火星をめぐるあれこれ

2015年02月26日
宇宙関係のニュースはたくさん出ており、気になるニュースも多いのですが、追いきれるもんではないですね〜。ひとまず火星関係でいろいろあるので、まとめてみました。

マーズワン、火星移住の「片道切符」候補者100人を発表 WIRED.jp-2015/02/20
火星移住計画を主催しているオランダの民間非営利団体マーズワンは、20,000人の応募者から選抜された100人の男女「Mars 100」を発表した。日本生まれの女性も動画で紹介。
今後の選考で、「最高で」24人の候補者に絞られる。
2025年までに有人飛行を行うというマーズワンの計画が、現在のペースで達成するのかについては不明だ。CNNは2月18日付けの記事で、マサチューセッツ工科大学(MIT)が行った詳細な分析を挙げている。マーズワンの火星移住計画がいかに不完全なものであるかを示すものだ(少なくとも現在発表された内容によれば、窒息事故など、予算に満たないロケットの危険性は非常に高い)。


火星移住はSFの世界、遠い未来と思っていましたが、かなり具体的なプランが出ているんですね。
マーズワンのプランの最大の特徴は片道切符、文字通り「移住」。ぶっちゃけ地球と行き来するのが理想だと思いますが、そこまでの技術と資金力はない…しかし待っていてはいつになるかわからない。
片道なら何とかなるかな?行けるなら今のうちに行っちゃう?…みたいなノリだと思います(汗)
こんな見切り発車な移住計画は、本当に実現できるんかい!?
そんなリスクばかりの移住計画に20,000人の応募者が!いやはやイカレた方がたくさん(笑)100人の中には、メキシコ在住の日本人シェフの女性も、元気で好奇心おう盛な普通のおばさんなんですね〜。

「究極チャンス」挑戦者の思い 火星「片道移住」候補100人選定 2015.2.20 00:01サンケイ
exh1502200001001-p1.jpg
火星に着陸する米宇宙ベンチャー、スペースXの宇宙船や居住施設の想像図。オランダの民間非営利団体「マーズ・ワン」だけでなく、スペースXも地球から火星に8万人を移住させる計画を進めている(スペースX社提供・共同)
---------------------------------------------------------------------------------
「火星の有人探査」日本も参加へ なぜ人類は赤い惑星を目指すのか? The Huffington Post2014年06月02日
世界各国が2030年以降の実現を目指す「火星の有人探査」に、日本も名乗りを上げることになった。アメリカのオバマ大統領は2030年代半ばまでに火星の有人探査をすることを表明済み。中国は2050年代に人類を火星に送る方針を公表している。
火星までの直線距離は最短でも約5500万キロで、月までの約38万キロの100倍以上。往復には約3年を費やすと言われている。宇宙飛行士は長旅の間、強い宇宙放射線にさらされることになり生命も危ぶまれる。
それだけの困難を乗り越えて実施する目的の一つには、火星がテラフォーミング(惑星地球化計画)しやすい惑星だということがある。


宇宙開発、惑星探査の目的は、将来的には移住ですが、近い未来では資源開発で、日本としてもそこに一枚噛んでおかなくてはということでしょう。
最大の問題は「宇宙放射線」火星往復は現在のところ約3年かかります。放射線をブロックする技術はまだできていません。というか、より遮蔽効果の高いロケットは重くなってしまいます。
また火星の放射線量も地球より高いと言われています。
それ以外のところでは有人探査の技術ははできているようなんですが、あとは費用だ!(笑)日本が当てにされてる理由もそこにあるのでしょう。

宇宙生活で避けられない宇宙放射線。その傾向と対策は?
ISS滞在でも放射線を浴びますが地球を離れればさらに強い放射線にさらされることになります。
n-MARSHUMANEXPLORATION-large570.jpg
有人火星探査の想像図=米航空宇宙局(NASA)提供 | NASA
---------------------------------------------------------------------------------
テラフォーミング
火星の一日(自転周期)は地球と同じくほぼ24時間であり四季も存在する。これらから、火星は最も地球に近い惑星であるとされる。
太陽との距離がより大きい火星を地球のような惑星に作り変えるためには、希薄な大気をある程度厚くして気温を上昇させることが重要な条件となる。
具体的な方法としては、メタンなどの、温室効果を発生させる炭化水素の気体を直接散布する。
黒い藻類を繁殖させる、黒い炭素物質の粉を地表に散布するなどして、火星のアルベドを変化させる。
現在、火星の地下には永久凍土として水が埋もれているという説が有力であり 、これが溶けて海ができれば、雲ができ、雨が降り川も流れ、地球とよく似た惑星となりうる。


火星のテラフォーミングはずいぶん前から想像されていました、SFの世界でも数多く。
簡単に言えば…
 →地球では悪者の温室効果ガスを発生させる。
 →気温上昇、地下にあると考えられる氷が融け水の惑星にする。
 →藻類、地衣類からはじめ大きな植物が育つ環境に変えていく。
 →光合成によって酸素を発生させる。
 →人が住める!
100年できる!…金さえあれば!という人もいる(苦笑)
MarsTransitionV.jpg
4段階で描いた火星のテラフォーミングの想像図
火星のテラフォーミングにも関与する火星での植物育成実験をNASAが開始予定 2014年06月15日

NHKスペシャル NEXT WORLD 
第5回 3月12日(木)「人間のフロンティアはどこまで広がるのか」
…5回目のエンディングは火星移住でしたね〜。
---------------------------------------------------------------------------------
火星の空を飛ぶドローン、NASAが試作機を公開(動画あり)WIRED.jp-2015/01/29
米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL)はこのほど、将来打ち上げられる火星探査車に搭載できるヘリコプター型ドローンの試作機を公開した。
火星上を走行中の探査車が立ち往生した場合、人間が火星に飛んで行って探査車を動かすわけにはいかない。そのためNASAの技術者たちは、探査車を走らせる前に走行予定のルートを確認しておく必要がある。
また、科学者が火星上空からさまざまな場所を調べて、地上車で詳しく調査する価値があるかどうかを判断できるようになる。


火星についてからの計画もいろいろ。
火星の重力は地球の3分の1、地上を走る探査車が軽すぎてバランスを崩しやすいのもそこ。ドローン型は必須です。
---------------------------------------------------------------------------------
火星探査車オポチュニティ、11年間の冒険 ギズモード・ジャパン-2015/01/25
当初予定されていた火星時間で90日というミッションを遥かに超え、耐用期間の10倍以上もの時を火星で過ごし、未だ現役探検中というなんとも頼もしいオポチュニティ。
この11年間、砂にはまってみたり、マシンに不具合がでたりとオポチュニティには様々な苦難がありました。それを超えて12年目の今、最大の問題はメモリー障害による記憶喪失の気があること。
プロジェクトリーダーであるJohn Callas氏は「オポチュニティは、年老いた両親のような存在。健康に特に問題はなく、毎日ジョギングやテニスなんてして過ごしてはいるけれど、もしかしたら夜中に発作や卒中を起こすのではないか、と。だから、何か起きやしないかと我々はいつも気にかけているんだ」
がんばれ、オポチュニティ!


オポチュニティもまだまだがんばっています。だんだんとボケが入ってきた?
NASAの感情移入も半端ない(苦笑)
150126opportunity11years.jpg
---------------------------------------------------------------------------------
新型宇宙船オリオン打ち上げ成功 米、有人火星探査照準 朝日新聞2014年12月6日
 米航空宇宙局(NASA)は5日午前7時(日本時間5日午後9時)すぎ、2030年代の火星有人探査を目指して開発中の新型宇宙船「オリオン」の無人試験機を、フロリダ州のケネディ宇宙センターに隣接する空軍基地から初めて打ち上げた。地球をほぼ2周して約4時間半後に太平洋に着水した。
NASA 火星探査船「オリオン」 試験飛行でエアバッグにトラブル 地震予測検証 / 防災情報 ハザードラボ 2015-02-20
火星への有人探査を目指し、米航空宇宙局(NASA)が開発を進めている次世代宇宙船「オリオン」について、昨年末に行った無人試験機によるテスト飛行の際に、エアバッグ3つが作動しないトラブルがあったと、NASAが20日明らかにした。

月探査も衛星も民間に任せ、国は火星に集中しますから、というのがアメリカの姿勢。
宇宙に行くだけなら問題ないですが、生きて帰ってくるは大変です(汗)

米ロケット、海に「軟着陸」 再利用のための着地実験 朝日新聞 2015年2月12日
米宇宙開発企業スペースXは11日、米フロリダ州から太陽風観測衛星を打ち上げた「ファルコン9」ロケットを、大西洋上に浮かべたはしけ船に着地させる試験をした。
着地試験は使い捨てロケットを再利用するための技術開発で、費用削減につながると期待されている。海に落ちたロケットを回収し再利用する例はあったが、船に着地させるのは初めて。同社は1月上旬にも着地を試みたが、ロケットの勢いが強く失敗していた。


こちらは民間のスペースX。
スペーシャトルはメンテしながら使い続ける宇宙船でしたが、かえってコスト高。使い捨ての方が経済性、安全性には優れていました。
再利用できるようになれば!…有人宇宙船につながる技術になっていくかもしれません。
…しかしエンタープライズ(スタートレック)、ファルコン(スターウォーズ)には遠い(汗)
---------------------------------------------------------------------------------
日本の民間月面探査チーム「HAKUTO」、2016年後半にSpaceXのFalcon9で打ち上げへ
~Google Lunar XPRIZEに挑戦 2015/2/24

Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レース「Google Lunar XPRIZE(GLXP)」に挑戦する、株式会社ispaceが運営する日本唯一の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、アメリカ・ピッツバーグの宇宙開発企業Astrobotic Technologyと月面輸送契約を結び、2016年後半にアメリカで打ち上げを実施すると発表し、お台場にある日本科学未来館で記者会見を行なった。
 GLXPのミッションは、月面に民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。現在、世界各国から18チームが参加している。

01_s.jpg
HAKUTOの月面探査ローバー「Moonraker」と「Tetris」
Googleの宇宙レースで世界初の民間月面探査に──「HAKUTO」の成功を支えたのは「宇宙好きのゆるいつながり」? ハフィントンポスト-2015/02/20
メンバーの多くが"本業"を持つ傍ら、宇宙開発に興味や憧れを持ち、集まって活動を行っているのです。
「宇宙開発の専門家」ではなく「宇宙好きな人たち」で構成されるユニークなチーム――

獲得賞金で開発費用はペイできない。賞金は産業化につなげる一要素
本職を持つメンバーが自然発生的に集まったチーム
GLXPはきっかけのひとつ。目指すは民間の宇宙開発を先導していく存在

チームHAKUTO

宇宙探査は民間の手に移ったなと実感するニュース。
これは月面ローバーですが、応用がひろがります。
---------------------------------------------------------------------------------
科学者にもその正体不明 火星に謎の雲あらわる(画像)ハフィントンポスト-2015/02/20
火星で巨大な雲か煙のようなものが観測された。科学者にもその正体が何なのか、どうやって発生したのか分からないという。

火星有人探査もテラフォーミングも具体化!…なんてところにこんなニュースも。
地下に住む火星人の反撃の狼煙かもしれません。テラフォーミングなんて、環境破壊以外の何ものでもないので(汗)
がんばれ火星人!(笑)

火星のプリンセス―合本版・火星シリーズ〈第1集〉 (創元SF文庫)火星のプリンセス―合本版・火星シリーズ〈第1集〉 (創元SF文庫)
(1999/06)
エドガー・ライス バローズ

商品詳細を見る


サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)

雨水

2015年02月26日


のどかにもやがてなり行くけしきかな昨日の日影けふの春雨
伏見院 玉葉集

寒さも少しずつやわらぎ、春らしい景色になってきた…といったところか。
ゆったりと春を待つ優しげな歌。
まだまだ寒い日も多いですが、いずれ春はやってきますね。

雪から雨へ変わる頃、2015年の「雨水(うすい)」は2月19日、もう過ぎてしまいました。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」

2015年02月24日
poster2_20150223200142b4c.jpg

『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』
ジョニー・デップが、ちょびヒゲを生やしたナルシストの怪しい美術商に扮し、キリル・ボンフィリオリの小説「チャーリー・モルデカイ」を映画化したアドベンチャー。イギリスでフランシスコ・ゴヤの名画が何者かに盗まれる事件が発生し、英国諜報機関のMI5は、ちょびヒゲがトレードマークの美術商チャーリー・モルデカイに捜索を依頼。チャーリーとは大学時代に恋敵だったマートランド警部補も、嫌々ながらチャーリーの知識と情報網を頼ることに。チャーリーは早速、用心棒のジョックを連れて絵画を探しに出るが、盗まれた名画には世界を揺るがす財宝の秘密が隠されていたことがわかり、事態は大富豪やマフィア、国際テロ組織、警察などを巻き込んだ争奪戦に発展する。共演はグウィネス・パルトロウ、ユアン・マクレガー、オリビア・マン、ポール・ベタニー。「ダ・ヴィンチ・コード」などの脚本家として知られ、デップの主演作「シークレット ウインドウ」でもメガホンをとったデビッド・コープが監督。

mortdecai_sub4_large.jpg
ジョニー・デップが、変人ぽいキャラで期待されるところは十分やりきったたぜ!的な映画です(笑)
元は富豪だったのかも?怪しげな作品を売りつける美術商モルデカイは破産寸前、ピンチを脱するためにも危ない橋をわたる。
ドタバタしながら、ぐちゃぐちゃにストーリーが展開して行くので、伏線がよくわからない(汗)そんなごった煮もジョニー・デップ的。

mortdecai_sub8_large.jpg
ポール・ベタニー演じる用心棒兼召使いジョックは、ご主人様のためなら何でもする。最初はちょっと怖いのですが、これがなかなか振り切れたキャラで、いい味出してます。

mortdecai_sub19_large.jpg
個人的には、「ルパン三世」みたいなノリという印象。
お調子者のモルデカイはルパン的、愛妻ジョアンナは峰不二子、用心棒ジョックは次元と五右衛門を合わせたキャラ、マートランド警部は銭形みたいな立ち位置。
マートランド警部を演じるユアン・マクレガーが、二枚目なのに微妙に変なキャラを好演。ジョアンナにぞっこん。唯一の弱点はジョアンナ、頼みは断れない。

mortdecai_sub14_large.jpg
モルデカイの愛妻ジョアンナ、グウィネス・パルトロウが美しい〜!
頭が良くてユーモアがある。
この映画は色っぽいレディが多数登場するのですが、気品のある美しさでぶっちぎりの存在。

mortdecai_sub20_large.jpg
お屋敷やパーティーシーンは豪華で楽しい、小道具もよくできている。衣装もすてきです。
映像でちらちら出てくる幻のゴヤの名画、これが結構良くできてます。
私はジョニー・デップというより、美術がネタということで見に来たわけですが、絵はあくまでネタで、美術への愛情があまり感じられなかったところは残念でした。
まあジョニー・デップのための映画、そこ期待するのは無茶か?(汗)


映画 | Comments(0) | Trackback(0)

椎名 誠「ぼくは眠れない」

2015年02月23日

ぼくは眠れない (新潮新書)ぼくは眠れない (新潮新書)
(2014/11/14)
椎名 誠

商品詳細を見る

椎名さんの本は、旅のエッセイが楽しいので、またSF好きとしてSF作品も読んでいるので、ずいぶん昔から…そうだなあ、だいたい7割くらい読んでいるんじゃないかと思います。ま、ファンレベル…でしょう(笑)

で、長いこといろいろ読んでるわけですが、5〜6年前から、なんとなく「うつ?」もしくは何か心の病を抱えているのかなと感じていました。
椎名さんも70歳、ガシガシと僻地、極地に旅に出て、がつがつと本を出版して来た若い頃とは、年齢考えればそりゃそうだ…とも思いますが、年齢だけではないもやもやしたものが…。

しかし、35年間不眠症だったとは、それもけっこう重いのかなと。
不眠症は「うつ」とは違うもですが、その延長線上には「うつ」があるらしい。心理的に追いつめられていく過程は、心の病なのかと思う。
30代でサラリーマン生活にピリオドを打ち、作家として(タレントっぽいところも含め)成功したわけなのですが、人気が出れば出たで苦労が…ちょっと偏執的なファンに追いかけられる作家の話はよく聞きますね(汗)
それでも、ハードな旅に出れば、ハードな分泥沼のような眠り、生活パターンが維持できないことで、知らず知らずの眠りがあるのでまだ良かったとか、まあそんな無茶は、健康だからできることですね。

そんな不眠症との35年の付き合い…いやはや(汗)
時に薬をたより、睡眠グッズを試してみたり。
本書の結末は「治る」ということはなく「受け入れる」というところで落ち着くまでの歴史…いや、落ち着いているわけではないですが、折り合いつけてといったところか。

私は10代の頃から夜更かしの朝寝坊、今もそれは全く変わらない。「眠れない」ということがあまりないので…まあ人生イロイロありますから、そんな夜も時にはありますが、基本的には朝までノンストップで眠れる方、幸せだなとつくづく思います。

ちょっと脱線。
年を取るとだんだん朝が早くなる…と言いますよね?
ここ最近話す機会のあった知り合いや友人、40代〜50代の男たちが、口々に「最近、朝寝てられなんだよ〜」と話すんですよね。昔は朝方まで飲んだくれていただろ?…という奴らが(苦笑)
で、何をしてるか聞くと、散歩に行く、犬の散歩に行く、家族の朝食を作る、たまっていたTVの録画を見る…わりと充実した時間を過ごしているっぽい。
まあ、その分夜は10時過ぎには眠くなる…というので幸せですが、たまに遅く寝ても4時には目が覚めるという…。そうなんだ〜。

ゴルフ好きのおっさんも、ゴルフに行く都合上早起きの習慣がありますが、毎日ゴルフをしているわけではない。…ということで、打っぱなしなんかに行っているらしい。そういう需要があり、ゴルフ練習場は4時くらいから営業してるらしい。

眠りは当たり前のことですが、まだ科学的にわからないことも多いらしい。
皆様に良い眠りを!

| Comments(0) | Trackback(0)

有川浩「三匹のおっさん」

2015年02月23日

三匹のおっさん (文春文庫)三匹のおっさん (文春文庫)
(2012/03/09)
有川 浩

商品詳細を見る

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか! 定年を迎えて一念発起した剣道の達人・キヨ、経営する居酒屋も息子に任せられるようになってきた柔道の達人・シゲ、遅くできた一人娘を溺愛する町工場経営者で機械をいじらせたら右に出るものナシの頭脳派・ノリ。かつての悪ガキ三人組が結成した自警団が、痴漢、詐欺、動物虐待などご町内にはびこる悪を成敗! その活躍はやがてキヨの息子夫婦や孫の祐希、ノリの愛娘・早苗らにも影響を与えてゆき……。

60代で腰の曲がったおじいさんはほとんどいないし、孫がいても老け込むような年代ではないですね。
元気な60代はむちゃくちゃ元気です。住宅ローンと教育にがんじがらめの40〜50代、悩み深い若い世代の方が弱いかも?というくらい。
そんな元気なジジイ…いやおっさんたちが活躍する物語。
ドタバタですが、深く考えないで軽く読めてたのしい。

町内会の事件を解決といっても、自警団が事件に関わることができるのか?学校内のトラブルに動けるのか?という意味では、20〜30年前ならともかく、現実的に難しいだろうなあとは思います。
そういう意味ではファンタジーかもしれないですが、やはり痛快。
こんなオッサンがいたらいいな、こんなオッサンと友達になりたいなと思います。

で、この作品を奥深いものにしているのは、キヨの孫の祐希との関係ですね。両親にうんざりし、何かと反抗的な祐希とキヨの歩みより、こんな風に家族が理解を深めることができたら、幸せだろうなと思います。
優等生の早苗も含め、それもまた小説、理想と現実は違う…かもしれませんが(笑)

続編もあるのか〜

三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)
(2015/01/28)
有川 浩

商品詳細を見る

テレビ東京でドラマ化されているんですね。有川作品の映像化比率はすごいねえ。
もちろん見てないですが、キャスティングはけっこういい線いってます。

三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~ DVD-BOX三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~ DVD-BOX
(2014/06/04)
北大路欣也、泉谷しげる 他

商品詳細を見る
| Comments(2) | Trackback(0)

葦のふし

2015年02月21日


難波潟みじかき葦のふしの間も逢はでこの世を過ぐしてよとや
伊勢 小倉百人一首 

難波潟の葦の、節と節の間のように短い時間さえ、あなたに会わずに過ごせと言うのでしょうか。
「葦の節(ふし)は十分長いじゃないか?」と書いている方がいましたが、確かに葦の節は長い方です(笑)
逢瀬の時間はいつでも短い、恋とはそういうものか。
ふと、気になって調べてみると、心変わりをした恋人からの「忙しくて会えません」という手紙にたいして詠まれた歌だという。
恋の終わり、いつの時代もだいたい同じですね(笑)

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

四大陸2015 女子フリー ポリーナ初優勝

2015年02月20日
Entries/results

ソヨン、ロミジュリ、衣装がなかなか素敵。調子はイマイチ、苦しい大会になったかな?お疲れさん。
サマンサ、カルメン!(以上!)

永井さん、ロンドカプリチオーソ。3Lzコンボのセカンドが1Tになるも、次の3lzに3T。
シニアの中で見れば、美しいけれどスケーティング、表現などに「濃さ」が欲しい…とは感じますが、まだジュニア。総合6位!この舞台でこの演技は立派です。
そしてすてきな選手だなと、今後も期待ですね。

理華ちゃん、悪くない内容ですが、全体にもう少しスピードが出るはず…そのせいか、いい時のキレが足りなかったかな、そんな風にも見えました。セカンドジャンプの<とステップがレベル2だったのは残念。
しかし、よく頑張りました、表彰台おめでとう!

エドマンズ、演技に安定感が出てきたような、迷いがなくなったような気がします。
3連続ジャンプがぎこちない感じだったけれど、大きなミスなく、まとめきりました。長い手足を大きく使って、優雅に品良く滑ってます。

宮原さん、冒頭3Lzからの3連続がちょっと危うかった。3Fで着氷が乱れる。後半の3Lzで転倒。2つの3Lzでマイナスが出てしまったのが大きかったかなあ。スケーティングやプログラムの表現はとても繊細で優美、宮原さんならではの演技でよかったと思う。

ジジュン、3F+3T、2A+3T、大技二つ決まったのは大きい、3連続がはいらなかったのは残念。しかしこれまでの不調を思えばまずまず良かった。
ムーンリバーが後半、ラフマニノフのピアノ2番に変わるのは謎だが(汗)…そうであれば、この大河のようなラフマニノフの部分の音楽表現に物足りなさを感じる。いい出来だっただけに欲が出ますね〜。
あと、いい演技だったのは確かだけれど、PCSが宮原さんより上というのはちょっと納得できないかな。
ワールドは上海、プレッシャーもあると思いますが頑張って欲しいですね。

グレイシー、冒頭の大技3Lz+3Tが入らない、2A+3Tはセカンドが不完全な2Tに。ここで負けが決まってしまった感がありますね(涙)
3連続は最後が3S+1T+1Lに、大技全てにミス。スピンもステップもきちんとできてはいたけれど、プログラムを淡々とこなしているようでした。
昨年の故障の影響があるのか、残念な内容となってなってしまいました。まさかの総合4位。
キスクラにキャロルコーチが2人?…あ、ぬいぐるみか!(笑)デカすぎるぬいぐるみにはスナック菓子が仕込んである(汗)…なんだアレ?

ポリーナ初優勝おめでとう!宮原さん惜しくも2位、理華ちゃん3位。
ちょっとミスも順位に大きく影響する時代、ワールドはミスなく…いずれの選手もそこがカギですね。ガンバ〜。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

夜半の雪

2015年02月19日


夜半に降り積もった雪は、あたりを水墨画の世界に変えていました。

日記 | Comments(2) | Trackback(0)

ホットスポット 最後の楽園2 第5回 巨木の森 空飛ぶ動物たち ~スンダランド ボルネオ島~ 

2015年02月18日
ホットスポット 最後の楽園2 第5回 巨木の森 空飛ぶ動物たち ~スンダランド ボルネオ島~ 
NHK総合
2015年2月15日(日) 午後9時00分~9時49分
再放送/2月19日(木)午後0時40分(18日(水)の深夜)
東南アジアにある世界で3番目に大きな島ボルネオ島。インドネシアの島々なども含む一帯はスンダランドと呼ばれ、高さ70メートルの巨木が林立する世界最古の熱帯雨林が広がっている。ここでは「島という資源が限られた環境」の中で、多くの生物が生き残りをかけて独特の進化を遂げてきた。巨木の森は奇想天外な方法で樹上生活に適応した生きものたちの宝庫。木から木へと見事な滑空を見せる空飛ぶトカゲやヘビ、100メートルも滑空する謎の動物ヒヨケザル、クマネコの異名を持つ珍獣ビントロング、体重100キロ近い巨体をもつ世界最大の樹上動物オランウータンなど。さらに、食べ物を求めて動物たちは驚きの行動を見せる。高さ20メートルの木から川へ決死のダイブを行うテングザルや生まれたばかりの赤ちゃんゾウを助けながら群れで大きな川を渡るゾウの群れの映像は迫力満点。他にも巨大な食虫植物とある動物の驚きの関係やオランウータンの知られざる行動などスクープ映像が満載。巨木の森の世界に迫ろうと福山さんが高さ50メートルのツリークライミングにも挑戦!島に閉じ込められた生きものたちが背負った進化の宿命に迫る。

ボルネオ、巨木の森ではトカゲもヘビも空を飛ぶ…。
そして、象もサルも川を泳ぐ。
ヒヨケザルって「サル」じゃないんですね(汗)他に似たものがいないらしい。それにしても見れば見るほど不思議な生き物です。100m位滑空するらしい。

ジャングルといえば野生のイチジク、イチジクコバチを媒介として受粉し実る(食べ頃に熟す)つまりおいしく熟したイチジクは全て虫がついているわけか(汗)
ジャングルなら熱帯植物、食べ物、果物豊富にありそうですが、ボルネオの森は大量の雨で養分が流出、木は栄養が足りなく実をつけることが難しいらしい。意外ですね。

栄養の少ない土地で、植物は独自の進化をとげた。その一つが甘い蜜で虫をおびき寄せるウツボカズラ。
キナバル山のオオウツボカズラは世界最大、捕虫器の大きさはなん40cm(!)
蓋が上がったバケツ状のウツボカズラは、ほとんど便座だ〜(汗)
そこに小動物がやってきた…そうか小動物はこの捕虫器に足を滑らせて落ち、消化されてしまうのか〜すごい〜…と思って見ていると、なんとそいつは捕虫器におしっこ!ウンコ!まさかここは見たまんまのトイレ⁉︎
なんとウツボカズラはおしっこやウンコを栄養にしているらしい(汗)
まあ糞尿は「肥やし」になるわけなので、理にかなっているわけですが、まさかトイレからダイレクトに栄養とはすごい…。

世界最大の樹上生物オランウータン、横に大きく張り出した突起はフランジといい、強いオスだけがこの突起で顔がやたら大きい。「大きな顔をしてやがる」…は、そのまんまなんですね(笑)
そしてここは栄養になるものが少ないジャングル、食事は主に葉っぱの草食系なんですよね。単独で暮らすのも食べ物が少ないかららしい。
オランウータンの受難の歴史が切ない。

今回の主役はオランウータンですが、私にとっては、便器状のウツボカズラが本当に便器だったというのがメインかな(苦笑)
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感 AOIも終わって

2015年02月18日
遥か彼方と思っていたスイスのAOIには、友人含め多くのダイスケファンが観戦に訪れ、どんどん情報を流してくれるので、国内か?と思うほど(笑)…いや遠い国のことには違いなんですが…ありがたいことです。
観戦の皆さんもダイスケも無事にお帰りになったようで、お疲れさまでした。
動画もツアーが組まれたチューリッヒ公演だけでなく、ローザンヌやダボスまであるし…。
いやはや皆様の行動力はすごい!(笑)

ダボスの千秋楽
Daisuke Takahashi AOI2015 Davos 214 T&M

公演プログラムは、ソロナンバーもコラボも、回を重ねることに濃く熟成されているようで、ダイスケらしいなあと思います。
グループナンバーManeaterのジョアニーと…なかなか日本じゃお目にかかれない(笑)
TBSでまるごと放送してほしいなあ〜

すてきなショーに参加して、ダイスケも得たこともあると思います。
ホントにこれからダイスケの人生がどうなっていくのか?さっぱりわかりませんが…まあ、他人が考えてみてもしょうがないんですが(苦笑)
元気で次のステップに行ってくれればと願っています。
----------------------------------------------------------------------------
ダイスケも真央ちゃんはじめ、好きだった選手がだいぶいなくなってしまったシーズン、わりと穏やかに、楽しんで観戦しています。

来月はもう今季のハイライト、ワールドですね!
ゆづの調子が気になりますが、ここは焦らずきちんと治して、その上で最大限のことをするということでいいんじゃないかと思います。
ゆづにナニゴトかあれば、日本の来季の枠にも影響があるかもしれませんが(まさか町田君まで引退するとは思ってなかった…)それはそれ、勝ち取ってナンボ、勝負の世界とはそういうものでしょう。
女子に関しては、ロシアが表彰台を独占しても驚かないですね。日本女子も枠に影響があるかもしれません。まあとにかく、ロシア以外もがんばってほしいです。
日本の男女シングル選手には、上位とか表彰台とか言わないで、タイトル取りに行くつもりで(笑)、とにかく強気でお願いしたいです。

そしてシーズン終盤、なんだかんだ言って、私は競技が好きなので、国別は行く予定にしています。
誰がエントリーするかわかりませんが国際大会、海外の選手、そしてペアもダンスも日本で見られるのはうれしいので。

日程や時間もあるでしょうが、ユーロも4CCは空席も目立っていて…これが日本なら?と思わずにはいられません。
ダイスケや真央ちゃんが築いてきた人気を、引き継いでいる選手がいる日本は、改めてすごいなと思います。
----------------------------------------------------------------------------
先日注文していた倉敷FSC公式Tシャツが届きました。
自分用として、元気になるような色がいいかなとオレンジにしたのですが、あけてみると「目の覚めるようなオレンジ!」で目が覚めました(笑)
イベント時のダイスケの写真(佐々木監督のメッセージ入り)も同封されているとは知らなくて、ちょっとうれしい。
2015021603.jpg
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

飛騨の円空 千光寺とその周辺の足跡

2015年02月17日
飛騨の円空 千光寺とその周辺の足跡
2015年1月27日(火)~4月5日(日) 
福島県立美術館
s飛騨の円空展オモテ
 江戸時代前期、美濃国(現在の岐阜県)に生まれた僧、円空(1632-1695)は、近畿から北海道まで諸国を巡って造仏修行に励み、各地に5,000体以上の仏像を残しています。今回は円空ゆかりの飛騨・千光寺を中心に、岐阜県高山市所在の円空仏100体あまりを展示します。震災復興支援として開催される本展では、素朴で慈愛に満ちた円空仏の魅力をご紹介します。

530734449.jpg
金剛力士(仁王)像 吽形(千光寺)

大木がそのまま金剛力士に化身したような。木の節、曲がりもそのまま、というより金剛力士のために木があったのかもと思うくらい。とても迫力あります。
仏像制作の既成概念をふきとばす「地面に生えたままの立木を彫刻した像」。根元が朽ちてしまい、今から150年ほど前に切り取られたそうですが、現状でも2m。

円空の肖像画がありました。がっちりとした顎、横幅のある鼻、なるほど作品は自分に似た顔になるのだなあと思う(笑)

topicsf8f87cb29e953d0cbfd947b75aac9c63.jpg
中央が不動明王立像

円空の多くの作品が、丸太を縦に二つ割り、四つ割りし、最小限のノミ入れで製作されています。作品によっては、まるたを彫刻するトーテムポール、アフリカ美術の彫像のようにも見えます。
ノミの彫りがそのまま、未完成のようにも、稚拙なようにも見える円空、実際目の前にすると、存在感は半端なく、荒々しいノミの跡も個性にしか感じられません。

topics2c974e6c245f81f988f58ecee23a82bf.jpg
三十三観音立像(千光寺)

丸太の二つ割り、四つ割りは、丸木を無駄なく使い、多くの仏像を作るため、最小限のノミ入れで目鼻、頭と胴、合掌を表現するのは、多くの仏像を手早く仕上げ、たくさんの人に配る(貸し出す)ためだったらしい。
家族が病気になった時、不幸な出来事があった時、仏を借りて自宅に持ち帰り心のよりどころとしたらしい。

取り上げられる機会も多いし、人気もあるしで、円空の作品は知識として知ってはいましたが、実際に間近で見ないと良さはわからないものだと思いました。
円空の仏は、信仰に根ざした暮らしに必要なものとして製作されたものであり、信仰されることによって仏が宿る?仏像として育つ?…そんな気もします。
身近にあってこそ価値がある。仏像としてのクオリティや高い技術、豪奢な作りを世に知らしめるものではないんですね。

0001.jpg
柿本人麿坐像

ゆったりくつろぐ人麿像。足を崩しリッラクス、表情も穏やかで、見てるこちらもリラックスできます。

a02771174324.jpg
賓頭盧尊者坐像(びんずるそんじゃざぞう)

微笑みがなんともかわいらしい僧。円空が愛される訳がわかりますね。

264fa69a460d1a13c107pQ4elkXW.jpg
右は迦楼羅(かるら)または鳥天狗(からすてんぐ)立像

名称がはっきりしないこれは、火難除けの神、秋葉権現かもしれないという。
鳥の頭がユニーク、これも円空。どこかの民芸品のようでもある。

topics4617320ac61b0dba3541a47362488b1d.jpg
左から聖観音菩薩立像(清峰寺)、千手観音菩薩立像(清峰寺)、龍頭観音菩薩立像(清峰寺)

円空の多くの作が一本彫りですが、この千手観音の脇手は別材。
初期の作品は、ノミの跡もなく木肌も滑らか、時を経て荒々しいまでの仏を作るようになったんですね。

321532028f2fce79541f8d7eb5283d24.jpg
両面宿儺坐像(千光寺) 部分

ポスターにもなっている両面宿儺坐像(りょうめんすくなざぞう)「『日本書紀』に登場する異形の飛騨の怪物、1つの胴体の前後に2つの顔、4本の手足を持つ」
強い意思、頑健な体つき、一つの作品として堂々とした彫像です。ゴツゴツとしたノミの一彫り一彫りに無駄がない。
一見稚拙?思える円空ですが、この作品、横顔を見れば、彫刻家としての力量がよくわかります。

私は音声ガイドを借りることは、ほとんどないのですが、仏教美術に自信がないこともあり、今回は借りてみることに。というか、ナレーターが井浦新さんだからですね(笑)彼の日本美術に対する情熱は日曜美術館でよくわかっていたので。
音声ガイドを使ってみて…展示の解説プレートを近くまで行って読まなくていいのは楽ですが、なんとなくTVをナレーション付きで見ているいるような錯覚が(汗)
正しい知識(解説)は大事なことですが、その場その時だけにしかない「作品と自分の対話」という点では、なくてもいいかなという気もします。先に解説が刷り込まれ、「なんだこれは?」とか、怖い、キモい、一目惚れとか、その人の経験からくる印象とか…そういう個人の対話をせばめるという意味で。
理想は、2回目を見るときは音声ガイドがいいかもしれない(苦笑)

参考 東京国立博物館140周年 特別展「飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―」

アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

金の成る木に花が咲く

2015年02月16日


景気のいいタイトルですが、つまりよく見かける多肉植物のアレです(苦笑)
名称はいろいろあるようですが、私は「金の成る木」としか聞いたことがないです。

南アフリカ原産、霜の降りない土地なら3mくらいになるらしい(驚)
日本ではほとんどが鉢植えで大きさも限度がありそう、ということで学名「Crassula ovata」「large」で検索してみると…おお〜外国には、でっかいのがたくさん。しかし3mはおおげさか?
そして、Money Plant.、Money Treeと呼ばれているんですね。

Crassula ovata
駐車場の車で大きさがわかる金の成る木
庭木としての金の成る木
たぶん野生の金のなる木

2015021502.jpg
動植物 | Comments(2) | Trackback(0)

四大陸フィギュア2015 男子フリー デニス10圧勝!

2015年02月16日
Entries/results

ジェイソン、とても見応えのあるフリーでしたね!
最初から最後まで流れが途切れない。振付の一つ一つが雄弁で、氷上でこれほど濃密に世界観を表現できるんだと。 見応えという意味では十分楽しい、クワドなくても…ということになるのかな。これができるのがジェイソン。
しかし競技である以上、クワドなしにトップでは戦えない。というか、得点を重ねることができたとしても、やはりクワドが欲しいと。

アダム、すっかりダンサーの体型。
4Lz残念、3Aでバランスが…ジャンプのリピート判定がややこしい(汗)
ミスはあっても、美しい演技でしたが、うーん、TESが伸びません。フリー10位。技を確実なものにしないと…というところか。

ミーシャ、気持ちだけでなく(苦笑)エレメンツがとてもていねいで、すてきな演技でした。強くなりました。
個人的な好みでは、コレオの振付が、好きなモノ詰め込んだ感じで、もうちょっと洗練さして欲しいな。

ジェレミー10、コールで映された後ろ姿が、ダイスケのビートルズ衣装にそっくりでドキッとした。
大技含めクリーンなジャンプが少ないので、得点は厳しい。でも、心にしみるいいプログラムですね。ステップやコレオも思いが伝わるすてきな演技でした。

フィルス、アシュリーのムーランルージュとコラボして欲しいフィルスのムーランルージュ。
こちらも大技が決まらない。うーん、うーん、またがんばれ。

ワン君、パリのアメリカ人を滑る韓国の中国人。
おお〜今まで見た中で一番のできですよね!うれしそう〜おめでとう。


(表彰台を狙う選手であれば、フリーは4T2本と3A1本、あるいは4T1本と3A2本、これが最低条件かなと、なんとなく思っている自分。)

ハンやん、すっばらしい3A+3T!4Tこらえた、もう一度3A。ここまでで勝負の大半決まった感じですかね。
4Tと3Sでバランスを崩すところもありましたが、プログラムに大きく影響することなく、あとはすばらしい。とにかく3Aのかっこよさは半端ないですね!
欲を言えば、3Aの2本目は後半に入れられれば…。それとスピンのレベル。
あとスケーティングも悪くないけれど、つなぎは上位選手の中ではあっさりめだったかなあ。SB大幅更新で3位、おめでとう。

無良君、4Tは流れがなかった、2本目は両足、3A大きくすばらしかった。ステップも良かった。ジャンプのミスはあちこち、ジャンプのあとの流れも今ひとつ。致命的だったのは後半に予定した2つ目の3Aコンボですね。
攻めていたとは思うけれど、いいところもたくさんあるのですが…なかなか詰めきれないというか、う〜ん(汗)ワールドでこの悔しさを晴らして欲しいですね。
パワーと哀愁、緩急のあるスケーティングは、無良君だけのオペラ座、いいプログラムだなと思います。

ジョシュア、全米で見せた実力を証明できました。そんな4CCのジョシュアでした。
4Tはこらえたり、ほんの少し危ういところもありましたが、流れの美しい演技に引き込まれました。哀愁漂う曲調は表現が難しいと思いますが、タメやちょっとした仕草も心地よく、音楽にのっているというか、ハマるとすごいんだなと実感。
全体を見た時の芸術性は、同じくベストな演技をしたハンやんより上だなと思います。

デニス10、スカッとする4T+3T!すばらしい。とにかく動きが軽い、良くない時のデニスは…そういう時が多いんですが(汗)ジャンプ前に躊躇するようにスピードが落ちてますが、今大会のデニスはスケーティングにキレがあり、エレメンツはどれもスピードに乗ってます。ステップやスピンもすばらしかった。
厳密に見れば、あちこちにミスがあるのですが、そんなことは些細なことで、勢いやオーラがすごかったです。勝てる時ってこういうことかと思う(笑)オリンピックメダリストの格だろうか。
TES102点!289点でぶっちぎりトップ。

ショーマ、日に日に調子を落とし辛いフリーだったらしい。直前がデニスというのも影響したかな。
それでも3Aを2本クリーンに決めて、4Tは着氷乱れるもなんとか。ステップもスピンもレベル4。最後のジャンプ3F+3Tもきれいに決めた。後半の2A前に靴紐がほどけたか?
決して悪くない内容ですが、SPの評価を考えれば、フリーも大きくPBを伸ばし表彰台十分だったはずで、その意味で敗北感は大きいのかなと思う。
涙をにじませたキスクラやインタビューに、アスリートらしさが…こうして大人になるのだから大丈夫さ〜と思う少し大人な私(笑)
シニアの大会でこの成績は立派、そしてシニア大会で、ここまで高いPCSを得られたことはすごいと思います。

ダイス、4S決まった!4S+2Tも決まった!3A+2T決まった!3A決まった!スピンもステップもオールレベル4!PB更新!
最終滑走でこの演技…なのに、なんで表彰台をじゃないんだ〜⁉︎うぉ〜っ!
ってことですよね(汗)
惜しかったなあ。3つ目のコンボが入らなかったこと、加点などいくつか理由はあるのですが。
すばらしかった4CCのダイス、こういう演技を重ねることが大事です。

デニスの突き抜けた強さがとにかくすごかったですね。今、ここに太刀打ちできそうなのは、ゆづとハビ、ユーロの誰か?だろうか?
しかしデニス、ピークを合わせるはワールドの方が大事なんじゃないだろうか?ちょっと心配(汗)

ショーマとダイスについては、なんの心配もないですが、気がかりは無良君。日本選手で3番になってしまいました。ワールドまでに立て直しができるか?もちろんやらなくてはならないのですが、なにかこう足りないものがあるような気もしています。とりあえず…
○ディクソンにカツを入れてもらう
○町田君にカツを入れてもらう。
○ヨメにカツを揚げてもらう。
とかどう?
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

四大陸フィギュア2015 女子SP

2015年02月14日
Entries/results

永井さん、3T+3Tでバランスを崩しましたが、あとはよかったです。
優雅でスケールの大きいスケーティング、美しい〜、そしてふっと少女の顔が見えたりするところに萌える(笑)永井優香というスケーターの魅力は、世界に十分伝わったんじゃないだろうか?

チャートランド、体が少し重そうにも見えましたが、おお〜ノーミス。カナダナショナルではイマイチ頼りない感じだったのですが、よく頑張りました。

デールマン、躍動感のあるいい演技でした。2Lzは残念、上位はミスがないのでこれは痛い。でも動きはよかったです。

ポリーナ、演技に曖昧さがなくなったかな?心と体、プログラム、いろいろ噛み合わない時もあったけれど、いい感じにまとまってきたのでは?たぶん、もっとできますが、今日はこのぐらいで(笑)

ソヨン、韓国選手にとって母国開催は鬼門だってことをわすれてたよ〜(汗)もっとできる子なんですが。
選手生命をかけるであろう次のオリンピックは母国開催…荷が重いかも、がんばれ(汗)

サマンサ、カルメン…あ、違う(汗)

グレイシー、8割くらいの力なら優勝かなと思ってましたが、6〜7割くらいの力では難しいかも(汗)
コンボのセカンドで壁に阻まれる(フェンス越しのカメラはグレイシーのアップ撮ったか?オイシイ場面)
2Aは1Aでノーバリュー。3Lはうっとりするほど美しい〜。
スピン、ステップは素晴らしかった。スケーティング、一つ一つの動きもどんどん洗練されてきて美しい。
このプロはハマりプロとは思わないのだけれど、格上スケーターであることを見せつけるプロではある。
ミスありも62点でSP2位。

宮原さん、パーフェクト!SB64.84!いや〜強くなりました。
2Aの後のうなづきの振付が好き。
グレイシーに自力で勝つために、あと足りないのは「ドヤ顔」だと思う。

理華ちゃん、ノーミス!今できることはほぼできたと思う。ただここで満足してはいけなんでしょう。
欲を言えば、グレイシーのエレガント、宮原さんの細やかさとは、魅力のポイントが違う、今現在の本郷理華らしさとなると、弾けるような元気の良さ、華やかさとパワーではないかと。そこをどう見せるか、発揮できるかというところかな。
その上でジャンプを確実に決めて、細かいところも手を抜かない(あっこ姐さん指導)…いやはや大変ですが、がんばれ〜。

ジジュン、くるみ割り人形、かわいい〜、似合う。同世代が大人っぽくなる中、少女の可憐さがいいのかどうか…でもかわいい〜。
3F+2Tにして、手堅くまとめました。ここしばらく思うような演技ができなくて悲しそうでしたが、ようやくほっとした顔。
しかし、これではまだ勝てないってキスクラに、アスリートらしさが。

5位のジジュンくらいまでが表彰台圏内かな?
やはりグレイシーは強いと思う、ミスがあっても表彰台には残ると思うが。
宮原さんは安定しているように見える。ポリーナも調子上げてきているように見える。
理華ちゃんも怖いものは何もないので思いっきりいってほしい。
永井さんのフリーも楽しみです。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

四大陸フィギュア2015 男子SP フジはショーマ押し

2015年02月14日
Entries/results

ダイス、そうかこのSP、カサー君の振付なんだ。
4S+2T決まりました、3A、3Fもよかったです!今季はスピンもいいんですよね。ステップも良く動いてましたね。
やれることはできた、PB82でも6位、でもこういう演技をコンスタントに決めることがトップ選手としての評価につながると思います。

アダム、4LzはDG、単独ジャンプはステップからということにも該当しないと思う。3Aは両手、2つのジャンプでミスは痛い。まさかのSP12位。
ただステップなどは体を大きく使えるようになっていて、美しくかっこいい。スピンもよかった。こういうところ大事ですよね。

ジョシュア、ノーミス!いちいちうまいなあ。
ただ、素敵なんだけれど、なんとなくEXっぽく見てしまう。SB84点。

フジはショーマ押し!

無良君、4Tでお手つきが残念ですが、まずまずの84点。欲を言えば、ここはパーフェクトの持つ威力が欲しかったかなあ。

ショーマ、氷へのタッチがチョー滑らか。4Tの後に何かに引っかかったようなふらつきを見て、やはり緊張か?…どうなんでしょう?
4Tも3Aもワタシ比ではベストとまでは思わないのですが、決まりました。
そしてジャンプ以外のエレメンツもすばらしい、スピンの入りと出の匠みと優雅さを見よ。ステップの音楽表現を見よ!最後は高速スピンでビシッと決まりました。いいですねえ。
キスクラの美穂子先生の毛皮とヘアカラーとゴージャスなネイルに、名古屋とマチコ先生の継承が〜(笑)
ワーワー、高得点が出てびっくり〜!88点、TESは49点!

ジェイソン、4T<<(両足)、3A<、うむクリーンに決めるのは難しいか〜。まあでもこれは想定内です。
上位がノーミスなので、順位は9位と出遅れた感じに。

ハンやん、すっばらしい3A!4TはSOお手つき、ミスこここだけ、シャープなスケーティング他、あとはすばらしかったです。
途中、オナラしちゃいました〜的な不思議プロも(汗)ハンやんらしいと思う今日この頃、
87点、ショーマに僅差の3位。

ミーシャ、以前の甘えん坊の少年みたいな面差しが消え、大人の男の顔になりました。
クワドはありませんが、ほぼ完璧な内容。とても美しいプログラムでした。ステップだけでなく王道のスケーティングを堪能できる滑りでした。

デニス、4T美麗〜3A美麗〜3Lz+3T美麗〜。
スピンエレガント、ステップは情感たっぷりに見せます。エレメンツもすばらしかったし、パフォーマンスとしてもすばらしい。
すばらしい!!これはすごいです!うひゃ〜97点!
ここまでできる選手なんですよね。

上位は皆すばらしかったですが、デニスのSPは格上という感じ。フリーもいけそうですが、2本揃えることができるかが彼の課題でもあるので、絶対とは言えないですね。
6位、ダイスあたりまでが表彰台圏内か。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

四大陸フィギュア2015 行き当たりばったり予想

2015年02月11日
ISU Four Continents Championships 2015
Seoul / KOR
09.02.2015 - 15.02.2015
Entries/results

●男子
フィルス、ナム君、ジェレミー10、ハンやん、無良君、ダイス、ショーマ、アブザル、デニス10、マルチネス、ジェイソン、ジョシュア、アダム、ミーシャ

予想は意外と難しいかも?
ワールドの前哨戦の選手と、大きな大会はここまでの選手でとらえ方もが違うかかもしれませんね?

実力を出し切ることができたなら、デニス10が総合力で優勝候補筆頭。表彰台争いは無良君、ジェイソン、ハンやん。ここに対抗できるとしたらパーフェクトのアダム、ダイス。
と書いてみたものの、全員波があるので(汗)
つまり、波が来たヒトが勝ちます!波がこなかった人は…たとえデニス10であっても6位以下ありです。
…なんじゃそりゃ?ですが、そうとしか(滝汗)

全米を飾ったジェイソン、アダムは有力と思われますが、全米で燃え尽きた?…とは言わないまでも疲れがありそう(汗)連戦連勝はどうかなあ?
ジェイソンは今回、SPからクワドを予定のようですが、まだ不安定、決まるかどうか、またクワドを入れるプレッシャーの影響もありそう。
カナダナショナル初優勝のナム君も同様の疲れがありそう。
ショーマに期待するもまだジュニア。

で、ゆづとの衝突事故で調子崩したハンやんはどうなのか?というと、クリーンな4Sを跳んでるという〜。絶好調かも〜…これはもしかして?ただし大きな大会での表彰台はまだない?…そろそろタイトルとってもいい頃?
あと、ジョシュアもいいとは思う。
で、パーフェクトならショーマ、ナム君にもチャンスあり

見所はアダムの4Lzがでるか?攻めの姿勢を貫くことができるか?
ナム君とショーマがシニアの大会でどこまで通用するか?この二人は今後も同じ時代を争って行くので、負けたくないと思う。
あと、アブザル!…元気か〜っ⁉︎

●女子
チャートランド、デールマン、ジジュン、本郷、宮原、永井、ソヨン、サマンサ、エドモンズ、グレイシー

優勝候補はグレイシー、8割くらいの力が出せれば勝てる…と思う。
次に、宮原さん、ポリーナ、理華ちゃんで争う形だろうか?日米対抗ですね(笑)
女子の上位選手の難度は高くなる一方。3+3コンボ、2A+3T、3連続コンボなど、予定構成の稼ぎどころをきっちり決めないと、順位はあっという間に下がってしまいます。
それぞれに実力ありますが、スケーティングスキルとエレメンツの実行力という点ではグレイシーがリードしているように見えます。
これまでの戦いぶりを見ると、宮原さん、理華ちゃん、ポリーナは、エレメンツをほぼ完璧に決めることでPCSの評価がついてくる傾向。

このところやや低調のジジュンもがんばってほしい。
ソヨン、サマンサもノーミスなら上位がありそうですが、表彰台候補が総崩れでもない限り、このメンツで表彰台は厳しいか。
永井さん、チャートランド、デールマンは、2つ揃えられるかというと微妙。また評価がジュニア寄りと思われ、ノーミスでも表彰台はどうかなあと思う。

●ペア
デュハメル&ラドフォード、イリュチキナ&モスコビッチ、ムアタワーズ&マリネロ、パントン、ペンジャン、スイハン、髙橋&木原、デニー&フレイザー、Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM

高値安定のラドフォード組に、中国勢がどこまで迫れるか?といったところでしょうか。
なんとパントン復活!ワールドも視野に入れているらしい、上海だもんね。
パントンが高い技術力を維持しているならば、優勝もありえますが、お休みしている間にルールのマイナーチェンジなどもあり、100%対応できているかは微妙。むしろ今回はそこらへんを確認するための出場でしょう。…今回に限り、表彰台は行けそうでも、絶対とは言いにくい。
優勝候補筆頭はやはりラドフォード組ではないかと思う。

表彰台を中国勢でどう分けるのか?も見所。パントン以外の2組は横一線。
ペンジャンの4回転ツイスト、スイハンのスロークワド、ペアも4回転の時代、なんとか決めた…ではなく、加点のつく4回転が勝敗を決めるようになってくるでしょうね。

組み替えペアでは、イリュチキナ&モスコビッチがややリードかな。
なるみちゃん達もSBとは言わない、上位で!お願い!

●アイスダンス
ギルス&ポワリエ、ポール&イスラム、ウィーバー&ポジェ、平井&アソンション、チョーク&ベイツ、渋谷家。

ウィーバー&ポジェとチョーク&ベイツの争いでしょう。ちょっとしたミスも敗因になりそう。
個人的にはポジェ君たちを押したい。
ベイツ君達もいいけれど、じわじわ来てるのは渋谷家、相対的にもうちょっと評価が高くてもいいんじゃないかなと感じます。
ギルス&ポワリエも上位いけそう。ポール&イスラムはプログラム変更の出遅れは否めない。

1〜2位をポジェ君とベイツ君、3位を渋谷家、もしかしたらギルス&ポワリエ。ってとこかな。
平井&アソンションも楽しみ〜。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

花見山のロウバイ

2015年02月09日


青空にロウバイ、なんと清々しいのだろう。

2015020109.jpg
我が家のロウバイ(臘梅)も咲く頃、花見山にもたくさんのロウバイがあったはずだと出かけてみました。
公園に入ってすぐ、ロウバイは見事に満開です。
日曜日でしたが、雪も多いせいか数人しかいませんでした。

2015020102.jpg
辺り一面、ロウバイのいい香り。

2015020110.jpg
花は咲いていても、まだまだ雪は深い。先日のまとまった雪はまだ消えません。

2015020103.jpg
さざんかにもどっしりと雪が…

2015020105.jpg
花見山は小高い山というか、山全体に花木が植えられています。
山の上の方には誰もいません。そして雪が深い…。

2015020108.jpg
ここまで登ると気温も低いのか、花もまばら。

2015020104.jpg
まあるいつぼみ、かわいいとしか言いようがない(笑)

2015020107.jpg
山の中腹から福島市中心地方向を眺める。風がとても冷たい。

2015020106.jpg
雪が消え、マンサクが咲く頃になれば、だんだんと人も増えてくるでしょう。

花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

キーガン in カナダナショナル2015

2015年02月07日
2015 Canadian Tire National Skating Championships

今季は男子のパトちゃん、ダンスのテッサ&スコットがお休み。女子のホープ、ケイトリンはケガでお休み…という、シングルにスター不在のカナダ、正直物足りなさはありますね〜。

●男子
キーガン・メッシングがカナダへ移籍、全米で見られないのは残念だけれども、我らがJスポーツではカナダナショナルも放送!(感謝!)カナダのキーガンをフリーだけでも見られてうれしい。コーチも引き続きかっこいいバーグハートコーチで、ロックバンドの楽屋的なキスクラも続行でうれしい(笑)
が、しかし、イマイチ元気ない内容だったのは残念。ちょっと荒っぽいところも、スピードとパワーでカバーしてきたわけですが、その勢いに欠けていたように思います。
順位が5位にとどまれたのは良かったですが、それは周りがイマイチだったからに他ならず…(汗)
ま、そこは気を取り直して、カナダでも独創的なスケーターとしてがんばってほしいです。

男子の優勝候補はケビン、ケガのことは聞いていましたが、SPでジャンプ全て転倒、フリーは棄権となりました(涙)。
ケガで十分な練習ができていなかったこと、そして以前からの靴の問題が大きいと、実況のちづるさんも話していました。ケビンは、どうもかかとが小さいらしく、合う靴がない。ではオーダーでいいじゃないか?といえば、そう簡単な話じゃないのは、スケートファンなら皆知ってる話(汗)

ケビンが離脱すると誰ってことになると、ナム君が来ましたね!現在172cm!…ええ〜!身長の変化に対応するのは大変だったとオーサーインタ。
男子ではただ一人ほぼノーミス、4回転、3Aも決まったし、何よりチームブライアン仕込みのスケーティング美しい。新チャンピオンにふさわしい内容でした。おめでとう。
個人的には、評価の高いプログラムに、私は今ひとつピンこないのですが、まだ若い選手ですからね。これからどんなカラーになって行くか楽しみです。

胸にぐっと迫ってきたのはジェレミー10、今季限りで引退を表明、最後のナショナル、気持ちがこもってましたね。
ミスもそれなりあり、フリー後のキスクラは悔いが残る表情でしたが、結果に驚きと喜びが…コーチも突っ伏して泣いてます。総合2位、ワールド、4CCへの派遣も決まりました。

すてきだなと思ったのは、フィルス君。パトちゃんに似すぎないように個性を伸ばしてほしい。
将来性となると、サドフスキーに期待。フリーのレミゼは、なんでこういうとらえどころのないプログラムのチョイスするかな?って気はしましたが(汗)

⚫︎女子
優勝候補はデールマンとチャートランド、マレー、だいたい予想通りの展開だったと思います。
個人的にはデールマンかなあと。ただ、上位陣はミスが多かったことありますが、この3人が世界で戦うにはちょっと心もとないですね〜。
誰がナショナルで勝つかより、今回の出来がどうこうより、では誰が世界で勝負できるか?という視点で見てしまうこともあります。
ちょっとくらいミスしてもGOGO!と言いたくなる、ケイトリンみたいな選手がいると盛り上がるんですが。

⚫︎ペア
イリュチキナ(元ロシア)&モスコビッチ(カナダ野郎)、まさかこの二人が組むとは思ってませんでしたね〜。
ロシア時代のイリュチキナは、成績他、いつも何かに不満げな感じで、ちょっとこの子どうなん?…と思ってました(汗)合うとはとても想像できなかったのですが、いいじゃないですか〜。SP65点すごいな。
イリュチキナ嬢の身のこなしにロシア的な美とキレが感じられますが、ロシアっぽい不機嫌(すまん)が消え笑顔!バーケルコーチの指導か?(笑)
フリーは「007 ロシアより愛をこめて」あはは、そのまんま〜。ただボンドを誘惑するボンドガールにしては色気が足りない(笑)
フリーはミスが続いてしまいましたが、高いレベルの選手であるのはわかっているので、今回はそんなところで、次がんばれっつうことで。

組み替え多すぎてわけわかんないペアですが、もともとペアの選手で実績がある選手たち、1年目でも一定のクオリティがある。カナダすごいですね。

ムアタワーズ&マリナロ、この組み合わせも意外ですね〜。といってもこちらは、カナダらしい元気印で(笑)
すばらしいスロージャンプやリフトもある一方、ちょっとスピードとか、つなぎの濃さ、滑らかさはまだかなと感じました。

デュハメル&ラドフォード。メーガンはショートヘアの方が断然いいと思います。
クオリティが別格、技術的にもペアとしての調和、表現も、素晴らしいですね。
SP79点…うひゃ〜。フリーはミスもありましたが、スロークワドなんとか決めた!187点!ぶっちぎりです。
ま、突出してますからね。

⚫︎アイスダンス
テッサたちが抜けても、強さはそのままのカナダはすごい。

ギリス&ポワリエ、二人ともまだ23歳、これからやね。
SDはスペイン奇想曲、パイパーの衣装がマンタかエイ?っていうくらい個性的な衣装。ポールは超かっこよく、パイパーはキレもいい、いいですねえ。70点…ひゃっほ〜!
フリーは古い映画音楽を集めたもの?クラシカルでしゃれたプログラムが二人に似合う。パイパーの背中(背筋)がきれい。パイパーはシルエットがどんどん洗練されてきている。
これまで取りこぼしが多くて得点が伸びないことも多かったですが、今季はつめてる…ような気がする。
ポールの故障は気になるけどワールドで頑張れ。

ポール&イスラム、SD、ポールの赤いドレスが優雅。なんとロマンチックな雰囲気の二人。
フリーはジェフ振付の新プロ、あ〜ジェフっぽいね。シーズン半ばでプログラム変更は大変だったろうな。

オーフォード&ウィリアムズ、フリーはタイタニック、カップルが演じるにはぴったりのプログラムに見えて、映画が有名すぎて、映画のシーンをどれだけ再現できたかという視点で見てしまう。そこ違う…とか(汗)意外と難しい。

ウィーバー&ポジェ。でっかい鳥がリンクに降りてきました!ってくらいの迫力。立った瞬間から王者の貫禄。かっこいい!
フリーは四季、ケイトリンの衣装は白の方が好きなんですが、カナリアイエローは華やかさが増すかな。リフトのスケールとエレガントさにはゾクゾクしますね。強く美しく、そしてでっかい!(笑)
今年こそはワールドで取ってほしい。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ツクバネガキ

2015年02月07日

3〜4cmのオレンジ色の木の実がたくさんなっている。
こんな実は見たことない…
調べてみると、ツクバネガキ(衝羽根柿)、またの名をロウヤガキ(老鴉柿)ではないかと思う。

2015020501.jpg
柿の仲間ですが渋柿で、食用には適さないらしい。
黒い実は、霜のあたった柿が黒くなるのと同じだろうと思われます。

2015020503.jpg
シルエットはウサギちゃんのよう。プレイボーイ(のマーク)とか?(笑)
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

山茶花

2015年02月06日


寒い、風も冷たい。
でも、まぶしいくらいの太陽があるから平気さ!

…という風情の山茶花(さざんか)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

冬ごもり

2015年02月05日


冬ごもり思ひかけぬを木の間より花とみるまで雪ぞふりける
紀貫之 古今和歌集

草木も眠る冬、木々の間から降る雪は思いがけず花のようだった…という意味らしい。
まだ実のついている小紫の枝が、雪に埋もれそうでした。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2015ユーロ 女子フリー ロシアが表彰台独占!

2015年02月05日
Starting Orders / Result

キーラの棄権が残念ですが、ワールドは大丈夫でしょう。気を取りおなして…
しかし、ゲデ嬢が…(涙)

第3グループくらいまで、だいたいまとめ
転倒です、転倒です、転倒です…
またロミジュリ
またラフマニノフ
手足…長長長長細長長並長長長太長長長長…

下位の選手はセカンドのダブルジャンプ頼みのところがあるので、ダブルジャンプ重複違反のルールはきつい(汗)

ポポワちゃん、スケートは確実に上手くなっているのだが、ジャンプの確実性が(汗)
マックスウェル、エナウディが似合う大人のエレガント。
ヴァインツァール、SPでいいなと思いましたが、フリーのシカゴは似合ってないし、全くシカゴじゃないし(汗)
クフマルスカ、ロミジュリの前後をロクサーヌでサンドするという、すごい曲編成が気になって、演技どころじゃなかった。良かったみたい。
ガルスチャン ちゃん、手のひらが黄色!こういうカエルにいそうでかわいい。

マエ、今日もゴージャス、背中もすてき。
出だしの2Aがすばらしくて、いけると思ったのですが、3+3決まらず。なんとなく乗り切れず終わってしまいました。

ラジコワ、衣装がすてきだ。アンナ・カレーニナの世界にぴったりマッチ。
しっとりロマンチックな演技でした。
ショットのロミジュリは、女性ボーカル入りの珍しい音源。新鮮だけど禁欲的でロミジュリって感じではないなあ。

ブルナー、難しそうなジャズですが、初々しくてかわいい。伸びやかでスケートの喜びが伝わってくるよう。とてもすてきなスケーター。

さあ、運命の最終グループ。

ポゴリラヤ、滑り込まれ完成度の高い内容になっているのだけれど、ちょっと弱気が出てしまったか。
悪くない、十分すごい内容ですが、シーズン初めのインパクトが薄れてきてしまっているようにも見えてしまう。
というか、今のロシア女子に強豪多すぎて、いいんじゃない?くらいじゃ勝ち残れない現実が大きくのしかかる(汗)
191点、高い得点もまだ油断ならない(滝汗)

ラジオノワ、冒頭から気持ちがこもった演技、彼女の世界に染めていくところはさすが。
難易度の高いジャンプ構成、つなぎの濃さ、メリハリ、身体大きく使った表現。最後までスピードがありました。
すばらしかったです。
209点!!

ビッキー、セレブ風赤いドレスがゴージャス!
スケーティングの存在感がすばらしい。特にステップは圧巻。ミスはありましたが、演技に大きく影響することなく終えました。会場の応援も最高潮。
今できることはだいたいできたと言えるでしょう。美しく華麗な演技でした。

リーザ、体絞った?自信に満ちた表情、落ち着いてますね。
ジャンプはいずれも高く余裕、失敗の気配が全くないです。後半の3T+3Tも完璧。
パーフェクト!!
シーズン前半もほぼ完璧な演技をしてきましたが、押しの強さでもっていった感じ、今回はわざわざ「押さなくても」すごいのわかるでしょ?みたいな余裕が(笑)
うっひゃ〜210点!!!本当に強くなりました!

ヨシちゃん、かっこいい〜!ジャンプの難易度は高くないのですが、大きなミスなく、迫力のある演技でした。
すてきでした。SB169点で総合4位、お〜すばらしい成績です!
ビッキーは5位、姉妹揃っておめでとう。

リーザとラジオノワ、どちらもパーフェクト、どちらが勝ってもというくらい差はなかったように思います。ただ今回はリーザのジャンプの方が美しく余裕があったかも。プログラムの難度はラジオノワが上と思いますが、少しこらえるジャンプがあったように見えました。
ラジオノワの魅力は技術力のすごさですが。私は彼女の演技の中に時々見えるひたむきさやリリカルな雰囲気が好きです。ただ今回はエレメンツの完璧さに気持ちがいって、ほんの少し余裕がなかった。
リーザはエレメンツも表現も余裕があり、見てるこちらを楽しませてくれたように感じます。PCSはリーザが上なのは納得です。
いずれにしても、どっちもすごいです。ワールドがロシア独占でも驚かないかも(笑)
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

2015ユーロ 男子フリー ハビ3連覇おめでとう

2015年02月04日
Starting Orders / Result

スペインのラジャ、かっこいい雰囲気がウェストサイドストーリーに合いますね。
ストリッド君は今季で引退なのか〜。
フィンランドのバルタミン、「アレキサンダー」衣装もそんな感じで足元まで凝ってますね。
シュトルーデル、4T決まった〜。ひょろっとした容姿が癒し系キャラみたいでなんかおもしろい(笑)

ピトキーエフ、表彰台狙う選手だとすれば、4回転入らなかったのは残念。しかし才能は感じますね。ミスはあっても将来が楽しみ。
2Tの飛び過ぎをきちんと対応した冷静さをほめる岡部さん。

サモヒン、4T決まった、2本目は転倒。ミスは多いけれど野心的なプログラム。ちょっと乱暴だけれど、つなぎやステップも激しく充実して楽しい。なんか応援したくなるなあ。
キスクラはサモヒン一家。

リギーニ、懐メロメドレー、脈絡ないけどね。なんか競技色がないんだけど(笑)いい奴っぽさはわかる。
3曲の関連性が薄いことや、ボーカル曲のある意味制約とか、必然性とか、岡部さんの解説にほぼ同感。

マヨロフも23歳か。衣装の骨格と羽根柄がリアルすぎてちょっと怖い。
故障あけを考えると、勢いもパワーもあって、まずまずでは?

ビチェンコ、4T 決まった。おお〜すごい、力出し切れましたね。勢いはありましたが、一本調子なところがちょっとなあ。
キスクラいい笑顔、SB。

ハビ、すばらしい4T、4Sは3Sに、2本目は転倒。ジャンプのミスが目立ってしまいました。予定通りの決まったジャンプはすばらしくきれいなんですが…。リンクサイドのオーサーが一緒にジャンプできなくて残念そう。
しかしスケーティングや音楽表現、演技という面では別格です。いいプログラムです。
赤いナショナルジャージが似合うキスクラ。まあなんとかってことで…みたいな、ホッとした顔。

リーベルス、4Tは高さもあっていけそうでしたが転倒。故障明けの影響でしょうか、稼ぎどころのジャンプでミス、得点は厳しい。
決まるもん決まらないと表現力にも影響すると岡部さん。

アモちゃん、ライオンキング、似合いますよね。民族的なこの衣装好きです。引き続きジャンプ不調ってことにすっかり慣れたよ(汗)
ステップシークエンスのボーカルが「空耳アワー」に出てきそうで(汗)
キスクラのブルザが、どっかの教授みたいだな。

ヴォロノフ、4T+3Tなんとか、3A+2T、4Tは3Tに。ジャンプは不安定なところも多かったですが、全体とすればまずまずかな。
エレメンツに集中するため、つなぎが薄くて、この辺りがハビとの大きな差でもありますね。…あ、岡部さんが同じこという(笑)

待合室の患者…いや勝ち組の控えの間か?…暇そう。男の子ならマンガ本読んでる場面だな(笑)

コフトゥン、4Sおっと、4Tお手つき、3AはSO、うーんジャンプがどれもあぶない。前傾姿勢のクセがいけないのではと岡部さん。クリーンプログラムがでないねえ。
ステップシークエンスがアボちゃんっぽくてすてきでした。後半になってもつなぎがいい感じで、作品としての価値を高めているように見えました。最後のスピンのシルエットも音楽の個性にあっていい、もう少し回転速度とか、ビシッと決まるとかっこいいんですが。

待合室ではテレビのスポーツ中継見てるみたいな…

ミハル、高い3A!3T、4S<<転倒、後半の4Sも転倒。ジャンンプがねえ…TESが伸びない(汗)ただ攻めたところはとても良かった。かっこよかったよミハル。
終わってへとへと〜。
音楽、音楽表現、衣装、振付、いずれもミハルにぴったり。中盤のカバレリアルスティカーナはわからんけど。
コーチの赤パンツど〜よ?

上位選手が揃ってミス、ちょっと煮え切らない男子フリー。
ハビが見事3連覇!…つうか他のライバルもっとがんばりましょう!
なんだかんだ言ってハビのスケーティングが抜きんでていましたね。コフトゥンとヴォロノフも健闘して表彰台に。
ミハルは5位に後退したけれど、気にしなくていいんで、ワールド頑張れば表彰台だって狙えると思います。お世辞じゃなくて。そういう強い気持ちで臨んでほしいです。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

1月の里山

2015年02月01日

ノリウツギ(糊空木)の冬枯れは美しいなあと、毎年思います。

2015010209.jpg
ガマズミだと思う。

2015010208.jpg
せんだん(栴檀)、緑の実がたわわ。

2015010211.jpg
アキノキリンソウの花の後。

2015010210.jpg
ゼンダングサ、通称「引っ付き虫」。
服に着くだけならいいですが、トゲが布を通して刺さって痛い、要注意。

2015010101_20150104145742ffb.jpg
日当りのいい場所ではネコヤナギの芽が膨らんでいました。

2015010313.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |