FC2ブログ

青いあじさい

2011年06月29日
2011062604

我が家にある古いアジサイは、青い花(正確には萼)を咲かせます。白っぽい品種もありますが、赤っぽい花のアジサイは1本もありません。
ある年、うちの青いアジサイを友人宅で挿し木をしてみると、赤っぽい紫の花を咲かせました。まるで嫁ぎ先の色に染まるような?(笑)

あなたの色の染められ~♪
…そういう歌があったな(by テレサ・テン)

アジサイの色は土壌による。酸性の土なら青、アルカリ性の土なら赤(紫)と聞いていました。
ホントに色が変わるんだねえ…と、友人と納得していました。
ネットで調べてみると、色の出方は完全にはわかっていないらしく、色は土壌のアルミニウムの吸収によるもので、酸性の土壌だとアルミニウムが吸収されやすいから青くなるのではないかということです。
もちろん品種にもよるようです。

それにしても、うちの青いアジサイが、もらわれた先での見事な心変わり…いや、色変わりときたら(笑)

2011062603

アジサイの花は最初は緑っぽい白、こんなふうにだんだんと色がついてきます。


関連記事
動植物 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
今日は一段と暑いです。
青いアジサイ、子供の頃あこがれていました(笑)。というのもニルギリ家と反対に我が家の庭には赤いアジサイしか咲いていなかったから。
よそに引っ越した途端に色変わりするとは、本当に同じ木(でいいのかな)が土壌の違いで違う色の花を咲かせるのですね。

鎌倉の明月院(アジサイ寺)には一度だけ行ったことがあるのですが、こちらは青いアジサイでした。
でも成就院というお寺のアジサイは色とりどり、私はこちらの方が好きで何度か訪れています。

ニルギリさんの植物図鑑、楽しませていただいています。
私の実家は建て替えたので、ニルギリ家ほど広くも豊富でもないけどそれなりに以前あった植物は皆なくなってしまって「この花、庭にあったなぁ」って思い出させてもらっているの。
家のアジサイはピンクからだんだん赤紫だったかな。
No title
こんにちは。

キレイですねー。
嫁ぎ先の色に染まっていくなんて古きよき日本みたい(≧∀≦)
(今は嫁ぎ先の色を実家の色に染める感満載( ̄∀ ̄)

青で酸性ってことはニルギリさん宅はブルーベリーにはやっぱり最適ですね!(言っててビミョーですが)

それにしても綺麗な色づき方!
紫のバラの人みたいです、キャッ!

色んな植物があって庭いじりも楽しそう!だけど大変そう!!
>春紅葉さん
早くも暑中お見舞い申し上げます。

私は子どもの頃、よそのお宅に咲いている赤~紫系のアジサイが、華やかな感じがしてうらやましかったです。
どうしてうちは青いアジサイしかなんだろうって、そんなものですか(苦笑)
私の知っているアジサイの有名な場所は青が多く、長谷寺も青いアジサイですよね。アジサイが有名な場所は酸性の土が多いのかな。
成就院はめずらしい方かもしれませんね。

最近郷土愛に目覚めると同時に、周囲の庭木に愛情を感じて(苦笑)ムキになって記事にしていますが、楽しんで頂けたらうれしいです。
昔はどこのお宅にも…そういう草花ありますよね。
美女撫子はなつかしく感じました。
>みーすけさん
> 今は嫁ぎ先の色を実家の色に染める感満載( ̄∀ ̄)

みーすけさん、すばらしい!さすがです!
日本女性はたそうこなくては(笑)

我が家は日当たりも水はけもあまりよくないので、アジサイやシダ類、ドクダミとか(笑)には最適なんですが、
日当たりのいいバラ園にあこがれます。
紫のバラは、やはりお金持ちの象徴、我が家には縁がなさそうです。

庭は…ちゃんとやろうとすると過酷です。
なのでテキトーです。そうするとその土地にあったものだけ生き残ります。
色の調整
うちのアジサイは紫色です。もっともベランダなので、鉢植えですが。
青を買っても赤を買っても、翌年には紫色になるので、水とか肥料の関係でしょうか。
私は青が好きなんだけどな。
実家に咲いていたアジサイも青だったけれど、咲いてしばらくすると少し紫がかって行ったような気がします。

アジサイの液体肥料は、青用とピンク用が売っているんですが、こちらでだけかな?
今度青用を使って試してみようかな。

ニルギリさんのお花たちは懐かしく感じるものも多くて、郷愁をくすぐられます。
>matieさん
青いアジサイに赤いアジサイ…そして紫のアジサイ。
厳密には分けられないでしょう、たぶん(汗)
色が変わるのは土壌であるのは間違いないみたいです。日本でも青用、赤用の肥料売っているようです。
うちのアジサイはかなり青ですが、言われてみると、時間と共に少し紫かがるかもしれません。でも、どこから見ても青いアジサイですが。

環境の変化か、昔あった野の花はあまり見られなくなり、庭の花は流行があります。ちょっと懐かしいなあと思う花に出会うとうれしくなります。
そういうものを意識して取り上げているわけではないのですが、私もどこか感傷的なのかもしれませんね。

管理者のみに表示