檜枝岐の舞台

2017年07月31日
ひ06

尾瀬のトレッキングの帰り道、時間があったので、檜枝岐歌舞伎の「舞台」(会場)を見ていくことにしました。
檜枝岐歌舞伎は国の重要有形民俗文化財で、上演されると福島では必ずニュースになる有名な催しです。ただし、ニュースの映像は、夜の歌舞伎上演の様子と会場の熱気などで、どんな場所で上演されているのか、私は全く知りませんでした。
重要有形民俗文化財には歌舞伎、舞台(ステージ)、客席まで含まれているそうです。

檜枝岐歌舞伎 - 尾瀬檜枝岐温泉観光協会
檜枝岐歌舞伎は江戸の時代より親から子、子から孫へと伝承されて連綿と続き、春と秋の祭りに奉納歌舞伎として檜枝岐の村人を楽しませてきました。現在残っている資料の中に270年前に購入された浄瑠璃本が残っていることから、270年以上の歴史を持っていると言われています。上演される舞台は鎮守神の境内に有り、国の重要有形民俗文化財に指定されております。観客席は露天で、神社への坂がそのまま自然の観覧席になっており、夕方より上演されます。
夕闇が深まる中での鑑賞は、その昔上演された雰囲気を十分に伝えてくれます。 役者の方々は全て村の住民で、自分の仕事を持っておられる中、寸暇を割いて練習されております。その演技については素人離れしたものがあると評価を戴いております。


檜枝岐の舞台(国指定重要有形民俗文化財:昭和51年8月23日指定)
檜枝岐の歌舞伎は元来鎮守神の祭礼に歌舞伎を奉納するという形で上演され、村民もこれを楽しむというものでありました。したがって建物は神社に向かって建てられ、拝殿のような形態をとっています。 明治26年の大火で消失し、明治30年に再建されたのが現在の舞台です。全村火災という大災害に遭い、当時の貧しい暮らしの中で、村民が総力をあげて作ったと思われます。 平成16年3月に国立劇場公演を行なった際には、劇場側で檜枝岐の舞台そっくりの舞台装置を作り、そこで上演されました。
桧枝岐の舞台 wikipedia

ひ01
ひ03
集落の幹線道路から、細い裏路地…といってもいいくらいの細い参道の先に舞台があります。手前に右の建物は、歌舞伎伝承館「千葉之家」(資料館)
そして鳥居が見えてきました。鳥居の左が舞台の袖です。

ひ05
横から見た舞台は、風格は感じるけれど、それほど大きく感じませんが…

ひ11
びっくりしたのは観客席、これは円形劇場。階段状の客席に約1200人収容。それほど大きくないと感じた舞台に対し、このスケールはすごい。

ひ07
ステージの真正面の階段の先に小さな社。檜枝岐歌舞伎は、奉納歌舞伎であることがわかります。
ちなみに奉納ですので、入場料(観劇料)は取れないとのこと。

ひ10
神様のいるてっぺんから見下ろします。

ひ09
神様の背後は鎮守の森、斜めになった巨木の迫力が。

ひ08
客席のいたるところに杉の巨木がそびえます。ちょっとした異空間。

ひ04
帰りに歌舞伎伝承館に寄ると、檜枝岐歌舞伎を長年演じ、今は指導者として関わっているという年配のかたに話を聞く事ができました。歴史の事、国立劇場公演や役者が減ってしまって困っていることなど、興味深い話がありました。
檜枝岐村は、平家の落人伝説の残る所。あくまで「伝説」なのですが、訛りもなく、品のいいたたずまいに、平家のプライドを持って暮らしていることがよくわかりました。
-----------------------------------------------
おまけ、檜枝岐の舞台のすぐそばにある神様「橋場のばんば」
ひ02
「橋場のばんば」
【檜枝岐】縁結び、縁切り...願い一手に 知る人ぞ知る「橋場のばんば」 
2016年05月23日 福島民友
橋場のばんばは、その名が示すように、元々は村内の川に架かる橋のたもとにあり、水難から村の子どもを守る神様だった。1902(明治35)年に村が大洪水に襲われた際、石像が流されるのを心配した村民が背負って運び、現在の場所に移された。
 檜枝岐の舞台の近くに住む農業星房子さん(78)が、橋場のばんばにまつわる伝承を教えてくれた。石像が移された後、望まない縁組に悩んでいた村民の若い男性が婚約相手との縁を切りたいと願い、石像にはさみを供えたことから縁切り信仰が始まったのだという。
 さらに、「切れ味の悪いはさみを供えれば良縁に恵まれるのでは」と考える村民も増え、さまざまなはさみが供えられるようになったとされる。星さんは「時代の流れか、最近は悪縁を切りたい人の方が多いみたい」と笑う。


つつましい社と石像に似つかわしくない巨大な糸切りはさみ、そして供えられた大量のはさみ、ほとんどが縁切りのはさみだそうです。
縁結びは各地にたくさんあるけれど…縁切りは少ないと思う。ここは、暗く密かで、逃れたい…切迫した思いが満ち満ちた場所でした。
そして、縁切りの裏返し「縁結びの錆びたはさみ」には、おめでたい「縁結び」の雰囲気は全くありません。写真を撮るのははばかれましたが、形がわからないほど赤い糸でぐるぐる巻きにされたはさみなど、何が何でも「…別れない」そんな怨念にも似た執着心が感じられ…それは「縁結び」とは違いますよね(汗)怖かったです。
南会津は、とてもディープな場所でした。
音楽・舞台 | Comments(0) | Trackback(0)

7月の尾瀬の花

2017年07月28日
尾瀬18

7月の尾瀬はワタスゲがきれいでした。(7月15日撮影)
そしてニッコウキスゲが咲き始めていました。

尾瀬30

尾瀬06
トレッキングの始まりは森、ゴゼンタチバナがたくさん咲いていました。

尾瀬07
ヨウラクツツジ

尾瀬58
ナナカマドの花

尾瀬05
なんだこの棘だらけの葉っぱ。
ハリブキ(針蕗)、草食動物から身を守るためとはいえ、棘だらけ。

尾瀬08
アカモノ

尾瀬04
天パーみたいなシダの新芽

尾瀬03
日陰にはギンリョウソウ。

尾瀬24
湿原に入るとレンゲツツジ
ほの暗い森の植物と太陽が降り注ぐ湿原の植物では、全く違っています。

尾瀬25
ワタスゲとハクサンチドリ

尾瀬47
ハクサンチドリ、美しいです。

尾瀬50
可憐なタテヤマリンドウ

尾瀬32
タテヤマリンドウの群生、写真に撮ろうにも、花が小さく淡い色は写真写りが…(汗)

尾瀬12
ミタケスゲ

尾瀬15
イワカガミが1輪だけ咲き残っていました。

尾瀬57
カラマツソウ

尾瀬39
ヤマドリゼンマイ

尾瀬51
ビジターセンターの辺りではニッコウキスゲがだいぶ咲き始めていました。

尾瀬55
ヒオウギアヤメ

尾瀬31
ミツガシワ

尾瀬38
大江湿原から尾瀬沼の方へ行ってみると、ミズバショウが大きくなっていました。

尾瀬34
初めて見ます、ズダヤクシュ(喘息薬種)、花が終わり、今は緑の種。喘息の薬になるからこの名前らしい。

尾瀬42
尾瀬沼の北から、あやめかカキツバタか…群生が見事です。
しっとりした和の庭園のイメージが強いアヤメやカキツバタを、広大な湿原でみるとちょっと不思議な感じです。

尾瀬43
ワタスゲとカキツバタ、その先は尾瀬沼。

ニッコウキスゲとワタスゲは尾瀬で知られていますが、こんなにたくさんのアヤメやカキツバタが咲いているとは思ってはいませんでした。
季節ごとに違った花が咲く、狙ってきてもわずかな差で見頃を逃してしまうことも多いですがそれはそれ、その季節季節で美しいもの出会えるの自然だと思います。

尾瀬28


トレッキング | Comments(0) | Trackback(0)

7月の尾瀬 

2017年07月27日
尾瀬17

7月の尾瀬を歩いてきました。
写真の整理などですっかり遅れましたが、7月15日の尾瀬です。
私は福島県側からですので、南会津、沼山峠から大江湿原、尾瀬沼を歩くトレッキングコースです。(燧ヶ岳には登りません)

尾瀬ハイキング・観光情報 尾瀬ガイド
尾瀬保護財団
環境省_尾瀬国立公園

尾瀬01
マイカーの乗り入れは御池駐車場まで、ここでシャトルバスに乗り沼山峠に向かいます。7時前ですが7割くらい埋まっています。

尾瀬02
御池から沼山峠へ向かうシャトルバスから、深い森が美しい。

尾瀬09
尾瀬で最も印象的だったのは、巨木の森を抜けて湿原に踏み入れた時、ほの暗いほどの常緑樹の森から、扉が開いていくかのようでした。

尾瀬10
湿原です。深い森から広い空の下へ、この開放感、なんて気持ちのいい場所だろう。

尾瀬20
一面のワタスゲ。

尾瀬14

尾瀬21
緑の中に鮮やかな朱色はレンゲツツジ。緑も朱色も濃い。

尾瀬16
ニッコウキスゲも咲き始めたようです。

尾瀬13
ワタスゲの間に見える紫の花はハクサンチドリ
尾瀬53

尾瀬19
タテヤマリンドウとウメバチソウ、足元に目を向けなければ気がつかないくらい、どちらも小さい。

尾瀬22
豊かな水の流れ。今年はGWの頃まで雪があったらしい。

尾瀬26
大江湿原のシンボル、三本カラマツ。
前日まで天候が心配でしたが、歩き始める頃は青空が。

尾瀬23
燧ヶ岳(標高2,356m)が見えてきました。かっこいい山です。いつか登りたい。

尾瀬27
ビジターセンターの方へ向かうと、ニッコウキスゲが増えてきました。満開だと壮観でしょうねえ。
そういえば、鹿がニッコウキズゲのつぼみを食べてしまうらしい。増え過ぎた鹿の捕獲が行われていました。キズゲ、ノカンゾウ、ヘメロカリスなど、キスゲのつぼみは中華食材の「金針菜」、人が食べてもおいしいからね。

尾瀬54
ヒオウギアヤメ、尾瀬にアヤメの印象はなかったので、ちょっとびっくり。

尾瀬52
アヤメもたくさんさいているなあと散策していると…あれ?アヤメじゃない、これはカキツバタ(汗)

尾瀬35
人の多いビジターセンターはほどほどにして、尾瀬沼の北を歩くことに。
オオシラビソの森に入ります。

尾瀬33
キリンか馬のような…乗りたい(笑)

尾瀬36
苔むした倒木がまた緑に覆われていく。

尾瀬40
深い森、木漏れ日がきれいです。

尾瀬37
尾瀬沼の辺りは人も少なく、とても静かです。

尾瀬57

尾瀬41
沼のあちこちに紫の帯、ヒオウギアヤメかカキツバタか、近づいてみないとわからない。行ってみたいですが、湿原の中は木道以外歩けません。

尾瀬48
大江湿原に戻ってくると昼近く、どんどん人が増えてきました。この日は3連休の初日、団体も多いようです。湿原を歩くコースはハイキングくらいの装備でOK、平日は子どもの遠足なども多いらしい。有名な場所なんだなと再認識します。
早めに出てマイペースで散策できたのは良かったかもしれません。

尾瀬45

尾瀬49
トレッキング | Comments(0) | Trackback(0)

2017年07月27日


みな月のてる日といへど我がやどの楢の葉かげは涼しかりけり
大僧正行尊『玉葉集』 

水無月(みな月)は新暦だと7月後半、暑さも厳しくなる頃。
木陰で涼をとる、現実でも気持ちの上でも、そんな余裕が欲しいのですが…
これがなかなか…(汗)

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

山百合の頃

2017年07月25日


裏山の青萱ぬけいで咲く百合の涼風のむた大きくゆらげり
木下利玄 

庭にも周辺の山々にもたくさんの山百合が咲いています。
帰宅して車のドアを開けると濃密な百合の香り、夜はいっそう濃く香ります。

2017072103.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2017女子 エントリー見ただけ予想

2017年07月24日
見ただけで、うはっ!(汗)となるGPS女子のエントリーです。
昨シーズン、メドの強さは揺るぎないとしても、他は大混戦でした。今季もわかりませんね。そしてシニアデビューの若手がどんな風をおこすか…。
オリンピックシーズン、プログラムや振付も大事ですが、衣装とヘアメイクも大事です。特に女子は衣装のイメージはかなりPCSに影響するので手抜きなきようお願いしたいです。がんばればいいのではなく、似合うってことと、曲調にあった素敵衣装って意味ですからね。

●Rostelecom Cup
Mae Berenice MEITE FRA
Ivett TOTH HUN
Carolina KOSTNER ITA
Wakaba HIGUCHI JPN
Kaori SAKAMOTO JPN
Elizabet TURSYNBAEVA KAZ
Soyoun PARK KOR
Evgenia MEDVEDEVA RUS
TBD RUS
Mariah BELL USA
Mirai NAGASU USA

初戦から横綱メド登場であわててはなりませぬ(汗)
表彰台をうちのエミューちゃん(コストナー)、わかばちゃん、ツルちゃん、マライア。そしてかおちゃん、未来ちゃんにもチャンスありそう。
メド様は負けなし、ここまでほとんどミスなく高難度構成を決めています。マイナスが見当たらないですよね。このままオリンピックまでぶっちぎりで行くかが見所ですね〜。

表彰台争いでは、スケーティングや芸術性で高い評価を得ているエミューちゃんがひとつ抜けているような気がします。大きなミスがなければ2〜3位、表彰台は確実では?
未来ちゃんは公言通り3Aを入れてくるのか?ただし3Aが決まっただけではアドバンテージにならない、今は総合力の勝負です、3Aはパフォーマンスとして盛り上がりそうですがハイリスク、大きな減点をとられると厳しい結果になるかもしれません。
マライア、ツルちゃん、わかばちゃんもノーミスでこそ総合評価がついてくるタイプなので、ミスは最小限にとどめたい。
有力選手が自滅すると、ソヨンやかおちゃんにもチャンス。
かおちゃんはGPSデビュー、スピードと勢い、ひるまず思い切っていけばチャンスあります。

予想順位 横綱メド様、TBDロシア、エミューちゃん、わかばちゃん、かおちゃん

3位以下はわからないです。TBDロシアが2位ってありそう〜(汗)
--------------------------------------------------------------------
●Skate Canada Int.
Alaine CHARTRAND CAN
Kaetlyn OSMOND CAN
TBD CAN
Laurine LECAVELIER FRA
Roberta RODEGHIERO ITA
Marin HONDA JPN
Rika HONGO JPN
Nahyun KIM KOR
Anna POGORILAYA RUS
Maria SOTSKOVA RUS
Karen CHEN USA
Ashley WAGNER USA

華麗な復活、ワールド銀のケイトリンに、真凜ちゃん、ポゴちゃん、ソツコワ、アシュリーが加わって、うはっ!(汗)
どうなるのか検討がつきません。

実力という意味では、ケイトリン、ポゴちゃん、アシュリーですが波もありそう。オリンピックまでの長いシーズン、序盤からぶっ飛ばすかどうかも微妙。
こういう状況でシレッといい演技が出来そうなのは真凜ちゃん、ソツコワ。
ルカバリエ嬢、カレンもいい…、チャートランド覚醒ってのもなくはない。ただ上の層が厚すぎるかな?

予想順位 真凜ちゃん、ケイトリン、ソツコワ、アシュリー、ポゴちゃん

う〜ん、く、苦しい(滝汗)どうしたらいいんだ!
真凜ちゃんが伸び伸びノーミスで1位、地元ケイトリンはSPでミスしてフリーでばん回とかの予想。
アシュリー、ポゴちゃんはこれからだから!
--------------------------------------------------------------------
●Audi Cup of China
Gabrielle DALEMAN CAN
Xiangning LI CHN
Zijun LI CHN
Ziquan ZHAO CHN
Wakaba HIGUCHI JPN
Marin HONDA JPN
Mai MIHARA JPN
Dabin CHOI KOR
Elena RADIONOVA RUS
Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS
Alina ZAGITOVA RUS
Gracie GOLD USA

ワールド銅デールマンに、わかばちゃん、真凜ちゃん、舞依ちゃん、ラジオノワ、ジュニアワールド優勝ザギトワ、グレイシー、ジジュン、リーザ、韓国期待のダビン、
…ひい〜〜〜!
真凜ちゃん、舞依ちゃん、わかばちゃんで全日本前哨戦!
ラジオノワ、リーザ、ザギトワでロシアナショナル前哨戦!
メド様がいなくともGPS女子、最大のヤマ場です!

デールマンがワールドのレベルであれば表彰台確実も、優勝とは断言できない、それくらい実力者がひしめいています。
わかばちゃんはミスが許されません、ミスが2〜3つとなると、あっという間に圏外。

舞依ちゃんはスケーティングは申し分ないですが、それだけではまあまあのセンまでしかいかない。このように華やかで自己主張だらけの選手のなかで、どれだけ個性、舞依らしさ、新鮮なインパクトを与えられるかが、今シーズンのポイントです。
真凜ちゃんに怖いものはないです。勝っても負けても糧になる時期なので。
舞依ちゃんも真凜ちゃんもSPはタンゴ、早すぎるかも?っていう10代のタンゴがどうジャッジされるのかで、今季の日本女子の流れが変わるかもしれない…と言っていいかも。

ラジオノワは復活の兆しで昨シーズンを終えました。ただしゆっくり持ち直している時間がない…下からの追い上げがすごいんです(汗)
リーザの状況もラジオノワと同じ、気になるのはミーシン先生が勝つため、滑りやすいなら変プロにいってしまいそうなところ(汗)
ロシア、下からの追い上げ先頭はザギトワ、ついにシニア参戦です。ジュニア時代の実力がどこまで通用するか未知数と言いたい所ですが、がつんと来そうな予感。

スランプと体型のことでさんざんなことを言われてたグレイシーは、体型はきちんと絞ってるようなんで大丈夫と思います。あとは競技へのモチベーションかな。
ジジュンもやることやれればと思いつつ、この激戦区はつらい。
韓国の期待ダビン、ここで表彰台なら母国のオリンピックで盛り上がりそう…それはそれで大変そうだけれど(汗)

予想順位 ザギトワ、舞依ちゃん、真凜ちゃん、デールマン

ザギトワと舞依ちゃんは表彰台に近いと思うけれど…うーんわからん。
デールマン、わかばちゃん、真凜ちゃん、舞依ちゃん、ラジオノワ、ザギトワで表彰台争いかな?ここまでで6人なんですが(滝汗)
--------------------------------------------------------------------
●NHK Trophy
Alaine CHARTRAND CAN
Carolina KOSTNER ITA
Rika HONGO JPN
Satoko MIYAHARA JPN
Yuna SHIRAIWA JPN
Soyoun PARK KOR
Alena LEONOVA RUS
Evgenia MEDVEDEVA RUS
Polina TSURSKAYA RUS
Nicole RAJICOVA SVK
Mariah BELL USA
Mirai NAGASU USA

チューハイでぐったりしてる場合じゃない、次NHK杯です。
我らがさっとんがもどってきました!
しかし、この大会は横綱メド様圧勝しか思いつかない…あと混沌です。自滅と神演技を繰り返すような選手ばかりなんで(汗)

さっとんは故障あけ、無理は禁物です、GPSも大事ですが、全日本に合わせているはずなので表彰台に届かなくてもOK。
エミューちゃん(コストナー)はまずまずの演技をすれば表彰台はいけそう。
未来ちゃんは3Aの出来しだいで順位は大きく変わりそう。マライアもとてもすてきなスケーター、とにかくノーミスで結果を待つ感じ。

優奈ちゃんはノーミスで、あとは周りの出来次第、PCSで上回る選手が多いので、どこまで詰められるか。
理華ちゃん、レオノワは一旦下がってしまった全体評価をあげるところから、PBを大きく更新するような内容、輝きでないと自力表彰台は厳しいかもしれません。

ツルスカヤはロシア選手の中ではかなりのお気に入りです。芸術性の高いスケーティングはうっとりです。体調のこともあるのか、SP神演技&フリー自滅…このところ2本揃えられないのが辛い。2本揃えたら表彰台。

予想順位 メド様、エミューちゃん、さっとん、優奈

メド、エミューちゃんの表彰台が濃厚だとして後一つ?
たとえば、70%のさっとんと、ミスの少ない優奈、未来、マライア、理華ちゃんでは、だれが強いのだろう?と考えると、さっとんかなと予想。
--------------------------------------------------------------------
●Internationaux de France
Kaetlyn OSMOND CAN
Zijun LI CHN
Laurine LECAVELIER FRA
Mae Berenice MEITE FRA
Mai MIHARA JPN
Yuna SHIRAIWA JPN
Elizabet TURSYNBAEVA KAZ
Maria SOTSKOVA RUS
Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS
Alina ZAGITOVA RUS
Polina TSURSKAYA RUS
Gracie GOLD USA

表彰台ははケイトリン、舞依ちゃん、ソツコワ、ザギトワの争いかな。ここまでで4人。
上位にツルスカヤ、優奈ちゃん、グレイシー、リーザ、ルカバリエ。
もう9人か…なかなか予想が難しい(汗)

舞依ちゃん、ソツコワ、ザギトワはミスが少ないし2本揃えること、リカバリーもできそうという意味で堅実。
ケイトリン、ツルスカヤはノーミスなら高得点でぶっちぎりもありますが、2本揃えられるかどうか。
グレイシー、リーザはまだ復活途上?
優奈ちゃんはPCSでちょっと後退か?

予想順位 ザギトワ、舞依ちゃん、ケイトリン、ソツコワ

とても迷いますが、GPSはTESがハイスコアな若手が台頭と予想。
--------------------------------------------------------------------
●Skate America
Gabrielle DALEMAN CAN
Xiangning LI CHN
Satoko MIYAHARA JPN
Kaori SAKAMOTO JPN
Dabin CHOI KOR
Alena LEONOVA RUS
Anna POGORILAYA RUS
Polina TSURSKAYA RUS
Nicole RAJICOVA SVK
Karen CHEN USA
Ashley WAGNER USA
USA TBD

デールマン、さっとん、ポゴちゃん、アシュリーで表彰台争い。
上位争いは、ツルスカヤ、カレン、かおちゃん、ダビン、カレン。
さっとんは休養前の構成以上でないと表彰台は難しい。

アシュリー、ポゴちゃんにそろそろ火がついてもいい頃か?

予想順位 アシュリー、ポゴちゃん、デールマン、さっとん

アシュリー、ポゴちゃん、ツルスカヤがノーミスならデールマンを上回ると予想。
しかしツルスカヤが2本揃えるイメージはなかなかもてない。ここでポゴちゃんを上回り、表彰台に上がるくらいだと、オリンピック代表も見えてくるのでは。
--------------------------------------------------------------------
●ファイナル予想
メド 1-1、1-1
ザギトワ 1-3、1-3
(当落上)
真凜ちゃん1-3、1-3
舞依ちゃん 1-4、1-4
エミューちゃん 2-3、2-3
ケイトリン 1-4、1-4
ソツコワ 1-3、1-4
デールマン 2-4、1-3
アシュリー 2-4、1-4
ポゴちゃん 2-5、1-4

わかばちゃん 2-4、3-6
さっとん 3-4、3-5
ラジオノワ 3-4、3-6

メド様にスキなし。ザギトワはTESハイスコアで安定して上位と予想。
混戦なので、他の選手は1大会優勝&表彰台であれば確実です。前半戦で優勝した選手が注目されるし大きなアドバンテージかなあ。1戦目台落ち&2戦目2〜3位では厳しい。
ザギトワ、真凜、舞依ちゃん、わかばちゃんは1戦目の全体評価(プログラムなども含めて)がカギ。
エミューちゃんがわりとやりやすい派遣になったかも?
アシュリー、ポゴちゃんは後半でがんばる予想も、優勝がないとファイナルは厳しいかも。
スケカナ、チューハイ、フランス、スケアメ…ぶっちゃけメドのいない大会で優勝しておくのが早道。
--------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2017/18
Entries Men 2017/18 - All 6 Events
Entries Ladies 2017/18 - All 6 Events
Entries Pairs 2017/18 - All 6 Events
Entries Ice Dance 2017/18 - All 6 Events
--------------------------------------------------------------------
第1戦 ISU GP Rostelecom Cup 2017
 Moscow / RUS 20.10.2017 - 22.10.2017
第2戦 ISU GP Skate Canada International 2017
 Regina, SK / CAN 27.09.2017 - 29.10.2017
第3戦 ISU GP Audi Cup of China 2017
 Beijing / CHN 03.11.2017 - 05.11.2017
第4戦 ISU GP NHK Trophy 2017
 Osaka / JPN 10.11.2017 - 12.11.2017
第5戦 ISU GP Internationaux de France 2017
 Grenoble / FRA 17.11.2017 - 19.11.2017
第6戦 ISU GP Skate America
 Lake Placid / USA 24.11.2017 - 26.11.2017
ファイナル ISU Junior & Senior Grand Prix of Figure Skating Final
 Nagoya / JPN 07.12.2017 - 10.12.2017
--------------------------------------------------------------------
World Standings 
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
--------------------------------------------------------------------
Seasons World Ranking 2016/17
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

雨の日のノウゼンカズラ

2017年07月24日
2017072401.jpg

どんどん咲いてどんどん散っていくノウゼンカズラ。強い雨に落下盛んな朝でした。
猛暑が続いて雨にほっとするも、各地の災害のニュースに胸が痛みます。猛暑か豪雨か、極端な天気にまいります。
皆様もどうぞお気をつけ下さい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

水辺にて

2017年07月23日


裏磐梯を散策していると、遠くに虫取りをしている親子(たぶん)を見かけました。
子どもをめぐるニュースは良くないことばかりで…最近は特に。こんななんでもない光景にほっとします。

自分が子どもだった頃はどうだったのだろう?特に恵まれていたとは思わないですが。
子どもという生き物は、どんな環境でも受け入れるしかないんですよね。家庭環境、経済的なこと、健康かそうでないことなども含めて。
まあその…友達の方がお小遣いが多かったとか(苦笑)、なんでも独占できる一人っ子がうらやましいとか…思うことはあっても、深い意味で「まあまあ」かそれ以上のものがあったかどうかは、大人になってみないとわからないものです。

家庭にはそれぞれ事情がありますし、それぞれ違っていて当たり前だと思います。
子どもにとって、何が大事なのか幸せなのかなど、ハードルの高い定義を設けるの危険で、といって平均値を計ることも難しい。(ここで「愛情があれば」とか言わないように)
今の子どもの方が便利な世界で暮らし、物質的にも恵まれているように見えます。なのに、なぜこんなにも不幸な状況に置かれる子どもが多くなってしまったのか。
個々の価値観や生き方がどんどん変わり…というか、家族のあり方など、これはもう世の変化に伴い変わらざるをえないのが現状でしょう。そこに行政や制度が追いついていかないこともあるのかもしれません。
親も行政も迷ってばかりいるのかな、そんな風に感じています。

もう夏休みですね。
子ども達が楽しい夏を過ごせるといいなあと思っています。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2017アイスダンス エントリー見ただけ予想

2017年07月23日
アイスダンスは、ルールにちょっと弱いので、なんとなく予想。ジュニアの方をほとんどチェックしていないので、シニアに上がってきた選手もいたら、そこも自信ない。

⚫︎Rostelecom Cup
Piper GILLES / Paul POIRIER CAN
Nicole KUZMICHOVA / Alexandr SINICYN CZE
Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA
Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA
Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS
Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS
TBD RUS
Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR
Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA
Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA

優勝争いは渋谷家とボブソロ。
表彰台をポールたち、ブキン組、パーソンズか?
地元だし、ボブソロ押したいけれど、シーズン序盤は迷いが多いカップルなんで、手堅いのは渋谷家のような気がします。
大好きなポールたちには表彰台以上で!できないはずない!と思いますが、こちらもシーズン序盤は取りこぼし多かったりで(汗)
若いパーソンズがさらっと来たりして?

予想順位 渋谷家、ボブソロ、ポールたち、パーソンズ、ブキン。
--------------------------------------------------------------------
⚫︎Skate Canada Int.
Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS CAN
Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN
Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN
Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS GER
Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL
Alla LOBODA / Pavel DROZD RUS
Olivia SMART / Adria DIAZ ESP
Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR
Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA
Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA

優勝はテッサとスコット、ほぼ確実…早くも(笑)
ここにポジェ君たちとハブル姉ちゃん…2組ともデカイ、見た目が(笑)2組ともファイナルに行きたいはずですが、2位と3位ではかなりその後の展開がかなり違う。ここ見所

アメリカは渋谷家、ベイツ君、ハブル姉ちゃんの3強、実力差はどんどん小さくなっている印象、ハブル姉ちゃんたちの追い上げすごい。ここに若いパーソンズも参入してくるので、2番、3番では油断できません。圧倒的なアドバンテージをつけておきたいところですね。それにしても熾烈です。

カナダはテッサたちがトップに返り咲き、ポジェ君、ポールたちの立場も微妙。オリンピックに向けて安定した成績残しておきたいですね。
ポジェ君はコーチをニコライに変えて、そろそろ手応えのある成績残したい。

予想順位 テッサとスコット、ハブル姉ちゃん、ポジェ君

2〜3位は入れ替わるかも。
--------------------------------------------------------------------
⚫︎Audi Cup of China Beijing / CHN
Hong CHEN / Yan ZHAO CHN
Linshu SONG / Zhuoming SUN CHN
Shiyue WANG / Xinyun LIU CHN
Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA
Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA
Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS
Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS
Madison CHOCK / Evan BATES USA
Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER USA
Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT USA

優勝はパパシゼ濃厚、表彰台をベイツ君とボブソロか。
パパシゼは初のオリンピックシーズンをどんなプロで、どんな戦略で来るのか楽しみです。
ベイツ君たちは、2位に甘んじているわけではなく、ガチで優勝狙ってくるはず。

予想順位 パパシゼ、女豹マジソンとベイツ君、ボブソロ
--------------------------------------------------------------------
⚫︎NHK Trophy
Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN
Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN
Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA
Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO ISR
Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA
Kana MURAMOTO / Chris REED JPN
TBD JPN
Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV RUS
Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR
Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA

テッサたちの優勝は固そう。優勝しなかったらびっくりするかもってっくらい、昨シーズンの存在感がすごかったです。
表彰台をアンナちゃん、ハブル姉ちゃん。
トカチェンコ、ニキータももいいけれど、表彰台まではどうかな。
そして我らがカナクリ、熱烈応援します!

予想順位 テッサたち、ハブル姉ちゃん、アンナちゃん

アンナちゃんたちが2位もあるかな。
--------------------------------------------------------------------
⚫︎Internationaux de France
Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN
Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA
Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA
TBD FRA
Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA
Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL
Alla LOBODA / Pavel DROZD RUS
Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS
Madison CHOCK / Evan BATES USA
Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT USA

パパシゼの優勝濃厚。
そこにポジェ君、ベイツ君がどこまで迫れるか。
ブキン組、ファブリ組もいいし、ロシア若手ドローストの存在も気になります。

予想順位 パパシゼ、ポジェ君、ベイツ君
--------------------------------------------------------------------
⚫︎Skate America
Piper GILLES / Paul POIRIER CAN
Shiyue WANG / Xinyun LIU CHN
Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO ISR
Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA
Kana MURAMOTO / Chris REED JPN
Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV RUS
Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS
Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA
Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA
TBD USA

渋谷家、アンナちゃんで優勝争い…でも渋谷家の方が手堅いかな?
表彰台に近いのはポールたち。そこにワンリュウ、トカチェンコ、ニキータかな?ニキータたちには、なんかこう殻をやぶってほしいもどかしさがあるのだけれど。
カナクリ2戦目、がんばれ!

予想順位 渋谷家、アンナちゃん、ポール
--------------------------------------------------------------------
⚫︎ファイナル予想
テッサとスコット 1ー1、1ー1
パパシゼ 1ー1、1ー1
渋谷家 1ー2、1ー3
(当落上)
アンナちゃん 2ー3、1ー2
ボブソロ 1ー3、2ー3
ポジェ君 2ー3、2ー3
ハブル姉ちゃん 2ー3、2ー3
ベイツ君 2ー3、2ー3

テッサたち、パパシゼは固い。
渋谷家は優勝1あれば大丈夫そう。アンナちゃん、ボブソロは波があるので微妙ですが優勝1あればいいかな。
ベイツ君、ハブル姉ちゃん、ポジェ君は激戦区に来てしまったのがちょっと大変。
--------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2017/18
Entries Men 2017/18 - All 6 Events
Entries Ladies 2017/18 - All 6 Events
Entries Pairs 2017/18 - All 6 Events
Entries Ice Dance 2017/18 - All 6 Events
--------------------------------------------------------------------
第1戦 ISU GP Rostelecom Cup 2017
 Moscow / RUS 20.10.2017 - 22.10.2017
第2戦 ISU GP Skate Canada International 2017
 Regina, SK / CAN 27.09.2017 - 29.10.2017
第3戦 ISU GP Audi Cup of China 2017
 Beijing / CHN 03.11.2017 - 05.11.2017
第4戦 ISU GP NHK Trophy 2017
 Osaka / JPN 10.11.2017 - 12.11.2017
第5戦 ISU GP Internationaux de France 2017
 Grenoble / FRA 17.11.2017 - 19.11.2017
第6戦 ISU GP Skate America
 Lake Placid / USA 24.11.2017 - 26.11.2017
ファイナル ISU Junior & Senior Grand Prix of Figure Skating Final
 Nagoya / JPN 07.12.2017 - 10.12.2017
--------------------------------------------------------------------
World Standings 
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
--------------------------------------------------------------------
Seasons World Ranking 2016/17
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

裏磐梯、曲沢沼の夏

2017年07月21日
2017071722.jpg

裏磐梯の曲沢沼にきました。
紅葉の頃とはうって変わって、とても静かです。
山は緑、湖面も緑。

2017071720.jpg

2017071721.jpg

2017071717.jpg

沼に突き出した倒木に何かいます。
…シラサギです。こんなに静かなら、漁もうまくいきそうですね。

2017071718.jpg

2017071719.jpg


散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

DOI2017 放送を見て

2017年07月21日
カナコが美容家かやり手のエステシャンみたいで…これが今の流行りなのか?
もっとお嬢さんっぽくていいんじゃないの?

リカアル
シニアデビュー。
在君の身のこなしが相変わらずすてきだ。テキーラでの弾け方がもうちょいほしいかな。

三浦&市橋
「ミス・サイゴン」、カップルとして、とてもしっくりいい感じです。

友野君
「ウエスト・サイド・ストーリー」今季フリーのショーバージョン。
赤シャツということもあり、ジュニア時代のダイスケ思い出す。
元気いっぱい、街の不良というよりはまだ少年っぽい。ヒーローっぽさをどこまで出せるかが表現のポイントかな。

かおちゃん
「アメリ」ヘアメイクと衣装に進化がナイスです…マジでそこ大事なんで。
振付はまだ、こうしてああしてっぽいところがあるけれど、全体の流れも美しくていいプログラムです。

真凜ちゃん
今季のフリー「トゥーランドット」
音楽表現、優雅な表現はシニアで十分通用しそう。
冷酷な姫君トゥーランドットのストーリーを考えると、真凜ちゃんは熱っぽく、色気すら感じる。氷の心が愛によって溶けていく…そんな変化がもっと感じられればと思う。
ただ本田真凜というキャラは、15歳にしてすっかりできていて、全てはそこに取り込まれていくのかも。それでいいと…見てるとそんな気になる…恐るべし真凜ちゃん。

無良君
「美女と野獣」
力強いスケーティング、男の色気とダイナミックなジャンプがプログラムにぴったり。かっこいい〜。

理華ちゃん
踊りまくりプロはぴったり。
大変なシーズンを終えたと思ったら、もうオリンピックシーズン!リカホンGOはもっともっとできるはず、そう信じてる!

すみれペア
今季のフリー。
美しくて伸びやかなスケーティングは好感。年々成長していることを実感してますが、とにかく世界の壁厚い(汗)とにかくテクニカルの積み重ねでしかそこに割って入ることはできません。ツイスト、ジャンプは3回転以上、リフトやステップのレベル…TESで一定以上の評価を得ないとPCSも伸びないというのが辛い。まあ他のカテゴリーもそうなんですが。

わかばちゃん
「ハレルヤ」プログラムも振付も悪くないと思いつつ、今の彼女がこういうプログラムってどうかなと思う。キャリア終盤のような選曲。
わかばちゃんはすんごいスケーターなんですが、競技プロもイマイチはまり切らないような…成長期のあいまいさ(迷い)が難しくしてるのかもなあ。

カナクリ
わ〜すごくすてきでした!カナちゃんのオーラが倍増してるような気がする。
工夫されたリフトがたくさんあって見応え。
オリンピックに必ず行っておくれ。

刑事君
今季のSP。ハードボイルドの刑事ドラマ。かっこいい、こんな渋いプログラムが似合うような男になったのだなあ。
演技のメリハリ、ゆるやかなところがあってもいいような気がする。
それよりSPでミスしない、出遅れない、そっちが大事かも(汗)ノーミスで得点はぐっと上がる選手なんで。がんばれ!

ソツコワ
「カリンカ」かわいい〜17歳、そして、ソツがない(笑)

ネイサン
頭良くてスポーツ万能、モテるタイプです!って感じ(笑)
昨シーズンのオーソドックスなプロから若返ったような(笑)衣装もこれくらいラフな方がずっと似合う。
足元のキレがすばらしい、さすがのスケーティング。とにかく元気いっぱいで、かっこいいぜ。

舞依ちゃん
今季のSP「リベルタンゴ」
昨シーズンのイメージから脱却にタンゴはいいかも。スケーティングはばっちり、演技はまだこれからなんですが、もっと悪い女になったほうがリショーさんの振付が生きるかも。

メドちゃん
「アンナ・カレーニナ」スター女優登場!
女優モードでありながら、テクニカルも完璧で手を抜かないのは相変わらずすごい。隙がない。
ただ、ドラマチックな静と動な振付は、ここ数年同じ。競技プロはどうなるのか、気になりますねえ。

ショーマ
今季のSP「四季」
ショーで披露し始め、回を重ねるごとに支配力増してます。緩急のバランス、スピン、ステップの音楽との同調性がとにかくすばらしい。
彼が冬を支配し、風を作り、吹雪を起こしているかのような、そんな風景が見えてきます。この壮大な曲、そのイメージを支配している感じがすばらしいな。
最後のスピン、めまぐるしく変わるポジションと姿勢の変化は圧巻の見応え。

アフターパーティーは浴衣パーティー。
温泉若女将大集合「うちらでこの温泉盛り上げていかんと」的な(笑)
どうぞ、フィギュアスケート界を盛り上げて下さい。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

コウホネ

2017年07月20日


裏磐梯、水辺にたくさんのコウホネが咲いていました。
河骨(かわほね)と書いてコウホネ、根が骨のように見えることから。

2017071715.jpg

2017071714.jpg

丸っとした花がかわいらしいですが、花びらに見えるのは萼。
みっちりとした濃い緑の葉も美しいですね。

2017071713.jpg


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2017ペア エントリー見ただけ予想

2017年07月19日
4ツイスト、スロー4回転…ペアも高難度構成が当たり前になり、とはいえケガのリスクを考えれば、やたら高難度つめこみともいかず、そうなるといかに魅せるか、上位選手ではPCSの評価が重要になってきました。
見る側にとっては、芸術性や個性に富んだプログラムが見られるようになり、とてもおもしろくなってきたと思います。
バネッサ&モーガンのように、やや地味な存在が急成長もあるので楽しみです。

●Rostelecom Cup
Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN
Xuehan WANG / Lei WANG CHN
Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA
Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN
Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS
Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS
TBD RUS
Marissa CASTELLI / Mervin TRAN USA

優勝争いは…ええ〜ここでロシアの2強をぶつけちゃうわけ?(汗)…って、タラモロとストクリで優勝争い。
ストクリは調子よければ優勝、調子悪ければ台落ちも普通…それがストクリ(汗)。
故障などアクシデントがなければタラモは2位以上でしょう。いい出来でもストクリが絶好調だと勝てない…ので2位以上。

表彰台争いにビロドー組、ワンワン、マルホタ。これはチャンスですね!
ビロドー組は昨シーズンのような好調を維持できれば表彰台濃厚。
マルホタ好きなんですが、波があるのがねえ。…ただ、そろそろキャリアも終盤、一花咲かせたいですね。
我らがすみれペアも参戦、スケーティングもエレメンツも確実に成長しているのですが、何しろペアの難度の上がり方がすごくて追いつくのが大変というのが実情。失うものは何もない、がんばれ!
TBDは川スミかな?

予想順位 タラモロ、ストクリ、マルホタ

ストクリがシーズン序盤でぶっとばすとは思えず、安定の品質タラモロと予想。
マルホタは期待をこめて。
--------------------------------------------------------------------
●Skate Canada Int.
Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN
Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN
TBD CAN
Cheng PENG / Yang JIN CHN
Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA
Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER
Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS
Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA

個人的にペア最大の見所。
実力者ラドフォード組、ワールド銀メダルサフマソの争いに、昨シーズン後半一気に輝きを増したバネッサたち参入で、ああ〜3組ともファイナルに行って欲しいんですが。
ラドフォード組、サフマソはオリンピック金メダル候補、GPSふくめ全てはオリンピックへのステップ、
バネッサたちはノンプレッシャーだったとはいえ、国別の演技がすばらしくて胸熱でしたね。PBは222点まで上昇。ワールド表彰台に手が届くところまできました。ちょっと波があるタイプなのでそこが心配。

ここにやはり成長著しいモスコヴィッチ組、ペンジン、エンベルト組…がつんと来ても驚かない。みんなシニアである程度実績のつけてから組み替えしたペアってのが、何かの縁?
フレイザー組もいいペア、スケカナは大混戦です(汗)

予想順位 ラドフォード組、サフマソ、バネッサたち、モスコヴィッチ組

1位2位の争い、多少ミスがあってもこの2組は表彰台はいけるでしょう。
バネッサたちが実力を出せれば自力で表彰台ですが、元々は波のあるタイプ、ミスを重ねると、地元モスコヴィッチ組が来そうな予感。それどころか6〜7位もある…それくらいスケカナは熾烈。
--------------------------------------------------------------------
●Audi Cup of China Beijing / CHN
Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO CAN
Wenjing SUI / Cong HAN CHN
Xiaoyu YU / Hao ZHANG CHN
TBD CHN
nna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE
Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA
Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA
Tarah KAYNE / Danny O'SHEA USA

スイハン、ぶっちぎり優勝しか想像できないエントリー。
ゆえに他の選手にとっては、表彰台に乗って名前を売るチャンス。
表彰台は、ムアタワーズちゃん、ユウジャン、マルホタ、オシェイ、誰がきてもおかしくないです。

予想順位 スイハン、ユウジャン、ムアワターズちゃん

スイハンぶっちぎり、地元ユウジャンを表彰台予想。
3位以下はなんとも…シーズン序盤ならマルホタより、ムアワターズちゃんかオシェイかな。
--------------------------------------------------------------------
●NHK Trophy
Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT
Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN
Wenjing SUI / Cong HAN CHN
Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET JPN
TBD JPN
Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV RUS
Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV RUS
Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM USA

優勝争いはスイハンとストクリ。
土壇場の底力は2組とも無限大…しかしそれはオリンピックに取っておいてもいいのかも?
表彰台争いはクニエリムご夫妻、ビロドー組。ロゴノフ組にもチャンスあるかも。

予想順位 スイハン、ストクリ、ビロドー

ストクリは優勝もなくはないけれど、手堅いのはスイハン。ストクリはあまり良くなくとも、このエントリーなら表彰台は固いと思う。
クニエリム組は故障あけのコンディション次第、ビロドー組の方が安定してるかな?
--------------------------------------------------------------------
●Internationaux de France
Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN
Cheng PENG / Yang JIN CHN
Xuehan WANG / Lei WANG CHN
Anna DUSKOVA / Martin BIDAR CZE
Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA
TBD FRA
Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA
Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS

バネッサたちに地元で優勝して欲しいと願いつつも、実力はタラモロが上かも。
バネッサたちが期待に応え、実力で優勝できたなら、オリンピックの表彰台を目指すと大きな声で言えます。
表彰台争いはモスコヴィッチ組、ペンジンか。

予想順位 タラモロ、バネッサたち、モスコヴィッチ組
--------------------------------------------------------------------
●Skate America
Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN
Kirsten MOORE-TOWERS/ Michael MARINARO CAN
Xiaoyu YU / Hao ZHANG CHN
Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER
Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS
Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA
Alexa SCIMECA KNIERIM/ Chris KNIERIM USA
TBD USA

優勝争いはラドフォード組、サフマソ…スケカナに続き、またしても対戦(汗)
故障などなければ、高難度構成で攻めるでしょう。大技でミスしても、総合的に大きく影響しないという意味でも2組はとても強い。
表彰台争いに、残り5組の誰がきてもおかしくないですが、ユウジャンかエンベルト組かなあ。

予想順位 サフマソ、ラドフォード組、ユウジャン、エンベルト組
--------------------------------------------------------------------
ファイナル予想
ラドフォード組 1-2、1-2
サフマソ 1-2、1-2
タラモロ 1-2、1−2
スイハン 1-2、1-2
(当落上)
ストクリ 1-4、1-3
バネッサたち 2-4、1-3
ユウジャン 2-3、3-4
ビロドー 2-3、3-4
エンベルト組 3-5、3-4

アクシデントがなければ、ラドフォード組、サフマソ、タラモロ、スイハンはいけそう。
ストクリとバネッサたちの波のあるできが、ひとつのポイント。
ユウジャンが安定した演技を2大会続けたらファイナルへ。
エンベルト組は激戦スケカナにエントリーしたのがちょっと不運かも。
--------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2017/18
Entries Men 2017/18 - All 6 Events
Entries Ladies 2017/18 - All 6 Events
Entries Pairs 2017/18 - All 6 Events
Entries Ice Dance 2017/18 - All 6 Events
--------------------------------------------------------------------
第1戦 ISU GP Rostelecom Cup 2017
 Moscow / RUS 20.10.2017 - 22.10.2017
第2戦 ISU GP Skate Canada International 2017
 Regina, SK / CAN 27.09.2017 - 29.10.2017
第3戦 ISU GP Audi Cup of China 2017
 Beijing / CHN 03.11.2017 - 05.11.2017
第4戦 ISU GP NHK Trophy 2017
 Osaka / JPN 10.11.2017 - 12.11.2017
第5戦 ISU GP Internationaux de France 2017
 Grenoble / FRA 17.11.2017 - 19.11.2017
第6戦 ISU GP Skate America
 Lake Placid / USA 24.11.2017 - 26.11.2017
ファイナル ISU Junior & Senior Grand Prix of Figure Skating Final
 Nagoya / JPN 07.12.2017 - 10.12.2017
--------------------------------------------------------------------
World Standings 
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
--------------------------------------------------------------------
Seasons World Ranking 2016/17
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

達沢不動滝 2017年夏

2017年07月19日
2017071701.jpg

猛暑の休日、涼を求めてやってきた中丿沢温泉、達沢不動滝。
ほの暗いほどの林を抜けて目の前に現れる滝は、本当に美しい。
天気のいい休日とあって、家族連れなどたくさんの人が訪れていました。

2017071703.jpg

2017071705.jpg

しぶきがミストになって気持ちいい。
もっとも、このあたりの標高までくれば、さすがに涼しい。

2017071704.jpg



ひっそりと隣にあるのは女滝。メインの滝が男滝。

2017071706.jpg

達沢不動滝 (猪苗代町) - ふくしまの旅

2017071707.jpg
散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

チェリーセージ ホットリップス

2017年07月18日


植えっぱなしで花は少ないけれど、今年も咲きました。
この配色はやっぱりおもしろい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

イタドリ

2017年07月18日


勢いよく繁っていたのはイタドリ。
どちらか言うと低山に多いのですが、ここは車も少ない日陰の道路だからだろうか。

2017071002.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2017男子 エントリー見ただけ予想

2017年07月16日
あっという間にオリンピックシーズンのスタートですねえ。
みんなケガも病気もせず、トラブルもなく、靴にも恵まれたシーズンを送ってほしい、心からそう願っています。

さて、例年GPSのアサイン見ながら、たいした情報ないままファイナルまでの予想をするのが、私の恒例行事ですが、今年はいつになく早いGPSのアサイン発表にちょっとあせる…大丈夫、まだ日にちはある、といってももう7月後半(汗)
そして「たいした情報ないまま」といっても、ショーや昨今はネットを通じて様々な情報が入ってくるので、何も知らないままとはいきませんけどね。
予想は楽しみでしているだけですので、当たっても当たらなくてもです。

男子注目ポイントは、ゆづ、ショーマ、ハビ、パトチャン、ネイサン、ボーヤンの6強がそのまま強いのか、ここに割ってはいって来る選手が現れるか。
ジュニアからか地味な存在からかわからないけれど、ボーヤンやネイサンのように一気に表彰台に近づくような男子が今年も現れるのかですね。
そして、なんといっても羽生様、オリンピック連覇なるかという段階。技術レベルが加速度ついて上がっている男子で、4年に一度のオリンピックで連覇がどれだけ難しいか、そのシーズンで優勝候補筆頭で、その期待に真正面に応えようとしていることって本当にすごいことです。
--------------------------------------------------------------------
●Rostelecom Cup
Nam NGUYEN CAN
Daniel SAMOHIN ISR
Yuzuru HANYU JPN
Keiji TANAKA JPN
Denis TEN KAZ
Deniss VASILJEVS LAT
Dmitri ALIEV RUS
Mikhail KOLYADA RUS
TBD RUS
Nathan CHEN USA
Grant HOCHSTEIN USA
Misha GE UZB

優勝はゆづとネイサンで頂上決戦になりそう。
ゆづはSPをバラードに戻して、ここ数年のSP苦手意識を払拭したいところ。全てはオリンピック連覇への道。
ネイサンはエレメンツ以外の所で、特にSSでゆづと差がつめられたら、この時点の目標は達成ではないかと思う。気になるのはプログラムですね。王者のプログラムを用意できるかどうか、楽しみです。
何事もなければこの2人で1、2でしょう。

コリャダ君はすばらしいSSと、なかなか決まらないですが2種以上のクワド持ち、6強に迫る条件は揃っているんですが、なかなか詰め切れない。ジャンプをパーフェクトに決める事も大事ですが、取りこぼししないこと、あとは変プロじゃない事が重要…ノレればいいみたいなプロだと、盛り上がっても脇役扱いになるので気をつけて…マジで。
アリエフ君はJGP優勝、ジュニアワールド2位を引っさげてシニアへ。ロシア王子、正統派のスケーターです。ノーミスなら表彰台も十分可能性があります。
ロシアの2人の対決も見所。

デニスはPCSなど高い評価を得る実力を持ってはいますが、シーズン序盤が良かったことがないので、なかなか押せない。
サモヒンは怖いものない勢いがあれば上位に来そう。ナム君は成長期の体型の変化が落ち着いていれば上位もありです。

日本が誇るお色気!刑事君、今季は4Sと4Tで勝負。ノーミスなら上位、表彰台も夢ではないのでがんばって欲しいです。雰囲気に飲まれないこと、思い切っていく事が大事です。
ラトデニは予定構成次第なところがありますね。クワド抜きでは難しい。仮にクワド抜きできれいにまとめても、現役としてどうかという…厳しいけれどがんばれ。

今季が最後のシーズン、ホックスタイン。
ミーシャは現役続行?

予想順位 ゆづ、ネイサン、アリエフ、コリャダ

波乱がなければ、1、2位の争い。3位以下は混戦。
表彰台はコリャダか?アリエフが意外とさらっときたりして。
--------------------------------------------------------------------
●Skate Canada Int.
Brendan KERRY AUS
Jorik HENDRICKX BEL
Patrick CHAN CAN
Keegan MESSING CAN
TBD CAN
Chafik BESSEGHIER FRA
Takahito MURA JPN
Shoma UNO JPN
Jun Hwan CHA KOR
Maxim KOVTUN RUS
Alexander SAMARIN RUS
Jason BROWN USA

優勝候補はパトちゃん、ショーマ。
表彰台争いに、無良君、ジュンファン、コフトゥン、サマリン、ジェイソンか。

パトちゃんはクワド2種成功させられるかどうかが鍵、男子の高難度構成にSSと1クワドで勝負できる段階ではなくなっているので大変です。ただし、今回のエントリーだと多少のミスがあっても表彰台は堅そう。

ショーマはクワド3種構成かな。とにかく攻めて攻めて攻めまくりでしょう(汗)SPの四季は傑作、そして現時点でかなりの完成度になってきているのが頼もしい。フリーはトゥーランドット、こちらもこれでもかという構成になりそう、ミスしてもリカバリーすごいのが強み…すごい(汗)

無良君はフリー「オペラ座の怪人」に戻してのオリンピックシーズン(そういうが多いですねえ)無良君のファントムは男性的な魅力と色気が満載ですてきです。PCSも上がってきていますが、エレメンツのミスが全体に響いてしまうのが課題です。
コフトゥンはどんな状況なのか?調子がよければ表彰台常連の実力を持ちながら、波が激しくて押しにくいタイプ(汗)出来るときはできるんですが…。
ジェイソンはノーミスならクワドなしでもいい…などと言いたくなりますが、そうもいかない(汗)今季はクワド2種の予定ではある。ジャンプ構成と、どのあたりを狙っているのかが気になりますね。決めるのは全米一発でもいいので、GPSがリハであっても驚かないですが。

シニアデビュー、韓国期待の星ジュンファン。クリケット仕込みのスケーティングとクワド、臆する事なく勢いに乗れれば上位も可能。母国ではほぼ1強だと思う、それがいい方向にむけば。
同じくシニア本格参戦のサマリンですが、実力拮抗のロシアで代表になるにはいろいろ大変。埋もれないようがんば〜。

かつてアメリカの辺境(アラスカ)からやってきた個性派キーガンはカナダから、キーガン好きとしちゃどこの国からでもいい、GPSで見られるのがうれしい!
スケーティングがすてきといえばヨリクもとても楽しみ。
じわじわ上位に迫ってきているケリーもいますね。
シャフィク…よかった生き残っていて(汗)

予想順位 ショーマ、パトちゃん、ジェイソン、無良君

ショーマが序盤で安全運転とは思えないの優勝と予想。パトちゃんもショーマも表彰台ははずさないでしょう。
3位に無良君を押したいけれど、ミスがいくつかあると、完成度高いジェイソンに及ばないかもなあ。ミスの少ない方が勝ちかな。
ジュンファンはGPS発参戦ということで表彰台はなしと予想?
コフトゥンは3位から〜10位くらいまでどこでもありそうで(汗)
--------------------------------------------------------------------
●Audi Cup of China
Kevin REYNOLDS CAN
Boyang JIN CHN
Han YAN CHN
TBD CHN
Keiji TANAKA JPN
Mikhail KOLYADA RUS
Alexander PETROV RUS
Javier FERNANDEZ ESP
Alexander MAJOROV SWE
Max AARON USA
Grant HOCHSTEIN USA
Vincent ZHOU USA

優勝候補はボーヤン、ハビで頂上決戦。ここに迫れそうなのはヴィンス。ただしGPSデビュー、甘くはないか?
3位以下は混戦、コリャダ、ペトロフ、ついで刑事君、ケビン、ハンヤン、マックス。

GPS初戦で、ボーヤンとハビがどこまでぶっとばしてくるか?
ジャンプの実行率ではボーヤンが上、そこをPCSで埋められるのがハビ。

コリャダ君がきちんとまとめれば表彰台、クワドが安定してきたペトロフはスケーティングがいいので上位の可能性あり。ハンヤンは故障明けなので上位は難しいかも。マックス、ケビンは波がありそうで、上位も下位もありそう。
刑事君にも表彰台の可能性あるんですが、やはり波が…。

予想順位 ボーヤン、ハビ、コリャダ…もしかしてヴィンス

序盤はボーヤンの方が調子いいと予想。
3位以下はヴィンス押したいけど今回はコリャダ君で…コリャダ君的に表彰台で満足してはいられないのだが(汗)
今の男子は、クワド決まれば上位でも、ミスを重ねるとあっという間に圏外なので大変です。
--------------------------------------------------------------------
●NHK Trophy
Patrick CHAN CAN
Michal BREZINA CZE
Alexei BYCHENKO ISR
Yuzuru HANYU JPN
Daisuke MURAKAMI JPN
TBD JPN
Deniss VASILJEVS LAT
Dmitri ALIEV RUS
Sergei VORONOV RUS
Jason BROWN USA
Joshua FARRIS USA
Adam RIPPON USA

優勝候補はゆづ、ついでパトちゃん。
この場面でゆづが失速は考えにくい。パトちゃんはそこそこなら表彰台は外さないでしょう。
表彰台にジェイソン、アリエフ、アダムか?あとは浮き沈みの多いエントリー(汗)
ラトデニがぐんぐん伸びて…なんてことも、なくはない。

実力を認めるも故障が気になるダイス、アダム、そしてジョシュア。
経験豊富なヴォロノフ、ビチェンコ。ミハルは昨シーズンを見る限り押しにくい。

予想順位 ゆづ、パトちゃん、ジェイソン、アダム
--------------------------------------------------------------------
●Internationaux de France
Kevin AYMOZ FRA
Chafik BESSEGHIER FRA
Romain PONSART FRA
Moris KVITELASHVILI GEO
Alexei BYCHENKO ISR
Shoma UNO JPN
Denis TEN KAZ
Alexander SAMARIN RUS
Javier FERNANDEZ ESP
Max AARON USA
Vincent ZHOU USA
Misha GE UZB

優勝は多少ミスが出ても、ハビとショーマで頂上決戦。あとは混戦!(汗)
上位に自力で入るには、クワド複数種類を安定して決めないと…となるとヴィンスに期待してしまうけれど。表彰台候補はヴィンス、デニス10、サマリン。
次いでマックス、クヴィテラシビリ、ビチェンコ、ミーシャにもチャンスありか…かな?

予想順位 ハビ、ショーマ、ヴィンス、デニス10

ショーマもハビも2戦目、ハビが初戦のチューハイでタイトルを逃していたら、ファイナルのためにもここは決めておきたいはずですが…。
表彰台は、ヴィンスとデニス10の出来次第で大きく変わりそう。
--------------------------------------------------------------------
●Skate America
Jorik HENDRICKX BEL
Kevin REYNOLDS CAN
Boyang JIN CHN
Daniel SAMOHIN ISR
Takahito MURA JPN
Jun Hwan CHA KOR
Maxim KOVTUN RUS
Alexander PETROV RUS
Sergei VORONOV RUS
Nathan CHEN USA
Adam RIPPON USA
TBD USA

優勝はボーヤンとネイサンの争い。実力的にはこの2人と思いつつ、波乱があるかもねえ?
ファイナルの可能性がなくなった選手が伸び伸び演技で波乱ってことです。
ケビン、無良君、ジュンファン、コフトゥン、ペトロフ、アダム、サモヒン、ヴォロノフ…魅力的で読めない選手多数!
ああ〜このメンツだとヨリクは下位かもなあ…すてきな選手なんですが(涙)

予想順位 ネイサン、ボーヤン、無良君、アダム
--------------------------------------------------------------------
●ファイナル予想
ゆづ 1-2、1-1
パトちゃん 1-3、2-3
ショーマ 1-2、1-2
ネイサン 1-4、1-3
ボーヤン 1-2、2-5
ハビ 1-3、1-3
(次点)
ヴィンス 2-5、2-4
アリエフ 2-5、2-5
コリャダ 2-4、2-5
無良君 2-6、2-5
ジェイソン 2-5、2-5
ジュンファン 3-7、3-6 
ペトロフ 3-6、3-6
デニス10 3-5、2-5
アダム 3-5、2-5

結局6強になってしまいました。
ゆづとショーマは固いと予想。
パトちゃんとハビは、3-3だと厳しい。またシーズン後半にピークを作るためあえて押さえるかも。
6強に実力で食い込むとしたら、次点メンバーからコリャダ、アリエフ、ヴィンス、無良、ジェイソンあたりから。
ジュンファンはエントリーとまだちょっと波がありそう。アダムは故障明けなので微妙。
--------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2017/18
Entries Men 2017/18 - All 6 Events
Entries Ladies 2017/18 - All 6 Events
Entries Pairs 2017/18 - All 6 Events
Entries Ice Dance 2017/18 - All 6 Events
--------------------------------------------------------------------
第1戦 ISU GP Rostelecom Cup 2017
 Moscow / RUS 20.10.2017 - 22.10.2017
第2戦 ISU GP Skate Canada International 2017
 Regina, SK / CAN 27.09.2017 - 29.10.2017
第3戦 ISU GP Audi Cup of China 2017
 Beijing / CHN 03.11.2017 - 05.11.2017
第4戦 ISU GP NHK Trophy 2017
 Osaka / JPN 10.11.2017 - 12.11.2017
第5戦 ISU GP Internationaux de France 2017
 Grenoble / FRA 17.11.2017 - 19.11.2017
第6戦 ISU GP Skate America
 Lake Placid / USA 24.11.2017 - 26.11.2017
ファイナル ISU Junior & Senior Grand Prix of Figure Skating Final
 Nagoya / JPN 07.12.2017 - 10.12.2017
--------------------------------------------------------------------
World Standings 
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
--------------------------------------------------------------------
Seasons World Ranking 2016/17
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ルドベキアとハルシャギク

2017年07月16日


除染でできた空き地は、土を入れ替えたので「荒れ地」でした。
乾燥した荒れ地はデリケートな植物には向きません。どうしたものかと考えていた家人は、ひとまず花の種でも蒔いておくかと…。
で、今咲いているのは、ルドベキアとハルシャギク。

2017070912.jpg

2017070909.jpg

雑草も緑の草原だと思えば美しい(笑)すぐ先は隣家ですが…(汗)

2017070913.jpg

インパクトのある色と形が夏にぴったり。
ビタミンカラーって感じでしょうか。

2017070911.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

カシワバアジサイ

2017年07月15日
2017070903.jpg

咲き始めアイボリーホワイトのカシワバアジサイが、だんだんと色づいてきました。
秋にかけて、色合いが変わっていくのがこのアジサイの楽しみ方ですね。

2017070904_201707101907315ee.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

チダケサシ

2017年07月14日
2017070901.jpg

涼しげな淡いピンクはたぶんチダケサシ、アワモリショウマなど似たものが多いです。
チダケサシ(乳茸刺)とは、茎に乳茸というキノコを刺して持ち帰ったことかららしい。確かに細くて固い茎は刺すのにむいてそうです。
花は園芸種のアスチルベとよく似ていますね。

チチタケ(きのこ図鑑)

2017070902_201707101907235d9.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

梅の実

2017年07月13日
2017071201.jpg

花ならぬ 香もなつかしみ 袖かけん 色づく梅の 雨のしづくに
中院通勝 通勝集

花だけでなく実の香りもいい。実から落ちたしずくを袖にかけて楽しもうではないか。

黄色く熟した梅からいい香りがします。
梅に雨で「梅雨」、そろそろ梅雨明けでしょうか。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

梅雨空とタチアオイ

2017年07月12日
2017070318.jpg

とてもインパクトのあるタチアオイを見つけました。
梅雨を払ってくれそうな(笑)

2017070317.jpg

梅雨入りしてから、あちこちのタチアオイはすごい勢いでのびてきました。
我が地方の梅雨明けは来週くらいになる予報。

2017070313.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

福島のこの頃 野の食卓

2017年07月12日
2017070917.jpg

夏野菜がおいしい季節になりました。
福島県はきゅうりの生産が全国で1番か2番だったような記憶。米どころ、野菜、果物がおいしいのが福島県です。
ちょっと田舎にいけば自家用として野菜を作っているお宅も多いです、うちもですが。
趣味で珍しい野菜を作る方もいて、もらったりあげたり、そんな日常。
先週の日曜日にもらったのは、趣味で作ってみたというコールラビと空芯菜。別のお宅からは食べてみたくて作ってみたというパクチー…作ってみたものの、年配の方のお宅では1回食べて、あまりに刺激的でもう食べたくないとか(笑)
そして私が近所の土手から摘んできた金針菜(ヤブカンゾウやノカンゾウのつぼみ)、えらくマニアックな野菜がラインナップしました(笑)
コールラビは半分をサラダに、半分を浅漬けに。空芯菜は炒め物に。パクチーは肉の薄切りを炒めた上に大量にのせて食べました。金針菜はさっと炒めて魚料理のつけあわせに。
もちろんこの他に、夏の定番、キュウリ、トマト、ナス、インゲンなど。野菜は豊富にあります。

2017070916.jpg
金針菜(キンシンサイ)は中華食材として、乾燥したもので、または生が五目炒めなどに数本入っていたりします。くせもないので気がつかないで食べてる事も多そうです。
ユリ科キスゲ属のつぼみ…つまりヘメロカリス、ニッコウキスゲなどのこと。我が地方ではそこら辺にたくさん咲くノカンゾウ、ヤブカンゾウがキスゲ属です。春先の新芽は以前から山菜として知られていましたので、金針菜がノカンゾウのつぼみだと知ってからは、何度か摘んできて食べてました。

以前の記事 ヤブカンゾウの土手 2016年07月26日

2017070915.jpg
震災と原発事故で、福島の食材についてはいろいろなこがありましたが、震災の年の夏でも、福島県中通りのわが地方の、(スーパーで販売されているような)一般的な野菜に放射性物質の心配はありませんでした。我家では、一度野菜や敷地内のぎんなんの放射性物質を計ってみた事がありますが、特に問題もなく、それ以降は普通に食べてます。
震災から6年、普通に販売されている食材に心配はありません。今でも福島県産を避ける人がいることはいますが、ごく少数と言っていいと思います。

山菜や野草は、原発事故があってから、一時はもう食べることはできないのか、そう思いました…それがとても悔しかったことをよく覚えています。幸いなことに影響は少なかった(不幸中の幸いってことでです)。
販売されているものに比べると、厳密に言えばリスクがあるかもしれませんが、これまでの経緯を考えれば問題はないと判断しています。
ところで、我家は里山の幸に恵まれていて、昔から山菜や野草を食べていますが、地面に生える野草なんて怖い!食べない!…って人はけっこういます。今は少数派なのかもしれませんね。でもこれは原発とは関係ない話です。原発事故によってますます敬遠する人は増えたかもしれませんが。
山の幸は環境があってのこと、我家とて市街地の交通量や人通りの多い場所、ペットの散歩コースになるような道の山菜は食べません。

先日は、木いちごと間違えてヒメコウゾの実を食べてしまったワタクシですが(汗)、人によっては、わけのわからない実を口に入れるなんてシンジラレナイ…となるかもしれません。また、食べられるかどうかは経験による判断が重要なので、万人に勧める行為ではありません、念のため。
まあ、昔からそういうライフスタイルだというしかないのです。

2017070908.jpg
ヒメコウゾの実は木いちごそっくり。

2017070918.jpg
庭で採れたびわ。売ってるものとは大違いに小さくて形は悪いですが、味は悪くないです。

科学者がいま、福島の若い世代に伝えたいこと 「福島に生まれたことを後悔する必要はどこにもない」
原発事故直後からツイッターでの発信が注目されてきた科学者、早野龍五さんが今年、定年を迎える。いま福島の若い世代に何を伝えたいのか?

食材についての記述もあり。


初版はだいぶ前です。私は学生の頃に読んで、身近で食べた事のない野草をいろいろ試した思い出があります。
野草食べなくても、他においしい野菜がたくさんあるので、野草ばかり食べていたわけではありません、どっちかいうと好奇心ですね(笑)。

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

ヒメコウゾ

2017年07月11日


我家の目の前の土手に赤い実。
木いちごだ!と食べたんですが…甘いけれど口当たりがイガイガっとして、あれ、ちょっと違うかな?…口に入れる前に気がつけよ…ですが(汗)
よく見ると葉っぱが桑の葉っぽい。バラ科の木いちごで調べても、どうも違う。
クワ科で調べてようやく判明したのはヒメコウゾ(姫楮)、和紙の原料になる「楮(コウゾ)」の原種です。

2017070907.jpg
「実は食べられるが口当たりが悪い」とありました…やはり(笑)
桑の実よりは木いちごに近い感じはします。

2017070906.jpg
改めて全体を見ると桑っぽいです。
赤い実で気がついたのですが、いつからここに育ったのだろうか?鳥に運ばれた種だろうか?
我が地方は古くは和紙の産地なので、コウゾが育っていても不思議ではないのですが、私は初めて認識したわけで、やっぱり不思議です。

2017070908.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ルドベキアいろいろ

2017年07月10日
2017070102.jpg

すっかり夏の定番となったルドベキア、町や住宅地で見かける事も多くなりました。
たくさんの園芸種があるようです。ジリジリした日差しでも、乾燥した道ばたでも元気なのがいい。
どんなところでも丈夫で明るい!…人もそうなりたいものです。
…いや、まじでホントに(汗)

2017070103.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

昼顔

2017年07月09日


高円の野辺の容花面影に見えつつ妹いもは忘れかねつも
大伴家持 万葉集

高円(たかまど=奈良県高円山)の野に咲く容花(かおばな=ヒルガオ)のように、あなたの面影が浮かんできて忘れられません。
大伴家持が婚約者坂上大嬢に贈ったとされる歌。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

「図書館の魔女 」高田大介著

2017年07月08日


鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女」マツリカに仕えることになる。古今の書物を繙き、数多の言語を操って策を巡らせるがゆえ、「魔女」と恐れられる彼女は、自分の声を持たないうら若き少女だった。超弩級異世界ファンタジー全四巻、ここに始まる!第45回メフィスト賞受賞作。

分厚い文庫4冊、読み応えです。
しっかり構築された世界観は、指輪物語やゲド戦記、十二国記のような。その分、理解が進まないと読みにくいところもあります。使い慣れない漢字、熟語の多さも、読みにくさかも、特に1巻目は慣れていないので。
ここまで漢字を多用しなくともと思いましたが、文章や文体こそがファンタジーを形作るもの、漢字の海をかき分けるように読み進むうち、唯一無二の世界がここにあるのだと感じられます。
ファンタジー読みでないと取っ付きにくいかもしれませんが、いったんその世界に入ってしまえば、この世界で繰り広げられる壮大なストーリーにはまります。
ただ「双子座」にミトウナ、「自動人形」にアウトマタなど、漢字を外国語読みさせることには抵抗もあります。

知と歴史の集積、図書館はいわば生きたデータベースであり、それらを読み解くために高度な知力を要求すします。その知力を持った者にだけ開かれるのがこの世界の図書館。
図書館という閉じた世界のお話かと思えば全く違う。「魔女」が登場しても、それは魔術でも呪術でもなく、むしろ魔術や悪しき因習を、古今東西の知識や理論でぶち破るのがマツリカたちの仕事。そこにスカッとします。
マツリカたちは、知と理論(時に理屈)を駆使し、策を講じながら紛争の解決、そして世界を変えようとする。それが本書の大きなストーリー。伏線だらけですが、基本は勧善懲悪だと思います。

マツリカは、折にふれ言葉とは何かと問いかけます。
言葉とは情報を伝えるための道具としてではなく、言葉の持つ力に目を向けろと言います。その言葉により形作られた文章、本、…その集積である図書館、そこは資料庫ではなく、知のパワーが満ちているところ。
言葉は伝える本、人がいる限り滅びない。
それは作者高田大介の「言葉」への愛、本への愛なのだと思います。高田は言語学者らしいのですが、なるほどと思いました。
そう考えると、長編も難解な言葉の多用も、SNSの短い文章や顔文字で済ます現代社会への、挑戦的な提言なのかもしれません。

キャラクターもおもしろいです。
言葉を発しない「図書館の魔女」は傲慢とも見える少女、老猾な思考と幼さのギャップ萌え(笑)
2人の司書も個性的で、仕えるというより図書館への愛とわかちがたい友情で結ばれています。キリヒトの先生、政治家、衛兵たち。みなそれぞれに訳ありです。図書館は一つのチームなんですよね。

魔女に仕える事になった田舎育ちの少年キリヒト、マツリカとキリヒトの主従関係の変化も大切なストーリーです。2人が秘密の地下道を探索する場面にわくわく。運命に翻弄され大人にならざるをえないキリヒトが切ない。
そして少年少女の恋心は、頼りなくも未来への希望そのもの。

ラストの長いエピローグは、登場人物たちをねぎらうようなあたたかさがあり、救われます。
世界は良くも悪くも常に変化しつづける。人は出会いと別れを繰り返し、少年少女は成長し、その関係も変わっていくのだろう。
この世界にはまだ語られていない続きの物語がある、そんな読後でした。





| Comments(0) | Trackback(0)

木いちご

2017年07月08日


車通りの少ない道を選んで散歩をしていた時、木いちごを見つけました。
木いちごとは総称で、これは春に白い花を咲かせていたモミジイチゴだと思う。
赤い実は宝石のようにつやつやしてきれいです。もちろん宝石は、その後私のおなかに収まったのでした(笑)

2017070306.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

コンフリー

2017年07月08日


今は食用に適さないとされたコンフリー。丈夫なのでなかば野生化しています。
そして花がきれいなので、雑草と一緒に刈りとられることもなく、畑のすみや土手に残しているのかなと思う。

2017070320.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

七夕と夏椿

2017年07月07日


君に逢はず久しき時ゆ織る服の白栲衣垢付くまでに
詠み人知らず 万葉集

お逢いできなくなって久しい。あなたとお逢いする時のために織り上げた白い衣は、手あかがつくまでになってしまいました。

今日は七夕ですね。
我家では夏椿の盛りです。緑に埋もれていますが、今年はたくさんの花がつきました。
白い花はあっさりとして、夏の衣のようです。

2017070702.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »