FC2ブログ

まもなくユーロと全米選手権

2009年01月17日
まもなくユーロと全米選手権ですね。
大注目の2つの大会がかぶって開催されるのは、スケートファンにはキツイですね。皆さん、体調を万全して臨みましょう。
Jスポーツのライブを含む放送と、オンラインリザルトを追いかけると、まず寝る間もない…そして家族の白い目が…
大会を前に、気になる記事がいろいろ出ています。私は外国語には全く自信がないので、翻訳サイトと人様のブログ巡りであさった情報ですが(苦笑)。

そういえばカナダ選手権開催中、バーチュー&モイア組が復帰してるそうで、よかったですね。今季彼らがいないだけで、アイスダンスの勢力図がずいぶん変わってしまうのを実感してました。只今ODを終え首位。

カナダ選手権

女子はSP終え、ええ~ファヌフ首位、ジョ兄~2位ですと…!
ジョ兄~は2Aが1A、3F+3T回転不足、ルッツで転倒の模様。ファヌフもコンボで転倒してるのに…とはいえ僅差ですね。
映像は見ていないのでわかりませんが、ジョアニーが3+3を諦めてないのがわかってうれしいです。今季のジャンプ構成は良くできていますが、好調なキム、浅田両選手にはかなわないですし、バンクーバーではもちろん金を狙う事を考えると、本番でどうなるにせよ、3+3は外せないと思います。

個人的願望は、カナダならソーヤー君がワールド代表に選ばれますように。ワールドクラスになると、なかなか上位は難しいと思いますが、見てて楽しい選手で大好きなんですよ。個性的な選手がたくさんいる方が楽しいですよね。サンデュ程の個性は求めないから…

全米は全く読めないですね。
男子はジョニーVSライサに、アボット選手がどう絡んでくるか…というか、アボちゃんが4Tを入れるか入れないかで、結果が変わりそうな気が(苦笑)
ライサはFPをローリーと大幅手直し?…ローリーと新しくするという意味なのかな?あんなに頑張ったのにね、タラソワコーチごめんねですねえ。
私の希望はジョニーに会心の演技を期待してるのですが、どうかな。

アダム君はシーズン半ばでコーチ変更、ニコライと別れた(逃げた?)ことにびっくりして深く考えてなかったですが、オーサーコーチと組むとは、これまたびっくり。まるっきり違うタイプですね(苦笑)まあそういうコーチをあえて選んだということでしょう。
私はニコライの振付が最も似合うのがアダムと思ってましたが、いろいろな方のブログ読むと、アダムファンは必ずしもそうは思ってないようで、こちらも意外でした。
プログラムはウィルソンとSPを手直し、FPは変更?バイオを見ると振付にウィルソンとあるので、手直しではなく変更なのかなという気がしますが。

女子もわかりませんね。アシュリー、フラット、ジャン、シズニー、未来、キミー…
アシュリーとフラットかな?いや、やっぱりわからん。
そういえば、レイチェル・フラットがMACと提携したと…いいなあ、MAC好きなんですよ。
…あれ?MACって、化粧品ブランドか、なーんだ(汗)
私が好きなのは、アップル・コンピューターの方です。

先日GPSのペアとアイスダンスをぼちぼち見てたのですが(遅すぎますね)、アメリカの若手サマセット&ギルスのFDは「道」(トム・ディクスン振付)。
ダイスケのFPと同じですね。もちろん別物なんですが、いろいろ想像してしまいました。どうしてますかね。

全米選手権


今年のユーロはヘルシンキ、女子はフィンランド勢が来ますかね?
なんとなく雰囲気で好きなベハマーちゃんが故障続きなのが残念です。エミューちゃん(コストナー)の優勝は濃厚ですが、そこを脅かすくらいの選手が出てくれば、ユーロ女子もおもしろくなるんですが。今年はマイヤーも欠場、イタリアのマルケイ選手も調子よければ(場合によっては)表彰台もと思っていましたが、負傷の回復が遅れ国内戦4位でアウト。

アイスダンスは、デロション欠場が残念です。ダンスも各国でけが人続出ですねえ。早く良くなるといいですが。

男子は、フランスのトリオとトマシュに注目です。
どうかトマシュがエンジンかかりますように。ユーロに照準合わせているからって、皆さんおっしゃいますが、一抹…いや結構大きな不安が…。

今季のポンちゃんは素晴らしいと思うものの、何はなくてもジュベールに優勝して欲しい私です。
しかし、ここに来てFPを変更「マトリックス・リローデッド」。
RELOADED…積み直し(やり直し)ってことですか(笑)そうきたか。
私も「モヒカン良かった派」なんですがね。表現力の幅をぐっと広げたいいプログラム、役になりきるのがヤダって…今頃、君(汗)。
ジュベールは器用なタイプではないので、まっさらの新しい所から始めるの苦手だと思うんですよね。そういう意味では、気に入っていた「マトリックス」のプログラムからなら、最終的に全く新しいプログラムになっても、すんなり入っていけるのではないでしょうか。
振付はプラトフではなく、ブレードで世話になったイアン・ジェンキンスさん、全幅の信頼ってとこですかね。
この場合も、全く知らない人と組むのはすごく時間がかかるようなんで、気心の知れた人と組む方がリラックスして、いい結果につながるような気がします。
…というか、そうだといいなあってことです(苦笑)
ま、調子にさえ乗ってしまえば、単純…いやシンプルな人ですから、迷いも無くなるでしょう。

ヨーロッパ選手権
関連記事
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ありがとうございます
誤字訂正ありがとうございます。
習慣でつい書いてしまうもので…みっともないですね。以後気をつけます。
各国・各地区選手権大会
たくさん書いておられるので、わかる範囲でこちらも記していきますね。

・カナダ女子は、ロシェットは昨年もSPはミラ・リュンと僅差だったし、もともとあまりSPが得意な人ではないので想定の範囲内(今季GPSでは評価が高すぎた感あり)。3-3は今季SPでは最初から予定していたが、これまで全ての大会でコンビネーションジャンプを失敗しており、行なうチャンスが今まで無かった。デフォルトの行動ということで回転不足判定は気にしていないでしょう。

・さきほど終わった男子は順位は想定の範囲内でしょうね。ソーヤー君もそうで、彼はSP苦手・FSは最高のプログラム・大舞台に強い、の三拍子揃ってますから、カナダ選最終日が楽しみです。

・カナダの世界選手権代表は、四大陸での結果&内容を見て最終発表とのことです。

・全米男子のライサ&アダムの「プログラム手直し」は、トリノ五輪版サーシャ・コーエンの「ロミオとジュリエット」のようなものだと思っています。オリジナル振付とは違う人による大幅改作ということです(別プログラムということではない)。

・アダムのコーチ&練習地移籍に驚きはありませんでした。そのことを私が最も評価する理由は、「これからの13ヶ月に起こることを『自分に目をかけてくれる時間とエネルギーが少ない』などと人のせいにせず、後悔なしに納得しながら過ごせること」です。結果がどうなるかは自分の頑張り次第ですからね。米国フィギュアスケート連盟も、仮にバンクーバーにアダムが間に合ってもその場で日本選手に勝てる状況にない、という事態を続けることに堪えられなかったと考えられます。

・アボットが4Tを入れるのはFSからの予定。SPがそこそこならFSには圧倒的な自信とアドバンテージがある人ですから、問題ないでしょう。

・サマーセット&ギルスの「道」は名作ですよね!見るたびに泣きますもの。あれを見て初めて私は高橋君の不在を実感したんですから。良いプログラムだし人に訴えるものを持っているチームなので、全米では3位入りを大期待。

・ベッヘマーは今季は体が急激に大きくなって故障と不調に苦しんでます。フィンランド国内線直前にまた足を痛め、会場には松葉杖をついて見に来ていたとのこと。

・マルケイは国内選で3位に入れなかったため最初から欧州選出場は難しいと考えられましたが、一度は代表入り。今年に入ってテストスケートを行い、まずまずの出来でしたがマルケイ本人が「欧州選手権で結果(今季当初の目標は表彰台)を残せる状態ではないことが自分にわかっている」として辞退しました。ユニバーシアード(前回2位)に出場予定のようです。


話題変わって、国別対抗戦についてクッツさんが12月はじめに彼のブログでエントリーを設け、そこに私がコメントしていますので、そちらも見ていただけると参考になるかと思います。予想の範囲内ではありましたが女子FSの日は、もうチケットが無い状態ですので。
>長野のK嬢さん
私の長いおしゃべりにつき合って頂いてありがとうございます。

カナダ男子SP、リザルト見てきました。パトチャンが順当に優勝しそうですね。しかしソーヤー君は…6位か(涙)
2位のチッパー君と約5点差ですから、まだわかりませんね。なんとかなるかな?
こうしてみるとカナダ男子もいい選手層ですよね。ソーヤー君は大好きですが、実はレイノルズ君にもぜひワールドに出場してもらって、4回転連発で兄ちゃん選手をかき回してほしいなと願ってます。

アダム君とライサのプログラムについては、自分の翻訳があいまいだったので、他の方のブログなども読んだのですが、意味合いがまちまちなんですよね。いずれにしても衣装も変わるでしょうし、印象はだいぶ変わりそう、楽しみです。
アダム君は若いですから、これからどんな風にも変わっていけるでしょう。おっしゃるように自分の頑張り次第ですね。

今季のベハマーちゃん(ベッヘマー)は、アメリカのジャンや未来ちゃんもそうですが、体形の変化をどう乗り切るかですね。
フィギュアスケートの特に若い選手は、シーズンごとに大きく変わっていくのも見所の一つですね。なかなか大変な時期もあるでしょうが、変化していくことが自然だと思うし、プラスの方に考えていって欲しいです。

管理者のみに表示