FC2ブログ

ペグマタイト岩脈〜郡山市

2019年06月30日
2019061632.jpg

鹿嶋大神宮のペグマタイト岩脈にやってきました。先々週、親戚連れて郡山市と三春町をうろうろしていた時に、看板を見つけ行ってみたいと…ずいぶんマニアックな提案をする親戚たちです。
記事を書くのが遅くなりましたが、ペグマタイトって何?ってところから調べてみようと思っているうちに時間が過ぎてしまいました。

2019061626.jpg
ついてみると、巨大なペグマタイトが目の前に。

2019061624.jpg

ペグマタイトの巨石と神社のぶつかり合い…的な鹿嶋大神宮。迫力あります。
郡山市の西部にはあちこちに「ペグマタイト岩脈」の案内看板があり、以前から知ってはいたんですが、来てみると神社の中にあるんですね。というか、ペグマタイトの巨石の中に神社があるのか?

2019061633.jpg

鹿嶋大神宮・ペグマタイト岩脈 郡山市観光協会

鹿島大神宮
此の岩石は、通称珪石(けいせいき:成分は主に石英)と言っております。この地方に大変多く産出した鉱物で、昭和10年代から昭和30年前半まで大きな鉱山が有り沢山採掘しておりましたが、現在は採掘し尽くしてしまった状態です。
この鉱石の用途は、ガラス、光学レンズ、光ファイバーの原料、又珪素(ケイ素)を含んでいることから、船舶用の珪素鉄を作るときの媒介物として戦時中は多く使われたものです。日本国内では、産出する地域が少ないので現在は殆ど海外からの輸入となっているようです。この様な状況で残っているのは、国内一ケ所であり、学術上からも大変貴重な鉱物で「国指定の天然記念物」になっております。
古来日本には、磐座、磐境の信仰があり、この様な巨岩には神様がお鎮りされる御神体として崇めたものであり、ここに鹿島大神宮の大神様を祭祀(おまつり)したもので、この巨岩を神社の御神体として信仰したものであります。


巨岩をご神体として神社ができたのは781年、そんなに古いんですねえ。
ペグマタイトは種類はあるものの、ここの場合は 花崗岩質ペグマタイト(巨晶花崗岩)。主にガラスやレンズ、船舶用の媒介物ととして利用とあります。
昭和10年代から約20年くらいで採掘されつくされてしまったとありますが、あっという間ではないかと思います。戦時中は重要な資源だったのでしょうね。



ペグマタイト(pegmatite)
リチウム、ベリリウム、その他希元素の鉱床の母体になるほか、晶洞には水晶、ざくろ石(ガーネット)、ベリル(アクアマリン)、トパーズ、リチア電気石(トルマリン)などの宝石鉱物がしばしば産する。

リチウムってことは電池の材料、おおー宝石も取れるのか…と一瞬思いますが、…そういうこともあるってくらいですね(笑)

2019061625.jpg
境内にはご神木と思われる杉の巨木。

2019061629.jpg
神社の裏手には、道らしきものがあり、行ってみることに。裏山ですね。うっそうとした森にペグマタイトがあちこちに露出しています。ここは一大産地だったんですね。

2019061627.jpg
小さな神様がいっぱい。こういうものにくわしくはないので。

2019061628.jpg
散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

梅雨空のタチアオイ

2019年06月30日
2019062202.jpg

梅雨の花といえば、あじさいの次に思い浮かべるのがタチアオイ。
今が見頃、我家も近所も花盛りです。
思いのほか種類が多く、似てると思っても花弁の数が多かったり、色のバリエーションも豊富、散歩しながらいろいろ比べてみるのも楽しい。

2019062205.jpg



2019062207.jpg

水田の土手に咲く、この黒に近い赤は、ここでしか見ないタチアオイ。
晴天の時はより黒っぽく、曇り空だとワインレッドのような赤が、シブかっこいい。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

アジサイ、アナベル

2019年06月29日
2019062211.jpg

近所で見かけたアナベル。ここ数年よく見かけるようになりました。
かわいらしい小花がびっしり咲きます。庭の主役というよりは、濃い色の花、華やかな花と合わせるといい感じですね。
あじさいではないけれど、オオテマリにちょっと似てますね。

2019062210.jpg

北アメリカに自生する野生種を品種改良したとか。
魅力はなんといっても色の変化でしょうか。緑色の小さなつぼみから、淡い黄緑、そして白くこんもりと咲くまで。
一株の中で緑のグラデーションをいろいろ楽しめます。

2019062212.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ヘビイチゴの果実

2019年06月28日


ヘビイチゴの赤がきれいです。
蛇苺…という名前がついたばかりに、毒があるように思いますが、毒はありません。食べてもおいしくないだけで…という私も食べたことはない(汗)

2019061630.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

6月の桔梗

2019年06月27日
2019062218.jpg

桔梗咲て何れも花のいそぎかな
加藤暁台

真夏のイメージがある桔梗(桔梗)が、もう咲いていました。
我家ではあじさいもまだ色づかないのに、早いなあ。
ちょっと蒸し暑い日、桔梗の紫はきりっと美しい。

2019062219.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

センダンの花

2019年06月26日


とある神社、高い木に白く細かい花が咲いています。なんだろうと近づいてみると、たくさんの花が落ちています。
5枚の花弁に、濃い紫の雄しべが筒状、小さいけれどとても個性的な形をしています。
「木に咲く白い花」というと漠然として種類も多いので、調べるに時間がかかりました。
センダン(栴檀)の花でした。

センダンは冬、球状の実が目立つので知っていましたが、こんな花なんですね。実を調べた時は、花も写真で確認しているはずなんですが、全く気がつきませんでした。

2019061636.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

カモガヤ

2019年06月26日


牧草地は一面のカモガヤでした。
牧草として日本に入って来たのが1960年代、その後全国で爆発的に増えました。今では花粉症のアレルゲンとして有名になりましたね。
別名絹糸草、英名オーチャード・グラス…なんておしゃれな名前。

2019062217.jpg
近くには栗の花、地味ですがどこもかしこも花盛りの初夏です。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

バラのしずく

2019年06月25日
2019061212.jpg

バラに雨。しずくが美しくて、宝石のよう。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

夏至も過ぎて

2019年06月25日


なが日すらながめて夏をくらすかな 吹きくる風に身をばまかせて
曾禰好忠 好忠集

長い一日を物思いにふけりながら過ごす夏かな、吹く風に身をまかせて。

梅雨のさなか、気がつけば夏至が過ぎていました。
ここからまた日が少しずつ短くなっていくのですね。

2019061207.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

GPF2019-20 アサイン出たよ。

2019年06月24日
とりあえず自分用データまとめ。予想はこれから〜。
どこに出てもキツいですなあ、特に女子(汗)

ISU Grand Prix of Figure Skating 2019/20
Men Ladies Pair Ice Dance
---------------------------------------------------
スケアメ、スケカナ、フランス、チャイナ(復活)、ロステレ、最終戦はNHK。
ファイナルはトリノ
最後まで引っ張る気満々のスケジュールですね!。

Skate America Oct 18 - Oct 20, 2019 Las Vegas /USA
Skate Canada Oct 25 - Oct 27, 2019 Kelowna /CAN
Internationaux de France Nov 01 - Nov 03, 2019 Grenoble /FRA
Cup of China Nov 08 - Nov 10, 2019 Chongqing /CHN
Rostelecom Cup Nov 15 - Nov 17, 2019 Moscow /RUS
NHK Trophy Nov 22 - Nov 24, 2019 Sapporo /JPN
ISU Grand Prix of Figure Skating Final (Senior & Junior) Dec 05 - Dec 08, 2019 Torino /ITA
---------------------------------------------------
ISU World standings
Men Standings
Ladies Standings
Pair Skating Standings
Ice Dance Standings

Seasons World Ranking 2018/19
Men
Ladies
Pair Skating
Ice Dance
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

破竹を探して

2019年06月24日


そういえば、破竹が出ているかもしれない。
…と聞きやって来た里山の竹林、こればかりは天候やタイミングで当たり外れがあります。
最初に見つけたのは下の写真、これは食べごろを当に過ぎてます(汗)

2019061641.jpg

とまあいっても、ガサガサ探るうち食べごろを発見。破竹の場合根元は固いので上だけ折り取ればOK。
皮を剥けば3分の1くらいですが、今日食べる分には十分。我家では主に煮物、アク抜きも必要ないので楽です。
近く食べごろのふきもあり、こちらも収穫です。

梅雨のまっただ中、破竹が出ると、春の山菜はだいたい終わりですね。

2019061640.jpg
野の食卓・スローライフ | Comments(0) | Trackback(0)

梅雨時のあやめ草

2019年06月23日
2019061639.jpg

同じくはととのへて葺けあやめ草さみだれたらば漏りもこそすれ 
金葉集

あやめ草を整えて葺かないと、梅雨に雨漏りがするので。
あやめ草は「菖蒲(ショウブ)」、端午の節句に魔除けとして軒先に差す習慣があったらしい。雨漏りも災いのうちということでしょうか。旧暦でも梅雨の時期ですね。

休耕田の菖蒲が風になびいていました。
我が地方に菖蒲湯の習慣は残っていますが、ショウブを軒に葺く(飾る)風習は聞いたことがありません。
先日NHKの「やまと尼寺 精進日記」を見ていたら、軒にショウブを差していていましたから、西日本に多い習慣なのかな。
ショウブは、水田の際のような湿地に近い環境であれば、いくらでも増えていきます。

2019061638.jpg

華やかな花が咲く花菖蒲(アヤメ科)とは別物、菖蒲はサトイモ科なんですね。
花も気付かないくら地味です。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

雨上がりのデコ屋敷、雪村庵

2019年06月22日
2019061618.jpg

雨の休日、年に数回東京からやってくる親戚を連れて来たのはデコ屋敷。(2019年6月16日)

高柴デコ屋敷|郡山市観光協会
全国的に有名な玩具の故郷。
デコ屋敷と呼ばれ4件の家々が数百年の伝統を守り、張子(はりこ)人形や張子面、三春駒などを作り続け今日に伝えている。
各家が所有する人形木型は、県重要文化財に指定されている。



デコ屋敷 彦治民芸

2019061616.jpg
年月を重ねた古い木型はなかなかの存在感。とはいえ、今のライフスタイルで、こんな大きな張り子やだるまを飾るのは大変ですよね。

2019061617.jpg
カラムシがありました。繊維を取って織るのが「からむし織り」です。
---------------------------------------------------------------------------
2019061619.jpg
続いてやってきたのは雪村庵。ここは「雪村桜」が有名ですが、今はどこもかしこも緑。
昔話のような風景が広がっています。

雪村庵|郡山市観光協会
室町時代の画僧「雪村」が晩年、活動の処とした庵。

雪村周継「四季山水図屏風」特別展示
郡山市立美術館に収蔵されている作品が一般公開された時の案内

2019061621.jpg
緑濃い雪村桜、とても静か。私たち以外誰もいません。

散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

プリンス・ウィリアムズ・パーク英国庭園

2019年06月20日
2019061608.jpg

雨の休日、出かけるには不向きでしたが、公園ならいいかなとやってきた英国庭園。
ついた時は雨が上がりました。バラにはちょっと遅く、また数日間の雨で花々は少しさみしいですが、きれいな公園です。

プリンス・ウィリアムズ・パーク英国庭園
平成27年に英国王室・ウィリアム王子が訪問したことをきっかけに、日英の友好と復興の証として整備しました。庭園内には英国風のローズガーデンやローズアーチ、ガゼボなどが配置されているほか、フォーマル・インフォーマルガーデンにはさまざまな花々が植えられています。

2019061605.jpg

2019061609.jpg
プリンセス・ダイアナ

平成27年に、イギリスのウィリアム王子の来日が決まったおり、王子は福島県に行きたい、福島のものを食べてみたいと発言し、まだまだ風評被害が大きい福島県の人々はとても喜びました。
王子は福島に一泊し。あちこちいらっしゃいました。本宮市には、子どもの遊び場にいらっしゃったこともあり、庭園を作るきっかけとなりました。
…まあ、そのちょっと舞い上がっちゃったかな?(笑)という側面はありますが、このまま美しい公園として維持してもらいたいと思います。

2019061610.jpg
バラ以外にも、クレマチスなどたくさんの花々が植えられています。

2019061612.jpg


ツルバラ用かな、ゴージャスな天涯風のアーチ。
園内のアーチや東屋などはすべて企業からの寄贈のようです。まだできたばかりなので、ツルバラも伸びていません。

2019061613.jpg
恋人達が愛を語り合うベンチ。
今は素通しですが、ドーム状のアーチをつるバラが覆ったら、秘密めいていいかも。

2019061606.jpg
恋人達が愛を語り合う東屋。サウンド・オブ・ミュージックとか思い出します。

2019061642.jpg
とにかくまだこれからの庭園。

2019061643.jpg
そしてこれが今回、私が落ちた池!
ドームのアーチを撮ろうとベストポイントを探り後ずさると、そこには池があったのでした(涙)
ある意味、とても私らしいアクシデント(汗)
雨上がりの泥水に腰まで…カメラが無事でよかった。

2019061604.jpg

2019061607.jpg
隣はしらさわグリーンパーク(球場)、まあつまり公共施設の中に庭園を作ったってことです。前日のイベントがニュースになったこともあり、雨模様でもけっこうな来場者がいました。

2019061614.jpg

2019061611.jpg
散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

雨上がりのアザミ

2019年06月19日


あざみあざやかにあさのあめあがり
山頭火

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

昼顔の咲く茂み

2019年06月19日


高円の野辺のかほ花面影に見えつつ妹は忘れかねつも
大伴家持 万葉集 

高円(現在の奈良市付近の地名)の野辺に咲くかお花(ヒルガオ)に、あなたの面影が見えて忘れられないのです。
家持が後の妻、坂上大嬢に贈った歌。

緑濃いよもぎの茂みにひっそりと、しかしくっきりと咲くヒルガオがきれいでした。

人も無き国もあらぬか吾妹子と携ひ行きて副ひてをらむ
大伴家持 万葉集 

玉ならば 手にも巻かむを うつせみの 世の人なれば 手に巻きがたし
坂上大嬢 万葉集

家持「誰もいない国に、あなたと手を取り合って行ってしまいたい」
大嬢「あなたが玉(腕飾り)ならば腕に巻き、ずっと離さずにいられるのに」

誰もいない国に二人きりで…色男は言うことが違います(笑)

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

チガヤと黄色の花

2019年06月18日
2019060215.jpg

野原にチガヤの白い穂が目立つ季節です。
土手一面のチガヤに黄色い花が混じっています。金鶏菊です。
イネ科の野草に割って入るとは、かなりタフ。
きれいな風景ですが、金鶏菊は近年増えすぎて問題になっているんですよね。



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

サラサウツギ

2019年06月18日


白い花がたわわに咲いて見事です。
ウツギの八重咲きの品種サラサウツギ(更紗空木)、花弁の一番外側が赤く、白と混じり合うことから「更紗」とつけられたらしい。
この赤が華やかさを増してますね。

2019061203.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

3色のムラサキツユクサ

2019年06月17日


梅雨と言えばムラサキツユクサの季節です。
雨空でも曇り空でも美しい色合いでいいですよね。

2019061210.jpg

我家にあるのは紫ですが、その他に白花、先日は鮮やかなピンク…というか赤紫の花も見つけました。
品種改良で色はいろいろでありますがが、どんな色でも「ムラサキツユクサ」であることに変わりはありません。

2019061208.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

梅雨空と山々

2019年06月16日


楽浪の連庫山に雲居れば 雨ぞ降るちふ帰り来我が背 
詠み人知らず 万葉集

楽浪(ささなみ)の連庫山(れんこさん)に雲がかかると、雨が降ると言います。帰って来て下さい、あなた。
「楽浪(ささなみ)」は近江国。

我が地方では天気は西から変わります。
西の山に雲がかかり、空が暗ければ、そろそろ天気は崩れるのかなと思います。




日記 | Comments(0) | Trackback(0)

睡蓮の淵

2019年06月16日


浮草の上はしげれる淵なれや 深き心を知る人のなき
詠み人知らず 古今和歌集

浮草の茂る深い淵のような私の思いをを知る人はいない。
浮草に隠された深い淵…ちょっと重たい片思いでしょうか。

2019061205.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

バラ園のある家 2019

2019年06月15日
20190612016.jpg

今年もバラに夢中のお宅にやってきました。
あいにくの雨でしたが、お邪魔した時間はちょうど雨も止みました。

バラに夢中の友人は、理想のバラ園を作るべく、とうとう引っ越しまでしてしまいました。以前の家も悪くないと思いましたが、住宅が立て込み、日当りが悪くなってしまったからだとか。
新しい家を建て、バラ園を一から作る、いやはやすごいのです。

2019061220.jpg

今年は1年目、まだ花は少ないといいますが、十分楽しめます。
バラの園芸家というよりは造園、工務店か?というくらい自分たちでいろいろやっていたことを知っているので、ただただ感心するばかり。

2019061221.jpg

2019061217.jpg
花弁の形がとても美しいバラ。

2019061214.jpg
こんな姿もかわいい。

2019061213.jpg
バイカウツギ(梅花空木) 
バラの他にもたくさんの植物、バイカウツギは花もかわいらしいけれど、香りもいい。

2019061215.jpg

花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

秋待草

2019年06月14日


水かけて秋待草のよなよなに露とみゆるはもしほたるかも
藤原基俊 蔵玉和歌集

水の入った水田で、夜な夜な露に見えたのは、ひょっとしたら蛍なのかも。

「秋待草(アキマツグサ)」は若い稲のこと。稲にはたくさんの呼び名があるようで、そのうちの一つ。
手をかけて、秋の実りを待つという気持ちが伝わってきますね。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

大金鶏菊大問題

2019年06月13日
2019060220.jpg

金鶏菊(キンケイギク)、または大金鶏菊(オオキンケイギク)

ここ数年、あちこちでたくさん見かけるこの花を、私は金鶏菊(キンケイギク)、園芸植物と認識して楽しんでいたのですが、どうもこの花、問題になってることを知りました。
オオキンケイギクは、元々は観賞用として北米あたりから入ってきたそうです。その後、丈夫な多年草として土手の緑化としても利用されたりで、全国で爆発的に増えたらしい。
園芸用として売られていたと、私は記憶していますが…今は「特定外来生物」として、駆除の対象になっているらしい。

あれ、キンケイギクとオオキンケイギクは違うの?
ってことからなんですが、ざっくりした捉え方は、オオキンケイギクも繁殖力がそれほどでもないキンケイギクも、まとめて、キンケイギクとされているようです。
キンケイギク(別名ホソバハルシャギク)は、花弁の付け根が濃い赤の蛇の目であることで、違いがあるのですが、花だけを見ると「花弁の付け根が濃い赤の蛇の目」は、ハルシャギク(別名ジャノメソウ)そっくりなんですよね。
その上、キンケイギク、オオキンケイギク、ハルシャギク、いずれもキク科ハルシャギク属という点もややこしい(汗)
花の名前は、販売しやすい名前「通称」で売られていることも多いので、さらにややこしくなっています。

まあともかく、オオキンケイギクはちょっと問題。
うーん、きれいな花なんですが…。

キンケイギク(金鶏菊)
特定外来生物 オオキンケイギク

きれいだともてはやされたかと思えば、駆除の対象になったり、植物とはややこしい。
最近の記憶では、春先の道路沿いに咲く菜の花ハルザキヤマガラシ、高原の観光地に大繁殖しているオオハンゴンソウなどもそうですね。

2019060221.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

アメリカフウロの紅葉

2019年06月12日


以前からちょっと気になってた赤い葉。
草むらにきれいな赤い色が見えて、花が咲いているのかなと近寄って見ると紅葉している葉っぱです。
葉の形や燭台のような実のつき方が、ゲンノショウコに似ていますが…ちょっと違う。この仲間で調べてみると、北アメリカ原産の帰化植物アメリカフウロのようです。
早い時期に紅葉するとあるので間違いないでしょう。
花は咲いているのですが、まばらで目につきにくかったのかなと思います。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

6月の夕暮れ、川沿いの散歩道

2019年06月11日
2019060217.jpg

夕されば蛍よりけにもゆれども 光見ねばや人のつれなき
紀友則 古今和歌集

夕方になると、私の思いは蛍よりも光を放っているのに、あの方は光が見えないのだろうか、冷たい人よ。

川沿いを散歩しながら、今年は蛍が見られるだろうかと思う夕方です。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

金鶏菊が咲く頃

2019年06月10日


川沿いの道を散歩すると、キンケイギグが花盛りでした。
昨年よりだいぶ増えた感じ、とてもきれいです。

2019060218.jpg

2019060222.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

チガヤの野原

2019年06月09日


戯奴がため我が手もすまに春の野に 抜ける茅花ぞ食して肥えませ
紀郎女 万葉集

我が君に戯奴は恋ふらし賜(たば)りたる 茅花を食めどいや瘦せに瘦す
大伴家持 万葉集

戯奴(わけ)とは下僕のような存在。茅花(つばな)はチガヤ(茅萱)のこと。
紀郎女は年配の女性で、夫の後輩家持は下僕ではなく、互いに冗談を言い合えるような関係だったらしい。

「下僕(=家持のこと)のために、わざわざ春の野に出て、チガヤを抜いてきたんですよ。たくさん食べて太りなさい」と、紀郎女が恩着せがましい歌を詠むと、家持は「卑しい下僕である私は、あなた様に恋焦がれているようです。賜りましたチガヤをいくら食べても痩せるばかりでございます。」と返します。
モテる男は気が利いた返しをしますね。なんだか楽しそうです。

写真のチガヤは食べごろ過ぎてますが、穂が出る前の白い穂の部分は甘みががあり、昔はおやつだったとか…母が子どもの頃。おしゃぶりのようにして食べていたらしい。
以前、私もやってみましたが、少し青っぽい甘さがあります。また食べたいかと訊かれれば、うーん、食べるものが何も無くなったら…ってくらいかな。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

キツネノアザミ

2019年06月08日
2019060216.jpg

ピンク色の花と背景が印象派っぽい色合いですてきです。
今年もたくさんのキツネノアザミが水田のあぜ道や農道で咲いていました。
ひょろひょろっと、この時期の野草としては大きく伸びて、小さなボンボンのような花をたくさんつけます。わりと見つけやすい植物だとと思います。
私は昔から「キツネノアザミ」と覚えていますが、「キツネアザミ」という名前の方が一般的かもしれません。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

6月の水鏡

2019年06月07日
2019060230.jpg

田植えもほぼ終わった頃です。
夕日を映す水鏡は、稲が育ち、あっという間に見えなくなっていきます。
刻々と色が変化していく、今だけの美しい風景。


日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »