FC2ブログ

GPF2017名古屋 男子SP ほぼ予想の展開

2017年12月07日
リザルト
GPF2017(名古屋)
グランプリファイナル名古屋 テレビ朝日

名古屋開催なのに、テレ朝の放送がクソだった(汗)

ジェイソン
きてくれてありがとー!
個性的で楽しいプログラム。今日も楽しい〜。
3A、3F+3Tはセカンドでよろけ、オーバーターン。後半3Lz。
バレエジャンプは美しく、スピン、ステップもすばらしい。ノーミスならSBでたかな、ちょっともったいない。

アダム
モデルみたいなスターオーラがありますよ。
コンボOK、3AOK、得意な3Lzがちょっと危うい、タノじゃなかったし、調子イマイチなのかな。スピンかっこいい。仰け反りながらガッツポーズ。
自信に満ちた表現、かっこ良かった。

ヴォロノフ
衣装が…ねえ(汗)
4T+3T、軸が傾いてもセカンドで3Tつけてくるところに、今季の強さを感じます。
3Aはとても高くて良かったのですが、上がりすぎたかよろける。
ジャンプはどれもベストの出来ではないけれど、大きなマイナスにならないところでまとめました。スケーティングやスピンが良くなっていることも大きいですね。

コリャダ
4Lzはいい感じに見えましたが着氷で転倒、4T+3Tオッケー、3A美。
スケーティングがすてきです。全体に流れる品格、つなぎの所作は今季大会ごとに洗練されていくよう、体も絞っていてラインも美しくなってます。
99点はまずまず、完璧なら軽く100点超えそう。

ショーマ
4F完璧!キレのいいスケーティングが気持ちいい。後半4T+3T完璧。
3Aまでは、どんな高得点がと期待しましたが、着氷直後に転倒、ああ〜もったいない。けれど何事もなかったように直後に完璧なスピン。スケーティングも音楽表現もすばらしく、転倒だけがもったいなくて。
演技後は余裕の苦笑い。
…見てるこちらも苦笑いしかない。実況も織田君もなんだか明るくて、美穂子先生はいつものように明るくて…それが今のショーマですね。伸び盛りで未来は明るい、そんな雰囲気に包まれてました。
転倒ありでも101点はさすが。
転倒とタイムオーバーで減点2…もったいない。

ネイサン
4Lzこらえ+3T、4Fこらえ、3Aオッケー。ステップの独自なスタイル、自在なスケーティング、疾走感がかっこ良くて見とれる。
4Lzはベストではないけれど、3Tつけられるってやっぱすごい。今のトップ選手はみんなそんな感じなんですよね。
103点でもちろんトップ。

トップ3は差がないも同然。3人ともミスありましたが、すてきなスケーティングでした。特にコリャダ君の進化が印象に。
明日のフリーも楽しみです。



フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

山の道

2017年12月07日
2017113009.jpg

尋ぬべき道こそなけれ人しれず心は慣れて行きかへれども
式子内親王 

あの人を訪ねる道はない。誰にも知られず、心だけは通い慣れているけれど。
思いが通じるすべがないことを道に例えて。

散策していると、見知らぬ山道を見つけました。
どこに通じるのか、どこかに通じているのだろうけれど。


散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

木いちごの紅葉

2017年12月07日
2017113005.jpg

散歩していると、オレンジ色の葉っぱを見つけました。
形から木いちごかな?明るい日差しのせいでしょう、とても鮮やか。ここに木いちごがあるとは、夏の緑の中では気がつきませんでした。

2017113003.jpg
近くにはスイカズラの黒い実

2017113010.jpg
これは葉っぱからサルトリイバラかな?と調べてみると、サルトリイバラの実は赤い。さらに調べると、シオデのよう。


こちらは我家のブルーベリー。
実の付きはイマイチですが、毎年紅葉がきれいです。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPF2017名古屋 勝手に予想

2017年12月06日
ISU Grand Prix of Figure Skating Final® 2017/18
Aichi / Nagoya, Japan
07.12.2017 – 10.12.2017
リザルト
GPF2017(名古屋)
グランプリファイナル名古屋 テレビ朝日

あっという間にシーズン半ば、オリンピックまで2ヶ月という、わけもなく焦る今日この頃(汗)
さてGPF2017は名古屋、シニア男女はライブかほぼライブ?で見られそうでうれしいです。あとは仕事を終わらせるだけ!そこがネックだったりして…がんばれ自分。
ファイナルのいいところは、ずばり、ビリでも6位、守らないでいろいろ試しがききそう。
--------------------------------------------------------------------
●男子
Nathan CHEN
Shoma UNO
Mikhail KOLYADA
Sergei VORONOV
Adam RIPPON
Jason BROWN

ゆづ、パトちゃん、ハビ、ボーヤンのいないファイナル。有力4人がいないとは…始まってみないとわからないものです。みんなお大事に。

というわけで、誰が勝っても初優勝!
優勝争いは普通に考えるとショーマとネイサン。調子が良ければコリャダ君が割って入るかも。

ショーマは、バリバリ地元で時差の心配がない、6人の中で最も安定した結果を残してきています。気がかりがあるとすれば、期待とプレッシャー。このへんのメンタルコントロールがカギになりそう。そういうことも経験ってことでヨロシク。

ネイサンもミスの少ない演技をすれば高得点が見込めます。守る理由はなさそうですが、ピークは全米とオリンピックでもいいかも。そのぶんリラックスできるかも?マックスで攻めるどうかが気になりますね。

ショーマとネイサンはテクニカルにミスが多少あってもなお高く、SSなどPCSの評価も高い。この2人で頂上決戦と予想。高難度のジャンプ構成は、毎回違ってたりするので、その辺も見所。ある意味高難度リカバリーも見所。
3〜6位は、その時のでき次第でなんとでも変わりそう。表彰台もあれば最下位ある、そんな選手たち。

TESでショーマとネイサンに近づけるのはコリャダ君。
4Lzの成功がカギ、ここが決まれば波に乗れるし、決まらないとなんとなく締まらない演技になりそう。アレレな事もこれまであるので、表彰台!と強く言えないんだよね(汗)
とにかく4Lz決めて、ミスの少ない演技で結果待つ感じです。

まさかのアメリカ男子3人エントリー。全米前哨戦の様相です。
アダムとジェイソン。
この2人の場合、クワドの成否も大きいけれど、クワド失敗があっても、リスクを最小限に抑え、自分の持ち味である美しいスケーティングやリリカルな表現などを十分に発揮できること。ただクワドのパンクだけは避けたい。

アメ男子3人もびっくりだけど、ファイナルにロシア2もびっくり…すまぬ(汗)
今季のヴォロノフは4Tの安定がすばらしいですよね。加点のつくクワド決めるとプロラムの印象が違います。そして表現にも余裕がみられ、見応えがあります。
といってもミスを重ねると後退してしまう選手なので、ノーミス、クリアな演技がんばれ。

予想順位
ショーマ、ネイサン、アダム、コリャダ、ジェイソン、ヴォロノフ

コリャダ君がノーミスなら文句なく表彰台と思うものの、ぽろぽろやらかすことも多いので〜(汗)
ぶっちゃけ誰が6位か?ってとこが難しい(汗)
--------------------------------------------------------------------
●女子
Alina ZAGITOVA
Kaetlyn OSMOND
Carolina KOSTNER
Maria SOTSKOVA
Wakaba HIGUCHI
Satoko MIYAHARA

メドの棄権は残念ですが、さっとんのファイナルを素直に喜びたい。
今回の順位予想は難しい、PBはソツコワ208点以外、216〜218とほぼ同じです。それぞれ持ち味も違うし、競技としてはとてもおもしろい大会になりそう。

ザギトワが鉄壁の高難度構成で優勝に近いかなと思います。シニアの大会で経験を積む度、テクニカルの完成度を増し(同じミスは犯さない)、表現面での成長を感じます。
ただし、ノーミスならケイトリンが上にきてもおかしくないと思います。ケイトリンの大人の表現力、スケールの大きなスケーティングはインパクト大。ただしミスも多いし、波もあるので最下位もありうる(汗)…ノーミスなら優勝候補筆頭ってことで…かいかぶりかなあ?

エミューちゃん(コストナー)もどの位置にくるか予想がつかないです。
ジャンプ構成は他の選手より下ですが、実際に目にすると、その圧倒的な存在感に「さすが〜!」と感じます。最近は大崩れする事もないので、期待できそう。

ソツコワ、わかばちゃん、さっとんは上り調子、勢いもあります。まだまだ伸び代があり、PB、SBを更新しておかしくないです。
わかばちゃんの演技には、元気をもらいました。
さっとんの演技には、勇気をもらいました。
日本的には、どっちが上か、表彰台に入るか?気になりますね。

予想順位
ザギトワ、ケイトリン、さっとん、わかばちゃん、エミューちゃん、ソツコワ

う〜ん、ぜんぜん自信ない。
ザギトワが表彰台のがすとは思えないってことくらい。
--------------------------------------------------------------------
●ペア
Wenjing SUI / Cong HAN
Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV
Aljona SAVCHENKO / Bruno MASSOT
Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD
Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV
Xiaoyu YU / Hao ZHANG

うは〜ゴージャス!!(喜)オリンピック来ちゃった(笑)
優勝候補はスイハン、タラモロ、サフマソ、ラドフォード組かな?
4ツイスト、スロークワド、スロー3Aこの高難度エレメンツを入れるかどうか、調子しだい、成功するかどうかで大きく変わります。
ぶっちゃけ、難度を押さえてパーフェクトなだけでもかなり強いわけですが、みんな守らない、攻めてますからね(笑)

ミスが少なそうなのはスイハンとタラモロ。
タラモロはプログラムがちょっとね(汗)
サフマソは3A次第(入れるかどうかも含めて)
ラドフォード組マックス構成でノーミスなら優勝に限りなく近い。

ストクリは波があるので…パーフェクトならもちろん表彰台ですが、ノーミスとなると微妙。この強豪の中では些細なミスも大きな差になります。
ユージャンもここまで上り詰めてきました。立派です。PCSでもう少し伸びればねえ。SPの王道「白鳥の湖」はすてきです。

予想順位
スイハン、ラドフォード組、サフマソ、タラモロ、ストクリ、ユージャン

…かなり適当!(笑)
スイハンの表彰台は濃厚。
--------------------------------------------------------------------
●アイスダンス
Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON
Tessa VIRTUE / Scott MOIR
Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI
Madison CHOCK / Evan BATES
Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE
Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE

うは〜ゴージャス!!(喜)オリンピック来ちゃった(笑)2回目。
優勝は同門のテッサたちとパパシゼの争い。それしか考えられない(汗)高いレベルで僅差になりそうです。
テッサたちのSDの迫力、パパシゼのFDのすごさ、たのしみです。

表彰台は安定感のある渋谷家かなあ。
女豹マジソンとハブル姉ちゃんの、強い女対決も見所!
アンナちゃんたちもいいんだど、どこに入るか迷います。

予想順位
パパシゼ、テッサたち、渋谷家、女豹マジソン、ハブル姉ちゃん、アンナちゃん

1、2の入れ替えあり。
う〜ん、3位以下はわからないですね。マジソンたちより、ハブル姉ちゃんのとこの方がミスしちゃうかもなあ。でもミスしたらすぐ6位かもなあ(汗)
--------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2017/18
スタンディング 男子 女子 ペア アイスダンス
第1戦 ISU GP Rostelecom Cup 2017 リザルト
第2戦 ISU GP Skate Canada International 2017 リザルト
第3戦 ISU GP Audi Cup of China 2017 リザルト
第4戦 ISU GP NHK Trophy 2017 リザルト
第5戦 ISU GP Internationaux de France 2017 リザルト
第6戦 ISU GP Skate America リザルト
ファイナル ISU Junior & Senior Grand Prix of Figure Skating Final
 Nagoya / JPN 07.12.2017 - 10.12.2017
--------------------------------------------------------------------
World Standings 
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
--------------------------------------------------------------------
Seasons World Ranking 2016/17
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

残菊の頃

2017年12月05日


淡いピンクだった菊は、霜が降りて赤みを帯びてきました。
この季節の菊を残菊(のこりぎく・ざんぎく)、色が変わっていくことを「移菊(うつろいぎく)」。
残菊というにはもったいない、今は太陽の下で鮮やかです。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

移菊の頃

2017年12月05日
2017120302.jpg

朝な朝な起きつゝ見れば白菊の霜にぞいたく移ろひにける
後拾遺和歌集

霜が降り、庭の白い小菊がどんどん色を変えていきます。
移菊の季節です。


11月下旬、少しずつ色がつき始め…

2017120304.jpg
12月初めはかなり濃い色に。花はだいぶ萎れてきました。
元が白い菊には見えませんね。

2017120303.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

水田の模様

2017年12月04日


稲を刈り取ったあとの水田。
暖かい日があったり、何かの条件が揃うと、こんなふうに緑の草に覆われて、不思議な模様になります。

2017112607.jpg

こちらは夏の暴風雨でぐにゃりと曲がってしまったビニールハウス。うねったパイプが生き物の骨格のよう。
自然の力はすごいです。


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

山茶花の香り

2017年12月03日


山茶花がほのかに香ることを忘れないで下さい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

柿たわわ

2017年12月02日
2017112605.jpg

里古りて 柿の木持たぬ 家もなし
松尾芭蕉

隣る家も その隣る家も 柿たわわ
高浜虚子

古い民家や集落には、たいてい柿の木があり、そのほとんどは干し柿用か渋抜きをして食べる渋柿です。
今ごろの季節になると、たわわに実った柿が目立ちます。今年は特に大豊作。我家の甘柿も大豊作でした。
昔は食べるものが限られ、冬場の干し柿はビタミンやミネラルを補う大切な食べ物でした。私の両親も、おやつは干し柿くらいしかなかったと言っていました。

今では干し柿を作る人もいなくなり、どこもほったらかし。干し柿作りは懐かしい思い出の再現だったり、趣味の領域ですね。
なりっぱなしの柿は、冬は野鳥の餌になるくらい。毎年毎年、もったいないなあと感じますが、私も作ってまで食べたいとは思わないので、結局そのままなのです。



日記 | Comments(0) | Trackback(0)

冬の柿

2017年12月02日


渋柿の 取り残されし 冬木哉 
木村鷺助

青空に朱色の柿が鮮やかな配色。
田舎では珍しくもない風景ですが、晩秋のトレッキングなどに出かけると、遠方の都会から来ている方なのか、珍しいものを見つけたように、熱心に写真を撮っていました。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

せんだんの実

2017年12月01日
2017112609.jpg

葉が落ちて初めて実の存在に気がつくことが多いのですが、せんだん(栴檀)の実もそうですね。
緑の実が鈴なり、なんか楽しい(笑)
実は冬を越す頃には色あせ、白っぽいセピア色になります。



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2017 スケート・アメリカ 女子 さっとん優勝とファイナルの行方

2017年12月01日
リザルト

●女子SP
テネル
こう言ってはなんですが、ワタクシ以前からいいと思ってました。(ほんとだってば!)
のびのび、北米らしい明るく爽やか、カラッとした空気が似合いそう。タイプは違いますが、グレイシーが登場した時を思い出します。
3Lz+3T他、クリーンに決めたことが大きいのですが、ファイナルとかオリンピック代表とか、もろもろプレッシャーと無縁の楽しさよ〜。

ツル様
独特の憂いに引き込まれます。
何も問題なさそうに見えましたが、3Loで転倒、2Aでバランスを崩すという、2ミスは厳しい。
ツル様には一抹の不安があったので、想定内ではあるのですが。
63点か…70点以上狙っていたはずなんで。

レオノワ
もう27歳か(すまぬ)マダムのランジェリー的な衣装でチャチャチャ。
ごめん、あまり好きになれないプログラム。
ほぼノーミスでも63点、もうちょっと欲しかったよね。

サハノビッチ
目の覚めるようなブルーの衣装。
ちっちゃい少女も大人っぽくなりました。スケーティングに存在感を増したような気がする。
リンクサイドでプルさんに抱きつける特典付き!…でもコーチに抱きつけるならランビがいいなとちょっと思う(笑)
66点、嬉しそう!

かおちゃん
ジャンプはすべて後半、3F+3T、3Lo、2A、うわ〜パーフェクト。ジャンプの正確さは折り紙付き、そしてスケーティングも良かった、流れがいいんですよね。全くブレがないですねえ。
スピンで一つレベル落としただけ。PB69点!

カレン
プログラムをムーランルージュから昨シーズンSPに戻したんですね。ムーランはかぶっちゃうし、いいんじゃないかな。個性的でカレンに似合うし。
ジャンプさえ決まれば…。

アシュリー
豪華な鯉のぼり衣装でチンチン!
ゴージャス!…あれちょっとジャンプが…と思ったら、やはり回転不足。
身のこなしなんかはさすがなんですが。

デールマン
ホセもエスカミーリョもぶっ飛ばしそうなカルメン。
3T+3Tは今日もスペシャル。こんなに強そうなのに、3Lzでステップアウト。うーん、実力拮抗してる選手が多いのでミスは痛い。それでも68点。

さっとん
たたずまいは美しいですよねえ。
ひとひらの桜の花びらという風情。
3Lz+3Tこらえ、スピンの軸が細くてきれい、腕や指先の演技がすばらしく雄弁。3Lo。ステップは大きく、拍子木の音のとらえ方、和の表現がすてきです。2Aもきれいに入りました。
表現に強さが増し、見るたびにどんどん良くなっていて、さっとんすごいです。
キスクラにはでかいパイナップルが(笑)
出た70点!すげ〜。

●女子フリー
レオノワ
インド音楽。もう少し派手な衣装でも良さそう。
良かったとらえ方思うけれど、上位選手のスケーティングすごすぎて、それに比べるとバタバタ感が…。

ツル様
何度見てもすてきなブラックドレス。
半分この世にいないような「忘れえぬ女」みたいな。独特の浮遊感のあるスケーティング。テクニカルすごくても表現に溶け込んでいて、エテリチームらしい仕上がりです。
すてきだったと思いますが、得点がイマイチ伸びない。

カレン
フリーも昨シーズンの曲に戻したんですね。
勢いはあるものの、コントロールできない感じに。スパイラルは最高。
全米がんばれ。

テネル
「シンデレラ」ディズニー似合う!
ジャンプが気持ち良く決まっていきます。
会場大盛り上がり!すばらしかったけれど、ツル様より上なのか〜そうかな〜。
全米がんばれ!

アシュリー
ゴージャスなドレス。
前半滑ったところでまさかの棄権。足に炎症があるらしい。
あ〜あんてことだ。
とにかく全米がんばれ!

サハノビッチ
ビトンに「どてら」があるのか?プルさんのファッションが気になって(汗)
よくがんばりました。

かおちゃん
衣装、すてきなデザインだけど、色が気になるんだよね。
全くぶれません、ジャンプも流れのあるスケーティングも。あちこちの不思議ちゃんな振付もしっくりはまります。後半のジャンプも完璧。ここまでの完成度とはびっくり。
かおちゃんすごいです!すごすぎて中園コーチの血圧を心配するくらい(笑)
ブラボー!PB141点、総合210点で総合2位!うはっ!

デールマン
「グラディエーター」この曲を使う女子は女戦士デールマンしかない(笑)かっこいいです。
3T+3Tが戦士にぴったり大迫力。前半は完璧でしたが、後半で失速、崩れてしまいました。故障の影響でしょうか。

さっとん
NHK杯よりパワーアップした「蝶々夫人」
これまでたくさん演じられてきた「蝶々夫人」、最初はどうかなと思いましたが、これまでのどれとも違う強さと華やかさのあるプログラムになりました。
定評のあるスケーティングに、復帰後は表現がバシバシ伝わるようになって、なんかすごいぜ、さっとん。
PBに近い143点!うわ〜優勝です!
ファイナルは第1補欠に。まだまだ伸びしろありそう。

GPS、ロシアも女子に押されっぱなしでしたが、なんと1、2を日本女子。おめでとうございます。
そして全日本がんばれ!
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME |