ユーロ2016 女子SP 波乱なし

2016年01月31日
リザルト

美人ばかりのユーロにあって、美女のランク上げてるのは北欧系だねえ。
リンドフォース、フィンランドの16歳、かわいい〜美少女や〜。キーラのあとをつげるか
クニチェンコワ、モノトーンだけど大胆でゴージャスな衣装はユーロって感じ。ラフエンテのデザインも似てるな。
バインツァール、いい選手だと思う。もうちょっとで1ランク上にいけそうなんだけど…あと少し。
ボック、かわいいな、演技も良かったと思ったのですが…フリー進めず。

ヨシちゃん
ダイナミックな動き、パンチのきいた振付、かっこよくておしゃれ、いいわ〜ヨシちゃん。
コンボが3+2だったのが残念だけど、ヨシちゃんだけのスケートが楽しい。

マエちゃん
ピンクの衣装すてき。
フィーリンググッド、あれ?って思ったら、以前のプロに戻したとか。
のびのびスケーティングが良かった。

ガルスチャン、良かった!と思ったら、すべてのジャンプにマイナス(汗)
トート、ユリア・セベスチェンがコーチなんだね。

ラジオノワ
人としてどんどん大きくなってる。決して安定はしていないのだけれど、決めるとこ決めてくるのがラジオノワ。
最後、アタシやったわ!って顔をするのも大事なんだよね。
キスクラが魔女と魔女見習いみたいで(笑)

ラジコワ
今日も麗しいジュリエット。いいですねえ。
SB57点、ノーミスなら60点いくのかな?

メドベージェワ
緩急、タメが一段とこなれてきたような。2Aで珍しくバランスを崩すも、特に影響ない。
ノーミスならナンボや〜っ!

クフワルスカ
トスカ、この衣装すてきだな、ヘアアクセサリーとも統一感がある。清楚な中にもゴージャス。
品のある演技です。3T+3T含めノーミス、いい点きました。

ポゴリラヤ
このSP大人っぽくかっこいいですよね。メドとラジオノワがメロドラマ路線だとすれば、とても個性的でいい。
高さのあるコンボ、余裕のある滑りに見えたのですが2L、これはノーカン。
ステップのムーブメントが最高!2Lもったいないなあ。
それでも3位はさすがロシア。


ロデギエロ
プリティウーマン、に登場するなんつうかベタな選曲。昭和の香りが…(苦笑)映画に登場したルビーとダイヤのネックレスを再現してますね。
SPはしっかり決めた、お〜61点すごい。安定感のロデギエロ。

予想通り上位はロシアが独占!驚かない!(爆)

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ユーロ2016 男子フリー アモちゃんありがとう!

2016年01月30日
リザルト

ヴァシリエフス君はいい選手だなあ。
パブロフ君、SP良かったけれどフリーでは固いなあ。あんまり滑ってないし。

モントーヤ
セリフ入りクンパルシータ、どうなの?モントーヤ君のスケーティング楽しむには、セリフうるさいと思うけど(汗)
あ〜うるさいっ!

リッツオ
ジャンプはまだこれからって感じか。
オペラメドレーってどうかなとは思うけど、彼の育った文化圏でしか培われないカラーがあるような気がする。動きや振り付けにバリエーションが出てくるといいんじゃないかな。

マヨロフ
肩に羽!…飛べってか?
4Tヤッホ〜!いい感じに来ていると、オーNO!2T跳びすぎて、3連続ノーカン(汗)
キスクラ気がついてるっぽい。

アモちゃん
さあ、有終の美を。
4Sきれいに決まった!動きもいいですよ。後半はもうあふれ出す感情にのまれそうです。
笑顔がとまらない。いい演技でした。
これは今日だけの特別なものだったかもしれない。アモちゃんはリンクの神様に感謝し、ニコライはリンクサイドで号泣する。
キスクラのバナーには「ありがとう」も。
いろいろあったけど、いい終わり方ができて良かった。アモちゃんありがとう。

コリャダ
ナイトメア、個性的な動きから、彼はこの年代にしてはストーリー、世界観を作るのがうまいな。
4Tステップアウトでなんとかこらえる。危ないところもあったけれど、よくまとめました。最後まで個性的な振付。

トップ選手の控えの間は、社長室の応接セットみたいだな(笑)アモちゃんとマヨロフだと子どもが侵入してふざけてるようにしか見えない。

ヨリク
タイタニック…ということは衣装は氷山か?
うわ、またセリフ入り、うるさいと思うんだけど(汗)あ、岡部さんも同じこと言ってる。

ペトロフ
ていねいで、とてもきれいでしたね〜。
ただちょっと古風なんだなあ。来季はもっといいプロを、派手で斬新でもいい!お願い!
…あ、ミーシンコーチか〜期待薄〜(汗)

最終Gにサモヒン、ビチェンコ、イスラエル2人!そしてワールドは1人しかいけないらしい。
全員クワドジャンパー、そういう時代ですね。

サモヒン
4T+2T、4S、4T、クワド4回構成。
今は育ち盛り、勢いがあって、あとは楽しみしかないですね〜

ビチェンコ
ミスありも4T入って、しっかりまとめました。
ガシガシしたスケーティングが課題か?

リギーニ
4T回避か。2Lz以外はクリーンに。

ハビ
横綱登場!
VB80、ゆづ越えを狙う。
4Tお手つき、こんな高難度なのに、つなぎが軽やかでたのしい〜。4S+3T完璧、3A+2T、後半の4Sも美麗!3連続OK。ああ〜3A転倒、しかしこの後の小芝居に見とれてるうちに忘れてしまう(笑)
ミスはあってもすばらしい。そしてここまで高難度で複雑でありながら、軽やかで楽しいのがハビ。
そして、ついに200点超え!総合300点超え!
おめでとう!

コフトゥン
2つ目の4Tで痛そうな転倒、これがあとのジャンプはに影響したように見えます。
そう考えれば、頑張ったのだけれども…残念な結果に変わりはない(汗)
かろうじて3位。

ミハル
ジャンプが力みすぎておかしくなってる?全体にコントロールできてない感じ。後半はかなりばててる。
うーむ、これは…(汗)
…忘れよう。

ハビ、レベルが違う。文句なくぶっちぎり優勝。だれも彼に迫ることはできませんでした。
事実上2位以下の争いだったわけですが、何が起きるかわからないものです。
ビチェンコが2位!びっくり(すまん)
コフトゥンはまあともかく、ミハル…(汗)
アモちゃんに表彰台に乗って欲しかったなあ。
激しい展開のユーロ男子でした。良かった人もそうでなかった人も次がんばろう!(半ばヤケクソ!)
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

ユーロ2016 男子SP 順当すぎな結果

2016年01月29日
リザルト

さすがユーロ、変衣装もいれば、普段着、謎衣装もいる。なかにはスケーターとは思えない格闘家のような選手もいて楽しい(笑)
男子前半、ミニマムクリアできる選手はなかなか出ないねえ。

ドイツのフェイズ、3A含めてクリーンに、スタイリッシュ、スケーティングもなかなかすてきな選手でした。
チェコのベロなんとかいう選手のキスクラにトマシュ!!!

モントーヤ
スペインの2番手、初出場25歳、ドン・キホーテなんて無茶では?と思ったら、バレエを再現、優美なバレエジャンプもたくさん、とても美しくて良かった。あ、岡部さんも同じこと言ってる。
おお~67点、ミニマムもクリア。楽しみ~。

パブロフ
どっかで見たと思ったらJGP。ミスはあったけれど、スピードやキレ、いい感じの選手、期待できそう。

ヨリク
もう23歳か。しばらく見ないうちに大人っぽく…というか個性的で、アーティストの雰囲気に。体をきちんと作ってきたな~、スケーティングもすごい進化、曖昧さがなくなった。大きくエレガントに、複雑なポジションでもブレない。
おお~79点、良かった~。

リッツオ
17歳、マラゲーニャ、初々しい少年でも、はまるのはラテンの血!(意味不明)
基本がきれいなスケーティング。わ~いい選手です~。
うわー父ちゃん大喜びの74点。

コリャダ
ロシアナショナルの記憶が新しい。
4T転倒、3A危ない、後半をコンボに。ミスは大きいけれど、スケーティングはここまでの選手と違うなあ。

アモちゃん
今大会で引退。
Happy(ファレルに似てるよアモちゃん)。
きれいな3A決まった!4Sは入らなかったけれど、まずまず。
リンクサイドでニコライが踏ん張ってます(笑)ニコライうるうるしてるのか。キスクラの顔が近すぎるって。

マヨロフ
いろいろあるけど、元気そうで良かった!

リギーニ
何度見ても濃い、何度見ても濃さにたじろぐぜ(汗)今日は衣装がウロコっぽくて鯉みたいだ!悪魔っぽいのに、ユーレイズミ~。
うぉ~良かった!涙ぐんでる。82点!
欲を言えば、ステップに濃さに見合うクドさやアク、個性が欲しい。悪くなんだけどね。
28502759a48f56330bb7af5e59740cf1.jpg
リギーニさんによく似た濃い…違う「鯉」(円山応挙『龍門鯉魚図』部分)

ヴァシリエフス
足元すいすい、軽くて気持ちいい。スピンおもしろいな~。
16歳、ジャンプはこれからってことで。

ミハル
4S転倒、あとはとても良かった。それでも魅せる力、ミハルらしいスケートができて良かった。

ペトロフ
4回転はないけれど、しっかりまとめてきた。華やかな選手の中で見ると、ちょっとき真面目すぎな感じする。

ハビ
存在がすでに派手!
4T+3T、4S、3A。SPにクワド2本のグループ。
かっこいい~。身のこなしの美しさ、メリハリ、華、演技力、お色気、ずば抜けてます!
ついに出ました100点越え…あれ?見慣れてるけど、何か?(苦笑)

ビチェンコ
派手な奴の直後はやりづらいぜ(汗)
4Tきれい。ぐっと演技力増したような気がする。

サモヒン
4T+3T、4Sなんとか、3A転倒、ああもったいない。
17歳、若者らしく、勢いがあっていい。

コフトゥン
成仏できないギターが取り憑いたような衣装。ガツガツした動きももはやコフトゥンらしさか?
4S+3T、4T、3A転倒、ノーミスなら90点いくのにな。
転倒ありも88点で2位。

ハビぶっちぎり、ついでコフトゥン、ミハル、下馬評通りの結果となりました。
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

屋根の雪

2016年01月28日

先日のまとまった雪もだいぶ溶けてきましたが、日中の気温が上がらないせいか、雪解けも緩慢。
日陰のトタン屋根では、氷河が押し出されるごとき、ゆっくりした雪解け(大げさ!)

2016012702.jpg
どこかで、どすんと落ちるはずですが、ロールケーキ巻けそうな…。
今時分なら恵方巻きか?(笑)

そして、気温が上がった今朝、どすどすっと落ちてきました。



日記 | Comments(0) | Trackback(0)

新訳 『星の王子さま』朗読:髙橋大輔 そして…

2016年01月27日
新訳 『星の王子さま』朗読:髙橋大輔

なるほど〜そうきましたか(笑)
彼の声はなかなかすてきだなと思っていたので、こういう仕事はうれしい。まあ、プロに比べられたらアレですが(汗)頑張ってる様子も公開されてます。
星の王子さまは様々な解釈ができるゆえ、児童書とも言えないところが魅力ですよね。ダイスケのキャラによく似合う。

個人的には、新訳でなくてもいいし、オーディブルのイラストはちょっと微妙なんですが(汗)

What's Audible?
Audible(オーディブル)初めて知ったシステム(汗)
月額サービスか、クラウドのソフトとか、最近はそういうのが多いねえ。
とりあえず無料体験か。



----------------------------------------------------------------------
スターズ・オン・アイス2016
これからもスケートでやっていってくれそうで良かった。
ひとまず4/17千秋楽のチケットはとりました〜。
----------------------------------------------------------------------
クリスマス オン アイス 2015
クリスマスオンアイス2015 完全版
CS放送・日テレプラス 2016年1月31日(日)13:00~

ようやく新横公演が放送。
大阪公演の放送は見ているのですが、私が見た新横公演と雰囲気が少し違うような気がして、放送を楽しみにしていました。
新横のラクリモサは、冥界の雰囲気ですごかったなあと。
やっと感想書けそう。
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

2016全米フィギュア 男子フリー アダム初優勝!

2016年01月26日
U.S. Figure Skating Championships Ice Network
リザルト

オイ
理系的な衣装、あれはジャッジシステムのアルゴリズムを図式化してるにちがいない(意味不明)
前半からばててると思いきや、後半がんばった。
理系のキスクラ。

ジャージのズボンにTシャツだと地味だから、ブルーのテープ貼ってみた…変衣装見たぞ。
マ君の衣装も謎だな〜。

サーベイ
黒い肌にこの衣装だとサーカスそのまま。ちょっと翳りがあって、絵画のモチーフのように見える。
4S転倒、全体にもっといろいろできそうなんですが…解説も同じこと言ってる。

たいてい何人かはアップテンポの曲を滑るけれど、今年はしっとり流れのある曲が多いと杉田さん。

大森勝太朗
ミスはまあしょうがないけれど、よくがんばったと思う。
それより、全体の流れを意識しているせいか、こう滑りたいというイメージがあるからか、振付もがんばってがんばって…なんとなく堅苦しく、おもしろさに欠ける。音楽表現も技術ではあるけれど、まだできてないということか?
彼本来の魅力はもっと他にありそう。

ゾウ
まだ15歳の小僧でありながらゴッドファーザー(笑)でも馴染んできたというか、彼には憂いがあって、なんかいい雰囲気がありますよね。
前半どうなるかなと思いましたが、4Sの1本目を失敗しながら、2本目の4S成功したのは大きい。攻めて攻めてがんばった!
まだまだジュニアではあるけれど、後半になっても表現がおろそかになってないのが好感。コレオも良かった。
わっ、キスクラでコーチに挟まれるとちっちぇ〜(笑)

ホックスタイン
胸を打つ演技ってこういうことだよね。
4Tは<?、3Aは2本、完璧ではないけれど良かった。
最後までスピードもあり、気持ちを切らさず集中してました。今できる最高のものを、そんな思いが伝わってくる。
最後のコレオは、レミゼラブルで様々な人生が交差する場面、なんかこう、わかるなあホックスタイン。熱い演技をありがとう。
おお〜いい点きた!

アレクサンダー・ジョンソン
クワドは入ってないけれど、3Aは2本成功。
優雅、流れが美しい〜。美しいスケーティングを音楽とともに堪能、本当にすてきです。
赤平情報…子どもの頃、建築関係だったお父さんが庭にリンクを作ってくれた。…それって、うちの方でいう所の田んぼスケートリングみたいなことだろか?(笑)

ドレンスキー王子
6分間練習のアップがおもしろいな。
ちょっとバタバタしたところがあるけれど、基本的なところが美しいですよね。ここにクワドが入ってくればかなりいけそう。

ネイサン
やってやるぜ!な表情から、4S+2T+2L、4S、4T+2T…後半に4T…!!!
クワド4本!!!
3Aで転倒はしたけれど、すごいなあ!
彼のすばらしいスケーティングはジャンプのために単調になりかちだけど、コレオで彼特有のスケートが見られました。
TES100点越え!ラファエルも満足そう。

マックス
SPでは下半身がバッファロー、フリーでは全身バッファロー。
4S+3T、3A+2T、4Sなんとか、3A。良かったです〜ホッとしました。
パワフルでダイナミックなブラックスワン、マックスらしさがたっぷり楽しめます。
スコアはすばらしいのですが、ネイサンもすごかったので、インパクト弱いのがちと気の毒。

アダム
立ってるだけで華やか!
4Lz転はしたものの、そのあとはすばらしかったですね!3Aも2本成功。
タノジャンプも洗練されています。美しく、おしゃれでキラキラした演技でした。
うおー、182点、総合270点!

マイナー
4Sお手つき、あ〜1A、ジャンプが全体的に苦しい。力みもあるよう。そのせいか彼本来の美しいスケーティングが感じられない。
ただ、ミスからぼろぼろと崩れることもなく、4Sはお手つきでも成功したのは良かった。
順位はしかたないかな〜
エリートっぽいキスクラもちょっと沈んでる。

この結果、アダム初優勝!いや〜上位は僅差です。
ネイサンの追い上げがすごかった。アダムとマックスはよく耐えたという気がする。
欠場多くてさみしいと思いましたが、見応えのある男子でした。
インタビューのアダムの横顔が美しい、仲良しのアシュリーも喜んでるね。

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

冬のイチョウ

2016年01月26日


早い夕暮れの空に堂々としたイチョウの幹。
渋く美しい色合い。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ユーロ2016 勝手に予想

2016年01月25日
ISU European Championships 2016
Bratislava / SVK
25.01.2016 - 31.01.2016

●男子
ヨリク・ヘンドリックス、ミハル・ブレジナ、フローラン・アモーディオ、アレクセイ・ビチェンコ、ダニエル・サモヒン、イヴァン・リギーニ、ミハル・コリャダ、マキシム・コフトゥン、アレクサンダー・ペトロフ、ハビエル・フェルナンデス、アレクサンダー・マヨロフ、ステファン・ウォーカー、

ハビ、豪華一点主義的なユーロ。
そんなこと言われないように、がんばらないとあかんのが、コフトゥンとミハルですね。
しかし、VB、今季実績、スケーティング…どう考えてもハビが突き抜けてるなあ。コフトゥンとミハルに安定感が欠けてるってこともありますが(汗)、実力はあると信じたい…
強いて、今ハビに迫れるとしたらコフトゥンの方が可能性高いかな?構成次第ではミハルのVBは高くできるのですが、その通りできたことが…ほぼない…はず(汗)

ロシアナショナルを競り勝ってきたコリャダ、ペトロフも悪くはないですが、運が良ければ表彰台。まだ小粒、まだまだこれからと思いますが、意外とのびのびできて、表彰台もありそうな気がしてきた。
それにしても、ロシアからメンショフもヴォロノフもエントリーできないとは(涙)

アモちゃんは今回のユーロが引退試合になるらしい。
一時期は、ナショナルチャンプのジュベを超え、ワールドメダルも夢ではなと想像していましたが、故障もあったり、4回転を含むジャンプが決まらないなど、低迷から抜け出せませんでした。残念です。
気持ちよく終えて、新しいスタートをしてほしいですね。

予想順位
ハビ、コフトゥン、ミハル or コリャダ

ミハルが自滅しないことを祈る…
その場合、ロシアナショナルの印象がいいコリャダに、表彰台の可能性。
---------------------------------------------------------------------------------------
●女子
ロレイン・ルカバリエ、マエ・ベレニス・メイテ、ナタリー・ワインゼル、ロベルタ・ロデギエロ、エフゲニア・メドベジェワ、アンナ・ポゴリラヤ、エレーナ・ラジオノワ、ニコル・ラジコワ、ソニア・ラフエンテ、ヨシ・ヘルゲソン

表彰台をロシア勢が独占する可能性が高いですね!…つうか、独占しなかったらびっくりかも〜(苦笑)
ぶっちゃけ他が弱いってのもあります(汗)みんながんば〜!

ロシア勢では、ほぼ負けなしできてるメドがやはり本命。とにかくスキがない、ミスがない安定の高評価。
現時点では、ラジオノワ、ポゴリラヤの方がミスするって言い方がいいかも。
今季に限れば、不安定なラジオノワより、ポゴリラヤのスケーティング、表現力が上だと…個人的には思うのですが、いったん付いた「序列」が固定されているようでやや不満。

それにしても…もし、メドがミスを連発するようなことがあったら、早くもメドの時代も終わりか?…なんてここと言われるんだろうな…なんだかねえ(汗)

上位に来そうなのは、マエちゃん、ラジコワ、ヨシちゃん、ロデギエロあたりかな?このあたりは難易度より、ノーミスかどうかが影響しそうですね。
そして、ユーロ女子といえば美人ぞろい!衣装もエレガントで、かわいい子と美人しかいないユーロです。みんなで楽しみましょう!

予想順位
メド、ラジオノワ、ポゴリラヤ

2と3が入れ替わるかもってくらい。
---------------------------------------------------------------------------------------
●ペア
ジェイムス&シピア、サフチェンコ&マソット、デラ・モニカ&グリアゼ、マルケイ&ホタレク、タラソワ&モロゾフ、ストルボワ&クリモフ、ボロソジャル&トランコフ

川口さんがアキレス腱断裂で今季残りを全休。残念です(涙)

ペアも表彰台はロシアが独占しそうです。
タチアナとマキシムが優勝しなかったびっくりするエントリーですが、ミスが続くと、クリモフ組が上回るかも?…ってところが見所ですね。
現時点でタチアナたちを上回る可能性があるのは、クリモフ組だけのような気がします。

注目は…サフチェンコ&マソット!!!
ついにきました!さあ、ロシアの壁に風穴を!
しかし、彼らがいきなり表彰台ってことはないとは思うけれどな…可能性あり?どうよ?

いいとこに来るとケガしたり、ちょっとついてないマルホタにもがんばってほしい。
バネッサとモーガンもノーミスなら上位、できるのはわかっているんだけど…。
弱いとこもままありますが、ユーロのペアって独特の個性があって、好きな組多いです。

予想順位
タチアナ姉さん、ストルボワ&クリモフ、タラモロ、サフチェンコ&マソット

川口家がいなくとも、ロシア強過ぎ!
サフチェンコたちは上位かもしれないし、ガクッと沈む可能性もありますかねえ、今の時点ではですよ。

(追記)クリモフのケガにより、ストルボワ&クリモフ欠場〜(涙)
あ〜〜〜〜川口家といい…ナンテコッタイ。残念です。
---------------------------------------------------------------------------------------
●アイスダンス
パパダキス&シゼロン、クームス&バックランド、カッペリーニ&ラノッテ、小松原&ファブリ、ボブロワ&ソロビエフ、シニツナ&カツァラポフ、ステパノバ&ブキン

表彰台争いは、パパシゼ、アンナちゃん、ボブソワ、ニキータたち、もしかしてブキン組だろうか?
うーん、ここでもう5組…混戦かも?
華やかで熾烈な争い

故障のためGPSをスキップしたパパシゼが、どこまで回復したかが気になりますね。昨年の勢いがあれば優勝候補筆頭に押したいですが、復帰間もないし取りこぼしも出そう。台落ちでも驚かないです。
まずは元気な姿を見せてくれれば!

アンナちゃんはGPF3位、ユーロ勢ではトップでした。
ロシアナショナルは、1位ボブソロ、2位ニキータ、3位ブキン組でした。
ボブソロは、GPFは5位ですが、どんどん良くなっている印象。その結果がナショナル優勝だと思う。SDで出遅れなければ優勝もありそう?少し気になるのは、とても王道のロシアアイスダンスで、今の時流というか採点傾向でどうなのかなと。

勢いならニキータたちもすばらしい。今季は美男美女を存分にいかしたプログラムなのも強み。ノーミスならかなりいけそう。あとは、これまでのように2番手、3番手でなくてチャンピオンになる気概が欲しいところ。

伏兵になりそうなのがブキン組、結構強いと思う。
ちゃんと見たことない小松原&ファブリのエントリーも楽しみ。

予想順位
アンナちゃん、ボブソロ、ニキータ、パパシゼ、ブキン

テクニカルも重視して、総合力だとアンナちゃんが強いかなと思う。シーズン後半に調子あげてくる印象もあるので。
2位以下は正直わからないですが、取りこぼしがありそうなので、それ次第かな?


フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

2016全米フィギュア 女子フリー グレイシー逆転優勝!

2016年01月24日
U.S. Figure Skating Championships Ice Network
リザルト

今日も健ちゃん解説。ブレイブハートとかロミジュリとか健ちゃんの現役時代の曲が…。
ナウシカで滑る子がいる。青き衣正しい。
キスクラのロヒーンが相変わらずのインパクト。

コートニー
衣装一新…正解!
うーんジャンプが決まらない。あ〜ステップお手つき、どうしちゃったんでしょう。後半は頑張ったかな。

カレン・チェン
ミスはありましたが、勢い、スピード、そして感情豊かな表現で素敵でしたね。最近珍しくなった美しいスパイラル。
最後に3連続か。根性あるなと思ったら…あ〜コンボ跳びすぎ?(汗)

テネル
全くのノーマーク、ジュニアGPに出ていたってぜんぜん気がつかなかった。
いいじゃないですか〜。

ハナ・ミラー
大きなミスなく、最初から最後まで力強い流れがあって良かった。こんな力のある選手のなんだ。

マライア・ベル
なんと2Tを4回跳んでしまうという、え〜!ジャンプ2つノーカン(涙)
しかし美しかった、ただ美しいだけでなく品格のある美しさ、指先まで音楽とともにあって素晴らしかった。ロヒーンの振付もいいんだよね。コレオの美しさに見とれました。

アシュリー
すごい!
冒頭からドラマの世界にがっつり引き込まれます。
コンボジャンプの高さとクオリティ、アシュリーのコンボジャンプで最もすばらしかったような気がする。申し分のないジャンプ。最後の1Lzがねえ…。これさえできれば完璧だったのですが。
でも、溢れ出す感情表現、本当にすばらしかった。

未来ちゃん
元気とパワーの未来ちゃんらしいスケートで、すごくよかった。
ジャンプは高さもあってよかった。判定はちょっと甘いかもしれないけれど、とてもいい演技でした。
靴大丈夫でよかった〜。
キスクラ笑顔〜。

タイラー
若い選手らしい粗っぽさがあるけれど、攻めて攻めて、攻めまくりな感じが頼もしい。
いや〜もっと崩れるかもと思ってた。ここまでやるとは思ってなかった、すまん。

ポリーナ
またまたすごい演技が!
どんどん力をつけて、スケールの大きい演技になりました。スピードもすごかったなあ。スカーレットという感じはしなかったけれど、今日は強くたくましいスカーレット。
ポリーナらしいのカラーもでてきて、今後も楽しみ。

グレイシー
すばらしい!美しい!完璧!
ジャンプのキレ、3Lのキレが戻ってきてうれしい。スピンにも全くブレがなくてすごかった。
個性的で複雑な所作も美しく、音楽にビシッとはまって鳥肌立つ(火の鳥だもの)。全体にみなぎるパワー、クリアな空に火の鳥羽ばたくのが見えるような。そして女王にふさわしい品格のあるスケーティングなんですよね。
すごい得点出た!ポリーナを逆転して優勝!…納得。
いや〜すごいの見た!
ワールド任せたぞ!

女子フリー、すばらしい演技がたくさんあって、すごい大会になりましたね。
グレイシーに惚れ直しましたが、ポリーナもアシュリーもすごかった。もちろん未来ちゃんも。
お〜プレゼンターにクワン。
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

2016全米フィギュア 男子SP マックス首位

2016年01月24日
U.S. Figure Skating Championships Ice Network
リザルト

解説は杉田さん&赤平アナという、私の大好きな組み合わせ〜。
ネイサンの紹介のところで、ジュニア(成長期)で体ができていないうちに難しいジャンプをやることの負担、故障が多くなることを危惧。
身長が伸びて目線の位置が変わり、ジャンプ跳びにくくなるのは、心理的なところにも影響すると…特に女性は。

ジョンソン
もう25歳か〜。3A入った!(喜)3Lz転倒!(涙)
難しい選曲で、バタバタせず、ここまで音楽表現できるのはすごいなあ…トップレベル…ジャンプ以外(汗)

サーベイ
アフリカ系の18歳、とても美しい青年。まだこれからだけど、美しいライン、優雅な動き、魅力的です。こういう子に伸びてきてほしいなあ。

ネイサン
この衣装はちょっと(汗)
東洋系の選手は、日本男子の衣装を見習ってくれ(自慢してるわたし)
SPに4S、4T+3T、いやはやお前もか〜。
ただ動きがちょっと固かったですね。

二人でスーハー、スーハー…選手もガチガチ、コーチもガチガチな風景もある全米。
ペヤネット(?)君のキスクラは、人気ホストの取り合いみたいだなあ(笑)

ホックスタイン
4T転倒、コンボが3+2T、うーん動き良かっただけにもったいない。

ゾウ
ジュニアでおなじみ15歳。4S<入れてきた〜。

マイナー
いい顔してる。うわ〜うわ〜気持ちいい滑り〜。ジャンプも決まった〜。
かっこいい大人の滑りです。ジャンプは危ないところもありましたが、とても良かったです。

製氷の時間に殿堂入りのセレモニー
ニックスコーチにエスコートされてサーシャ登場!(あの胸は…汗)
ベン(氷上のパートナー)とチャーリー(リアルパートナー)にエスコートされてベルビンちゃん、美しい〜。ベンがこざっぱり。
ライサもか〜

ドレンスキー
ジョシュ・グローバンの甘いボーカルが彼のビジュアルにぴったり。
ジャンプはちょっと危なかったけれど、スケーティングはいいですよね。美しい印象でまとめたのはえらい。

オイ
久しぶりのオイ君25歳。そうだな〜ブランクのせいか、一つ前の時代の選手のように見えてしまう。
MITで勉学のために競技をお休み、現在イエール大学で博士号取得…オイオイ(汗)
フィギュアスケートの採点システムを効率化するための会社経営もしている…オイオイ(汗)
隣のコーチはサボイ(なつかし〜)、現在弁護士だそうだ…オイオイ(汗)

ダイアーって、エゴン・シーレ(の自画像)に似ている。

大森勝太朗
SPの振付はアボちゃん。今季の衣装はアボちゃんからの貸衣装だって。
地味ですがとても好きなスケーターです。久しぶりに見たら、大人のスケーターになったんだなあ、ちょっと色気も。
上体の柔らかな動きがアボちゃんっぽいね。よく頑張りました。

マックス
下半身がバッファロー的!
すばらしいスピードから4S+3T完璧!3A危なかったけれどクリア。
この力強い朗々と歌声にマックスのパワーが加わり誰も真似できないトゥーランドットに!いいぞ!マックスいいぞ!
最初見た時(国別)はどうなるかと思ったことがなつかしい(笑)
ジャンプを決めただけでは生まれない、熱い思い、表現力といってもいいけど(笑)胸が打たれました。

アダム
黒髪のアダム。金髪巻き毛→スポーツ刈り→ラベンダー→黒髪…忙しいやっちゃ(汗)
3Lzのコンボ危ない、3Aなんとか、しかし、そのあとは気迫のこもった美の数々で良かった。ジャンプがねえ…。
得点はまずまずか。

1マックス91.86
2マイナー90.90
3アダム88.01
4ネイサン86.33
フリー次第でどうにでもなりそうですが、マックスのクワドの安定感が素晴らしかった。これを維持できれば。
マイナー君とアダムは、SPでクワドなしですが、フリーで決めることができるかどうか?フリーはクワドで順位が大きく変わりそうですね。

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

2016全米フィギュア 女子SP ポリーナブラボー!

2016年01月22日
U.S. Figure Skating Championships Ice Network
リザルト

健ちゃん解説が心地いい女子SP
グレイシーの妹カーリー、二卵性の双子だから似てなくてもおかしくないけれど、だいぶ雰囲気違うねえ。グレイシーがどんどん行ってしまって、応援するけどちょっと複雑…って浅田姉妹と同じ話やね。人生がんば〜。
タイスの瞑想曲の子がいたが、青木祐奈ちゃんがすごいと思ったよ…すまん。
マライア・ベル、ミスはあったけれど、動きがきれいで見入った〜。

コートニー
どうした!?コンボ転倒、3Lzでも転倒。ジャンプが決まらないコートニーはキビシイ(汗)
衣装かっこいいよ。

未来ちゃん
いい演技でしたが。会心の出来とまでは言えないけれど、気持ちこもった、そして気持ちのいいスケーティングは未来ちゃんだな。
衣装はちょっとくどすぎだけど、気合いはかんじる〜(笑)

カレン・チェン
スピードに乗って高=い3lz、あ〜でっかく転倒〜。3L転倒、あちゃ〜(汗)2AOK。
ステップ、スピンはすばらしい。ビュンビュンスピードがあっていいけどつなぎはあっさりかな。雰囲気はいいよ。

美枝子スキー?美恵子好き?…ちがうミエスコスキ。

タイラー・ピアス
かわいい〜可憐〜さわやか〜。こういうひたむき系には弱い。
ジャンプは危ないところもあったけれど、いい点来ました。

アシュリー・ケイン美人〜女神的美貌だがプログラムは普通の女の子っぽい曲なのがどう?
アンジェラ・ワンのキスクラにライアン!

ポリーナ
ブラボー!!!
スケールの大きさにエレガントさと細やかさも加わり、ワンランク上がった感じです。
前も書いたかもしれないエミューちゃん(コストナー)系。
顔がちっちゃいと健ちゃん、だよね〜。

アシュリー
チンチンがんばれ!
コンボセカンドで転倒。それ以外は良かった。引き込まれると健ちゃん。
大人の演技ですよね〜カッコよかった。
ラファエルがイタリアあたりの俳優みたいだ。

グレイシー
3Lzコンボが1Lzに…ああノーカン(涙)そのあとは落ち着いて3Fに2T。
ステップしびれる〜スピンもいい。こんなにスケーティングはすばらしいのに。
まあでも、ミスでも得点はまずまず、ほっとした。

1位ポリーナと2位は10点差。大きいけれど、グレイシーとアシュリーなら追いつけそうな気がする。
やはりこの3人が中心になりますね。
コートニーとカレン・チェンは残念なことに。

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

淡雪

2016年01月21日


なんとなく、おいしそうな雪景色。
あわ雪、淡雪、泡雪…そういえば、泡雪羹(あわゆきかん)という和菓子があったけ。
和菓子 あわ雪

今日は大寒。言葉通りの寒い一日なりそうです。
皆様、風邪な引きませんように。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2016全米フィギュアスケート選手権 勝手に予想

2016年01月19日
U.S. Figure Skating Championships Ice Network
Saint Paul, MN 1/15/2016 - 1/24/2016(シニアは1/21ペアSPから)
エントリー

●男子
アレクサンダー・ジョンソン、大森勝太朗、ショーン・ラビット、マックス・アーロン、ネイサン・チェン、ティモシー・ドレンスキー、グラント・ホックスタイン、ロス・マイナー、アダム・リッポン、ビンセント・ゾウ

ジェイソン(故障中)、ジョシュア(故障中)、アボちゃん(休業中)の全米男子。この3人がエントリーしても混戦は混戦だろうと思いつつも、本命ジェイソンがいないのは残念!
…と書いていたら、リッキーも欠場(泣)ああ〜〜〜〜

表彰台争いは、マックス、アダム、ネイサン。もしかしてマイナー、ホックスタインあたりだろうか?
マックスがクワド含めてパーフェクトなら高得点で優勝と妄想するも、波のあるタイプなので(汗)。しかしGPSファイナルにあと一歩のところに迫った実力は買いたい。胸が熱くなったスケートアメリカの演技が再びできれば…もちろん優勝!

アダムは手堅くまとめることができれば、優勝はかなり近そう。なかなかクリーンに決められない4Lzを入れるのか?入れないのか?GPSでは、入れないでパーフェクト=「手堅くまとめる」でPBという実績。これをどうとらえるのかですよね〜。
伸びざかりならネイサン、JGファイナル優勝、クワドの確実性が高まっているところに、スケーティングもいい。SSはマックスやアダムに劣らないかもしれない。優勝もありうる?…ただし、まだ16歳、大舞台でどうか?

マイナー、ホックスタイもいいのですが、例えば…「SPにクワド入れないでノーミス&フリーでクワド1本入れてパーフェクト」くらいだと、表彰台は他の選手しだいかなあ。

予想順位
アダム、マックス、ネイサン、ホックスタイン

個人的にはマックスにワールド行ってほしい。
それにしても今年の全米男子は寂しい(涙)
--------------------------------------------------------------------------------
●女子
アシュリー・ケイン、マリア・ベル、カレン・チェン、ポリーナ・エドモンズ、グレイシー・ゴールド、コートニー・ヒックス、ハナ・ミラー、長洲未来、タイラー・ピアース、アシュリー・ワグナー

優勝争いは、アシュリー、グレイシー、ポリーナ。
順調ならこの3人で表彰台でしょう。順調でなければ誰かが落ちて(汗)、コートニー、カレン、未来ちゃんとか。
故障もなく、回転不足もとられないでパーフェクトな演技なら、グレイシー、アシュリー、ポリーナの順かな?

メンタルで安定感を増しているように見えるのはアシュリー、頼もしい予感。
ここ数年何かしら不安を抱えているっぽいグレイシー、力を出し切ればぶっちぎり優勝だと私は思っているのですが…。
成長期の苦労もあるのかポリーナ、でもシーズン後半でいろいろなことがかみ合ってくれば、かなりいけそう。

予想順位
アシュリー、グレイシー、ポリーナ、コートニー、未来ちゃん

実績を考えてると、アシュリー、グレイシー、ポリーナが表彰台で、そのままワールドに選ばれるのが一番もめなくてすむな(苦笑)
--------------------------------------------------------------------------------
●ペア

カステリ&トラン
ケイン&オーシャ
シネカ&クニエリム

この3組しか知らないのだ(汗)
優勝はクニエリム組が堅いでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
●アイスダンス

カヌーシオ&マクマナス
チョーク(女豹)&ベイツ
ヘイワーク&ベイカー
ハブル&ドノヒュー
渋谷&渋谷

女豹化著しいマジソンたちが優勝候補筆頭ですが、渋谷家、ハブル姉ちゃんたちも激しく追い上げ!おもしろい展開になりそう。
女豹&ベイツがノーミスなら優勝は堅そうですが、ミスをするとちょっとわからないかもしれませんね。
渋谷家は一時期の足踏み状態から、技術的にも表現面でも花開いた感じで、とても期待しています。
かつて2番手、3番手の印象だったハブル姉ちゃんたちは、マリパトの指導を受けるようになってから、勝者のたたずまいが備わってきましたよね。こちらも期待です。

予想順位
女豹、兄妹、姉ちゃん
--------------------------------------------------------------------------------
1/21/2016 3:45pm Senior Pairs Short Program
1/21/2016 9:00pm Senior Ladies Short Program
1/22/2016 3:30pm Senior Short Dance
1/22/2016 8:30pm Senior Men's Short Program
1/23/2016 10:00am Senior Pairs Free Skate (Groups 1 & 2)
1/23/2016 11:47am Senior Free Dance (Group 1)
1/23/2016 7:00pm Senior Ladies Free Skate (Group 1)
1/24/2016 2:00pm Senior Men's Free Skate (Groups 1 & 2)
J SPORTS 放送予定
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

雪中松

2016年01月18日
201601180200.jpg
松の赤い幹が、雪のなかでうねっている。
普段見慣れているはずの松は、生き物のような異形の姿に。

2016011805.jpg
松の幹がこんなに赤いとは、ふだん意識しませんね。

2016011801.jpg
今日はどこもかしこも雪まみれ。

2016011803.jpg
大きな傘のような松の下にいます。

記事のタイトルはこちらから引用
雪中松に兎・梅に鴉図/葛蛇玉(かつじゃぎょく)

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ロシア選手権2016 見た分だけ感想

2016年01月17日
リザルト

●男子
1コフトゥン 266.13
2コリヤダ 260.73
3ペトロフ 248.64
4ゴルシコフ 246.96
5ヴォロノフ 237.68
6アリエフ 237.47
7メンショフ 233.76
8サマリン 230.77
9ピトキーエフ 230.49

アリエフ王子、4T、3Aお手つき。フリーは4Tを1つ、3A転倒、シニアで見るとややあっさりか?でもきれいにまとまった感じがする。
ピトキーエフ王子、SP4+3Tきれい、3A転倒。エレガント〜。フリーは2クワド予定が…ならず。攻める姿勢は評価したいところですが、ちとキビシイ。王子涙。
ペトロフ王子、SP4回転なしでノーミスプラン。フリーも封印、ノーミスでいい演技で、総合3位、クワドなしはどうかな?

コリャダ、SPで4+3T、SPだけなら2位。しばらく見ないうちに、スケーティングや着氷が滑らかになったなあ。
ゴルシコフのフリー、白鳥の赤い手袋はジョニー風?
メンショフも4T入って3A転倒。全体的に不調、残念。

ヴォロノフ戦士、SPは4+2T…ならば4T単独、後半3+3の方がいいかもね。3Aは1Aうーん出遅れてしまった。プログラムがちょっと…と杉田さん、やっぱそう思うよね。フリーもなかなか調子が。

コフトゥン、4S+3T!4T!3A転倒…うむ、せっかくSPでクワド2本入ったのに…ツメが甘いかも。ぎゃーって顔のタラソワ〜。
フリーは、4Sなんとか、4Tクリーン、4S+2Tなんとか。かんぺきではないけれよく頑張ったなあ。プログラムは理解不能だけれども(苦笑)

一時期、SSスキルなしに上位はありない流れに乗り損ねた感のロシアだけれど、こうしてナショナル見ると、いまはベテランもシニアもSSが良くなったなあと思う。
------------------------------------------------------------------
●女子
1メドヴェデワ 234.88
2ラジオノワ 222.57
3ポゴリラヤ 214.30
4ツルスカヤ 205.46
5ソツコワ 201.32
6ソトニコワ 197.98
7リプニツカヤ 195.24
8トゥクタムィシェワ 194.74
9レオノワ 190.32

リーザはSPを先シーズンのボレロに戻して。3Aは転倒、後半のコンボが不完全な2T+3Tに…これはキビシイ。スケーティングが悪いようにも見えないのですが、以前のようなディープで圧倒的な迫力薄くて、ちょっと慌ただしい感じがしました。
フリーは3Aオーバーターンしたけれど成功。しかしここでもいくつかのミス。この状況でミスは命取り。SPの出遅れがまずかったな。
ソトニコワ、頬のチークがキツイぜ。ノーミスのいい演技が多いので転倒は辛い。ロシア女子のスケーティングではもっとも好きなんですが、プログラムがちょっと好みじゃない。

レオノワ、SPの2Aで転倒、これですっかり蚊帳の外なのが辛い(汗)
ジュニアじゃ負け無しツルスカヤ、やっぱり勢いあるってことだよね。

ポゴリラヤ、長い手足が美しい。SPは個性的でかっこいい!
フリーもよかった〜〜〜。謎めいた美女がシェヘラザードにぴったり。
そりゃよくない時もあるけれど、ここ数年評価が抑えられ気味だと感じていたのでうれしい。

ユリア、SPのエルビスに黒のドレスはどうかなあと思うけれど、内容はすばらしかった〜。
フリーはちょっと気持ちが引けていたか?ミスはあったけれど、もしかして大きく崩れてしまうのでは?という意味ではよく踏ん張ったと思う。

どんどん縦方向に大きくなっているラジオノワ、SPノーミス!逆風という言い方は違うかもしれないけrど、この状況で根性あるなあ。フリーではジャンプに不安定さはあるもののノーミス。やっぱり根性がすごい!

メド、当然のようにSP完璧!
メド、当然のようにフリー完璧!
メド、強い。

メド、ラジオノワ、ユリア、ポゴリラヤ。全体に高いレベルなので大変だなあ(汗)
順位はわかるが、得点ほどの差はないように感じる。
------------------------------------------------------------------
●ペア
1ヴォロソジャル&トランコフ 228.96
2川口悠子&スミルノフ 217.64
3タラソワ&モロゾフ 217.52
4アスタホワ&ロゴノフ 206.39
5ザビアコ&エンベルト 205.03
6バザロワ&デプタト193.84

ロシアペア強すぎて参るわっ!!
多少のミスは、そりゃあるけれども、全体のレベルがとにかく高い。
タチアナ&マキシム、タチアナ姉さんがキスクラで亭主と元亭主に挟まれて普通にしてるのがすごいぞロシア!(笑)
一般道にジャンボジェット離着陸するスケール感はそのまま。SPはインドっぽい雰囲気が楽しい。ペアはアクロバティックなエレメンツに目が行くものだけれども、雰囲気とエレメンツに両立してるのはすばらしい。フリーはタチアナがスローで転倒…転倒なんてあんまり見たことないのびっくりだが、ブランクとはそういうものでしょう。ミスがあっても見応え十分、強いです。
川口さんのパーマはあんまり好きじゃない。SPはすばらしかった。フリーのミスが痛かったなあ。
タラソワ&モロゾフが洗練されてきてすてき。
これくらいハイレベルになると、ミスは命取りだし、プログラムの良し悪しが影響する気がする。タラモロのフリーの曲構成はちょっとどうかな?衣装はすてきだけど。
アスタフォワ&ロゴノフのフリーが個性的で面白かった。
------------------------------------------------------------------
●アイスダンス
1ボブロワ&ソロビエフ 176.98
2シニツィナ&カツァラポフ 175.83
3ステパノワ&ブキン 170.26
4イリニフ&ジガンシン 169.72

ヴィカとニキータのSDが優雅で美しく見とれる〜。白鳥の湖でこんなふうに新鮮なプログラムができるんだね。
エレーナ演じるFDの「フリーダ」は濃くていいけれど、このプロでいくとルスランがちょっと軽いかなと思う。
ニキータたちとエレーナたちが全く違う路線へ行ってるのが感慨深いです。
ボブソワのFDがすばらしかったな。ドラマチックで、NHK杯からぐっとプログラムが深まった感じがする。カーチャの手首が雄弁。じわじわと感動がきます。
ステファノバ&ブキンのスピード、深いエッジとなめらかさもいい。SDもFDも良かった。
ゾゴルスキー(イギリス出身)&ゲレーロ(オーストラリア出身)がロシアじゃ謎な雰囲気を醸し出しておもしろかった。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

暖冬、1月の花見山

2016年01月16日
2016010906.jpg
暖冬のこの冬、我が家のロウバイ(臘梅)も12月から咲き始めていますが、花見山はもっと盛大に咲いているはずと出かけてみました。
例年なら寒くて人もまばらな1月、車の規制もなありません。とはいえ休日、今年は花が早いという噂を聞きつけた人が結構いて、今の時期にしては人が多ように感じました。

2016010915.jpg
たくさんのロウバイ。
辺り一面ロウバイのいい香りがします。


山茶花が満開なのはわりと普通か?
2016010903.jpg

2016010901.jpg
これは寒椿かな?

2016010904.jpg
山を登っていくと、ロウバイの林
2016010905.jpg
びっしりと花をつけています。

2016010911.jpg
白梅が咲いています。やはり今年は早いです。

2016010910.jpg
さわやかな早春の香り。
2016010916.jpg
少ないですが、紅梅も咲き始めていました。

2016010909.jpg
これはクコの実だと思う。

2016010908.jpg
2016010914.jpg
満開の山茶花があちこちで華やか。
2016010912.jpg

2016010913.jpg
帰り際、ボケも咲いていることに気がつきました。
ここは日当りがいいとはいえ、ボケはぽかぽかとした陽気になってから咲くのが普通なので、ちょっとびっくり。

2016010907.jpg
ロウバイが咲き始めると、次はマンサク、その頃は梅も満開になりそうです。

トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)

空を行く雲

2016年01月15日
2016010211.jpg

み空行く雲も使と人は言へど家苞(いへづと)遣らむたづき知らずも
大伴家持 万葉集

雲は「使い」だと言うけれど、雲を使って家族に土産を届ける手だてもわからない。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

白い穂

2016年01月14日


ススキの穂は、秋の光沢のある穂から、すっかり「脱力〜」といった風情で、ふわふわと風に揺れていました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』

2016年01月12日
poster2_20160106163121eb3.jpg

映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』公式サイト
 20世紀が終わる頃、ある裁判のニュースが世界を仰天させた。アメリカに暮らすマリア・アルトマン(82歳)が、オーストリア政府を訴えたのだ。
“オーストリアのモナリザ”と称えられ、国の美術館に飾られてきたクリムトの名画〈黄金のアデーレ〉を、「私に返してほしい」という驚きの要求だった。伯母・アデーレの肖像画は、第二次世界大戦中、ナチスに略奪されたもので、正当な持ち主である自分のもとに返して欲しいというのが、彼女の主張だった。共に立ち上がったのは、駆け出し弁護士のランディ。対するオーストリア政府は、真っ向から反論。
大切なものすべてを奪われ、祖国を捨てたマリアが、クリムトの名画よりも本当に取り戻したかったものとは──?


the-woman-in-gold.jpg

たまたま私が前回見た映画が「ミケランジェロ・プロジェクト」でした。ナチスが美術館から略奪した作品を、第二次大戦末期に奪還するプロジェクト。ナチスは公的、個人問わず美術品を略奪していたわけですが、「ミケランジェロ・プロジェクト」の対象が美術館という公共機関であるのに対し、『黄金のアデーレ 名画の帰還』は個人所有の美術品です。つまりナチスに略奪された財産を個人レベルで取り戻す話。いずれも史実に基づいています。
クリムトはとても好きですし、名作「黄金のアデーレ」のことも知ってはいましたが、近年このような出来事があったことは知りませんでした。(日本でニュースになったかもしれませんが、忘れてます)

sub4_large_20160106163119819.jpg
「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」通称「黄金のアデーレ」は、ウィーンで暮らすユダヤ系の裕福な一族が、クリムトに依頼した肖像画。バウアー家は芸術家のパトロンでもあったという。マリア・アルトマンはこの家に生まれました。
1938年ナチスはウィーンを占拠、「黄金のアデーレ」などバウアー家の美術品、財産は全て没収。新婚間もないマリアは、夫と共にアメリカに亡命します。
m0000000802_sub1_large.jpg
細かいところでいろいろあるのですが、1998年、マリアは弁護士と共に、「黄金のアデーレ」の正当な所有者であることを証明し返還を要求します。このような人が大勢いて、戦後、返還に応じる制度(?)があるようです。
ところが返還の対象が「黄金のアデーレ」となると、オーストリア政府も焦る…いきさつはともかく、なにしろ国の国宝級の名画なのですから。あの手この手で返還に応じません。

まだ経験も浅い弁護士ランディはまことに頼りない。興味深いのは、ランディの両親も亡命してきたオーストリア人で、作曲家シェーンベルクの子孫なんですね。
最初は乗り気ではなかったランディが、自らのルーツをかさねて、裁判とともにたくましさを増していくところも見所。
notes_pic1.jpg
優雅できらびやかバウアー家の暮らしぶりが、マリアの回想として蘇ります…と同時に富裕層と貧困層の差も激しかったのだろうなと思う。
その暮らしも、ナチスによって一変します。全てを失い、両親すらおいて(おいて行かざるをえなかった)、間一髪アメリカに渡ったマリア。封印を解くように蘇る回想は、辛い過去を再びたどるもの。

マリアが返還を決意したのは1998年、亡命から60年、マリアは82歳です。60年たっても癒えない悲しみや後悔。マリア役のヘレン・ミレンの品格のある演技があってこその映画。
これはマリアの人生ですが、そうした悲しみを抱えて生きている人が、今も大勢いるということなんですよね。

マリアにとって、「黄金のアデーレ」の返還は、失ったものを取り戻すというより、60年の過去を受け入れ、心の整理をするためのものなんだなと思う。
所有者が誰かをはっきりさせて、まあ…ある程度の補償を受けられれば、それでよかったようにも想像しますが、マリアを見くびったオーストリア政府は、敗訴してしまいます。

「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」は、2006年6月、マリアの「誰もが鑑賞できるよう、常時展示すること」を条件に、156億円(1億3500万ドル)でロナルド・ローダー(エスティ・ローダー社)に売却され、現在はニューヨークのノイエ・ギャラリーに展示されています。

f35dbd4df7130d83b6570390b8f88459.jpg
グスタフ・クリムト「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」
1907年 138 cm × 138 cm
ノイエ・ギャラリー所蔵
http://www.neuegalerie.org

映画 | Comments(0) | Trackback(0)

センダングサ

2016年01月11日


今年は雪もないので歩きやすいと、普段は農業用軽トラしか通らない、轍の残る道を散歩していました。
しばらくすると、足首あたりがちくちくと…痛い。
見れば靴下に、たくさんのセンダングサの実が刺さっていました。

2016010212.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

暖冬、1月の雨

2016年01月08日


ここは農業用のため池。
1月ならまとまった雪が積もってもおかしくないですが、雨です。氷も張っていません。
お正月休みは、普段歩かないあちこちの細道を散歩していました。それもこれも雪がないからできることですね。
上着を脱ぐほどではないけれど、東北でも驚くほど寒くない冬、スキー場の雪不足がニュースになっています。

201601030200.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展

2016年01月06日
mainvisual1.jpg
ジョン・エヴァレット・ミレイ《いにしえの夢─浅瀬を渡るイサンブラス卿》1856-57年 

リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展
2015年12月22日(火)〜2016年3月6日(日)
Bunkamura ザ・ミュージアム
ロセッティ、ミレイ、ハントらがラファエル前派を結成し活躍した19世紀中頃のリバプールは、造船業や様々な工業によって、また工業製品を輸出する英国随一の港町として大変栄えていました。リバプール国立美術館は、リバプール市内及び近郊の3美術館などの総称で、ラファエル前派の傑作を有する美術館として世界的に知られています。本展では、リバプール国立美術館の所蔵品から、ラファエル前派及びその継承者たちの油彩・水彩など65点を紹介し、近代における英国美術の英国らしさを「英国の夢」をキーワードに浮き彫りにしていきます。

リバプール国立美術館…なかなか見る機会が少ないかも。
ラファエル前派はドラマの一場面、ストーリーを想像させる作品が多くて、とても楽しいです。
登場人物の目線、衣装、背景にも意味があり…あるいは意味深?見ていると、あと引く感じもあります。
特にミレイはドラマチック、《いにしえの夢─浅瀬を渡るイサンブラス卿》この馬上の二人はどんな関係なのだろう?卿が少女を救い出したのだろうか?それともどこかへ送り届ける重要な役目をおっているのだろうか?…などなど、いろいろ想像してしまいます。

少女から、乙女、女神から、いろっぽい女性まで、美女多数!モチーフが堕落した女性であっても、やはり美しい。人物だけでなく背景の豪華さ、衣装のドレープや折り重なる布の質感、花は花弁が透けるような繊細な表現なども見所。
とにかく美しい作品が多いのもラファエル前派の楽しみな部分ですね。
ケイト・グリナウェイ、めずらしいラスキンの風景画など、小さい作品も逃せないです。
美しく豪華な挿絵の本を、順繰りめくっていくような企画展でした。

pic4.jpg
ジョン・エヴァレット・ミレイ《春(林檎の花咲く頃)》1859年 
描かれているのは妻やその妹たちなど身近な人々で、各人物の将来が顔や物腰に象徴的に暗示されています。

モデルはミレイの妻の妹達。
見たとたん、私は「若草物語」を連想しましたが、女性達のそれぞれの行く末、個性という意味では外れていないような気がします。
りんごの花がとてもリアル(身近な花なのでよく知っています)で美しい。

lafael_01.jpg
ジョン・エヴァレット・ミレイ《ブラック・ブランズウィッカーズの兵士》1860年 

兵役か前線に送られる恋人との別れだろうか?
ドレスの光沢が見事でじっくり見ました。

pic7.jpg
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《シビラ・パルミフェラ》1865-70年 
超越的な「美」の偶像として描かれた玉座に座る女性単身像。シビラ・パルミフェラとはヤシを持つ巫女のことで、ヤシは美の勝利を表します。左側には愛を象徴する目隠しされたクピドと薔薇、右側には死の運命を暗示するポピーと頭蓋骨、そして魂の象徴である蝶が描かれています。

これぞ「ロセッティ顔」。近寄りがたい超越的な「美」。
彫像のような感じをうけます。

pic9.jpg
ローレンス・アルマ=タデマ《お気に入りの詩人》1888年

ローマ時代の設定で描くタデマ。失われた楽園という感じかかな。
緻密で豪華な舞台設定でも、女の子たちのリアルな恋バナが聞こえてきそう。

151118_bunka_07.jpg
エドワード・ジョン・ポインター《テラスにて》1889年

映画の1シーンのような。

pic3.jpg
アルバート・ジョゼフ・ムーア《夏の夜》1890年

半裸の女性達はセクシーなようで、近寄りがたい女神たちのようにも見えます。それにしてもゴージャズな雰囲気。
装飾的でギリシャ・ローマ時代のレリーフにありそうな構図。

pic11.jpg
ウィリアム・ヘンリー・ハント《卵のあるツグミの巣とプリムラの籠》
1850-60年頃 水彩、グワッシュ・紙
鳥の巣や卵を描いた静物画で名声を獲得し、「鳥の巣のハント」と呼ばれた画家の典型的な作例です。

巣にそっと手を伸ばして卵に触れてみたい。
どうやったらこんなに描けるのか?という緻密な水彩画。

pic5.jpg
エドワード・コーリー・バーン=ジョーンズ
《スポンサ・デ・リバノ(レバノンの花嫁)》1891年
水彩、グワッシュ・紙
『旧約聖書』の「雅歌」を主題とする3mを超える水彩画の大作。花嫁の両側には純潔の象徴である白ユリが咲き、空中には北風と南風の擬人像が女性の姿で表されています。虚ろな眼差しの花嫁には、この画家の作品にしばしば見られる、愛の体験がもたらす喜びと悲しみの情趣が漂っています。

とても大きな作品。これが水彩画とは!よく見ると紙をつないでいることがわかります。
運命に翻弄されるかのようなダイナミックな風の表現がすごい。

lafael_08.jpg
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《デカメロン》1916年
10人の若い紳士淑女が1人1話ずつ、10日にわたって100の物語を紡ぐボッカッチョの『デカメロン』。美しい庭園で物語に耳を傾ける男女が描かれていますが、どの物語が語られているのかを示すヒントは与えられていません。判断のすべてが鑑賞者の推測に委ねられている唯美主義の傑作です。

デカメロンを知らなくとも、これはどんな場面なのだろうと想像してしまいますね。
女性達の表情、仕草、衣装、立ち位置、説明的でないところがかえって後をひく。

pic13.jpg
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《エコーとナルキッソス》1903年
ギリシャ神話の美青年ナルキッソスと彼に恋する「こだま」の妖精エコーの物語。ナルキッソスは泉に映る美しい若者が自分の姿とは知らず魅了されてしまいますが、エコーはその傍で彼の言葉をただ繰り返すことしかできません。

わりと有名なナルキッソスの物語。エコーがキュートな魅力で切ない、応援したくなります。

アート・美術館 | Comments(2) | Trackback(0)

どんど焼きの準備

2016年01月06日


元旦の午後、普段より長い散歩に出かけました。
少し標高が上がったせいか山々の眺めがいい。
見知らぬ集落を通ると、どんど焼きの準備をしていました。

2016010210.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

冬の散歩道

2016年01月06日


佐保川に凍り渡れる薄氷(うすらひ)のうすき心をわが思はなくに
大原桜井真人 万葉集

あなたへの思いが、佐保川の薄氷のように薄い心とでも思っているのですか。
暖冬とはいえ、日陰には氷が張っています。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

金色の野原

2016年01月05日


冬のクリアな日差しで、野原は金色に。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

冬の畑

2016年01月05日


冬畑の大根のくきに霜さえて朝戸出さむし岡崎の里
大田垣蓮月

大根の茎に霜がおりた。朝、戸を開けて外へ出ると寒く感じる岡崎の里は。
この冬は暖冬のせいか、畑の緑に勢いがあるように見えます。遠くなので大根かどうかはわからないけれど。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

あけましておめでとうございます

2016年01月04日


ふかふかとした上等の絨毯を歩いているよう。
初詣というには適当な…散歩がてらにやってきた神社。50cm幅くらいの古いコンクリートの道には、年月が経つうちにびっしりと苔がつきました。ここは日陰で普段ひとけの少ない場所、人が大勢歩けばこうはならないでしょう。
暖冬のせいもあるのか、緑が鮮やかです。
色彩の少ない杉木立と落ち葉の境内、レッドカーペット…ではなく、緑のカーペットで歓迎されている気分です(笑)

2016010202.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

フィギュアスケート雑感 2015ー16シーズン折り返し

2016年01月02日
2016ワールド
男子:羽生結弦、宇野昌磨
女子:宮原知子、浅田真央、本郷理華
ペア:須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ
アイスダンス:ミニマム次第

2016四大陸
男子:宇野昌磨、無良崇人、田中刑事
女子:宮原知子、浅田真央、本郷理華
ペア:須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ
アイスダンス:村元哉中&クリス・リード、平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンション

世界ジュニア選手権
男子:山本草太、中村優、宮田大地
女子:樋口新葉、白岩優奈、本田真凜
ペア:ミニマム次第
アイスダンス:深瀬理香子&立野在

順当な代表、特に波乱もなくといったところでしょうか?
ゆづは予想通り4CCをスキップ、コンディション考えると無理する必要もないですね。まあ年明けはアイスショーもあるので、ゆっくり整えるとはいかないかもしれないけれど。
ゆづ、ショーマと来て、3番手は誰か、ここが難しいところですが、今回は無良君、存在感を示してほしい。

刑事君が全日本4位で4CC派遣がうれしい。4CC好物揃いすぎて、ああ行きたい〜行けない〜(涙)

すみれちゃんペアはミニマムをクリアして、ワールド代表へ。あっぱれです!つうか、もっと報道しろよな、競技放送しろよな!(汗)
カナクリの勢いもすばらしい。4CCでミニマムクリアするとワールドも?
エミマリにもがんばってほしい。

日本のペアとダンスにいい選手がいっぱい誕生しますように(祈)

ジュニアワールド、男子は草太君の他、優君と宮田君。やっぱりスケーティングで選んだか〜。
そうか全日本ジュニア2位の友野君じゃないのか…やっぱ1発屋と思われちゃったか?(汗)友野君は、とにかくスケーティングがんばれ。
女子は、わかばちゃんと白岩さんは文句なし代表で、3人目誰?凜ちゃんか真凜ちゃん?だったと思いますが、ファイナル表彰台が効いたか真凜ちゃんに決定。

平昌オリンピックを視野に入れている草太君は来季シニアに、他にも実力のあるジュニアは、どんどんシニアに移行するでしょう。
女子はまだまだ人材豊富ですが、男子は草太君抜けると心もとない(汗)次世代にどんどん来てほしい今日この頃。
------------------------------------------------------------------------------
涙と笑顔で大舞台を終えた/全日本選手権
最後の大舞台で最高の演技を披露した。全日本選手権最終日、女子FS(フリースケーテイング)が行われた。ジャンプで精彩を欠きSP(ショートプログラム)21位スタートとなった西野友毬(政経4=武蔵野)だったが、すべてのジャンプを見事に決め、表現力でも会場を魅了。演技後は涙があふれた。総合順位こそ18位と好成績を残すことはできなかったものの「これぞ西野友毬」という圧巻の演技を観客の心に刻んだ。

ああそういう時期になったんだなと思う。
とても好きな選手で、ジュニアの頃から期待もしていた選手でした。最高位はジュニアワールド4位だったかな?
先日放送された「全日本の舞台裏」ではリンクサイドで涙する樋口豊コーチが…。もらい泣きしてしまう。
------------------------------------------------------------------------------
ガチ引退
そうか、ここにも(涙)
いい感じに仕上がってくると故障…という不運が。スケーティングの粗さはありましたが、少し憂いを帯びたアーティスティックな雰囲気は、他の選手にはない魅力でした。
------------------------------------------------------------------------------
ヴォロノフ、リーザ プログラム変更
ヴォロノフは、ジェフ振付のフリーを、前のシーズンのプログラムに。なかなかモノにできなくて苦労していたので、わかるような気がします。課題となっているスケーティングスキルをアップするためのジェフプリーズ!だったと思いますが、ジェフのプログラムはハードル高かったか?相性もあるけれど。
一時期ダイスケの影響で、男子が次々にカメレンゴさん振付に走ったけれど、あの時もモノにできた選手は少なかったことを思い出します。
リーザはSPを前シーズンのボレロに。彼女はプルさんタイプ…つまり自分がノレるかどうか?ですよね。
------------------------------------------------------------------------------
羽生様人気にあやかったフィギュアスケート本が多数出版となれば、表紙はそりゃ羽生様!
しかし、表紙の占有率すごすぎ(汗)

検索 Amazon フィギュアスケート
ゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづゆづ
真央真央真央
割合としてはこんな感じだよね(笑)

ざっとしか見てませんが、こんなにでるとどこも似通った内容。内容があるならまだいいか?(汗)この角度見たことないかも?くらいのクオリティイマイチの写真で埋めてる本も多い。
ポスター付きといっても、4つ折り、2つ折りだと微妙ですよね。
さすがに専門誌や取材を長くしているスポーツ誌は、写真も内容も充実していますね。


ゆづ表紙ならこれが新鮮。


真央表紙ならこれがいいな。


羽生様圧勝の中、ユリアで1冊とは勇気ある!
------------------------------------------------------------------------------
2017ファイナルは日本開催
オリンピックシーズンのファイナルは日本…は定番か?(笑)
開催地がどこかですよね?東京、名古屋、大阪あたりではという噂。つうか、それ以外でキャパないし。
12月はつらい、東京ならいけそうかな?

個人的には、ワールドもファイナルも4CCも、ユーロも全米も、たまアリでお願い!

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

2015全日本フィギュア 女子フリー 宮原さん二連覇!

2016年01月02日
第84回全日本選手権大会 リザルト
スポーツナビ フィギュアスケート

松田悠良
ロマンチックで美しい王道の「白鳥の湖」。上位に比べると、つなぎがちょっと薄いかも。でも劇場的な雰囲気があってとても素敵でした。
マイナスがついたとはいえ、ここまでいい演技しても12位って、全体のレベル高すぎ。

永井優香
冒頭の3Lzのコンボが決まるかどうかで全体の印象が全然違う。
いいところもあるけれど、スケーティングがちょっと固いか?伸び伸びとはいかなかったような。
順位はともかく、もっとできたようなきがする。

凜ちゃん
ロミジュリ、初々しさとお色気の塩梅がいい感じ…と、勝手に思う(笑)
まだジュニアっぽい粗さはあるのだけれど、スケーティングと音楽との調和が、…もちろん技術の裏付けがないと生まれないのだけれど、技術以上の何かが生まれる感じ。感情表現といってもいい、そういうところに心が揺さぶられますね。

真凜ちゃん
美しい選手ですよね、改めて。
3Lz転倒、3S+3T、3Fから3連続、2A+3T、最後の3F転倒。
最初と最後のジャンプ転倒はちょっと残念(汗)最後の3Fは最近鬼門か?
腕が大きく使えると荒川さん、そうなんですよ、会場を大きく使える、大きく捉えられる?…スケールが大きいですよね。

青木祐奈
スピードがあってカッコよかった。転倒あったりで後半はばてていたけれど、頑張りました。
実力を出し切ったとは言えないけれど、まだ14歳これからです。

宮原さん
いつものように浜田コーチの頭からエネルギーチャージ。
ゆったりと大きな動きから、激しさを増す動きへ、終始自信に満ちた演技でした。失敗する感じがなかったですね。最後のジャンプが2A+3Tってのもニクい。
会場の支配力が大会ごとに増している。あの内気な少女はどこへ行ったのだろうと思う。

わかばちゃん
14歳にしてこの貫禄、もっとドヤ顔ください!
3Lz+3Tかっこいい!絶対に決めてやる…そんな演技でした。
スピードに乗ったジャンプはやっぱいいなあ。
終えてガッツポーズは男前!

白岩優奈
やっぱりジュニアなんだけれど、丁寧できちんとしたスケーティングの基礎ができているんだなと思う。その上でのジャンプはは失敗が少ない。全てのジャンプに3Tつけられるとか。
リカバリーとはいえ、最後から2つ目のジャンプが3lz+3T+2L!しかも加点つくでき。
すごいジュニアです(汗)

理華ちゃん
決して悪い内容ではないのですが、前半の3Lzの転倒が勝敗を決めたのだろうか? …そうなんだろうなあ。
ミスの少ない宮原さん、スター真央と勝負するには、まずはノーミスでないとならなかった。大変です(汗)

真央ちゃん
3A転倒、3Fコンボは単独に。
よくない流れでしたが、3lzはクリーンに!ここからはすばらしかった。
切なく美しいプログラムにエレメンツがちりばめられている。演じる表現ではなく、体全体で表現するバレエに近いか?空気感、溢れ出すような感情表現に心がうたれます。
そして気品、この美しいスケーティングとフットワークは浅田真央の個性でもあります。

カナコ
スケーティングはどんどん洗練されてきているのに、なんで今更SAYURIと思う。今季の問題の根源は、プログラムにもあるのではと考えてしまう。
まあしかし、今回は3Fを飛び忘れ…おいおい(汗)
あと、冷たい言い方ですが、終えて不細工な表情はマイナス3!こういうのがかわいいと受け止められるのは、ジュニアのうちくらい。

宮原さんの安定感がすばらしかった女子フリーでした。
真央ちゃんは、実力を考えるとまだまだなんですが、なんとか踏みとどまってくれて、ほっとしました。そして、私がファンだからかもしれませんが、浅田真央のスケーティングの美しさや魅力というところで、他の選手はまだ追いついていないように感じました。
理華ちゃんもすてきなスケーターですが、まだ原石とでもいうのか?まだまだ伸び代がありそうです。
やっぱりジャンプが決めないことにはなあですね。
この3人がワールド代表は順当、今考えられる最強だと思います。

フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME |