FC2ブログ

秋の終わりに

2018年11月29日


もみぢ葉は袖にこき入れてもて出でなむ秋は限りと見む人のため  
素性法師 古今和歌集

もみじは袖に入れて持ち帰ろう。秋はもう終わりと思っているあの人のために。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

移ろう菊

2018年11月28日
2018112204.jpg

うすくこくうつろふ菊の籬かなこれも千草の花とみるまで
頓阿法師 『草庵集』 

薄く、濃く、菊の花が色を変えていく。これもまた秋の千草(秋の野に咲く花々)

2018112205.jpg

秋をおきて 時こそありけれ 菊の花 うつろふからに 色のまされば
平貞文 古今和歌集

秋が過ぎても盛りがあるのが菊の花、移り変わる色を楽しめますから。



最初は白菊!日に日に色が変わる、不思議ですねえ。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

11月のシソ

2018年11月28日
2018112607.jpg

近所を散歩していると、日沿いに赤紫蘇(あかしそ)を見つけました。花も咲いています。
葉の表は緑がかっていてちりめん、裏は赤、葉の形も梅干しを漬ける時の一般的な赤しそとはちょっと違うような…。それに今は11月下旬、しその季節はとっくに過ぎています。
あとで調べてみると「芳香うらしそ」ではないかと思います。しそにもたくさんの品種があるんですね。



2018112606.jpg

すぐそばにはひょうたん?まだ青々としています。
こちらのお宅では秋が遅いのだろうか?(笑)

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

磐梯山の雪化粧

2018年11月27日


雲の上から現れた磐梯山が美しい。
マッターホルンかエベレストか?…とは言い過ぎですが(笑)

3連休になるはずが中日に仕事で、ブツブツ言いながら会津へ向かう磐越道から。
雪にはまだしばらくありそうな我家から会津に向かうと、雪をいただく山々が近くに現れ、どんどん冬が近づいてくるような気がしました。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

マリーゴールド

2018年11月26日


花も少なくなった寂しい庭で、ぽっかりと日だまりのように咲いていたマリーゴールド。
マリーゴールドは、種類によって夏から初冬まで咲いています。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

霞ヶ城公園の紅葉

2018年11月25日
IMG_1619.jpg

紅葉の頃、一度はやってくる霞が城公園にやってきました。
見頃は少しすぎたくらいですが、天気もよく、明るい日差しに紅葉も鮮やか。日中は温かく、散策が気持ちいいです。

IMG_1643.jpg

IMG_1617.jpg

IMG_1540.jpg

落ち葉も多くなっていますが、紅葉は時間差があるので、まだまだきれいです。紅葉と落ち葉になるのが早い桜は、もうすっかり冬支度。
私は、紅葉の始め頃より、落ち葉ある頃の方が、好きです。日差しが入り明るく、地面は紅葉の絨毯となり、木々の影も美しいからです。

IMG_1718.jpg

IMG_1467.jpg

IMG_1463.jpg
美しい赤!

IMG_1483.jpg
美しい黄色!

IMG_1470.jpg
城跡の公園は山全体がもみじや桜などが植えられています。

IMG_1556.jpg

IMG_1520.jpg
天守閣跡は展望台

IMG_1509.jpg
よく晴れ。安達太良山がみわたせます。

IMG_1578.jpg
展望台の眺めを楽しんだあとは、再び紅葉の遊歩道へ。

IMG_1538.jpg

IMG_1554.jpg

IMG_1561.jpg

IMG_1600.jpg
落ち葉もまだ鮮やかな色が残っています。

IMG_1612.jpg
どのような仕組みで紅葉するのか、理屈でわかっていても、あの緑の木々が色とりどりになるのは、不思議でしかたありません。

IMG_1607.jpg

IMG_1630.jpg

IMG_1648.jpg

IMG_1649.jpg

IMG_1739.jpg

IMG_1730.jpg

IMG_1683.jpg

散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

野葡萄の色

2018年11月24日


野葡萄がどんどん色を変えていく季節です。黄色の紅葉もいい感じに引き立て役になっています。
野葡萄(馬葡萄)は薬草として古くから利用されてきました。
最近また注目を浴びているらしく、青い実を採って行く人もいます。あれ、ここにあったのにと来てみてなかったら、そういうことですね。

2018111114.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

7年目の皇帝ダリア

2018年11月23日


朝日を浴びてそびえるダリア。
でかい、とにかく大きくなる皇帝ダリア、3m以上はありそうです。
この株は10年以上前、父が植えたのですが、すっかり枯れたと思っていました。
皇帝ダリアは、11月、日が短くならないと花が咲かないのですが、我が地方でその頃は、強い霜が降りる時期に入ります。例年、花が咲く前に枯れてしまうのです。
前に咲いたのはいつだっけ?ブログに書いたはずと検索してみると、2011年の秋でした。7年ぶりの開花です。

以前の記事 皇帝ダリア 2011年11月22日

2010112103.jpg

今は花弁も多く、花つきのいい皇帝ダリアがありますが、これは原種にちかいものと思われます。

2010112102.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

晩秋の菊

2018年11月22日
2018111130.jpg

菊の花手折りては見じ初霜の置きながらこそ色まさりけれ
藤原兼輔 新古今和歌集

どうか菊を折らないでご覧下さい。霜が降りた花が美しいのですから。
言葉通りの意味と思いましたが、老いて宮中を去る人への思いを詠ったらしい。
花の盛りも色あせた花も、それぞれに美しく、良さがあるということですね。



日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2018 フランス大会勝手に予想

2018年11月21日
ISU GP Internationaux de France 2018
Grenoble / FRA

23.11.2018 - 25.11.2018

いよいよGPS最終戦、泣いても笑ってもファイナルが決まります。

●男子
王者ネイサンに迫るのは誰?
ボーヤンが本来の実力が発揮できれば、ネイサンとの優勝争いになりそうですが、フィンランドでは、まだエンジンかかってない感じ。絶不調のコリャダ君より下の5位。どうしてしまったのでしょう?

ネイサンに全く不安がないかといえば、そうでもなく、大学生になってからの環境で、いかにいいトレーニングができているかにかかっているでしょう。
ただスケーティングの良さは変わらずあるし、マックスの構成でなくとも…4回転の本数減らしてもしっかりやれるのは強み。
やはり優勝に最も近いのはネイサン、というか、ネイサン大自爆でもしない限り、越えそうな選手がいない。3位以上でファイナルは大丈夫でしょう。

私が高く買っているアリエフは、いまいちぱっとしない(汗)予定構成をノーミスでできたら表彰台は十分可能なんですが…。まあでも、若者はちょっとしたことで盛り返すので期待してます。
そんなこんなのアリエフを越えてしまいそうなのが同国のサマリン。カナダでは、4回転をしっかり決めてPB248点をマーク。
ロシアの代表争いが熾烈になりそう(汗)

ジェイソン、デニスは4回転が決まるかどうかがカギ。そこさえ決まれば、1段階上がれるんですが。
上位争いに刑事君、エイモズ、サモヒン。ナデューかな。皆4回転次第ってところ、ここが決まらないと土俵に乗れないというか…
刑事君もなんとかがんばってほしい。全日本でライバルになる友野君がロシアで表彰台に。これに発奮してほしい。

予想順位
ネイサン アリエフ サマリン ボーヤン

ネイサン以外はカオス!(汗)
誰が来ても、誰が不調でもおかしくない。
-----------------------------------------------------------------------------
●女子
今大会の見所は、メドと紀平さんの対決です。
表彰台争いに、舞ちゃん、真凜ちゃん、コンスタンチノワ、ソツコワ、テネル嬢…うは〜大混戦(汗)

NHK杯では、3A決めるとこんなに出ちゃうんだ!とライバルたちをビビらせた紀平さん。現役女子選手で最も3Aが安定していると思われます。
そして彼女は3Aだけではない、スケーティング、スピン、ステップもいい。トータルですばらしい選手なのです。
今季は全ての大会で3Aを入れると話しています。とはいえリスクはあるので、優勝もあれば、3Aが決まらないと台落ちもあります。SP1本、フリー2本の3Aが勝負の分かれ目でしょう。

メドはカナダ大会でこそSPで出遅れましたが、本来の力、メンタルがあれば、トップに立つのはかぎりなく高いと思います。あのミスを繰り返すことはないでしょう、メドなら!
カナダでは緊張のせいか少し固く、GOEも今ひとつ。逆をいえば、もっとすごい得点が出せる伸び代があるということです。
ポイントの一つは3Lzですね。

舞ちゃんは激戦区エントリーで大変ですが、やることやれば結果はついてくるでしょう。インパクト強いやつらの中で、いかに自分を輝かせるかかなと思います。

全米女王テネル嬢は、3Lz+3Loが決まるかどうかがカギ。できる技だと思いますが、SPで決まるか決まらないかは大きい。へたするとフリー前半グループになってしまう。そこから盛り返すのはキツイ。

真凜ちゃんはまだ過渡期、どこまでいくかは未知。今季のプロは個人的には微妙。
ソツコワも今は変化の時なのかな?まだ本来の力を出せてない印象。ラテンプログラムはおもしろいけど、まだ少しのめり込めない気がします。
コンスタンチノワはちょっと地味な存在ですが、ノーミスなら表彰台もありです。

予想順位
メド 紀平さん 舞ちゃん テネル嬢

紀平さんは3A3本のうち2本成功と予想(中途半端・汗)、3位以上でファイナル、がんばれ!
表彰台は大混戦、舞ちゃんには表彰台に乗ってほしい。
-----------------------------------------------------------------------------
●ペア
バネッサ&モーガンの優勝濃厚、つうか勝たなくてはならない大会。
技術、スケーティング、そして芸術性、全てで抜きん出ていると思います。

ここに迫るのはスケートカナダ4位、ロシアの若手コズロフスキー組。PB196点で抜けています。
ロシアはどんどんいい選手が出てきますねえ。

しかし3位以下は全くわからないぜ!(汗)PBも拮抗しています。

予想順位
バネッサ&モーガン コズロフスキー組

3位以下不明(汗)
-----------------------------------------------------------------------------
●アイスダンス
満を持してパパシゼ登場。
今季初のコンペで大丈夫かなとは思いますが、彼らのレベルなら優勝は固いでしょう。

表彰台争いに、ポールたち、今季勢いに乗るニキータたち。NHK杯優勝ベーカー組は3位以内ならファイナル。パーソンズもいるし。うは〜結構たいへんなことに(汗)
次いで、おもしろカップルディアス組、ルギャック組かな。
パパシゼが順当に優勝したとして、表彰台は激戦、わからないですねえ。

予想順位
パパシゼ ポール ニキータ

希望順位かもね。
ニキータたちがどこまで来るか注目。
パパシゼが優勝してもファイナルはないので、ポイント次第ではいろいろチャンスが生まれますね。
-----------------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2018/2019 ポイントランキング
Men Ladies Pairs Ice Dance
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2018 スケート・カナダ  カナダのメドベージェワ

2018年11月21日
Result

●男子SP
エイモズ
かっこいいプログラム、キスクラにはもっとかっこいいジマーマンコーチが。

ケリー
4回転も決まりました。それでも80点、ジャンプだけではなんですよね。
キスクラにはアモちゃん、元気そう。

ジュンファン
シンデレラなら、もっとひらひらロマンチックな衣装でもいいのにな。
4S始めパーフェクト。すばらしー。88点。
ほっそりした立ち姿から、所作までゆづっぽいですね。

マヨロフ
4回転はじめ、ジャンプがきれいに決まって、ちょっと不思議な曲もいい感じに聞こえる。ぐいぐい動いて気持ちいいです。
それしてもみんな次々4回転を決める日です。

友野君
4S決まって良かった!3+3TOK、3Aお手つき。ステップもいいなあ。スピンはちょっと甘い。
会場の空気を、愛おしく抱きしめるような、すてきな演技でした。
81点か〜もう少し欲しいな。

ナム君
おとなっぽくおしゃれなプログラム
4+3T決まり、そこからのノリがすばらしかった。ジャンプはすべて完璧。足元は華麗、表情も明るくて、こちらまで明るくなる。
82点、90点近いとこまでほしかったな〜という表情か?

キーガン
婚約おめでとう!
4+3T、3A、3Lz、すばらしい高さと迫力。スピンは安定の品質。キーガンの回転は、ギュルギュルッと音が聞こえてきそう。スケーティング全体に個性と存在感があります。音楽のノリも楽しい〜。ウキウキ〜。
これは過去最高のキーガンです。
ロックなコーチもうれしそう。出た95点!

ジェイソン
すばらしいディープエッジ、そしてスピード。足上げにほれぼれ、キレもあってかっこいい。
3F、3A転倒、3Lz今ンボはセカンドが2Tに。
いい演技が多いので、4回転なしで2ミスは大きい。ジャンプ以外は良かったのですが。

ショーマ
新衣装は高貴な雰囲気の紫。おお〜やはりスケーティングが違う。
4F美、4T+3T乱れ、3Aで派手に転倒!(汗)3Aの転倒にはびっくりしました。こういうこともあるんですねえ。自信があるからこそ油断してしまうのか?
全体としてかっこ良かったですが、スピンやステップにも取りこぼしました。
キスクラはゴメンナサイモード。88点はさすがであると思う。

サマリン
4lzステップアウト、サマリンも攻めてますねえ!
ルッツのミスはありましたが、良かったです。熱くてかっこいいサマリンでした。

SPトップはキーガン、2位ショーマ。キーガン本当にすてきでした。
いい演技がたくさんありました、トップに行くには、何が足りないのだろう?そんな表情をたくさん見たような気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●男子フリー
ジェイソン
サイモンと&ガーファンクルメドレー。ノスタルジックな衣装があの頃を思わせます。
4S?は2S、3A+3Tはきれいに。4回転は今回も決まらず。VBが下がってしまうため得点は厳しい。
それにしても美しく、躍動感のあるスケーティング、すてきなスケーターであることに変わりはありません。スピンもすばらしい!
バーケルとオーサーに挟まれるジェイソン、まだこれからですね。

ナム君
4S<+2T、4S、ジャンプに安定が見えてきて、長いスランプも抜け出せたかな。
後半の笑顔がすてきでした。ナム君の笑顔いつぶりだろう。前大会では表情も硬くて、ラ・ラ・ランドじゃなかったので。

友野君
リバーダンス。こういう色のカミキリムシいるわ。
冒頭4S転倒、4S転倒。
ここでくじけてしまわないのが友野君湧き上がるパワー、そう君には観客を巻き込むパフォーマンスの力があるのだから。
すてきなプログラム。またがんばろう。

サマリン
4Lzお手つき、4T転倒に近い乱れ、3Aは2本。サマリンも攻めの構成。
以前のミスをして空回りした感じや、いつの間にか終わってしまったなんて感じはしないです。気迫を感じます。コリャダ、アリエフがいるロシアの3番、4番に甘んじてはいられません。

ジュンファン
4Tで派手に転倒した時は、どうなることやらでしたが、4S成功。エレメンツの多くに危うい感じがしたのですが、よくがんばりました。
表現面が勢いだけでイマイチ面白くない。

ショーマ
4S、4F、4T、3A、3連続で転倒、3S+3Tで転倒。やはり後半のスタミナが課題、力の配分でしょうか。
いいところもそうでないところもありましたが、終始気迫と集中力のフリーでした。
コレオやステップはどんどんパワーアップ。完成にまた一歩近づきました。

キーガン
早くも新郎?違う違うチャップリンだよ!
4Lzは3Lzに変更、4T高い!つうか、ジャンプは皆高くてパワーみなぎる感じ。
チャップリンのほのぼの、コミカルな動きも自然。しみじみ伝わってくるのは、人生の深みというか、若い選手には出せない味わいです。
精一杯やりきった充実感がありますね。

ショーマが順当に優勝。
キーガンの2位がうれしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●女子SP
パネンコワ
ジャンプのコントロールが…。
15歳、健康的…痩せすぎてなくて…と思ったら、成長期の体型の変化に苦労しているらしい。そうかそうか、自分ではどうにもできないことってありますよね。くじけずがんばってほしい。

スターちゃん
かわいい〜スターちゃん好き。
おおノーミスでPB64点。

松田さん
ケガのブランクか、本調子ではないかも。

まこちゃん
シニアデビュー。かわいい〜まこちゃん好き。
セビリアの理髪師のかわいいとこチョイス。
なめらかなスケーティング、スムーズに入るエレメンツ。
伸び伸び、ワクワク、はつらつ、かわいいなあ、楽しんでるなあ!やることをやればいい、何も考えなくていい、今の立ち位置だからこその演技かもしれませんが、すばらしかった。
3Feはあっても、66点!なんとSP3位。

マライア
すてきな衣装でセリーヌ・ディオン、アダム振付。
明るく伸びやかな演技にこちらまで笑顔になる。音楽表現がいつもながらすばらしいレベル。うっとり。
おお〜すばらしいノーミス!マライアがノーミス!マライアがノーミス!
63点、もっと出せコノヤロ。

リーザ
3A美、3T+3T、3Lz。
ジャンプが決まると全てに魂宿る感じ。もう目が離せない。なんでも言うこと聞きます…的な(笑)
74点、お見事!

ツルちゃん
月光が降り注ぐ海のような衣装で。
ノーミスのようで、回転不足やレベルの取りこぼしで得点は伸びず。いい時のキレはなかったかもしれません。

メド
美しさに変わりなし。大人っぽくなりました。
新しいスタイル、新しいメドベージェワ。選曲がこれまでと違っているので、音楽のノリも変わったように感じる。もうちょい明るさがほしいけれど、緊張でしょうかね。
コンボのファーストジャンプで転倒に近い乱れ。これは痛い60点。あーやっちゃったなキスクラ。

わかばちゃん
見るからに強そうな衣装。
アップテンポで個性的、パワフルな彼女にぴったりの曲。
弾むようなジャンプ、存在感のあるスケート。
かっこいい〜66点。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●女子フリー
松田さん
とても優雅なんだけど、ジャンプがバタバタっとしてしまう。ここがきれいに流れるともっとすてきだろうな。

メド
まさかの前半グループ。背中に刻み海苔ついてるっぽい衣装。
女優ではないメドが新鮮。体重ふやしたとか、スケーティングに力強さが出てきました。キレやタメがかっこいいプログラム、体のラインを見せつける感じも大人っぽくていい。ただプログラムはまだこれからの感じ。
小さな減点はありますが、気合のノーミス、さすがです。

マライア
ミスはありますが、本当にすてきでした。
これまでのノリのいい曲から、しっとりしたピアノ曲で。流れが美くしくて見とれてしまいます。音楽との親和性がすばらしい。
ジャンプが安定してきたのも大きいですね。

わかばちゃん
冒頭苦手のサルコウはダブルに。そのあとは大丈夫そうでしたが、後半のジャンプでミス。
ライバルが多い中、うーん、これは厳しい。
ミスもありますが、曲にまだ距離がある感じ。

リーザ
誘惑されそうな曲。
冒頭の3Aは転倒、しかしそのあとは良かった。決まったジャンプの高さときたら、うっひょ〜って感じ。
今年のリーザは強い。

まこちゃん
幼妻的な蝶々夫人。
ジャンプもスケートも伸び伸び自分の演技ができました。
シニアでも勝負できる、しなやかでいてパワフル、肌触りのいいスケーティングが魅力です。
そして、かわいい〜。
そして…ノーミス!まこちゃんGPS初出場表彰台です。

優勝はリーザ、まこちゃん2位、メドが怒涛の追い上げで3位。さすがです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ISU Grand Prix of Figure Skating 2018/2019 ポイントランキング
Men Ladies Pairs Ice Dance
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

秋の夕暮れ

2018年11月21日


夕月夜小倉の山に鳴く鹿の声のうちにや秋は暮るらむ
紀貫之 古今和歌集

夕暮れの小倉山に鹿の声が響く、秋は暮れていく。
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

11月のヒメジョオン

2018年11月20日


11月下旬、霜が下りる頃になってもヒメジョオンが咲いています。
さすがに、夏の頃の勢いや瑞々しさはないけれど、たくましいですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

秋の赤

2018年11月19日


今年の紅葉は赤くない、黄色っぽいという方が多くいましたが、皆様の地方ではいかがでしょうか。
これは近所のブロック塀を覆っている野生のツタ。毎年真っ赤に紅葉し、目を引きます。

2018111131.jpg

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

小さな社といちょうの木

2018年11月19日
2018111122.jpg

いちょうの紅葉は、木によって結構違っていてます。もう散ってしまった木も多いですが、ここのいちょうは色づき始めたばかり。
今年は銀杏が少ないと家人が言う。



日記 | Comments(0) | Trackback(0)

里山のコウゾリナ

2018年11月18日
2018111125.jpg

オニノゲシの近くに似た花がありました。同じキク科のコウゾリナ(顔剃菜)のようです。
我が地方では、どちらかいうと亜高山で見かけます。里山では珍しい。気がつかなかっただけかもしれませんが。
オニノゲシに比べると茎も葉もほっそりしています。
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

オニノゲシ

2018年11月18日
2018111112.jpg

稲刈りも終わった田んぼを背景に、オニニゲシ(鬼野芥子)が咲いています
1m以上になり、棘だらけの葉は人を寄せつけない。赤みを帯びた茎は太い。赤鬼って感じですね(笑)
それでいて花はけっこうかわいい。

2018111110.jpg

20181111378.jpg

2018111123.jpg
晩秋の頃まで咲いてはいるけれど、こんなにたくさん群生しているのは珍しい。
天候の影響かもしれません

2018111124.jpg
花は終わった先から綿毛に。



2018111111.jpg



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ヘクソカズラとツタの紅葉〜すきま植物園

2018年11月17日


繁華街の裏通り、敷地を囲うフェンスのつる草がきれいに紅葉しています。なんだか場違いな飾り付けみたいなところがおもしろい。
黄色はヘクソカズラ、実もついています。赤はツタ、よく見るとヒヨドリソウの黒い葉と赤い実もあります。
数日たてば色あせ、風が吹けば散ってしまう、短い期間のディスプレイです。

2018111134.jpg

2018111136.jpg

2018111135.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

夕日と並木道

2018年11月16日


辺りが暗くなりはじめた午後4時半、突然夕日に燃えるような並木に会いました。
散歩をしているとすぐに夕方になってしまう。秋の日は短い。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

秋の朝顔

2018年11月16日


11月、辺りは枯草色になりつつありますが、朝顔は元気に咲いています。
「朝顔」は秋の季語なんですよね。
赤い花をたくさんつける、昔からある品種は、原っぱで半ば野生化しています。

2018111105.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2018 ロステレコム杯勝手に予想

2018年11月15日
ISU GP Rostelecom Cup 2018
Moscow / RUS
16.11.2018 - 18.11.2018

リザルト

●男子
今季のゆづにとってGPSロシアは欠かせないエントリーだったのだろうな。
王者羽生様に迫るのは誰?という展開。普通に勝負できれば、ゆづの優勝は濃厚。
フィンランドの演技が記憶に新しい、未完成でありながらあの得点、どんどん更新して300点越えもありそう。

ゆづはまあ別格です。
ところが、ゆづを除けば、誰にでも表彰台のチャンスがある、おもしろい展開です。
スケカナでPB更新、勢いに乗るキーガン。
このところ実力を発揮できていない友野君が会心の演技ができれば表彰台は近い。
フィンランドではどうしちゃったのかコリャダ君ですが、200点台後半は余裕で出せる実力があります。あの美しいスケーティングに4回転が複数決まればゆづに迫る得点も夢じゃない。

みんなが調子よければ…
ゆづ、コリャダ君、キーガン、友野君の順かなと思いますが、なかなかねえ(汗)
注目は4Aを練習しているというドミトリエフ。
ラズキン、クヴィテラスシビリ、ケリー、いい演技なら上位もありそうですが、けっこう波があるからね。
クラスノジョンはすてきだなと思っているのですが、今季のプロがちょっとなあ(汗)

予想順位
ゆづ キーガン コリャダ君 友野君

友野君に表彰台に乗ってほしいけれど、なかなか押せない。すまん。
コリャダ君は優勝してもファイナルはないかな(涙)
この4人以外で表彰台というのも思いつかない、すまん。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●女子
ザギトワの優勝は濃厚。ここに迫るのは誰?という、王者に迫るその他大勢(すまん)
ザギトワがどこまで負けなしで行くかはわかりません。意外ともろいかも?と思っている私です。年齢による変化、ルール変更もありますし、レベルアップしている選手も多いからです。
とはいえ今回は、ミスを2〜3つしても、余裕で勝てそうな予感。

表彰台候補は、まこちゃん、優奈ちゃん、ウンス、サモデュロワ、もしかしてツルちゃん。
う〜ん、混戦?
まこちゃんは、リーザとメドのいる激戦区スケカナで200点越え2位、この演技ができれば表彰台は濃厚。
サモデュロワはスケアメ3位、高得点もありそう。ロシアの何番手くらいになるのだろう。
ツルちゃんが実力を発揮できれば表彰台は近い。
ウンスはちょっと地味な存在ですが、このところ表彰台一歩手前くらいの位置にいます。表彰台も十分考えられます。
優奈ちゃんもいつ表彰台にきてもおかしくない存在。まずはスピードにのったスケーティングで。

そしてグレイシーが競技に戻ってきてくれました。どんな状況かはまったくわかりませんが、期待しています。ジャンプはともかく、スケーティングの魅力はそのままだといいなあ。
ツルスカヤもすてきなんですが、まだ力を出し切れていない感じ。

予想順位
ザギトワ まこちゃん サモデュロワ ウンス

2位以下はわかりませんねえ。
まこちゃん2位以上なら自力でファイナル。がんばれ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ペア
タラモロがぶっちぎりで勝たなくてはならない大会と言えるでしょう。
同国のエンベルト組が、GPSで勢いに乗っています。彼らのPBを越えたいですね。

2位は、グアリゼ組かフィンランド大会3位のパブリュチェンコ&コダイシンかな。
あとはキーファー組かな。
知らない選手も多いのでなんとも。

予想順位
タラモロ コダイシン組 グアリゼ組
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●アイスダンス
フィンランド1位、ステブキが優勝候補筆頭と言っていいでしょう。
続くのはハリャービン組とポノマレンコ組。
ロシアのあと2組は知らないのですが、あ、ニコライのお嬢ちゃんだ。そういえばアイスダンス始めたとか、どこかで聞きました。クリスマス・オン・アイスではまだ子どもでしたが、もう17歳か。

Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN
Annabelle MOROZOV / Andrei BAGIN
Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN
ロシアは、バジンとバギンとブキン…という、変なユニットみたいな並び(笑)
どのカテゴリーも、下からどんどん新しい選手が出てきます。

日本からは小松原組がエントリー。一つでも上の順位になるといいなあ。
リトアニアからアリソン。リード兄弟で現役はアリソンのみ?

予想順位
ステブキ ハリャービン ポノマレンコ

2位以下はわからない。
絶対王者がいないメジャーな大会、名を上げるチャンスです。

ISU Grand Prix of Figure Skating 2018/2019 ポイントランキング
Men Ladies Pairs Ice Dance

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

すすきの原っぱ

2018年11月15日
2018111101.jpg

あはれいかに草葉の露のこぼるらむ秋風立ちぬ宮城野の原
西行

草葉の露がこぼれているだろうなあ、秋風が吹き始めた宮城野原は。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

山椒の実

2018年11月15日


11月、山椒はまだ青々としています。
黒い実を見つけました。青いうちなら収穫してもよかったのですが…気がつきませんでした。
剪定しないと、あっという間に枝が伸びてしまいます。
山椒の何が困るって、鋭い棘がたくさんあり、危なくて近寄れなくなってしまうことです。

2018111107.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

里山の秋

2018年11月14日


我家の辺りも紅葉が見頃になりました。
薄曇りがちょっと残念。

2018111119.jpg

2018111117.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

菊の花

2018年11月13日


植ゑしとき花待ちどほにありし菊うつろふ秋にあはむとや見し
大江千里 古今和歌集

花を楽しみにして植えた菊、今秋の深まりと共に移ろう菊に月日の早さを思う。
丹誠込めて花を育てる。菊の花期は長いけれど、いずれは枯れてしまいます。
ついこの間植えたばかりのような気がしていても、月日はあっという間に過ぎてしまいますね。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

落ち葉

2018年11月13日


木々の紅葉もいいけれど、様々な色形の落ち葉も見ていて飽きません。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

錦の森

2018年11月12日
IMG_0822.jpg

神奈備の三室の山を秋ゆけば錦断ち切る心地こそすれ
壬生忠岑 古今和歌集

神がおられるような三室の山を行けば、紅葉で仕立てた錦の衣を着ているような気持ちになる。

「神奈備(かむなび・かんなび・かみなび)」とは、神や御霊が宿る神聖な場所のこと。
鮮やかな紅葉の森を歩いていると、まるで紅葉の中に浮かんでいるような気持ちになりました。「紅葉を着ている」という気持ちもわかるような気がします。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

赤い紅葉

2018年11月12日


心をば深き紅葉の色にそめて別れゆくや散るになるらむ
西行

この気持ちを紅のもみじに染めて別れましょう。それが散ることですから。
赤は深い情念を思わせます。その気持ちを紅葉の色に込めて置いて行く。男女の別れがもみじが散るように美しいなら…と思いましたが、これは西行、俗世間との決別を詠んだものでしょうか。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

アカザの紅葉

2018年11月12日


赤い草むらがありました。
花が咲いているのかと思うと、赤く紅葉したアカザでした。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

秋の川辺

2018年11月09日



心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ
西行 新古今和歌集

世を捨てたこの身でも心にしみる、鴫の飛び立つ秋の夕暮れには。

我が近所には、鴫はいませんが、シラサギはよく見かけます。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »