フランク・ステラ〈イマジナリー・プレイシズ〉:タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展Vol.29

2016年11月30日
IMG_1_00000691.jpg
フランク・ステラ〈イマジナリー・プレイシズ〉:タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展Vol.29
2016年09月17日(土)~12月23日(金)
CCGA現代グラフィックアートセンター

0000463_1.jpg
フランク・ステラ(1936–)は常にアメリカ現代美術を代表する作家として活躍してきました。
 1994年に制作を開始した〈イマジナリー・プレイシズ〉シリーズは、過去の文学作品に登場する架空の地名を解説した書籍 “The Dictionary of Imaginary Places” (邦題『世界文学にみる架空地名大事典』アルベルト・マングウェル、ジアンニ・グアダルーピ共著、1987)に基づいており、同書で紹介されているさまざまな地名がシリーズ内の各作品タイトルにつけられています。多彩な視覚的要素が詰め込まれた画面を複雑な混合技法で実現し、過剰とも言える色彩と形態が氾濫するこのシリーズは、躍動する絵画空間の表出を一貫して作品制作のテーマにしてきたステラにとって、ひとつの到達点になりました。


2016111223_20161117172836a48.jpg
ステラというとシンメトリーの構成しか思いつかないのですが、80年代以降は様々なスタイルがあったらしい。
会場はあふれる色彩の渦という感じ。
タイラーグラフィックスは様々な技法、試みが見られ、技術的にもおもしろい。
今回の作品もスクリーンプリント、リトグラフ、エッチング、アクアチント、エングレイヴィング、レリーフ、スタンピング、木版…などなど、多数の技法で制作された作品ばかり、どこがどうなって、どんな工程なのかさっぱりわからない(汗)
特にレリーフは、現物を見るととても厚みがあり、どこの段階でレリーフが施されるのか?謎です。

2016111224_2016111717283811e.jpg
大きな作品もあり、本当にどこでどうなって制作しているのやら。

2016111226.jpg
〈イマジナリー・プレイシズ〉シリーズは、「文学作品に登場する架空の地名」に基づいて制作されたとありますが、ステラの作品は抽象表現だけ、具象的なものも文字も、連想させるものも全くありません。
実際にある文学作品のタイトルから「流刑群島」「楽園の鳥」「地底世界の…」「…の発見」など、ストーリーを想像させるタイトルでありながら、なにも連想できないというもどかしさ(笑)
手がかりがないと、記憶することさえ難しいんだなと思う。
感受性を試されてるような気がしなくもない(苦笑)

2016111222_201611171728361cc.jpg
私が唯一知っていたタイトルの文学作品は「影との戦い(ゲド戦記第1巻)」ですが、ではこの作品がゲド戦記なのかと言われると、さっぱりわからないのです。
でも美しい作品であることは間違いないのです。

2016111225_20161117172914d32.jpg
「ドゥビアクソ」(知恵群島-発見と冒険の旅より)
とても大きなタペストリー、迫力があります。
------------------------------------------------------------------------------------
201611121.jpg
美術館前の紅葉がきれいでした。

アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2016第6戦 NHK杯 女子フリー 宮原さんファイナルへ

2016年11月29日
2016NHK杯フィギュア
results

ラジコワ
美しいスケーターのドラマチックな演技を堪能。しっとり美しく舞う、すてきでしたね。

カレン
スピードに乗って、すばらしくキレのいいタンゴ、ジャンプも高くて気持ちいい。
スパイラルはもっと見てたい。
いろいろ引かれたところはあるけれど、印象派はとてもいい。

チャートランド
筋肉強化、コーチ強化、勝負プロ、いろいろがんばってます。
ハマる時ははまるんですが…(涙)今回は気持ちと体がバラバラな感じがしました。後半は気持ちもちょっと引けていたかも。
ナショナルがんば〜
2017ワールドのカナダの枠は2、ケイトリン、デールマンと共に争うことになります(汗)

ツルちゃん
3Lz+3T、3S+3T、2A+2T+2L。
3Fは転倒ですが、そう悪くないようにみえました。スコア見るといろいろ引かれてますねえ。スピンがどうしてコンビネーションスピンはどうしてレベル2だったのかな。
得点は伸びきらないなあ。

今回の女子は、全体に「<」が多かったですね。スピンやステップのレベル判定もきびしかったかも。
わかるのはわかるんですが…

未来ちゃん
気持ちのこもった、とてもすてきな演技。
「<」の大盤振る舞いはいらんちゅうの(汗)ステップやスピンでも取りこぼしが多く出てしまいました。

わかばちゃん
スピードにのって3Lz+3Tかっこいい〜、その直後は2L。
あちこち引かれましたが、わかばちゃんらしさのある、いい演技でした。
欲をいえば、演技のタメやメリハリでもっと煽ってほしいかな。まだこれから、のびしろ十分ということで。

松田さん
この衣装がちょっと…。
2アクセル+3トーループ+3ループ決まった!
動きもいいですよ〜。後半は少し疲れたか?後半も勢いが維持できれば、印象も違ってたのですが、表現もやや一本調子になりがち、もっとできたと思うと、そこが残念。
とはいえ大健闘の総合7位です。

ポゴちゃん
3Lz+3T他、ジャンプは全て高さと流れが美しくすばらしい。
スケーティングや体全体からあふれる存在感が、ここまでの選手と段違い。そして洗練された大人の表現力、カンロクです。
ノーミスではないけれど、すばらしかったですね。
余裕の優勝は納得、今季の安定はすばらしい。

宮原さん
気迫に満ちた表情、宮原には宮原の世界があるのです。
ジャンプは引かれたところもあるけれどしっかりまとめてきました。2A+3Tは飛距離があってよかったです。
スピンもステップもきっちりレベル4。力強いステップやコレオは迫力があってかっこいい、ついて行きたい(笑)
終わってみると、強い意志と盤石の基礎、さすが宮原という感じです。
総合2位。

ソツコワ
決めるところをきっちり決めてくる、強いです。
スケーティングもいいし全体にとても美しく優雅、ただポゴちゃん、宮原さんのあとだと、表現力はまだジュニアっぽいんだよね。…といっても、ポゴちゃんも宮原さんも18歳で、ソツコワ16歳ですが(汗)
総合3位でファイナル確定。

ファイナル
メド、ポゴちゃん、ラジオノワ、ケイトリン、ソツコワ、宮原さん
6人中4人がロシアから。予想通りロシア強い…まあファイナルよりナショナルの方がずっとキビシイ戦いってのが、今のロシア女子ですが(汗)
ケイトリン快挙と言っていいかも。
そして確実思われたアシュリーが次点に(涙)、そんなこともあるので、宮原さんのファイナルにはほっとしました。



フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

落ち葉の散歩道

2016年11月28日
2016112308.jpg

いつもの公園に散歩に来ました(11月23日撮影)
木々の紅葉は盛りを過ぎていますが、一面の落ち葉もいいものです。

2016112303.jpg

2016112306.jpg
木々に残る紅葉もくすんだ色合いになってきました。

2016112301.jpg
2016112302.jpg
赤いもみじに埋もれそうな階段の道を歩きます。
前日は小雨、踏みしめると落ち葉の匂いがしてきます。

2016112304.jpg
黄色の落ち葉もきれい。
おいしそうな色で、あられせんべいみたいに見える(笑)

2016112309.jpg
2016112307.jpg
この公園は赤いもみじがたくさんあります。赤い絨毯を敷き詰めたよう。
土の上の落ち葉は、歩くとふかふかして気持ちいい。

2016112310.jpg
日差しがあたると一層鮮やかに。この赤も日に日に色あせていきます。

2016112311.jpg

2016112314.jpg
日当りのいい場所は暖かいですが、日陰はぐっと冷え込みます。
この日は気温が上がらず、風が冷たく、散策も程々で引き上げることにします。

2016112313.jpg
2016112305.jpg
周辺の山々もだいぶ色あせてきました。
冬ですねえ。
トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2016第6戦 NHK杯男子フリー 羽生様ぶっちぎりと同窓会

2016年11月28日
2016NHK杯フィギュア
results

ラトデニ
コーチがランビで、曲が「四季」だもんな〜。
3A、3A+2T決まった!
前の大会とは別人のように体が動いてるような気がする…というか、こんなにできるんじゃないか〜(笑)
プログラムの流れの中でジャンプが決まるのがいい。ミスはあちこちあったみたいですが、最後までスピードがあって、この年代ならではの突っ走る感じにぴったりはまる。
スピンやステップ、ツイズルの時の首の使い方がランビ。
PB更新!ランビコーチがしみじみうれしそう。
ランビかっこいい。キスクラはランビばっかり見ちゃう。
毎日ランビといるのか〜いいな〜(笑)

ジェイソン
今回は4Tがポイントでしたが、残念ながら転倒、3Aバランス崩す、もう1本の3Aはコンボにならず転倒。4回転のストレスなのか?他のジャンプも不安定に。ミスを数えるとちょっとつらい。得点源のジャンプが決まらないので得点はやむを得ないです。
それでもプログラムは破綻せず、美しくドラマチックなスケーティングはお見事。やっぱりすてきです。
ジェイソンに4Tと3Aは必須なので、これはこれいい勉強したということで。

フェイ
4T転倒他、ジャンプのミスがあちこち。
スケーティングは年々良くなり、つなぎの表現も魅せるようになりました。もう少し、感情が溢れるような、そんなところを氷上で見たい。とても熱いものを持っていると思うのですが。
キスクラ、この舞台にいる喜びと、まだまだだな自分…って表情がなんとも言えない。

ビチェンコ
道化師。4Tコンボは3T+3T、そのあとに4T。3Aもなんとか2つ決まりました。
最後まで精一杯頑張りました。まずまずですが、表彰台常連になるにはちょっと物足りないかもしれない。
欲を言えば、スケーティングがまじめで健康的なので(笑)道化師の嫉妬に悶え苦しむどす黒い情念がもっと欲しいかな。

コリャダ
4Lz、高さがあってこれは…と思ったのですが転倒、4Tも転倒…これがきつかった。今日の構成は覚悟のハイリスクだった感じ。そのせいか不安定な危ないジャンプもあちこち。いろいろ考えないとなあ。
でもスケーティングはいいと思うんですよね。スピンやステップもすべてレベル4。
あと、好みの問題ですが、プログラムが垢抜けない。トマシュみたいなプログラムいいんじゃないかな。

ナム君
平成の植木等のパリのアメリカ人。
リカバリーでジャンプ構成をどんどん変えるとはすごい能力かも?(誰かに聞かしてやりたい)
ジャンプはだんだん良くなってるから…今は耐える時期かな。その間にスケーティングを磨けば良いんです。

刑事君
フェリー二メドレー
4Sお手つき、4S+2T、3Aちょっと危なかった。後半の3Aからのコンボ、3+3もきまった!クワド2本入って、ジャンプに大きなミスがありません。
ステップのはじける感じ、伸びやかさ、リズミカルですてきです。
つなぎに独特の濃さがあって、マッシモらしいなあ。それを刑事君がこなしている。
スピードの緩急、曲調の変化をよくとらえたスケーティング、こんなに伸びるスケーティングなんだよねえ。
すばらしかった!かっこよかった!
PB大きく更新248点!堂々の3位。GPS初表彰台おめでとう。

羽生様
4Lこらえた、4S完璧、スピンも安定して美しい。
後半の4S転倒、4T、3Aからのコンボ2本オッケー。ジャンプを振付のように入れたい、その通りのことができてました。
個人的な見方ですが、このプログラムは平和や博愛、美しい自然みたいなところがテーマだと思うのですが、それってすごい大風呂敷で、ストーリーもないし、ある意味捉えどころや決め所がむずかしいと思うんですよね。インパクトを作る意味でも。シーズン初めの頃はそういう意味でものすごく未完成でしたが、ここに来てプログラムの深まりと、何か大きなものが見えてきたなあと感じます。
ジャンプも大事ですが、今大会はSP、フリー共にプログラムの深まりが良かったなと思います。
スケーティングは性別超えた美しさで、ある意味それが彼の個性になっているのだなと実感。
総合で300点越え、もちろんぶっちぎり優勝。

ネイサン
ダッタン人の衣装ですが、今のネイサンならもっと大人っぽいのが似合うよ。
4Lz転倒、ルッツにつけそびた3Tは4Fにつけて4F+3Tに。4TはSO、4T+2T、3Aなんとか、3L、3Fから3連、3Lz。
とにかくクワド見るのが忙しい(笑)5回予定のクワドは4本でした。
いや〜すごいインパクト、こんなヤツがどんどん出てくるのかなあ。
ジャンプ終わってからのスケーティングの伸びやかさに、ネイサンのスケーティングの良さがわかります。ここに加点のつくクワドが加わるとすごいことになりそう(汗)

予想通りゆづが大差で優勝。さすが横綱です。
2位ネイサンと共にファイナルへ。
そして3位に刑事君、PB更新、すばらしかった。勝ち取った表彰台です!おめでとう!

ファイナルは
ハビ、パトちゃん、ゆづ、ショーマ、ネイサン、アダム
みんなおめでとう!

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

GPS2016第6戦 NHK杯男子SP 羽生様ショータイムと同窓会

2016年11月26日
2016NHK杯フィギュア
results

ゆづ、刑事君、フェイ、同級生3人揃ってやたらうれしそうな今年のNHK杯です。

コリャダ君
冒頭の4Tが単独でお手つき、3A美、コンボは3+2Tに、滑りは悪くない、スピンやステップも良かっただけに、ジャンプが残念。
78点、らしくない得点に。

ラトデニ
男っぽくなったなあ。つなぎのスケーティングがどこもかしこもランビ。
スケーティングはいい、あとは流れに乗ってのジャンプが課題かな。スピードが生かせればもっと大きなジャンプになると思う。
リンクサイドにランビ!
キスクラにランビ!
隣にランビ!
選手より華のあるコーチ、フィギュアスケートでよくある場面。

ネイサン
かっこいい。前の衣装はお笑いみたいで安ぽかった。今度の黒い衣装は100倍くらいいい。
4Lz転倒、リカバリーで4F+3T!
リカバリーで4F+3T!!!
苦手の3Aはお手つき。
つなぎや表現は大会ごとに密度を増し、バレエらしくエレガントになってます。
ジャンプが残念でしたが…リカバリーで4F+3T!
成功したジャンプは、4F+3T!
いいんだか悪いんだか、87点!

刑事君
今日も色っぽいよ!
4Sなんとか、3Aジャッジ目の前でどや!後半3F+3T。
スローのねっとり色気がたまらん。ステップはスピードにのって、かつ豊かな表現で最高です。
PB80点、ようやくきた80点越え!

ジェイソン
体のラインの出し方か年々きれいになっていると思う。
4T両足でDG、3A両足、3Lz+2Tなんとか。
スピンは相変わらずいい、バレエジャンプなど、すばらしいフットワークです。
ジャンプが全て不完全とは…これは厳しい74点。
でもジャンプが気にならない表現力でした。

ビチェンコ
半袖タキシードは正しいのか?
4Tお手つき、ジャンプに複数ミスが出てしまうと全体に影響してしまう、ちょっと残念でした。ステップ一生懸命。
フリーがんばろう。

フェイ
エキゾチックな曲調が彼のビジュアルに似合いますね。
4回転はないですが、まずまずまとめました。
終わってほっとした表情、ここまで来るのにいろいろあったけれど、良かったねえ。

羽生様
モデルは何着ても似合う、たとえルマンドでも着こなしてみせる。
4L危なかった〜、4S+3T完璧!3A遊んでるみたい(笑)
プログラムへの入り込み、音楽表現、このプロでやりたいことが見えてきました。
ノリノリがこれまでと段違いにいい。うはは…ステップはアイドルゆずのショー、キラキラした星が見える(笑)
ループは危なかったですが、テクニカルも表現も次元の違う内容、さすがでございます。
もちろん100点越え、103点!

ナム君
平成の植木等。
成長期の苦労が見えましたが、ジャンプの軸がしっかりしてきたのでは?
まだいろいろ課題があるけれど、基本のスケーティングはいいし、健闘です。

同級生ゆづ、刑事君、フェイ、ミスありも、それぞれの持ち味でいいものを見せてくれました。こういう機会がまたあるようがんばってほしいです。
刑事君が気がつけば3位!わーわーわー
そして、ゆづが横綱の仕事して、ぶっちぎりトップ。期待されてできるのが横綱!
この勢いで決めてほしい。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2016第6戦 NHK杯 女子SP・ペアSP

2016年11月26日
2016NHK杯フィギュア
results

⚫︎女子SP
チャートランド
もっとできるのはわかってます。
それより今から、チャートランド、デールマン、ケイトリン、三つ巴のカナダナショナルが気になります(汗)

ポゴちゃん
コンボのスピードがいい時よりちょっと遅かったかも、回転不足がついてしまいました。スピンとりこぼしとか、まあ引かれたところありますが、ミスの印象はないし、トータルではとてもいい演技でした。
シャープでかっこよく、それでいて女性の美しさがあふれてます。あと女王オーラ!そこ大事。

ソツコワ
ミスする気配がない、強いわ。
スケーティングはまだジュニアっぽいところもあるけれど、しっかりしてますよね。
69点、70点越えは時間の問題。

宮原さん
美人度は増してるぞ!
いい滑りだと思いましたが、3Lzでまさかの転倒。こういう転倒は珍しい宮原さん。
だたそれ以外は本当にすてきでした。スピンも、ステップも良かった。
体を大きく使って優雅、笑顔がこちらに伝わってくる演技は好印象。
表現面ではこれまでの宮原さんから一皮剥けたのではないだろうか。このSPの出遅れは痛いけれど、もしかしてファイナル逃すかもしれないけれど、とてもいい方向に向かっているような気がする。

カレン
カレンと影絵ごっこして遊びたい。
気持ちのいい滑りだ、とってもすてきなスケーター。
音楽や自然風景が見えてくるよう。
このクラスでシングルジャンプになってしまうと、得点は容赦ない(汗)

松田さん
とても上品な空気をまとうスケーター。
3L+3L決ったと思ったら回転不足か〜、3Fもか〜。でも美しい演技です。
60点、まずまずか。

わかば様
出だしは緊張してたかな?そこからどんどん動きが良くなって、彼女のカラー、世界が出てきます。3Lzでコンボにならず、3Fに2T。でもミスを最小限に抑えられたと思う。
62点はまずまず。

⚫︎ペアSP
ラドフォード組
スロー3Aは転倒、転倒より大技入れることで流れがちょっと止まるのが気になったかな。
でもスケーティングのパワーなど、さすがです。

バルトマン&ブロマールト
とても良かったです。マリさんがパートナー変わって若返った感じ、倍くらい動いてる印象(笑)とても生き生きしてる。

ペンジン
3T美、スロー3、ツイスト、スパイラル、ステップ楽しい、スピンばっちり、リフト。
パパパ…パーフェクト!
ハオジャンと組んでた時は、ソロジャンプでミスが多かったペンちゃんが、ミスしない。おとなっぽく、女性の魅力が増したし、今の方がしっくりしてる。PB73点!

すみれちゃん
直太朗の「さくら」
衣装は微妙に賛同できない(汗)
スロー3Sでひどい転倒したけれど、他はとても良かった。スピードと同調性に格段の進歩、しなやかな流れがあってすてきでした。

ワンワン
ダンスカップルのような雰囲気のペア、中国ペアも変わってきましたよね。
ステップも上手でダンスっぽく、プログラムにぴったり。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

葦辺と鴨

2016年11月25日


葦辺行く鴨の羽音の音のみに聞きつつもとな恋ひわたるかも
作者不詳 万葉集

葦の原で鴨の羽音だけが聞こえてくるように、ただ噂を耳にするだけ、ただ思い続ける。
これは片思いでいいのだろうか?

2016111318.jpg


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2016第6戦 NHK杯 勝手に予想

2016年11月24日
いよいよGPS最終戦NHK杯。これでファイナルが決まります。いろいろ考えると胃が痛くなりそう(汗)

2016NHK杯フィギュア
results
レオノワとリギーニさん棄権、残念。

●男子
Elladj BALDE
Nam NGUYEN
Alexei BYCHENKO
Yuzuru HANYU
Ryuju HINO
Keiji TANAKA
Deniss VASILJEVS
Mikhail KOLYADA
Jason BROWN
Nathan CHEN
Grant HOCHSTEIN

優勝はゆづ濃厚、コンディションが整っていればぶっちぎり。
シーズン初めには、6〜7割くらいの内容でも圧勝と想像してましたが、クワドフル装備的なネイサンが神演技だと、ゆづがあまりミスを重ねると、微妙になってきます。とはいえ、ゆづの圧倒的なスケーティングと密度の濃い内容を考えると、現時点ではゆづが勝ちそう。

注目はネイサンですね。今季の勢いはすばらしい。
ただしリスクの高い構成をどこまで完成させられるかは未知数。転倒しても4回転廻ってたら得点ってどうなのかな?って気もしますが…。加点のつく4回転をどれだけ決められるかですね。
ゆづにどこまで迫れるか見所でもあり、ハイリスクの落とし穴にはまることもあるので、台落ちの可能性もあります。

表彰台候補は、コリャダ君、ジェイソン。
上の2人に比べてVBは下がると思うので、まずミスをしないことですね。
ジェイソンは言わずもがなですが、コリャダ君のスケーティングもいいと思う。ただしプログラムは圧倒的にジェイソンだなあ。
ジェイソンが完成度の高い演技をすれば上位確実ですが、4回転を入れてくると思うので、そこがポイント。
上位に入る実力は、ビチェンコさん、ロシア大会のすばらい演技ができれば、表彰台も夢じゃない。

ナム君、刑事君、ホックスタイン…このあたりは実力拮抗。
刑事君にもがんばってほしいです。今季のプログラムはすてきです。安定した演技ができれば上位にとどまれると思いますが、波があるので。

フェイ、ラトデニ、何も失うものないので思いっきりやって存在感を示しましょう。
バルデ君はエキシがんばれ!

予想順位
ゆづ ネイサン ジェイソン コリャダ

当たり前すぎる予想ですね(苦笑)
ネイサンが失速するとジェイソンかコリャダ君が2位に来てもおかしくないです。
日本男子表彰台独占!…とか言ってみたいですが、それはちょっとムリ(汗)

ゆづが大方の予想どおり勝ってファイナル決めたとして、残りのファイナリストは、アダム、ネイサン、ジェイソン、コリャダ君、ビチェンコさんから2名か?
おお〜ビチェンコさんにも可能性が!(喜)
-----------------------------------------------------------------------------
●女子
Alaine CHARTRAND
Wakaba HIGUCHI
Yura MATSUDA
Satoko MIYAHARA
Elizabet TURSYNBAEVA
Dabin CHOI
Anna POGORILAYA
Maria SOTSKOVA
Nicole RAJICOVA
Karen CHEN
Mirai NAGASU

いろいろ考えると胃が痛くなりそう(2回目)
優勝候補はポゴちゃん、宮原さんですが、あえてわかば様、ソツコワも入れたい。
あえて言うと混戦予想。

ポゴちゃんが、PB更新したロシア大会の勢いをキープできていればたぶん圧勝です。ただ昨年まで見られた、ふとしたきっかけで自滅なんてことがないとは言えない、そこだけ一抹の不安が。

宮原さんはスケカナで、192点で3位、運も悪かったかなと思うけれど、全体の評価にたいして不安が残ってしまいました。これを払拭し、ポゴちゃんに勝つのはわりと大変かもしれません(汗)
自力で優勝するには、宮原さんらしい安定した演技だけではなく、完成度とインパクトが必要となってきます。

今季シニアに上がったソツコワとわかばちゃんは、フランスで2位と3位。
わかばちゃんは、フランスで3位ですが、勢いは買いです。シニアに上がって思うような演技ができない、そんな場面もありましたが、フランスでの演技を見ていると、迷いがなくなって彼女本来の魅力が増してきたと思う。
ソツコワは、激戦のロシア女子で揉まれて、ここまで生き残ってきた、強いと思います。

上位に絡みそうなのは、チャートランド、松田さん、ツルちゃん、調子良ければ未来ちゃん。まあでも上もあれば下もあるけどね(汗)
チャートランドは190点台の得点出せる実力がありそうに思いますが、わりと自滅も多いので、いいか悪いか極端かも。
松田さんはスケーティング&高難度構成が両立できているので、実力を発揮できれば上位。
ツルちゃんは意外と2本揃えられないのがねえ、パーフェクトならかなり出ると思うのですが。
未来ちゃんは判定に泣かされるタイプ、ジャッジの顔見てから…と言いたくなってしまう。

ダビンも健闘すれば上位あるかも。
カレン、ラジコワはすてきなスケーティングする選手なので楽しみです。

予想順位
ポゴちゃん 宮原さん ソツコワ わかば様

裏予想
わかば様 ソツコワ 宮原さん ポゴちゃん

希望
宮原さん わかば様 ポゴちゃん

宮原さんとわかばちゃんが1、2ならファイナルいけるらしい。ポゴちゃん3位にすると、3人ファイナルですが…う〜ん、どうかな?
-----------------------------------------------------------------------------
●ペア
Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER
Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD
Cheng PENG / Yang JIN
Xuehan WANG / Lei WANG
Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT
Sumire SUTO / Francis BOUDREAU AUDET
Tarah KAYNE / Danny O'SHEA

ラドフォード組が普通に圧勝しそう。
表彰台争いは、ペンジン、オシェイ、ワンワンあたりかな?
楽しみなのはペンジン、組み替えによって中国でぞんざいに扱われてたらいやだなと思ってましたが、チューハイ2位というすばらしい結果、ほっとしました。ペンちゃんはハオジャンと組んでいたときより大人っぽく、女性的になったように感じました。
ワンワンはさすがペア大国の選手、チューハイ4位、今回は表彰台の可能性もあります。
昨シーズンの全米チャンピオン、オシェイ組も実力はありそう。

ちょっと楽しみなのは、マリ・バルトマン&ルベン・ブロマールト組、パートナー変わってからのマリさんがすてきなので。

予想順位
ラドフォード組 ペンジン ワンワン オシェイ

1、2は堅い、3位以下は入れ替わるかも。
-----------------------------------------------------------------------------
●アイスダンス
Tessa VIRTUE / Scott MOIR
Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC
Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON
Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE
Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION
Kana MURAMOTO / Chris REED
Natalia KALISZEK / Maksim SPODIREV
Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV
Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS
Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER

拠点同じだからって、テッサとスコット、パパシゼが共にエントリーという、そこにアンナちゃんも参戦!…豪華にして、いいのかこのエントリーで?ってNHK杯です(汗)

テッサたちはGPS復帰戦スケカナで堂々1位、さすがの実力というか、押しというか、オーラというか、やっぱり強い!…ですね(笑)
フランス大会のパパシゼも別次元にすばらしかったですね。うっとり見とれました。 毎年こうして楽しませてくれるのかと思うと感謝したいくらい(笑)
テッサたちの生身の人間のド迫力と、殿上人が別世界で踊っているようなパパシゼ、この2組のコーチが同じってのがまたすごいですね(笑)
優勝争いはこの2組になりそう。どっちが1、2でもファイナル確定なので気が楽。

アンナちゃんたちは、上位確実ですが、これまでのところがつんというところでは、競り負けてる感じ。波乱があれば優勝も…いや、そういう波乱はなさそう。
ニキータも上位に来そうです。

そして日本が誇るアイスダンスカップル、カナクリとエミマリですよ!
日本から2組エントリーってだけでもうれしい。どちらもすてきなカップルです。上位の壁は厚いですが、がんばってほしいです。
カナクリのクリスは、これまでの実績が財産となってますが、組み替えによって別の魅力が開花したようで、そっちも楽しみ。

予想順位
パパシゼ テッサたち アンナちゃん ニキータ

もしかしたら、SDのブルースはテッサたちが上に来るかも?でもFDでは、ミスがないかぎりパパシゼではないかと思う。
-----------------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/17
ISU GP 2016 Progressive Skate America
Chicago, Il. / USA 21.10.2016 - 23.10.2016

ISU GP Skate Canada International 2016
Mississauga / CAN 28.10.2016 - 30.10.2016

ISU GP Rostelecom Cup 2016
Moscow / RUS 04.11.2016 - 06.11.2016

ISU GP Trophee de France 2016
Paris / FRA 11.11.2016 - 13.11.2016

ISU GP Audi Cup of China 2016
Beijing / CHN 18.11.2016 - 20.11.2016

ISU GP NHK Trophy 2016
Sapporo / JPN 25.11.2016 - 27.11.2016

ISU Grand Prix Final 2016/17
Marseille / FRA 08.12.2016 - 11.12.2016
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2016第5戦 中国杯 男子 パトちゃん逆転優勝

2016年11月23日
Result

⚫︎SP
パトちゃん
いきなり豪華、一番滑走。
4T危なかったけれど、2Lzがまずかったねえ、あとステップはレベル3なんですね。
スケーティングは相変わらず気持ちいい。最後のスピンがビシッとかっこいい。
83点、こりゃまずいと思いつつ、キスクラは余裕の笑顔。

マイナー
パトちゃんすごいけど、マイナー君のスケーティングもすてきです。できればジャンプ抜きで見たい(すまん)

ヴォロノフ
螺鈿細工みたいな衣装。
それともウロコか?シーズン終わる頃には、全身がウロコに覆われてたりして(笑)
4T+3Tオッケー、3A高い、3Lバランス崩す。ですが、全体としてはとても良かった。
スピンやつなぎが上手くなりましたよね。

コフトゥン
遠目におばちゃんのカーディガンみたいな衣装は、近くで見るとエンブレム模様でかっこいい。
ヒッチハイクのこのプログラムおもしろくて好きです。
4Sはこらえ、4Tは1T、スピンはハエが止まりそう(汗)3Aオッケー。う〜ん、ピシッと決まりませんなあ、これじゃ車停まってくれない。
力入りすぎと稔。誰かしら最下位とはいえ、コフトゥンがまさかのSP最下位(涙)

サモヒン
デライラ、なんかちょっと古臭い気もする。
4T転倒、4S+3Tこらえ、3A。
勢いはある(笑)18歳、若造なスケーティングは、荒っぽくてもなんかいいよね〜。
PB83点、うれしそう。

ハンやん
ハンやんって見た目変わらないよね〜長髪パーマとか、リーゼントとか、パンチとかやってみたらどうだろ(笑)
彼の飛距離のあるジャンプはいいなあ。
ああ〜ルッツのコンボが〜(汗)ボーゼン…。

ボーヤン
体つきが男性的になってきた。
衣装にダメ出ししてたらチェンジ…しかしかえってダサいのはどうよ?(汗)
4Lz+4Tこらえ、しかしルッツの高さと幅がすごい。
3A。4Tも決まった!
ちょっと荒っぽい振りなんだけれど、よく動く。ちょっと昭和のアイドルのコンサートみたいだが、ノリノリの感じが楽しい。
スピンも高速、スケーティングもボーヤン比で上手くなった。96点!

ペトロフ
リチュアルダンスで3A決まった!(そういう意味じゃないか?)

マックス
4S+3Tなんとか、3A、3Lz危ない。4回転は1種類か…などどいう実況、恐ろしい時代です。
81点、まずまず。

ミハル
ミハルもラファエルのとこかー。
音楽に乗って最高にかっこいい3A、4回転が入らなくとも、ミハルのスケーティングでノーミスならかなりけそうなプログラムですが、乱れてしまいました。

ボーヤンがただ一人90点台、
SP6位マイナー君75点〜ミハル、ハンやん、ペトロフ〜10位コフトゥン70点、このあたりになると、あらゆる意味で圏外といいきれそうで残念(涙)

⚫︎フリー
コフトゥン
4S美、4T美、いい滑り出し、後半はミスがありましたが、アーティステックな表現も良かったし、全体に気概を感じさせる演技でした。
まずまずの151点ですが、これだと上位には厳しいですねえ。

ペトロフ
シナトラメドレー
実況「ロシア、次世代のエース」…の割りに、ジジくさい。スケーティングいいんですけど、もうちょっと振付なんとか…

ミハル
やればできる、やればできるミハル(願望)
いい時はすごくいいミハル(希望)
いい時は少ないミハル(予感)
ジャンプの抜けはまずい、ありがちなミハルでした(涙)
プログラムもスケーティングも最高にかっこいい、ステップにほれぼれ。
ユーロ表彰台祈願!(早っ!)

ハンやん
ディープエッジでスピードに乗ったジャンプは最高。
決まったジャンプは良かった(当たり前!)
唯一の4T、3Aのコンボ、大事な得点源が決まらなかったのは痛い。
ハンやんはロミジュリってイメージではないけれど、かっこいい感じに仕上がってきたように思う。

マイナー君
ジャンプが決まらない最近のマイナー君。

前半グループはスケーティングいい選手ばかり、つまりスケーティングだけじゃ勝てないってこと。

マックス
おお、これが噂のライオンキング物販Tシャツか(笑)どこかに「劇団四季」って入っていても驚かないぜ。
前の衣装が嫌だったので物販でもいい。稔が同じこと言う。
4S+2T、4S美、ここが決まったのは大きい、あちこちミスありも、勢いがあって良かったです。途中ジュベみたいなステップがあってちょっと心配(だってジュベールですもの)
とにかく勢いが欠かせないプロですね。

ヴォロノフ
4T+3T美、3A+2T、4Tコンボは3T+3Tに…3Tが3回目のため1本ノーカン。
ジャンプが丁寧で美しく決まったけれど、加点が少ないのは、構えが長くてステップなど複雑なことしてないからかな…あ、稔が同じこと言う。
つなぎがしなやかで、大人っぽく、すてきなプログラムになりました。

ボーヤン
「ウォーリーを探せ」…違う違う「道」だよ!
4Lzなんとか、4S美、3Aから3連、4T転倒、4T+2T。4回転は4本中3本成功。
278点、おお〜レベルの違う得点出ました。
シャツから腹筋見せるのわざとかな?
全体にダイスケリスペクトなプログラム、特にジャッジアピールのコレオとステップはほぼ同じ、プログラムのテーマ、方向性、流れが同じなんだよね。



パトちゃん
4T+3T美しい〜、3A美、4S転倒、2つ目の4T決まった!3A+2T、3連も決まった。
スピンも美しいなあ。
すばらしい…透明感あふれる美しいプログラム。音楽とスケーティングが共に高め合っていくような、神聖さも感じます。
しなやかな身のこなし、氷へのタッチが滑らか、スケーティングが他の選手と別次元ですね〜。
上手さを円熟とかいうけれど、スケーティングから感じるのは、清潔感やみずみずしさ、今回そこに感動しました。
総合279点でボーヤンを逆転!
あ〜でもわかるなあ、このスケーティング見たら。

サモヒン
4T転倒、4S転倒、3A抜け…
勢いや気迫はあったのですが、気負いすぎでしょうか、大技が決まりません(汗)
SP2位、フリー最下位(汗)
18歳、若いって大変、でもこれからいくらでも巻き返せる、悔しさはエネルギーに。ガンバ〜。

SPトップのボーヤンを逆転でパトちゃん優勝。
ボーヤンのフリーも良かったのですが、パトちゃんのスケーティングの輝きがすごかったなあ。パトちゃんすごいなあ。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

鏡ヶ池の散策

2016年11月21日
2016111306.jpg
二本松市岳温泉、展望台からの眺め


二本松市岳温泉、鏡ヶ池周辺の紅葉がきれいなので歩いてみました。
岳温泉は安達太良山の中腹にある眺めのいい温泉街です。鏡ヶ池は温泉街の公園に作られた人造湖だと思うけれど、周辺の
景観とあいまって美しい場所です。

2016111303.jpg
池のほとりから、山の方へ遊歩道があるようなので行ってみることに。

2016111304.jpg
紅葉の木々。

2016111305.jpg
しばらく登っていくと、温泉街が一望できる場所につきました。
中央のおおきな建物は、岳温泉のいちばん標高の高い場所にある光雲閣、私は一度行ったことがありますが、眺めのいい宿です。

2016111307.jpg
展望台は木々で今ひとつ見えにくいと思ったら、もう一つ展望台があるらしく、さらに歩きます。
散歩道というよりは山道、歩いていくと視界がひらけ、目の前に安達太良山と温泉街のパノラマ。この記事の最初の写真です。

2016111309.jpg
別の道を下って温泉街にもどります。けっこう急な下り坂。

2016111310.jpg
見上げると黄色の天井。

2016111308.jpg
日差しがあたり美しい山道

2016111313.jpg
鏡ヶ池に戻ってくると、池のほとりに桜?

2016111312.jpg
冬桜というのがあるらしいけれど、それだろうか。
はらはらと散っていく様もきれいでした。

2016121316.jpg
真っ赤な紅葉

2016111315.jpg


2016111314.jpg
鏡が池の下にもう一つの池があります。
池の周辺をぐるっと歩くことができます。山々の紅葉が水鏡にきれいでした。

2016111317.jpg
雲一つない快晴、寒くもなく散歩日和でした。

トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2016第5戦 中国杯 女子 ラジオノワ優勝

2016年11月21日
Result

解説は今のところ、織田くんがいいな〜。
チューハイだと中国語看板が多くて新鮮。言葉がわからない方が模様にだからいいね、中国語でえぐい言葉があるのかもしれないけど(笑)

⚫︎SP
ケイトリン
いるだけで人の目を惹き付ける華がある。
すばらしくでっかい3F+3T、3Lzは結構傾いてるんですが、着地はしっかり、2Aはちょっとあぶないけどセーフ。
躍動感!とにかく元気がいい!シャンソンにしちゃ元気良すぎるくらい(笑)カナダ大会より自信に満ちた演技でした。大会ごとに自信が出てきた感じ。

アシュリー
スケアメよりちょっとスピードやノリノリがなかったと思う。
ジャンプが全体にうーん。
それでも64点、でも64点だと厳しいいんだよねえ(汗)

理華ちゃん
前回より、ずっと良くなってきた!
回転不足か…でもスケールの大きさやメリハリ、作品としてすごく良くなったと思います。

リーザ
心配なく見られるようになってきたのはいいのですが、それはつまりリーザ的というかミーシン色というか、ああこんな感じね〜っていうのがどうかな?(汗)

ヨシちゃん
得点は難しいけれど、好きだなあ彼女のスケート。パワフルでゴージャス。

ラジオノワ
ハリウッド女優風〜。
コントロールに苦労していたロシア大会より、ジャンプが安定しているような。そうなってくると表現面に振り分けるエネルギーに余裕ができて、表情豊か、ステップがステップでないような独創性と演技、まさに女優〜。

三原さん
華奢な少女風ですが、滑り出すとぱ〜っと世界がひろがる、スケールの大きいスケーティング。
3Lz+3Tすばらしい〜。
ステップはディープエッジでスイスイ気持ちいい〜。
最後の3F決まった!
ひゃっほー!舞依ちゃんすばらし〜!!!PB68点!

⚫︎フリー
ヨシちゃん
おかあさんコーチがいないと思ったら、オーサーに移ったのか〜。
難度はともかく、もっとスピードとジャンプがかみあうんですが…スケーティングができるんですが。後半の動きはよかった。
衣装もすてき。このセレブ感あふれる雰囲気をオーサーがキープしてくれることを祈る。
ロシア以外のユーロ女子にもがんばってほしい。

ジジュン
可憐さの中にも清潔な色気がそこかしこに。
中盤の転倒が激しかったせいか、後半に力尽きるいつもジジュンに戻ってた(涙)

カレン
タンゴジェラシー
3Lz+3T美、これはいい感じと思ったら3F転倒。決まったジャンプは高さもあっていい。
小柄で幼くも見えるけれど、タンゴをかっこよく決めてます。スパイラルいいな〜。スピンもぶれなくて最高。
全体として、最後までキレとスピードがあってかっこいいカレンでした。

リーザ
わかめ衣装!プログラムを昨シーズンの「ペール・ギュント」に。
腕のぐにゃぐにゃに既視感っていうか、いつものリーザ。
迷いなく演じている、安心して見ていられる。3T+3Tかっこいい。ジャンプはいい感じに向かってます。
リーザの妖しい魔女っぽさ、コレオが激しく盛り上がって終わる。いいですねえ!心からのやりきった笑顔は久しぶりかも。

アシュリー
髪を下ろすと、より深く内省的な表現という印象。
スケアメに比べたらジャンプは良くないのですが…。ぱっと見そう悪くないのですが…ことごく「<」が…(汗)流れは美しかっただけに残念。う〜ん、なんか運も悪かった気もする。
フリーはなんと7位、アシュリーが7位?まさかのファイナルなしとは(涙)
待たされるキスクラはわかってる感じ。
全米がんばれ。

理華ちゃん
ジャンプのミス、減点は少なくないですが、スケカナから滑りも表現もとても良くなっていて、ほっと安心。これなら大丈夫、いい方向に向かってると思います。
ただ姿勢、首から肩にかけてのラインが気になる。
あと、もっと魔性を!もっとツンデレオーラを!もっと美女オーラを!
理華ちゃんならもっとできる!
投げ込まれたクマのぬいぐるみがでかすぎて事故かと思ったよ(笑)

ラジオノワ
トゥーランドット。
SPと同様、ジャンプに安定感が出てきて、以前より表現に余裕。全てを支えているのはメンタルだよねえ、強いねえ。
ステップがレベルだけでなく、大人の表現になってきて見ごたえあります。
ただこうなってくると、彼女なら定番曲ではない渋いプロで見たい。

ケイトリン
3F+3Tが吹っ飛んでくかと思った〜。2A+3Tすばらし〜。
3Lz転倒、とまあ、あちこちミスはあるものの、魅力的ですてきな演技でした。
最後までよく動いて、よく滑ってました。つなぎの動きがダイナミックだったり、ドラマチックだったりで引き込まれます。
フリー3位、総合2位、おお〜ファイナル決定!

三原さん
今日も良く滑ってますよ〜。動きが大きくて、見ていて楽しい。
あ〜1Lz、3Lで乱れた。でもミスはここだけ、あとはよかったです。
PB更新するも惜しくも4位、う〜ん悔しい。
少し欲を言えば、このプログラムは三原さんに似合うけれど、高いレベルで表彰台を争う時、シンデレラはちとジュニアっぽいかな?
でもすばらしい活躍、あっぱれです。

ラジオノワ、ケイトリンがファイナル確定、彼女たちの上位は想定内ですが、アシュリーの6位にはびっくりしました。SPの出遅れなければ…。
日本選手にとってもそうですが、今はSPで70点以上取らないと表彰台が厳しい。60点台後半には、たくさんの選手がいるので、ちょっとの差で順位が下がってしまう。
この中堅クラスが層が厚くて激戦、ほとんどフリーで3+3コンボ入れてVBは皆似ている、ミスしたところから下がっていく。健闘したようでもなかなか上がってこれない。そうなってくると、SPの1〜2点の差が大きく響く。
ここにはまる前に、まずSPでぶっちぎっておく、それが今の女子かな。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

うつろう菊

2016年11月19日


そめかふる菊の籬(まがき)のむらさきは冬にうつろふ色にぞありける
藤原経家 風雅集

日に日に色が移り変わる菊の花と紅葉した葉が、思いがけないほど鮮やか、晩秋の庭を明るくしています。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2016第4戦 フランス杯 女子 メド圧勝!

2016年11月19日
results

⚫︎SP
グレイシー
なんと1番滑走、滑り出しは悪くないように見えたのですが、3Lz+3Tでバランスが…。かっこよく決めていた3Lzが、最近決まらなくなって不安になっているように思う。
しかしその後の2F、1Aには…これでは得点が厳しい、残念。

メド
ずばり、高値安定!
PB78.52点!

デールマン
登場のたびにオーラが強くなっていると思う。3T+3T高い、かっこいい!
スピードとパワーであっという間に終わった〜。
PB72,70点、おお〜デールマンも70点越えのレベルに。

真央ちゃん
ポニーテールのざんばらな髪が魔女の猛々しさにあう。
2A、3F+2L、3L。
悪くなかったけれど、前回より勢いが抑えめのような気がする。
ステップがまたしてもレベル3。

レオノワ
こりゃまたイメチェン。体操のおねえさん風。
元気なプログラムが似合う。

ソヨン
スピードに乗って3S+3T、おお〜今日はいいソヨンです。
キレもいい、笑顔もいい。
ちょっと昭和の香りがする。

マエ
滑りはかっこいいんですが、ジャンプ2ミスは残念。
コーチはジャンナ・フォレなんだ。

ルカブリエ
女性の内面や深層心理にくるような音楽と、ルックス、衣装があってます。
こういうチョイスが多いよね。
いい演技でした。

ソツコワ
こういう青い蝶々いそう。
3Lz+3T高い、やや大味なところもあるけれど、優雅で大きな演技。やっぱ強い!
うひゃ〜68点。

優香ちゃん
不調ながらも落ち着いてしっかりまとめたと思います。
えらい!

わかばちゃん
完璧に進んでましたが2Fに、残念。キスクラの不満顔がかわいい。
しかしいい演技でした。スピードのあるスケーティング、あごや首、肩のラインが洗練されてきました。表現にもあいまいなところがなく、とても良かった。

⚫︎フリー
優香ちゃん
気持ちがこもった…というより、気持ちが定まった…かな?そんな心のこもった演技でした。いろいろ思い通りにはいかないけど、がんばってる姿はとても美しいです。

グレイシー
メイクが濃い。
ジャンプがやっぱり不安定、得点源の3Lzのコンボが決まらないことで、自信喪失しているようにも見えます。終えて寂しそうな笑顔が。
こんなに美しいグレイシーの美しいプログラムなのに…。
全米頑張ればそれでいいさ!

真央ちゃん
ジャンプが決まらないことには…ですが、真央比でスケーティングが重かったなあ。スピンもちょっと遅かったし。自信のなさや不安がそのまま出てしまったような。
それでもステップはかっこいい。
技術点がでないので、この順位はしょうがないですねえ(涙)少し休んで、気持ちを切り替えてがんばってほしいです。
ああ〜このプログラムの完成形が見たい〜!真央ならできる!

わかば様
ティアラが孫悟空の輪っかに見えなくもないが、衣装は赤にチェンジ、大正解!
すばらしい3Lz+3Tから、スピードとジャンプの放物線が美しい。
体全体を使った表現ができてました。緩急のバランス、ちょっとした首の傾けた、背中から指先まで心が行き届いてました。
1Lzが惜しかったけれど、すばらしい内容、PB129点!総合3位!
シニアデビュー甘くないぞ〜などと思ってましたが、お見それしました。わかば様!

メド
ずばり、高値安定!
エレメンツがストリーの中にぴったりはまっている。密度が濃いんだよねえ。
3Lzのミスはご愛嬌。

ソツコワ
女子フィギュアスケート王道の美しさよ〜。
ロシア女子どんどんくるぞ〜。

デールマン
背中は襦袢なしの生肌でお願いしたい。
パワフルで強そうに見えて、ちょっとプレッシャーに弱いカナダ女子あるある…。
かっこいいんですが。ああ〜キスクラの涙が…気持ちはわかるぜ。
お疲れ様。GPSはさっさと忘れて、カナダナショナルに備えましょう!

メドが安定の演技で圧勝。なんかこうすごすぎて波乱がないねえ(笑)
そしてわかば様は、やっぱりやるときゃやる強い子でしたね。

真央とデールマンとグレイシーはナショナルでがんばろう!
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

浅田真央選手とGPS2016

2016年11月17日
早いものでGPSは残り2大会を残すのみ、ファイナル行きもどんどん決まってきました。
そんな中、我らが浅田真央選手は、ファイナルを逃すこととなりました。
ファンとしては残念ですが、まあでも…これは想定内かなとは思っています。本人ファンも現役復帰を決めた時から覚悟していた厳しい道のりではないかと。

今は高難度構成でなければ、表彰台争いに加わることすら難しい。
そしてメドベージェワ選手が台頭してきたあたりから、それは更に加速し、3+3は3Lzや3Fから、セカンドは3Tだけでなく3Loも。3+3を複数回、1.1倍になる後半にジャンプ固めうちなんてのも珍しくなくなってきました。
(一つの象徴としてメドを出しているだけですが)…そんな高難度構成のVBを、ほとんど失敗しない、加点のつく質で決める、密度の濃い表現も同時に実現する、メドベージェワ選手はすごいです。

そんな時代に現役復帰を決めた真央ちゃんが勝負するには、最低でも2014ワールドレベルで、それは彼女自身が話していたことでした。
ところが、今シーズンは膝の故障があり、十分に練習を積めない、練習が自信に直結するタイプなのに、自信が持てないまま競技に臨むこととなりました。

それでもすばらしいスケーティングがあるじゃないか!芸術性の高い音楽表現がある、あのすごいステップを見たか!
構成を下げざるを得なくても、パーフェクトなら上位…という可能性もありました。そうであるならうれしいですが、現在の採点傾向や強豪の多さからすると、ちょっと難しいかもな〜と、個人的には見ていました。

もとより、常勝する選手ではないし、パーフェクトも少ない選手です。また、真央ちゃんの場合、構成を下げるとモチベーションが下がることが多い。
今思えば、GPS前のフィンランディアで優勝できなかったこと、SPではポゴちゃんに、フリーでケイトリンに負けたこと、あれが不安と焦りのきっかけになったような気もします。

スケアメより更に悪かったフランス。内容を見れば、納得の順位でしょう。
得点源は一つ一つの積み重ねから、たとえ3Aを入れても他にしわ寄せがきては元も子もない。ただ、真央ちゃんの3Aはモチベーションの証、決まれば全体の勢いが出たかなあ…。

故障やあちこち傷めている選手は多く、その程度やタイミングによっては、逆に集中力を高め、本番で神懸かりな演技をすることもありますが(2016ワールドのハビとか)、故障が長期にわたると、心理的に追いつめられて行くことが多いように感じます(プルさんは別次元にすごいってことか・笑)
ダイスケがニュースで、フランス大会の真央ちゃんについてコメントをした時、故障以上に焦る気持ちやメンタルのコントロールについて語っていて、長く故障で苦しんだダイスケだから、誰よりもわかっていることなんだなと感じました。
その上で、真央ちゃん故障はもしかして複数箇所か、かなり長期にわたるのかもと想像。

現役復帰の報道が出た時、メディアはお祝いムード一色でしたが、ダイスケは「厳しい道を選んだ」と話していて、めでたい時にずいぶん冷静なコメントだなと感じました。
(たまたまダイスケの発言を拾っているだけで、彼だけの意見ではないかもしれません)

復帰しても、真央ちゃんがオリンピックに行けるかどうかは、わからないと私は思ってました。若手の成長もありますし。
もろもろ考えると、故障に関わらず、今季の成績が振るわないことは、私の中では想定内です。
真央ちゃんとて、そういう覚悟はあったと思いますが、試合後の打ちひしがれた様子には胸が痛みます。根っからのアスリートですからね。くわえて前と同じで勝てないのではなく、これまでできていたことができなくなった…これは辛いですね。

GPSをスキップしても構わなかったなあというのは、タラレバ。
今は耐える時期なのでしょう。まずは全ての引き金になった故障をできる限り改善すること、完治できないならつき合い方を学ぶしかない。そして心身ともにリセットが必要かなと思います。
競技で勝つの大変です、しかしあえて戻ってきたのは浅田真央自身なのだから、がんばってほしいです。

そんな大変な状況でも、浅田真央のスケートは本当にすてきです。
GPSの結果は残念ですが、その魅力や輝きは何も失われていないと思う。早く自信を取り戻してほしいですね。
今季のプログラムは、大人の女性にふさわしい格調と、円熟味を増したスケーティングを堪能できる、すごいプログラムです。私は見る度に増々好きになります。
こういうプログラムは競技という現場でしか生まれない、そこにリアルタイムでつき合えるのは本当に幸せなこと。

私は真央ファンとして、スケーターとしてやりきってほしいという願いと同時に、ひとりの人間として悔いなく生きて欲しいと思っています。
いい時もあればそうでない時もあります。泣いても笑っていても、浅田真央は浅田真央、みんな応援しています。


フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

GPS2016第5戦 中国杯 勝手に予想

2016年11月17日
さあさあ、GPSも残り2戦、ファイナル行きもどんどん決まってきて、ハラハラしますねえ。
頭の中で順番想像しますが、何が起きるかわからないのがスポーツ。
まだまだわかりませんよ〜。

●男子
Patrick CHAN
Boyang JIN
Han YAN
Michal BREZINA
Daniel SAMOHIN
Maxim KOVTUN
Alexander PETROV
Sergei VORONOV
Max AARON
Ross MINER

優勝はスケカナ優勝のパトちゃんが濃厚。
そこに前大会で思わぬ失速をしたボーヤンが、どこまで迫れるかがみどころ。ボーヤンが失速すると2位以下は大混戦。

パトちゃんはスケカナで完璧ではなかったですが、後半調子を上げてくるタイプ、スケカナより悪くなることは考えにくいので、優勝濃厚。
ボーヤンがパトちゃんに勝つには、TESで圧倒しなければなりませんが、現状ではパトちゃん優勢ではないだろうか。
GPS開幕前、この大会でパトちゃんを負かすことができるとしたらボーヤンしかいないと思っていましたが、スケアメで5位と出遅れ、その記憶は新しい(汗)
ただし公式練習では4回転をバシバシ決めていたので、気負い過ぎとかそういう気持ちのコントロールができてくれば問題ないのでは?優勝も夢ではない。優勝すれば自力でファイナルの可能性も出てきます。

3位以下は混戦、いい時と悪い時の差が激しい愛すべき選手たち(笑)…ハンやん、ミハル、コフトゥン、マックス。
きっちりまとめればそれなりに上位にくるヴォロノフ、ペトロフ、サモヒン。

スケカナでのミハルのフリーはとても良かった、あれはまぐれじゃないってところ証明して欲しい。あのレベルをSP、フリーでできれば表彰台は濃厚なんですが。
ハンやんとコフトゥンは、4回転、3Aなどきっちり決めれば上位は確実ですが、当たり外れが…(汗)
マックスも高難度構成が決まればいいですが、それは全米でやったほうがいいかも(すまん)

予想順位
パトちゃん ボーヤン ヴォロノフ 

3位にハンやんを押したいけれど、前大会が厳し過ぎて躊躇、大崩れしないヴォロノフを3位に。
あとはミハルかマックスかコフトゥンか?う〜ん悩む。
-----------------------------------------------------------------------------
●女子
Kaetlyn OSMOND
Xiangning LI
Zijun LI
Ziquan ZHAO
Rika HONGO
Mai MIHARA
Elena RADIONOVA
Elizaveta TUKTAMYSHEVA
Joshi HELGESSON
Karen CHEN
Courtney HICKS
Ashley WAGNER

優勝争いは、アシュリー、ラジオノワと思われますが、今波が来てるアシュリーが勝ちそうな予感。
ラジオノワは一時期の安定感はないものの、不調やミスがあっても大きく崩れることはないので、表彰台は行けそう。

表彰台争いは、ケイトリン、理華ちゃん、三原さん、コートニー、リーザ…けっこう混戦だなあ。
ケイトリンはスケカナの好調を維持できていれば表彰台確実、ノーミスなら2位もあり得ます。ただ、ずっといいということも少ない選手なので不安が…。
手堅くいけそうな三原さんとコートニーでは、2本揃えられるのは三原さんの方かもしれません。
理華ちゃんはスランプ気味、ちょっと根が深そう、なんとか復活してほしい。
リーザも2本揃えるところまでは行ってないように思う…ただ極端に下がることはないのでは。
最近安定してきたジジュン、カレンは2本揃えれば上位に。

予想順位
アシュリー ラジオノワ ケイトリン 三原

3位以下混戦、勢いがあるのは、ケイトリン、三原さん、コートニー。それとも地元ジジュンかな?
ミスしない(少ない)のは三原さんですが、ケイトリンがノーミスだと勝てないかも。
-----------------------------------------------------------------------------
●ペア
Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH
Cheng PENG / Yang JIN
Xuehan WANG / Lei WANG
Xiaoyu YU / Hao ZHANG
Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT
Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE
Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV
Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN

優勝候補筆頭はユージャン、そこに迫れそうなのはモスコヴィッチ組。スケカナ2位と3位の勝負、勢いのある同士でおもしろい勝負になりそうです。
実績なら川口家ですが、まだ調子は戻ってきてない印象。ただこのエントリーだと上位のチャンスありそう。

組み替えで誕生したユージャンとペンジン。
ユージャンはスケカナ2位と大健闘、組み替えした効果とザオコーチがにんまりしてそう。
で、ペンジンはどんな感じかがわからない。チューハイとNHK杯連戦。

予想順位
ユージャン モスコビッチ組 川口家

3位の予想が難しい、川口家、ペンジン、グアリゼ組の争いか?
-----------------------------------------------------------------------------
●アイスダンス
Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM
Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE
Hong CHEN / Yan ZHAO
Linshu SONG / Zhuoming SUN
Shiyue WANG / Xinyu LIU
Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV
Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV
Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN
Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS
Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI

優勝は、万事スキがなさそうな渋谷家が濃厚。
2位はポジェ君が濃厚。ニコライコーチになっていい感じにいっているようでよかった。渋谷家にどこまで迫れるかが見所です。

3位争いは、ニキータ、ブキンになりそう。ニキータはこれがGPS初戦、今季の状況がよくわからない。
他、上位に絡んできそうなのは、マクマナス、イスラム、ワンリュウあたりか?

予想順位
渋谷家 ポジェ君 ブキン

1位、2位は堅い。
3位は迷いましたが、ニキータは初戦なので、わりと安定してるブキンかなと予想。
-----------------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/17
ISU GP 2016 Progressive Skate America
Chicago, Il. / USA 21.10.2016 - 23.10.2016

ISU GP Skate Canada International 2016
Mississauga / CAN 28.10.2016 - 30.10.2016

ISU GP Rostelecom Cup 2016
Moscow / RUS 04.11.2016 - 06.11.2016

ISU GP Trophee de France 2016
Paris / FRA 11.11.2016 - 13.11.2016

ISU GP Audi Cup of China 2016
Beijing / CHN 18.11.2016 - 20.11.2016

ISU GP NHK Trophy 2016
Sapporo / JPN 25.11.2016 - 27.11.2016

ISU Grand Prix Final 2016/17
Marseille / FRA 08.12.2016 - 11.12.2016
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

岩角山、岩角寺を散策

2016年11月17日
2016111212.jpg

11月12日は天気もいいし、紅葉もきれいそうな岩角山を歩いてみることにしました。
「山」といっても登山ではありません。歴史ある岩角寺の背後の山中を歩き回るというものです。今の時期は周囲の山を隈無く歩くなんて人はあまりいないと思われ、一度ぐるっと歩いてみたいと思っていました。

岩角山岩角寺公式ホームページ(福島県本宮市)
岩角山と岩角寺 - 本宮市公式サイト
市の東側に位置し、二本松との境に位置する標高337メートルの岩角山(いわづのさん)には、仁寿元年(851年)慈覚大師が開基した岩角寺(がんかくじ)があります。
 うっそうとした杉におおわれ、山中のいたる所に露出した花崗岩の巨石や奇岩には、線刻された西国三十三観世音や菩薩など、800余躰が描かれています。
 また、山頂からの眺望は素晴らしく、那須連邦や安達太良山、吾妻の山々を見渡すことができます。
 全山が名勝天然記念物に指定されており、毎年1月3日には近郷近在の参詣人らが梵天を奪い合う、大梵天祭が勇壮に行われます。


2016111220.jpg
境内の入口

2016111217.jpg
今が盛りの紅葉。木漏れ日が美しい。

2016111218.jpg
境内はいたるところに供養塔、地蔵、観音様、橋や池があり、全てに名が付けられ、商魂というか、なかなかにぎやかです(苦笑)
最近有名なのは「金華水」という小さな泉、水面が金色に輝いたことから、金運にご縁があるという。

2016111208.jpg
2016111203.jpg
境内を過ぎ山中に登って行くと、うっそうとした森。
ここには鐘楼があったり、大黒天堂があったり、とにかくいろいろなものがあります(笑)いわゆる「神仏習合」の場所。

2016111202.jpg
いたるところに巨岩があり、その一つ一つに線刻があります。
2016111205.jpg
2016111223.jpg
苔むして判別できないものも多数ありますが、それも歴史を感じさせますね。
2016111204.jpg
見上げると、今にも落ちてきそうな岩が…、立派なしめ縄で、特別な雰囲気です。
表示には「落ちない石」、貞観大地震(869年)でも東日本大地震(2011年)でも、落ちそうで落ちなかったのは観音様のお力だという。受験生にご利益がありそうですね。
2016111207.jpg
実際に「落ちない石」の裏の方を見ると、後ろに長い巨岩で、落ちそうにありません。

2016111206.jpg
ここは巨木の森でもあります。見事な杉の大木。
2016111221.jpg
巨木の杉の辺りはほの暗く、神秘的。

2016111219.jpg
那智観音堂

2016111209.jpg
阿弥陀如来を安置している堂宇、駒組建築法という珍しい古代建築方法で、とても古いらしい。
2016111210.jpg
2016111211.jpg
側面の彫刻がエキゾチック。

2016111214.jpg
巨木は杉だけではありません。
2016111213.jpg
「胎内くぐり」という場所が3カ所くらいあったと思う。
何回生まれ変わったらいいのか?(笑)

2016111225.jpg
もう道はないかなと見てみると、「展望台」へ向かう道を発見。
こちらの方は自然のままで、登山道の趣き。
2016111216.jpg
登っていくと、視界がひらけ、安達太良山の麓に二本松市が見えます。

2016111222.jpg
展望台から境内の方に下って行くと、坐禅石
胎内くぐったり、祈願したり、ここはいろいろ忙しい、坐禅どころではない感じですが…(苦笑)
2016111224.jpg
あらゆる石に線刻が施されています。


節操ないくらいなんでもありの岩角山(笑)
紅葉を眺めながら、突っ込み入れながらの散策は楽しいものでした。

トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)

ピラカンサ

2016年11月16日


ピラカンサがびっしり実をつけています。
棘だらけの木、うっかり触ると近寄ると痛い目に合います。

20161403.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2016第4戦フランス杯 男子 ハビ完全優勝!

2016年11月16日
results

⚫︎SP
アダム
ゴージャスな黒のランニング…でいいのかな?(笑)
細マッチョな腕が男性的というかスポーティな印象、全く危なげなく、美しく決まりました。

無良君
衣装すっきり改造。
4T転倒、コンボもミスで得点は残念でしたが、とても気迫に満ちた演技で…なんかこう、やったぜ!な気分。
このプログラムはハマればかっこいいんだろうなと思いつつ、競技ではどこか詰めきれないところが見えていたのですが…特にフラメンコのステップは音に合わせるのが難しい。今回もステップでもレベル3なんですが、このプログラムをがっつりつかんでみせる、そういう並々ならぬ覚悟や情熱が見えて、かっこよかったです。

ハビ
4Tかっこいい〜と思ったら転倒、4S+3T、3A。
ちょっとぐらついたりするところもあるけれど、決めるとこ決めて、相変わらず超かっこいいハビなのでした。

デニス
コーチはキャロルとニコライの並記。ステーキとビーフシチュー一緒に食うみたいでシツコイのでは?…と思ったら、キャロルとは円満解消したらしい(また聞き)
プロコフィエフ版ロミジュリ。
4Tこらえた、3+3、今更デニスがロミジュリか〜と思ってたら、くるみ割り人形?謎編曲とモダンアレンジでなんだかよくわからないぞ〜ニコライの仕業?
ステップはかっこいいけれど、若造な感じで、これも今のデニスにどうなのか?
とはいえ、この時期にしてはかなりいいデニス、89点。

リギーニ
見た目はシツコイ、衣装はヤクザか族、なのにユーレイズミ〜?
えぇ〜、ちょっと意外〜。
せわしないステップに、リギーニさんの人柄の良さが現われているような。

ネイサン
衣装は「海賊」というよりは学芸会風で、脇役っぽいので再考プリーズ。
4Lz+3T=9.47点!
4F=12.56点!!
2A =4.06点…え?3Aが決まっていたら???
いやはやすごい、クワドは練習では全然決まってなかったらしい。
プログラムはおもしろくないけれど、初見よりずっと充実した印象。

ヨリク
ネイサンの直後に見ると、エモーショナルな表現に、別の競技を見てるよう。美しい演技でした。

⚫︎フリー
リギーニ
プレスリーというより、山男が雷に打たれたような…。
不良っぽく振舞っても、人柄の良さが隠せないリギーニさん。
…ああ途中で中断、足がどうかした?痛そう、こらえて続行、がんばりました。

べセリエ
なぜか心電図模様の衣装。
ミスはあっても最小限、最近はきちんとまとめることができてます。もう少し曲調に沿ったスケーティングになればなあ。

ミーシャ
くるみ割り人形、このプログラム、かわいくてエレガントで好きです。
4T決まってたらなあ。でもすてきですよ。

アダム
4T成功!
ジャンプもいいけど、詩情あふれる清らかな美しさ、誰でもないアダムの世界が広がってすてきでした!

無良君
衣装は少しすっきり?黒手袋なくなって良かった。
4T+2T、4T!3A大きい。
大技が決まったことで、プログラムにスケールの大きさが結びついたような気がします。
最後の3Lzはもったいない。でも力強く、無良君らしいかっこいいラフマニノフでした。
ここまでできてもフリー5位かあ、厳しいなあ。

ネイサン
クワドキングは衣装が微妙…というのは基本なんだろうか?(汗)
SPより質の高い4Lz+3T!4F!
4S転倒、4Tお手つき、4Tコンボならず、2A、3fから3連続、3Lz…。
後半はミスが続いて得点は伸びませんが、5度の4回転です。苦手な3Aは入ってませんが、いや〜すごいなあ。
「ダッタン人の踊り」音楽表現も良くなってきてますが、SPの「海賊」と似たような路線で、ジャンプ集中のプログラムであることは否めない。

デニス
「トスカ」
結果として4回転は、4T1本のみですが、ノーミスのいい演技です。
表現面では、個人的にはやや単調に感じます。SPロミジュリだし、連日シチュー食ってるような(汗)彼も似たようなプログラム並べてる気がして。
ただ、ニコライのおかげか、この時期にここまでまとめられたのは良かったです。

ハビ
プレスリーメドレー
4T、4S+2T、3A+2T、後半4Sなんとか、3A転倒…あ〜絶対リンクの水たまりのせいだってば(汗)
ジャンプもはノーミスとはいきませんが、ここまでできればまずまず。
スピード、リズム、小芝居のメリハリ、プログラムにびしっとハマるジャンプ、男の色気、すべてバランスよく噛み合っていてすばらしい。
もちろん完全優勝。さすがです。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ヤノベケンジ+増田セバスチャン「フローラ」〜福島現代美術ビエンナーレ2016

2016年11月14日
201611F5.jpg

福島現代美術ビエンナーレ2016
光り輝く「フローラ(ヤノベケンジ氏・増田セバスチャン氏)」限定公開します 二本松市
菊人形会場に展示中のヤノベケンジ氏と増田セバスチャン氏による「花の女神 フローラ」の光り輝く夜の姿を限定公開します。
11月12日(土曜日)、13日(日曜日)、19日(土曜日)、20日(日曜日)
午後6時から7時までの1時間のみ(無料)


201611F1.jpg
二本松の菊人形会場で、フローラの夜間公開があると知り出かけてみました。
暗い公園の中を歩いて会場に着くと、初日のせいか、思いがけず人が多くて、ちょっとびっくり。

201611F2.jpg
目を閉じて座っているフローラが輝き始めます。
6時15分、目覚めたフローラがゆっくりと立ち上がります。
見物客から「おお〜」という声が。

201611F4.jpg
ライトアップではなく、体から光り輝く。
発光が揺らめいたり、きれいです。

201611F6.jpg
立ち上がると巨大、目も大きくて迫力。
この日は家族連れも多かった。「怖い〜」なんて子どもの声も…(苦笑)

201611F3.jpg
なんてことはないんですが、この非日常感は楽しい。
大きいってすごい(笑)

2016103015.jpg
ちなみに昼のフローラはこんな感じ。
例年開催されている二本松の菊人形、今年は福島ビエンナーレの開催があり、フローラは特別ゲストということですね。
年配のお客さんがほとんどの菊人形展、各方面で刺激にはなったかもしれません(笑)

アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

イモカタバミの咲く場所

2016年11月14日
2016110503.jpg

日当りが良ければ、11月頃まで咲き続けるイモカタバミ(芋片喰)。
今の時期イモカタバミが咲いていれば、そこが日だまり。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2016第4戦 フランス杯 勝手に予想

2016年11月10日
●男子
Brendan KERRY
Jorik HENDRICKX
Chafik BESSEGHIER
Ivan RIGHINI
Takahito MURA
Denis TEN
Artur DMITRIEV
Javier FERNANDEZ
Nathan CHEN
Adam RIPPON
Misha GE

優勝はハビ!…と今から言い切ってしまいそうになるフランス大会です。
ロシアから連戦になりますが、多少ミスが出ても…SP1ミス、フリー3ミスくらいでも、このエントリーなら勝てそう。
それくらいテクニカル、スケーティング、表現面、全てでリードしてるように感じます。

2位以下は混戦でしょう。実力から見ると、デニス10、無良君、アダム。
デニスはホントにエントリーするのかな?というくらい、故障あったり、またシーズン前半は良くないことが多い。

無良君は前回傷めた足の故障は大丈夫なのかな?ミスのない演技なら十分表彰台ですが、ハイリスクな高難度構成は諸刃の剣。表彰台もあれば、下から数えた方が早い順位もありそうでやや心配です(汗)
心技体そろってこないと無良君らしい表現は生まれてこない、ぶっちゃけジャンプ決めないとPCSも上げてもらえない傾向にあるので、とにかく決めるとこ決めないとなりません。

これまでの勝負を見て、もっとも2位に近いのはアダムかな。完成度の高い演技をしてくれそう。ただし他の選手が神演技だと少し下がるかも…でも表彰台はいけそうな気がします。

そして今最もホットなのは、ネイサンですね!
クワドキングめざすのかってくらい、全ての4回転を飛びそうな勢い。
ただし4回転のために今季のプログラムはスカスカ、4回転も現時点では、GOEがあまり付きそうにない質なので、複数決めてもハビには及ばないと思う。
ただそれは今までの話で、こらから先、全ての4回転でプラス評価、スケーティングを犠牲にしない、つなぎを濃くする…そうなってくれば世界のトップ争いに加わるでしょう。(それまで体のケアをちゃんとしてほしい)

ミーシャもがんばっているので期待してます。
ベセリエ、ドミトリエフ、まずミスしないことですが、2本揃えるとなると難しい、表彰台は少し遠いかも。

予想順位
ハビ アダム ネイサン 無良君
-----------------------------------------------------------------------------
●女子
Anastasia GALUSTYAN
Gabrielle DALEMAN
Laurine LECAVELIER
Mae Berenice MEITE
Mao ASADA
Wakaba HIGUCHI
Yuka NAGAI
So Youn PARK
Alena LEONOVA
Evgenia MEDVEDEVA
Maria SOTSKOVA
Gracie GOLD

優勝はメドでしょう。なんかもう負ける要素がないんだよね(笑)
上位争いは、真央ちゃん、わかば様、ソツコワ、グレイシーかな。

真央ちゃんのことを考えると動悸が激しくなります(汗)いろいろ心配してましたが、最新の情報では3Aは入れないと知り、正直ほっとしています。それだけ膝が良くないならそれはそれで心配ですが。
ひざの故障を考えれば、GPSをスキップしてもいい、試合勘がというなら難度を落とした構成でいい…難度落としてもノーミスならそこそこいくはず。
ファイナルはほぼないですし、たとえここで3Aを入れたとしても、今のメドにはかなわないでしょう。
神演技をするなら、大事な全日本でお願いしたい。
一ファンとしては、無理のない範囲で今できることをやってくれれば、結果は全く構わないです。技術も心も体も、次につながる内容であればいい。
上位ならもちろんうれしいですが、それよりに良くない結果で打ちのめされてしまわないか、そっちの方が心配です。
しつこく言いますが、大事なのは全日本で、その先にあるかもしれないワールドです。

ソツコワは、わんさかいるロシア美少女軍団に埋もれそうですが、強いと思います。
高難度構成とシニアでも十分通用する美しい表現力を持っています。…但し、体型が変化してないならという条件付き(汗)、年頃のお嬢さんに申し訳ない、ごめんね〜。

わかばちゃんは、現状ではPCSでの評価はまだそれどではないので、どれくらいインパクトのあるパフォーマンスができるかがカギでしょう。
セカンドトリプルのジャンプを含めて、ノーミス、あるいはミスをしても盛り返す勢いが必要。むしろミスして、それをぶっとばす勢いがおもしろいかもしれない。大崩れしてはもともこもないですが。
失う物はないので思い切っていってほしいです。

グレイシーは今のところ低調に来てますが、波はあっても、ず〜っと悪いってこともないんですよね。持ってるものは一級品、なので表彰台は意外と近いんじゃないかと思います。

上位に入ってくる可能性があるのはデールマン。
久しぶりのレオノワ!マエちゃんにも頑張って欲しい、但し2本揃えないと上位は難しい。

予想順位
メド グレイシー ソツコワ 真央orわかばちゃん
-----------------------------------------------------------------------------
●ペア
Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER
Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV
Vanessa JAMES / Morgan CIPRES
Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSO
Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV
Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT
Marissa CASTELLI / Mervin TRAN

ペアの高難度構成も加速してますねえ。みんなケガしないようにね。

ロシア連戦ですがサフマソが強いでしょう。
ロシアの演技にはぶっとびましたね。あれだけ大きなミスをしても高い評価を得ている、芸術性とすばらしいスケーティング、見れば納得してしまいます。二人の様子も高難度構成を楽しんでいるように見え、なんかいいな〜と思いました。
高いレベルで戦うのは、ライバルと言うより、自分自身の可能性を広げるためかな。
今回も高難度構成でくるか、ファイナルに向けて多少守りにはいるかわかりませんが、優勝は濃厚。

サフマソに迫ることができそうなのはタラモロとエンベルト組。この順位がファイナルに大きく影響します。
タラモロは前回は大技でミスが響き3位。この状況だと2位以上ならファイナル行けそうかな?あまり冒険しないでしっかりまとめることが先決かも…しかし守りに入りすぎると、エンベルト組に越されるかなあ、難しい判断ですね。
エンベルト組は美男美女の王道なペア、今とても勢いがあります。
ファイナルはラドフォード組、サフマソほぼ大丈夫、2戦目にライバルすくなさそうなユージャンも有力。

予想順位
サフマソ タラモロ エンベルト組 バネッサとモーガン

バネッサとモーガンに期待して4位、それ以上は…(汗)
-----------------------------------------------------------------------------
●アイスダンス
Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV
Piper GILLES / Paul POIRIER
Cortney MANSOUR / Michal CESKA
Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET
Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC
Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON
Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO
Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN
Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN
Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE

お待たせ!GPS4戦目にしてようやく登場、パパシゼ!
2戦目の選手が多い中、初戦の彼らはどうか?昨シーズン、ケガでGPSを棄権してもワールド連覇の実力を考えると、初戦でも優勝候補として問題なさそう。
新プロ楽しみですね。

2位はポールたちとハブル姉ちゃんの争いかな。
実績はハブル姉ちゃんがリードしてます。しかし今シーズン勢いのあるポールたちも期待できます。スケカナはすばらしかったですね。2位以上ならファイナルいけそうかな?行けるといいなあ。

上位に入りそうなのは、イリニフ、トカチェンコあたり。

予想順位
パパシゼ ポール ハブル姉ちゃん

ポールに期待して2位に…どうかな、まだかかな?
-----------------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/17
ISU GP 2016 Progressive Skate America
Chicago, Il. / USA 21.10.2016 - 23.10.2016

ISU GP Skate Canada International 2016
Mississauga / CAN 28.10.2016 - 30.10.2016

ISU GP Rostelecom Cup 2016
Moscow / RUS 04.11.2016 - 06.11.2016

ISU GP Trophee de France 2016
Paris / FRA 11.11.2016 - 13.11.2016

ISU GP Audi Cup of China 2016
Beijing / CHN 18.11.2016 - 20.11.2016

ISU GP NHK Trophy 2016
Sapporo / JPN 25.11.2016 - 27.11.2016

ISU Grand Prix Final 2016/17
Marseille / FRA 08.12.2016 - 11.12.2016
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

雨の曽原湖

2016年11月10日
2016110605.jpg

神無月降りみ降らずみ定めなき 時雨ぞ冬のはじめなりけり 
詠み人知らず 後撰集

冷たい雨が降ったり止んだり。冬が近づいて来ました。
写真は先週末の曽原湖、紅葉はもう終わっている頃でしょうね。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2016第3戦 ロステレコムカップ 男子 ハビはやっぱり強かった

2016年11月10日
Result

⚫︎SP
コリャダ
4T+3T美、3Aで着氷乱れる。3lzおっけー。
総体的にはかなりいい演技で90点越え!コリャダ君もついにこの領域に来たかと思う。

ラトデニ
万事これから、かっこいい、がんばれ!
ランビコーチばっかり見ちゃうな(笑)スピンはランビ仕込みだねえ。

ゴルシコフ
感想スルーするつもりが、シャツの開きが中途半端すぎて気になって(笑)

べセリエ
SPは持ち越し?4+3決まった!いい演技でした。PB80点。
男子の黒手袋反対!

ショーマ
リンクに立った瞬間からプログラムの世界が広がるのが、いつもながらやるな~と思う。
4Fこらえた、4+3Tも危ないなあ。スペシャルな3A…新たに直後にクリムキンイーグル。
ジャンプが乱れたのは残念ですが、スピンやステップなど他で取りこぼしたりしないのは立派。前回からつなぎにいろいろ詰め込んでいて難度上がった気がする。
PB98点は高いかなと思うけれど、ミスは他に影響しなかったし、ジャンプ前後のつなぎの密度、そこまでやっても尚スケーティングも表現も魅せるという、評価には根拠はあると思う。
期待値もあるだろうなあ、 次100点越え頼みますぜ!

ハビ
モジモジ君衣装でマラゲーニャ!
ニャニャ~、ミスはあってもかっこいいニャ~。
スピン、ステップ取りこぼしてもかっこいいニャ~。
色っぽいニャ~。
美姫も見てるニャ~。
オーサーがプーさんに似てきたニャ~。

マックス
4S転倒、持ち越しのSPの割りに乗り切れてなかった感じ。
パワー全開でこそマックスなので、おとなしいとおもしろさ半減。
終えた表情が弱気で辛い。

ビチェンコ
冒頭アップになった瞬間、あれビチェンコさんってこんなにかっこよかったっけ???と思いました。
そしたらさ、3A美麗、4T美麗、コンボもかっこいい。動きもキレてるぜ!
わわ~ビチェンコすごい。
黒手袋反対!

今大会は、日本男子三大お色気から2名がエントリーしてます。

刑事君
4Sは2Sに、3Aオッケー、コンボでSO。
動きは悪くなかった。ジャンプ以外のことはまずまずですが、得点源でミスは痛い。
インタの沈んだ感じが切ない。まだSPがんばれ。

テレビでは廊下で女の子たちにプレゼントを山のように渡されるショーマのサービス映像!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●フリー
気のせいか今大会は平均身長が…(汗)

マヨ
コンビニのバイト抜けてきたみたいな衣装。これで007はない(汗)
あちゃー鼻血。うわ~なんてお気の毒、それでも滑り切りました。

刑事君
マッシモ振付のフェリーニメドレー
4SはSO、4Sコンボは3S単独。
マッシモらしい大人っぽい遊び心のあるプログラム。ステップがかっこよさとコミカルな部分が混じり合ってすごくすてきです。見るからに軽妙なタイプではなくて、長身でシリアスな刑事君がやると、また独特の味わいでおもしろいです。
後半どんどん動きが良くなってジャンプもバシッと決まりました。
フリーは5位、総合7位まで盛り返しました!

ゴルシコフ
感想スルーするつもりが、レンガ衣装が気になって(汗)
なにか意味あるんだろうけど。

マックス
筋肉なしには語れないプロ「ライオンキング」、好みはともかく、今最もライオンキングが似合うスケーターではある。
蛇腹ゲートな衣装は、キャラ設定だとしても反対!
4S+2T、2つめの4SはSO、他は大きなミスなくまとめたのは良かった。
ただ単調に見えるところも目に付く、ステップは若干やる気ない感じ(そういうつもりはないでしょうが)。理想はエンディングに向かって、パワーが満ちていく演技、後半疲れちゃうと、よわっちいキングになるので…頑張れマックス!

ビチェンコ
道化師、だから黒手袋は反対だっつうの。
嫉妬に悶え苦しむ男にしては目が明るい(笑)
今日も動きは絶好調、4T+3T!4T!わーわー。ビチェンコさんやりました!表彰台です!

コリャダ
昭和の香りがするようなガウンみたいな衣装。
う~ん、もっとできたはず、十分表彰台圏内だったはず、わかりますわかります。
個性的だけど、すごく個性的ってほどじゃない。こういうプロってどうかなとは思う。
個人的な好みとして、プログラムはもっと違うのがいいな。王道と超個性的とか、そこでスケートの幅を見せたらステップアップできるのでは?
ただ基本的なスケーティングは、とてもいいと思う。今回改めてうまいなと思いました。

ショーマ
4Fこらえた、4T単独、3A単独、4T転倒(コンボならず)。
中盤ちょっと停滞した感じでしたが、3A+1L+3Fすばらしい!そこからガツンと盛り上がりました。
毎回、孤独でハードな旅をしているようなプログラムだなと思う。今回はずいぶん道に迷ったかもしれないけれど、タフな旅人はへこたれません(笑)
もうなんども見ていますが、どんどん難度あげてるのがすごい。ファイナル、全日本も楽しみです。

ハビ
プレスリーメドレー。ハマりすぎて何年もやてるように見える。
4T美麗、4S+2T、後半4Tも決まった。流石です。
小芝居も様になるのがハビ。ふふ~んと楽しげなスケーティング。ステップやスケーティングはうまいだけではなくて、醸し出す雰囲気、色気、ドラマ、いろいろ詰まってます。
これぞ王者の滑り、文句なく逆転優勝。

ハビが王者の滑りで優勝。ショーマ2位でファイナル決定。
どんどんシーズンが進みます。
みんな無事に過ごしておくれ。

フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

GPS2016第3戦ロステレコムカップ 女子 ポゴちゃんおめでとう。

2016年11月08日
Result

⚫︎SP
カナコ
ジャンプは本調子ではなさそうですが、スケアメよりはず〜っといい。
女優っぽいというか、ジャッジにアピールするような振付があるので、棒な演技ではまずいからね。
とはいえ得点は伸びない。激しいようで意外と足下シンプルだったかも。

松田悠良
緊張か、ちょっと慎重になりすぎたかな?悪くない、美しい演技ですが、いい時のスピードではないような。
でも、さわやか〜なGPSデビューでした。

ラジコワ(ライチョバー)
衣装が新しい感じ、でも美人にしか似合わないかも〜
ユーロらしい、雰囲気のあるスケーター。

ユリア
ほっそり、凄みのある美女に成長中。
3T+3T美、スピンすばらし〜、いい演技でした。
フリップに!、あれ最初のスピンとステップはレベル3なのか、加点はついてるけどね。

ポゴちゃん
3Lz+3T完璧、エレメンツがどれもスケールが大きくて見栄えがする。大人っぽくてかっこいいなあ。堂々としてましたよね。
ステップの所の編曲はちょっと違和感あるけど。

ジジュン
かわいい悪魔って感じ。ジャンプが軽くていい。

コートニー
3+3コンボでちょっと乱れる。たくましい…パワーで押す感じ。もう少しスピードあればいいけど、今はステップとかつなぎとかいろいろやらないといけないからね。
63点でも6位か〜。

ラジオノワ
すっかり大人の女性、167cm、3年で10cm伸びてるのか〜。冒頭の不機嫌な女優みたいな表情がおもしろいな。
欲をいえば、以前からジャンプで堪える感じがあったのですが、体が大柄になって、よりコントロールに苦労している感じはします。
それにしても原動力は女優魂!って感じの最近のラジオノワ。

ツルちゃん
小柄でキビキビ、ビュンビュン飛ばしますよ〜。
今日も動いて動いて元気なツルちゃん見られて楽しい。
2A直後に転倒、もったいないなあ。
---------------------------------------------------------------------------
●フリー
アンジェリーナ
極端に悪いわけではないのですが、今季はなんとなく動きが重い、波に乗れない感じがもどかしい。

カナコ
スケーティングや所作は大人っぽく洗練されているのですが、ジャンプが…、そして競技全体に流れる重たい空気。なんとか立ち直って欲しい。
SPカルメン、フリーはトスカ、っていう組み合わせは、焼肉の翌日にすき焼きみたいでどうよ?

ラジコワ
ドラマチックですてきでした!
終えて満足そうな笑顔もすてきです。

松田悠良
カサゴみたいな衣装はちょっとどうかな。
2A+3T+3L!わ〜わ〜かっこいい〜。今日は勢いとキレあってよかった。スピードあっても優雅さを失わないのが彼女のいいところですね

ツルちゃん
持ち越しのフリー「もののけ姫」、見た目的には「千と千尋の神かくし」。ファンタジーの世界は似合うね。
スケート上手いし、そう悪くない演技ですが、動いてナンボのスケーター、後半のミスがダイレクトに影響したかな。
いいスケーターだと思う、でもトップに行くにはまだ足りないものがありますねえ。

ジジュン
エキシビションみたいな曲。いい出だしから 後半危なくなってくる傾向はそのままも、今回は大きなミスなく踏んばりました。ジジュンにスタミナが!めでたい(喜)
おお〜総合4位。

コートニー
ノートルダムの鐘。
ジャンプが高いっ!迫力!ドラマチックで少し重厚な音楽が、コートニーのパワースケーティングにハマる。
いろいろ取りこぼしあるんですが、そんなことは忘れてしまういい演技でした。
なんと総合3位まで盛り返し!

ユリア
キル・ビル
軽快なスケーティング、調子良さそうに見えたのですが…足を痛めていたようで、演技中断、再開するも無理なのは見ていてわかる。ジャンプの転倒が激しすぎて、見ているのがちょっと辛い。最後までよくがんばりました。あとはちゃんと直すこと、それのみ。
負けなしの頃より、今の方がスケーティングはずっと魅力的だと思います。

ラジオノワ
トゥーランドット。曲の構成は、トリノの荒川さんとほぼ同じ。
ジャンプのコントロールに苦労していうるのだろうなと思う。それでも得点源の3+3、3連続ジャンプを決める。ここまでまとめるのはさすがラジオノワ。
プログラムとしてみれば、熱い演技も、意外とワンパターンな女優モードなんだよね。ここからの成長プリーズ。

ポゴちゃん
すばらし〜〜〜!
美しく格調高い振付から。ジャンプはどれも流れに乗って高さ、飛距離がある、放物線が美しいですよね。ほれぼれしました。長身でスタイルの良さがこういう時いきるよねえ。ディープエッジのステップは表現も大きくてかっこいい。エミューちゃん(コストナー)をちょっと連想する。
音楽は大人っぽくて、誰とも似ていない独特の世界観があります。
ぶっちゃけもっと得点高くてもいいと思う。

実力すごいと感じていたポゴちゃんが、ようやく頭角を現してきたようででうれしい。
ユリアの失速は残念。代わって表彰台にきたのはコートニー、松田さんはSPでもうちょい順位が上だったらねえ。
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

夜の錦

2016年11月08日
2016103005.jpg

見る人もなくて散りぬる奥山のもみぢは夜の錦なりけり
紀貫之 古今和歌集

「夜の錦」とは、美しい衣を着ていても暗い夜ではわからないという意味から、都で出世しても、故郷に帰り認めてもらわないと無駄、もったいないよ…という解釈になるらしい。(司馬遷「史記」の項羽の言葉「富貴にして故郷に帰らざるは錦を着て夜行くが如し」から)
つまり「故郷に錦を飾る」につながるわけですね。
今で言うなら、オリンピック後の凱旋パレードとか?(笑)

2016103004_2016110119062544c.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

晩秋の裏磐梯、曲沢沼

2016年11月06日
201611M7.jpg

裏磐梯の曲沢沼に来ました。
ここは裏磐梯の大小の湖沼群の一つ、大きな沼ではありません。美しい沼として、TVで紹介されたことをきっかけに、近年撮影スポットとして大人気。
場所はペンションやキャンプ地が点在する曽原湖エリア。裏磐梯としては奥まった場所ですが、道路沿いなのですぐわかります。

201611M3.jpg
山の上の方は雨でけむって見えませんが、幻想的です。
この日は、晴れていた中通りから会津に向かって行くと雲行きがあやしくなってきたのです。着いた時は小雨模様でした。
雨だし、紅葉の見頃は過ぎたこともあり、人影もまばら、車を停めるのは簡単。カメラマンが大勢くれば駐車で苦労しそうです。
201611M2.jpg
どこの山にもあるありふれた木々や野草、下草の紅葉も美しい…それは、ここが特別な場所だということだと思います。
美しい場所は、地形や環境など条件が揃って生まれるとは思いますが、有名になるスポットには、何かもっと特別なものが宿っているような気がします。

201611M5.jpg
盛りが過ぎたとはいえ、まだまだ美しい。

201611M6.jpg
水鳥がたくさん。
201611M9.jpg
沼に流れ込む沢には、まぶしいくらい真っ赤な紅葉。
裏磐梯は美しい場所だらけですが、この周辺の森もきれいでした。

201611M11.jpg
しばらくすると雨が止みました。雨が止むと、湖面は水鏡、ほお~っとため息がでるほど美しい。
こんな曇り空でも美しい、晴れた日ならもっと見事でしょうねえ!

201611M8.jpg

201611M10.jpg

201611M12.jpg

2016111M13.jpg
-----------------------------------------------------------------------------
201611M15.jpg
曲沢沼から少し下った場所にある沼、大沢沼。
ここもきれいですが、水草(たぶんジュンサイ)が繁茂していて水鏡にはなりません。曲沢沼は水草のない環境なのか、それとも人が水草を回収しているのかもしれません。

201611M16.jpg


トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)

晩秋のレークライン

2016年11月06日

11月3日、裏磐梯の帰りに磐梯吾妻レークラインを通りました。あいにくの小雨模様ですが、紅葉が雨に濡れて鮮やかでした。
落ち葉もだいぶ増えました。
201611L1.jpg

201611L3.jpg
広葉樹の紅葉が終ると、次はカラマツの紅葉。
カラマツの明るい黄葉も好きです。
201611L5.jpg

20161104.jpg
湖を望むビューポイントはどこもこんな感じ。
雨は時折みぞれに…ちょっと焦りますね、まだ普通タイヤだし(汗)
翌日のニュースでは、レークラインを含む裏磐梯の主要観光道路が、凍結のおそれがあるとして通行止めになりました。
そんな季節でね。

トレッキング・散歩道 | Comments(0) | Trackback(0)

イヌタデ

2016年11月05日


色合いが乏しくなる晩秋の原っぱ、真っ赤な草むらはイヌタデ(犬蓼)です。
夏頃からあちこちで咲き始めますが、気温が下がり、朝晩冷え込むようになってからの方が、びっしり花をつけています。葉も赤みを帯びてきました。
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

エノコログサの草紅葉〜すきま植物園

2016年11月05日


ビルの裏、ブロック塀とコンクリートのすきまのエノコログサが、赤く紅葉していました。ブロック塀が白っぽいので赤が鮮やかに引き立っています。
どこにでも生えてくる雑草ですが、かわいいものです。

2016103006.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

福島現代美術ビエンナーレ2016 in二本松

2016年11月04日
2016103015.jpg

福島現代美術ビエンナーレ2016

隔年で開催されているアートイベント、福島現代美術ビエンナーレ。今年の会場は二本松市の各地。
こういう地方のアートイベントは、過剰に期待してはいけないのが鉄則です(笑)
ほとんどが「あれ?」とか、「げげっ!」とか、「???」とか…たまに「おお〜」があります(笑)そういうへんてこな作品を、へんてこだな〜と楽しめないと、時間がもったいないだけになってしまいます。
---------------------------------------------------------------
2016103002_2016110218303374e.jpg
安達ヶ原ふるさと村は、奥州安達が原鬼婆伝説の黒塚にオープンしたテーマパークですが、今は無料開放の公園という雰囲気。
移築された古民家のエリアに作品が展示されています。
2016103003_201611021830343aa.jpg
2016103004_201611021830338bf.jpg
ちょっとグロい…肌色の小さなオブジェはキューピー、ひとり1個もって帰っていいとありましたが…いりません(苦笑)
2016103005_20161102183035ee1.jpg
モンドリアンを意識した障子、縁側に荷物がたくさんあって邪魔(汗)
この日、園内にコスプレの若者がたくさんいて、撮影会みたいなことをしています。ナニゴトか聞いてみると「今日はコスプレのイベントなんですぅ〜」と。なるほど縁側の荷物はそういうことか?
2016103006_20161102183227443.jpg

2016103007_2016110218322774c.jpg
お座敷に座ると、蝉のレリーフ、そして蝉しぐれ。
2016103008_201611021832260d4.jpg
---------------------------------------------------------------
2016103013_2016110218340633d.jpg
資料館には、手塚治虫の「黒塚」、コミックの展示とアニメの資料展示。
手塚らしい解釈の「黒塚」です。
今回は会場が黒塚、黒塚に関連した展示やイベントも多くありました。
2016103014.jpg
撮影できませんが、この資料館には、豪華にカスタマイズした車椅子に点滴ぶらさげた「鬼婆」の人形もありました。
等身大でリアルに怖い、迫力あります。
資料館のスタッフのマダムは、照明落として帰る時、目を合わせないように注意しているらしい、すごく怖いって…(笑)
---------------------------------------------------------------
2016103001_20161102183028b13.jpg
天台宗真弓山 観世寺
ふるさと村に隣接しています。鬼婆伝説、鬼婆が住んでいたとされる巨石などがあります。
能や歌舞伎などで「黒塚」が上演される時、公演前に役者さんたちが必ず訪れるという寺です。
ここには月岡芳年「黒塚」が展示されています。思ったよりずっと小さい作品。

黒塚はずいぶん昔、小学生の頃に遠足で来ましたが(ふるさと村ができる前)、小学生に鬼婆なんて怖いだけでで、よく覚えてない(汗)
---------------------------------------------------------------
2016103009_201611021832361bb.jpg
ここは霞ヶ城公園、本丸跡。ぽつんとおいてあるプレートがオノ・ヨーコの作品
???
眺めはいい(笑)
2016103010_20161102183230dc0.jpg

2016103011_20161102183404d9c.jpg
霞ヶ城公園では、菊人形展が開催中。今年は、ビエンナーレからヤノベケンジさんの「フローラ」も展示。
入場料払ってまではと思い、公園の高台から眺めました。

今回のビエンナーレは正直いって、会場が分散しすぎです。城下町特有のわかりにくい中心市街地と郊外、いくらナビがある時代でも、あちこち移動は面倒だし、アクセスも悪い、駐車場がない場所あります。
ようやくたどり着くと、作品がどこにあるかもわからない、雑多な中にうもれていたり…。街中に…という、わざとなのかもしれませんが、鑑賞する場、雰囲気ではないなあという場所も多い。
また、このようなイベントは無料にすべきと思いますが、菊人形展や記念館など有料施設が多いのにも閉口します。
あちこちの会場に行き始めましたが、面倒さと小銭をどんどん消費していくことに閉口、数カ所を廻ってやめました。
最初に書きましたが、おもしろい作品もあるけれど、大半が謎作品であると推察されるので。

もっともだめなのが公式HPです。例年、告知がわかりにくいイベントですが、今回は特にひどいとしか言えない(汗)いろいろやっているらしいことはわかっても、いつどこでが一覧できない。
運営がいくら学生だからといっても、見る方の側になってみれば、もう少しなんとかできるはずです。

アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »