FC2ブログ

アケボノソウ

2018年09月30日
2018091665.jpg

アケボノソウ(曙草)をみつけました。
ずっと見たかった花なのでうれしい。黒いのはアリです。
急いでいたのでこんな写真しか撮れてないのがちと残念。

名前が素敵すぎる(笑)
白い花びらの点を明け方の星に見立て、曙草
形、模様、見れば見るほど美しい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

秋のツルアジサイ

2018年09月30日


アジサイの仲間は、花(厳密には装飾花)が散らず、だんだんと色あせていく。
ツルアジサイの花もきれいに残っていました。
秋のクリアな日差しのせいか、花にも負けない美しさです。

2018091664.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2018 第4戦 カナダ大会 ロシア女子の勢い止らず

2018年09月29日
ISU Junior Grand Prix of Figure Skating
12 Sep - 15 Sep, 2018 Vancouver, BC /CAN
RESULTS
YouTube ISU Junior Grand Prix

●女子SP
青木さん
「エデンの東」
成長期の体型の変化や故障が落ち着いただろうか。まだ16歳ですが、なんとなく耐え忍ぶ風情なのが気になる。
コンボが3Lz+1Lo、今の現役ではどうしたって厳しい順位になってしまう。スケートはとてもいい、もう少しスピードがほしい。

トゥ・ジフン
韓国の15歳、大胆なスケーティングがマンボに合うかも。ちょっと荒っぽいけど。
おお〜60点超え。

住吉さん
またしても「エデンの東」
とてもピュアな雰囲気がいいですね。癖のないスケーティング、手足の使い方が美しい。コンボの転倒がなければ、上位にからめそう。

ユ・ヨン 
韓国の14歳、韓国続々デビュー。
真央のタンゴ衣装に似てるなあ。
こちらも60点越え、ミスはあるもジフンより上でもいいかな。

タラカノワ
コーチはプルさんって、印籠持ってみるみたいな気分?(笑)154 cm14歳。
ロシア女子らしいフットワークとキレ、さすがです。スケートが多彩ですよね。
コンボが3Lz+2T、惜しい、ここが3Tならねえ!

シュルバコワ
できるのはわかっている、ミスなんてしないのも知ってるし(笑)
…と思ってたら、セカンド3Loで転倒したのでびっくり、マジで。しかし密度の高い内容をよどみなく、お見事です。
転倒しても65点、すごいな。
--------------------------------------------------------
●女子フリー
青木さん
すばらしい3Lz+3Lo〜、迫力ありました。こんなすばらしいコンボが跳べる選手なんですよね。その後はミスが続いてしまいました。ジャンプが決まらないとなんとも。あとはやっぱりスピードかな。

住吉さん
「ブラック・スワン」…だから〜15歳なんだし、普通のスワンレイクでいいんじゃないの〜〜。
3F+3Lo、後半3F+3T<、3S+2T+2Lo、高難度の構成を大きなミスなくやりとげました、スピン、ステップも加点のとれる内容、えらい!これからどんどんいけそう。
表彰台です!おめでとう!
ブラック・スワンのダークな表現はまだまだかな…だから普通のスワンレイクで…

ユ・ヨン
はつらつ、いい出だしでしたが、3Lzで転倒、これが結果に大きく影響したかな。最後まで丁寧に演技できてることはとても大事。
ファイナルはなさそうですが、まだまだこれからの選手ですからね。

シュルバコワ
冒頭4Lzは転倒…それがどうかしたから?的な流れ(笑)
ジャンプがヨイショってところもあるけれど、密な振付隙なくそつなくこなしていく。強いです。
文句なく優勝、ファイナル決めました。

タラカノワ
コーチはプルさん、「月光」から変なアレンジ〜、後半はうるさいぞ!
ジャンプは危ないところもありましたが、ほぼノーミスのすばらしい演技。
それでもシュルバコワのTESには遠い。
--------------------------------------------------------
●男子SP
鍵山優真君
うおー鍵山正和さんの息子さんですね。
元気いっぱい、SSの制服みたいだが許す!
3A美、3F、3Lz+3T!すばらしい〜。
下半身がすごく安定していて氷に吸い付くよう、15歳にしてスムーズなスケーティング、安心して見てられます。

セナ君
今日もイケメンのセナ君です。
3Aは転倒、そのあと動きが…全体としてそう悪くないんだけれど、このパーカーションのプログラムだと、キビキビ、キレのある動きがもう少し欲しいかな。

グメニク
「チャルダッシュ」変なアレンジ。
3A高さがありましたが転倒、そのあとはまとめましたが、慎重になりすぎたかな。
正統派王子のたたずまい、スケーティングなのにこんな変なアレンジにしなくていいのにな。

樋渡知樹
もう18歳か、ジュニアの中では大人びて見えます。
とても良かっただけに3Aの乱れが惜しい。ステップのフットワークがいいなあ。
お〜SP1位発進。
--------------------------------------------------------
●男子フリー
セナ君
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲
ちょっとおもしろいジャケット風衣装。
4S<転倒、ここが決まれば波にのれたかな、クリーンなジャンプ少なくてちょっと残念。
品のある演技はすてきです。

アダム・シャオ・ヒム・ファ
4T+3T決まった!…なんと言ってもコーチがジュベール。
後半の4Tは転倒。ジャンプが高い。軸がぶれそうになるけど着氷できてしまう…なんと言ってもコーチがジュベール。
加点はイマイチですが、とてもいいパフォーマンス…なんと言ってもコーチがジュベール。
フリー3位、大健闘。

ゴゴレフ
カナダの選手、コーチはオーサー。
4Lz転倒、4Tなんとか、4S転倒、3Aは両手つきで大きく減点、3A+3T…13歳の構成じゃない(笑)
ディダクション3、高難度構成以前にやることがありそうですが、これが彼の方向性ならいいのか。
スケーティングそのものはいいなと思います。

グメニク
ロミジュリ、がんばれ!思わず応援したくなる、純でひたむきなロミオ。
今できることを精一杯やりました。すてきでした。
大技はないもののしっかりまとめてフリー1位、なんとSP4位から逆転優勝。

鍵山君
「龍馬伝」
ながれるようなスケーティング、スムーズなジャンプの入りと流れが美しい。特にフリーレッグがきれい。
ミスもあったし、まだジュニアの滑りではあるけれど、とても気持ちのいい演技でした。
表彰台は叶わなかったけれど、今後に期待したいです。

樋渡君
ライニキー「神々の運命」
4T<+3T、ナイスチャレンジ、細かいミスが重なって得点が伸びませんでした。やはり積重ねなんですよね得点は。
よくがんばりました。次がんばりましょう。
Read more "JGP2018 第4戦 カナダ大会 ロシア女子の勢い止らず"
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

梨園のバラ園のダリア園

2018年09月29日
2018090509.jpg

バラを見に来た福島市の佐藤梨園のローズガーデンには、ダリア園もあります。以前からダリアはありましたが、今年からダリア園として本腰を入れているらしい。
ですから「梨園のバラ園のダリア園」…なのです(笑)

2018090507.jpg
青空にダリア、元気をもらえるような明るさに満ちていました。

2018090504.jpg

2018090528.jpg
ダリアは丈夫ですが、花の重みで倒れやすいので、きれいに咲かせるには、支柱やネットが必須です。
佐藤梨園では、バラ園作っても、ダリア園作っても、まだまだ土地は広い。
広いのはいいけれど、とにかく手入れや管理が…想像すると気が遠くなる(汗)

2018090530.jpg
燃え盛る釜のよう、大輪です。

2018090508.jpg

2018090510.jpg
色や形、大小様々、ダリアは本当に種類が多いですね。

2018090529.jpg

花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

佐藤梨園ローズガーデン 2018秋

2018年09月29日
2018090522.jpg

毎週末天気がよくない9月でしたが、思いがけずすっきり晴れた日、いい感じかも…と、秋のバラ園にやってきました。(9月17日撮影)
ここは福島市の梨園のローズガーデン、オープンガーデンとして、バラ園としてすっかり有名になりました。

2018090502.jpg

秋バラもピークは過ぎ、花の時期はにぎやかなバラ園も静かです。
のんびり散策すると、花数は少ないですが、秋晴れにバラが映えてきれいでした。

2018090524.jpg

2018090520.jpg

2018090512.jpg
秋のバラは、深みのある色合いで、夏のバラと違った魅力がありますね。

2018090505.jpg
ピンクのバラに新緑…ではなく、新赤?とでもいうのか、全体の色合いがとてもきれい。

2018090514.jpg

2018090515.jpg
斑入り、大輪で華やか。

2018090518.jpg
こちらも大輪。

2018090517.jpg
青い実をたくさんつけたツルバラ、これはこれで木としてきれいです。

2018090521.jpg
赤い実は、まさに秋。

2018090519.jpg
このバラは繊細で透明感のある美しさ、ほんの少し尖った花びらが個性的です。

2018090527.jpg

2018090523.jpg

2018090525.jpg
無数にあるアーチやフェンス、手入れが大変そうです。

2018090516.jpg
ブラッドオレンジのよう。

2018090526.jpg
ピンクとオレンジが混じったような、インパクトのあるバラ。

2018090503.jpg
ここは本来は梨園、収穫した梨も販売しています。
入場料代わりに、梨(秋月)を買って帰りました。

2018090513.jpg

2018090511.jpg
次に訪れるとしたら、来年の初夏ですね。

花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

エゾオヤマリンドウ

2018年09月28日
2018091618.jpg

秋の花、リンドウの咲く秋になりました。
そうはいっても、大型のリンドウは我が地方の里山にはなく、スキー場があるくらいの亜高山の標高までいかないとみつかりません。

2018091623.jpg

このリンドウはてっぺんに花がまとまってつき、東北地方であることからエゾオヤマリンドウ(蝦夷御山竜胆)だと思います。
つぼみは大きく膨らんでも、開いたところはあまり見たことがありません。
日当りがいい場所で、わずかに開いたかな?というくらい。そのうちに霜がおり、花は赤茶けたり、色あせて終わります。
色あせたリンドウも秋らしい色合いですが。

2018091620.jpg

草丈は40cmくらいになりますが、スキー場の斜面では夏に草刈り、リンドウもこんなに低い。
それでも花をしっかり咲かせる、意外とタフな高山植物です。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

りうたんの花

2018年09月28日
2018091631.jpg

りうたんの花の色こそさきそむれ なべての秋はあさぢふのすゑ
藤原定家

野にリンドウが咲き始めてこそ秋…といったところだろうか。

りうたん、りんだう、りうたむ、りうたう、りむたう
和歌で詠まれるこれらは全てリンドウ、漢字の「竜胆(りゅうたん)」の読みが訛っていったらしい。
りうたん…外国語のような、エキゾチックな響きがありますね。

2018091619.jpg

生薬の「竜胆(りゅうたん)」はトウリンドウの根、リンドウは漢方なんですね。
消炎、解毒、健胃薬…ちなみにすごく苦いらしい(汗)

リュウタン:新常用和漢薬集/公益社団法人東京生薬協会


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

オンドレイネペラメモリアル2018 紀平さん3A決めて完全優勝

2018年09月28日
Ondrej Nepela Trophy 2018
Bratislava
20.09.2018 - 22.09.2018 Ondrej Nepela Ice Rink
リザルト

●女子SP
凛ちゃん
ちょっと動きが重かったかな、転倒もあり残念な結果。

ツルちゃん
「月光」すばらしい、ノーミス!
体の軽さが長所でもあり、身体表現では短所になりがちのツルちゃんですが、腕の使い方などエレガントな所作が印象的、大人の女性らしくなった。
今季から、ジュニア時代に指導を受けていたエテリに戻りました。わりと珍しい例?だなと思いましたが、ロシア生まれのツルちゃんがカザフ代表になることで、ロシアでの指導が難しくなり国外へ(オーサー)。ここに来て国籍に関わらず指導を受けられるようになったということらしい。それにしても、エテリ→オーサー→エテリってすごい。

コンスタンチノワ
う〜ん動画の前半は音がなくてよくわからない。
スピード感あっていい感じ、ちょっとコントロールが甘く大味になってしまったかな。
最後、ステップの後の激しい振付がおもしろい。

紀平さん
「月の光」
冒頭3Aは軸が大きく傾いて転倒。確率がいいと聞いていたのですが残念。
しかしここからが今季の紀平さんの勝負。彼女の良さは3Aだけではないのです。他のジャンプ、スピン、ステップはレベル4で加点もたっぷり、エレメンツとつなぎもスムーズに流れここちいい。スケーティング、PCSでも評価されたこともうれしいです。転倒ありも70点で首位。

ツルスカヤ
エテリ卒業しても大人の色気は変わらず。でも以前のゾクゾクする美しさは薄れたかなあ。
ジャンプのミスが響きSP5位。
------------------------------------------------------------------------------
●女子フリー
凛ちゃん
エクソジェネシス、しっとり感は彼女に似合うけれど、ちょっと有名選手のそれを思い出してしまうと、アラが見えてしまうような。まずはノーミスに近い内容で見たい。

コンスタンチノワ
持ち越しのアンナ・カレーニナ。
すてきなんですが、もう少しインパクトが。ますはノーミスでないとロシアじゃ辛い(汗)

ツルちゃん
ツルちゃんもピアソラか〜。
後半に盛り上がりも見せるのではなく、最初から飛ばす。後半ちょっと乱れが多くなってしまった。
セカンド3Tが2本入る攻めのプログラム、あちこち引かれてます。
タンゴとしてはまだ足りない物があるような。

紀平さん
ジェニファー・トーマス  「A Beautiful Storm」、美しく、時に激しくこのフリーはとても好きです。
3A+3T美、3A美、うわ〜2つとも決まった〜〜〜!
ジャンプやエレメンツが突出するのではなく、プログラムの流れの中にあるところがすばらしい。3Aは冒頭ですが、まず演技入り込んでから流れにのって跳ぶんですよね。
最後の3Sはちょっと油断したか。
完全優勝おめでとう!まだまだ行けそうな紀平さんです。
------------------------------------------------------------------------------
●男子SP
コリャダ君
ランビ振付ですが、驚くほどランビっぽくない。変衣装は意外と好きかも(笑)
4Lzではなく、4T+3T。
私が愛してやまないスタイリッシュなスケーティングは、いい時に比べるとまだ荒っぽいところはあるけれど、今の時期ここまで出ていれば申し分ない。トップ選手としての格の違いを見せました。
96.82か、100点欲しかったね〜。

刑事君
演技はすてきでしたが、4Sが決まらないとキビシイ、2Sではノーカン(汗)
他はすばらしかったな、加点も付いていただけに残念。
プログラム後半の完成度はかっこいいの一言。

サマリン
渋い選曲、ハードボイルドなかっこよさが似合う、いいと思います。
ジャンプは残念。

ヴォロノフ
ロマンチックな曲で演技するヴォロノフにも見慣れてきた。
4Tは良かったけれど、コンボと3Aがちょっと。姿勢が前のめりなのが気になる。
でも熱い思いが伝わってくる演技には好感。
------------------------------------------------------------------------------
●男子フリー
コリャダ
「カルメン」衣装的にも振付的にもエスカミーリョ。つうか時々闘牛になる1人2役。変なアレンジがなくてよかった(笑)
4T+3TOK、3Lzはいずれ4Lzか?ちょっとあっさり目ではあるけれど、キレのあるスケーティングは本当にすてきです。
王道なプログラムは、最後までキレを維持することがポイントですね。
かっこいい闘牛士を極めてほしい。コリャダ君ならできる。

サマリン
得点は伸びないけれど、勢いはありました。ジャンプのクオリティがもう少し欲しい。
後半曲調変わり、ステップ、スピンにキレがあり、なにより元気良くて良かった。思えばいつも後半伸び伸びタイプ。

クヴィテラシビリ
ミュージカル『ロックオペラ モーツァルト』より。なかなかいいプログラム、知的な雰囲気のモリス君によく似合う。
4Tを2本後半に持ってくる構成、それだけ自信あるということだと思う。ミスはいろいろあるけれど。最後はスタミナ勝負か。

ヴォロノフ
動画だと、胸にアルミホイルついてるみたいに見えるぜ!
4T、4Lo転倒、ミスはあってもジャンプに高さと勢いあります。大人のやんちゃみたいなおもしろさがある。
スピンはレベル4、こういうところの積み重ねが大事、他の選手のミスに助けられたとこもありますが総合2位、おめでとう。

刑事君
「ウィリアム・テル」刑事君にクラシックは意外なほど(すまん)よく似合う。
4Sは3Sに、4Tは3T…にしたのかな?
ジャンプに苦戦するも、演技はとてもすてきでした。後半の序曲は激しく、メリハリもあっていいプログラム。PCSはコリャダ君には遠いですが2位の評価です。
まずは表彰台おめでとう。
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

オータムクラシック2018 変貌する選手たちに大注目!

2018年09月27日
2018 Autumn Classic International
Oakville, Ontario, Canada 20/09/2018 - 22/09/2018
リザルト

●女子SP
マエちゃん
久々にいい演技。彼女の持ち味であるパワー、そしてエモーショナルな滑り。キスクラもいい笑顔で良かった。

松田さん
水玉の衣装がかわいい…けど、ちょっと惜しい。首回りのデザインかな。とてもエレガントな女性なので、ポップな衣装でも品が悪くならないんだよね。
ジャンプのミスもあり得点が伸びない、つなぎのところで転倒ももったいない。全てもっとできるはずなんですが、残念。

わかばちゃん
右足を痛めているとか、ジャンプもスケートも慎重で、見てる方もそこが気になってしまいますね。
ソフィー・タッカー「エネルギア」はすごくおもしろいプログラム、そして難しくもある。へたするとBGMになってしまう。ワールドメダリストとしてチャレンジな感じがうれしい。モノにすれば…もちろんできるはずなんですが、今回はまだまだ。次ぎ頑張ろ。

スターちゃん
かわいいなあ、衣装もすてきなサマータイム。
ジャンプすべてでマイナスが残念。すべてにおいて、もっとガツンとくるポテンシャルあると思うのだけれど。

テネル嬢
かっこいいプログラム。
3Lz+3Lo、3F<。まだ未完成でも、上位にふさわしい構成、そしてスケーティングに格が備わってきました。

メド
ナタリー・コール「Orange Colored Sky」
プログラムも衣装、ヘアメイクもがらっと変えて、それでこそ思う。とても新鮮。
3Lz!、2A乱れ、3F+3T。ルッツ入れてきたところに彼女の意気込みが感じられます。
もっと楽しく、ノリよくやってほしいですが、初戦としてはまずまず。

競技に直接関係はないけれど、メドを見れば、これまでのいきさつなどいろいろ考えてしまいますね。まさかカナダでオーサーにつくとは。
エテリコーチについては、悪役キャラか?(笑)な扱いをしたくなりますが、本人同士でないとホントのところはわかりません。ただ、エテリは小さな子どもから育てることにかけてはすご腕だけれども、大人のスケーター(たとえばコストナー選手のような)を育てる気はなそう、少なくとも二の次かも。
エテリなくして今のメドはたぶんない(多くの選手にとっても)。そしてメドはスケーターとしてもっと長く続けたい、いろいろやってみたいということでしょう。
日本には「卒業」という都合のいい言葉があります。祝・エテリ学校卒業。
次から次に現れては消える(といっても過言ではナイ)ロシア女子、ロシアで息の長いトップスケーターがいなくなってどれほどか…!などと考えてしまう(汗)メドベージェワ選手の健闘を祈ります。
--------------------------------------------------------------
●女子フリー
松田さん
エレガントな彼女にぴったりの美しいプログラム。
ちょっと動きが重いところもあったかな。コンボは2つしか入らなかった、回転不足もあちこち。
でもきれいだった〜。

わかばちゃん
四季、変更したばかりでまだまだこれからのプログラム。足を治してがんばってほしい。

テネル嬢
ロミジュリ、プロコフィエフ版+ニノロータ版+ディカプリオの映画版という三種混合ロミジュリ、こういうのはあまり好きじゃないけどね(汗)。
3Lz+3Lo、後半に3Lz+3T+2T、3F<+2Tという構成、パーフェクトならかなりいけそう。
純真なジュリエットかと想像すると、意外と扇情的、活動的。
キレのある動きが気持ちいいけど、ロミオ死んでも生き残りそう(笑)
おお〜フリー1位で逆転優勝。
全米はテネルの時代になるのか〜。

メド
ピアソラ、女優じゃないメドだ。
ロシアテストスケートからいい感じにきてると思う。
ダンサーとして、体のラインをどう見せるかみたいなところがポイントだろうか?これまでのつなぎとまったく違うので、ジャンプも跳びにくいのか、構えが気になります。新たな課題はいろいろありそうですが、ここからどう変わっていくかが見所、伸び代があるともいえます。楽しみです。
今の未完成、今季の停滞があったとしても、全然気にする必要はないです。あとは、故障にだけは気をつけて。

マエちゃん
かっけ〜〜〜。
あっちこっち引かれてますが、ジャンプ高いし、躍動感があってよかった。後半スピードアップするともっといい。あとつなぎがちょっと薄いかな。
--------------------------------------------------------------
●男子SP
ケビン
現役続けてくれてありがとー、でも、その頭どうした?
ファイナルファンタジーIV。ちょっと選曲が渋くない?のりにくい前半から、後半はケルト風。
ジャンプが3つとも足りない感じで、得点は伸びません。
それにしてもこの曲でいいのか?

ジェイソン
髪が短くなって、衣装もタイト、オーサーのところに行って、雰囲気がだいぶ変わりましたねえ。
だいぶ絞ったのかな?動きが繊細になったかな。バレージャンプにほれぼれ。
新しいジェイソン、いいんじゃないでしょうか。

サドフスキー
すごくしっとりの「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」
4S+2T、4T、ミスはしたものの、こういう構成でくるわけか。
しっとりしすぎな曲で大丈夫かなと思えば、しなやかな動きがとてもきれいで、その中にも力強さがあってすてきです。体つきも筋肉付いて変わった?

ジュンファン
男子でシンデレラは珍しい?
4S決まった!動きがいいですねえ。
やっぱり彼は王子だなと思う。衣装は黒じゃないほうがいいと思うけど。

羽生様
「秋によせて」この衣装、甘いけれど甘すぎず、ゴージャスでいいと思う。
4S美、3Aスペシャル、4Tこらえ、スピンが美しい。
スケーティングが華麗です。スピンが1つノーカンなんですか?決まってたら100点越えですね。
そんなことあってもさすがでございます、羽生様(笑)
--------------------------------------------------------------
●男子フリー
エイモズ
「In This Shirt 」
私が知ってるエイモズ君とちゃうで!いつの間に大人に!(驚)
男っぽくてパワフルな滑り、それでいて優雅なスケーティング、スケールも大きくなりました。
うわー、うわー、ちょっとミスはあったけど、すごくよかったよ〜。
あ、キスクラにジマーマンコーチとフォンターナさん、なるほどあの色気の出所はジマーマンか、納得!
エイモズ君今季大注目!

ケビン
久石譲「二ノ国 漆黒の魔導士」より。ケビンのあふれる日本愛!こちらも個性的な選曲。
思いは伝わってくるが…ジャンプがクリーンに決まらないので…。スケートももう少し伸びるといいな。
でも現役続けてくれてありがとう。

サドフスキー
「シンドラーのリスト」「鐘」ディープな選曲です。
4S、4T、4S+REP、3Aは2本。ジャンプも大事ですが、ジャンプやエレメンツじゃないところが雰囲気があってすてきです。体全体から生まれる表現というか。美しく物悲しいメロディーがまた似合うんだな〜。
スピンもすごくよくて、体がきちんとできているからかなと思う。

羽生様
好きにやらせろとはいえ、今季の選曲って、特にニジンスキーはどうよ?オリジンって何?と個人的には思ってましたが、思った以上にハマっていてびっくり、さすがでございます。
衣装やヘアスタイルも、これまでの優等生っぽいところから、華麗な悪って感じで楽しいです。
ジャンプミスなども続き、得点はいまいち、つなぎももう少しスムーズに流れるともっと見応えのあるプログラムになりますね。いつもの事ながら水物のような4Loをきっちり決めるってすごいな〜。4T+3A見たかったですねえ…まあ次の楽しみってことで(笑)
スケーティングは別格、重い曲調も自分のものにしています。もっと美しく、冷酷に、突き詰めてほしい(笑)
フリーは2位でしたが総合1位。まあ気にするようなことはないですが、インタビューでは、どんな時も勝ちにこだわる、どん欲に勝ちにこだわる気持ちがメラメラして、いつものゆづだなあと思う。

ジュンファン
ロミジュリ(ディカプリオ映画版)
4T、4S<、3A2本。マイナスあったり、荒削りなところも多々ありますが、勢い、パッション、野心そういうものが感じられるいい演技でした。
スローな部分もロマンチックに表現できるのがジュンファンの魅力。
長く故障に悩まされてきましたが、よくここまで戻ってきました。
おお〜フリー1位で総合2位!おめでとう。いいスタートになりました。

ジェイソン
サイモン&ガーファンクル
髪も短いし、バイトの制服みたいな衣装に見えるぜ!
ジャンプが決まらない。拠点を変えたシーズン、いろいろ噛み合っていないのは、まあ想定内でしょうか。
それでも、美しい音楽に伸びやかな身体表現、どんなにうまく行かない時でも、音楽を大事に表現する、音楽への愛があふれている、やっぱりジェイソンだなあ。
長い目で見たいと思います。

--------------------------------------------------------------
詳しく書いてる時間もないですが、ペアのバネッサ&モーガン、ダンスのウィーバー&ポジェもすばらしかったな。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

秋の花畑

2018年09月27日


野菊、アザミ、アキノキリンソウ…
夏の花のような華やかさはないけれど、秋の野山は花盛りです。
我家から車で30分くらい、田舎のスキー場はひっそりとしています。

2018091622.jpg

赤い実はナナカマド、ツルアジサイ、アザミ、ノコンギク…

2018091624.jpg
ナンブアザミかな?

2018091625.jpg

2018091626.jpg
ヨメナ(野菊)かな?

2018091628.jpg
このグレーのキノコはなんだろう?ざっと検索してもわからなかったです。

2018091627.jpg
ミゾソバ

2018091630.jpg
ゴマナ
ゴマナは里山くらいの標高にはありません。ここはスキー場、標高が上がっていることがわかりますね。
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

トリカブトとハチ

2018年09月27日
2018091614.jpg

そろそろ咲いている頃と、やってきたトリカブトの咲く森。

2018091616.jpg

この迫力ある花は、毎年見たくなります。


蜂(たぶんクマバチの仲間)が忙しそうに飛び回っています。
花に突っ込んだ体は、トリカブトの狙い通り花粉まみれ、こうして太古から受粉契約をしているのでしょうね。
トリカブトといえば有名な毒草ですが、蜂はトリカブトの花粉や蜜を食べて大丈夫なんだろうか?
ちょっと調べてみると、トリカブトの毒は蜂には効かないらしい。
また花粉や蜜に(人間にとって)毒性があるかどうかは未確認、正確にはわかっていないそうで、養蜂家はトリカブトなど有毒植物の花のあるところは避けているらしい。

2018091615.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

タマブキの群生

2018年09月27日
2018091610.jpg

トリカブトの花を見に行くと、昨年も近くに咲いていたタマブキ(玉蕗)
半日陰に育つので目立ちませんが、群生して花を咲かせるとなかなか見事です。



キク科フキ属、食用(若葉の頃)になるらしいですが、灰汁抜きなど大変そうです。

2018091612.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

休日のコスモス

2018年09月25日
2018092201.jpg

日曜の空とコスモスと晴れにけり
久保田万太郎

2018092203.jpg

コスモスに風ある日かな咲き殖ゆる
杉田久女

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ススキとエノコログサ

2018年09月23日
2018091805.jpg

秋の野の草の袂か花薄 穂にいでてまねく袖と見ゆらむ
在原棟梁 古今和歌集

すすきは秋の野の袂(袖)だろうか、手招きしているように見えることよ。
すすきの穂が揺れる様子を手招きしている、思いを表すことに例えているそうです。

袖に例えるなら、エノコログサの方がそれらしいような気もするけれど、情緒はないか。
「猫じゃらし」ですからねえ(笑)

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

テンニンソウの群生

2018年09月22日
2018091603.jpg

テンニンソウ(天人草)の群生です。
1mくらいで群生すると、花が地味でもかなり迫力があります。
日本固有種。ここは田舎のスキー場、これくらいの標高がちょうどいいのか。

この花はなんだっけ?以前も見たはず、調べたはずなのに思い出せず、結局また一から調べ直しました(汗)
そして、テンニンソウはこのブログでも以前記事にしていました、とほほ(涙)

2018091605.jpg




動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ヤマボウシと栗

2018年09月22日


ヤマボウシに赤い実がたくさんついています。
食べられるのですが、手が届きそうにありません。

2018091602.jpg

奥にあったのは栗の木です。
今年はどこも豊作で、私もたくさん食べてますが、山あいの小粒の栗は、拾う人もあまりいないようです。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

U.S.インターナショナルFSクラシック2018 さっとんすてきだった

2018年09月20日
ISU CS 2018 US International FS Classic
ISU Challenger Series
Salt Lake City / USA
12.09.2018 - 16.09.2018
リザルト

●男子SP
ミハル
4S+2T、3F、3Aはアカンぜよ。
いい時はいいのがミハル、だめな時はとことんだめなミハル…その意味でまずまずでSP2位は良かったといえるのか?いやでも79点はやっぱりまずい(汗)

パニオット
ロミジュリ(チャイコフスキー)
おお〜4F+3T決まった!ああ後半ヨロヨロ。
若干…1点豪華主義だったががんばった!

ひろあき君
男っぽくてかっこいいプログラム。
4Tきれいに跳べたようにみえましたが転倒、3A転倒、コンボは3Lzで転倒…なってこったい(汗)SPででディダクション4とは〜(涙)
フリーがんばれ。

ヴィンス
エクソジェネシス、こういうスローな曲のヴィンズの方が個人的には好み。
ケガで練習不足なので、やむなしというところか。考えてもしょうがないので、フリーガンバ。

ナム君
シナトラ。ちょっとジジくさいが、普通の曲でよかった(笑)
スマートでしなやかな男性に成長しました。
4Sなんとか、コンボはあぶなかった。
一時期の成長期やケガでギクシャクした感じがなくなって、エレメンツもスムーズに、プログラムがまとまっていると思う。ナム君復活の兆し。
--------------------------------------------------
●男子フリー
ひろあき君
スタイリッシュなショスタコービッチでした。
パワフルなスケーティング。スピードもあってかっこいい。
4T+2T(予定は+3T)決まった!かっこよくはじまったんですが。その後ジャンプのミスが続いてしまいました。残念な内容だったけれど、スケールのある音楽表現もいいし、とにかくかっこいいひろあき君が見られてよかった。
こういってはなんですが、個性的な脇役のひろあき君が、主役オーラまとってたと思うのです。

ミハル
すっきりカジュアルな装いですな(汗)
4T+2Tはなんとか、構えがちょっとねえ。ジャンプに苦戦も。決まらないのう。
ヘビメタが助けになっているのか、やけくそ感を増幅しているのか、どっち?

ナム君
ラ・ラ・ランド。こちらもすっきり衣装で(汗)
さみしい出だしから、美しいメロディにのって4S+2T!4S!
ちょっとミスはあったけれど、大技決まったし、スケーティングはきれいだし、すごく手応えのある内容では?
エンターテイメントという意味では、ちとおとなしいので、あと一押しがんばれ。
おお〜フリー2位で総合1位、優勝おめでとう。自信もってシーズンに臨めますね。

ヴィンス
グリーン・デスティニー、わりとベタな選曲、こういう衣装はやっpり東洋系の人が似合うよね。
マックスな高難度構成からすると抑えめ、ケガもありましたし。転倒に近い4Lzから、4S…4T+2Tはきれいでしたが、ジャンプは乱れぎみが多かった。あと体が大きく、身長伸びたような。それでもコンボは3つ入りました。後半はかなりバテてました。
決して良くないですが、フリーだけなら1位、ヴィンスの意地を見たフリー。
プログラムはこれから滑り込んで、良さが見えてきそう。
--------------------------------------------------
●女子SP
優奈ちゃん
アーティ・ショウ 「悪夢」、おもろい振りがいっぱいで楽しい。
コンボ危なかった、コントロールできてない感じ3Lo転倒。
まだこなれてないかも…密な振付こなしつつ、優奈ちゃんのぶんぶん飛ばす感じのバランスか?
良くないけれど6位、ばん回のチャンスあります。

イェリム
どんどんコンペに、働き者です(笑)どんなできでも、今はすべては経験になる、そんな時期。

さっとん
「小雀に捧げる歌」このプログラム好きです。衣装は背中のドレープが大人っぽく美しい背中が映える。すてきです。
3Lz<+3T<!、2A美、3F<。課題は予想通りジャンプの回転不足やGOE。
しかし、そんなことを吹き飛ばす、うっとり見とれるすてきな演技でした。
表現は昨季よりさらに磨かれ堂々と、美しく繊細であり雄大に、こういう世界観は、さっとんにしかできない領域のような気がする。
ジャンプがんばれ。

ウンス
「ある日どこかで」映画の、手のとどかない夢の女…的なところが、ウンスによく似合う。
危ないところもあったけれど、エレメンツとつなぎがスムーズで、全体の流れもいい。美しくて、いい演技でした。

デールマン
3T+3Tがいい時の破壊力がなかったかな。これで調子がわかるというもの。2Lzはノーカン、ああもったいない。それでもSP3位、ここが決まっていればSP1位でしたね。
パワー、インパクト、彼女の良さは感じられました。
--------------------------------------------------
●女子フリー
優奈ちゃん
ゴージャスな衣装、大人っぽくなったなったなあ。
スケートがすばらしくよく滑る。スピード乗って高いジャンプ、流れもいい。丁寧な所作、ぱっと見、大きなミスはなかったのですがが、URなどあちこち減点が。
「展覧会の絵」は持ちこしプログラム。悪いと思わないものの、今の彼女ならもっと新しいものでも良かったのではという気もする。

イェリム
細い体でジャンプが軽い。シニアでも違和感ないですね。
ミスはいくつかありましたが、タイスの瞑想曲という流れが大事なプログラムをまとめることができていて感心。
エレメンツの加点がつくようになれば強いですね。フリー5位も順位の変動もあり総合3位、立派です。

ウンス
「シカゴ」あっこ姐さん振付。この曲はマライアの印象強いんだよね(汗)
表情が寂しいといえばそうだけれど、このツンデレの色気はある意味武器かも(笑)
乱れはあるけれどジャンプが大きい。体を大きく使えるようになってスケールアップ。
ただ後半はもっと元気にド派手にやってほしい、ステップとかね。課題は体力強化かな。

さっとん
夏のショーで見て、こんなにタンゴが似合うとは思ってなくて、今季ががぜん楽しみになってきてました。
体力強化で、細い体から女性らしい体型になり、大人っぽいタンゴの衣装がよく似合います。
冒頭の3Sはダブルに、3Lzのコンボは乱れて単独に。どうなることやらでしたが、後半になるつれパワフルに、迫力をましてきました。
2A+3Tが高くてすばらしい。信頼のスケーティング、そして絶品のスピン。
いい出来ではないし、そのあともミスはあるのですが、さっとんは魅せます、もっと魅せられるのも知ってます。
フリー1位、完全優勝おめでとう。課題はいろいろあるけれど、いい出だしとなりました。

デールマン
「サムソンとデリラ」筋肉が主役のサムデリはジョアニー思い出す。
鮮やかなピンクの衣装はイメチェンでいいのでは。
とにかくジャンプの調子がよくないので、全体のインパクトも弱い。こういう時、諦めが演技や顔に出ちゃうのが彼女の良くないところ。もう忘れちゃて次がんばろう。

男子も女子もジャンプに苦戦。
シーズンはこれから、みんなケガなくがんばれ。


フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ツリバナの実

2018年09月20日
2018091608.jpg

雑木林に赤い実が目にとまりました。
ツリバナ(吊花)の実です。
葉がすっかり落ちて、晩秋みたいですが、まだ9月なんですよね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ヤマキケマン

2018年09月20日
2018091606.jpg

トリカブトの花を探しにいくと、黄色の見慣れない花。
調べみるとヤマキケマン(山黄華鬘)のよう。なるほど花のつき方や形が、キケマンやムラサキケマンに似ています。
地味なので今まで見過ごしていたのかな。

2018091607.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ロンバルディア杯2018 ショーマの初戦

2018年09月19日
ISU CS Lombardia Trophy 2018
ISU Challenger Series
Bergamo / ITA
12.09.2018 - 16.09.2018
リザルト

●女子SP
リーザ
アサシンズタンゴはらしい選曲。
3T+3Tはセカンドで転倒するも、ロシアテストスケートでから引き続き好調。3Lzの高さがすばらしいな。
気持ちが入っていると言うか、引き込まれる演技でした。

かおちゃん
サティをしっとりボーカルで。
3F転倒、2A美、コンボは2Loでコンボにならず。大きな2つのミスは全体に与えるダメージも大きい。得点はしょうがないですねえ。いろいろ噛み合ってないのかな〜。
切り替えましょう。

まこちゃん
セビリアの理髪師からかわいい曲。振付もかわいい楽しい、まこちゃんかわいい。
3Lz+2T、3F<転倒、ステップはバランスを崩す。ミスも大きいけれど、もっとキビキビ動けるよね。
もっとできるはずなので悔しい。

サモデュロワ
エテリ組じゃないロシア女子…もはやそんなカテゴリー(汗)
ベストってわけじゃなさそう、でもまずます。手のくねくねにがんばっているけれど、つなぎはあっさりめかも。

リンドフォースちゃん
がんばれフィンランド。いい演技でした。
すっきり正統派オペラ座の怪人。(いじり過ぎ謎編曲は嫌なんだけれど)もうちょい派手な部分があってもいいかも。
------------------------------------------------------------------
●女子フリー
かおちゃん
やれやれ、心配してましたが、しっかりやり終えました。
コンボは2つしか入らず、セカンド3Tもないので、本来のVBならもっと高得点が見込めるでしょう。しかしSP9位からよく立て直しました。
フリーはピアノレッスン、大人の恋愛です。(ジュニアが使うなら別ですが)その世界観を表現で来たかというとまだまだではないかと。
かおちゃんのヘアメイク、衣装にいつも突っ込みたくなる私ですが、今回の衣装もだめです〜。ぱっと見が禁欲的でよく見るとエロい…そういう衣装がいいと思う。あとワンショルダーはかおちゃんに合わないと思うのですが。

まこちゃん
持ち越しの「蝶々夫人」
冒頭の3Lz+3T+2T、後半の3Lz+3T も決まりました!大きなミスなく、ほっと一息。
もう少しスピードがあるとよかったかな。
まあでも初戦としてはまずまず。
そしてフリー3位で総合3位、表彰台です。おめでとう!

サモデュロワ
バーレスク、立ち姿からバーレスクのシヨービジネスの雰囲気があるって得だなと思う(笑)
もうちょっと弾けてもいいかもな〜冒頭から、3Lz+3Tの入りがスピードなくてあぶなかった、3Fハシングルに。緊張かな。
その後はしっかりまとめました。でもやっぱり、もっと弾けて欲しい。

リーザ
3Aはステップアウト。きれいに決まらなかったけれど、自信をもって3Aを入れてくる、そんな自信にあふれています。パーフェクトではないけれど、キレのある動き、かっこよかったです。
あふれるマダム感、いちいちエロい指先にもてあそばれる感じ…リーザらしい(笑)
フリー140点越えで、SP、フリー共に1位で完全優勝、おめでとう!
------------------------------------------------------------------
●男子SP
友野君
ニューシネマパラダイス
4Sはちょっと危ない、3Fで転倒コンボにならず。3A美。コンボが入らないとなると厳しい得点はしょうがない。
しかし柔らかな、エレガントな動きができるようになってすてきです。初見のアイスショーではちょっとどうかなと思ったのですが、ミーシャの振付のいいところと友野君の青年らしいピュアな雰囲気がいい感じになじんで来たと思う。

マッテオ
スケールが大きくなりました。大人っぽくなりました。いいです、いいです、いい感じにきてます。
4回転は入らないけれど、とてもエレガント、すてきな演技でした。

アリエフ
美しいですねえ。この若さでドラマチックに、叙情的なスケーティングができることがすばらしい。
4Tの転倒がもったいない。

ショーマ
バー美穂子から登場、会場のお嬢さんたちの黄色い声が頼もしい(笑)
4Fは以前よりずっとスムーズ、4Tはちょっとつまってセカンドは2T。イーグルから3A。
今回ジャンプはすべて加点たくさんをもらっていますが、空中でちょっと軸がぶれる感じがあるので、このあたりは喜びすぎないようにしたい。
スケーティングは圧巻でした。ライブで見ていた時、音のハマり方がすごくてゾクゾク。ステップはレベル3ですが、動きは良かったと思う。髪をかきあげるところは、もっとキザっぽく溜めた方がいいかな(笑)
ショーなどで回数を重ねて、プログラムがどんどん体にフィットしてきた感じ。

ラズキン
ボーカルがやけに激しいのう。練習着みたいな衣装。
4T高さがありました。エレメンツをミスなくしか決めてSP2位。なんだか頼もしく成長しました!
------------------------------------------------------------------
●男子フリー
友野君
リバーダンス。
SPに続きジャンプに苦労したフリー。4S転倒、続く4Sは2Sに。ジャンプの軸は細くなって、あとちょっとってところだろうか。
プログラムはとてもすてきです。ダンサー友野君、こういうの見たかった。激しい部分も雑にならないし、スローな部分もきれい、バランスのいい大人のスケーターになってきました。
まだ初戦、これからこれから。プログラムがSPもフリーもいいし、期待してます。

マッテオ
4Tは成功する感じじゃなくて転倒。課題はいろいろありそう。
ビートルズはいいとしても複数のボーカルが3つだと、まとまりという意味でどうかな。まあでもこれからまとめるのが彼の力量か?
彼の持っている本質的な明るさは…みたいものはとても好きです。

アリエフ
冒頭の駆ける振付で一気に引き込まれる。
4S、4T+2T、4T、後半は疲れが…3Lzの3連で乱れ、アクセルジャンプを忘れた?規定により3Lz+2Tはノーカン…ああ(汗)コーチがリンクサイドでアクセルと叫んでいたとか。
結果として2位だからよかったけれど、まあ今後はいくらんでもないでしょう。
美しい流れのある。ロマンチックなプログラムです。彼の持っている品の良さ、ただすっと滑るだけでもストーリーを感じさせるスケーティング、ちょっとした仕草にもドラマがあるような。シーズン通しての深まりに期待します。

ラズキン
「鐘」は今の彼にディープ過ぎな気もするけれど…。曲を聴いてしまって…今はまだ曲負けぎみなのでがんばれ。
4Tを2つの構成、まずまずの内容だったと思います。後半はつかれてきて、つなぎの振りも大変そう、ここで「ドヤ顔」できるようになってくるといいかも。

ショーマ
上半身が純白に刺繍が美しい衣装。首回りにもうちょいボートネック風に開いているともっといいな。
4S転倒に近い、4F<、4T,、4T+REP、後半に3Aを2つ。珍しく3Aで派手に転倒。
相変わらず攻めてます、冒頭4Sは目の錯覚かと思った(笑)
ミスはミスとして、コントロールが甘いかも。ステップはもっとできるはず。
まだ荒削りなフリーかなと感じました。今の時点だとすべて伸び代なので、今後どう完成していくかm楽しみが増えた…くらいにいか感じないファンです(笑)
優勝後のインタでも明るく、ミスは多かったけれど初戦としての手応えにあふれていましたね。

シーズン始めもあり、ジャンプのクオリティに苦労する選手多数。相対順位はともかく、VBが変わらないと、激戦になったときに加点の差、今季はGOEに幅があるのでその対策、作戦も重要です。
男子の演技時間は30秒短くなり、ジャンプが一つ減りました。多くの選手で、4分にエレメンツおさめるの大変になり、ちっとも楽じゃないらしい(汗)まあそのうち慣れるんだろうな、選手も観客も。



フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

ヨウシュヤマゴボウの葉と実

2018年09月19日
2018091012.jpg

ヨウシュヤマゴボウの実が熟してきました。
2m近くに大きく繁り、黒い実、ショッキングピンクの茎、この時期のヨウシュヤマゴボウはとにかく派手です。
そこに葉も紅葉し、ますます派手に。
ヤマゴボウと名がついていますが毒草、たべられません。

2018091013.jpg



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ヌスビトハギの花と実

2018年09月19日
2018091007.jpg

ヌスビトハギ、地味ながらも盛大に咲いています。
これが全部、ひっつき虫(実)になると想像すると、近寄りたくないと思う(汗)

2018091006.jpg

2018091651.jpg

鎌状の実に見覚えのある人は多いと思う。
散歩から帰ると服にたくさん付いてますよね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

薄荷

2018年09月18日


野生種のハッカ(薄荷)をみつけました。子どもの時以来かも…ちょっとうれしい。
野山に普通に自生しているらしいのですが、花が咲いた時でもないと気がつきません。花もかなり地味ですし、似たようなシソ科の花も多いので。
日本固有種のハッカは、ニホンハッカ(日本薄荷)ともよばれています。
葉を一枚取って嗅ぐと、おなじみのミント(メントール)の香り。ハーブ(外国種)のミントなどと、香りはほとんど変わりません。

2018091016.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ヤブツルアズキの群生

2018年09月18日
2018091026.jpg

我家の目と鼻の先に、ヤブツルアズキの群生を見つけました。
インゲンによく似た実がたくさんついています。
アズキの原種らしいと知り、昨年は実を収穫してアズキにして食べました。アンタもよくやるよねえ…と、周囲からあきれられましたが(笑)
面倒と言えば面倒、もうやらないかもなと思っていたのですが、すぐそばにあるなら、また採ってきてもいいかな?と思い始めました(懲りない)

以前の記事 ヤブツルアズキをあんこで食べる 2018年03月04日



2018091031.jpg

ねじれたスイトピーみたいなユニークな花、カシューナッツみたいなつぼみもおもしろい。筋肉自慢みたいなポーズにも見える(笑)

野の食卓・スローライフ | Comments(0) | Trackback(0)

キクイモ

2018年09月17日


9月の花と言えば、私の中ではキクイモ。
2mくらいはざら、風の抵抗をうけそうですが、大型台風にも長雨にも負けず、いつも堂々と咲いています。

2018091021.jpg

2018091020.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ウドの実

2018年09月16日
2018091003.jpg

ウド(独活)実が、葡萄色に熟してきました。
渋い色合いは秋の色ですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

シラヤマギクとノコンギク

2018年09月16日


半日陰の道に咲いていたのはシラヤマギク(白山菊)
野菊の仲間は見分けが難しい。物覚えが悪いのか、以前も調べているのに、毎年調べ直すこともしばしば(汗)
それでもシラヤマギクは、丸い葉が特徴でわかりやすいほうかもしれません。

2018091030.jpg

こちらはノコンギク(野紺菊)かヨメナ(嫁菜)…で、たぶんノコンギク。

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

萩に雨

2018年09月15日
2018091501.jpg

秋萩を散らす長雨の降るころはひとり起き居て恋ふる夜ぞ多き
詠み人知らず 万葉集

秋萩を散らず長雨の頃は、ひとり起きて人恋しく思う夜が多いのです。

2018091503.jpg

しをりつる風は籬にしづまりて小萩がうへに雨そそぐなり
永福門院 玉葉集

草木をたわませていた風は垣根に静まり、小萩の上に雨を降らせている。

2018091502.jpg

宮城野のもとあらの小萩 露を重み風を待つご君をこそ待て
詠み人知らず 古今和歌集

宮城野の小萩が露の重みをはらう風を待つように、あなたをお待ちしています。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ガガイモ

2018年09月14日
2018091023.jpg

近所の草むらにガガイモの花を見つけました。
珍しい植物ではないそうですが、ヒトデのような花は何度見てもおもしろいです。



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

キアシヤマドリタケ

2018年09月14日
2018091028.jpg

まるでスフレのようなキノコ、キアシヤマドリタケ。
以前図鑑で見て、実物を見てみたいと思っていました。こぶしくらいの大きなキノコです。
表面の茶色、スポンジ状の傘、焼いて膨れてきたスフレそっくりです(笑)

2018091009.jpg
近くにも大きなキノコがありました。
調べてみると、これも傘が開く前のキアシヤマドリタケのようです。

2018091010.jpg
雨上がりであちこちにキノコが出現。
15cmくらいはありそうな傘は、漂白されたように真っ白、そしてイボイボ。
調べてみると、毒キノコのシロオニタケのようです。なるほど、悪そうな感じ(笑)

2018091029.jpg
動植物 | Comments(1) | Trackback(0)
 | HOME | Next »