秋風とすすき

2017年09月30日


高円の尾花吹き越す秋風に 紐解き開けな 直ならずとも
大伴池主  万葉集

高円(たかまと)のすすきに吹く秋風に、衣の紐を解きましょう。何をするわけでもないけれど。
この場合「紐解き」は男女のことではなく、衣の紐をゆるめてくつろぎましょう…くらいの意味。
高円(たかまと)山は、春日山の南にあったらしいもののよくわかっていないとか。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

秋、庭の千草

2017年09月30日


あるじなき庭の千草の花盛りいかばかりかは秋は悲しき
前大納言基良

主のいなくなった庭に秋の花が咲いている。
花の盛りが、悲しさをよりいっそう感じさせるということだろうか。

これは我家の庭なので、一応主はいます(笑)
荒れ放題なので、いないと思われてもしかたない(笑)

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2017 第4戦 ブルガリア 壷井君、荒木さん…新人次々と

2017年09月29日
ISU JGP Minsk Arena Cup 2017
Minsk / BLR
20.09.2017 - 24.09.2017
リザルト
YouTube ISU Junior Grand Prix 

●男子
壷井君
14歳、GPSデビュー!
SPはスケーティングが折り目正しいユア・ソング(笑)のびのびとても良かった。
フリー「るろうに剣心」ミスはたくさんありましたが、スケートはきちんとしてる。ジュンジュン一押しもわかるなあ(笑)なんというかできる事を精一杯なさわやかさが好印象。
総合5位は大健闘。

イロホフ
エレガントなスケーター、まだ青いけど、もうシニアっぽいねえ。
SPは後半にコンボと3Lz。SPはミスしないってことが大事。
フリーは、真央バージョン風のラフマニノフピアノ2番、冒頭の4Tはなんとか、4S決めた!後半4Tこらえ、コンボにならず。後半はかなりばててる、あっさりテイストだけれども、クワド3本入れる攻めの構成を破綻なく出来た事は大きい。

トルガシェフ
まだ16歳、SPは月光、スピード感がいい。後半、ステップからスピンは躍動感があってすばらしい〜。
フリーはロクサーヌ、ちょっとスマートで清潔感のあるロクサーヌ、ボーカルが彼にはディープすぎるような。でもこのスピードと若造の疾走感はなかなかのもの。冒頭の4Tは決まったものの、後半はヌケまくり。でも最後までスピードが落ちないで、がっつり盛り上げて終わってよかった。

イフィニチュク(?)
SPはアンナカレーニナ、18歳、ジュニア男子にしちゃエロい選曲(笑)でも感情を出すタイプなのかも。ドラマチックでした。
フリーは冒頭4T転倒、他ヌケまくりで残念でしたが、なかなかすてきなジェームス・ボンドでした。

●女子
トルソワ
SP、やっぱこの選曲は13歳にはと思うけど(汗)うわ〜失敗する気しない。パーフェクト69点!
フリー、4Sは転倒、ちょっとスピード生かしきれなかったな。しかし他はノーミスのすばらしい演技。4S以外のジャンプは全て後半、動きもスケーティングも密度が濃い。
ジュニアの頃のユリアを思い出す。

滝野さん
SPで2Lzは残念でした。他は勢いもあったし良かったです。
フリーはルッツにe、1A+3T。ミスを引きずらないし、全体の印象はパワフルで良かったです。残念な思いがあると思うけれど、がんばりました。

荒木 菜那
バイオ真っ白、GPSデビュー15歳、一見お人形さんのようでちょっとお色気なSP。
スケーティング、ジャンプ、なんて元気で思いっきりのいいスケーター。ジャンプ高い。なんと62点でトルソワについで2位。
フリーもはつらつ、勢いがありますね!3Lz+3T、3Lz+2T+2Lo、2A+3T これくらいはもう標準装備か?(笑)スピンもいいですねえ。すばらしい。総合2位!
------------------------------------------------------------------------------------
ISU Junior Grand Prix of Figure Skating 2017/18
ISU JGP Brisbane 2017 リザルト
ISU JGP Cup of Austria 2017 リザルト
ISU JGP Riga Cup 2017 リザルト
ISU JGP Riga Cup 2017 リザルト
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

秋の浄土平、桶沼

2017年09月29日
2017092427.jpg

浄土平を歩いたついでに、近くの桶沼へ。(9月24日)


浄土平から車道の磐梯吾妻スカイラインをはさんで桶沼入口があります。
山道を5分ほど登れば着きます。

2017092420.jpg
色づき始めた木々に日差しがきれい。
桶沼に至る道は、夏うっそうとして、トトロの家にたどり着きそうな雰囲気でした。
秋を迎えた今は、木々の合間から日差しが入るようになり、道も明るくなりました。

2017092419.jpg
マユミの実がはじけています。

2017092421.jpg
ガマズミの実もだいぶ落ちました。

2017092422.jpg
道の途中から振り返ると吾妻の山々。

2017092423.jpg
桶沼です。浄土平より紅葉が進んでいるかも。
水深13mはこのあたりではかなり深い池。

2017092424.jpg
いつ来ても人は少ないのですが、この日は誰にも会いませんでした。
レストハウスもあるにぎやかな浄土平はすぐ近くなんですが。

2017092426.jpg
森に囲まれた美しい沼です。

2017092429.jpg
白い木はダケカンバかな。

2017092428.jpg
ナナカマドが真っ赤に色づいています。

2017092432.jpg

2017092431.jpg
水鳥がいます。遠くてわからないけれどカモかな。

2017092430.jpg
水鏡に紅葉、絵になりますね。

2017092433.jpg
浄土平からの帰り道、ビュースポット天風境。
少し下っただけで紅葉にはまだ早い。山の頂上の方がかすかに色づいて見えます。

2017092434.jpg
眼下に見えるのは福島盆地。

トレッキング | Comments(0) | Trackback(0)

秋の浄土平

2017年09月28日


浄土平にきました。先々週はここから東吾妻山に登ったばかり、紅葉にはまだ早いと思っていたこの日、9月24日の浄土平はすっかり秋でした。
天気もいいのでたくさんの行楽客や登山者がいました。

浄土平ビジターセンター

2017092401.jpg
磐梯吾妻スカイラインは景色もいいので、バイクのツーリングも多いのです。


道路沿いのコウゾリナ。

2017092405.jpg
湿原を歩き始めると草紅葉。

2017092404.jpg
リンドウも紅葉していました。花は霜が降りて色あせはじめていました。

2017092406.jpg
白く見えるのは藻。

2017092410.jpg
最近学習しました、湿原にできる小さなな池「池塘 (ちとう)」

2017092407.jpg
林も美しい。

2017092408.jpg
湿原を流れる小川。

2017092409.jpg
びっくりするほど鮮やかに紅葉していたのはイタドリ。

2017092411.jpg
午後3時、日差しで刻々と色を変える草紅葉。

2017092413.jpg
ヤマハハコもドライフラワーに近づきつつあります。

2017092412.jpg

2017092416.jpg
湿原を少しそれるとすすきの原。

2017092414.jpg
2017092415.jpg
標高の高い所ではかなり紅葉がすすんでいます。
秋は駆け足ですね。

2017092417.jpg
青空がきもちいい散策でした。

トレッキング | Comments(0) | Trackback(0)

キツネノマゴ

2017年09月27日


キツネノマゴがすくすく育っていました。
乾いた土地では草丈は足首ほどですが、これは30cmくらい、湿った土地ではこんなに大きくなるんですね。

2017091828.jpg
花は1cmにも満たないくらい。よく見るとかわいい花ですが、まばらにしか花はつかないし、気に留める人も少ない地味な野草です。
2017091829.jpg
2017091827.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

アキノノゲシ

2017年09月27日
2017091821.jpg

ノゲシ属の花は黄色が多いのですが、アキノノゲシは柔らかなクリーム色で優しげな感じがします。



ところで、レタスの花がアキノノゲシに似ているって知ってました?
レタスやチコリは、キャベツなどのアブラナ科ではなく、地中海沿岸原産のキク科アキノノゲシ属なんですよね。
切り口から白い液が出るとこも同じですね。
ということでアキノノゲシも食べられるそうなんですが、どうも苦いらしい(汗)

レタスの花

2017091820.jpg

2017091831.jpg
こちらはよく見かけるオニノゲシ。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

Ondrej Nepela Trophy2017 男子フリー・女子フリー 、メド様にスキなし!

2017年09月26日
25th Ondrej Nepela Trophy
Bratislava
21-Sep-17 - 23-Sep-17
リザルト

●男子フリー
コリャダ
祝・4Lzビューティフル!やればできるんだ!
4S転倒、4Tも転倒、結局4回転は4Lzしか決まらなかったわけですが、いいんです、いいんです、初めの一歩が決まったのだから(笑)
カメラが引いているせいか、スケーティングのうまさがよくわかります。
得点はちょっと出過ぎだと思いますが、ご祝儀ってことで勘弁!

刑事君
4Sは2本とも転倒、4Tは3Tに、3Aコンボ転倒、決まったジャンプも不安定なものが多かった。これでは得点は望めないですね。
出だしの動きから鈍くてちょっと心配しましたが、後半はよく動いていました。
残念でした。

フェイ
う=ん、こちらもジャンプが決まらない(汗)ひどい転倒が多くて、大丈夫だったのか?
フェイは、ジャンプが決まらないとPCSも伸びないので辛い。

ケリー(withリッキー)
じわじわと上位クラスに近づきつつあるケリー君。
決していい内容ではないのですが、最後まで諦めない演技、それが表彰台につながったと思います。

ヴォロノフ
4Tステップアウト、3Aあぶない、4Tほぼ転倒。
曲が重いので、ミスが続くとより重く感じる。後半まとめる事ができたのが経験のある選手ということか。

コリャダ君、なんとSP10位からフリー1位で逆点優勝!…ええ〜〜〜っ!?
いや、いいんだけど、みんなちゃんとして〜〜〜
男子はどうしたのかっていうくらい秋の転倒祭(汗)
その中で、コリャダ君の4Lzが燦然と輝く…という、喜んでる場合じゃない(汗)
メドが、男子の加点もさらっていったのかも〜〜〜

●女子フリー
ダビン
王道なプログラム、もう少しインパクトのある箇所もほしいかなとも思うけれど、全体的にとても良かったです。スケーティングがが表現が大人の女性らしい感じに。がんばりました。

ラジオノワ
女性らしい体型になってきて、ディープなボーカル曲が似合う。
ミスというか、コントロールに苦労しているのかなというフリーでした。それでも渾身の力を振り絞り表現しようとする彼女の精神はすごい。

理華ちゃん
3Lz+3T決まった!転倒や回転不足のマイナスなど、実はミスがたくさんあるのですが、スケーティングや表現、動きはよかった。とてもいい演技でした。
迷いなく自分に集中できていました。誰ものものでもない本郷理華のフリーダの世界をつくる事ができたのではないでしょうか。
ステップ、スピンはオールレベル4。
特にコレオは独創的でかっこいい、加点もたくさんついています。
ああ〜安心した〜。

メド様
最初から負ける気しないし〜
前半のジャンプは2Aのみ、あとは全て後半、3Lzで珍しく乱れたけれど、さすがの安定感。まだ9月なのにすごい完成度です。
前半のコレオ、ステップやスピンが繊細な輝きがあってすてきです。後半ジャンプ固め打ちでも、以前のようなあざとい感じがしない(笑)これだけ密度が濃くてもスピードもすごい。
プログラムは、テクニカルの確かさがベースにあって、そこにスケーティングの美、女性らしい美、芸術性など、メドの良さをどう見せるか練られているなあと思う。
ジャンプすごいのは昔からだけれども、勝ち続けている背後で、スケーティング、音楽性や表現の面で進化を遂げてきたのだなと実感します。
最後、ピアノのピロロ〜ンが、女王の余裕〜。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

チカラシバ

2017年09月26日


たち変り古き都となりぬれば道の芝草長く生ひにけり
田辺福麻呂 万葉集

(奈良遷都で)都が移り、すっかり荒れ果てた古都を嘆く歌。

青空に力強くそびえるチカラシバ(力芝)
せいぜい腰の下くらいですが、これくらい大きくなると、抜こうと思っても簡単には抜けない、ゆえに「力芝」というらしい。イネ科の野草はどれも頑丈ですけどね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ヤブツルアズキの実

2017年09月26日


ヤブツルアズキ(藪蔓小豆)の花は「耳」っぽいと思う。

2017091848.jpg

インゲンのような実もついています。よく似たノアズキはキヌサヤのような実で、実の時期になれば迷いません。
それにしてもインゲンそっくり、もっともさやは楊枝よりちょっと太いくらいで、実はお米くらい。
アズキの原種とも言われ、食べられるそうです。ネットを検索していたら、あんこにして食べた話もありました。ただ、この小さな実をタイミングよく集めて、あんこ作るのは至難かも。

2017091849.jpg

2017091847.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

マメアサガオ、ホシアサガオ、マルバルコウ

2017年09月25日
2017091809.jpg

あちこちにマメアサガオ(豆朝顔)が繁っています。
15mmくらいの朝顔を小さくしたような花をたくさんつけます。


見よ、この完璧な五角形。

2017091822.jpg
帰化植物、どこにでも絡み付き、かなりやっかいな雑草のポジションになってしまいました。

2017091816.jpg
たくさんのマメアサガオの中で、ホシアサガオ(星朝顔)も一輪だけ見つけました。
深い紫が美しい。

2017091842.jpg
少し離れた交通量の多い県道の舗道にマルバルコウ(丸葉縷紅)

マメアサガオ、ホシアサガオ、マルバルコウ、どれも帰化植物。
いずれも咲く時期が同じで、花の大きさも形もよく似ています。色違いといってもいいくらい。

2017091843.jpg
オレンジ色は草むらの中でも目立ちます。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ワレモコウ

2017年09月25日


ヨモギの茂みに埋もれるように咲いていたワレモコウ(吾亦紅)。
草むらから、頭一つひょろっと伸びている事が多いですが、周りのヨモギやセイタカアワダチソウも大きくなるので。
渋い緑の中とでえんじ色のワレモコウ、色合いが美しいですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

Autumn Classic International 2017 男子フリー・女子フリー まだ9月だから

2017年09月25日
ISU CS Autumn Classic International 2017
Montreal / CAN
20.09.2017 - 23.09.2017
リザルト

●女子フリー
凛ちゃん
よくなかったSPから、がんばりました。
美しく可憐なプログラムでした。おお〜PB。総合6位まで浮上です。

ツルちゃん
この白い髪飾りは微妙。白い手袋も必要なのか?看護婦さんっぽい。
雄大で美しいプロブラム。
後半に3S+3T、2A+3T+2T、ステップレベル4、スケーティングの評価もいいです。大健闘で総合3位。

まいちゃん
ガブリエルのオーボエ、彼女に似合うすてきなプログラムです。
3lz+3T、後半に3連続、3Lz+3T。フリップにeは残念ですが、TESはまずまず。スケーティングはとても美しくて良かったと思います。
ただ全体を通して見た時、音楽との親和性が求められるプログラムなので、その意味でまだ滑り込みが必要なのかな、初戦の慎重さ、緊張感なのかなとも感じられました。スピードとパワーも抑えめだったかな。
前半の静かな祈りのイメージ、後半は華やかに、特にステップではキラキラした天使が舞い降りてくるような、そんな華やかさがほしいと思うのです。
TESはちょっとづつ取りこぼしやマイナスがあり、GOEでケイトリンに差がついてしまったのは残念。
199点で2位、200点届かなかったのが残念ですが、初戦としてはまずまずです。

ケイトリン
ブラックスワン、メイクがそれっぽくていい。
このスピードとジャンプのスケールはすごいなあ。迫力です。
なんでもないところで転倒して、本人も観客もびっくり。でもこの転倒による緊張感がなぜかブラックスワンにぴったりはまって、逆に引き込まれたような気がする。
いいか悪いか極端なケイトリンが、危ない場面もありつつ大崩れしなくなったとしたら、本当に強い選手になったという意味ですね。
おお〜PB142点、217点でぶっちぎり優勝。

まいちゃんはケイトリンに、基礎点に大きな差がないところで、5点ほどの差がついたのは残念でした。PCSでも5点ほどの差。優勝できなかったとしてももう少しつめておきたかったですね。

●男子フリー
ダイス
道化師。冒頭4Sで転倒、とても丁寧で美しい滑り、ジャンプに集中するために構えが長くて、慎重さがちょっと気になるところ。ジャンプはまだ本調子ではなさそう。
衣装が変わって以前ほどダイスケっぽくはなくなったけれど、コレオはダイスケリスペクトだったなあ。

キーガン
チャップリンメドレー。キーガンをCSとはいえTVで見るのは何年ぶりだろう?うれしいです。
よく言えば個性的、いろいろな意味で偏った選手でしたが、国籍をカナダに移したあたりからスケーティングがスマートになってきました、チャップリン演じる選手になるとは思ってなかった(笑)
4T決まった!後半の4T+2T決まった。
ああ〜最後の方で気が緩んでしまうところは昔から同じ(笑)スピンはあいかわらずおもしろい。
ロックなコーチも元気そう。PB更新、そして総合3位!

羽生様
鬼門の3Lzで始まるところが、鬼門になってしまったのかも?
後半の4T+3T美、4T+1Lo+3Sは2T+1Lo+2Sに、4Tは2T、3Aでまさかの転倒、4Tは両足。スピンはさすがのクオリティ。
いや〜3Aの転倒といい、珍しいものを見た感じ。フリー5位(汗)
初戦なので気にしなくていい…と、普通の選手には言うところですが、ゆづに関しては、新たな経験とデータを肥やしにするだけなので(苦笑)なぐさめもいらないでしょう…マジで。
だいたいイカれた高難度構成なんですから、難しいのは織り込み済み。
大崩れしても、すごさしか感じない羽生様でした。お疲れ様、足も早く良くなりますように。

ハビ
ラ・マンチャの男。4T美、4Sは転倒、3Aは2A、後半に4S+3T。
ベストにはほど遠いエレメンツ、ステップはレベル2。
かっこよさ、ロマンチックな振付、手の一振り一振りにドラマがある。イナバウアー美しい。最後のボーカル入りにラテンの魂を感じます。
テクニカルは良くないですが、プログラムは最高、オリンピックシーズンにふさわしいと思いました。

ゆづとハビ、どっちもどっちの内容で、いくらか良かったハビが逆転優勝(汗)
ハイレベルな争いとはこういうこともあるのでしょう。天上界の争いでした。
そして…
ハビとゆづの表彰台にキーガンがいる!…家宝かも!


フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

萩の茂み

2017年09月24日
2017091818.jpg

萩が道路にせり出して…年々株が大きくなっているような気がする。
訪ねてきた知人は、市街地なら、見通しが悪いと近所から苦情がきそう…と言う。
たしかにねえ、田舎ならではですね(笑)

2017091812.jpg

猫は知らん顔。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

柚香菊

2017年09月24日


ユウガギクとヨモギで天然のアレンジメントのよう(笑)
ユウガギク(柚香菊)は、私の地方で最も多く見られる野菊です。

2017091841.jpg

一般的に野菊と呼ばれるキク科ヨメナの仲間は、特定が難しい。ネットで調べてみてもわからない事も多いです。
先日はこんなことがありました。
知人「ノコンギクですね」
私「…ユウガギクでは?」
知人「…え〜?」
私「野菊はよくわからないんです」
知人「…」
私「あとは自己判断で…」

2017091839.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

Autumn Classic International 2017 男子SP・女子SP まだ9月なんですが。

2017年09月24日
ISU CS Autumn Classic International 2017
Montreal / CAN
20.09.2017 - 23.09.2017
リザルト

●女子SP
凛ちゃん
ジャンプが残念でした。跳ぶまえにちょっとためらいがあったかな。
ハバネラ、これも有名曲ならでの難しさがありますね。ハバネラにしてはかわいらしい、柔らかすぎのように感じました。衣装はとてもすてきだけれどもプログラムにはどうか?
ただ、凛ちゃんは生で見るととても色っぽい女性なので、現地でならもっとしっくり見えるかな。
インタビューに悔しさがにじむ、調子がいい時こそこういうことがあるんですよね。

まいちゃん
リベルタンゴ、衣装もヘアメイクもいいですよ〜。
3Lz+3T、2A、3F、なめらかな重心の移動、エレメンツで途切れないなめらかなスケーティング、この華麗さを見よ。
完璧に見えたんですが、キスクラでも手応えある感じに見えたんですが、イマイチ伸びきらない66点。悔し〜。
もっとキツイメイクにしよう。

ケイトリン
華やか〜〜〜。いい時のケイトリン来た!
SP「パリの空の下」、新SPを止めて昨年プロ続行…賛成!新プロ暗いし。
すごいスピードから3F+3T、3Lz、2A、ジャンプはどれも完璧、スケールが大きいので決まるとインパクトが大きい。
スピードのあるスケーティング、スターオーラ。ダメな時はとことんダメなんですが(汗)、いい時のケイトリンはとにかく強い。今、絶対女王メドに違うアプローチできるとしら、ケイトリンかもと思う。
ひゃ〜75点!ぶっちぎり。

ケイトリンのトップは納得も、まいちゃんとこれほど差はないでしょう。

●男子SP
ナム君
体型の変化はだいぶ落ち着いてきたかな。でも、南米の珍しい鳥みたいなヘアはどうなの?回るとパイナップルに見えるんですが…。
「虹の彼方へ」のすごく変わったアレンジ、ダークファンタジーみたい、難しいよねこの曲調。
4S+3T、4T、3A、ジャンプノーミス、がんばりました!つなぎはもっとできそう。
少年の頃とがらっと印象が変わりましたね。

ハビ
チャップリンメドレー、4T+2T、4S、3A、ジャンプに関しては絶好調ではなさそうだけれど、今はこれくらいって感じでいいかも。スピン上手くなった気がする。カメラ寄りすぎてステップ見えない。
ドラマチックな表現、華があります。
衣装はシンプルだけど、白えりのボリューム、腰のライン、袖丈、パンツのグレー、とてもオシャレ。かっこよすぎてチャップリンにどうか?(笑)
あっさり101点。

ゆづ
ショパンのバラード、再び。
4S、後半に3A、4T+3T(両手上げ)…難度落とした構成とか言われてもね、他のスケーターぐれますから(汗)
馴染んできた曲でもあり、密度の濃い内容なのに全てに余裕がありました。エレメンツの前後の所作にも、タメやキレ、細やかな振付など、音楽表現に余裕があってすばらしい。
すでに磨き込まれた内容です。112点世界記録更新!…ひょえ〜!
インタビューでは、これまでの実績、コンディション、ピーキングなど、全ての経験を積み重ねてここに至っていることがわかります。賢い大人になりました。
欲をいえば、衣装はいろいろ試してほしい。フリーがクールなイメージだから、こっちは正統派王子とかで…嫁みたいのじゃなくて(ジョニー風はもう飽きた)

ダイス
スケーティングは良かったのですが、ジャンプがなかなか決まらない。

予想されていたとはいえ、ゆづがぶっちぎり。
今からそんなに飛ばさなくても…そんな日本選手多数(汗)

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

9月の水田

2017年09月23日


きのふこそ早苗とりしかいつのまに稲葉そよぎて秋風の吹く
詠み人知らず 古今和歌集

昨日田植えをしたくらいに思っていたけれど、いつの間にか稲に秋風が吹くような季節になっているではないか。
昔も今も季節の感覚は同じですね。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

イボクサ

2017年09月23日

水田で見つけたツユクサに似た小さな花、イボクサ。淡い紫を帯びた可憐な花です。
といっても、いわゆる水田にはびこる困った雑草です。

2017091805.jpg
「葉の汁をつけるとイボが取れるといわれてイボクサ」
初めて聞きますが、どうも迷信ではないかとのこと。

2017091807.jpg
水色の雄しべと紫の団子のような仮雄しべ、「仮雄しべ」ってどういうことなんでしょうか?ネットで調べてみてもよくわかりませんでした。

2017091806.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

Ondrej Nepela Trophy2017 男子SP・女子SP メド爆走中!

2017年09月22日
25th Ondrej Nepela Trophy
Bratislava
21-Sep-17 - 23-Sep-17
リザルト

●男子SP
男子総崩れ!ほとんどの選手が4回転決まらないという謎展開(汗)
SPはなかったことにしたいくらいじゃ(汗)

フェイ
男前!どんどんかっこ良くなってます。
4T<<、両足っぽかったですね。ジャンプ前の構えは長い方ではあるけれど、全体の流れは美しく、かっこ良かったです。67点はキビシイなあ。

刑事君
色っぽい!ハードボイルドの刑事君。
冒頭は3S。4S入れたいはずでしたが…。3F+3Tオッケー、3Aからの振りがかっこいい!
前半のスローな部分がすごく筋力使いそう、よろけてました。後半につれてどんどん動きは良くなりました。スピンも美しい、取りこぼしが少なくなってきて一安心。
スケーティングが良くてもクワドなしは、やはりこれくらいか75点。

コリャダ君
今季はとてもスマートな印象。
ジャンプ全滅…それ以外はとても良かった(汗)

ヴォロノフ
4T転倒も、もっともまとまっていたのはヴォロさんってことで。
男子SP1位は80.85点…メド様に勝った!(メド様80点)

●女子SP
レオノワが大人に見える。
ジャンも元気そう。
お姉さんスケーターがみんながんばっていてうれしい。

理華ちゃん
パーフェクト!迷いがない、腹くくった演技という気がしました。
理華ちゃんにこの曲ふさわしいと選んだ意味がよくわかる演技でした。パワフルでスケールの大きい演技。
こういう演技を続けていくとこでPCSや総合的な評価も上がると思うので、フリーもこの調子で!

ラジオノワ
ジャンプのミスはやはり体が大きくなったからかな。演技はとてもすてきだったと思います。

ダビン
お久しぶり!とてもエレガントになりましたね。ジャンプの難度をおとしているのでこれくらいか。

メド様
ロシアテストスケートから、本番衣装を身に着けるとさらに全てにグレードアップ!
全く休むことない美しい所作、スピード、スケーティングは昨シーズンよりレベルアップしている印象。
ジャンプは全て後半、密度の濃いつなぎから、タノなど、あらゆる加点を総ざらい!って感じか?そんな構成でも高い芸術性を維持しているのがすごい。参りました!

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

水引 すきま植物園

2017年09月22日


水引(みずひき)の細い花は、たいてい他の草花に埋もれてしまうので、よく見えないのですが、数年前に塗り替えたビルの壁面が、キャンバスか画用紙のようなアイボリーで、線状の花を引き立たせています。

2017091803.jpg

ここは古いビルが並ぶ仕事場の近く、ビルとビルすきまです。

2017091802.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

アメリカイヌホウズキ

2017年09月22日


花も全体の感じもピーマンを小さくしたような感じ。どちらもナス科。
アメリカイヌホオズキ(アメリカ犬酸漿)だと思いますが、イヌホオズキなど在来種と似ているのでイマイチ自信はないです。

2017091825.jpg

実は青いトマトみたいですが、トマトもナス科。
ちなみに熟すと黒くなり小さなナスのように見えます…ナス科ですからね(笑)

2017091824.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

USインターナショナルクラシック2017 男子・すみれペア

2017年09月21日
2017 U.S. International Figure Skating Classic
9/13/2017 - 9/17/2017 Salt Lake City, UT
Results

●男子SP
友野君
チゴイネルワイゼン、ぽろぽろ複数ミスしてしまうと順位はあっという間にキビシイことに(涙)
スケートは年々スイスイ滑るようになってます。頑張ってます。
気のせいか町田君に似てきた。

無良君
4Tはステップからただちにではなかった。3Aオッケー、あちゃーコンボにならず。靴の調整がという話も。
プログラムは本当にかっこいいと思います。うはは〜色っぽい。
衣装は曲調にあうけど、もう少しすっきりしたほうがいいかも。
PCSの評価がけっこう分かれていて、若手ならよくあるけれど、キャリアのあるスケーターでは珍しい。4番ジャッジは無良君の色気に完全悩殺されたと思われる(笑)

マックス
レミゼの中でも「Bring Him Home」…そうきたか!って感じ。
4Tお手つき、4S+3T、切々と歌い上げるボーカルで跳ぶクワド…そうきたか!って感じ。
後半は「One Day More」の大合唱。
ミスはありますが、勢いがあっていいです。なによりやる気満々のマックスが見られて幸せ!

フィルス
4T美、3A転倒、3Lz+3T。
人柄がわかるようなあたたかい気持ちになるプログラム。4Tは完璧でしたし、のびのび、すてきな演技でした。

ネイサン
コンペで使うには野心的なボーカル曲だ。でもかっこいいです。
3A、4F+2T、3Lz、4Fでバランスを崩してセカンドは2T。
4Fや4Lzにセカンド3Tが当たり前のようになってきましたからね(汗)

●男子フリー
友野君
きたよ、やんちゃ坊主の「ウェストサイドストーリー」
動きがいいです。所作がスマートになりました。
4Sは転倒、そのあとも危ないとこがたくさんありましたが、元気いっぱい。終始攻めの姿勢はよかったし、友野君らしい観客へアピールに会場が盛り上がりましたね!
悔しさと観客を引きつける喜びと…収穫の多い大会になりました。

無良君
「オペラ座の怪人」うーんジャンプが決まらない…。ジャンプに慎重になっているので、つなぎが薄くなってしまったかも。ここまでミスするとPCSもキビシイ。
深いエッジ、滑りは大人の重厚さがあってすてきでした。
シーズン序盤ですから、あまり気にしなくていいんです。

フィルス
「ラ・ラ・ランド」しっとりとにぎやかな曲が交互に来る王道の編集。
やわらかなスケーティングがここちい、弾けるとこのメリハリがもうちょっと欲しいかな。
ああでも、よく頑張りました!

マックス
フリー「オペラ座の怪人」無良君とかぶるのか…。選曲が王道で一安心。
4T+2T、4Sお手つき、後半に4T、3Aを2つ、3Lz+1Lo+3S。ジャンプもスケーティングも力技な感じがどうよと思いますが、PCSはけっこう出てます。
とはいうものも、そんなパワーみなぎるマックスは大好きなので、総合2位がとてもうれしい。まあこの結果で楽観はできないんですが(汗)
とにかく元気なマックスが見られてよかった!元気が一番!

ネイサン
なんか武士っぽいプロ来た!曲調変わって腕かゆいなぞ振付。和とモダンが入り交じったみたいな個性的なプログラム。ここに5クワドとか、どうハマっていくのか?滑り込みはこれからな感じでした。
4Lo、4Lz決まったし、今回の目標は十分達成したかも。
昨シーズンよりずっとオリンピック金メダルを狙うプログラムになっていると思う。
それにしても、男子はいったいどこまで?のトップ争いは銀河点か?

●ペア
すみれペア
SPは3ツイスト、3S転倒、スロー3S。ジャンプは残念でしたが、確実にレベルアップしている事がわかり胸が熱くなります。こんな清らかな演技を直太朗が見たらビビりそう(他意はない…なんとなく)
フリーでは、スロー3S決まった!まだ慎重な滑りでしたが、スピンやリフトもまずます。よくがんばりました。前半のスローな曲調がもう少しまとまってくれば引き締まるかな。

日本のメディアよ、日本のペアやダンスを、もっと取り上げて下さい。オリンピック団体戦もかかっているんですから!
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

彼岸花

2017年09月21日


道の辺のいちしの花のいちしろく人皆知りぬ我が恋妻は
柿本人麻呂 万葉集

道ばたに咲くいちしの花のように、隠していた恋人のことが知られてしまった。
「いちしの花」ははっきりしないものの彼岸花が最有力らしい。

2017091815.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

USインターナショナルクラシック2017・女子・ダンス

2017年09月20日
2017 U.S. International Figure Skating Classic
9/13/2017 - 9/17/2017 Salt Lake City, UT
Results

●女子SP
かおちゃん
SPは結局「月光」になったんですね。今回は動きが固かったなあ。ジャンプは3つとも後半。3Lo転倒。
テクニカルの面では、ミスはあったけれど出来てると思う。ただプログラム全体を見た時、ちょっとまじめすぎると言うか、もっと引きつけるオーラが出せるのになあ、そこが残念でした。

未来ちゃん
ショパンのノクターン、この曲未来ちゃんにどうかな?それより、元々ちょっとさみしい曲が、一段とわびしいアレンジになってるのが…。普通のパターン出よかったのでは?
SPから3Aを入れてくる所まで来た未来ちゃんです。回転不足ではないけれど着氷乱れて減点。3A入れても他のジャンプでミスをすると辛い。全体にジャンプメインのプログラムになっているのでよけいね。
やっぱり曲が寂しすぎるのでは?

カレン
ロクサーヌ(うな重ボーカル版)、スピード、動きが軽やかでかっこいい。コンボの<、3Loのお手つき…2ミスはちょっとまずい。2Aはすばらしく高くて良かった。
課題は、ロクサーヌはたくさんのスケーターが使っているので、カレンらしさをどう出すかってことかなあ。現時点で表現はあっさりめ。

真凜ちゃん
あらゆる意味で得意分野なプログラム「スマイル」。ツインテールが反則なかわいらしさ(笑)
3+3軽々、3Loは構えがなくていいですよね。
衣装を忘れてきてもなんのその、天才はアクシデントもプラスにする。新SPをこの大会後振付けするので、コンペで「スマイル」滑るのはこれが最後かも。
女子SPで70点以上が表彰台圏内と想定すると、ノーミスで66点ではまだ足りない。とても似合うプログラムではあるけれど、今季を戦うには難度の高いプロに変更する必要はありますね。
個人的にはPCSでカレンより下なのが?でした。

●女子フリー
かおちゃん
「アメリ」さっそく言いますが、衣装はだめです、形はシンプルですてきですが、もっときれいな色に変えましょう。
SPより動きは良かったと思う。後半はかなりバテてきた…きつそう、高地ですからねえ。
思うようにいかなかったようですが、シニアに上がってということもあるし。課題はいろいろあるけれど、伸び代もたくさんあるってことです。

未来ちゃん
「ミス・サイゴン」アオザイ風の衣装がとても似合う。
3A決まった!ミスはたくさんあるけれど、ちょっと大人っぽい未来ちゃんのミス・サイゴンすてきでした。

カレン
「カルメン」このカルメンはスピーディで新しいかも。
みんなミスがあるけど、高地のせいってことにしましょう(苦笑)

真凜ちゃん
「トゥーランドット」前半の冷酷な姫君がもっと悪魔みたいだと、愛の力で変わっていく感じがでるような。全体にかわいい、かわいすぎるのさ(笑)滑り込みはまだこれからだと思います
終えて倒れ込む真凜ちゃん。ミス大量出現の中で、ミスらしいミスは2Sのみ。高地でミスをこれくらいにとどめるってすごいな。
優勝おめでとう!

●アイスダンス
カナクリ
SD、すごくノって楽しい!良かったと思います。
FDは「ラスト・エンペラー」「戦場のメリークリスマス」坂本龍一の美しいメロディが、こんなにカナクリ似合うんだなあ!2人にしか出せない和の透明感みたいものがあって、とてもすてきでした。これをオリンピックで見たい!
あとはTESで取りこぼしがないように。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

真弓、9月の実

2017年09月20日
2017091107.jpg

小さなサイコロがたくさんついているうに見える真弓の実。
夏の地味な花、秋の初めのサイコロ状の実、落葉し熟して弾けた実…真弓は季節によってかなり違った姿になるところがおもしろい。
例年、虫食いで葉が無くなってしまうほどですが、今年は珍しく緑の葉が残っています。



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

秋の草花

2017年09月19日


秋の色は籬(まがき)にうとくなりゆけど手枕なるる閨(ねや)の月かげ
式子内親王 新古今和歌集

秋の深まりとともに庭の草花がだんだんと色あせていく。
寝屋の月影と慣れた手枕、式子内親王の寂しさが感じられます。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ミヤコグサ

2017年09月19日


出かけた先の道路沿いで咲いていたマメ科の花。
調べ見るとミヤコグサ(都草)、私の近所では見かけないのですが、全国各地にあるらしい。
よく似た花に帰化植物のセイヨウミヤコグサがありますが、そちらは花の数が多いなど、特徴が違っていて、私が見つけたのは在来種のミヤコグサのよう。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

Lombardia Trophy 2017・男子 ショーマが9月から飛ばしてる。

2017年09月17日
ISU CS Lombardia Trophy 2017
Bergamo / ITA
14.09.2017 - 17.09.2017
リザルト

●男子SP
リギーニさんの頭がヤマアラシかアリクイみたいになってる!

佐藤洸彬
ピーコック衣装がけっこう大胆。3A、4Tで転倒、コンボもダブル、なので得点は出ません。動きはよかったと思う。フリーは思い切って力を出し切れますように。

ラトデニ
スケーティングも表現も大人になりました。それにしても、登場の仕方からジャンプの飛び方、所作、首の傾け方まで、ますますランビに似てきた。

ケリー君
4T両手つきも4S+2T!
キスクラにリッキー!ギャンビルコーチのところで修行中なのかな?

ジェイソン
オリンピックシーズンにこんな楽しげなプログラムを持ってくるとは…ショーマと真逆でジェイソンらしい(笑)
4T転倒、3Aあぶなかった、ジャンプ2ミスだと得点はしょうがない。

ショーマ
緊張感あるコンペのSPにすごくハマるプログラム。
4Fややこらえ、後半に4T+3T、3A。高難度構成で、さらに昨年からジャンプの軌道が変わったり、前後の振付がどんどん複雑になったりで、PB更新も納得。
その上で、まだまだできそうとキッパリ言えるのがすごいところ(笑)特に最後のスピン、もっと威力がでますから。

●男子フリー
佐藤洸彬君、いろいろ残念だったけれど、がんば。
マヨロフ君が元気に現役でいてなんかうれしい。
マッテオ君は子どもっぽいと思っていたけれど、おしゃれな青年になってきたなあ。
ペトロフは昨シーズン、クワドが安定してきたと思ったのだが…ちょっと心配ですね。

ラトデニ
体格も大きくなって、男の色気みたいなものを感じました。ランビが乗り移ってるみたいな…すてきなんですが。
みんな大人になってきたなあ(親戚の子見てる気分)

ジェイソン
ジャンプの難度なんてまったく気になりませんね。美しくて見とれてました。曲も美しいし、

ショーマ
かけ離れてすごすぎて、ショーマ以外の感想が簡単になってしまいました(汗)
冒頭の4Loがちょっと危なくて、ループって感覚的な難しさあるなあと。ゆづもそうなんですが、この冒頭の感覚的な4Loが決まるか決まらないかで、ノリが変わってきそう。
まあでも、シーズン初戦だしね〜と見てると、ついこの間から練習はじめた4Sをあっさり決めて、一瞬3Sかと思いました(笑)
その後は全く危なげない、もちろん細かい取りこぼしやミスもあるのですが、大丈夫と確信めいたものが湧いてきます。後半にクワドが3つ(4F、4T+3T、4T)…そういう時代なんですよね。
リンクに入ると表情が一変、演技はドラマチックに、表現は華やかに、ステップが優雅でかっこいい。会場を支配する力もすごい。見るたびにバージョンアップしてるような気がする。
こうしてコンペで見ても、あの少年時代のトゥーランドットとは別物です。
得点はこれだけできれば、そうだろ!ってことですが、まだ9月だからね(笑)まだ伸びしろありそうだし。とにかくケガにだけは注意して…攻めよう!(笑)

●アイスダンス SD
深瀬理香子&立野在
在君のスケーティング好きです。
りかちゃんの笑顔が自然になってきてかわいい。

小松原美里&ティム・コレト
新婚!新婚!
もっと濃厚でもいいんですが新婚だし(笑)

ファブリ組(SD1位)
マルコ嬢のドレスがトルコキキョウみたい。
ぐいぐい来るスケーティング、男性のエスコート、女性の迫力、ああ〜やっぱり上は違うなあ。

●アイスダンス FD
深瀬理香子&立野在
すごく楽しいプログラム。いろいろたのしめました。りかちゃんに外向きのオーラが出てきたかな。リフトでパパッといかないのでハラハラするんですが、こういうとこも上位陣との差なんだろうな。がんばってほしいです。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

日曜美術館「ワイエスの描きたかったアメリカ」

2017年09月17日
Christinasworld.jpg
アンドリュー・ワイエス 「クリスティーナの世界」1948年
石膏ボードにテンペラ ニューヨーク近代美術館

日曜美術館「ワイエスの描きたかったアメリカ」
NHK Eテレ 10月10日(日)9:00〜
再放送 10月17日(日)20:00〜
今年生誕百年を迎え、注目を集めるアメリカの国民的画家、アンドリュー・ワイエス。力強く生きる移民の姿を描き続けた。今ワイエスの絵が問いかけるものとは。
建国以来およそ240年、世界中から多くの移民が渡ってきて活力を生み出してきた国、アメリカ。そうした移民の姿を描いたある画家に今注目が集まっている。アンドリュー・ワイエス。今年生誕100年を迎え、記念切手が発売され、記念展覧会では多くの人を集めている。かつて彼は「アメリカ人にアメリカとは何かを示したかった」と語った。言葉の裏に込められた意味とは?作品から読み解く。
【ゲスト】岐阜県現代陶芸美術館館長…高橋秀治,バイオリニスト…五嶋龍,【司会】井浦新,高橋美鈴


移民に厳しい政策を打ち出した現アメリカ大統領を絡めながら、ワイエスを見直す番組。
ワイエス含め、移民による革新や変化によって発展してきたのがアメリカなんですよね。
そうは言っても、ワイエスはどう考えても、描きたいものを描いてきただけ。彼は誰とでも仲良くなるタイプではなく、モデルも親交のあった人たちがほとんど、その彼にインスピレーションを与えてくれたモデルが、たまたま社会的弱者であったり、孤独な人が多かっただけだと思います。
イデオロギーや社会的な取り上げ方は後付け、もっともその生き方そのものがアメリカの歴史ですが。

代表作「クリスティーナの世界」は、どのような生き方にも尊厳がある、そう感じさせる作品です。
ワイエスは孤独や貧困に、同情でも共感でもなく、もっといえば協力もしないし、相手に踏み込むこともしない。相手を認める、ただそれだけ。
私が好きなワイエス作品はヘルガシリーズですが、やはりモデルとは、そんな距離感があります。むしろ距離をおいて見ることが大切だったのかもしれません。

人の気配だけを描くのもワイエスの手法という話に、ゲストのバイオリニスト五嶋龍君が、
「音楽もそのまま伝えるのではなく、音の無い部分に意味がある時がある」
「アーティストの役割は、聴く人(見る人)のクリエイティビティを生み出すことが究極」
と、それまで気楽そうしていたんですが(笑)とても深いところに突っ込んできて、さすがだなあと思いました。
私も心ひかれる芸術作品には、作品と対話、フィードバックしている感覚になるので。

また五嶋龍君は、SNSに慣れすぎて、短時間で判断しがちとして
「(ワイエスは)一瞬でわかるものではなく、裏になにかあるのではないかという。戸惑わせる」
考えてない天才肌にように思っていると、思慮深い五嶋龍君に高橋アナがなんかうっとりしてました(笑)


アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)

Lombardia Trophy 2017・女子 わかば様あっぱれ

2017年09月16日
ISU CS Lombardia Trophy 2017
Bergamo / ITA
14.09.2017 - 17.09.2017
リザルト

●女子SP
松田悠良
日本から天上界に住むスケーター派遣しました。
美しく品のいい水色の衣装。演技も美しいです。
おお〜すばらし〜パーフェクト!

テネル
いいじゃないですか〜。癖のないスケーティング、アメリカ選手らしい明るさ健康的な魅力です。
昨年気がかりだったのは、体が大きくなってませんようにってことなんですが、大丈夫そう…いやマジで(汗)

リーザ
健康的でかわいらしいお色気ムンムン〜。
コンボはとても高くきれいなジャンプに見えたんですが、セカンドでほぼ転倒。3Lzも転倒。ミスしたジャンプ以外はすごくよかった(汗)いや、まじでそう思う。
お色気なんだけど明るくて品よく、リーザにしかできないとてもいいプログラム。

わかばちゃん
動きがいい、元気はつらつ。どや!って感じの押しの強い表現、スピードとキレのいいスケーティング、これぞわかば様のスケーティング。最後のスピンまでパワフル。うは!74.26点PB更新。
得点も大事ですが、PCSでエミューちゃんにつぐ高い評価をもらえた事が収穫。

コストナー
シンプルな衣装がオトナ。うちのエミューちゃんも大人になりました。
このパワフルさとスピードがある限り強いなエミューちゃん。個人的にはそのパワフルさを、慟哭の表現に使って欲しい気がする。

ザギトワ
ザギトワも木から落ちる…
2Aでまさかの転倒。少し動きが固かったかも?
「白鳥の湖」はテストスケートでも気になってたんですが、冒頭一瞬ブラックスワンになるのかな?と思ったんですが、そうでもない。
71.29点!ノーミスだったらナンボやねんってくらいなんで、気にしなくていいよ(笑)

●女子フリー
テネル
ほぼノーミス、ジャンプが高い。シンデレラの時計だけど、ステップがちょっとナゾ振付。
セカンド3Tが2つ、ルッツとフリップの飛び分け、このテクニカルの内容だと国内の代表戦で争えそうな気がする。

リーザ
来たよタンゴ。既視感はあるもののリーザを楽しむプログラムでしょう。
ちょっと力はいりすぎた感じ、調子そのものは良さそう。
つなぎが手のくねくねだけでわりとあっさりなのが、トランジション低い理由か?
昨年までの、どうなっちゃうかな〜な不安感がない、うれしいです。

松田悠良
2A+3T+3Loってすごい。
PBを大幅更新!総合5位、強豪ひしめく中、上位争いをがんばりました!

わかば様
終始パワフル、スピード感が気持いいし、スケーティングそのものがしなやかでいい。強気な演技、独特の色気もありました。
冒頭の2Aは、3Aも想定しているらしい。土俵入りみたいなイーグルかっこいい〜。
3Fに「!」がついただけで、ほぼノーミス!
そしてPCSもらえてることがすごい収穫です。演技に引き込まれましたよね。
すごい得点来た!TESでザギトワに5点の差をつけられてフリー2位、総合2位。逆点されましたが、よく頑張りました。
昨年は故障もあったりで自信喪失、どこか萎縮してしまっていたけれど、今回見ると、そうこれがわかば様のスケーティングと思いました。

コストナー
エミューじゃなくて羊(笑)…「牧神の午後」
彼女のスケーティングにはまりますね。美しい、こういう美しい演技では彼女に敵いません。
ミスもありますが、ジャンプ構成は今回はこれくらいでということらしい。フリー5位ですが、PCS71点!総合で3位に残るのはさすが。

ザギトワ
やはり身体能力がすごい、よく動きます。くどいくらいの振付ですが、狙ったものでしょうが。
後半はちょっと疲れも見えるけれど、SPよりのびのびしてるように見えました。
3Lz+3Lo、2A+3T、3F+2T+2Lo、ジャンプは全て後半、スピン、ステップはオールレベル4、これくらいクリアしないとトップ争いに加われない現状~(汗)

わかばちゃんに優勝して欲しかったけれど、ザギトワはやっぱり強かったですね。
女子の構成もPCSもだんだんと頭打ち、あとは3Aか4回転を入れるくらいしか思いつかないですが、それだけではぜ〜んぜん!勝てない…と言ってよく、今の高難度構成にプラスしてノーミス!でないとアドバンテージになりません。…やれやれ(汗)

4回転ジャンプの得点の見直し(1点近く基礎点が下がる)が検討されているそうですが、PCSの採点方法も見直して欲しいですねえ。今のままだとおおざっぱ過ぎて、比較しにくし、根拠もイマイチわからない。
そう感じながらも、そのあいまいさ、理不尽さがフィギュアスケートかな?などと思ったりもしているのです(のらりくらり)

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »