FC2ブログ

2019年09月30日


ももとせは 花にやどりて 過ぐしてき この世は蝶の 夢にぞありける
大江匡房 詞花和歌集

花を借家に百年を過ごしてしまった、この世は蝶の見る夢だったか。

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

新涼

2019年09月29日


新涼やはらりと取れし本の帯
長谷川櫂 「虚空」

9月末、日もだいぶ短くなりました。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

萩を散らす雨

2019年09月28日


秋萩の花を雨にぬらせども 君をばましておしとこそおもへ
紀貫之 古今和歌集 巻第八 離別歌

萩の花を雨に濡らせたまま帰るのは名残惜しいけれど、あなたとお別れすることの方がなお一層悲しいことよ。

満開の萩に雨が降り、一斉に散り始めた我家の萩。
控えめに言っても、これは萩の滝。
萩の雨を別れにたとえた和歌、しかしこれではに涙する…というよりは、号泣かもしれない。

2019092416.jpg

2019092413.jpg

増えすぎて、これでもいくらか間引いたのですが…。

2019092417.jpg

「萩の滝」の裏側に潜入!
おや、裏側もなかなかきれいです。

2019092414.jpg

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2019 第5戦ポーランド 男子トップ3に胸熱

2019年09月27日
Result
ISU Junior Grand Prix YouTube

●女子SP
ともえはん(川畑和愛)
2Aふわっと、3Lz+3Tスペシャル、3Loばっちり。流れの美しいスケーティング、健康的なさわやかさがあふれてる、笑顔もすてきだ〜。
やっほ〜!すばらしかった。今日のキスクラは樋口さん。前回から大幅更新の67点、やだもう樋口さん早くも泣きそう。

ワシリエワ
パワーみなぎるかっこいいスケートです。こちらもノーミス、いい演技です。

岩野桃亜
冒頭緊張しているように見えました。
3Lz転倒に近い倒れ方でコンボ入らず、2A美、3Lo<。
うーん、ジャンプ2ミスだとSPは厳しいですね。ただ後半のステップはジュニア離れしたかっこよさ、よかったです。スケーターとしての魅力は感じられました。

アリサ
こちらも緊張気味かな?よく動いてはいるけれど。
3A+3T入れてきた!2A、3Loはダブルに…なんてこったい。3A入れたのに。全体的に固かったかもしれませんね。
それでも64点でSP4位。まあ純分ばん回しそうだけど。

タラカノワ
安定してます。スケールの大きいスケーティング。
ノーミスです!僅差でともえはんを抑えて1位。

●女子フリー
桃亜ちゃん
転倒やミスはありましたが、がんばりました。
滑らかなスケーティングからかもし出す雰囲気が、ジュニアっぽくなくすばらしい。
強いて言えば首や肩の使い方にすっきりしてくるかなあ、顔をあげることを意識しているけれど、首を一生懸命伸ばしてる感じになると、美しい印象が損なわれる気もする。
ああ、でも、課題山積みもまずまずの終わり方で良かった。

ウィ(動画がブロック、残念)

アリサ
3A+2Tなんとか、4Lz美、3A、後半に3Lz+3T、3Lz+1Eu+3S。3Aとルッツ攻めの構成。守ってないのがすごい心臓。
VBは前大会よりあげて75!TESは83.94!ひゃ〜。ただし今回は、転倒はないものの、ジャンプの着氷やスケーティングという点で、アリサ比でイマイチだったかも。
SP4位から軽く逆点優勝。

タラカノワ
ロマノフ王朝の肖像画に出てきそうな美人です。
ジャンプ、スピン、スケーティング、そこにあった雰囲気やビジュアル、全てにバランスがいいと思う。
2本とも入りかたが凝ってる2A、幅があってかっこいい。
勝つにはノーミスしかなかいプレッシャーの中、ノーミス!すばらしい。ああしかし200点には届かず。

ワシリエワ
SPと違ってエレガントなスケーティングが良かったです。
ノーミスしかない状況でこちらもノーミス!すごい。
キレのあるスケーティング、ジャンプでも加点もりもり、完成度の高い演技、迫力という点ではタラカノワより上だったと思います。PCSではフリー1位です。
フリー2位で総合2位。

ともえはん
SP2位のプレッシャーでしょうか、ジャンプがぴりっとしません。
どうなることやらと心配になりましたが、後半はスピードがあって良かったです。
スケーティングや所作の美しさは安定、魅力的なスケーターです。
表彰台に絡むには後少し、もっとがんばれ。

アリサが予想通り優勝も、ちょっと課題はあるかな?でもそれって伸び代なんですよね。ベストならどこまで行くのか、本当に楽しみです。
そしてロシア女子2人(どっちもエテリチームじゃない!)のタフさにも感動。

●男子SP
サムソノフ
おお〜胸の白いバンドが無くなってよかった。
そして…完璧でした!
まだ140cmなんですが、この引き込まれる世界観がどこからって感じ。
ジャンプ、スピン、ステップ、全て完璧、そして表現力とスケーティングですよね、すごいのは。エンディングに向かって目が離せません。
うっひゃー87点!ジュニア男子の記録更新!

グラスル
175cmもあるのか、サムソノフ君の後にみると大きくてびっくり。妖精だった面影がだんだん消えてきてさみしい。
3Aちょっと傾いたけどOK、3Lo、コンボOK。
前半のモダンダンスのような振付がいいなあ。…リショー振付だ、なるほど。静かで哲学的な曲調がジュニアとしては異色かも、でもきっちり演じてるのがすばらしい。
いい演技でした。

鍵山君
すばらしかった前大会から、さらにバージョンアップ。
滑らかなディープエッジ、スケーティング、エレメンツも完璧です。3Loの着氷後のひねりが凝ってる。ドラマチックで、音楽への入り込みもいいんですよね。
84点、PB更新

男子SP、すばらしい!

●男子フリー
鍵山君
4T+2T完璧、4Tやや傾いても着氷OK、3A<なんとか、コンボ2つを後半。3連がきれい。あちこちミスはあるんですが、すごいです。
元気いっぱい、冒頭からスピードがすごい。プレッシャーもあるなか、気持ちのいい伸び、スケーティングの良さ、表現への入り込みは前大会以上かも。そしてまだまだいけそうなのが、もっとすごい。
いや〜立派です。245点、SP、フリー共にPB更新です。

グラスル
4Lz乱れ 4TLo<、3A<、3Lo+1E+3S、後半にコンボ2つ。
攻めてます、攻めてます。
なんしても跳ぶ、そんな気迫に満ちています。その分構えがあったり、スケーティングはちょっと粗くなってしまうところもあるけれど、とても丁寧で、なにより気持ちがこもっていて、あ〜なんだか胸が熱くなりました。ミスはあってもとてもすてきな演技でした。

サムソノフ
3A+3T高い、4Lz<転倒、3A美、後半のコンボ2つがすばらしい。スピードもいい。
この小柄な子がこうも深い情感を出せるのが不思議。引き込まれてしまいます。
鍵山君といい勝負でしたが、VBで鍵山君を上回り163点!コンボ3つがすばらしかったのが勝因かな?
総合250点で優勝!ジュニアでついに250点か〜

男子トップ3はすばらしかった、とにかく攻めてます。熱くなりました。
鍵山君はファイアナル決定、サムソノフ君もいけそうかな?今後も楽しみです。

Read more "JGP2019 第5戦ポーランド 男子トップ3に胸熱"
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

黄金色の田んぼとかかし

2019年09月27日
2019092419.jpg

秋の田の仮庵の庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ
天智天皇 百人一首(後撰和歌集)

秋の田の仮小屋は、苫の編み目が粗いので、衣の袖が夜露に濡れてしまうよ。

意味は考えなくとも一度は聞いたことがあるはず、百人一首で。
仮小屋は、刈り入れ間近の稲がけものに荒らされないように泊まり込んでいた粗末な小屋。「苫(とま)」は、小屋の屋根に使っていた、茅やスゲで編んだこもやむしろのようなもので、苫の編み目が粗いので、夜露に濡れてしまうと詠んでいます。

この歌は元々万葉集の詠み人知らずの歌だったそうですが、なぜ天智天皇の作になったのかは、様々な説があり、よくわかっていないそうです。

写真は散歩の途中見かけた「かかし」、かかしは夜露も気にしないですね。
まるで、銃を持って見張り番をしている中東のゲリラ(アフガンゲリラ)のようだなあ…そういう想像をしてしまう自分に、なんだかがっかりだけれども。



こちらは効率よく耕地整理された田んぼと新幹線の高架橋、こちらも平安時代の田んぼの風景とはまるで違うでしょうね。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

彼岸花、松葉牡丹、安達ヶ原

2019年09月26日


2019092404.jpg

曼珠沙華まつりということで、二本松市の安達ヶ原ふるさと村に来てみました。
…が、しかし、早かった?(2019年9月22日撮影)
早咲きの白花は終わって、赤い彼岸花が一面に広がっている…昨年の今ごろはそうでしたが、今年はどうも遅いらしい。
もう少し調べておけば良かったと、ちと後悔。

ふるさとの庭に広がる 曼珠沙華まつり 2019
ふくつぶ - 2019年9月8日1245

2019年9月14日(土) 9:00~17:00

ここは幹線道路国道4号線から東に2〜3分、アクセスは便利です。
園内には季節の花がいろいろあり、春の桜から秋の紅葉まで楽しめます。

2019092405.jpg

彼岸花に代わって出迎えてくれたのは、満開のマツバボタンでした。

2019092408.jpg

2019092409.jpg

この状況だと、9月末くらいからが見頃になりそう。真っ赤に咲きそろう彼岸花を見たかったのですが…時間があえばまた来てみるかもしれません。


花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

USインターナショナルクラシック2019 刑事君、さっとん優勝!

2019年09月25日
RESULTS

●男子SP
ヴィンス
4Lz<<+3T、4S、3A。4Lzちょっと危なかったですね。
全体に少しばらつきある感じも…それにしてももう少し得点でても良さそうだけど。ステップレベル2か。

樋渡君
4T、3A両足、3Lz+3T
動きがいいですねえ。しなやか〜、すべりもいいです。バレエジャンプが尋常じゃない開脚。フライイングスピンがぐらぐら動いてレベル1だったのがもったいない・

刑事君
Hip Hip Chin Chin(マッシモ・スカリ振付)
うひゃひゃ〜いいねえ、踊ってます、踊ってます。
3Aでっかい、4Tステップアウト、3Lz+3T。
スピンがびしっと決まるようになって安心。ステップノリノリで楽しい〜。
4Tはあぶなかったけれど、大きなミス無く、プログラムを楽しませてくれたのは、久しぶり。いい演技でした。

草太君
「エデンの東」(カメレンゴ振付)
4S+3T、4Tはダブルに、3A。
カメさん振付は大正解、端正だけど固さのある動きから、柔らかな動き、動きにバリエーションが出てきました。
そして2Tになってしまったけrど、SPに4回転2本入れるところまで来ましたよ!今シーズン楽しみです。

●男子フリー
樋渡君
「ペトルーシュカ」
彼の柔らかな動きと、少年っぽさがあるスケーティング、演じられるキャラにすごく合う選曲では?
4Sは2Sに、4T+3Tはセカンドでほぼ転倒くらい。
その後もミスはあり、ちょっと不本意な内容、まあ初戦だしね。

刑事君
シャーロック・ホームズ(映画の方)
マッシモに出会う以前の刑事君っぽい振付はミヤケン。
4S転倒に近い、4S+2T決まった!後半の4T転倒。ミスはいろいろあっても、今日はジャンプの軸や回転が安定してきたと思う。
ベストとは言えないし、もっとできる、優勝はヴィンスの失速もあります…でも、優勝ってやっぱいいねえ。おめでとう。

ヴィンス
「クラウド・アトラス」楽しみにしてました。
4Lz転倒からはじまり、ジャンプはいいところがなかったです。まあこんな日もあるってことで。
コレオはすてきでした。ただ、決まるもの決まらないと、今はプログラムがどうこう言える段階ではないかも、次に期待。

草太君
4S+2Tちょっとあぶない、4S<転倒、4T美、3A+2T、3A美。
ミス多発も攻めた内容、ここまでできたのはすばらしい、次につながります。
今季の草太君はプログラムがとにかくいい、そして全てに大人を感じさせ、1段階も2段階も上がった気がします。
決して満足できる内容ではありませんでしたが、結果は2位、これはうれしい。表彰台は励みになります。

●女子SP
アンバー
女性らしい優しさ、しなやかな演技。エレメンツの前後のつなぎもスムーズ、何よりスケートがよく伸びて気持ちがいいです。ノーミスで66点SP2位。

さっとん
ぴったりしたパンツスタイル、体のラインがきれい、さっとんこんなにスタイルきれいなんだ〜。
冒頭から一瞬でエキゾチックなムードに引き込まれます。
コンボはもう少し高さが欲しいけれど、2Aは大きくてすばらしい。。スピンが神々ししいほど美しくて、神と交信してるに違いありません。スケーティングは絶品、音楽の捉え方、ちょっとした決めポーズにぐっときますねえ。
うわ〜すてきなプログラムになりました。

ティン
手足が長くて美しい、最大限にいかす優雅なプログラム。衣装はもっと華やかでもよさそう。
3Lzで乱れてコンボにならず、3F+2Tに。
ミスがあってもきれいにまとめることができて良かった。

●女子フリー
ヨンユー
ジュニアと掛け持ちなんですね。
3Aややこらえはありも、3+3はじめノーミス!がんばりました。表現面はまだ物足りないけれど、どんどん強くなってきそうです。

アンバー
ちょっとゆったりと流れる感じ、タメもなかなかいい。スケーティングの良さを見せるいいプログラムです。所作が大人の女って感じですね。
大きなミスなく、いい演技でした。

ティン
この衣装、村主さんのトリノオリンピックシーズンのフリー、ラフマニノフの衣装の色違いみたいに見える、ああ〜ずいぶん昔〜(汗)ティンならSPも含めてもう少し華やかな色、華やかなヘアメイクでもいいんんじゃない?
ミスはいろいろありますが、決まったジャンプは軸が細くてとてもきれいです。
繊細な美しさに満ちたプログラム、こういう美を日本選手以外で見るのは久しぶりかも。これからもっと良くなると思う。

さっとん
彼女にしては少し長めのドレス。
「シンドラーのリスト」、途中ラフマニノフの「鐘」がまじりあうおもしろい曲構成。悲しみ、情緒的なところに流されそうになるところに、ラフマニノフが宿命を奏でるように入ってくる。全体はとても美しい。
2Aから…ここを3Aにしたいんだろうなあ。3Lzはコンボにならず、後半の3Lzに2T。たくさんのURやDG(汗)、珍しくスピンでミスをしたり、決してベストな内容ではありませんが、200点越え、優勝できたことを素直に喜びたいです。まだまだ伸び代がたくさんあるってことですね。
さっとんの美しいスケーティング、美しい表現が堪能できるプログラムです。悲しみの表現がとても大人ですよね。ユリア・リプニツカヤのあの「シンドラーのリスト」が、少女のユリアにしかできなかったように、この「シンドラーのリスト」は大人にしかできないプログラムだと思いました。
SPとフリー、まったく違う色合いで、さっとんの表現の幅をアピールできるシーズンになりそう。



フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

彼岸花の咲き始め

2019年09月25日
2019092406.jpg

曼珠沙花門前の秋風紅一点 
夏目漱石

彼岸花(曼珠沙華)がぼちぼち咲き始めました。
例年お彼岸の頃に咲いているのですが、今年は少し遅いようです。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

コスモスの頃

2019年09月25日


コスモスの 倒れ倒れし 花の数
高野素十 

コスモスがきれいな季節になりました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

うろこ雲、雨上がりの朝

2019年09月24日


雨上がりの朝。
すっきりとした空には、見事なうろこ雲が広がっていました。
秋ですね。

2019092401.jpg

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

アゲハ蝶

2019年09月23日


黄花コスモスを眺めながら、今年はアゲハ蝶を見ないなあ…と言っていたら、キアゲハがやってきました。

2019091602.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

筑紫萩

2019年09月22日
2019091613.jpg

秋風は涼しくなりぬ馬並めていざ野に行かな萩の花見に
詠み人知らず 万葉集

秋風が涼しくなった、馬を並べて野へ、萩の花見に出かけましょう。

2019091614.jpg

我が地方の山に自生する萩は、花もまばらで、地味なことが多いのですが、この萩はしなるほどに花をつけ、とても華やかです。
調べてみると、よく見かける山萩ではなく、ツクシハギ(筑紫萩)ではないかと思います。
花をたくさんつけて垂れ下がる、葉っぱが丸いのが特徴。日本の固有種らしい。
これくらい花が見事だと、花見に出かけたくなりますね。

2019091615.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ヤブキリとニラの花

2019年09月21日


野菜のニラは種で増え、夏の終わり頃、道ばたのあちこちで白い花を咲かせています。
ここは旧国道といっても交通量の多い道路、舗道の花壇、雑草にまじったニラの花に何かがいます。
キリギリスの仲間、ヤブキリのようです。車が通る度に揺れる花にしっかりとしがみついています。
ヤブキリは肉食系の雑食らしいので、花を食べているのかもしれないし、花にやってくる獲物を待ち伏せしているのかもしれません、

2019091611.jpg

2019091612.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

9月、空の色、田んぼの色

2019年09月20日


すっきり広がる青空の下には、まもなく稲刈りを迎える田んぼ。
いい季節になってきました。

2019091605.jpg

一般的な品種の稲を見て、ぱっと品種がわかる人は、そういないと思います(生産者以外)
でもこの稲はあきらかに一般的な品種とは違うことがわかりますね。穂が赤っぽい、これが赤米なのかな?

最近は普段のご飯のお米も品種がたくさんありますし、古代米、観賞用のお米もあるらしい。
田んぼアートはそんな色のバリーションのある品種で作られているらしい。
ちなみに福島県の田んぼアートで知られているのは鏡石。HPを見てみると、米の品種が掲載されていました。なるほど、いろいろありますね。

かがみいし2019田んぼアート|鏡石町公式ホームページ[福島県]
見頃は7月ですが、写真はこちら→見ごろを迎えた田んぼアート「眠れる森の美女」=2019年7月30日午前10時47分、福島県鏡石町


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ロンバルディア杯2019 課題はあってもシーズン序盤

2019年09月19日
ロンバルディア杯2019
Result

●女子SP
リーザ
え、第一滑走なの?
3Aちょっと回りすぎたか、3F+3T、3Lz。
ジャンプに余裕があり、安心して見られます。表現面はもっと濃厚なものがあふれてきても良さそうだけども、第一滑走で刺激を考慮したのかも(笑)

スターちゃん
頭が小さくなった!…いや違う、体が大きくなった!
スケートの流れが美しくなったのでは?
体が大きくなってもジャンプが安定しています。お〜ノーミス!

シェルバコワ
4回転はSPに入れていません。3Lz+3Lo<はあるものの、 とても美しく、いい演技でした。印象としてはちょっと薄かったのか、得点は思ったほどでませんでした。

新葉様
スピードに乗っていい出だしでしたが、コンボは2Lzで止まり、リカバリー3Loで転倒。3Loからのコンボは練習しているとは思いますが、難しそう。
ちょっと残念なSPになってしまいました。

ユ・ヨン
わかりやすいロミジュリ。
2Aかとおもったら3A〜。減点は両足だったか?3Lz+3Tすばらしい〜。
少し固さの残るスケーティングでしたが、きれいにまとめました。
キスクラにヤマト帯同。コーチはザカライセクコーチなので、頼まれたかな。

●女子フリー
新葉様
「ポエタ」
まずジャンプを安定して決めることに集中していたと思いますが、なかなかきれいに決まりません。GOEが勝負を決める昨今だと厳しい結果になってしまいます。
ジャンプに集中しているせいかつなぎも薄くて、PCS的にも厳しくなってしまいました。
ステップそのものはラテンのムードがあってすばらしかった、ここまでできる選手なんだなあとあらためて。
このところのスランプを考えると、まずジャンプをノーミス&インパクトのあるパフォーマンスをしないと、なかなか表彰台争いまでたどりつかないかもしれません。

ユ・ヨン
3Aステップアウト、両足っぽくも見えた。その他はがんばりました。ジャンプはとてもいいものを持ってますよね。
「エビータ」、SPのロミジュリと差別化するためにも衣装はもっと濃い色合いにしたほうが良さそう。白の清潔感は似合うけれど、エビータのラテンの部分でちょっと違和感。
エビータは聖女と悪女の見え隠れがおもしろいのだけれど、ちょっと物足りない。

シェルバコワ
4Lz、3F+3Lo、後半3Lz+3T、3F+1E+3S
ジャンプが高いねえ、後半のジャンプは加点ではちょっとどうかなという意味でジャッジに納得。
サティのジムノペティから、ストラビンスキーの「火の鳥」というなぞなぞのような曲構成、へえ〜っと思ってると、アンニュイなブルーのドレスから衣装早変わりで鮮やかな火の鳥に変身!ジャンプで回転しながら変身〜!だと、日本の変身ものヒーローで育った身としてうれしいかも!(無理かも!)
プログラムのおもしろさという点では、変身以外はどうかな?どうしてもジャンプに気をとられてしまうこともありますよね。
しかし他を圧倒するVB73.61(驚)を大きなミス無くやりとげました、すごいとしか(汗)
フリー150点越えで逆点優勝。

リーザ
「キャラバン」「素敵なあなた」白シャツがエロいのはリーザだからだと思う。
3Aステップアウト気味で2T、3Aちょっとこらえ、3Lz+2Aシークエンス、後半2A+3T+2T。なんとプログラム中アクセルジャンプが4本。ジャンプ絶好調とまではいかないけれど、いいです。3A2本はいりましたね!VBはシェルバコワについて67点、すごいのけれど、バケモノがいるので(汗)
パフォーマンス、ノリとしては、これからもっとブイブイ言わしてくれると思います。
フリー140点、初戦としてはいい出だしです。
しかし、ここまでできてもシェルバコワに勝てない、そういう時代か〜〜〜〜〜。

●男子SP
マッテオ
この黄土色はどうなの?
ラ・ラ・ランドの大人の男の部分、エキシっぽいが、なかなかいいチョイスかも。
コンボは3+2、3Lo両足、3A転倒。うむ、これは忘れるしかない(涙)これだけミスをしてもPCSはそう低くなくて、彼の評価がわかりますね。

ボーヤン
4Lz+3T、4T、3A、ジャンプが安定しています。スピン、ステップもよかった。ここ最近では
こんなに豪快にジャンプを跳んでも、リリカルな表現をするようになったボーヤンに進化を感じます。
終えてもあまりうれしそうじゃないのはなぜだろう?
101点、PB更新してもそう喜ばない、喜べないのか?これじゃまだまだってことかな。

アリエフ
4Lz転倒、4T+3Tなんとか、3A。
転倒は残念ですが、4Tは何とか決まったのは良かった。スケーティングにあふれるドラマ、ロマンチシズムは健在。

友野君
4T転倒、4S<+ターン入ってなんとか2T、3A転倒。
モダンダンスの振付はとてもかっこいい、ステップも斬新、ただそういった面の評価以前にジャンプのダメージが大きいので。
まずはノーミスに近い演技を!がんばれ!

●男子フリー
友野君
「ムーランルージュ」うな重の方。恋愛の情熱を演じられるか?
4T両足、4S+2T決まった〜!しかし1A。いいとこもあれば、よくないところもたくさんあり(汗)でもフリーでばん回できたのは良かったです。
スケーティングは洗練されとても良くなりました。課題のスピンも良くなってきた模様。最後まで力一杯、コレオシークエンスがすごくいいです。

アリエフ
「サウンド・オブ・サイレンス」
4Lz美麗!4Tステップアウト、4T+2T、後半はミス多発も、かなり復活してきた感じ。後半のスタミナに課題かな。
ああでも、全体としてみればかなりいい!

ボーヤン
4Lzおっけー、4Sはダブルに、3Aから3連続はなんとか、4T+2T。
前半は滑って跳んで、つなぎがあまりないのが、ちょっとどうか。後半のムードはなかなかすてき。
ジャンプは、なんとか!というのも多いけれど、まずまずかな。もうちょっと作り込まないとという気もするけれど。
フリー2位も、逃げ切り優勝。

マッテオ
「ガリシアフラメンコ」だ!
4Lo両足かな、4Tはダブルに。3Aはとてもいいけれど、3連続のミスと3lzのミスが致命的だったかなあ。とはいえ、フリー3位で総合3位、表彰台まで来ましたよ!
スタイリッシュなフラメンコ、もっと熱くてもいいけど、体のラインがきれいに決まって、いちいちかっこいい。

それぞれに課題の残るロンバルディア杯ですが、ほとんどの選手が初戦、これからですね。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

萩、日暮れ前

2019年09月19日


秋といへば空すむ月を契りおきて光まちとる萩の下露
藤原定家 『拾遺愚草』 

秋といえば月、その光をうつしとると約束したのだ萩の下露と。
月と萩の下露を恋人同士になぞらえているらしい。
逢瀬は日が沈み、月が輝く頃に…そんな色っぽい歌。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

カヤツリグサの三角形

2019年09月19日


夏のお終わりに、すっくと伸びはじめるカヤツリグサ(蚊帳吊草)。
細い茎は三角形、花序(花の付く枝)は、逆三角形の放射状に分かれる。
どこを見ても三角形、そして360℃の3分割=120℃の角度、数学的な美しさのある植物なのです。

2019090712.jpg

繁殖力の強い雑草ではありますが…。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

オータムクラシック2019 ゆづ、紀平さん、シーズン初戦優勝

2019年09月18日
オータムクラシックインターナショナル2019
Result
●女子SP
カレン・チェン
曲の世界観にはまりますよね。
課題は引き続きジャンプ。あちこち減点はあっても、見応えがあるとてもいい演技でした。

紀平梨花
新衣装はエレガントなブルー。ショーで披露した時の黒衣装は曲にあうけれど固い感じがしていたので良かった。
3A完璧、3Loとコンボはもっといいのが跳べると思う。ほぼノーミスで78点!すばらしい初戦となりました。
キスクラのカメラもつられて回転!(笑)
トップ選手でなければ使えない、とても個性的で難しい曲だと思う。夏頃に比べるとぐっと深まったと思うけれど、この曲の世界に引き込むのは大変。高いレベルで欲をいえば、もっと粘っこい何かがほしいかな。

紀平さんのニュース映像で、加藤トレーナーがちらっと映ってましたが、日本スケート連盟の専任トレーナーは引退したはず、ネットで検索してみると、紀平さん個人のトレーナーとしてアドバイスしているらしい。

メドベージェワ
エクソジェネシス、上半身はメドらしいけど、パンツスタイルは初めてかな?
カナダでスケーティングが大きく、流れが美しくなりました。
シーズン初戦なのでなんとも言えないところもあるけれど、余裕を持ってコンペに臨めてる気がします。

ウンス
2Aで転倒、3Fも危なかった。
全体の流れやスピードはとてもいいので、フリーでばん回できそう。
ラファから離れ、今は韓国の松たか子似のコーチなのかな。

●女子フリー
ウンス
ちょっと危ないところありも、大きなミス無くまとめる、強い選手になりました。
ロマンチックな衣装もとてもすてき、音楽のキラキラした感じもよく出ていたと思う。スケートにキレがあります。

メドベージェフ
「SAYURI」女優系スケーターの真骨頂。キモノ風なので、手袋はないほうがいいのでは?
しっとり、繊細に物語を紡いでいく感じです。後半にステップでもうちょい感情移入があるとメドらしいかも。
だんだんと高得点もらえそうなプログラム。
3Lz2本はいる構成、ここまできました。前半のジャンプにマイナス、でも今の時期ここまでできていれば問題ないですね。

カレン
転倒などミスはあるけれど、悪くはない。とても気持ちのいいスケーティングをするカレンです。

紀平梨花
この衣装もすてきですね。プログラムは曲数が多すぎてわからん(汗)テーマは「世界平和」。
3A+2T、3A<、後半3F+3T、3Lz<+2T+2Lo。調子見て検討すると言っていた4Sは入れませんでしたが、単独の3Sがすごくいいです。
個性的な振りがあちこちにあって楽しい。欲をいえば、激しさやお色気のメリハリがあればもっといいかな。
エンディングの雄大さは、さすが紀平!って盛り上がりで好き。
145点、SP、フリー共に1位で優勝、初戦としてすばらしいできです。

●男子SP
羽生様
持ち越しの「秋によせて」
4Sはちょっと高さがたりないか、軸が傾いて転倒。3A華麗、4T+3T。
ミスがあっても他は完璧、文句のいいようないです。特に3Aにほれぼれします。
98点、PCSは全ての項目&ジャッジで9点台。十分すごいが、秋の深まりとともに、もっと良くなっていくのでしょう。
すべてわかってるぜなキスクラ。

ジュンファン
ピアソラ選ぶ大人になりました。
4S+4T、4Tにマイナス、3Aももっとスムーズにいけたはず。
スケーティングはとても美しい反面、ラテンムードはもう少し欲しい。

エイモズ
冒頭と最後しか音がない。ちょっと不良っぽい感じがエイモズ君にぴったり。
4T決まって、SP2位!

プルキネン
4T<、スピンがんばれ。でも伸びやかとパワーがあってかっこよかったです。
ドラマチックなJ・グローバンの曲、顔がドラマチックなのってこういう時お得。

キーガン
4T+3Tはあぶなかった。他は加点がたくさんつく内容。
スケーティングのエッジが深くて、とても気持ちいい。男性的なパワーのなかに柔軟性も、いいスケーターになりました。なんでもないところでつまずく。

●男子フリー
ジュンファン
体つきがしっかり、大人の体つきになりました。
4F<、4Sは2Sに、4T<…攻めの構成もミスが目立っては加点が望めないので厳しい結果に。
ドラマチックなピアノがバンバン響く曲、すごくかっこいいけど音が目立ちすぎる気が…、ミスが多いと特に曲負けしてしまうかも。個人的に、選曲が例年微妙。
1シーズンごとに確実に成長してますが、今回は全体にジャンプの調子が良くない模様。まだ助走だと思えば気にすることもないです。

プルキネン
トム・クルーズに似てきた!
戦メリ、とても美しいプログラム、この編曲いいな。スケーターとして洗練されてきた印象。着氷の姿勢がかっこいい。
4Tが2本はいる構成、ミスはけっこうあるので、まあこんなところか。滑り込みがまでできてない感じ。スピン、ステップはもっとがんばらないといけませぬ。

キーガン
4Lz転倒…というより不時着って感じ、転倒後の立ち上がり早い!4T、4T+2Tは4Tでおてつき。
スケーティングはなめらかで雰囲気がいいのだかれど、つなぎはうすいか。ステップは見るからに薄いのでまだこれから。スピンももっとできるはず。
ボーカル曲のスピリッツを体現していて、とてもすてきなプログラムになりました。

エイモズ
ちょっと落ち武者っぽいぞ(汗)
4T+2Tちょっとこらえ、4T、上位選手はみんなジャンプでミスが多く、キーガンとどっちが上か?くらいでしたが、僅差のときスピン、ステップをとりこぼさなかったのは大きいですね。
内省的なモードの曲は難しいけれど、音楽と共にふわっと漂う感じとか、つなぎの間の取り方がなんとも絶妙で味わい深い。そこはフランス男の表現力というか(笑)わお!CSとはいえ、PCSでわずかですが、羽生様を上回る!
2位以上が決まってむっちゃうれしそう。

羽生様
オリジン、新衣装でも黒にラメだがゴージャスにバージョンアップ、この魔界ぷりははまる、似合う似合う。
冒頭の、心臓の鼓動に合わせた首カクカクが残っててよかった、ここはゾクゾクしますよね〜。
4Loステップアウト、4Sステップアウト、4T<、4T<+1E+3S、3A+3T<。トゥーループで回転不足という…着氷が不安定でしたね。ねんざの影響かな。コンディションはそうよくない、しかし、ベストの演技には遠いものの3種類の4回転が入ったことは大きい。
大技でマイナスが多かったので得点的にはこんなくらいかなと思います。
3Aの入りは、あいかわらずすごいとしか。スピン、ステップはさすがのクオリティでした。
しかしなんと、PCSはエイモズ君に及ばず。ゆづのPCSのPBは98点、本調子であればどんとでるとは思います。あとはプログラムを持ち越した利点もありますが、ジャンプ構成以外での新鮮さを、どう打ち出すかも今季のカギかもしれません。

上位陣全員ミスという、シーズン序盤らしい大会に。今回はライバル不在ということもあり、さすがのスケーティングで、ゆづ完全優勝。まあ、とやかく解説しても、ゆづ本人は、自分のことは自分でよくわかっているでしょう。

表彰式では、国旗掲揚がなかったため、キーガンが機転をきかして日本国旗を広げてもってくれました。
キーガンが日本にルーツがあるからと報道してますが、相手が誰であれキーガンなら誰にでもそうしたでしょうね。優勝者に敬意をもって。
キーガンは自分の演技がこれからというのに、前の滑走者だったプルキネンの花をキスクラに届けたり…純粋にいい人なんですよね。

フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2019 第4戦ロシア ワリエワ完全優勝

2019年09月18日
Result
ISU Junior Grand Prix YouTube

●男子SP
ヤボロフ
とってもよく動いてます。ステップもなかなかの見応え。
スピンでもったいないミス。

ダニエリヤム
ちょっと固いところもあるけれど、キレのあるスケーティング、ラテンの情熱が感じられるパフォーマンスでした。
その上でエレメンツノーミスはすばらしい!

グメンニク
個性的な赤の衣装がすてき。
17歳でボレロか…と思ったら、あれ?違う。
コンボでミスがなければ80点はいったかも。
美しいスケーター、シニアのスケーティングに完成されつつありますね。

●男子フリー
ヤボロフ
SPほどの勢いはなかったかな。いっしょうけんめいな「ノートルダムの鐘」、ドラマチックな表現はまだこれからという感じ。
ブッテルスカヤコーチは貫禄あるマダムに。

グメンニク
オペラ座の怪人、ダイスケバージョンに近い編曲。
4Lz、3Aからの3連続、3A…野心的な構成、難度の高い構成でも、ミスが目立つ演技に。そんななかでも、後半はスピード感があってよかった。
圧倒的なVBでミス多発もフリー1位で優勝。

ダニエリヤム
4Sが3Sになった…あるいはしたのか。少し難度を落としたと思われますが、いまいちぴりっとしない演技に。このへんの守りとモチベーションバランスが難しい、特にジュニアでは。
2つめの3Aはきれい。
SP1位から、フリー2位、僅差で優勝を逃しました。これはちょっと辛い。

ロシア大会、地元の期待に応えて、表彰台はロシアが独占。けれどもフリーでは全員ミス、課題の残る内容でした。

●女子SP
ワリエワ
エレメンツに余裕があります。コンボは最初の3Lzで軸が傾いて、やっぱりちょっと危ないかなという気配はあるけれど、セカンドできれいに下りてくるのはすごい。
最後のレイバックスピンは180℃にまっすぐ開脚、この形で曲芸ではなく、芸術的な美しさがあるのがすばらしい。
ノーミスの威力を見よ、加点もりもり、PCSも8点台。73点。

ワシリエワ
うむ、この衣装はどうか?(汗)
エテリチームの細身美少女スケーターとは違う味わい。スポーティで躍動感が魅力です。
パーフェクトでも70点届かないのは、つなぎやスケーティングの複雑さでちょっと及ばないといったところか?

シニツナ
不思議ちゃんな曲がよく似合う。スケーティング、所作、ちょっとした音の捉え方、いずれも美しくてみとれます。
ノーミスででました73点。

荒木那奈
ジャンプの安定は前大会よりいいのでは?
しなやかに美しく、とてもいいかんじでしたが、3Loが2回転で乱れ。ああ〜残念。

浦松千聖
さわやかなトゥーランドット。荒川さんリスペクトな感じ。
やたら透明感のある選手、手足が長く美しいなあ。
ノーミス、とてもいい演技でした。63点、すごいじゃん!…とコーチ(笑)

●女子フリー
荒木那奈
3Lz+3T、後半の2A+3Tはキレよく決まりました。3連続で加点不足は取られたけれど、全体としてはとてもいい演技でした。はつらつと、そして気持ちもこもってましたね。
ロシアの壁は厚く、前大会に続き今回も総合4位、スピンの取りこぼしももったいなかったです。
4位を健闘ととらえるか、悔しいととらえるか?…やっぱり悔しいね。

浦松千聖
大きなミスは2Sと3Lz転倒、他にも細かなミス重ね、GOE加点でちょっと惜しいことに。ジャンプの軸が安定してなかったですね。

シニツナ
エキゾチックな曲調を上半身でよく表現しています。ちょっとやらされてる感はありますが、腕の使い方が凝ってる。
3Lz+3Loで転倒が大きい、他は良かった、スピンの体勢の変化がとてもスムーズ、うまいです。

ワシリエワ
ノーミス!一つ一つのエレメンツ、つなぎ、所作の流れがとぎれなくてすばらしい。
エテリチームに比べると、ちょっと大味ってことになるのかな?でもすごくよかったです。

ワリエワ
4T+2T、4T転倒、後半3Lz+3T、3F+1E+3S、スピンとステップはレベル4。
4Tの転倒は折り込み済みかも。それ以外は全てのエレメンツで加点たっぷり。すばらしいスピード、柔軟性のあるしなやかな表現力は今大会抜きん出ています。
ワリエワのVBは71点、続くVBはシニツナの60点、いやはや圧倒。完全優勝です。

男子優勝のグメンニク君が222点。
女子優勝のワリエワが221点!
ワリエワのフリー148.39点は、男子優勝のグメンニク君の147.99の上という(汗)
ジュニア女子のトップ争いは200越えでないと難しくなりました。

Read more "JGP2019 第4戦ロシア ワリエワ完全優勝"
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

田んぼと影

2019年09月18日


黄金色に色づいてきたなあと、田んぼを眺めながら散歩をしていると、黒っぽい何かが動く。
なんだ、自分の影か…
午後4時半、人影が伸びる頃です。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

木槿と夕暮れ

2019年09月16日


藪原に、むくげの花の咲きたるが よそ目さにしき夕ぐれを行く
谷風に花のみだれのほのぼのし。青野の槿山の辺へに散る
釈迢空(折口信夫) 「海やまのあひだ」

夏中たくさんの花をつける木槿(むくげ)は、にぎやかな花木ですが、少しひんやりとしてきた夕暮れ、真っ白なむくげは、どこかはかなげでした。


日記 | Comments(0) | Trackback(0)

9月の空気

2019年09月15日


からりとした空の下、キナバコスモスが咲く。
晴れていても…暑くない。
…そんな日がようやく来ました。

2019090702.jpg

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ミゾカクシ

2019年09月14日


緑の中を小さな白い鳥が舞う…そんなイメージ。
水田のあぜを覆うように咲くミゾカクシ(溝隠)、別名アゼムシロ(畦筵)です。
薄い紫色が多いのかもしれませんが、我が近所のミゾカクシは限りなく白。

2019090710.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

JGP2019 第3戦ラトビア 韓国ジュニア女子の勢い

2019年09月12日
Result
ISU Junior Grand Prix YouTube

●男子SP
トルガシェフ
もうシニアにいってたかと思いました。
3Aステップアウト、コンボも減点、3Lo転倒。3つのジャンプ全て減点なのでしょうがないです。
前半の月の光のアレンジは美しいプログラム、後半かっこいい感じに。演技そのものは悪くないけれど、もう少しテンションあげて欲しかったかな。

モザレフ
きれいな3A…加点のとれる3A跳べるかどうかが上位争いのカギですねえ。コンボがちょっと危なかったけれど、ノーミス。みんなミスしてる中で立派。
スピンはちょっと物足りないと感じるけれどレベルはクリア。
渋いボーカル曲にとても振付密度の高いプログラム、がんばりました。

サムソノフ
ちょっと大きいお兄ちゃんのお下がりを脱げないようにゴムでで止めた、あいにく白いゴムしかなかったんで…的な胸元の白いバンドが気になる。
3Aステップアウト、コンボで転倒。スピンはいいなあ。
音楽表現がいいですねえ、スケーティングもきれい。14歳でこの色気、小柄だけどとても雰囲気があります。エンディングの高まりに目が離せない。魅了されました。
そうだ、彼はショーマファン、わかる気するわ〜。

ファン
ジュニアに大きいお兄ちゃんがきました。パワー系のスケーティングがかっこいいです。
3Aのステップアウトがもったいなかった。パーフェクトで得点出るタイプ。
スピン、ステップでちょっとずつ足りなくて得点伸び悩み。ここは課題かな。

リー
ちょっと青い感じ(意味不明)、スケートがもちょい伸びるといいかな。ステップがんばれ。でも最後まで力強く、思いが伝わってくるようないい演技でした。

三浦佳生
まだ14歳。
ライズ…とてもジュベジュベしいプログラムはルカ・ラノッテ。
スピード感がかっこいい。エレメンツへの入り方がスムーズ、スケーティングの良さを感じます。3A、3Lo、コンボのファーストジャンプで転倒…最後のコンボがノーカン…ああ、やっちまったぜな演技後の表情。
演技としてはとても良かっただけに残念。
信夫コーチお久しぶりです。

●男子フリー
三浦佳生
かわいい衣装でノートルダムの鐘。
4Sは2Sに、4T美、3Aこらえ、3A(?)のコンボは1A+2T。ミスも多いですが、よく動いてました。後半に調子あげたのが良かったです。SPで感じたような動きの良さ、動きの稼働域の広さは今ひとつで、振付もあるのかなと思う。
もっとできたとは思うけれどがんばりました。

サムソノフ
ジョシュ・グローバンのロマンチックな曲が似合う14歳。
3Aお手つき、4Lz転倒、4Lzは高さも十分に見えたんですが。大技2つのミスは大きいけれど、後半の3Lz+3Lo、3連続きれいにが決まったのは良かった。
音楽が、気持ちがほとばしるような表現が、やっぱりすてきだなあ。特にステップ。

トルガシェフ
トスカ、王道の美しいプログラムです。ダイナミックな大人のスケーティングに合います。
4Tなんとか、2A転倒、3Tソロは4Tコンボの予定だったかな?う〜んミスが多すぎたかなあ。
今大会、クリアなら優勝は十分ありえたんですが。
まあでも、すてきなスケーターになってきてますからね。

リー
Love Never Diesってなんだっけ?…オペラ座の怪人の続編でした。
難易度を下げてクリーンを狙ったのかな?であれば細かなミスが残念でした。
上半身の動きがちょっとワンパターンだけれど、美しい空気がただよう演技でよかったです。

モザレフ
またまたよくわからない難解そうなプログラム。つうかこの曲編成なぞ。
4T+3T、4Tこらえ、大技はいりつつ、ミスも多かった。

モザレフ優勝はちょっとラッキーだった面もありますが、VBの高さとミスのバランスがカギでしたかね。4回転複数は、ジュニアのトップ争いではもはや普通になりました。
三浦選手はSP11位と出遅れましたが、フリー5位と大健闘。納得はできないと思いますが、次に生かせる内容だったと思います。

毎度のことながら、ジュニアのソロジャンプは課題が決まっているので、あとは2Aで、コンボを3Lz+3Tか3F+3T、トップ争いでもSPは差がつきにくいというか、GOEの加点で争う感じですよねえ。

●女子SP
ヘイン・リー
韓国、ジュニアがどんどん来てます。
ちょっと緊張感があるけれど、きれいに、そつなくまとめました。
心配そうなキスクラから、一転ほっとした笑み、よかったねえ。

松生理乃
まついけと読むのか、覚えなくては。
天上界、妖精系のスケーティング、ディープエッジで気持ちよく滑ります。
コンボがちょっと危なかったのが惜しい。

ウサチョワ
密度の高い振付、いかにもエテリチームなすべり、隙がありません。
コンボがちょっと強引にもっていったかなってくらい、減点にはなりません。

住吉りをん
いいとこのお嬢さん的。
3Fからのコンボで転倒、ソロは3Loと決まっているのでリカバリーはできない。得点はしょうがないですねえ。ジャンプ全体にちょっと不安があるのかな。滑りそのものはいいと思いました。

フロミフ
長い手足を存分に生かしていて美しい。パーフェクト!さすが〜。

ウサチョフとフロミフ、どっちが上でもいいかなってくらい。
次々送り込んでくる、この最強ジュニア女子たちをどうやってまとめているのか、エテリすごすぎ。

●女子フリー
住吉りをん
2A+3Tなどきれいに決まったジャンプもあるあるのです。
…が、3Fで大きくバランスを崩す、3Lo転倒、3Fコンボで転倒…等、ミスも多かった。全部が全部よくないわけではないので、なんかこうもやもやする。気を取り直してがんばりましょう。

松生理乃
ほんと気持ちよく滑ります。
3連続でちょっとバランスをくずした、後半はちょっと疲れてきたかな。でもとてもいい演技、かんばりました。
お〜フリー2位。

ヘイン・リー
スピードにあってかっこいいです。
エレメンツが次々決まって、後半にむけてどんどん乗ってきます。
ジャンプがすべて決まってご機嫌、その後の元気いっぱいのステップもすばらしい。これはすばらしい。200点にせまるで優勝!
韓国の勢いすごいな。

ウサチョワ
限りなくエテリ時代のメド風。
3Lzコンボで2Tに、3連続の3つめで転倒。うーん、ノーミスでないと勝てない状況でしたね。
美しかったし、ミス以外のところはすばらしかった、できるのはわかってます。

フロミフ
冒頭のジャンプで転倒。エテリチームに何があった?とにかくこの転倒で優勝はないという状況に。
美しいのはウワチョワに同じ。ジャンプが大きく羽ばたくようで、とてもすてきです。

優勝候補ロシア二人にまさかのミス、演技後のがっくりに、ホームに帰ったら説教部屋じゃないかと心配になる私(汗)
それにしてもリー、すばらしかったもんね、優勝おめでとう。
今回は4回転や3Aの選手はいませんでしたが、そうなるとジュニア女子の優勝ラインは200点超え、ジュニア男子と同等の得点、大変な時代です。

Read more "JGP2019 第3戦ラトビア 韓国ジュニア女子の勢い"
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

2019 ISUチャレンジャーシリーズ、ジャパンオープン2019

2019年09月12日
●オータムクラシックインターナショナル2019
ISU CS Autumn Classic International 2019
Oakville, ON / CAN 12.09.2019 - 14.09.2019

Result
羽生結弦、Junhwan CHA、Keegan MESSING、Kevin AYMOZ、Camden PULKINEN
紀平梨花、Eunsoo LIM、Evgenia MEDVEDEVA、Karen CHEN
Piper GILLES / Paul POIRIER、チームココ棄権(涙)

●ロンバルディア杯2019
ISU CS Lombardia Trophy 2019
Bergamo / ITA 13.09.2019 - 15.09.2019

Boyang JIN Matteo RIZZO IT、Kazuki TOMONO、Dmitri ALIEV、Andrei LAZUKIN
Wakaba HIGUCHI、Yelim KIM、Sofia SAMODUROVA、Anna SHCHERBAKOVA、Elizaveta TUKTAMYSHEVA、Starr ANDREWS
Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI、Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN、Caroline GREEN / Michael PARSONS

●USインターナショナル2019
ISU CS U.S. International FS Classic 2019
Salt Lake City, UT / USA 17.09.2019 - 22.09.2019

Keiji TANAKA、Sota YAMAMOTO、Tomoki HIWATASHI、Alexei KRASNOZHON、Vincent ZHOU
Eliska BREZINOVA、Satoko MIYAHARA、Yuna SHIRAIWA
Cheng PENG / Yang JIN、Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV、Tarah KAYNE / Danny O'SHEA
Madison CHOCK / Evan BATES

●ネペラメモリアル2019
ISU CS 27th Nepela Memorial 2019
Bratislava / SVK 19.09.2019 - 21.09.2019

Matteo RIZZ、Mitsuki SUMOTO、Deniss VASILJEVS、Dmitri ALIEV、Mikhail KOLYADA、Alexander SAMARIN
Kaori SAKAMOTO、Mako YAMASHITA、Stanislava KONSTANTINOVA、Maria SOTSKOVA、Alexandra TRUSOVA
Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV、Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN、Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER

●ネーベルホルン杯2019
ISU CS Nebelhorn Trophy 2019
Oberstdorf / GER 25.09.2019 - 28.09.2019

Nam NGUYEN、Han YAN、Alexei BYCHENKO、Daniel SAMOHIN、Koshiro SHIMADA、Jason BROWN
Marin HONDA、Dabin CHO、Yelim KIM、Mariah BELL
Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER、Haven DENNEY / Brandon FRAZIER、Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM
Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN、Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO、Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER

●フィンランディアトロフィー2019
ISU CS Finlandia Trophy 2019
Espoo / FIN 11.10.2019 - 13.10.2019


●アイス・スター2019
ISU CS Ice Star 2019
Minsk / BLR 18.10.2019 - 20.10.2019


●アジアンオープン2019
ISU CS 2019 Asian Open Figure Skating Trophy
Dongguan / CHN 30.10.2019 - 03.11.2019


●ワルシャワカップ2019
ISU CS Warsaw Cup 2019
Warsaw / POL 14.11.2019 - 17.11.2019


●ゴールデンスピン2019
ISU CS Golden Spin of Zagreb 2019
Zagreb / CRO 04.12.2019 - 07.12.2019

----------------------------------
●ジャパンオープン2019
公式サイト
Japan Open ISUサイト
2018年10月5日(土) さいたまスーパーアリーナ
日本:宮原知子 紀平梨花 宇野昌磨 島田高志郎
北米:ブレイディ・テネル 長洲未来 ネイサン・チェン ビンセント・ジョウ
欧州:アリーナ・ザギトワ アレクサンドラ・トゥルソワ デニス・ヴァシリエフス ハビエル・フェルナンデス

カーニバル・オン・アイス2019
公式サイト
2018年10月5日(土) さいたまスーパーアリーナ
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

台風の東側

2019年09月11日


関東地方に上陸した台風15号は、大量の雨と暴風を伴い各地に被害をもたらしました。
幸い我が町では、交通機関などに大きな影響があったものの大きな被害もなく台風は通過し、ほっとしています。
そして我家は、春の強風で雨樋が破損し、やっと新しく付け替えたところでした。

ローカルニュースで、日本に台風が接近・上陸した場合、中心(台風の目)の「東側」が特に危険であると知りました。我が町は今回「西側」であったことが幸いだったらしい。
台風の「東側」だった千葉では、9月11日現在、大規模な停電がまだ復旧していないらしい。この暑さの中、停電がどれだけ大変か、一刻も早い復旧を祈っています。

それにしても、経験上とか、これまで大丈夫…これくらいなら大丈夫ということが、あっさり覆されてしまう昨今の自然災害です。
雨は局地的なゲリラ豪雨ばかり、マクロな視点であれば地球環境の変化と言えるのでしょうが、やはり今現在どう暮していくのかということですね。日本の気候はこれからどうなっていくのでしょうか?
天気予報の精度は高まり、対策もしやすくなりましたが、用心に越したことないです。
皆様もどうぞお気をつけ下さい。
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

メドハギ

2019年09月10日


道ばたに萩に似た白い小花、メドハギです。
筮萩(めどはぎ)…って、絶対読めない(汗)名前の由来が以前から気になっていたので調べてみました。
メドハギとは、筮萩(めどぎはぎ)の略、筮(めどき)とは「筮竹(ぜいちく)」のこと。筮竹(ぜいちく)は、易占…たくさんの細い竹の棒をじゃらじゃやらさせる、あの占いですね。竹以外にメドハギも使われていたらしい。
元々がメドハギで、竹で作る方が簡単だったので竹になったという説もあるよう。
茎は木質化し、まっすぐで丈夫なため、高級すだれなどにも利用されてきたらしい。

2019090708.jpg

メドハギは花が咲かないと気がつくこともまれです。
花は小さくても可憐、地味ですが花の盛りはなかなか見事なのです。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

白いギボウシ

2019年09月08日


朝日の逆光に光る白が神々しい美しさ。
大型のギボウシ、タマノカンザシは香りもいい。
半日陰では、緑の葉も大きく茂り、生き生きとしています。北向きで湿った土地を嘆く我家ですが、ギボウシにはたぶんベストの環境。

20190826017.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

木のシルエット

2019年09月07日


民家の庭先、ヒバの木かな?
剪定は意図的なのかどうかわからないけれど、炎か松明のようなシルエットがユニークで、ファンタジーの挿絵に出てきそう。
すごくおもしろいと思いました。

2019081422.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

9月の庭

2019年09月06日


猛暑が過ぎて、日中の日差しは強いけれど、空気は秋の気配です。
今年我家の庭では、夏が暑すぎたのか、萩の花つきが少ない。けれどもクレオメや黄花コスモスは、一雨ごとに勢いを増し、盛大に咲いてくれました。

2019082614.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »