

20141123175558.jpg
鉱物コーナーはおもしろい。自然光から紫外線に変えると…おお〜!
オパールもきれいだけれど、地味な鉱物が妖しい光を放つところは必見です。日本にも光る鉱物があるんですね。

b0048558_1220236.jpg
蛍光タンパク質をもつサンゴなど。
海洋生物が妖しく発色するのはなんとなくわかってる。あ〜あるあるって意味で(笑)で、ここから取り出した(?)蛍光タンパク質の応用がかなり進んでいるらしい。

hikari_02.jpg
蛍光タンパクを応用して作られた光る繭。蚕の幼虫も紡いでいく糸の過程も発光。
topicsb4ffd8e1bb58b17bb3e7a801c23b2de5.jpg
その繭からできた絹糸、そして着物(十二単風舞台衣装)に…
これは迫力、着物なのだけどSFチック。

E38392E382ABE383AAE5B19510_E89B8DE58589E38388E383ACE3838BE382A2.jpg
蛍光タンパク質で作られた光る花。
花を蛍光にする理由は、珍しいだけでさほど必要ないような気もしますが、蛍光タンパク質は研究、実験のマーカーなどとして、今はなくてはならないものになっているんですよね。花はわかりやすい例でもあります。
蛍光タンパク質の利用はこれからもっと広がっていく感じですね。

光の謎を解くということにとどまらず、光を積極的に活用していく、そういう時代になってきたのだなと実感する企画展でした。

サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

2014-15 年末年始の気になる番組

2014年12月30日
年末年始、気になる番組をざっと拾ってみました。
もちろん全部は見れないですが。とりあえず草間弥生が楽しみ。
内容がイマイチということもありそうですが、その場合は、HDの空きもないので即消去ですな(苦笑)
------------------------------------------------------------------------------
ミュージカル「オペラ座の怪人~ケン・ヒル版~」テレビ初放送!!
 BS JAPAN. 2014年12月31日(水)24:45~
2013年12月に東京国際フォーラム ホールCにて来日公演を行ったミュージカル「オペラ座の怪人~ケン・ヒル版~」(主催:テレビ東京/キョードー東京)のテレビ放送 が決定!
本作は鬼才演出家ケン・ヒルによって世界で最初にミュージカル化された「オペラ座の怪人」で、この来日公演には怪人「ファントム」役のカリスマ、ピーター・ストレイカーが出演した。
------------------------------------------------------------------------------
NHK BSプレミアム プレミアムシネマ 
「ロード・オブ・ザ・リング」 12月31日(水)~1月1日(木)
●午後4:00~6:59 「ロード・オブ・ザ・リング」
●午後7:00~10:00 「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」
●午後10:00~午前1:22 「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
トールキン原作の「指輪物語」を映画化し、世界中で大ヒットした超大作。世界を滅ぼすことができる邪悪な指輪を手にしたホビット族のフロドが、指輪を破壊するために「滅びの亀裂」と呼ばれる火口へと向かう壮大な冒険物語3部作。

全部見ると一日終わってしまいそうですが、ノーカットで放送されるのはすごい!

●「天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”」 1月1日(木) 午前5:10~7:02
料理家辰巳芳子が病床の父に作り続けたスープ。やがて多くの人を癒やす“いのちのスープ”と呼ばれ、多くの人が関心を寄せている。食を通して描く“いのちと愛”の物語。
以前の記事 映画「天のしずく」

●「スタンド・バイ・ミー」1月1日(木) 午後1:15~2:45
------------------------------------------------------------------------------
ザ・プレミアム NHK BSプレミアム 

●草間彌生 わたしの富士山~浮世絵版画への挑戦~
1月1日(木)午後8:00~9:29
現代アートのトップを走る草間が、日本の伝統「浮世絵版画」に初挑戦した。テーマは、「富士山」。これまでの水玉や網目といった抽象的な世界から一転、多くの画家たちが手がけてきた日本の象徴を描く。

●堤真一×風と虹の大地 ~南米パタゴニア・人類最大の旅をたどる~
1月2日(金)午後9:30~10:59
なぜ祖先は最果ての地、南米パタゴニアをめざしたのか。2100キロの旅路で堤を迎えたのは世界最古級の壁画や息を飲む美しい絶景の数々。真っ赤に染まる伝説の火の山、青く輝く氷河。孤高のガウチョや消えゆく先住民ヤーガン族との出会いを重ねながら、人類がいかにして生き抜いてきたのかを体感。天空に幻想的な虹を目撃する。

●「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ」
  1月3日(土)午後9:00~10:59
あなたの知らない“京都の雅(みやび)”へ。一見さんでは訪れることのできない非公開の庭園、ごく限られた人しかめでることのできない国宝級の掛け軸。千年の都<京都>には一見さんではわからない、伝統と文化、そして美が今も折り重なっている。町の美しさ磨き抜かれた生活文化の深さを京都人の側から描くインサイドストーリー。

●風に立つライオン ~さだまさし・大沢たかお ケニア命と自然の旅~
 1月4日(日)午後10:00~11:29
風に立つライオン さだまさし・大沢たかお ケニア 命と自然の旅▽さだまさしが自身の人気曲の舞台ケニアを初めて訪れる。「風に立つライオン」の原点を探す大沢たかお。
風に立つライオン さだまさし・大沢たかお ケニア 命と自然の旅▽さだまさしが自身の人気楽曲「風に立つライオン」の舞台アフリカを初めて訪れる。映画化で同名の小説の主演を演じる大沢たかおと一緒のケニアの旅。見渡す限り草原の大地に降り立った2人が感じたものは。
------------------------------------------------------------------------------
●“五輪の名花”チャスラフスカ 栄光と失意の五十年 ドキュメンタリー映画 VERA68
 BS1 1月2日(金)午後9:00~10:49
東京五輪の金メダリスト、女子体操のベラ・チャスラフスカ。優美で流れるような演技で「五輪の名花」と親しまれた。栄光も束の間、母国の民主化運動「プラハの春」への支持を貫き通した彼女は、東西冷戦の激流に巻き込まれて行く。ソ連側の圧力下で失意に耐え、1989年ビロード革命で復権。家族の悲劇から長い療養に入るも2009年に再起。絶望のふちに立っても日本での温かい声援の記憶が支えとなったという壮絶な人生の物語。
~チェコ国営テレビ制作~
------------------------------------------------------------------------------
NHKスペシャル ネクストワールド 私たちの未来
ビジネス、医療、娯楽など私たちの身の回りで日々出現する新たなテクノロジーをかみ砕き、5回に渡って、それが私たちの未来をどのように変えていくのかを探っていく。
どんな未来が待っているのか。あなたは不安?それともワクワク?
番組は、世界の科学者などへの広範なドキュメント取材とその研究を裏付けとした近未来ドラマの2部構成。これから起こる21世紀の圧倒的な変化をおびえるのではなく、楽しみ、準備するためのエキサイティングなシリーズ番組である。
第1回 2015年1月 3日(土) 午後7:30~
「未来はどこまで予測できるのか」
第2回 2015年1月 4日(日)
「寿命はどこまで延びるのか」
第3回 2015年1月24日(土)
「人間のパワーはどこまで高められるのか」
第4回 2015年1月25日(日)
「人生はどこまで楽しくなるのか」
第5回 2015年2月 1日(日)
「人間のフロンティアはどこまで広がるのか」
------------------------------------------------------------------------------
●滝川クリステルのオランダ美術紀行 もう一人のフェルメール 20世紀最大の贋作事件を追う!
 BS朝日 1月11日(日)夜9:00~
------------------------------------------------------------------------------
以下は再放送

朝までベランダー 全13話 一挙放送!
BSプレミアム  12月30日(火)午後11:00~午前5:30

一挙再放送!朝までって…すごい(笑)
------------------------------------------------------------------------------
Eテレ 地球ドラマチック「エトワールをめざして~オペラ座バレエ学校の子どもたち」(再放送)
 前編 2014年12月31日(水) 午後6:00~午後6:44
 後編 2014年12月31日 (水)午後6:44~午後7:30
人気実力ともに世界最高と言われるパリ・オペラ座バレエ団。付属のバレエ学校では、世界中から集まった生徒120人がエトワールを夢見てレッスンに励む。年1回の進級テストに合格できなければ退学、最終的にバレエ団に入団できるのは毎年数人という厳しい世界だ。レッスンや寮生活に1年間密着し、子どもたちの挑戦を追う2回シリーズ。
------------------------------------------------------------------------------
●ホットスポット 最後の楽園 season2(再放送)
第1回 謎の類人猿の王国 ~東アフリカ大地溝帯~
 NHK総合 2015年1月3日(土)午前1時15分~2時04分(2日深夜)
第2回 赤い砂漠と幻の珍獣 ~ナミブ乾燥地帯~
 NHK総合 2015年1月3日(土)午前2時10分~2時59分(2日深夜)
第3回 緑の魔境 生物の小宇宙 ~中米コスタリカ~
 NHK総合 2015年1月3日(土)午前3時05分~3時54分(2日深夜)
------------------------------------------------------------------------------
●巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃 特別編
 BS1 1月4日(日)午後2:00~5:49
▼午後2:00~ 第1集「異常気象 “暴走”する大気と海の大循環」
豪雨や熱波など世界各地で激しさを増す異常気象。発生の謎が、地球規模の大気と海の観測から明らかになってきた。地球温暖化が進めば、将来どんな災害が起こりうるのか。
▼午後3:00~ 第2集「スーパー台風 “海の異変”の最悪シナリオ」
猛烈な風と高潮によって甚大な被害をもたらす「スーパー台風」が、世界各地を襲っている。地球温暖化によって今後増していくとされる台風の脅威に最新の科学で迫る。
▼午後4:00~ 第3集「巨大地震 見えてきた脅威のメカニズム」
東北沖の巨大地震から3年半。発生の謎が、地下構造の解析や海底の調査から急速に解明されている。地球内部の大循環の仕組みから、巨大地震の発生メカニズムに迫る。
▼午後5:00~ 第4集「火山大噴火 迫りくる地球規模の異変」
繰り返されてきた火山大噴火。最新の研究から地下のマグマの姿が捉えられ、噴火に至るプロセスが読み解かれ始めている。迫りくる火山大噴火の時代をどう乗り越えるのか。
------------------------------------------------------------------------------
● BS世界のドキュメンタリーセレクション 二枚目のモナリザの謎(再放送)
2015/1/3(土)【NHK BS1】27:00~27:50
------------------------------------------------------------------------------
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」
大事なものは、足元にある  ガーデンデザイナー・ポール・スミザー
 2015年1月5日(月)午前3時15分~午前4時3分 総合
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)

高い木

2014年12月30日


高い木を見上げると一羽のカラス。
暇そうです(笑)

2014122203.jpg

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ガクアジサイの冬

2014年12月30日


立ち枯れたガクアジサイがユニークなオブジェのようになっていました。
接写のために近づくと、花弁にアブ。

2014122207.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

全日本フィギュア2014 女子フリー ライバルはジャッジ?

2014年12月30日
リザルト
スポーツナビ 

遥ちゃん、極端に悪いわけではないけれど、上に行くには弱かったかな。
スピンも以前ほどのクオリティでないのが気になる。

カナコ、SPでまさかの9位、心のダメージがあったように思う。ジャンプに慎重になってましたよね。
テーマがファントムだからですが、冒頭から顔つきが険しく不安になる。やはりこのプログラムは好きになれない、カナコがかわいく見えない。
体も大きく使えていて、スケーティングは悪くないと思いますが、終始不安そうでカナコらしさが…。
得点もピリッとしないものになってしまいました、残念。
負うべき先輩がいないシーズン、妹のままではいられない今季、そこを気にしすぎじゃないだろうか?逃げ出したい気持ちが、部外者のわたしにすら感じられる(汗)
ただ、インタビューでは来季に向けての言葉が。がんばれ。

新田谷さん、ロミジュリ〜。ミスは多かったですが、後半の3T+3Tは素晴らしかった!
抱きしめたくなるような可憐なジュリエットにハート鷲掴みされた人も多いのでは?…全日本ジュニアでハート鷲掴みされた私です(笑)。

本郷さん、最終グループは中高生!一番上のお姉さんは、18歳の本郷さん(汗)
小姑的ジャッジによればミスはあるものの、本郷さんらしい思い切りのいい演技ができていたんじゃないかな。ちょっと野生の香りのする強いカルメン。目線の迫力がいいねえ。
最後まで攻めました!後半もスピードが衰えず、緊張感が高まるドラマのエンディングに向かう。かっこよかったです。
ジャッジに負けてないと解説の荒川さん(そうだ、そうだ)

わかばちゃん、全日本の緊張からか、いい時に比べるとスピード控えめ。ただそれでもスピードのあるスケートが魅力。ジャンプも高く、回転も速い。
後半、顎が上がってきて、かなりばててきてるのがわかる。
冒頭の3Lzがシングルになり、後半の3Lzに普通に3Tをつける…すげー!
インタビューの泣き顔がアスリートの勝気さと子どもっぽい不安が入り混じっておもしろい。よく頑張りました、すごい選手です。
翌日のインタビューでは3A、そして将来的には4回転を入れたいと話していました。 …できると思います!

永井さん、美し〜エレガント!3Lzにほれぼれしますね。優雅な面と、音楽のメリハリ、その辺が明確で気持ちのいいスケート。
ミスがあっても総合4位!まだ16歳、これからどんなになるかとても楽しみです。

宮原さん、女優オーラが出てきた!
一つ一つのエレメンツをしっかり確実に決めていく。
ボーカルが入るところのつなぎ、コレオシークエンスがヒロインの思いが伝わってくるようで素敵です。
で、しっとり終わるかと思えば、締めは2A+3T!これはすごいインパクト。
195点!いやはやすごいぞ宮原!
浮かれる浜田コーチとうれしすぎて腰に力が入らないヤマト(違うかも)

TVで放送された限り、表彰台狙う選手全員に、プレッシャーもありますが、それ以上にURやエッジラーなどの厳しいジャッジングに萎縮しているように見えました。より悪いスパイラルに入ってしまった選手もいるような。
女子の3+3が当たり前になってくると、こういうマイナスが多くなることはわかることはわかるんですが…。
SPのジャッジを受けてなのか、翌日のフリーでは、解説の荒川さんが積極的にそこに踏み込んでいました。
正しくできる選手がいる以上、厳密に判定することに何も問題ないように、理屈ではわかっていても、ここまで厳しいとフィギュアスケートのおもしろさ、スポーツとしての可能性を妨げているようにも感じました。
この件に関しては、代表発表翌日のインタビューで、こづがきっぱり話していましたね(あっぱれ)
まずは…大会によってジャッジの傾向が多少変わることはあっても、エラーの判定が大会ごとに大きく変わっては困る、「選手の身にもなってくれよ!」ってことですね。
ワタクシ的には「見てる方の身にもなってくれよ!」ってことで(笑)
以上。

全日本2位の宇野「まだ不思議な感覚」男女5選手が一夜明けて心境を語る
スポーツナビ2014年12月29日

フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

年の瀬の庭

2014年12月29日


時うつり月日つもれる程なさよ 花みし庭にふれる白雪
藤原為家 玉葉集

月日がたつのはなんと早いのだろう。
花があふれていた庭も、今は白い雪に覆われている。

暖かさと寒さ、喜びと悲しみ、いいこともあれば、悪いことを避けることもできない。交互に来るものという意味も込められているらしい。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

冬の小川

2014年12月29日


山里は冬ぞさびしさまさりける 人目も草も枯れぬと思へば
源宗于 古今和歌集

一気に気温が下がり雪が降り始める。
もの寂しく感じる瞬間ですね。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

全日本フィギュア2014 男子フリー それぞれの道

2014年12月29日
リザルト
スポーツナビ 

優君、初めての全日本、他ミスしても3A決まってほしかったですが、残念。まだまだこれから、成長を楽しみにしましょう。

刑事君、「椿姫」、実況でマッシモ振付と言ってくれる西岡アナ、グッジョブ。
4S転倒、3AOK、2F+2T…、腰を痛め練習不足のせいか、ジャンプにダブル止まりも多くなってしまいました。テクニカルがこうなると厳しい。
ただ演技としてはとても素敵でした。青年の一途な思いに貫かれていたように思います。ステップの音楽表現は、小刻みなステップも上体の伸びも音楽にぴたっとはまっている。
後半はかなりばてていたけれど、最後のコレオもかっこよかった。
演技後の悔しそうな顔、PCS68点でちょっと救われたかな。よくないなりにも総合8位(シニアだけなら6位)に踏みとどまれたことにほっとしました。
またがんばれそうです。

宮田大地、健ちゃんコーチはが憑依した「ブレイブ・ハート」なかなかよかったです。
佐藤ひろあき、時代物の迫力がかっこいい。印象的な演技になりました。

フェイ、「キング・アーサー」かっこいいプログラム、衣装がまたいいですねえ。
う〜ん、ジャンプが決まらない。PCSはそれなりにでました。課題はいろいろありそうな気がするけれど、コンパルソリーから…じゃないか?

草太君、青いワカメちゃん的衣装でローレライ、そうか海のナニモノかに引きずりこまれちゃうわけか?(妄想〜)
最初からとても大きく動けていますね〜。3Aは今回も決まらず。しかし他のジャンプはいずれも高くて確実。ミスがあっても並々ならぬ才能が感じられる14歳、いいねえ。

ショーマ、「ドンファン」カメラ目線で腕を振り下ろした時「うは!」って変な声がでちゃいました(笑)
4T決まった!クロスがセクシー、ターンを美しく描きながら3A、こらえて決まった!イーグルから3A+2T完璧。スピンは安心のクオリティ、ステップも濃厚〜、このねっとり感がたまらん…。
3連続も決まった。パーカションにぴったりはまる腕の振付が気持ちよくて「うは!」って変な声がでちゃいました(笑)
ジュニアにないコレオは変形イーグル他ショーマらしい動き。このあたりでかなり足にきた模様。最後の3F+3Tでつまづいたのが残念でしたが、そんなことよりすごかったんで(笑)
251点!

無良君、冒頭の怪人の雰囲気がすごくいいので、一気に引き込まれる。
4Tなんとか、4T+3T決めた!3Aも2本決まった。
ステップよかった。後半は盛り上がってくるところにもよく乗っていました。コレオの激しさが半端なく、無良君の意地を感じました。
ミスはあったものもいい演技だったと思います。ファイナルの時もそうなんですが、クワド2つ、3Aを2つ決めても、まだ表彰台に届かない。加点の取れるエレメンツ、PCS、まだやらなくてはならないことがたくさんありますね。
やってもらいましょう!覚悟決めたんだし。

ゆづ、4S転倒しても何事もなかったように4T完璧!
ステップがちょっとあっさりなんだなあ。そして後半からすごすぎ、3A+3T、3A+1L+3S、他3lzも完璧。いやはや羽生様すごいです。
オペラ座と言われると、ファントムというより戦士的、英雄的なんですが、だからなんだと、勝ちプロとして完璧じゃないかと(笑)
ひゃ〜技術点101.90!

こづ、顔つきが昨日と違う。4TはUR、ジャンプは危ない場面も多かったのですが、こづの華麗なスケーティングに見とれました。ちょっとうるさいと感じていたボーカルも、今日は思いの強さにシンクロしてよかったです。少し哀愁を帯びたこづに大人の男を見ました。
終えてガッツポーズ、信夫コーチも!

町田君、4T、2つ目の4T転倒、3A危なかった、いい時に比べるとジャンプが全体に不安定だったかな。3Aは1本、コンボが1つしかなかったのが得点的に痛い。
第九に全身全霊で立ち向かう、強い町田君が見られたのはよかっです。

ダイス、調子は良さそうだったんですが、気負いだろうか。4Sは2つ転倒、3A他、得点源になるジャンプが決まらなかったので得点はしょうがないかな。
終わって呆然とするダイスの表情が切ない。これがトップ争いですね。

終わってみれば、予想通りゆづの強さに圧倒された男子でした。
ショーマの輝きもすばらしかったですね。
予想してなかったこづの復活、今季は耐えるのみかなと思っていました。ワールドへの派遣、本当によかった。

そして…まさかの引退発表の町田君。
ずっと準備をしてきたんですね。今となるとインタビューの端々に、におわせるものがあったのかもしれませんが、まさかこの時点で…。
それなりに実力もあったけれどなかなか目が出なかった時期を経て、別人のように輝き始めた昨年、そして今季はあらゆるタイトルを狙う、そんなシーズンだと思っていました。でも彗星のように短く輝いて去っていくのも町田君らしいのかもしれない。
今は驚きばかりが大きくてなんと言っていいのか。ただ、それぞれの人生、精一杯考えた上のことだと思う。
春からは早稲田の院生、学業に影響ないくらいの範囲で、アイスショーなどには出演もしてくれる模様。
町田君の新しい門出を祝いたいと思います。

いやでも…びっくりだよ町田君、どうしていいんだか(汗)
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

全日本フィギュア2014 女子SP フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!

2014年12月28日
リザルト
スポーツナビ 

女子SPの3+3コンボは普通になってますね。

永井さん、2Aが1Aでノーバリュー、ほかが素晴らしいだけに残念。3Lzは本当に見事、スケートが優雅で大きい、美しいです〜。
58点はまずまずと言えるでしょう。

中塩さん、GPFの時よりイキイキしてる。ジャンプが高い、余裕ですね。
これはすばらしい。

松田さん、3Lo+3T、「ピアノレッスン」映画のニュアンスがあって素敵な演技です。
坂本さん、もう少し色気ほしいと思ってましたが、まだ14歳か〜(汗)
ジャンプが高い!
新田谷さん、ほぼパーフェクト。なんとも可憐で、応援したくなりますね。

わかばさん、3lz+3Tすばらしい。テンポの早い曲調にぴったりのスピード!加速していく…そしてトップスピードで高いジャンプ!きもちいい〜。
注目される中この演技すごいです。

遙ちゃん、ノーミス!…に見えたのですが。う〜ん厳しい判定(汗)
ステップはもっとできるはずなんだがなあ。
雅さん、ジャンプの判定が厳しかったのは残念ですが、スケーティングや表現がすごく成長しましたよね。単調だった上体の動きが女性らしい優しい動きになったし、メリハリも効いてます。
りおなさん、ちょっとジュニアっぽいけれど、よくがんばってます。独特の柔らかさが味わい深い。おもしろい。

パーフェクトに見えて得点が伸びない選手多数、岡部さんキビシイ(汗)
しかし得点が伸びる理由と伸びない理由を、解説陣が解説できていないもどかしさ!織田くんプリーズ!!!

カナコ、丁寧に、手足がきれいに伸びて美しい、よく動いていたと思う。完璧に見えましたが、スローだと回転不足が…しかし多少の減点はあったにしてもキビシイ。演技後の喜びとキスクラのショックな顔が…残酷で(汗)この時点で6位(SP9位)
個人的な好みですが、ブチブチのシースルー衣装はレベル1。このSPはクリスティーヌの無垢な美しさがテーマだと思うので、似合う似合わないは別として、こういうベテラン歌手みたいなデザインはだめだってば。

木原さん、17歳ですが大人っぽいタンゴ。すばらしい。全体に動きにキレがあって良かった。

宮原さん、軽やかで正確なスケーティング。とてもかわいくて、キラキラ感が増したんじゃないかな?
ジャンプがピシッと決まってつなぎの動作にスムーズにいく。密度の高い内容です。すばらしい〜64点。
ジャッジの判定がきびしいから…と荒川さん。
インタビューの顔つきが、主役に近づいてきた(意味わかるよね?)

西野!放送ありがとう!
所作もスケートも美しいです。キスクラに樋口さん!

本郷さん、ダイナミックなスケートに加え、華やかさが美しさが大会ごとに増していく!
最終滑走だし、緊張していたそうですが、ジャンプ、スピン、ステップどれも勢いがあってすばらしい、表現面でもぐいぐい惹きつけられました。いいですねえ。
出たPB66点(うぉって叫びが・笑)SP1位!

トップ3は納得ですが、遙ちゃんやカナコ、雅さんのあたりになると、何がどう悪かったのか?イマイチわかりづらいですね。4〜9位のカナコまで、ざっくり言って団子ではないだろか?違う?
織田くんプリーズ!
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

全日本フィギュア2014 男子SP ショーマすばらしい!

2014年12月27日
リザルト
スポーツナビ

実況はめでたく塩払い…良かった、良かった(笑)
中村アナはまだぎこちないのと「予定原稿」があるっぽいのが気になりますが、ポエムに進化しないことを熱望!(汗)ま、今のところ許容範囲です。
あと、以前からのことですが、バックヤードを細切れに挟むのと、女子アナの…私気を使ってます的なこっそり「様子伺い」が、煩わしい〜(この辺りは諦めてる)

早太君、うちのこけしが…あ、違う(汗)
TVだと細さが強調。3Aは1Aに、それでも今の男子は入れなくてはならない…と、言い切っていいと思う。1Aではありましたが、引きずることもなく他は完璧、素敵な演技だったと思う。
生で見るとスケールの大きさと優雅さ、品のいいスケーティングがわかるんですよ。

優君、またちょっ大人の体つきになった?
こちらの坊ちゃんも3Aが決まらない(汗)
表現すること、大きな動きができるようになってきたこと、一生懸命だけではなくて、やるぞ!見てくれ!って感じが見ているこちらに伝わってくるようになった。これからのことを思うと頼もしい。
キスクラに亜紀ちゃんだ!

ショーマ、登場から自信が見えますね。
美しい3Aでしたが、左足ついちゃったのか、残念。4T、コンボはすばらしい。数年前のジャンプの癖は全くない美しいジャンプですね。
スピンもいい、特にステップに惚れ惚れ。複雑で美しいエッジワーク、メリハリ、全身を大きく使ってエレガントです。私が大好きな上体を大きく反らすところを天井カメラにするなんてこのヤロー(怒)…スロー振り返りに横からがあったのでうれしい。
ショーマの音楽表現は本当にすばらしい。PCSはもっと高くても…上位陣に接近する得点でもいいような気がする。

ダイス、4S+2T!他パーフェクト!だったと思う。セカンドが3Tならねえ、そこがちょっと惜しい。でもここまでできて良かった。いい笑顔です〜。
ステップは情熱的で、気持ちのこもったものではあるけれど、ショーマのあとだと、少し乱暴に見えたかもしれない。

無良君、4Tはいいと思ったんですが、あ〜転倒。3A高い!
3Lz+3Tよっしゃ〜。4Tコンボのリカバリーとしてセカンド3Tなんですが、予定通りというくらい自然でしたね。
冒頭から最後まで、男性的な重厚感に貫かれていたところはとても良かったと思う。ステップは結果としてレベルを落とししまったのですが、曲調にあった躍動というか、ダイナミックでよかったです。
PCSはこの選手ならこのくらい…よほどのことがない限り決まってるっぽいのが歯がゆいのですが、音楽表現など、IN、CH、PEでもう少し評価が上がってもいいと感じます。

ゆづ、4T完璧、3A超美麗〜、3Lzでバランスをくずしセカンドは2T(タノ)。4Tと3Aは+3の加点!
スピン、ステップはレベル3。このプロのスピンは、体勢の変化がものすごく早いのが見所だと思いますが、その分リスクが高いんだろうな。とにかく次の姿勢に移るまでが美しく素早い、今回はレベル3でしたが、これできるのはすごいです。こういうところで時間をコンパクトにすることによって、つなぎも密に重層的に入れられるというメリットも。
ステップはゆづ比でちょっと荒っぽかったような、小憎らしいくらい(褒め言葉)キレキレのステップができると思うので。
後半にある3Lzのミスは、プログラムの印象としてあまり良くない…と思う。なので得点はやや高めと思いつつ、他の加点は納得なので妥当かな。

フェイ、何年か前の刑事君の衣装みたいだな。4T転倒扱い?3A転倒、3+3OK。スピンちょっと弱い。
う〜ん、なかなか厳しい結果ですが、スケーターとしての成長は感じました。
長いこと、アイドルっぽい見た目と彼らしいスケーティングと体の成長とかメンタルとか、そういうものがバラバラで苦労しているように見えました。本人が一番大変だったと思いますが。
そういうものが大人になるにつれまとまってきて、スケーターとして目指す方向が見えて来たんじゃないかな。

刑事君、腰を痛めて練習不足だったらしい(涙)3AはSO、3F+3T、2Lz。単独ジャンプは3回転以上のため2Lzはノーバリュー、ここが切ない(涙)「転んでも3回回れ!」ってルールですね。
個性的なプログラムがよく表現されていたと思う。ステップは情熱的で素敵でしたね。
失うものはない、フリーがんばれ!

こづ、4T転倒(DG)、3A、3LzSOでなんとか2T(シークエンス扱い)。テクニカルはもうしょうがないですね。
スケーティングは悪くなかったし、ステップもつなぎも雰囲気があって素敵でしたね。
ただ、なんだろな〜、なんとなく気迫が薄い、影が薄い…すまん(涙)

町田君、4T+3Tほかノーミス!ステップ、スピンの取りこぼしが得点的に惜しかった。ジャンプを何がなんでも成功させる!というところに集中していたせいか?
全体に気迫で押し通した感じで、余裕がなかった。あくまで高いレベルで見たときですが、作品見せるというよりは、とにかく気合いでジャンプ!って感じだろうか?
あと思いを伝える演技(今日の町田君)とプログラムを表現することは少し違うと思うんですよね。

全体を見た時、ゆづの1つ2つミスしてもリカバリー、隙のなさはすごいなと思う。
町田君はすばらしかったけれど、絶好調とはいいにくい。気迫でもっていった分、作品として少しどうか。あと取りこぼしがゆづとのダイレクトな差ですかね。
個人的にはショーマのPCSは相対的に見て、もう少し上でもいいんじゃないかな?

実況の中村アナが「ノーミスだったら、これ読もう」みたいな予定原稿っぽくて気になる。
あっこ姐さんも当たり障りないとこでコメントするので、個性がないというか、いる意味があまりないような気がする(ごめんなさい)

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

クリスマスオンアイス2014

2014年12月26日
クリスマスオンアイス2014

行ってきました、XOI2014、私が見たのは12/23夜公演、とても楽しかったです!
オープニング、チューブトップの真央ちゃんも、ロックンロール衣装のダイスケも、ジュベも…競技を離れアイスショーも久しぶりに見る彼らは、体もすっきり美しいスタイル…ジュベはほどよくがっちりですが(笑)
私の好物がそろって目移りしてしまいいそう(汗)

今回はクリス・ハートという、今が旬のアーティストががんがん歌ってくれてるわけですが、正直そっちに集中はできなかったなあ、ごめんねクリス・ハートさんよ。

セナ君、レインボーカラーのアフロでおどりまくる楽しいプログラム。おどって盛り上げるのがとにかく好き!ってのがよくわかる。

ジュベ、ショーバージョンのマトリックス。映画が好きだったこともありますが、今となると彼の競技プロで最も好きなプロかもしれない、感激です。
グリーンのレーザーで盛り上がる!映画と同じロングコートが超かっこいい!この衣装着られる体を維持していて、ちょっとほっとする(苦笑)
冒頭のシルエットから、でかい!と感じます(笑)ジャンプもドンっと着氷するのがジュベ。そしてもったいないくらい男前(笑)
長身でがっちり、日本人スケーターにはいないタイプですよね。今のルールは微に入り細に入り複雑で、一つ一つ積み重ねていかなくてはならない。彼のようにシンプルなスケーターが存在するのは難しいだろうなあと思ったり…。
マトリックスは何度か手直ししながら複数年使ったプログラム、トリノころのあれこれを思い出す、切ない思い出が多いかも。
そういえばこの頃のプロはニコライ振付でしたね。日本の、ダイスケがホストのアイスショーで、ショースケーター同士として、ニコライと顔を合わせる日がくるとは…。

ウィーバー&ポジェ、ジュベもでかいが、この二人もでかい、もちろんスケーターとしての格もです(笑)
彼シャツがエロいドラマっぽいプロ。至近距離で見るアンドリューの横顔…美男っぷりにクラっときそう。

織田君「アディオス・ノニーノ」すごく動きがいいです。そしてジャンプ!ちょっと曲がったかなと思っても、膝で柔らかく吸収、何事もなかったように下りてくる猫足着氷~。
引退した感じがしないです。それこそ織田君が復帰を考えても不思議じゃない。まあ、いろいろ考えると今の方がいいかなあ…余計なお世話か。

クリス 炎のマジック付き、現役引退したら日本とは疎遠になるものと思っていたら、こんなに何度も見る機会があるっていいですよね。

デニス「アーティスト」ショーバージョンに編集してありますが、このプログラムが見られて幸せ。
なんともいえない情感が漂う。やっぱりデニスのスケーティングはいいな。

あっこ姐さん「月の光」ランビ振付がとても新鮮。「月の光」はたくさんのスケーターで見てきたけれど、ランビらしい流れるような動きとあっこ姐さんのパンチのきいたスケーティングで、これまでにない「月の光」。月に捧げるダンスという感じ。
ツイズルこんなにうまいんだ~。衣装も髪飾りも素敵です。

イリヤ「ゴッドファーザー」このキャスティングで見ると、やっぱ大人~(笑)バタフライがでっかくて、ジャンプ並みの迫力。

パントン、リフトもツイストもスロージャンプもいちいち高くてびっくり。ピョンチャンで復帰の噂もわかるなあ。

ダイスケ「キャラバン」会場が一気にヒートアップ!
このプログラムのダイスケは、かわいいお色気があふれてる。そしてキラキラしてる。会場まんべんなく目線がくるので盛り上がるんですよね。お尻フリフリ、振り返り、指先ひとつ、ちょっとした仕草にいちいち会場が沸いてました〜みんなマメ〜(笑)。
リンクをかけまわるスケート、ふわっと跳ぶフリップも極上、スピンもエネルギッシュでいい。
FOIの頃の熱さ先走りから(苦笑)熟成されて、客のもてなし感、いじり感は増したかも?

真央ちゃんのゴスペル、実は生で見るのは初めてなんです。テレビ見るよりずっとダンサブルで素敵です。
真央ちゃんの踊り心、魂のこもったダンスがこちらにがんがん伝わってくる。生命力、パワーもありますねえ。なるほどこのプロはライブのためのプロなんだなあ。
はおっているショールっぽいガウンが効いている。とてもおしゃれで大人のプログラム。
------------------------------------------------------------------------
ダイスケ ホワイトクリスマス&MC
幕間という雰囲気で始まる冒頭。曲に合わせたシンプルな振付なんですが、こういうシンプルな振付だからこそダイスケのスケーティングの美しさがよくわかる(親ばかです)。優しい笑顔がまたいい~ずっと見ていたい。
で、MCとしてはカミまくり…何しゃべってんのかわかんないところも多数、クリスさんに助けてもらう始末(苦笑)この不器用さのギャップがまさにダイスケ(笑)

後半はクリスマス&クリスマスにいい感じのメドレー。
出演者も会場もみんなでクリスマスのいい時間を紡いでいく、興奮の場面も多々ありますが、いい雰囲気でした。
出入り口付近では、ダイスケ、織田君、ケイトリン、デニス、などなど時々いろいろな人が顔出して、曲にあわせて踊りまくったり、写真撮ったりしてました。

ウィーバー&ポジェ「サウンド・オブ・ミュージックメドレー」一部のリアルな恋愛っぽさから一転、衣装も曲も王道、二人とも長身ってこともありますがスケールが大きい、そして優雅、素敵です。

アナベル&ニコライ・モロゾフ、事前に知っていたとはいえ、ほんとに出てきた!って思う(笑)元アイスダンス選手とわかっていても不思議な感じですよね。
サンタの帽子を忘れたのか、わざとなのかは知らないけれど、はじめから顔出し、ニコライの満面の笑みがすごくてですね(苦笑)アナベルはかわいくて、ニコライは当たり前ですがコーチの顔とは全く違います。ショースケーターの顔、いやでもパートナーは娘ちゃんだし、ほんとにうれしいんだと思う。
日本以外でもショースケーターはしてなかったと思いますし、どういういきさつで出演が決まったのだろう、そのうち明らかになるかな。

パントン「エンジェル」もう何度も見ているエンジェル、またかよと思うのですが、ラブラブなエンジェルは二人にぴったりで、何度見ても見入ってしまう、飽きない。

真央&ダイスケ「クリスマス・イブ」
淡いピンクのドレスも白いコートも真央ちゃんの清潔感と気品を引き立てている。そしてかわいい!かわいい!かわいい!…(以下エンドレス)
スケートには大人の女性らしさがでてきたなあと思う。
で、ここに登場する恋人ダイスケはブルーグレイのシャツ(ソチのEX衣装かな?)と白いパンツ。さわやかな王子っぷりが板についてきたような気がする。
色気がないカップルみたいに言う方もいますが、そんなことはないと思います。さわやかな中にもカップルらしさ、つうか真央ちゃんを見つめるダイスケの優しい顔が印象的でしたね。リフトなど二人が組むところにぎこちなさはありますが、真央ちゃんを引き立てるエスコートぷりはとても良かったと思います。
二人の醸し出す幸福感で会場が満たされる、このショーのトリです。

エンディングは全員冬らしい白の衣装。ダイスケの白はとても似合っていました。場面場面でカラーを変えることができるダイスケの幅の広さを改めて感じます。
フィナーレで、なんか遅れてうろうろしてるあの人は…ジュベか(汗)ジュベの白も似合っているんですが、どう見ても普段着な白で、ジュベらしい(笑)
リンクに降る真っ白な雪がきれいでした。
------------------------------------------------------------------------
千秋楽のサプライズは、なんとダイスケが、cobaさんの生演奏で「eye」だったとか、見られなかったのは残念ですが、いつか生演奏で…と願っていたことでもありとてもうれしいです。
あとはBSでも放送されますように。

今回の公演にモロゾフ親子がショースケーターとして登場したことは、私にとってもサプライズ。ショーと言いつつ、ほんとの目的は「営業」じゃないの!?と突っ込みたい私。
…というか私はツッコミ先としてニコライが大好きなんで、もっと来て来て!(笑)
ソチが終わり、ちょっと休みたいとかなんとかいう噂がありましたが、一区切りの今だからできたことかもしれませんね。
インスタのバックヤードの写真にはダイスケや荒川さんとの写真もあったり、ニコライに関わった人はたくさんいるんだなあと。どれもすごい笑顔(笑)

報道以外にも、出演者がインスタやTwitterにバックヤードの様子をたくさんあげていて、見るのも楽しい。
会場には荒川さんや長光コーチ、他ご家族やら多数いらしたみたいですね。
いいこともそうでないこともたくさんありましたが、今日ここで楽しくショーを見ることができる幸せって感じだろうか?
もちろん私たちファンもです。
フィギュアスケート | Comments(8) | Trackback(0)

まもなく全日本フィギュア2014

2014年12月26日
第83回全日本フィギュアスケート選手権大会
2014年12月25日~28日 
リザルト
スポーツナビ 
フジテレビ 全日本フィギュア2014

まもなくですね〜。
私はTV観戦ですが、みんな力を出し切れますように。
時間もなくて予想はしませんが、私の個人的希望ベスト10(順不同)

●羽生様300点越え(世界をもっとビビらせろ!)
●無良君ワールド派遣(個人的に今季のベスト・オブ・オペラ座)
●本郷さんワールド派遣(まぐれじゃないこと見せつけて、世界に羽ばたけ)
●ショーマの活躍(好きです)
●刑事君、最終グループ入り(すごく好きです)
●カナコのフリーがうまくいきますように。
●わかばさんの活躍(みどりの再来)
●永井さん、最終グループ入り(スケーティングと美貌を世間に知らしめろ)
●アイスダンス、カナヒロが放送されますように。
●コーチのおもしろリアクションがたくさん見られますように。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

12月23日の上野公園

2014年12月25日


雪がどんどん降り続く場所からやってきたので、日差しがまぶしい。
朝のうちはちょっと寒かったけれど、ぽかぽか陽気と言っていいくらいでした。


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

南天の赤

2014年12月24日


冬の赤い実といえば南天。
葉も赤っぽくなりますが、この南天の葉は特に鮮やか。実も葉も真っ赤で赤い茂みになっていました。

2014122202.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

雪と山と空

2014年12月23日


日曜日は久しぶりに青空が広がりました。
遠くの山は雪を頂き、冷たい風が吹いていました。

2014122206.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

蓮の池、冬

2014年12月23日


蓮の葉は手をすぼめるように閉じて枯れていきます。
なにか、大きな木の実のように見えますね。
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPF2014 男女フリー

2014年12月22日
お詫び
Twitterでつぶやいたのですが、ファイナル直後にアップした男女フリーの記事をアップ、いつの間にか削除してしていたことに今日気がつきました。(汗)どのくらいの期間こうかいされていたかは不明。
とりたてて変わったことは書いてなく、まあしょうがないかなと思っていましたが、書かないことでかえってご心配をおかけしてしまったようで(汗)ファイナル楽しみましたよ。
今回は下書きのデータがたまたま残っていましたので、再アップします。

●女子フリー
アシュリー、すばらしかったです。3F+3T他、3連続にちょっとマイナスがあった以外は、全てに加点がつく内容。スピードとメリハリ、美しくかっこいい。
このフリーは忙しいばかりでどうかな?と思っていたのですが、今回は納得。ドラマチックな世界を表現豊かに…そうこのプログラムは大人の女性アシュリーの表現力があってこそなのなのだなと思う。恋愛の切なさ、喜び…そういう感情が怒涛のように押し寄せてくる。

本郷さん、スペインでカルメン、これは運命だってば(笑)
ノンプレッシャーとはいかないか…不安や緊張があったかな?いい時に比べると全体におとなしかったような。
見た目の大きなミスはなかったけれど、回転不足やe、こういうのがキツイですね(汗)コレオはもっと魅せられるのに!…ここ特に残念。
ただファイナルの舞台で見劣りするような内容ではないし、健闘したと思います。キスクラやインタはちょっと切ないけれど、また戻ってきてほしいです。そういう力あるから!

ポゴリラヤ、火の鳥、手足の長さが生きてまよね。ここにきて表彰台狙うには致命的なミスが…。まさかのスピンでよろけたりして、勢いがないし、具合が悪いのかもしれない。
大人の女性に変身するというテーマだそうな…そうなんだ。強気が弱まった分なぜか女性らしさが…個人的には、シーズンはじめの強気で冷酷そう、色っぽいのになんだか無表情の火の鳥が好きなんだなあ。

ラジオノワ、新衣装は妖精っぽい、すごくかわいらしいのですが、子ども服に戻ったみたいで、今のポジション(地位)からすると逆行してるような気もする。
優勝候補でSP3位、この状況からここまでできるのはほんとうに強いです。
とにかくよく動いてる、コレオの笑顔が素晴らしくて、見ているこちらもうれしくなってくる(笑)

ユリア、できるのはわかっているので、メンタルの問題なんだろうなあ。
2A他、ジャンプが前のめりになっていて全体に不安。
織田君の解説がわかりやすい。転倒より抜けが多かったのが得点的に致命的でしたねえ。
ステップやつなぎはどんどん上手くなっているんですが。

リーザ、今日もあふれるカンロク!17歳!参りました!
すべてのジャンプに高さ、飛び上がる勢いがすごい、バネが強いっていうか。そしてしっかり着地。後半に3T+3T!
とにかく押し、俺様を見ろ的なオーラがすごいな(笑)ミーシン→プルさん→リーザで、なにか受け継がれいるにちがいない(笑)
めくるめくリーザの迷宮〜。かないませんな〜(笑)
200点越えのSBで優勝、おめでとう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●男子フリー
無良君、4+3T決まった!4T決まった!3A、3A+2T、3L抜け、3連続でミス、ミスがあったとはいえ、悪くない内容です。男らしく、パワフルなファントム、コレオもスピードがあってかっこいい。
そして4Tを2つクリーンに決めても上位にはまだ遠い、ハイレベルです(汗)
不安があったようですが、ここまでできたのは大きい、あとはレベルやつなぎの密度など細かい積み重ねかなあ。

ハビ、今日は勢いが違う。4T、後半の4S決めた。ミスも少なからずですが、決まったエレメンツの加点は大きい、ジャンプの前後のつなぎが密なんですよね。
華やかで明るくて、見ていて楽しいハビ。らしい演技ができてよかった。総合2位まで盛り返しよかった。スペイン的にもおめでとー。

(予定ではではなくて)今回実行されたエレメンツのVBは、無良君、ハビ、ヴォロノフはほぼ同じ75点でも、無良君とハビは7点差、PCSは10点の差!PCSでは無良君よりヴォロノフが上(汗)そこらへんをどう底上げするかが無良君の課題ですね。

ヴォロノフ、ちょっと荒っぽいけど、ワイルドってことで(笑)
彼に安定感という言葉がつけられる日が来るとは…お見それしました。
昔はステップは苦手なんだよな的な、こうしてああしてみたいなステップでしたが、今日はすごく楽しそう。会場も湧きましたね。
そして…ついに表彰台ですよ!おめでとう!

コフトゥン、力入りすぎたか、噛み合わない場面が多かったののが残念。クワドは1本だけ。得点が極端に悪いわけではないのですが、これではまだまだなファイナルなのじゃ。
確実に力はつけてきているんで、これからですよね。

町田君、コンディションは最悪だった模様。
4T転倒、4T2つ目はお手つき、3Aはシングル、2つ目の3A転倒、大技全てにミスがあり、コンボは不完全な1本だけとなると得点は望めないですね(涙)
見せるというより、格闘した感じ。よく滑りきったと言うべきか、この状態を晒すのは本人にとってもしんどいだあろうなあ。

ゆづ、いや〜すごいです!羽生様。
3Lzの転倒はご愛嬌と言ってしまっていいでしょう、他完璧だし(笑)4S、4T、後半2つの3A超美麗〜。
スピンも入りから複雑ですばらしい。冒頭のダークな雰囲気がいい。
ちょっと贅沢言えばステップとコレオが穏やかかな、ちと物足りない。いやでもここまでやるのはすごいですね。
あはは、実況浮かれすぎ(笑)

選手それぞれ、いろいろ波乱がありましたが、ハビとヴォロノフの表彰台はめでたい。
しかしなんといっても、羽生様のモチベーションですかね、すごいのは。
ショーマ様も加わり、どうなる全日本!
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

晴れ時々曇り、山沿いでは雪

2014年12月22日


晴れ間が見えたと思う間もなく、灰色の雲が覆い雪が舞う。
冬の天気なんだなあ。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感 年末年始も忙しい

2014年12月20日
まもなく全日本ですが、日本では明日から年末年始怒濤のショーラッシュです。
あれもこれもとはいかない小市民のワタクシですが、ショーによってはTV放送もあるし、動画サイトもあるしで、いい時代と言えるでしょう。

ところで動画と言えば、まずこちら!
もんげー岡山!presents「高橋大輔から君へ」 Message from Daisuke Takahashi
もんげー岡山!PRサイト
ファンとしては、冒頭見ただけでひっくりかえりそうになりますね。
なんだかね、泣かされますね。ナレーションもダイスケ、声が優しいのでまた泣ける。

引退してもイベントなどで忙しそう、元気そうな様子がわかりますね。
気持ちはいろいろ変化していくと思いますが、なんとなく未来に向かった言葉になってきたように感じられ、そのことがうれしいです。
------------------------------------------------------------------------------------
日本・スイス国交樹立150周年記念のアイスショー
ランビエール、高い芸術性をショーに具現 観客を酔わせる

記事と動画(ダイジェスト)
あっこ姐さんの「月光」が素敵だ!これ見ると、現役時代にランビに振り付けしてもらいたかったなあ。

動画こちらもあります Ice Legends 2014 (ホームビデオ撮影)
真凛ちゃんの「マダム・バタフライ」はお気に入りプロです。
------------------------------------------------------------------------------------
クリスマスオンアイス2014
高橋大輔、浅田真央、織田信成、鈴木明子、イリヤ・クーリック、デニス・テン、ブライアン・ジュベール、クリストファー・ベルントソン、チン・パン&ジャン・トン ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ 青木祐奈 三宅星南/ クリス・ハート
12月21日(日)~24日(水) 新横浜スケートセンター

さあ、いよいよ明日から!ニュースは今夜からばんばんきそうですよ!
真央ちゃんの出演で、マスコミの取り上げもでかいはず。
ダイスケと真央ちゃんのコラボも楽しみです。
------------------------------------------------------------------------------------
名古屋フィギュアスケートフェスティバル 2015
2015年1月6日(火)日本ガイシアリーナ
小塚崇彦 無良崇人 村上佳菜子 本郷理華 宮原知子 高橋成美・木原龍一(木下クラブ)  安藤美姫
ほか地元ジュニア・ノービス選手が参加
------------------------------------------------------------------------------------
メダル・ウィナーズ・オープン2015
2015年1月16日(金)国立代々木競技場第一体育館
●男子シングル
エフゲニー・プルシェンコ(2002~2014 オリンピック4大会連続メダリスト)
エヴァン・ライサチェク(バンクーバーオリンピック 金メダリスト)
ジェフリー・バトル(トリノオリンピック 銅メダリスト)
ジョニー・ウィアー(2008世界選手権 銅メダリスト)
本田武史(2002,2003世界選手権 銅メダリスト)
織田信成(2006四大陸選手権 金メダリスト)
●女子シングル
ジョアニー・ロシェット(バンクーバーオリンピック 銅メダリスト)
イリーナ・スルツカヤ(トリノオリンピック 銅メダリスト)
安藤美姫(2007,2011世界選手権 金メダリスト)
キミー・マイズナー(2006世界選手権 金メダリスト)
サラ・マイヤー(2011欧州選手権 金メダリスト)
ラウラ・レピスト(2010世界選手権 銅メダリスト)

コンペ仕様の採点なら織田君ぶっちぎりかなと思いましたが、ショー的な側面が強いようなので、そうなるとプルさんのオーラにノックアウトかな?(苦笑)
それにしても、ライサ、ジェフ、ジョニー、キラ星のようなスケーターが!(本田忘れるな!)
女子はジョアニーが強そうかな?
久しぶりのラウラ見たい、放送あるといいなあ。
------------------------------------------------------------------------------------
スターズ・オン・アイス2015
大阪公演/2015年1月10日~1月12日 なみはやドーム
東京公演/1月17日 〜18日  代々木体育館
[出演]高橋大輔 / 鈴木明子 / メリル・デイビス&チャーリー・ホワイト / テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー / エヴァン・ライサチェク / パトリック・チャン / ジョアニー・ロシェット / キミー・マイズナー / シネイド・ケアー&ジョン・ケアー / ライアン・ブラッドレイ / 他
[ゲスト]浅田真央 / 織田信成 / 宮原知子 
※大阪公演のみ/無良崇人、高橋成美&木原龍一

チケットも高いですが、キャストも豪華!ツアーメンバーにダイスケとあっこ姐さん。

カロリーナ・コストナー選手からのメッセージ
出演辞退となってしまいました。彼女が巻き込まれた出来事が一刻も早く解決するよう願っています。
問題については、chicconeriさんのブログNotte sul ghiaccioに詳しいです。
彼女を疑う人などいないと思うのですが…。
イタリア氷上スポーツ連盟 カロリーナ援護声明訳
------------------------------------------------------------------------------------
かながわフィギュアスケートフェスティバル2015
2015.1月23日(金) 〜25日(日) 銀河アリーナスケート場
神奈川県スケート連盟所属ジュニア&ノービス スケーター
織田信成 本田武史 村主章枝
エフゲニー・プルシェンコ ブライアン・ジュベール ステファン・ランビエル トマシュ・ベルネル カロリナ・コストナー

豪華だ…豪華すぎる!(汗)
ジュベもいいけど、ランビが見たい。
チケットはまだあるようですが、SOIにいくことにしてしまったし、こちらはパス。
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

黒い実

2014年12月20日


真っ黒な房状の実は人差し指くらいの大きさ、草丈は1〜2m、ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)だと思う。
夏に赤い茎と濃い紫の実をつけた派手な見た目なので夏草の中でも目立っていました。
山菜の漬け物などにある「山ゴボウ」はアザミの仲間で全く別の植物、ヨウシュヤマゴボウは北アメリカ原産の帰化植物で有毒らしい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

春の準備

2014年12月19日


寒さはこれから本番だというのに、ジンチョウゲにはたくさんのつぼみがついている。



こちらは観賞用のアーティチョーク、雪にも寒さにも強いのでほったらかしでも大丈夫。
それにしても毎日寒い。日陰の雪が消えません。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

冬の柿、干し柿、あんぽ柿

2014年12月18日


色彩の少ない冬の景色で、点々と目立っているのは渋柿のオレンジ色。
昔は冬の大切な保存食として干し柿が作られていましたが、今はお菓子でもなんでも手に入る時代、干し柿を作る人はまれで、趣味の領域かもしれませんね。
ここが福島で放射能が心配という以前の話ですよ、念のため(苦笑)



こちらは我が家の甘柿、たくさん食べましたが、今年は豊作すぎて食べきれなかった。
このまま木に残った柿の実は、冬の間、野鳥の食料になります。

我が家付近の渋柿は自家用の干し柿が目的で植えられたもので、たいてい干しっぱなしで、固くしまった干し柿になります。私はそれほど好まないのですが、それが懐かしいと喜ぶ人もいます。
地方の産品として売られている高級な干し柿「あんぽ柿」は柔らかくジューシー、生産過程からして別物ですね。
福島県北部の伊達市は、昔からあんぽ柿の有名な産地でした。
ご存知のように原発事故により、伊達のあんぽ柿は生産中止、自粛を余儀なくされていましたが、昨年から徐々に生産が再開されてきました。木の除染や何重もの厳しい検査を経ていますので、安心して召し上がっていただきたいなと思っています。

あんぽ柿味わって 伊達市など東京でPR活動 2014/12/18 福島民報

伊達市が日本一の生産を誇るあんぽ柿
あんぽ柿 - みらいのフルーツ - JA伊達みらいのホームページ
あんぽ柿 - JA全農福島/JA全農福島オンラインショッピング
∼ あんぽ柿の産地再生、3年ぶりに加工再開 ∼

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

雪の日

2014年12月17日


写真を撮っていたのは日曜日、本格的な積雪はこれからですが、すっかり冷え込み、猫はこたつで丸くなっている日でした。
猫じゃらし(エノコログサ)にはいい感じに雪が積もり、握り寿司のよう…あれ、この場合、雪がご飯かな?逆握り?意味不明〜(笑)

2014121402.jpg
こちらはセイタカアワダチソウ。
これくらいの雪はすぐ溶けてしまうのですが、この日はとにかく寒かった。


すすきの原っぱでみつけたのは、たぶん高砂ユリの種。


この時期になると、すすきはすっかり色が抜けて黄色に。
意外と明るくて「枯れススキ」というわびしさはないと思うんですが、どうでしょう。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

吾妻山の火山活動

2014年12月16日
私にはなじみ深い山、吾妻山の火山活動が活発になり、警戒レベルが1(平常)から2(火口周辺500m規制)へ引きあげられました。東日本大震災後、やや活発化した火山が全国にあちらこちらにありますが、吾妻山もその一つです。
警戒されている火口周辺に人家はなく、この地帯を通るスカイラインは冬期閉鎖中、もっとも近い温泉まで直線で4km、ですので現時点で危険は考えにくいといえるでしょう。

吾妻山に火口周辺警報 噴火警戒レベル2に 12月12日 NHK
吾妻山火口周辺を規制 警戒レベル2 2014/12/13福島民報
気象庁は12日、吾妻山(福島市、山形県)で小規模噴火の可能性があるとして、火山活動の程度を5段階で示す噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)へ引き上げた。火山性微動が発生し、火山性地震も増加しており、活動が活発化していると判断した。
 気象庁は、一切経山の大穴火口から500メートルの範囲では噴火に伴い飛んでくる大きな噴石への警戒を求めた。この範囲に居住地域はなく、付近を通る道路も冬季閉鎖中だが、風下側は降灰や小さな噴石、火山ガスへの注意も必要とした。

動画ニュース
吾妻山で火山性微動観測 大穴火口から半径500mの範囲で警戒(福島14/12/12)
吾妻山に火口周辺警報 噴火警戒レベル2に NHK

浄土平・吾妻山 スタッフブログ 吾妻山の噴火警戒レベルが2に。2014.12.12

[吾妻山火山防災マップより一部抜粋]
-----------------------------------------------------------------------------------
吾妻山とは、福島県福島市西部から山形県米沢市南部の天元台の山々を総称した名称です。
そのひとつ一切経山に、私は今年の夏に登っているんですよね。絶好の登山日和でした。
上の航空写真で見ると、黒い点線が登山道、浄土平登山口から、警戒されている大穴火口の左を通り、一切経山に向かうルートです。
このあたりはずっと噴気が上がっている状態で、気にもしていなかったですが、火口のすぐそばを通る登山道は数年前から立ち入り禁止になっていました。
レベル2だともう登れない、残念だけれど、今年登っておいてよかったとも思います。

以前の記事 一切経山と魔女の瞳 2014年08月04日
2014072615.jpg
一切経山、頂上からの景色。五色沼(裏磐梯の五色沼とは別)、通称「魔女の瞳」

四季折々の自然が楽しめ、眺めのいい山です。
福島市内からもよく見え、福島市のシンボルでもあります。
-----------------------------------------------------------------------------------
福島県の吾妻山が噴火警戒レベル2に引き上げ 火口周辺警報が発表 ねとらぼ
火口から500m、人が住む場所までだと4kmまでがわかる図
福島市吾妻山火山防災マップ(PDF)
すごく詳しい、見るの大変なくらい(汗)

トレッキング | Comments(0) | Trackback(0)

師走の雀

2014年12月16日


12月は慌ただしい。
雀も忙しそうだ…なんとなくそう見えてしまう(苦笑)

2014121405.jpg

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

淡雪

2014年12月15日


少し揺らしただけで飛んでいってしまうたんぽぽの綿毛に、そ〜っと粉砂糖を振りかけたように雪が乗っていました。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPF2014 ジュニア男女フリー ショーマがすごい!

2014年12月14日
Starting Orders / Results

●ジュニア女子フリー
ソツコワ、SPもフリーも彼女の衣装は個性的なんだけれど、品よくかわいい。
3F+3T他コンボは3本、スピン、ステップもまずまず。悪くない演技、間違いなくそういえるのですが、上が強すぎた(汗)
ムーリバーのちょっとさみしげな感じがよく出ていました。

永井さん、王道の美しい演技でした。大きなミスは2つめの3Lzと3Lo。あとは本当に良かったと思う。3Lz+3Tすばらしい!2A+3T+2Tも決めた!ここまでやっても総合5位(汗)とにかく上位が強すぎて。

わかばさん、すごいスピードでやってきて、ぽぽ〜んっと跳ぶ、見てて楽しい(笑)このワクワク感、スポーティな魅力はロシアの選手にはない個性なので、大事にしてほしい。
3Lz+3T、2A+3T、目立ったミスは3Fのコンボくらい、パーフェクトではありませんでしたが、とても素敵でした。

サハノヴィッチ、3F+3T、後半に3Lz+3Tが入る構成。あちこちぐらつく場面もありますが、難度をあげる工夫でクリア…っていうか、タノ、タノでちょっとわずらわしい。ここまでやるとワンパターン。
TESはわかばさんとほぼ同じですが、PCSで2.5点くらいの差。
正直いえば、ジャンプのクオリティなど、私はわかばさんの方がずっと素敵に見えました。

メドベージェワ、3F+3T、後半に3Lo+2T+2T、2A+3T、すげ〜。
しかし、こちらのお嬢さんもタノタノしてちょっとね(汗)
3Sがちょっとミス、VB59.69に加点ついてTES67.28でトップに。

メドベージェワ、サハノヴィッチもそうですが、後半にコンボも入れてジャンプ5本、そしてタノ!加点のためならなんでもやる姿勢がすごい。そしてやりきっているのもすごい。ただプログラムのおもしろさ、作品としての見所という意味では、ちとしらけるかも(汗)
解説がミノルなら「どうも、タノ・ミノルです」とか言っちゃうかもよ⁉︎
ボイタノの昔話を長々しちゃうかもよ⁉︎(いない、いない)

6人を見て、1〜3位は同率くらい、わかばさんが優勝でもいいと感じる。永井さんはミスの分がおおきかったけれど、PCSが1番でも驚かない。
---------------------------------------------------------------------------------
●ジュニア男子フリー
ペトロフ、衣装がなんだかよくわからないのと、曲のアレンジがよくわからないのと…。
危ない箇所もあったけれど、まとめました。ただ、プログラムの「押し」みたいなのを伝えるには少し物足りないような印象。もっとできたはず…という表情でしたね。
まだまだこれからの選手、端正な滑りは好感。

ショーマ、フリーで3A2本はまだ先だと…自力で勝つとしたら4T2本の構成かな?場合によっては3Aなしで…と思っていました。
ジャンプの調子次第で構成を変えるということだと想像しますが、今回は3A2本…!4T1本、いや〜攻めてます!(喜)
そしてノーミスで加点もがっぽり10点!TESは89.92、ジュニアとは思えないすごいことになりました。マイナスもなく、後半のジャンプに加点、スピンもステップもほれぼれですね。こうした積み重ねがTESなんですよね。
ショーマのジャンプは高さがあまりないのが気がかりだったんですが、そうか、スピードと飛距離なんだなと(今頃かよ!自分)
そして、テクニカルだけでなく、スケーティングや表現面でもおろそかにしないのが、ショーマのすばらしいところです。深いエッジと美しい足さばき、吸い付くようなスケーティング、深い音楽表現、そして今季の上半身の表現は格段の進化。ステップは色気もあるけれど、今回は気迫と熱を感じました。
得点ということより、PCSでは他のジュニアに比べて差があってもいいように感じていたので、今回のPCSはうれしいです。
238.27はジュニア最高得点更新だって!ジュニアの得点とは思えない(笑)
本人も大満足の演技、いいもの見せてもらいました。ありがとう。

ボーヤンのちょっとすっとぼけた無表情が、わりとツボって人も多いような気がする(笑)誰かに似てるとずっと考えていたんですが、ワタクシ的にはこちら…UTAMARO!
ohkubie02.jpg 2014ジュニアワールドSP後のボーヤン

ボーヤンのフリー、なんか起きたのか、ショーマのあとで動揺したのか?
こんな日もあるさ…という風にしか言えない。
大技決まらない上、ザヤってしまうという(汗)転倒3で後半はかなりばててました。
スケーティングもがんばってますが、ジャンプを決めてこそのボーヤン、そのためにフリーはランが多くなってます。つなぎは「ここでこうして…」的な感じ、ショーマのあとだとなおさら。
まあでも、フリーでクワド3本できるのは知ってますから(笑)ジュニアワールドではリベンジに燃えるでしょう。

草太君、冒頭3Aが入らなかったので、SP良すぎてフリーで失速=このまま順位下げるパターンか?と思いました(汗)しかし勝負はここから、そのあとノーミスのすばらしい演技!
思えば全日本でもそうでした。うちのこけしそっくりでも、ミスがあっても引きずらない、この若さですごいかも。
まだまだジュニアな雰囲気ですが、癖のないジャンプとスケールの大きいスケーティングは、将来性という意味で頼もしいですね。
キスクラで、順位を2度見する成瀬コーチがおもしろい(笑)

草太君をその他のジュニアから(すまん)認識したのは今年、うちのこけしそっくり!と思ったから。参考画像はこちら。
20_4010919_1692_1.jpg 山本草太(日本スケート連盟)
今後こけしを握り締めながら応援しなくてはならないのか?と一瞬思いましたが、あっという間に美男に成長するはずなのでたぶんこけしは必要ない(笑)

とにかく、ショーマがすばらしすぎてぼーっとしてしまいますね。
ボーヤンの失速ということもあるけれど、草太君の総合2位は勝ち取ったと言えます。ペトロフ君もがんばりました。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

GPF2014 男子SP

2014年12月13日
Starting Orders / Results

地上波見ながら感想書いてます。織田君がすごく熱いので、シューゾーいらん。
半分進んでも本編始まらない、相変わらずの番組構成。ハビの紹介に恋人ネタが出てこないだけまだマシか?(苦笑)

ゆづ、うわ〜すばらしい4T!3A&イーグルも完璧。コンボの転倒が残念でしたが、スピン、ステップもよかったですね。スケーティングも年々洗練されてきていて、特にSPは緩急つけたつなぎが熟成されてきたように思う。ステップはレベル取りに終始する選手も多い中、ゆづしかできないような独特の世界があって見所。
ただ、コンボは転倒、回転はともかくコンボの印象がクシャっとしてしまったので、90点越えか…という気はします。PBが100点だからそれくらい当然と言われれば、まあそうなのか?って気もする。

個人的に感じるのは、そのときどき…ジャッジはこうあってほしい理想の選手には(もちろんすごい選手たちにですが)惜しみなく得点を「出したくなる」のでは。そのときどき、ヨナはんであったり、パトちゃんであったり。出したくなる選手、理想の選手。それが今は、ゆづなんじゃないだろうか?

ヴォロノフ、4T+3T含めパーフェクト!気迫のこもった演技です。すばらしい。
ゆづの後だとスケーティングの差がちとつらい(汗)でも、得点の低さにブーイングはわかる。

無良君、気負いすぎだろうか?4T転倒、3Aは素晴らしい高さ。コンボのセカンドでバランスが…。ステップは力みすぎかな、逆に雑になってしまったかも。
得点は厳しいものになりましたがしょうがない。想定内でもあるかも。これが大きな舞台ということかもしれない。

町田君、朝は調子が悪かったらしい。
4T+3Tから、4Tはすばらしかったのですが、セカンドでバランス崩したところがありました。そこだけ、あとはノーミス。町田君のスケーティングも日々進化していると思う。
悪くない得点ですが、得点そのもではなく、ゆづとそんなに差があるかな?という気はします。

ハビ、公式練習は絶好調…すごく期待してたんですが(汗)
ジャンプ全て不完全という信じられないミス連発。これをプレッシャーというのだろうな(汗)
ハビに似合うかっこいいプログラムなんですが、残念。

コフトゥン、最初どうかなと思っていたボレロが、だんだんと馴染み、深みを増してきたように思う。スケーティングが力強くなって、リンクで体が大きく見えるようになってきたのもよかった。
4Sコンボのセカンドでバランスが、4Tおっけー。3Aオーバーターン。ミスはありましたが、SPにクワド2本が標準装備ってすごいと思うよ。
もうちょっと出ると思ったっぽいキスクラ〜。

みんなフリーもがんばれ〜。
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

薄雪

2014年12月13日


寒い朝になりました。
夜半にうっすらと積もった雪が朝日に消えていきます。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »