FC2ブログ

福島のこの頃、熊のこの頃

2020年07月31日


集落や市街地に出没する野生の熊が問題なることが多くなりました。
7月初め、ついに我家の近くにも熊が出没して騒ぎに。
休日の買い出しから帰宅すると自宅近くでパトカーを見かけ、何かあったのかと思いましたが、熊でした。
田舎とはいっても熊の生息域の山々からは離れているので、困ったことになりました。

実は2年程前の夏にも熊が出没しています。
早起きの近所の方が、起きて窓を開けると庭に熊…目が合ったそうで(汗)すぐ通報し、朝から町の広報車が注意を呼びかけていました。その後、目撃情報はなく、ほっとしたところです。

山菜採りや登山で熊に遭遇することは、それは我々が熊の生息地に入ったからであって、驚くことではありません。
私の生活圏ですと、奥羽山脈の吾妻山〜安達太良山〜磐梯山にかけて熊がいますから、その山の麓では普通に熊が出ます。
熊は脅かしたり、パニックにならないかぎり人を襲うことはほぼなく、山に隠れてしまうといわれています。
トレッキングや山菜採りに…どっちかいうアウトドアの私ですが、これまで熊に遭遇したことはありません。ただ熊に遭遇することは想定内と思っています。

夏は春の山菜が終わりエサが少なくなるので里の方に下りてきてしまう傾向があるそうです。
この夏、近所に出没した熊は体長1mくらい、子熊ではないかとのこと。その後も住宅地などでたびたび目撃されることに。
時間帯も日中です。熊の活動時間は一般的に早朝と夕方、もし定住している熊ならばそのような時間になるはずですが…
そして我家は田舎とはいえ、熊の生息域からはかなり外れ…いろいろ考えると、本来住んでいた山から離れ、迷走しているとしか思えないんですよね。
学校も近い、これはちょっとまずい…山に帰ってほしいけれど…

そんなこんなの次の週末、近所の散歩はまずいかも?
というわけで、散策に出かけたのは福島市の民家園、そして時間があったので、民家園からも近い「四季の里」へ。
「四季の里」は芝生や水場が整備され、飲食店もある都市公園ですが、公園の奥には「水林自然林」として静かな森の遊歩道があるので、時々やってきます。

週末の公園は普段から家族連れでにぎやかですが、おりからのコロナ対策で、出入り口では検温、緊急時の連絡先の記入、サーモカメラでチェックまで…やれやれ、面倒な時代になったなあとつくづく。
手続きをすませ、にぎやかな公園はさっさと素通りし、森の中を歩きはじめました。写真はその「水林自然林」、緑の陰がとても気持ちのいい場所なのです。

歩き出してしばらくすると、あれ?…スタッフの方が追いかけてきました。
「実は今日の午前中、ここに熊が出まして…」
驚かないのですが…自宅付近の熊を避けて、ここでも熊とは…。
そういえば「熊注意」の立て札はあったな…
公園は吾妻山の麓なので、熊が出ることはこれまでもたびたび…。注意看板も至る所にありますが、すっかり慣れてしまっています。
スタッフは、禁止とはいわないけど、あきらかに「お願い、行かないで…」の表情。
まあ無理強いするわけにもいかず、公園に戻ることにしました。
開けた人の多い所に熊はわざわざやってきません。猛暑日の公園にはたくさんの家族連れ、三密ってほどではないけれど。
ふと…

日曜日、三密避けて熊に会う

という言葉が浮かび…。
いやいや、熊にはまだ会ってないし(汗)

帰宅するとお知らせがきていました。
我が近所に出没した熊が駆除されたとのこと。
先ほどまでいた「水林自然林」なら、熊は吾妻山の方へ帰ることもできそうですが、ここは熊の生息域から離れてしまっている。学校や住宅地あるところ、被害が出る前にとなったらしい。
かわいそうだけれども、人が暮らす上ではやむを得ません。

熊の出没が問題になってきた背景には、昔は熊の住む山と人家の間には畑があり、緩衝地になっていたけれど、農業が廃れ畑が荒れてしまったことで、熊は山の延長で人の近くまで来るようになったとか、山が荒れて熊の食料が少なくなったからなど、いろいろな説があります。
人と野生動物は、本来住み分けできていたはずですが…。
ソーシャルディスタンスは、人と人の間だけでなくて、人と野生動物、人と熊の間にも必要。
そうやってうまくつきあっていけたらいいのですが…。

2020071937.jpg

余談
最近知ったのですが、朝ドラ「エール」のオープニングで登場する森は、この水林自然林だとか。言われてみれば、大きな石がごろごろしていて見覚えのある風景でした。

福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)

オニアザミ

2020年07月31日


磐梯吾妻スカイラインでみかけた大きなアザミ。
太い茎がぐにゃりと曲がり、下向きに花がグラデーションのスカートのよう。
生い茂る葉はトゲだらけ。
写真だと存在感が伝えきれないのがもどかしい。

里山のアザミはたいてい花が上向きに咲きます。
これはオニアザミだと思いますが、アザミの種類はわかりにくいので、イマイチ自信がありません。

2020072502.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

シシウド

2020年07月30日


暑さを避け、ちょっと山の方にドライブ…という頃、道路沿いなどで目につくのがシシウド。
ぐんぐん伸びて、軽く2mくらいになります。
いつの間にこんなに大きくなった?ってくらい、突然現れる印象ですが、花のボリュームもあるからだろうなあ。
大きくたくましいシシウドを見ていると、夏も乗りきれそうな気がしてきます。

2020072504.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

青柿

2020年07月29日


青柿のかへす光のうひうひし
山口青邨

柿の実がだいぶ大きくなりました。
今年も甘い柿がたくさんできますように。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

山のしずく

2020年07月28日
2020071910.jpg

あしひきの山のしづくに妹待つとわが立ち濡れし山のしづくに
大津皇子 万葉集

我を待つと君が濡れけむあしひきの山のしづくにならましものを
石川郎女 万葉集

「君を待つ間にすっかり山のしずくに濡れてしまったよ」と大津皇子と詠むと、石川郎女は「私を待っていて濡れたという山のしずくに私もなりたい」と返歌。
しずくに濡れるほどあなたを待ち続けました、待ちぼうけ…ということでしょうか。
恋とはそういうもの、でもラインでつながる今の恋とは、だいぶ状況が違いますね。

雨上がり、晴れたと思って庭を歩きはじめると。あっという間にびしょぬれに…。
草葉の陰、蜘蛛の糸にかかった玉のようなしずくがとてもきれいでした。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

マーシュマロウ

2020年07月27日


真夏の花がどんどん咲くけれど、一瞬晴れたかと思うと雨、ぐずついた天気が続いています。
猛暑とまではならないけれど、蒸し暑くてすっきりしません。
マーシュマロウ、別名ウスベニタチアオイ (薄紅立葵) は、ゼニアオイなどと同じアオイ科ですが、花はずっと少なく。ひっそり咲きます。
すべすべした毛に覆われた白っぽい葉や茎、あっさりした白い花は涼しげでとても癒されます。

2020071805.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ヤマアジサイはひっくり返る

2020年07月26日
2020071914.jpg

あじさいの園芸品種はとても多くて、覚えきれないなあと思うこの頃です。
古くから品種は、酸性の土なら青く、アルカリ性の土なら赤っぽく咲きますが、新しい品種はそうともかぎらないのが多いようです。
ところで、あじさいの花に見える部分はガク(萼)が変形した装飾花、というのはわりと知られていることと思います。
原種では、中心のつぶつぶに見えるところが花、装飾花だけのあじさいは品種改良された園芸種ということですね。

20200701056.jpg

2020071915.jpg

最近よく見かけるガクアジサイの園芸種で、花の見頃が終わったころに、装飾花がくるっとひっくり返り、下をむくものがあるなと思っていました。
これはどうもヤマアジサイの特徴らしい。
ガクアジサイの園芸種と思っていた最近のアジサイの中には、ヤマアジサイが原種となっているアジサイが数多くあるということのようです。
※品種改良の他に、色や八重咲き、しだれなど変種が発見され栽培されるようになった品種も多い。また改良に改良などで、販売されている園芸種を辿るのは難しですね。

ガクアジサイもヤマアジサイも小さな花を装飾花が囲むという点でよく似ていますが、種類としては別です。
トレッキングなどで見かけるヤマアジサイは優しげな風情でとてもすてきです。

以前の記事 ヤマアジサイ 2016年07月14日

2020062238.jpg
これは我家に昔からあるガクアジサイ、装飾花はひっくり返りません。

2020070534.jpg
今にもひっくり返りそうな装飾花(7/5の土合館公園)これもヤマアジサイの系統だろうか?
いろいろありますねえ。

20200701055.jpg
これも我家のあじさいですが、比較的新しい。ひっくり返るのかな?注意してみたことがない…目立たない位置にあるので。今度よく見ておこう。

2020072513.jpg
7/31追記 装飾花がひっくりかえってました。
ヤマアジサイの系統ですね。






動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

レンゲショウマ

2020年07月25日
2020071908.jpg

福島市の民家園で見たことがない花に遭遇。花の中心はオダマキに似ているけれど…。
調べてみるとレンゲショウマ(蓮華升麻)。

ショウマは山野草としてサラシナショウマ、アワモリショウマなどがありますが、花は全く違います。
Wikipediaによると…
「花が蓮に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名がつけられた。」
とあります。
つまり葉っぱが似てたのでショウマと付けただけか。

2020071907.jpg

花もいいけれど、玉のようなつぼみもかわいい。

2020071909.jpg

花びらのように見える外側の部分は花弁ではなく「萼」。
キンポウゲ科、日本特産の1属1種の花。
大事にしたい美しい花ですね。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

きのこの散歩道

2020年07月25日


降ったり止んだり、長い梅雨です。被害が出る程の大雨でないのはありがたいです。
雨を縫って散歩に出かけると、あちこちきのこだらけでした。

きのこには詳しくないこともあるけれど、出始めの傘が閉じている頃と傘が開き胞子飛ばす頃は、色や形も変わってしまうので、なんだかわからなくなってしまいます。
時々調べていますが、すぐ忘れてしまうという(汗)

上の写真はヒメガサヒトヨタケかな?

2020071929.jpg
これは良く見かけるベニタケ?

2020071928.jpg
まだ小さくてなんだかわからない。

2020071930.jpg
こんな公園の林の中もきのこだらけ。

2020071931.jpg
これは毒きのこのテングダケか?赤いベニテングダケが有名ですね。

2020071932.jpg
裏がスポンジ状、ヤマドリタケかその仲間。

2020071933.jpg
これもよく見かける、チチタケの一種かな?

2020071934.jpg

2020071904.jpg
鮮やかな黄色が目立ちます。きのこではなく粘菌か?
この世界も沼が深そうだなあ〜

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

原っぱと曇り空

2020年07月24日


よられつる野もせの草のかげろひて涼しくくもる夕立の空
西行 新古今和歌集

もつれ合う草原が陰り、見上げれば涼しげに曇ってきた、夕立だろうか。
よられつる(縒られつる)=よじられた、もつれあう。野もせ=野原。

風に揺れていたイネ科の野草がとてもきれいでした。
ここは休耕田、カモガヤとか、ヒエの仲間かな。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ハマナデシコ

2020年07月24日


プランターに白い花、オシロイバナかなと思ったら見慣れない白い花。
調べてみるとハマナデシコかその近縁の園芸種(プランターなので)のよう。
白い小さな花はたくさんあるけれど、近づいて見ると、花弁にギザギザがあり、ナデシコ特有のひげのようなものがあります。

2020071803.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

7月の民家園

2020年07月23日
2020071913.jpg

雨かと思えば晴れたり、一瞬で雨になったり、天気予報も当てにならない週末。
やって来たのは、福島市あづま総合運動公園内の民家園です(2020年7月19日)
吾妻山のふもとは、灼熱の市街地にくらべるとだいぶ涼しい…はずですが、暑さはそれなりに…。

2020071905.jpg
緑と古民家が風情のある場所です。

2020071921.jpg
空には入道雲、日向は暑い!(汗)

2020071912.jpg
桑と民家、養蚕がさかんだった福島県、ここには養蚕の道具なども展示されています。

2020071911.jpg
囲炉裏から煙がもくもく。藁葺き屋根の民家は、保存のためにもこうして時々いぶさないといけないのでしょう。
煙の匂いを久しぶりに嗅いだような…思えば日常生活で煙って少なくなりましたね。

2020071916.jpg
お茶でも飲みながらまったりしたいお座敷。

2020071922.jpg
ヒオウギスイセン

2020071920.jpg
ギボウシ

2020071924.jpg
オミナエシ、もう秋の花です。

2020071925.jpg
昔話にでてきそうな藁葺きの曲がり屋、手前の生け垣はお茶の木。

2020071918.jpg
あづま総合運動公園はヤマユリだらけで、見頃になると、たいてい地元紙の記事になります。


そんな中、あずき色のユリをみつけました。
ヤマユリ?形や大きさはヤマユリですが、こんな色は見たことないです。近くに職員の方がいたので訊ねてみると、ヤマユリの突然変異らしい。

2020071901.jpg
他では見たことがありません。

2020071917.jpg
こちらが一般的なヤマユリ。

2020071919.jpg
大きい、そしてゴージャスな夏を代表する花ですね。


散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

桔梗

2020年07月22日


童どち悪び戯れ一つだに咲けば摘み取るきちかうの花
大隈言道

子どもたちは1つだけ咲いた桔梗もふざけて摘んでしまう。
童(わらは)悪び(わろび)戯れ(たはぶれ)、きちかうの花=桔梗の花
子どもなら、花より風船のようなつぼみをおもしろがって潰してしまうのではないかな?と思うのだけれど。

桔梗は園芸種だと思い込んでいましたが、山野に自生する野草だと最近知りました。
といっても、現在野生種はほとんど見られなくなり、絶滅危惧種として環境省のレッドリストに載っているらしい。


動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

あじさいの小径

2020年07月22日
2020071212.jpg

わが地方では、まだまだ梅雨は明けないらしい。
日照不足でも関係のないあじさい、このとことろあじさいばかり見ているような気がする。
ここはあじさいが植えられた散策路。
昔からある青いあじさいが主ですが、日当りはそれほどでもないこの場所の環境に適していて、大きな手間もかかからないといことかな。



2020071213.jpg
あじさいを下から見るのが好きです、マニアック?(笑)

2020071215.jpg

花めぐり | Comments(0) | Trackback(0)

アカザ

2020年07月21日


畑の雑草としてもおなじみのアカザ(赤麻、藜) は食べられる野草でもあります。
若葉の中心が赤くならないシロザというのもありますが、ほぼ同種。
ずいぶん前、好奇心からアカザ若葉の部分を摘んでさっと茹で)、炒めて食べましたが、アクの強いほうれん草のような風味で、おいしいというほどではなかった。この時期は夏野菜が豊富に出てくる時期でもあり、以来わざわざアカザを食べたいとまでは思いませんでした。
改めてネットで調べてみると、栄養価が高く、薬草にもなるという。
また、戦時下の食料不足の時に食べられていたらしい。
そうか、そういうなら近いうちにに食べてみるかな。なにしろそこら中に生えてるし。

アカザの持つ食材としての効果、効能とは

2020071202.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

アカバナユウゲショウ

2020年07月21日


アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)珍しくもないけれど、珍しくきれいに撮れたので。
ピンクの花弁に赤い脈みたいのがくっきり。

明治時代に南米から観賞用として入ってきたものが野生化したらしい。
アカバナ科マツヨイグサ属 、小さいので気がつかないけれど、4枚の花弁といい形はマツヨイグサに似ていますね。

2020071806.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

雲と空

2020年07月20日


きた山にたなびく雲の青雲の 星わかれゆき月もわかれて
持統天皇 万葉集

北山にたなびく青い雲が、星からも月かからも遠く離れていく。
亡くなった天武天皇を悼み、皇后の持統天皇詠んだという。
自分たち(星や月)から、否応なく離れていってしまう故人を雲に例えて。

雲はどこからきて、どこに去っていくのか。
雨模様の夕方、黒い雲から一瞬クリアな青空が現れましたが、また雲に覆われていきました。



日記 | Comments(0) | Trackback(0)

雨雲の町

2020年07月19日


墨染の君がたもとは雲なれや たえず涙の雨とのみふる
壬生忠岑 古今和歌集

墨染めのあなたの袂は雨雲でしょうか。涙がたえることなく降っています。

2020071218.jpg

高台に登っても雨雲からは逃れられない。
遠くに郡山市のビッグアイが見えています。あっちは晴れているのか。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

コズミック フロント☆NEXT「スターゲイザー 星空の冒険者たち」

2020年07月18日
コズミック フロント☆NEXT
「スターゲイザー 星空の冒険者たち」
[NHKBSプレミアム]
2020年07月16日 午後10:0 ~11:00
再放送 2020年07月22日 午後11:45 ~ 午前0:45
星の探究者・スターゲイザー特集!写真家KAGAYAさんの舞台裏に密着。視力抜群のサイエンスライターとは?世界で愛される日本製望遠鏡の秘密。宇宙は誰にでも平等だ!

国内外のスターゲイザーが登場。
空や宇宙への好奇心やあこがれは、研究者でもただ見るだけの人でも変わらないのだなあと思います。
そして世界のスターゲイザーに愛されるTAKAHASHIの天体望遠鏡。
ここまで愛されていると制作者もうれしいだろうなあ。「和風総本家」みたいでした・

Twitterで美しい星空や宇宙をの写真を公開しているKAGAYAさんは、どんな人なのかなと思っていました。
写真家というより映像作家なんですね。天体望遠鏡など、装備はやはりすごいものでした、ですよねえ(汗)
穏やかな中に、宇宙への情熱をずっと持ち続けている方でした。
美しい天体写真は、それが何でどんな意味を持つものかわからなくても、感動をくれます。
番組エンディングの数枚の写真もふるえるほど美しくて必見です。

KAGAYAギャラリー


ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)

ヤブカンゾウ

2020年07月18日


雨をぬって一瞬の青空を楽しむヤブカンゾウ。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

ソクズ

2020年07月17日
2020071210.jpg

住宅街の道ばたに見慣れない植物。
ガマズミのような白い花、オトコエシに似ているけれど、1m以上でずっと大きいし、やっぱりちょっと違う。
調べてみるとソクズ(曽久豆)、別名クサニワトコ(草接骨木)、葉っぱの感じが確かにニワトコに似ています。
黒いつぶつぶがついた星形の花がかわいい。そして黄色のビーズのようなもの、なんだろう?とまた調べてみると、腺体といって密をためておくところらしい。

ソクズは昔、薬草として日本に入ってきて野生化したのではないかとのこと。
名前の由来は、生薬の蒴藋(さくだく、さくてき、そくどく)がなまったものではないかという説、平安時代の古名ソクドウがなまってソクズになったなど、いろいろわからないことが多い植物です。

2020071206.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

雨の町

2020年07月17日


あじさい越しに雨の町。高台は民家の裏庭でした。
梅雨は梅雨らしく降ってくれるのはありがたいけれど、ここまで晴れの日がないと、気分も晴れないなあ。
あじさいは別として。

2020071219.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

トラノオに蝶

2020年07月16日


散策しているとトラノオ(オカトラノオ)が群生する一角にでました。
トラノオだらけ、蝶だらけでもありました。

2020070511.jpg
ベニシジミとトラノオ

2020070512.jpg
セセリチョウとトラノオ

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

リアル「きのこの山」

2020年07月16日


雨つづき、あちこちカビだらけ、きのこだらけ。
散歩をしているときのこらしいきのこ発見。きのこらしい…どういうことかってのもありますが、子どもの時から慣れ親しんだお菓子「きのこの山」っぽいってことです(笑)
種類はなんでしょう、ヤマドリタケのようでもあるし、食べられそうでも毒きのこってこともありますね。

きのこの山・たけのこの里|株式会社 明治 - Meiji Co., Ltd.

2020071224.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

ひとりぼっちのバラ

2020年07月15日


たまたまに窓を開けば五月雨にぬれても咲ける薔薇の赤花
正岡子規

梅雨時のバラはすぐに傷んでしまう。
数本しかない我家のバラもそろそろ終わりです。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

紫の空

2020年07月15日


少しお年を召した方の着物ような渋い紫の空でした。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

苔むした

2020年07月15日


モダンアートのようなコンクリートブロックの土手。
緑のクロスを貼ったよう。ここはサイクリングロード日陰だし、このところの雨続きで苔にも最高の環境なのかも。

2020071221.jpg
日記 | Comments(0) | Trackback(0)

荒梅雨

2020年07月14日


あがれあがれ、雨あがれ!

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

初夏のダリア

2020年07月13日
20200700605.jpg

君と見て一期の別れする時もダリヤは紅しダリヤは紅し
北原白秋

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

緑と緑と緑

2020年07月12日


川沿いの農道を歩く。
山は緑、田んぼも緑、きれいに草刈りされた農道も緑。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »