燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密

2015年04月30日
exhibition9979ischerry.jpg

尾形光琳300年忌記念特別展
燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密

2015年4月18日(土)~5月17日(日)
根津美術館
2015年は、享保元年(1716)に59歳で没した尾形光琳の300年忌にあたります。それを記念して、当館が所蔵する「燕子花図屏風」とMOA美術館が所蔵する「紅白梅図屏風」、光琳が描いた2点の国宝の屏風を中心とする特別展を開催します。
このふたつの屏風にもうかがわれる光琳のデザイン性に、あらためて注目したいと思います。光琳は、京都の高級呉服商を生家として美しい衣裳に囲まれて育ち、また縁戚にもあたる本阿弥光悦や俵屋宗達によって生みだされた江戸初期の装飾芸術に親しみ、かつ新しい時代の感覚も取り込んで、独自の世界をつくりあげました。
 本展では、光琳の「模様」のような屏風の系譜を宗達からたどり、光悦に関わりのある雲母や金銀泥による木版摺りが光琳に与えた影響を探り、さらに漆器の図案や弟・乾山の陶器の絵付けなども含めたデザイナー・光琳の営みを総覧します。


小品から大作(有名作)まで多数、見応えのある展覧会でした。
「四季草花図屏風」は比較的小さな屏風、四季の草花が写実的に緻密に描き込まれたこのような作品は、町家の小さな空間で至近距離でじっくり眺めて見たいなとも思う。

夏草図屏風は、堂々と咲き誇るタチアオイが主役ですが、ふと地面を見るとは小さな花々が咲いていて楽しい。光琳の遊び心を感じます。
扇をコラージュした屏風も楽しい。

5X705662O6.jpg
蔦の細道図屏風 伝俵屋宗達筆・烏丸光広賛
日本・江戸時代 17世紀 相国寺蔵

伊勢物語にもとづく作品、帯のような、とても大胆なデザイン。
現代の大きなホテルのロビーにあっても違和感ないですね。

irischerry9785.jpg
流水図乱箱 尾形光琳筆 日本・江戸時代 18世紀

流水というより「淀み」だろうか、ゆらゆらとした水面の光の描き方がすごい。それでいながら装飾的な豪華さもあります。

hqdefault.jpg
メインの燕子花と紅白梅はこのように展示しています。
壮観ですね!
十分に広い空間ですが会場は混んでいて、これではゆっくり見られないかもと思いました…少し離れて全体も見たかったので。しばらくすると人も落ち着き、近くで見たり、全体を眺めたりできるようになりました。

6c2c334a.jpg
e971a81b.jpg
燕子花図屏風 尾形光琳筆 日本・江戸時代 18世紀

金地に緑と青の濃淡のみ。
会場では「思ったより暗い(作品)」なんて声も聞えてきます。私は映像や写真で見るより鮮やかで明るいと思いました。
一度見たら忘れない、シンプルでデザイン的、インパクトの強い作品です。
少し離れて全体を見ると金地の光加減か、重厚な雰囲気です。近くで見ると簡略された燕子花が軽い印象。
そして屏風ですからジグザグに折れて展示されています。ゆっくり歩みながら鑑賞するとリズム、一定の呼吸を感じ、風景に取り込まれていくようです。屏風の鑑賞は動的(動画)だと思う瞬間です。
燕子花の図柄は(型紙を使って)あちこち同じパターンを繰りかえしていることが知られていますが。作品を前にするとわからないですね。探してみて、ああここか…と思うくらいで。

550765c0.jpg
紅白梅図屏風 尾形光琳筆 日本・江戸時代 18世紀

若木の紅梅と老木の白梅の対峙。
中央を流れる川はモダンデザイン、梅は驚くほどリアル、特に幹は苔むした感じまでリアルです。
中央の黒々とした川は、元々は銀の輝きで、今の見え方とはかなり違っていたと言われています。そうなのだけれど、渋さのある今は今の趣きで楽しむのがいいのではないかと思う。

949TWzGQLsTa.jpg
《槇楓図屏風》伝 俵屋宗達筆 山種美術館蔵 / 重要文化財《槇楓図屏風》尾形光琳筆 東京藝術大学蔵(4/18~5/3展示)

宗達の作品を光琳が模写というかアレンジした作品。
オリジナルの宗達は渋く、かっこいい。光琳は華やかさか、どちらもいい。

万事遊び心があるのが光琳、目にも暮らしにも贅沢し育んだ才能なのだろうなあ。
スケッチや下書きなど、光琳の暮らしぶりもわかる資料「小西家文書」なども展示されなかなか興味深いものがありました。

アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

母子草

2015年04月30日


春の七草に含まれる「御形(ごぎょう)」は母子草(ハハコグサ)のこと。
私は「食べた、食べていた」話は聞いたことがないのですが、昔は草餅に入れていたのが、明治の頃から「ヨモギ」に変わっていったらしい。

2015042502_20150427140039576.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

オランダミミナグサ

2015年04月30日
2015042536.jpg

ハコベに似てハコベを大きくしたような見た目。
オランダミミナグサは帰化植物。在来種のミミナグサと似ているけれど、茎の色や花のつき方が違う。

2015042537.jpg

近くには、ワスレナグサと同じムラサキ科のキュウリグサが茂っていました。
葉や茎を揉むとキュウリの香りがすることから…そう思って嗅がないとピンとこないですが。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

木瓜「黒光」

2015年04月30日
2015042506_20150427142534734.jpg

黒っぽい赤の木瓜(ボケ)。
うまく写真に撮れないのがもどかしい、深い赤にビロードのような質感が美しいボケです。
こういう品種もあるのかと、調べてみると「黒光」かな?

2015042507.jpg

私がよく見かける木瓜は朱色か白で、時々白っぽいピンク。
木瓜にもたくさんの種類がありますね。

world-plants ボケ品種紹介

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感 春ですねえ

2015年04月29日
春です。どんどん月日が過ぎ、スケート界から情報どんどん出ても追えてない(汗)

Ice Dancers Charlie White and Tanith Belbin Say 'I Do'
チャーリー・ホワイトとタニス・ベルビン結婚!
おめでとうございます!
ウェデイング写真が広告かと思うほど美しいですねえ!ま、美しい二人だから当然か?(笑)
--------------------------------------------------------------------------------
チャーリーといえば、無良君の新プロ振付けする予定なんですよね。中京大の合宿にメリチャが指導にきたりがあったけれど、振付の仕事をしているとは知らなかったのです、私だけ?
どのようなものになるかわかりませんが、無良君の魅力は男性的なスケート、それを生かしつつPCSを高いレベルで維持することが今後必要なわけで、男性的な身のこなしや体の使い方を教えるという意味で、チャーリーは適任と思えます。

無良崇人選手ファンミーティング 洋菓子のヒロタ
無良君がシューアイスを「あ〜ん」してくれるでしょうか?(笑)
--------------------------------------------------------------------------------
浅田真央のにっぽんスマイル 第7回 来週のゲスト 伊藤みどりからメッセージあり 【2015.04.13】
浅田真央のにっぽんスマイル 第8回 公開収録 ゲスト:伊藤みどり 【2015.04.20】
真央ちゃん、どんどんリラックスしてはなせるようになってきた(笑)
みどりさんを迎えて公開録音。3Aへの思いが熱い(涙)時代は変わっても、選手のモチベーションをあげるカギがあるという意味では、どの選手もいつの時代も変わらないですね。
みどりさんの引退のプロセス、その後…真央ちゃん真剣に聞いてるなあ。
(9回目もみどりさんです)
--------------------------------------------------------------------------------
家庭画報 大人の美と教養の講座 4月27日 
長光歌子先生の講演会

リンクしませんがTwitterで検索すると、全貌のレポが読めます。皆さんお疲れさまでした。
ダイスケは24日に、スケート靴を持たずにアメリカへ旅立ったとか。
大学院を中退したことについては、あともう少しのところで卒業できたわけだし…批判もあったようなんですが、そういういきさつがあったのかと。いかにもダイスケらしい話です。
このあたりのニュアンスがどれくらい(きちんと)外部に出るかわかりませんし、大声で言うものでもないですが、ファンにとっては「わかる〜」ですよね(笑)

AOIはやはり豪華なショーだったんですね。日本でも見たいですね〜。
ダイスケのスケートを愛してくれたシェイリーン、彼女が振り付けた「道化師」への思い。この話聞けてよかったです。シェイリーンとニコライが一緒にいたころが懐かしい(遠い目)
個人的ツボはニコライと別れる頃の話。ニコライのスケートへの情熱や選手への愛は、まぎれもなく真実だと思いますが、「カネ」の話になると、とたんに人間がちっちゃくなるという(爆)
今だから話せることでしょうが。まあそういうイロイロ欠点あるのがニコライのおもしろいところです。

From D1SK http://d1sk.com
ダイスケからのメッセージ
なんとかなるでしょう〜(笑)
--------------------------------------------------------------------------------
小塚崇彦、来季以降の現役続行へ前向き 日刊スポーツ 4月24日
続行ならほんとうにうれしい。このままで終わってほしくないです。とはいえ、続けるとなると困難も多いだろう。そして、こればかりは本人の意思ですからね。
--------------------------------------------------------------------------------
PIW2015
GWといえばPIWですね。
私は観戦予定がないのですが、復帰した荒川さんがきれいだったとか、織田君のダース・ベイダーが観客参加型だったとか、みんなで2A「新葉降り」をしたとか、楽しい話が聞こえてきます。
ゆきなはんが今季でPIWを卒業だとか…スケーターは続けてくれるんでしょうか?

町田樹氏 電撃引退後初のアイスショー終え「誠心誠意、自身の仕事を務めて参る所存でございます」
デイリースポーツ 4月25日

「町田樹氏」…「氏」なんだ?(笑)
町田君らしいコメント、元気そうで良かった。現役を離れれば、自分の好きな表現を思いのままできるという利点もありますね。
--------------------------------------------------------------------------------
ソチオリンピックが終わり、日本も気になりますが、海外の動向も気になるところ。まずロシアの動向が気になりますね。オリンピックに向けて強化して来たこともあり、終わればそこに投入して来た物心両面に変化があるのも当然か?

ソトニコワとユリアは来シーズンがつんと来ますでしょうか?ロシア女子の層の厚さはいいことなんですが…(汗)
特に問題なさそうなペアですが、ストルボワ&クリモフは大丈夫なのか?
ボブソワはどうなっているんでしょうか?ニキータにもがんばってほしい。来季ワールドのアイスダンスは2枠となってしまいました…もめそうです(汗)
そして男子、プルさんが本腰入れて競技に復帰、いや〜どこまで行くんでしょうか。あの男は!?
ワールド男子の枠はです…3枠とか贅沢言わない、2つあるだけまだマシです。…あ、ロシアもめるのはいつものことだから(汗)

ダンスは、パパシゼという新しい本流によって大きく変わりそう。拠点のカナダ、マリパトさんちに移る選手もいて、大所帯ですね〜。

パトちゃんの競技復帰楽しみですね、目下最もリードしていると思われるゆづにどこまで迫れるか?
あと、カナダのケイトリン(シングルの方)は競技に戻ってこないんでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------
平成27年度強化選手

ぼやぼやしてるうちに平成27年度の強化選手が発表されました。
そうなんだ〜そうなのか?…って言えるほどの根拠もないですが…(汗)
特別強化に草太くんとわかばちゃん、すごい期待感。
遥ちゃんは強化Bか。
ひとまず刑事君がこの位置にいてくれてよかった。

来季のワールドは、男子2枠、女子3枠。
男子は実質的に、ゆづ、こづ、無良、ダイス、ショーマから2人だけ(汗)
--------------------------------------------------------------------------------
あとすごく気になってるんですが…
村主さん→振付師
あっこ姐さん→振付師
ナナちゃん→振付師
これまで日本の振付のシェアNo.1を誇っていたミヤケンに危機が…!(大げさ)
二人がどれだけ牙城を崩せるかに注目です(笑)
ミヤケンさんなら日本で仕事減ったら(そんなことないか・笑)海外での仕事もたくさんありそうですが。
余計なお世話ですね。すまん(笑)

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

世界フィギュア国別対抗戦2015 ペア・ダンス

2015年04月28日
ISU World Team Trophy 2015
Teams
Results

日本は今弱いペアとダンス、TVやライトなスケートファンには注目度も今ひとつですが、こうしてトップ選手の演技を見られるのはうれしい、楽しい。

●ペアSP
古賀亜美&フランシス・ブードロ・オデ
日本のペア代表です。もちろんまだまだジュニアの滑りなんですが、くせのない素直な滑り。想像以上にすてきでしたよ。今後に期待です。
ジャンプも全て決まってうれしそう、大舞台で萎縮することなくのびのびだったのでは?

川口&スミルノフ
転倒は残念でした。ぴりっとしない内容だったかなあ。
ただ大人のスケーティングはこれだと…すてきでした。
大人になるにつれ妖しさを増すスミルノフ君ですが(汗)、普通っぽさよりは個性的な川口さんには、今の彼の方がしっくりきます。

スイ&ハン
スイちゃんがとにかくでっかくなった。ハン君との体格差が少ないんですよね。とにかくよく動いて勢いがあり、会場も沸きました〜スタオベ。
生で見ると二人の成長ぶりがより感じられます。

デュハメル&ラドフォード
ラドフォードさん体調悪かったらしい。彼ら比で今ひとつ、でも主役オーラがたっぷり、以前のような脇役じゃないんだなと実感。ミスありもこの得点すごいな。

●ペアフリー
古賀亜美&フランシス・ブードロ・オデ
1Tなどミスもあり、VBは45点からですからね、できることには限界があります。そのなかでよくがんばりました。大舞台の喜びを味わってくれたらいいなあ。

ジェイムス&シピア
大人になるにつれ、美しさが増してきたと思います。容姿もスケーティングも。
ミスもたくさんありますが、このプログラムは好きです。つうかこのペア好きなんです。たいてい後半に失速気味になるのが…ここをなんとかしないと、ぐずぐずの印象で終わってしまう、がんばれ。

シネカ&クニエリム
とても楽しみしていたペア。シャープなスケーティングと華があって、やっぱりすてきでした。
4ツイストが決まり波に乗った感じ。こういう場に居合せるって楽しい。
ミスもありましたが終えてガッツポーズ!

川口&スミルノフ
完璧には終われなかった残念!
でもこのプロを競技の場で生で見れたことがうれしい。スケールの大きさ、迫力、そして美しい。
ぞくぞくするような緊迫感は競技の場でより強く感じられるような気がします。スピードがあって、エンディングへ駆け抜ける感じ。
また、来季がんばってほしいです。

デュハメル&ラドフォード
体調悪い中ここまでできるってすごいです。
今季負けなし、やはり存在感がちがったかな〜主役感の勝利か?(笑)

スイ&ハン
SPとはがらっと雰囲気変えて、大人っぽいクラシックで。美しく迫力のあるプログラム。でも無理に背伸びした感じではなくて、若者らしいさわやかな感じで好感。
つなぎもうまくなりましたよね~。二人とも指先にまで気持ちが行き届いています。
4ツイスト決まった!3連続も完璧、途中ミスもあったけれどすばらしい内容。しかし2位か…1位のラドフォード組もミスがあったので、スイハンが上だと思っていたのですが…ああ〜BVに8点も差があるのか(汗)

●アイスダンスSD
SDはTV観戦、ポジェ君たちとベイツ君たちの気迫のぶつかり合いがすごかったですね。どっちが勝ってもな今季です。
リード組はミスが残念。
パパシゼは、ガブちゃんのスカート使いがエレガントで新鮮。
エレーナたちはちょっとゆるい感じに見えてしまった。

●アイスダンスFD
リード&リード
「ムーンリバー」すてきなプログラムです。
なんとかいい形で今シーズンをしめくくってほしいと願っていましたが、ツイズルで乱れ、キャシーの転倒、う〜んこうなると挽回も難しい(涙)
エレガントで明るい雰囲気もあり、とてもすてきなんですが。
演技を終えて涙が止まらないキャシーをいたわるクリス。泣かないで〜。

翌日、キャシーの引退が発表されました。
抑えられない気持ち…。ああでも、とても残念です。
もう二人のダンスが見られないと思うと悲しい、自分は思っていた以上に彼らのスケートが好きだったんだなと思う。
クリスは続行を表明、いいパートナーが見つかりますように。

イリニフ&ジガンシン
エレーナが大人っていうより貫禄、ラテンの女まっしぐらな感じ(汗)ジュニアから見てるので余計そう思うのかも。
素人目にもわかるミスをしてしまうと、ダンスは得点が出ない。
正直いうと、表彰台にくるには全体に荒っぽい感じ。気迫はすごいなと思うのですが。それよりルスランが組み替えしてたくましくなっていてびっくり。
いろいろあったけれど、この二人を生で見られてうれしい。

パパダキス&シゼロン
すごいエッジでした。SDではそれほど感じなかったのですが、生で見てちょっとびっくりしました。
FDは冒頭から世界観が構築され、二人の醸し出す雰囲気に飲み込まれるような気分…ほんとに10代なんだろか?と(汗)
どこをとっても美しい、絵画のような完成度。そして優雅ですが、スピードもあるんですよね〜。
長く続いたメリチャとテッサたちの時代から、新しい時代の兆し、もちろん王道だと思うのですが、とても新鮮でした。こういうアプローチがあるんだと。いいものを見せてもらいました。

チョーク&ベイツ
今季の見所の一つが、ポジェ君たちとベイツ君たちの対決。実際生で見比べて、彼らの魅力は密な振付で流れが途切れないことかなと思う。とにかくスムーズ。
今回は転倒というわかりやすいミスがあり、順位を落としてしまったのですが、ベイツ君転倒なんて初めて見たかも?振付に戻るのが大変そうで、いかに緻密なプログラムかということを改めて実感。

ウィーバー&ポジェ
四季はスケールの大きい二人にぴったりのハマりプロだと思います。神々っぽいんです(笑)
スピードに乗って、きらびやかに雄大に舞う!
エレメンツの見栄えという意味なら一番かな思うのですが、贅沢言えば、もしかして身のこなしやつなぎの濃さみたいなところで、ちょっと伸び悩みかな?
でもとにかくすばらしい二人です。

結果はパパシゼ1位、ポジェ君にも勝ってほしかったけれど、なんか納得してしまいました。パパシゼすごいです。来季にまたどんなものを見せてくれるか、楽しみです。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

猫返し

2015年04月28日
2015042501_20150427140031ce7.jpg

立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む
中納言行平 小倉百人一首(在原行平・古今和歌集) 

あなたと別れ、因幡の国へまいりますが、因幡の山の松(待つ)のようにあなたが待っていると聞いたなら、すぐにでも帰ってまいります。
38歳の行平が、因幡の国(鳥取県)の国司に任命された時、恋人に贈った和歌だとか。

最近、この歌がいなくなった猫が帰ってきますようにという「猫返しのまじない」だと知りました。
やり方としては…
「歌を書き込んだ紙に、いなくなった猫が使っていた食器を被せておく」
だそうである。
ちなみに写真の猫は、声をかけても知らん顔、散歩道で出会った猫です(笑)

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

日大工学部の桜並木〜郡山市の桜

2015年04月27日


日大工学部の正門からの桜並木はとても見事で、桜の時期に一般開放されています。
この日はライトアップされた夜桜を見に来たのですがあいにくの雨。(4月21日撮影)

2015042104_201504261844384fe.jpg
桜は満開ですが…残念。

2015042105.jpg
いや、でも雨の桜に外灯がかすみちょっと雰囲気がいいんじゃない?

2015042103_20150426184438312.jpg
校門の外の一本桜も見事です。

2015042106.jpg
着いたときはまだ明るかったですが、あっという間に夜の気配。
雨も本降り、ひとけもなくなってきました。

2015042102_201504261844367cc.jpg
日大工学部
工学部の正門から約100mにわたり続く桜並木は、郡山市の桜の名所の一つに数えられ、多くの市民の方々に親しまれています。桜の開花の様子をWeb上でライブ配信したり、見頃にはキャンパスを一般開放し、花見の場を提供しています。
----------------------------------------------------------------------------------
2015042107.jpg
番外
この日は、花見という名の宴会でした。レストランのガラス越し、ライトアップされた桜がとてもきれいでした。ライトアップされると、色はあまり関係ないかもしれませんね。

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

日輪寺のしだれ桜

2015年04月27日
2015041293.jpg
本宮市、日輪寺のしだれ桜です(4月12日撮影)
推定樹齢200年。エドヒガンの枝垂れ桜で、幹が根元より二つに分かれた双樹の巨木です。本宮市指定天然記念物です。

2015041296.jpg
陽の明るいうちにたどり着けてよかった。


というまもなく日も落ちてきました。西側には安達太良山。

2015041295.jpg
滝のように惜しみなく咲いています。

2015041297.jpg
赤みを帯びた花、これでもずいぶん色あせた、数日前の方が赤みがあったと、近所の方の立ち話が聞こえてきます。

2015041291.jpg
気のせいか、夕日は桜に赤み差したり、方向によって色合いが変わって見えます。

2015041292.jpg
椿と桜

20150412104.jpg
この場所は、桜の根元まで墓地…というか、今も個人の墓地の敷地らしい(汗)
震災から数年は、墓石や灯籠が倒れたままでしたが、今はきれいに修復されています。

20150412102.jpg
これほど見事な桜ですが、まだそれほど有名ではないと思う。
おかげで混むこともなく、桜の真下をぐるぐる廻ることもできます(笑)

2015041294.jpg
今年も地面を覆うばかりに咲いています。

20150412100.jpg
天に高く伸びた枝は昇り竜のような。

20150412101.jpg
高台から東の本宮市内を望む。

2015041299.jpg
逆光で迫力を増す太い幹。

2015041298.jpg
狩野派のように大胆な構図で(笑)

20150412103.jpg
4月12日、この日の怒濤の桜巡りもそろそろ終わりです。
今日一日の晴天に感謝です。

日輪寺の紅枝垂桜 (本宮市)

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

護真寺の桜~長沼の桜

2015年04月25日


護真寺(須賀川市)概要: 護真寺は、臨済宗円覚寺に属し、須賀川市普応寺の末寺で観応2年(1351)普応寺開山印元禅師の法弟、本禅等択和尚が開山したといわれる。本堂には、県指定重要文化財、木造宝冠釈迦如来座像(昭和56年指定)が安置されている。
木造宝冠釈迦如来座像は鎌倉時代に製作されたもので檜材、寄木造、像高43.2cm、玉眼、金属製の宝冠、昭和56年(1981)に福島県指定文化財に指定されています。その他にも境内には明治15年(1882)に建てられた不動堂、唐破風が設えられている土蔵、鐘楼などの建物が配置されています。
護真寺のサクラは推定樹齢450年、樹高12m、幹周4.5m、根回6.3m、昭和51年(1976)に福島県指定天然記念物に指定されています。


2015041243.jpg
今年もやってまいりました護真寺の桜。エドヒガンのしだれ桜です。(4月12日撮影)

2015041247.jpg
8分咲きくらいだろうか。

2015041241.jpg
枝の上の方は咲きそろってます。

2015041242.jpg
指のような枝…巨大ですが(汗)前回は気がつかなかったな。

2015041246.jpg
落ち椿と桜。

2015041244.jpg
桜も木々も境内も、日差しが作る桜の影までも美しい。

2015041249.jpg
境内は慎ましくもきれいに整えられていてます。
本堂の前にいくと、「ゴーっ」という掃除機の音が(笑)…のぞいてみると、檀家の方がお掃除をしていました。このは何か集まりがあるらしい。
「『うちの国宝』見ていったら」という声をかけて頂き、本堂に上がらせて頂きました。
檀家さんたちの「国宝」、県指定重要文化財「木造宝冠釈迦如来座像」は、エキゾチックで美しいお釈迦様でした。お会いできて光栄です。

2015041248.jpg
桜から横手の墓地の方へいくと、真っ赤な花弁。
こちらは椿ではなくて、山茶花かな?

2015041245.jpg
この、イルカのオブジェのようなてっぺんが「護真寺の桜」の目印(笑)


桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

翠ヶ丘公園の桜

2015年04月25日


須賀川市の市街地にある翠ヶ丘公園に初めてきました。桜は満開、天気もいい、大勢の人でにぎわっていました。(4月12日撮影)

2015041284.jpg
園内はもとより、周辺の道路も桜も桜並木が続きます。

2015041282.jpg
起伏のある園内のあちこちに桜や椿、花木があります。

2015041283.jpg
これはプラムかな。

2015041285.jpg
都市公園らしく芝生の広場には、家族連れなどたくさんの花見客がお弁当をひろげていました。

2015041286.jpg
広場のむこう満開の桜、近づいてみると2本の桜、かなり大きい。

2015041288.jpg
園内のソメイヨシノは満開から少し白っぽくなってきたころだろうか。

2015041281.jpg
観光パンフレットなどに載っている撮影場所。

2015041287.jpg
なぜか赤い太鼓橋、そのおかげで翠ヶ丘公園だとわかるのですが(苦笑)

2015041289.jpg
須賀川観光協会
都市公園百選の1つ。五老山、愛宕山、妙見山からなり、広さは東京ドームの約7倍。
須賀川(下の川)両岸1kmにわたって咲くサクラ、新緑、紅葉、雪景色など四季を通じて景観の美しさを楽しめます。
また、園内には万葉集の句を刻んだ歌碑や江持石の彫刻などがおかれています。
桜約200本、約1kmの桜並木は見事。



桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

神炊館神社の桜

2015年04月25日


神炊館神社(おたきやじんじゃ)の桜です。
この神社には、樹齢およそ300年になる12本のエドヒガン…全国でも珍しい「原種」があると知りやってきたのですが…見つけられませんでした。
行けばわかるよね?くらいに考え、よく調べなかったのがいけないのですが、裏手の方にひっそりあったらしい(汗)
この日はたくさんの桜を廻っていて、若干疲れも…(汗)この立派なしだれ桜を見て満足してしまいました。

神炊館神社のエドヒガン

2015041272.jpg

奥州須賀川総鎮守 神炊館神社
奥州須賀川の総鎮守である神炊館神社(おたきやじんじゃ)は奥の細道の途次、芭蕉が参詣した神社です。
全国でも唯一の社名は御祭神である建美依米命(初代石背国造)が新米を炊いて神に感謝したと言う事蹟に因ります。
室町時代に、須賀川城主であった二階堂為氏が信州諏訪神を合祀したことから、現在に至るまで「お諏訪さま」としても親しまれています。
慶長3年(1598年)に現在の諏訪町に遷宮され、爾来、須賀川市の中心市街地にありながら閑雅を保つ鎮守の杜に400年の時を超えてお祀りされています。


2015041270.jpg

高く細長く伸びたしだれ桜は水墨画にでてきそうな…。薄幸そうな細身長身の美人って風情です(妄想~)。
ここは須賀川市中心地ですが、広いとはいえない境内、駐車場も少ないので、車は近くの翠ヶ丘公園に停めるのがおすすめです。

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

古館の桜〜長沼の桜

2015年04月24日


昨年、とうに見頃が終わっていた古館の桜にやってまいりました。
大きく立派な桜です。(4月12日撮影)

2015041215.jpg
満開です。

2015041214.jpg
周囲は平地、田畑が広がっています。
ここはもちろん私有地で、桜の主と思われるおじいさんが、いろいろ話してくれます…が、イマイチ意味をなしてない(すみません)

2015041218.jpg
根元にはナゾの石像、こういうものに詳しくないので(汗)
足が小さくてかわいい。

2015041220.jpg
花の枝は地面まで届いています。

2015041216.jpg
見上げると黒々とした枝。

2015041219.jpg
太く高さのある巨木、とても男性的ですね。

2015041217.jpg
ここは福島、米どころです。

2015041213.jpg
桜めぐり|須賀川市のみどころ|須賀川観光協会

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

永泉寺のしだれ桜〜長沼の桜

2015年04月24日
2015041265.jpg

永泉寺のしだれ桜にきました(4月12日撮影)


幹線道路から山の方へ上っていくと桜が見えて来ます。今の時期は寺よりも桜のピンクの方がずっと目印になりますね。

2015041266.jpg
8分咲きくらいだろうか。
満開をすぎると、あっという間に白っぽくなりますが、今は濃いピンクが美しい。

2015041264.jpg
上の方はかなり咲いています。

2015041263.jpg
推定樹齢300年。お寺の桜はどこも立派、本堂の前にそびえています。

2015041262.jpg
寺からのながめ。

2015041267.jpg
青空に堂々と咲き誇る桜、風格がありますね。

2015041268.jpg
椿と桜。

2015041269.jpg
梅の花もまだ残っていました。
花盛りの永泉寺でした。

永泉寺のシダレサクラ(須賀川市)

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

兎内の桜から長沼城跡へ〜長沼の桜

2015年04月24日


「兎内(うさぎうち)の桜」、細くわかりにくい道を辿って、ようやく着いたものの桜には早すぎました。(4月12日撮影)
まだ春は来ていない感じですね〜。誰もいません(苦笑)

2015041252.jpg
まだ咲き始めです。
少しがっかりしながら帰りましたが、あとで写真を見ると、桜が咲けば池が鏡のようになり、さぞ美しい風景が広がるのではないかと思う。
2015041251.jpg
池の周囲にたくさんの桜があり、最近整備された風。
公園のように見えるけれど、池に面して普通の民家があったり、ここに大勢の人が来たら、わずらわしいかもしれませんね。
-----------------------------------------------------------------------------
2015041255.jpg

兎内の桜から長沼城跡の桜を回りましたが、こちらも早すぎました。
須賀川市長沼地区にはたくさんの桜の名所がありますが、場所や桜の種類によって咲く時期がかなり違うことを実感します。

須賀川さくらまつり

2015041256.jpg
桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

空の美しい日

2015年04月23日
2015042102.jpg

前日までの雨から、からりと晴れた青空。
新緑がまぶしい季節です。



雪を頂く安達太良山。
仕事でやって来た郡山市郊外の建物、5階からの眺め。ここから安達太良山が見えるとは知らなかった。

2015042104.jpg

空が高い。

2015042103.jpg

手前は阿武隈川の支流。
郡山市の市街地はこの辺りで終わり、この先は田畑や集落が点在するのどかな地域です。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

世界フィギュア国別対抗戦2015 女子フリー オペラ座祭フィナーレ

2015年04月23日
ISU World Team Trophy 2015
Teams
Results
世界フィギュアスケート国別対抗戦2015(テレビ朝日)

マエ
ミスはあったが点数低すぎと思ったら、ああ〜2T跳び過ぎ…マエ、お前もか…(汗)
かっこ良くて、洗練されて来ているのですが、なかなかPCSが出てこないのが悔しい。

デールマンとチャートランド、ほぼ実力が拮抗しているカナダの二人。今回はデールマンが根性見せたかな?
カナダのキスクラは残念な結果にも、ラインダンスしたりして、妙に明るい。なかばヤケクソ?

ジジュン
記憶にあるよりスピードが出てきたように思う。
可憐ですねえ。メリハリという意味で音楽構成とかちょっと疑問。さらっとしすぎるような。

後半グループ、ゆづだけカメラがゆづに張り付いてます。

宮原さん
冒頭の強い眼差しが印象的、大会ごとに 堂々としてきてます。上手いけれどストイックに滑っていた頃から、外向きの表現が開花してきて、頼もしい。
後半に2A+3Tを2つ、ジャンプはなんとノーミスです!指先の細やかな表現、足下まで美しいなあ。
そしてスローパートがまたすてきなんだなあ!繊細に、心のひだまで表現できていると思う。女性の強さと優しさと…ぎゅっとつまってますね。
そしてガッツポーズ…あの宮原が⁉︎(笑)
観客を熱狂させる快感、キスクラの楽しそうな感じ、あらたな喜びを存分に味わって、ステップアップの一年でしたねえ。

カナコ
新衣装はずっといい。ミスはあってもまずまず、メリハリのある演技でした。
実際生で見ると、大人っぽくスケールの大きいスケーティングに魅了されます。
疑問ばかり感じるプログラムですが、ようやく認める気にも…なるかな?でももういいけど(汗)
苦しいシーズンでした、お疲れ様。ちょっと休んでまたがんばって下さい。

アシュリー
女優登場〜華やか〜。
見た目ノーミスなんですが(2つ目の3Lzでバランスくずしたか)あちこち引かれてしまう、アシュリーにありがちなパターンですが、それも最小限に食い止めたと言えるのでは?
冒頭の女性ボーカルがちょっと低音で始まる、その重厚感が表現できている。喜怒哀楽だけでなく、女性の多面性みたいなところが魅力のプログラム。
キスクラでも女優〜(笑)背景も派手!!

ラジオノワ
こちらのお嬢さんも身長が伸びた?
スケートのメリハリ、キレ、ラジオノワ比ではあまり良くなかったと思う。前半の音楽表現、エレガントな所作はさすがだけれど、後半こらえるところも多く、疲れてきたように見えました。
彼女にしかない独特のきらめき、そしてかわいい色っぽさ、1シーズンでどんどん変わっていく。

リーザ
マダムな18歳、メイクも衣装も「夜」なんだよね〜(色っぺ〜)
高さに余裕のある3A!!!
1L、スピンの取りこぼしなど、ミスはいくつかあったけれど、後半の3+3Tも決め、ジャンプの確実さはさすが。ぶっちぎり優勝には余裕〜。
とにかく3Aのインパクトはすごい。いいもの見せてもらいました。

グレイシー
春のオペラ座祭、トリはグレイシー。
美人だけど、やっぱりかわいい〜。
3Lzのコンボで転倒、3A+3T完璧、3Lビューティフル、スピンで珍しくバランスが…。そして後半、3Lzに不安があるのかな、ちょっと失速し立て続けにミスしてしまいました。
今シーズンは2本揃えることがなかかできない、結果として順位を大きく下げてしまいました。
しかしスケーティングや所作の品の良さ、華やかな雰囲気は魅力です。
フリー5位も、国別はアメリカ優勝!おめでとう!

リーザはすごかった。
2位ラジオノワ、僅差で3位に宮原さん。
宮原さんはすばらしかった、今回はラジオノワより宮原さんだと思うけどな〜。現時点で、ロシアやアメリカ女子が1ミスくらいだと勝てないって図式がちょっと悔しい。ただこういう演技を重ねることで評価も上がってくるはず。

女子は現在のトップ選手が揃い、見応えのある大会になりました。
つうかロシア、アメリカ、日本以外の女子も頑張れ!
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

横田陣屋御殿桜〜長沼の桜

2015年04月22日


長沼地区で一番早く咲く桜。推定樹齢300年。(4月12日撮影)

2015041232.jpg

横田陣屋御殿桜/須賀川市公式ウェブサイト
江戸時代に横田の地を所領していた、溝口氏の邸宅内に植えられていたため、「御殿桜」と呼ばれ、館の主に寵愛された桜と伝えられています。

2015041231.jpg
昨年は遅すぎたのですが今回は間に合いました。
遠目にもびっしりと花をつけている様子がわかります。

2015041236.jpg
咲き誇るとはこのことですね。
花の時期以外は、わりと地味な木ですが、花をつけると一変です。

2015041238.jpg
花がもりもり(笑)
密集して咲いています。この近くにある寺の桜と同じ種類らしいのですが、雰囲気が違う。こういう桜は見たことがありません。

2015041237.jpg
枝振りも見事。

2015041239.jpg
ここは個人宅、短い期間とはいえ桜の時期は大変だろうなあと思います。
ここに住んでいると思われるおばあちゃんが、見物客の相手をしていました。

2015041233.jpg
長い枝の先まで花がついています

2015041234.jpg
ここはのどかな田園地帯、周囲の景観も美しい。

2015041235.jpg
長沼で最も有名な桜、来てみてなるほどと思う。

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

岩崎山史跡公園の桜〜長沼の桜

2015年04月22日
2015041223.jpg

4月12日に長沼の桜巡りをしていたのですが、なかなか記事がアップできない。少しずつ紹介します。

岩崎山史跡公園には、昨年も来ているのですが、山(低山)の上の方にあるしだれ桜は終わっていて、次はこの桜が咲いている頃にこようと思っていました。
緑の針葉樹を背景にした桜が、目当てのしだれ桜、満開ですね。

2015041226.jpg
ここにはたくさんの種類の桜があり、花の時期は微妙に違っています。

2015041227.jpg
しだれ桜を横から見たところ。

2015041221.jpg
山と行っても、公園として整備されたわずかな道のり。桜に飾られた道を歩くのは楽しい。

2015041225.jpg
しだれ桜に着きました。

2015041224.jpg
間近で見るとそれほど大きな桜ではありません。かなりの老木で、人の手がだいぶ入っています。
昨年はしだれ桜は終わっていましたが、他の桜は満開、そちらの方が華やかだったかもしれません。

2015041222.jpg
それにしてもここは見晴らしがいい。

2015041229.jpg
ここは鎌倉時代からの霊地、手前は供養塔。霊感の全くない私には、明るく開放的な場所に思えます。
駐車場もあり、お弁当を広げるにもよさそうな場所です。


桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

世界フィギュア国別対抗戦2015 男子フリー

2015年04月21日
SU World Team Trophy 2015
Teams
Results
世界フィギュアスケート国別対抗戦2015(テレビ朝日)

ナンソン
お久しぶり〜なんだか前の時代の人みたいな扱いなんだけれど、元気そうでよかった。
冒頭の4Tが決まった!3Aもなんとか。
後半2T跳びすぎて3連続がキックアウト(汗)ここが入っていたら、順位は10位から1つ上がったかもしれませんが、まあでも…。
それでも、控えめなガッツポーズ、4Tも入って、ここ最近の彼としては満足できる内容だったのかな。そのことが大事かもしれませんね。

ジェレミー10
大技も決まらず、ミスも多いですが、見ていて気持ちのいいスケートでした。愛があふれ出るような心のこもった演技に、来てくれてありがとうと思う。

アモちゃん
このプロは彼にハマりますね。
内容は3S跳び過ぎとか、自己満足で考えてないのかな?とも思えるくらいのプロトコル(汗)4Sと3S2本という構成からして、4Sをミスった次点で、後半の対応はわかりやすいですよね?
不調などいろいろ大変なんだろうと思うけれど、競技である以上もう少し考えてもいいんじゃないかと(汗)

コフトゥン
4Sが決まり、おお〜これは私の期待に応えてくれるためにここに来た?くらいに思ったのですが…あえなく撃沈(涙)
…いや、TES80、そんなに悪いわけでないですが、彼は頂点を目指す選手のはずで…。
好きな選手なのであえて言えば…テクニカル以外のところで、スケーティングや表現がちょっと雑で散漫…それがエレメンツのミスより残念でした。ミスをしても格上のスケーティングをしなくては。
これじゃだめです、こういう演技をしていてはいつまでたってもだめなんです。

最終グループ6分間練習、みんなクワドばんばん跳ぶので、本番前に疲れてしまうんじゃないかとハラハラしたり(汗)

ナム君
小柄だという記憶からだいぶ伸びたと感じました。
細かいミスはあるものの、4S含めまずまずの出来だったのでは。きちんとしたきれいなスケーティングは好感、ただ一本調子な感じも、やはりまだジュニアっぽいスケート。
個人的な好みですが、衣装も含めてプログラムにいまひとつ入り込めないんだなあ。

ボロノフ
大きなミスなくまとめましたが、上位選手の中で見ると、ジャンプの助走や構えの長さ、つなぎなどエレメンツ以外のところが弱い、薄いかなあ。
でも今季は、一定以上のレベルを維持していることがすばらしい。

無良君
4T両足、見た目大きなミスはここだけ。
4T+2Tオッケー、問題は次…3A決まった〜!スピンていねい、ステップもいい。3A+3Tも決まった!!!3連続は3Sがダブルに。3Fにe。
スケーティングがすばらしかったですね。勢いはあったけれど乱暴なリンクの使い方をしていた昔々(遠い目)…成長というのはジャンプだけではないんですよね。
そして男性的なパワーに満ちていながらエレガント、音楽との調和もいい。これこそ今季の無良君。
プログラム表現は、ファントムの切なさ苦しさが伝わってきて、心がうたれました。ロマンチックな雰囲気もあり、このファントムは本当に素敵です。

ジェイソン
エレメンツが大事なんですが、舞台を見ているようにその世界に引き込まれました。
ぐいーんとリンクに伸びていくスケート、流れが途切れないんですよね。音楽の緩急に動きがはまる心地よさよ〜。
身のこなしは以前から定評がありましたが、腕や指先の使い方が表情豊かで、表現が濃いです。
コレオシークエンスも迫力ありました。
クワドはないもののパーフェクト、SB176点!ここまでやってくれれば、ジャッジだって否応無く心が動くさ〜(笑)

ハンやん
とんでもなくすごい3Aをあっさり決める。4Tは危なかったけれど、キレのある滑りに期待が高まります。
2つ目の4Tで転倒。この辺りで気持ちがちょっと引けたようにも見えました。ミスがあっても、後半をきっちり決めていれば、もっと違った結果もあったはず…では?
スタミナ切れかもしれない。始まりすごくよくて、後半が単調で失速するパターンが多いような(汗)
すごくいい選手なんだけれど、全体を見ると、表彰台に来るにはまだ物足りないかも。

ゆづ
ここでガツガツしなくても、誰も文句は言わないんですが…性分でしょう(笑)
やはり強さが違う(笑)次元の違うスケーティングでした。
4S完璧、4Tがきれいな3Tになったことで、後半のセカンドジャンプを2Tにしなくてはならなかったことがマイナスではあるけれど、エレメンツはすべて完璧で加点ががっぽりもらえる質。気がかりだった3LzもOK。
スケーティングやつなぎの多彩さ、美しさと質の高いジャンプ、それらを優雅にこなしていく、スムーズで無理な力みも感じさせない。スケーティングの評価の高さもわかるなあ。
贅沢を言えば、何度も言うように、ゆづは王道、英雄的、正義のヒーロー的でファントムじゃない(笑)

インタのゆづ、以前は話すことをきちんと整理しながらきちんと話す、頭のいいよくできた坊ちゃんだったのが、自然体で話せるようになっていて、話し方も大人で、つくづく大人になったなと思う。
キスクラも湧いてますねえ、宮原さんのダンゴヘアが、キャラクター的でかわいい。亜美ちゃんのハチマキは受験の合格祈願みたいだな(笑)
そういえば、ゆづのジャンプ構成について、織田君が報ステで熱く語ってましたね(笑)それができていれば…みんな突っ込むところ一緒(苦笑)

ゆづ圧勝、まあ想定内ですね(笑)
ジェイソンもここまでくるとはあっぱれ!
無良君もがんばりました。ただ満足はできない。最低でもこれくらいでないと、今後も表彰台に争いには入れないと思う。できるのはわかってるので…やりなさいとしかいえない。来季はジェフとチャーリー・ホワイトの振り付けだって!チャーリーの男性的な動きは無良君にはまりますね、期待です!
ハンやんとコフトゥンにはかなり期待していましたが、まだトップの器には遠いかな?そう感じた国別でした。


フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

南青山のマーガレット

2015年04月20日
2015041801_20150420103212a88.jpg

根津美術館近くの路上、マーガレットが咲いていました。
週末は東京にいました。桜がまだ咲いている我が町からすると、春は2週間くらい先だろうか。
この日は快晴、明るい日差しとマーガレットはよく似合っていました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

世界フィギュア国別対抗戦2015 男女SP 春のオペラ座祭開幕

2015年04月16日
ISU World Team Trophy 2015
Teams
Results
世界フィギュアスケート国別対抗戦2015(テレビ朝日)

⚫︎女子SP
さあ、春のオペラ座祭り開幕です(笑)
あれ?アリーナにシェイファンの坊さんみたいな人がいる。

カナコ
最近女性らしいライン、優しい雰囲気になったなと思う。
3T+3T完璧、3F回転足りない、でもミスはここだけ、プログラム全体はいい感じでした。カナコ自身は不調だったんですね。

アシュリー
女優〜目の演技すごい。大技3Lz+3T完璧だっただけに、3F両足がちと残念。でもいい演技でした。ステップもすてきだ、女優〜。
キスクラが、誰が誰だかわからん(笑)

グレイシー
すばらしい〜〜〜〜〜〜
冒頭の足の運び方から音にぴったりはまってゾクゾクします。
3Lz+3Tの美しさ飛距離すごい。ジャンプはすべて完璧。私の大好ききなグレイシーの3L!彼女はジャンプでもあごが下がらない、首を縮めなくても回れる。軸がきれいなんですよね。スピンのうまさもそうだけど、体幹や首が強いんじゃないかな。
後半のスピードやキレもすばらしかった。PB!めでたい!

ラジオノワ
ゆるいまとめ方の髪がなんか色っぽいよ。
踊ってます、今日はいつもより踊ってます(笑)良かったのですが、すばらしかったグレイシーの後なので、あと一押しが欲しいような気もする。もっとできるような気もする。

宮原さん
ドヤ顔で行け!冒頭がコンボにならず、後半の3Fに2Tでカバー。ミスはあってもきれいにまとめたと思う。
キスクラ楽しいって!それすごく大事(笑)

リーザ
3Aは練習で決めたし、本番でも高さ十分に見えたのですが、残念。しかし他は完璧、スピン、ステップも良かった。今日は男前な滑りだなあ(笑)
なんと70点越え、3Aの基礎点が高いの転倒しても得点は入るし、後半の3+3もあるのでと荒川さん。

⚫︎男子SP
キムタクが変なスーツで登場、わかるようなわかんないような話してる。
なんと前半Gだったハンやんとナム君を放送しないとは!おのれ!(怒)

マックス
白い牛って感じ。なんでかここ国別で新プロ!トゥーランドット???
勢いある4T、ジャンプの力技な感じがマックスらしい、しかしトゥーランドットと言われると…。
でもミスはあってもステップでドラマが感じられ、マックスの成長のにんまりしてしまう私です。好きなんですよマックス。

ジェイソン
踊ってます、踊ってます。楽しいねえ。競技を忘れる。
アメリカキスクラ盛り上がってます。

無良君
浜田コーチに変わった?(無良コーチはトリグラフに行ってるかからって友人情報)
4Tでバランス崩すも3Tつけた。3AでSO、う〜ん決めて欲しかったなあ。でもよくがんばりました。
全体として無良君の男らしさがあふれる演技でした。

コフトゥン
4SでSO、3A転倒、ミス2つだと全体の印象に影響してしまうなあ。
今季コフトゥン押しの私ですが、毎回打ち砕かれる夢よ…(涙)
ステップはもっと魂こめたものにできたはずで、そういう意味で残念ながら薄味でした。
やっちまったなキスクラですが、なんとなくみんな受け入れ感、さすが国別、気にすんな〜。

ボロノフ
4Tは中途半端な3T+3Tに、やはりクワド決めてのボロノフなので…。
後半の気迫のある演技は良かったです。

ゆづ
4T超美麗!スピン美麗!足の長さがもすばらしい(笑)3A完璧!
3Lzで詰まって3Tが回転不足で転倒。ステップ華麗!
回転不足で転倒という大きなミスがあっても96点…かあ…と思わなくもないですが、コンボ以外は完璧でしたね、何よりスケーティングの質が数段上なのはあきらかでしたね。
2位のハンやんの演技を見ていないですが、結果としてゆづがぶっちぎり1位、2位以下ちょっとかわいそうな気もする。
そして、演技後のコメントがゆづらしくて、明日はきっとやるんだろうな…そういうところも、ゆづですね(笑)明日もあります。

ゲストのキムタクが会場の空気を完璧に読んでいて、頭のいい人なんだなと思う。
さあ、明日からは会場で観戦です。ブログの更新は日曜日以降になりそう。
TV観戦の皆さんも一緒にたのしみましょう!
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

谷地橋の桜〜二本松の桜

2015年04月16日
2015041201.jpg

谷地橋の桜は、市の中心市街地から離れた旧安達町、東に安達太良山を望む広々した場所です。周囲は田んぼと畑、住宅が点在しています。
旧4号線からよく見え、きれいな桜だと思っていましたが、いつの間にか名前が付けられ、ガイドマップに掲載されていていました。

2015041208.jpg
今が盛り、この青空にぐんぐん広がっていくような勢いがすばらしい。

2015041204.jpg
枝の下の方はまだ咲きかけ、なんともかわいいです。

2015041211.jpg
ここは3本の異なる桜で構成されています。

2015041202.jpg
これはもっとも大きく勢いのある桜。

2015041203.jpg
1本はかなりの老木です。

2015041209.jpg
老人と働き盛りの競演。

2015041210.jpg
右の桜はたぶん種類が違っていて、白っぽい花がまばらに咲いています。満開はまだこれからかな。
働き盛りのお父さんと息子の競演のような感じ(笑)。

2015041207.jpg
美しく、今勢いのある桜にも関わらず、木の下にはムードを壊す建設機械が…田舎らしい光景と言える(汗)
もしかすると、整地しようとして時間切れだったのかもしれない(笑)ここは私有地ですからね。

2015041206.jpg
この日は快晴、桜が美しく映えます。


谷地橋の桜(二本松商工会議所)

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

東日本大震災チャリティー演技会、そしてこれから

2015年04月16日
20150409 動画 20150408動画
神戸のチャリティももう5回目、よく続けてくれました。本当に感謝しています。
ここでダイスケがマーニー滑るとは思ってなかった〜見たかったな〜(笑)
あと、ここにショーマがいることが、とても自然に感じます。

「Kissing You」は、その時のダイスケ自身、心のありようが現れる…ふたをしても出ちゃう?プログラムすよね(笑)
昨年初披露の「Kissing You」とは違って見えるし、その後私も何度か見る機会がありましたが、その時々どれも違って見えました。見えたというか「感じられた」が正しいかな。
ニュースは断片でもどかしいですが、穏やかな表情で、心のこもった演技に見えました。ご覧になった方も、いろいろなことを感じたのではないでしょうか。

「今日が最後」とか言われると、ファンとしては寂しさがこみ上げてきます。
ここ数年の迷いを思えば、いろいろことに区切りをつけなければならない。引退や留学、ファンに愛され育てられた環境から離れることも必要なんだろうなと思う。

関大前ブームスポーツ編集局
【高橋大輔さん1「ひと区切りをつける前の最後」】
ー留学前最後ということで、複雑な思いでしたか
「気持ちの面ではこれが最後だなと思いながら…ひと区切りをつける前の最後だな、と。ただ演技として、最高のものが届けられたと思う」
ースケートとは今後、どう関わっていく?
「スケートと関わっていくのが一番いいことだと思っているけど、本当に自分自身がやりたいことを考えて…それが何年になるのかわからないけど、本当にやりたいことができたら。最終的にそれがスケートだったら、今まで応援してくださった方への恩返しかなぁ。今は自分がやりたいことだけを考えて、もっとワガママを言っていいかなと思う」


ブースポのインタビューを読むと、相変わらず気の使い過ぎだなと思います。
何度も言いますが、彼からはたくさんのものをもらい、感謝しています。恩返しとか、ワガママなんて言わなくていいんですが、たぶんファンは皆そう思っているはず、でも彼らしいところですね(苦笑)
好きにしたらいいんです、自分の人生ですから。

そして今後どうなるか…全くわからない!たぶん本人も!(笑)
留学が充実したものになるか、(深い意味で)修行のようなものになるかも、我々には知りようがないし、知るべきではないと、個人的には考えています。
けれど、新しいところに踏みだすのは、そこに希望があるからだと思います。
どんな形になるかわかりませんが、そのダイスケの未来を楽しみに、そして祝福したいと思います。

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

AOI 2015、放送を見て

2015年04月16日
私は日本で放送された番組を見て感想を書きましたが、本国での動画も上がっているようです。
Art on Ice 2015 Full Show Part 1/2
Art on Ice 2015 Full Show Part 2/2
AOI 2015 Daisuke Takahashi
Daisuke Takahashi AOI Davos Feb14 T&M HD

ゴージャスなアイスショーです。会場はほぼ満席?
アーティストとスケーターはもちろん、SFぽい設定のロボットキャラもむちゃくちゃ凝ってますね〜。

久しぶりに見るエミューちゃん(コストナー)パーカッションだけのプログラム、スポーティーでかっこいい。普段エレガントなショープロしか見てないので新鮮です。2プロならこういうのも見たいですよね。

マーク・スウェイでパパシゼ。若い恋人たち…ガブちゃんが普通のパリジェンヌに見えます!(笑)目線が競技のときと全然違っていて、雰囲気の出し方が上手い、自然、がちがち演技って感じじゃないのが。その辺が競技にも生かされているのだろうな。

ダイスケのピアソラ、カップルのタンゴから始まる登場のしかたが凝ってます。
ショーの大人っぽい雰囲気が、セクシーで情熱的なプログラムになじんでいて「お客さん」の感じがしない(笑)

見ていて、とても大人のショーだと感じました(笑)
北米のアイスショーも日本のアイスショーも凝っているし、十分ゴージャスだと思うけれど、なんか違う。たぶん日本や北米は健康的なんだと思う。
特に日本は、たいてい「育成」が入っていて、子どもたちにスケートを好きになってほしい。スケーターを育てよう、キッズスケーター応援モードが常にある。そこには日本の事情や「背景」があると思いますが、結果としてアイスショーが健全な優等生にとどまっているのではないだろうか?
男性のグループナンバー「タイム・トゥ・セイ・グッパイ」なんて日本じゃやらないよな〜と(苦笑)
ザルドゥ&スハノフは日本だとアクロバティックな印象ですが、大人の男女の魅力を感じます。

AOIは成熟した大人のためのアイスショー、少なくとも子ども中心ではないと思う。ユーロとてプロスケーターで稼げる人はそう多くはないと思うので、それはユーロの歴史や文化によるものかもしれません。
日本にも色々なタイプのアイスショーがあれば楽しいですよね。

トム・オデールでポールを使ったアクロバット。出初式かと思った!(爆)
サラ・マイヤー、スケーターも引退なのか〜。お疲れさまでした(コーチとかになるのかな?)

ランビ、ユーロの細身の美男子しか似合わない衣装。
とにかく魅力的なランビ。ぶっちゃけ見た目の美しさも大事なんですが(苦笑)、内面からの表現力、セクシーな男性としての魅力、テクニック、個性、全てがバランスよく揃っていて、プロスケーターとして今が一番の時なのかもしれない。

久しぶりのタチアナとマキシム、ラブラブラブラブラブ…元気そう。
若い若いと思ってたテッサたちも大人っぽいプロが似合うようになった。

ダイスケの「Turn Off The Light」
踊るダイスケ!感じるままに踊るダイスケ!音楽を体で感じ取るダイスケ。音楽と自由に交信してる感じがする。楽しそうです。振付はあるけれど、アドリブ感があって練られたプログラムとは違う魅力ですよね。

グループナンバー、Maneaterは思わずジョアニーに踏みつけにされるダイスケ探してしまいました(笑)
こういう場面だとテレもないのが不思議、たぶん日本人同士の方が照れるのでしょうね(笑)

これまで動画で見ることはあっても、ショー全体を見ることはなかったAOI、日本や北米にはないカラーのアイスショーで楽しめました。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

花桃の道

2015年04月15日

ピンクと黄色が目にまぶしい。
福島市の市街地、ここは桃やりんごの畑が広がる場所。

2015041132.jpg
ピンクは花桃、黄色はレンギョウです。

2015041133.jpg
桜を巡ろうと思っていたこの日は雨、桜よりミズバショウを見に行こうと土湯に向かう道路沿いです。

2015041134.jpg
道の反対側には、別の花木が花盛り。

2015041135.jpg
桜のように見えるけれど…

2015041136.jpg
緑がかった白い花はプラム。雨でも美しい。

2015041131.jpg
雨でも明るいピンクと黄色、まさに春の色ですね。


花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

本久寺のしだれ桜〜二本松の桜

2015年04月15日
2015041169.jpg
二本松の本久寺にきました。

2015041168.jpg
満開です。曇り空でも華やかな咲きっぷり。

2015041166_201504151040510c5.jpg
エドヒガン系のしだれ桜。
少し紅色が強い方かな?紅色のさし方がおもしろい。

2015041161_20150415103535395.jpg
流れがとても美しい。

2015041167_20150415104054d3d.jpg
太く黒々とした幹。

2015041164_20150415103533c41.jpg
根元周囲2.7m、目通り幹囲3.0m、樹高約9m
樹下に入ると幹から天蓋のような枝が広がっています。
高さはそれほどではないのですが、包まれているよう気持ちになります。


推定樹齢約350年、古い桜ですが、枝に勢いがあります。

2015041170.jpg
夜はライトアップもしているらしい。

2015041171.jpg
メインのしだれ桜の他に、ここに至る道も周囲の山も桜づくしです

2015041165_201504151040565b5.jpg
細い道を山側に登っていくので狭いところかと思うと、広々とした場所。

2015041162_201504151035309f5.jpg
背後の山にある桜も美しい。

2015041163_201504151035313f5.jpg
本久寺のシダレザクラ
二本松市根崎1-265

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

円東寺のしだれ桜〜二本松の桜

2015年04月15日
2015041183.jpg

円東寺のしだれ桜にきました。
雨もようの一日でしたが、雲がきれてきました。

2015041187_201504151225158b2.jpg
満開です。

2015041181.jpg
円東寺は、807年に徳一大師によって開基され、安達太良寺の北院として光明院と称していたと伝えられています。
後に奥州(陸羽)街道沿いに二本柳宿が形成。寺は宿場町の枡形(街道の角)にあたる現在地に移されました。
この寺は地方最古の歴史を持つ事から広く信仰を集め安達三十三観音霊場第十五番札所にもなっています。


しだれ桜は推定樹齢400年、1598年、円東寺がここに移る前から桜はあったという。


真新しい本堂。震災で壊れ、昨年ようやく完成しました。

2015041189_20150415122517633.jpg
太い幹は途中で切れ、そこから枝が四方に広がっています。

2015041188_201504151225159e6.jpg
咲くとどんどん白っぽくなりますが、つぼみは濃いピンク

2015041184.jpg
場所によって見え方がだいぶ違う。

2015041182.jpg
この角度からだと「おかっぱ」な感じ(笑)

2015041186_201504151225201d7.jpg
少し黄みを帯びているのは、傾いて来た陽のせいか…。

2015041185_20150415122511c13.jpg
整えられた大きな椿の木も目立ちます。

二本松観光協会/円東寺

桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

桜雨

2015年04月14日


桜が咲く頃に降る雨を「桜雨」と言うらしい。

2015041167.jpg
どこもかしこも桜の盛り。

2015041162.jpg
満開の河津桜にも雨。

2015041161.jpg
私の身近には少ない川津桜、華やかですねえ。

2015041163.jpg
しだれ桜と池…ではなくて…

2015041164.jpg
しだれ桜と巨大水たまり(笑)

2015041166.jpg
もう少し桜の花がもつといいのですが…天候は思うようにならないものです。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

龍泉寺の翔龍桜〜二本松の桜

2015年04月14日


龍泉寺は花見や菊人形でにぎわう霞ヶ城公園のそばにあります。
公園側から見えていて、一度行ってみたいと思っていました。来てみると想像以上に大きな桜でした。

2015041150.jpg
満開です。

2015041159.jpg
そろそろ散り始めか…。

2015041152.jpg
永松山龍泉寺「1463年、城主畠山政泰が直心全忠和尚を招き、畠山高国父子の菩提を弔うために龍泉寺を開く。」とあります。

2015041155.jpg
翔龍桜は、九州の秋月藩から常州の筑波藩に養子となり、その後将軍家の奥小姓となった人物がかなわぬ恋で二本松藩丹羽家の預かりとなったが、23歳の若さで病死した際に供養のため植えられたと伝わる。根がむき出しになっており、その荒々しさが特徴。樹齢は約330年とみられ、寺前の棚田を見下ろすように咲いている。(2015年4月8日 福島民友ニュース)

2015041156.jpg
とても美しい白椿が咲いていました。赤い椿もあります。ここの境内にも、たくさんの花木が植えられています。

2015041154.jpg
山側、桜の背後まで来ると、眺めがいい。曇り空が残念!

2015041151.jpg
遠くに見えるビルは、郡山市のビッグアイとタワーマンションのようです。

2015041158.jpg
2015041157.jpg
曹洞宗 永松山龍泉寺

桜めぐり | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »