FC2ブログ

NHKスペシャル 沸騰都市(5)ヨハネスブルグ

2009年01月28日
昨年春から始まった「沸騰都市」シリーズの後半が始まりました。
経済的変化のめまぐるしい国際都市に焦点を絞り、その都市から世界経済を見るという特集番組です。
素人目ですが、世界の経済動向など内容をできる限りリアルタイムに則しているは、特筆すべき努力と言っていいのではないでしょうか。

南アフリカ共和国は、ダイヤをはじめとする鉱物資源に恵まれ、首都ヨハネスブルグは、アフリカ最大の経済都市となりました。
富のほとんどを人口の10%程度の白人が独占してきましたが、アパルトヘイトの撤廃10年、黒人優遇の経済措置で、黒人の富裕層(黒いダイヤ)が出現してきました。黒人層の約8%が富裕層となる一方、貧困層はますます貧困に陥り、貧富の差は拡大している。

人種差別アパルトヘイトが撤廃され、これで自由、平等…と喜んでばかりいられない内容でした。経済的に成功したのは、人権運動の元リーダーだったり、政府要人とコネクションのある人達、そういった特権階級が富裕層となり得ているのが現実のようです。
番組後半は、高い経済成長をとげてきた南アフリカも、このところの世界的な景気悪化の影響は避けられず、資源価格も下落、融資(投資)も難しくなってきたという内容でした。

私が最も興味を惹かれたのが、これまで虐げられてきたと言っていい黒人層のスターが「オバマ大統領」であるということでした。
ビジネスが思うように進まない青年実業家が、深夜オバマ氏の演説に勇気づけられ、人々が集う日曜の教会でも大きく取り上げられている。オバマ氏の動向は、常に関心の的のようでした。
一方で世界的な景気悪化の大元がアメリカにあるのも事実、アメリカ経済の影響は避けられないのです。
黒人初のアメリカ大統領は、究極のアメリカンドリームであるのに、未来の暗雲もまたアメリカ発というのは、どこか皮肉なような気がしました。

<沸騰都市>後半シリーズ
放送予定
■第5回 ヨハネスブルク “黒いダイヤ”たちの闘い
2009年1月25日(日)午後9時~9時49分 総合
■第6回 サンパウロ 富豪は空を飛ぶ
2009年2月1日(日) 午後9時00分~9時49分 総合
■第7回 シンガポール 世界の頭脳を呼び寄せろ
2009年2月15日(日) 午後9時00分~9時49分 総合
■第8回 TOKYOバージョンアップ(仮)
2009年2月16日(月) 午後10時00分~10時49分 総合
(放送終了時間は変更になる可能性があります)

番組のオープニングは、押井守監督、イノセンスを彷彿とさせる美しい映像がいいです。
そして音楽は、押井監督作品ではおなじみの川井憲次さんです。

関連記事
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示