FC2ブログ

5月の散歩道

2019年05月30日


いきなり真夏のような暑さになりぐったりしてました。
休日、暑さを避けて夕方散歩に出かけると、アカツメクササやシロツメクサが目立つようになりました。

2019052612.jpg
現れた猫は我家の飼い猫、散歩に連れて行くわけにはいかないので、追い払うと、つまらなそうに引き返して行きました。

2019052602.jpg

2019052604.jpg
水田のあぜ道を彩るのは、スイバの花。
ちょっと前まで新芽を食べようかなと思っていましたが、すでに遅い(笑)

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

卯の花の垣根

2019年05月29日


卯の花の咲きぬる時は白たへの波もて結へる垣根とぞ見る
大宰大弐重家 新古今和歌集

卯の花が咲く垣根は、真っ白な波で結んだように見えました。

卯の花(うのはな)はウツギの別名。
ぱらっとしか花をつけない我家のウツギと違って、びっしりと花をつけた近所のお宅、まさに白波のようでした。

2019051916.jpg

2019051914.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

アヤメ

2019年05月28日


なつかしきあやめの水の行方かな  
高浜虚子

この暑さでも瑞々しい花を咲かせているアヤメ。
それにしても暑い、35℃前後、まだ5月なんですが(汗)

2019051908.jpg

アヤメと同じ色のジャーマンアイリス、ぱっと咲いてぱっと終わってしまいました。

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

シャガ

2019年05月27日


紫の斑の仏めく著莪の花」
高浜虚子

仏…ああ、なんとなくわかりますね。

2019051905.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

花盛りの家

2019年05月27日
2019051913.jpg

家人が野菜の苗を譲ってもらいにやって来たお宅は、花盛り。
雑然としているのですが、とても楽しい。


ケマンソウ。別名タイツリソウ(鯛釣り草)、鯛の形に似てるから…そのまんまですねえ。

2019051912.jpg
たぶんフクロナデシコ。

2019051910.jpg
たぶんローダンセマム。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

茶摘みをして新茶を作ってみる 2019

2019年05月26日


昨年、ほぼ野生化しているお茶の木から茶摘みをして、新茶を作ってみましたが、今年もそんな季節がやってきました。
懲りずにやってきたお茶の木は、背後に森があり、日当りのいい南側の斜面。
昨年は近くにクマも出没したりして…やれやれ(大丈夫です)

以前の記事
茶摘みをして新茶を作ってみる 2018年05月02日

2019051516.jpg
お茶の木は、アケビに難癖をつけられて、絡まれています(汗)
そうはいってもこれくらい大きくなれば、けっこう丈夫なお茶の木です。

2019051507.jpg
これくらいが摘み頃。きれいな葉っぱです。

2019051517.jpg
昨年の課題を参考にできたお茶がこちら、だいたい20gくらい。
さて、できあがったお茶は、見た目も香りも上等のお茶ですが…

2019051909.jpg
昨年よりはだいぶお茶らしくなりましたが、やはり出というか、味は薄目。中国緑茶の入れ方を参考に、小さなガラスのぐい飲みで入れてみました。
おいしく入り、ひとまず満足。
お茶づくりは経験ですかねえ、機会があれば、また来年もやってみたいと思います。

野の食卓・スローライフ | Comments(0) | Trackback(0)

さやえんどうの季節

2019年05月25日


さやえんどうの花盛り、スイトピーに似たかわいい花です。
もりろん観賞用ではなく、食べる用です。

2019051502.jpg

2019051504.jpg

だんだんと食べごろのさやえんどうができてきました。
我が地方では、さやえんどうを「三度豆」とも言いますが、ネットで見ていると、三度豆とはさやいんげんのことを指すともありいろいろ。
花が次々と咲いて、何度も収穫できるという意味であれば、どちらも該当しますね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ひげ面のパンジー

2019年05月24日
2019051511.jpg

冬から咲いてくれるパンジーもそろそろ終わりです。

パンジーは顔みたいに見える、じいさんの顔に見える…そう言う人は多い。
この筋がたくさんあるパンジーはひげ面のじいさん?…というか、類人猿っぽくも見えます(笑)
でもパーツを見ても、全体を見ても、パンジーってそれほど「顔」じゃないような気もするのですが、どうして顔に見えてしまうんでしょうかねえ。
動物の顔に見えるのではなく、人の顔に見えるってところが不思議です。
脳には「人の顔」を認識する領域があるそうですが、そこに特徴というか、ピンポイントで反応させるからでしょうか?(笑)

2019051513.jpg
人もいろいろだけど、パンジーもいろいろあります。

2019051514.jpg

2019051512.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

白ツツジ

2019年05月23日


栲領巾の鷺坂山の白つつじ 我れににほはね妹に示さむ
柿本人麻呂 万葉集

栲領巾(たくひれ)はスカーフみたいなもの、鷺坂山(さぎさかやま)は京都の山。
白いスカーフのような鷺坂山の白いツツジよ、その純白を私に染めつけておくれ、愛しい人に見せるから。
白は純潔という意味合いもあるのではとのこと。
ツツジの白はさわやか、とても清潔感のある白ですよね。

2019051903.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

エニシダ

2019年05月22日
2019051901.jpg

えにしだの黄色は雨もさまし得ず
高浜虚子

明るい日差しがエニシダの黄色をいっそう輝かせていました。
意外と花期が短いんですよね。

2019051904.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

葱坊主

2019年05月22日


泊まることにしてふるさとの葱坊主 
山頭火

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

コズミック フロント☆NEXT▽プラネット・ハンター 地球外生命探査の最前線

2019年05月21日
コズミック フロント☆NEXT
プラネット・ハンター 地球外生命探査の最前線
BSプレミアム 初回放送 5月16日(木)22:00〜
再放送 5月22日(水)23:45〜
地球外生命が住む惑星を探す科学者たち、それが「プラネットハンター」。新進気鋭の惑星科学者・成田憲保氏は、太陽系外惑星の探査を担うプラネットハンターだ。分かりやすい語り口で一般向けの講演会は女性を中心に満員になるほどの人気。次世代のサイエンスコミュニケーターとしても大きな期待を集めている。成田さんをプレゼンターとして、地球外生命探査の最前線にいざなう!

子どもの頃からSFをたくさん読んできて、宇宙人にはわりとなじみがあるのですが(笑)、では、いざ宇宙人に会えるのかというと、まあそう簡単ではあるまいと(笑)
実際に地球型の惑星がある確率は、天の川銀河だけでも(星の数ほど!あるので)高そうな気もしますが、宇宙はとにかく広い…広すぎて、遠すぎて、人の寿命のスケール、時間ではたどり着けそうにない、光速で移動できる手段でもない限り…そこに生命体がいたとしても、今のところ会えそうにないのが現実です。

そんな夢物語だった宇宙人との遭遇に一歩近づいたかも?しれない、宇宙をめぐる最前線が今回の番組。
プラネットハンターの目的は、太陽系外で地球っぽい惑星を探すこと、できたらそこに生命体かその痕跡をみつけることです。
出かけるのは大変なので(爆)観測でです。
その観測技術がすごいですねえ。ここまで来たのかと感動です。
例えば40光年も離れた位置で水が液体で存在する環境(ハビタブルゾーン)の岩石惑星を観測だけでいくつも発見。恒星の光の増減、惑星の色によって惑星を構成する成分まで推測できるのがすごいです。
ただ、太陽のような重く明るい恒星は少数で、もっと小さい恒星である赤色矮星で地球に近い岩石惑星が見つかっています。温度の低い赤色矮星のハビタブルゾーンは、恒星にとても近いため特殊な環境でもある。それでも生命は存在できるのでは?とういうのが最近の研究です。

生命を育む環境と言っても、ワレワレハ…で始まる異星人ではなく(笑)バクテリアレベルからの話です。
たとえ生命を育む環境があったとして、そこに知的生命体が進化するには何万年もの安定した環境が必要です。太陽系には始終飛んでくる小惑星や隕石を吸収してくれる木星のような巨大惑星がある。また地球には太陽風から守ってくれる磁場があります。
そう考えると、やはり難しいか?
人類が将来住むことができそうな惑星はどれくらいあるでしょうか?地球は稀有な存在、そういう説もあります。
ぶっちゃけ、地球型の惑星にワレワレハ…と言いかねない宇宙人がいたとしても、やっぱり遠すぎてそう簡単には会えそうにないですが。

スターウォーズのような星間戦争や異星人が集う酒場、そんな光景はいったいいつ見られるのか、見られないのか?
道のりはまだまだ遠い…。
そのぶん妄想が膨らむので、それはそれでいいんですが。

ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)

すみれ

2019年05月21日
2019051294.jpg

ふるさとと荒れゆく庭のつぼすみれ ただこれのみや春をしるらん
藤原定家

木のうろに咲くタチツボスミレ(立坪菫)。
誰が植えたわけでもなく。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ツクバネウツギの花

2019年05月21日
2019051509.jpg

ツクバネウツギ(衝羽根空木)の花はなんとなく福々しい。
花はあっという間に終わってしまう。雨ならなおさら早くなる。

2019051510.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

塩沢温泉のヤシオツツジ

2019年05月20日
2019051292.jpg

国道115号線の二本松市塩沢温泉、塩沢スキー場周辺は、ヤシオツツジが咲きます。
そろそろかなとよって見ると、新緑の中に紫の花をみつけました。

2019051293.jpg
まだ咲き始め、新緑とヤシオツツジが鮮やかです。

2019051291.jpg

2019051290.jpg
塩沢スキー場(安達太良山塩沢登山口)へ向かう林道は緑のトンネルです。
時おりはらはらと桜の花びらが落ちてきます。見上げるとうっすらと山桜が見えました。

2019051289.jpg

花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

ヤマナシの花

2019年05月19日
2019051285.jpg

びっき沼のほとり、りんごによく似た花が咲いています。ズミだと思いましたが、どうも違う?調べてみると、梨の野生種ヤマナシの花のような気もします。
実になれば、梨の実は特徴があるのでわかりそう。
それはさておき、花が美しいので見とれてます。

2019051286.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

新緑のびっき沼

2019年05月19日
2019051272.jpg

福島市土湯温泉、新緑ののびっき沼にやってきました。
水芭蕉やカタクリが咲く頃は人もやってきますが、花が終わった今はとても静かです。
新緑は美しく、今の季節のびっき沼も好きです。



2019051274.jpg
沼を一周できる道があります。

2019051275.jpg
ばさばさに茂っている葉は水芭蕉。
畑の作物のよう、環境さえあえば、水芭蕉はとても強いんですよね。

2019051276.jpg
ヤマツツジはまだつぼみ。

2019051277.jpg
見上げればまだ早春の木々。
今の時期は標高によって季節の進み具合が全く違います。ドライブや散策をしていると、早春と晩春を行ったり来たりすることになります。

2019051278.jpg

2019051279.jpg
これはホウチャクソウかな。

2019051280.jpg
ヒトリシズカ(1人静)が5〜6人(笑)

2019051281.jpg
リュウキンカ

2019051282.jpg
いいですよねえ!
リュウキンカは緑の中に鮮やかな黄色で、わりと目立つ花ですが、この時期は水芭蕉の葉が大きくなるので隠れて見えないんですよね。

2019051283.jpg
静かです。

2019051284.jpg
沼一周するころ、日当りのいいところで咲いていたヤマツツジ。


トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)

行く春、散る桜

2019年05月18日


残りなく散るぞめでたき桜花 ありて世の中はての憂ければ
詠み人知らず 古今和歌集

桜はきれいさっぱり散ってしまうのがいい、いつまでもあれば嫌になってしまうのが世の中なのだから。

散り始めた桜に夕日があたり、行く春を感じます。
今年もたくさんの桜が見られて感謝。



日記 | Comments(0) | Trackback(0)

塩沢温泉の山桜

2019年05月18日
2019051297.jpg
塩沢温泉の麓で桜が咲いています。
もう5月中旬、花びらが舞い、散り始めですが、まだまだきれい。ここで見られるとは思っていませんでした。

2019051298.jpg

山桜にもたくさんの種類があり、咲く時期はまちまちです。
ソメイヨシノのように一斉に咲かないところがおもしろいところです。

2019051299.jpg
桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

藤波

2019年05月18日
2019051206.jpg

藤波の花は盛りになりにけり 奈良の都を思ほすや君
大伴四綱 万葉集

我が盛りまたをちめやもほとほとに 奈良の都を見ずかなりなむ       
大伴旅人 万葉集

藤の花が満開になりました。奈良の都を懐かしく思っていらっしゃいますか。
大宰府長官である大伴四綱が、都から左遷されてきた大伴旅人におくります。
旅人は、また京に戻り自分の時代が戻ってくるだろうか、もう京の都を見ることもないだろう…とこたえます。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

上野寺の藤

2019年05月17日
2019051261.jpg

2019051259.jpg

福島市上野寺の藤が見頃と聞いてやってきました。通称「高湯街道」沿い、高速道路の吾妻PAの近くです。
個人宅の庭を一般公開。見頃とあって人が絶えません。(2019年5月12日)

上野寺の藤 一般社団法人 福島市観光コンベンション協会

2019051262.jpg
目の前に広がる藤色のシャワー、見事としか言いようないです。

2019051256.jpg
代々の民家の一角が藤棚です。

2019051263.jpg
それほど古い木ではないそうですが、風格のある堂々とした木が数本あり藤棚を作っているようです。

2019051252.jpg
藤棚の下にはあちこちのベンチが設けられ、家主がお茶を振る舞ってくれます。
ひっきりなしに、いろいろな人がやってきますが、花の下は居心地がよくて、ゆっくり花を観賞できます。

2019051255.jpg
花穂が長くなる種類だそうです。ほんとはもっと長くなるんだけど、枝を伸ばしているので(藤棚を広げているので)今年はあまり長くならないとか。十分長いです!

2019051266.jpg
藤棚は只今延伸中。


きちんと整えられた道

2019051253.jpg
このボリューム、藤は支柱も大変なんですよね。

2019051254.jpg
藤棚の東は空き地を挟んで吾妻SA。

2019051258.jpg
午後は逆光でぼんやりしていますが、西に吾妻山の雪うさぎが見えます。

2019051257.jpg
アヤメも咲き始めています。もうそんな季節。

2019051264.jpg
美しい黄色の牡丹が咲いていました。

2019051265.jpg
白い花の大きな木があり、近寄ってみると、桜に白藤が絡み付いていました。

2019051260.jpg

花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

霞む夕暮れ

2019年05月17日


ながむれば思ひやるべきかたぞなき春のかぎりの夕暮の空
式子内親王 千載和歌集

春も終わりの夕暮れの空をぼんやり眺めている。行き場のない思いを抱えて。

薄曇り夕暮れをぼんやり見ていたら、もう5時過ぎです。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

霞ヶ城公園の藤

2019年05月16日
2019051205.jpg

2019051203.jpg

出かけたついで、そろそろ見頃かなとやってきた二本松市、霞ヶ城公園の藤棚です。
駐車場に停めた車を出たとたん、藤の甘い香りが漂っていて、咲いているなとわかります。(2019年5月11日撮影)

県立霞ヶ城公園 | 二本松市観光連盟

2019051211.jpg


柔らかな緑と紫の組み合わせが美しい。

2019051213.jpg

2019051204.jpg
夕方、日中の暑さがやわらぎ、ぽつぽつと絶えなく人がやって来ます。
写真を撮ったり、ベンチでくつろいだり、ゆったりと時間が流れていきます。

2019051207.jpg
藤棚は四角い池の2辺にそっています。

2019051202.jpg
紫と白い藤があります。

2019051208.jpg
モリモリの白い藤

2019051209.jpg
池の向こうはツツジ、そして茶室

2019051210.jpg
公園の緑もだいぶ濃くなってきました。

2019051212.jpg

2019051214.jpg
午後5時、日も暮れてきました。

花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

秩父山中 花のあとさき・最終章~ムツばあさんの歳月

2019年05月15日
秩父山中 花のあとさき・最終章~ムツばあさんの歳月~
2019年5月11日(土) 午後6時00分(90分)
秩父の山間にある小さな集落の物語。春、今は誰も住民がいないのに花が咲く。平成13年から取材を続け大きな反響を呼んだシリーズ「秩父山中・花のあとさき」その最終章。
秩父の山間にある楢尾集落では、今は誰も住民がいないのに、春、あちこちに花が咲く。ハナモモ、ツツジ、レンギョウ・・かつてここで暮らしていた小林ムツさんが植えた花々だ。ムツさんは、体の衰えで世話できなくなった斜面の畑に、一万本にも上る花を植えてきた。「畑が荒れ果てていくのは申し訳ない。せめて花を咲かせて、山に還したい」。ムツさんが85歳で亡くなって10年。思い描いていた花の風景が、春の楢尾に広がる。


「秩父山中 花のあとさき」は大好きな番組でした。
ムツさんが亡くなり10年、その後あの集落はどうなっているのかなと思うことがありました。
過疎と高齢化が進み、住む人がいなくなっていく限界集落は日本全国にあります。そうした集落の一つが、ムツさんが暮らしていた集落。
田舎では、訪ねれば誰にでもお茶をふるまい、おしゃべりに花が咲く。どこにでもいそうで、けれどもムツさんは無二の存在なのかもしれません。

高齢になり畑仕事もままならなくなってきたムツさん夫婦は、畑を一つずつ閉じ、花木を植えていました。
「もしいつか、山に人が戻ってきたら、きれいな花が咲いていたらどんなにうれしかろう」
ムツさんが亡くなり、唯一暮らしていた武さん夫妻が、ムツさんの意志を引き継ごうと、花の手入れをしてきましたが、その武さん夫妻も亡くなり、楢尾集落に住む人はいなくなりました。

先代が苦労して切り拓いた土地でも、山間地で農業を営むことは、経済的にも生活するにも難しい。子ども世代はここを離れていく。ごく普通の感覚、一般的な価値観であればそうなると思います。
よほどの志や起業家でもあれば別にしても。
だんだんと人がいなくなってしまうことも、また老いることも受け入れるしかないのです。
このまま集落が荒れ果てていくのもしかたがないのかもしれない。

ところが荒れたところも多いけれど、集落は今も美しい。住む人がいないとは思えません。
花や紅葉の頃はたくさんの人が訪れ、番組をきっかけにボランティアで手入れをする人もいる。
都会に出てしまったけれど、無人の家を折にふれ訪れ、手入れをしている子ども世代もいます…子ども世代と言っても、リタイア世代なんですが。
祭事も復活させようとしています。
朽ちていく家がそのままでも、誰も責めることはないと思うのですが。やっぱりそのままにはしておけないんですよね。この感覚はある程度年を重ねないとわからないかもしれません。

これから集落がどうなっていくのかはわかりません。
番組HPにディレクターのコメントが載っていて、これまでの歳月の重みが感じられます。

楢尾集落を見下ろす場面、対面の山にも集落があります。あの集落は人が暮らしているだろうか?とふと思います。
最近、テレ朝の「ぽつんと一軒家」をよく見ていますが、限界集落がたびたびでてきます。代々の畑を守りながら暮らすことの思いや苦労、守ってほしいと思いつつも、やむを得ない状況も多々ありますね。
----------------------------------------------------
以前の記事(もう10年前!)
秩父山中 花のあとさき~ムツばあさんのいない春~ 2009年07月21日

ドキュメンタリー | Comments(2) | Trackback(0)

りんごの花

2019年05月15日
2019042715.jpg

近所の果樹園でりんごの花が咲きました。
まだまだ若木、そして、やる気があるのかないのかイマイチわからない果樹園なのですが(汗)今年もりんごの花はかわいらしく、美しく咲きました。



2019042717.jpg

2019042719.jpg
近くでは菜の花が花盛り。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

石榴の芽吹き

2019年05月15日
2019050606.jpg

緑が日に日に濃くなる今日この頃、枯れ木のようだった石榴がようやく芽吹き始めました。
新芽は濃い赤、青空に映えますね。



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

葉牡丹の春

2019年05月15日


近所をぶらぶら散歩していると、紫の茎の菜の花。ちょっと変わった菜の花。
よく見ると、冬の庭の定番、葉牡丹です。
なるほどキャベツの仲間、なるほどアブラナ科の花、菜の花ですね。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

額取山と大将旗山、5月上旬の花

2019年05月14日
2019050475_201905131947548f8.jpg

新緑を楽しもうとやって来た大将旗山〜額取山トレッキングですが、想像以上に春は浅かったです(2019年5月4日)
地上ではソメイヨシノなど定番の桜は終わり、うぐいす色の山々に山桜が咲いていました。


ショウジョウバカマ
まず見たのがこれ、早春の花ですよねえ。

2019050424.jpg
色彩の少ない山を歩いていて、最も明るい色だったのが黄緑色のネコヤナギ。
ひとくくりにネコヤナギとしていますが、特定は難しいですね、葉がないし、花芽もどんどん育つと別の植物のようにみえたりするので。

2019050456.jpg

2019050457.jpg

2019050446.jpg
いろいろなネコヤナギがありました。

2019050432.jpg
アズマギク、まだ青っぽいつぼみ。

2019050433.jpg
その後に花をみつけました。デイジーのようなかわいい花です。
まだ寒いせいでしょう、草丈は低く地面にくっつくようです。

2019050469.jpg
キジムシロかな?

2019050471.jpg
ピンク色のすみれがあちこちで、光が強すぎてなかなか上手く撮れない。

2019050476.jpg

2019050439.jpg
日当りのいい雑木林では春の定番カタクリ。

2019050461.jpg
群生するときれいですが、ちょっとまばらかな。

2019050445.jpg
勢い良く育っているコバイケイソウ、右はトリカブト。ここはトリカブトの群生地です。

2019050447.jpg
ヤマエンゴサク

2019050448.jpg
たぶんカワラタケ

2019050453.jpg
ヒカゲノカズラ
トリフィド!トリフィド!わかる人だけわかればいい(笑)

2019050477.jpg
キクザキイチゲ、あちこちで見られました。

2019050458.jpg
キクザキイチゲは花弁(正確には萼片)の数がいろいろですが、ざっと数えて22枚、こんなに多くてもキクザキイチゲなのかな?園芸種ではないですし。

2019050463.jpg
ヒメイチゲ
キクザキイチゲと同じイチリンソウの仲間ですが、ヒメイチゲの花はとても小さい、ツメくらいの大きさ。

2019050464.jpg
これはなんだっけ?いろいろ調べたところ、ツルシキミかな?

2019050465.jpg
オウレンの仲間、たぶんセリバオウレン。

2019050474.jpg

額取山は早春の花々、そして眼下の山々では山桜がきれいでした。山桜は不思議なもので、近くに寄ると見えない…しろっぽい花なので、空を背景にすると見えにくいことが多いのです。
山歩きをしながら、遠く山を眺めるとぽっぽっと、たくさんの桜色が見え、こんなにたくさん桜があるのだなあと実感します。この日の主役は、山桜だったかもしれません。

トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)

額取山トレッキング 2019年春

2019年05月13日
2019050441.jpg

2019050455.jpg

春の額取山を歩いてきました(2019年5月4日)
晴天で磐梯山から安達太良山まで眺めは最高です。
GWは暖かい日も多く、新緑が良さそうでは想像してきたのですが、額取山は思いのほか早春、…というか冬っぽかったです。
ルートはいつものように、御霊櫃峠から大将旗山、額取山を縦走、往復するルートです。

額取山(安積山)|郡山市観光協会 - 郡山市観光案内所
額取山(安積山)・大将旗山~登山ルートなど紹介します~


登山口の御霊櫃峠そのものが標高が高く、ここまで車で来ただけで眺めを楽しむことができます。
猪苗代湖はすぐそこです。

2019050422.jpg
郡山の平野の方を望みます。

2019050425.jpg
あちこちにまだ雪渓、あたりは春まだ早い感じです。

2019050427.jpg

2019050426.jpg
傾斜が一番キツい場所、両手を使って登ります。

2019050428.jpg
ちょっと休憩、山々がうっすら春の色、なんとも言えない美しさ。

2019050429.jpg
いつ来ても美しい林、春先は緑が少ない分、からりと明るいのがいいのです。
ここは平坦で、呼吸整えるようなに歩くことが出来ます。このコースで登る額取山は標高差が少ないですが、2つの山を縦走するので上り下りの繰り返しなのです。

2019050430.jpg
カタクリも咲いています。

2019050475_201905111551116cc.jpg
鮮やかだったのは黄色いネコヤナギ。

2019050435.jpg
最初の目的地、大将旗山に着きました。額取山(1009m)より大将旗山(1056)の方が標高があります。

2019050431.jpg
視界が開け、磐梯山と猪苗代湖が見えてきました。
磐梯山の向こうに見えるのは白い雲ではなく飯豊山、まっしろな雪山です。

2019050434.jpg
この位置からの磐梯山はかっこいいなあ!

2019050436.jpg
南西の方向、猪苗代湖の対岸に風力発電が並ぶ布引高原、その向こう、右端に三角のおむすび並べたみたいな山は二岐山、左に連なるのはその先の那須の山々。

2019050437.jpg
まだマンサクが咲いています。まだ早春なのです。

2019050443.jpg
足元にはショウジョウバカマ。

2019050438.jpg
ツツジのつぼみも固い。ツツジの多い山なので、満開なら見事でしょうねえ。

2019050440.jpg
額取山が見えてきました。右端の台形の山です。遠くの山は安達太良山。

2019050442.jpg
郡山の平野の方を見ると、水田には水が入っていることがわかります。郡山市と周辺は米どころ。ブランドしてはちょっと弱いのですが、おいしいお米が取れます。

2019050450.jpg
再びの雪渓、まもなく消えるとは思うけれど。

2019050451.jpg

2019050454.jpg
頂上に着きました!

2019050452.jpg
猪苗代湖と磐梯山のパノラマが最高です。飯豊山も見えます。
この眺めが額取山登山の魅力です。

2019050460.jpg
北には安達太良山。こっちもきれいです。

2019050467.jpg
霞んでいた山にぽつぽつと咲く山桜が美しい。この日はとても暖かく、私が数時間歩いている間にも春が進んだような印象です。
頂上に着いたのはまだ早い時間だったので、しばらく休憩してから大将旗山まで戻ってランチにします。

2019050468.jpg

2019050470.jpg
だいぶ戻ってきました。大将旗山の手前の岩場はロッククライミングもやっているらしい。

2019050472.jpg
登山口が見えてきました。駐車場はだいぶ混雑、混雑を予想して早めにきて良かった。もう少し駐車場があってもいいんですが。

2019050473.jpg
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)

藤の咲く頃

2019年05月12日


恋しけば形見にせむと我がやどに植ゑし藤波今咲きにけり
山部赤人 万葉集

恋しい人の思い出にしようと植えた藤の花が今咲いています。

近所の藤が咲き始めました。甘い香りが漂っています。
山の藤が咲くのはもう少しあとかな。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »