FC2ブログ

まもなくジャパンオープン2017

2017年10月06日
CS大会もどんどん、JGPも後半、シーズンが始まると早いですねえ。
そしてJO、今年もそんな季節になりました。
GPSの開幕前の前哨戦…とまでは言えないけれど、GPS開幕前の景気づけ!…ってことで(笑)
イベント大会とはいえ、ISU公認大会、トップ選手の競技プロが見られるのはうれしいです。
私は、今季の観戦はブロック大会も12月の全日本も、今の所ほとんど行けそうにないので、今季の競技観戦はJOのみになりそうです。
CaOIではSPを滑ってくれることも多いので、そちらも楽しみです。とはいえ、ショーまで買ったのは、我らがダイスケの出演が決まったからで(笑)新プロらしいと聞き楽しみでなりません。…JOのゲストに出てくれてもいいんですが(笑)

見所はたくさんあります。
ロシア女子はすでに完成度の高い演技を見せているメド様ご降臨。そしてザギトワ、ロシア2トップ…というより、早くもオリンピック2トップかも?なんて話もあるくらいで。その2人をそろって見られる贅沢さよ。
2人のコーチであるエテリも来るだろうな。この関係性ってどうなんだろう?

北米グレイシーはコンディション不良で棄権、残念です。なんだか難しいことがいろいろあるようで、なんとか復活して欲しいと願っています。オリンピックに間に合わないとしてしても。
そして未来ちゃんのエントリー、ほぼ確実に3Aが見られるでしょう。楽しみです。

日本女子はまいちゃんと真凜ちゃん。混戦が予想されるオリンピック2枠の争いを占うものになるでしょうか?気が早いでしょうか?
真凜ちゃんの人気は半端ない感じですねえ。あのアイドル性は放ってはおかないか〜(笑)
まいちゃんのフリーはとてもすてきなんですが、オータムクラシックではちょっと物足りない表現。そこはコレオのウィルソンにも指摘されていたようで、ブラッシュアップ後のフリーに期待です。

男子はネイサン、ハビ、ショーマ、現時点でトップを争っている6人のうち3人がエントリー。今からガツガツしなくていいと思うものの、こういう大会で守る必要はないのでマックスの構成が見られるといいなあ。
3人ともフリーはハマりプロです。そしてスケーティングの良さも売りです。
ハビの大人の色気や華、ショーマのドラマチックなスケーティング、基本のスケーティングが美しいネイサン。
ジャンプ構成や順位も気になりますが、そこは決めるもの決めないと得点上がらないってことだけで。ハビは今から全力疾走は考えにくいでしょう。
それよりPCSの出方、特にSSでこの3人にどんなジャッジがされるのか、それが今季あとあとまで影響しそうな気がします。

現役が右往左往してる中で、織田君がさらっと4回転決めるってのも楽しみ。織田君については、引退してからのスケーティングの方が…現役時代の緊張感から開放され、余裕があっていいなと思います。
トマシュの棄権でビチェンコさん!やっぱユーロ銀メダリストの称号は大きい、良かったです。
ここにアボちゃんも加わり、スケーターがタイプいろいろ揃っておもしろくなりそうです。

織田信成氏が公式戦からの引退を表明 4回転2本で最後の“合戦”に挑む!

CaOIはネーベルホルンでオリンピック枠をもぎ取ったカナクリ、成美&嶺君ペア。
ボジェ君たちはJOと2プロ、競技プロみたいなあ。
そしてJOと言えば町田君!…となりつつある今日この頃(笑)

真凜ちゃんSP曲
 The Giving - Michael W. Smith
すてきな曲ですね。ショーで披露…たぶん。わ〜い!

会場では話題のガチャとか…混みそう!(汗)買うとしたらショーの前後かな。
------------------------------------------------------------------------------
国際スケート連盟公認大会
木下グループカップ フィギュアスケート ジャパンオープン2017
3地域対抗戦

Japan Open 2017 ISU
2017年10月7日(土)開場11時30分 試合開始12時30分
さいたまスーパーアリーナ
<日本> 三原舞依、本田真凜、宇野昌磨、織田信成
<北米> カレン・チェン、長洲未来、ネイサン・チェン、ジェレミー・アボット
<欧州> エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ、ハビエル・フェルナンデス、アレクセイ・ビシェンコ
<ゲスト> 町田樹、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ

放送予定
テレビ東京 2017年10月7日(土) 夜6:30 - 7:00
BSジャパン 2017年10月15日(日) 夜6:30 - 8:54
------------------------------------------------------------------------------
木下グループpresents カーニバル・オン・アイス2017
2017年10月7日(土)開場17時30分 開演18時30分

三原舞依、本田真凜、宇野昌磨、織田信成、
カレン・チェン、長洲未来、ネイサン・チェン、ジェレミー・アボット 、エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ、ハビエル・フェルナンデス、アレクセイ・ビシェンコ 、鈴木明子、高橋大輔、町田樹、村上佳菜子、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ 、村元哉中&クリス・リード、高橋成美&柴田嶺

放送予定
テレビ東京系列 6局ネット 2017年10月9日(月・祝) 昼12:00 - 2:00
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

コムラサキ

2017年10月06日
2017100117.jpg

散歩の途中、びっしりと実をつけたコムラサキ(小紫)をみつけました。
我家にもありますが、この実の量はすごい。
ムラサキシキブ(紫式部)とひとくくりにされることも多いですが、ムラサキシキブはコムラサキより木が大きくなり、実が少なくパラッとしています。
風情があるのはムラサキシキブ、庭木として華やかなのはコムラサキでしょう。

この種類の木は、枝の先の方に虫がつきやすく、せっかくきれいに伸びた枝先が、虫食いだらけになってしまうこと。気候にもよるのですが。

2017100118.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

オトコエシ

2017年10月06日
2017100119.jpg

オトコエシ(男郎花)
普通にきれいな花ですが、オミナエシ(女郎花)に比べると、この花なんだっけ?という地味な存在かも。
女郎花に対して男郎花、ということなんですが、イマイチ適当な由来しかないらしい。

オミナエシとオトコエシ

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

秋草

2017年10月05日


丈夫な黄花コスモスもラベンダーセージもそろそろ終わりです。
日中は暖かいですが、朝晩は冷え込みます。
秋冬に衣替えしてもよさそう。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ヤクシソウ

2017年10月05日
2017100103.jpg

道ばたで見つけたニガナやノゲシに似た花、ヤクシソウ(薬師草)
花が終わったあと垂れるのが特徴。肌寒くなる頃でも黄色い花をたくさんつけていたので目につきました。
ありがたい薬草のような名前だが、薬草としては利用はされてないらしい。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

2017年の「中秋の名月」は10月4日

2017年10月04日
2017100128.jpg

秋風にたなびく雲のたえ間よりもれいづる月の影のさやけさ
左京太夫顕輔

秋の夜の月に心のあくがれて雲ゐにものを思ふころかな
花山院

荒れはてて月もとまらぬ我が宿に秋の木の葉を風ぞふきける
平兼盛

月見れば千々にものこそ悲しけれわが身一つの秋にはあらねど 
大江千里

朝晩冷えるこの頃、秋の深まりを感じます。
今日は「中秋の名月」。我が地方は曇り、月は見えるでしょうか。

中秋の名月は満月とは限らない 国立天文台


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ゲンノショウコの若い実

2017年10月04日
2017091844.jpg

ゲンノショウコは、花もいいけれど、実もおもしろい。
今の時期はロウソク立てた燭台ののような実と花が両方見られます。



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

Nebelhorn Trophy 2017 カナクリおめでとう!

2017年10月04日
Nebelhorn Trophy 2017
Oberstdorf / GER
27.09.2017 - 30.09.2017
リザルト

●ペア
すみれ&オデ君
SP「さくら」で3ツイスト美、これが決まると印象が全然違いますね。ミスはあってもまずまずの内容。衣装はそろそろ変えて欲しい、特にすみれちゃんにこの衣装はどうか?
フリーは冒頭の3ツイストがこれまた美しくて、これはPBも?…と期待。ところが、ソロジャンプのミスは想定内としても、うーんリフトが…。ほとんどミスのないリフトで、ここでミスするとは…ここからメンタルが立て直せなかった感じです。
呆然と演技を終え、涙ぐむすみれちゃん。ここまでの困難や努力を思うと切なくなります。
重圧なんて感じる必要もないのですが、あとちょっとで枠がという…無意識のうちに様々な影響があったのでしょうか。
3ツイストのマスター、コンビネーションジャンプの投入、スケーティングの強化、この1年でもすばらしい進化をして、もっとずっといい演技ができたはず。
ただ、思うような演技ができなかったとしても、やはりこれが今の日本の実力かなとも思います。同じグループで演技した全米3位のペアを見ただけでも、実力差を感じます。
すみれちゃんたちがいなければ、日本のオリンピック出場はさらに遠いものになっていたわけで。日本のペア、どんどんがんばってほしいです。
会場で偶然、演技後のすみれちゃんに会った方のツイートには、まだがんばると話していたそうなので、大丈夫でしょう。

北朝鮮ペア
フリー、うまくてびっくり!(笑)どんな練習環境なんでしょうか。
スピード、二人の距離感が近い。ジャンプやリフト、スケーティングにキレがありました。オリンピック枠獲得です。

サフマソ
SP、フラメンコっぽい曲、アリオナにしては男女っぽい雰囲気が新鮮、でもやっぱりかっこよさが出てくるか(笑)ツイストの天井届きそうな高さ、3Aはすごい距離跳んで転倒。
自由自在なアリオナを支えられるのはマッソのパワーだからこそ。改めてすごい組み合わせ。
最初のポーズ、アリオナの鍛えられた背中から羽が生えてくるのかと思ったぜ!
3ツイスト高い!スロー3Aは今回もすごいスケールで跳んで転倒…大丈夫なんだろうかと(汗)決まったエレメンツは加点モリモリ、マッソの片手で持ち上げるリフトすごいな。
その後もポロポロミスがあるんですが、とてもすてきなプログラムで見入りまいsた。
最初の方の腕の柔らかい動きなど、印象的な振付がいっぱい、独創的でかつ美しいのです。

タラモロ
フリー、タラソワはミツバチか?
4ツイスト決まった!高難度構成、密度の濃いつなぎなど、すごいと思うものの、ワチャワチャした音楽とせわしなさ、オリンピックシーズンこれでいいのかな?と思う。彼らは当然金メダル候補の一組で、パーフェクトなら高得点を出せる実力はあるのですが、なんかこう…ちょっと個性的な脇役のプログラムのような感じがして。

●アイスダンス
カナクリ
SPではカナちゃんのこっち見てオーラが倍増、クリスの男っぽさと明るいお色気もいいです。
パワフルでキレのある演技でとても良かった。PB更新。
フリーは坂本龍一メドレー、テーマは「桜」だとか。
ツイズル美しい、エレメンツ良かったと思う。とにかく美しいプログラム、スローパートはエレガントに、二人の緩やかな指先の動きもぴったりでうっとりします。カナちゃんが日本女性にしかない儚さ、たおやかな美しさがあってすばらしい。後半の戦メリのあたりからパワーが、どんどん吸引力が増して…すばらしい!感動しました!
坂本龍一に見て欲しい〜〜〜。
PB更新で堂々の2位、オリンピック枠を勝ち取りました。おめでとう。

クームス&バックランド
独創的で濃密な演技の中にエレメンツがなじんでいて、引き込まれます。さすがだなと思う。リフトの入りと出もおもしろい。復活おめでとう。

●男子
ヨリク
体ががっしりした印象。
SP、3Aは構えが長いけれど、きれいに決まりました。ノーミス、加点もたくさん、クワドなしでここまでできればいいんじゃない。体の使い方にバネがるような感じ。よく動いてます。
フリー、アランフェス似合うと思う。ステップの音の取り方が個性的。予定構成はクリア?ジャンプの入りが慎重でちょっと気になる所ではあるけれど、スピンもステップもすばらしい。とてもいい演技でした。
終えて涙、優勝おめでとう!
欲をいえば、ヨリクの良さは生かされているけれど、SP、フリーで振付が似た感じ、もっとがらっと変えても。

アレクサンダー・ジョンソン
SP、おおーショーマが使ってたやつ。彼もクワドなしでクリアな演技。かっこいい〜、難しいポジションでの体の使い方、スケーティングは本当にすてきです。
フリー、アランフェス、ヨリクとかぶってるのか〜。こっちもすてきです。ミスが続いてフリーは6位、ヨリクとPCSで差をつけられていいますが、同じくらいでは?というか、このクラスだとパーフェクトでないとPCSが出ないからなあ。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2017 第5戦 クロアチア ランビのいるキスクラ

2017年10月03日
ISU JGP Croatia Cup 2017
Zagreb / CRO
27.09.2017 - 30.09.2017
リザルト
YouTube ISU Junior Grand Prix 

●男子
クラスノウジョン
SPはパーフェクト、すっかり安定感増した感じです。
ジュニアのSPは、単独ジャンプがルッツ、クワドなしなのでいずれも似た構成、まずはミスをしない順からなんですよね。
フリー冒頭4Loは、かなり慎重に入ってだめそうだったんですが転倒まではいかなくて良かった。フリーはミスがが多かったけれど、なんとかまとめきり、総合1位、ファイナル確定。

イグナトフ
王子風〜あまりロシアっぽくない、17歳。
SPは甘みボーカルが似合う。やや緊張か?
フリー、姿勢がとても美しい白シャツがよりいっそう王子。4Tをきれいに着氷。
癖のないスケーティング、美しいピアノ曲がいまいちとらえどころがなくて、難しいかも。でも自信があるのかもしれません。3Lzでお手つきした以外ノーミス。
GPS初挑戦で219点3位はすばらしい。

須本君
SP、3Aが安定したかも。危ない所もあったけれど、落ち着いたいい演技です。
フリー、ファイナルがかかっています。ちょっとジャンプに力が入りすぎたか?動きが固くスピードがない。稼ぎどこの3Aは2つともステップアウト、後半はよく頑張りました。
総合4位はファイナルどうかな?

高志郎君
リンクサイドにランビだ〜、今季からコーチはランビです!
見る度に頭がちっちゃくなってる高志郎君…体の方がが大きくなってるだけです(笑)それにしても足長いぜ!16歳、うわもう170cm、あの笑顔で悩殺のちっこい坊ちゃんが!
SP、全体の流れはとても良かったと思う。ステップの見せ方が大人になりました。今は2Aまでですから64点はまずまずか。
キスクラにランビ。
フリー、つなぎにドラマが見える大人のプログラム。すてきです。高志郎君のこれからの方向が見えて来た感じ。健闘の総合5位、200点も見えてきました。
あとは体型の変化に気をつけながら、ケガにも注意してジャンプの難度を上げていく事ができれば。
リンクサイドでランビとハグ!

ジョゼフ・ファン
SP、衣装が昭和だが懐メロみたいな曲だからいいか(笑)スケーティングがいいです。着氷の足元がキレイ、コレオはジェフ、なるほど。
フリー、ゴッドファーザー…やはり懐かし路線で(笑)ゴッドファーザーって感じはしないけど、ジェフの振付がスマートすぎるかも。
4Tは転倒、そのあとはまずまず。200点越えで総合2位、がんばりました。

●女子
サモドロワ
SPは中東っぽいエキゾチックプログラム、楽しい〜。コンボで間にターンが入ってしまいました。それでも62点のロシア女子。
フリーはリベルタンゴ、こっちはやや聞き飽きた選曲。コンボは全て後半、稼ぎ方知ってます。しっかりしたスケーティングはソトニコワぽいかな。

タラカノワ
SPはパーフェクト、強い!
フリー、冒頭の3Lzで痛そうな転倒、これがその後に影響したのか。ジャンプで次々とミス。どこか傷めたのかな、着氷でふんばりがきかない感じ。このレベルの選手は皆休むスキのないプログラムなので大変です。
フリー6位でも総合3位にとどまり、ファイナルはいけそう。

まこちゃん
かわいい〜、SPは臆することなくのびのびと、安定した演技でした。
フリー、冒頭の3Lz危なかった。危ない所がいくつかありも、しっかりまとめました。2大会見て、蝶々夫人は前半と後半で違う滑り、雰囲気を出せるともっと魅力的になりそう。
総合2位、ファイナルいけるといいなあ。

松岡さん
SP、ジャンプ2ミスは痛い、出おくれてしまいました。
フリーもジャンプの調子はイマイチか?おとなしめのスケーティングだったし。しかしスピンはすばらしい。
------------------------------------------------------------------------------------
ISU Junior Grand Prix of Figure Skating 2017/18
ISU JGP Brisbane 2017 リザルト
ISU JGP Cup of Austria 2017 リザルト
ISU JGP Riga Cup 2017 リザルト
ISU JGP Riga Cup 2017 リザルト
ISU JGP Minsk Arena Cup 2017 リザルト
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)

ナツハゼの実でジャムを作ってみた

2017年10月03日


我家のナツハゼ、今年は例年以上に実をつけました。
食べられる事は知っていましたが、たまたまネットでナツハゼのジャムの作り方が載っていたので、作ってみることに。

2017092308.jpg
房状に実がつくので収穫しやすい、なんと1キロ(笑)
生で食べると、酸っぱく少し渋みがあります。小粒で固いブルーベリーのような感じ。

2017092309.jpg
ジャム作りは特に変わったことをするわけでもなく、砂糖で煮るだけですが、酸味が強いので砂糖は多め、アクはたくさん出ました。
ブルーベリーに比べると水分が少ない、ヘラでかき混ぜながらあっという間に煮上がります。固いかなと思った皮は、煮てしまうとブルーベリーくらいの食感なので、裏ごしするほどではなさそう。
冷めてから気がついたのですが、ペクチンがたくさん含まれているらしく、ねっとり固まります。黒っぽいですが薄くのばすと鮮やかな赤紫色。目にいいアントシアニンはブルーベリー以上らしい。

市販されている一般的なジャムに比べると渋み酸味はあります。ハスカップやスグリの酸味に近いかな?あとは好みですね。私は酸味がある方が好きなのでOK。
我家にはブルーベリーもあるのですが、日当りがイマイチのせいか、実はそれほど多くありません。
庭木のナツハゼ1kgの方がずっと収穫が多いという(笑)

あなたは「ナツハゼ」をご存知でしょうか?(長野県)


野の食卓・スローライフ | Comments(0) | Trackback(0)

コシオガマ

2017年10月03日
2017100101.jpg

たまに見かけるこの花をようやく調べるとコシオガマ(小塩竈)、ママコナなどと同じハマウツボ科。
うまく撮れないのがちょっと残念ですが、きれいな花です。



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

コスモスが咲く頃

2017年10月02日


吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風を嵐というらむ  
文屋康秀 小倉百人一首(22)

山風が吹くと秋の草木が萎れてしまう、それで山風を「嵐」と書くのだろう。

風にゆれるコスモス。
コスモスが咲く頃は台風の季節、強い風が吹く事も多いですね。
倒れても倒れても復活するのがコスモスのすごい所。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

オオイヌタデ

2017年10月01日
2017091833.jpg

すっと伸びた美しいオオイヌタデがありました。

2017091836.jpg

イヌタデより大きいのがオオイイヌタデ。
ここはりんご畑、肥沃な土地のせいか、よりいっそう大型に育っているようにも感じられます。

2017091835.jpg

青空に映えて美しい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

りんごの若木

2017年10月01日


りんごの若木に2つの実。
ヨモギやイヌタデ、セイタカアワダチソウなど、草が生い茂り、イマイチやる気が見えないりんご畑。
それとも生やし放題にする農法が主の方針なのかもしれない。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME |