FC2ブログ

カッティングエッジ2011 

2011年07月23日

フィギュアスケート日本男子 Fan Book Cutting Edge 2011 Plus (SJセレクトムック No. 99)フィギュアスケート日本男子 Fan Book Cutting Edge 2011 Plus (SJセレクトムック No. 99)
(2011/07/19)
不明

商品詳細を見る

○ダイスケ三昧
本人のインタビューはいいんですが、本人以外のコメントがおもしろかったです。
ダイスケダイスキ大集合!って感じで。

ワールドを惨敗し、こづが全日本タイトルをとっても、ダイスケ人気はやはり別格なのかなと思います。
ただ日本ではアイドルっぽい人気の方を強く感じ、それが嫌なわけではないのですが、その割に国内で評価は今ひとつ(←すごく贅沢ですが)と感じます。むしろスケーターとしては、海外での方が高いと感じるここ数年です。
まあでも、海外の選手からこれだけ好かれると、マジにうれしいですね。
特にアイスダンスの美女たちのラブ光線は(笑)
シェイリーン「もうすべて好き!True Artist!」
ナタリー「私にとって世界で一番のスケーターの一人」
とにかく大好きなの!って感じです。

ナンソンは、国外のスケーターで目標は、ヤグディンとダイスケ!
…え~そうなの?
現役はダイスケだから、つまりダイスケみたいになりたいのか?
「今のジャッジシステムのもとではダイスケが一番の選手」
…いや~よろこんでいいのか、なんだか(汗)

ロス・マイナー君にもびっくりです。
こんなに無邪気に「好きなスケーターはたくさんいるんですが、一番はダイスケ!」
マンボに悩殺されたらしい(笑)…そうか、そうか。
先輩として目標とか、実績のあるダイスケが目標とかいう事でなく、見りゃわかるだろ!
無条件に好きってところがねえ。

○ジュベール
もうすっかりオッサン扱いか?(汗)って気もしなくはないですが、元気そうでよかった。
ここ数年の採点方法の変化は、味方にはなってないけれど、それはそれ。彼のスケールのあるジャンプは健在だし、彼が戦う以上応援していきたいなと思います。

○ゆづ
震災のことは、そうですねえ、私はまだ冷静になれない部分もあるのでスルーして。
ワールドでのガチンスキー君の表彰台には燃えた見たいですね。
そうだよね、ジュニアではゆづが上だったわけだし。ゆづが彼に負けているなんて思っていませんが、日本の層の厚さが…日本男子、えらいことになってます(汗)
彼の世代として、ほかにマイナー君、マッチ棒レイノルズ、ナン・ソン、刑事君、そうか彼らとずっと戦っていくんだね。

恋バナ…恋人ならスケーターがいいそうですよ。
若いなあ!年取ると絶対変わるって!(爆)
…あれ、健ちゃんも同業者がいいの?

○町田君
いい顔してますね~。最近生で見る機会がなくて残念なんだよね。
進んだり引いたり、昨シーズンのSPもFPもどちらも素敵なプログラムでしたが、いろいろあったねえ。
選手としても、一人の青年としても過渡期なのではと思います。
拠点を変えての今シーズン、ロサンゼルスのアイスキャッスルへ。
大きくなって帰ってくれば、それでいいです。

○刑事君
ケントと木原君からのエールが、まんま高校生の部活みたいでおかしい。
3人が…あれぶっちゃけトーク、選手たちは本当に仲がいいですね。
今季のFP「アンタッチャブル」は、超ぎこちないですが、おサムライからようやく文明開化なので、なじまむまで時間が欲しい(笑)

○キーガン
わぉ、キーガンに2Pとはうれしい!
実力はあるんですよ、実力は!今季はシニアです。GPSです!


関連記事
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
超出遅れだけど…
大ちゃんの人気は、昨季残念ながら一度も優勝できなかったけど一向に衰えない真央ちゃん人気には及ばないものの、もはやタイトルとかと無関係なところにあるのかなと思います。
アイドル的人気は実力を過小評価されやすいという点で諸刃の剣かもしれないけど、そのおかげかどうやらもうしばらくシンボルアスリートも継続されるようですし、期待されているのだと前向きに考えてこのまま○○に行ってもらいましょう(笑)。

このムック、もともと買う予定じゃなかったのに(いろいろ散財してるから)あちこちのブログで大ちゃんリスペクト本だと書かれているものだから、我慢できずに買っちゃいました。
ナンソン君だけは私もビミョウだなと思いましたが、他はホントにダイスケダイスキ隊結成って感じですね。

世選が東京でできなくなった時点で少なくとももう一年は続けようと思っていてくれたこととか、大ちゃんのあの頃の気持ちが取材されているのもよかったし、「続けてくれてありがとう」が嬉しかったというのは、私もそれを言った中の一人だから殊更嬉しいです。
そのPIWはもちろん大ちゃんは素敵だったけど、町田くんのエアギタープロもすごく良かったので今季楽しみだし、アメリカに行ってもほぼ専属で見てもらえるのはいいですね。今後のためにもGPSに出場がどうか叶いますように…。

刑事くんは世界ジュニアで先に結果を出しちゃったのでいろいろ大変でしょうが、来季は絶対シニアに上がってきてもらいたいので全日本ジュニア表彰台なんて言わず優勝狙ってほしいです。(だって彼にも○○に行ってほしいって密かに思っているので)
もちろん世界ジュニア2年連続表彰台が実現したら新しい日本男子初の記録だし、こっちも狙っちゃえ。
>春紅葉さん
コメントありがとうございます。

真央ちゃんの人気は衰え知らずですねえ。人気って、条件並べていくだけでは説明できない何かがあるような気もします。
ダイスケ人気については、ちょっと贅沢なことを言ってしまいましたが、アイドル的人気だろうとなんだろうと、人気があるのはいいことだと思います。人気のスポーツには、必ずそういうスターがいますからね。
ダイスケ、シンボルアスリート続投なんですか?うれしいです。

>世選が東京でできなくなった時点で少なくとももう一年は続けようと思っていて

私もそうなんだ…と思いました。
彼は(広い意味で)いいやつですが、周りに惑わされて決断したりすることはない、とても冷静で正直ですよね。その言葉を素直に受け止められるって、ファンとしてはありがたいですよね。

日本男子の層の厚さは、今や世界一ですね。
町田君に関しては、私が見られるチャンスがホント少なくて残念。成績に波はあっても、きちんと評価はされていると思います。
問題は上の選手がむちゃくちゃ強いってことで(汗)ま、打ち負かして上に這い上ってくるしかないのでしょう…ドキドキ…。

刑事君はとても気になる選手で、まだまだこれからがという意味でも楽しみにしています。
春紅葉さんがおっしゃるように、狙うのは全日本とジュニアワールドのタイトルですよね?それしかないはずですが(苦笑)
まだ若い、とまどっているんでしょうか?そいうところは、同じ年頃だったダイスケに似てるかも(笑)
補足で~す。
ちょっと紛らわしい書き方でごめんなさい。
SAは継続が発表されたわけではなく、JOCのサイトを見たらトップページにSAが登場するようになっていたのです。大ちゃんも出てきます。
去年の7月に大ちゃんを含めて10人とSA契約した記事が出ていて今年の1月には3人(3組)追加されたので、今回サイトのリニューアルをしたということは、SAの変更や終了は当分ないだろうと思った次第です。
ただ1回に一人しか登場しないので、見たい人になかなか出会えないのが玉に瑕です。

一度目に書き忘れたけどソチまで休養しないっていうのもかなり嬉しい。
個人的にも一旦休養したら戻ってこられないような気がするし、大ちゃんが現役を続けているうちに試合という風景の中に彼がいないシーズンはもう経験したくないですし。
今季のプログラムに関しては今のところ秘密は守られているみたいですね。基本選曲も振付師の提案してくれたものの中から選ぶ大ちゃんなので、ジャンルも含めてこちらの想像の上をいくのかなと覚悟(笑)はしています。

町田くんにもまたチャンスが巡ってくるといいですね。そして今度こそ絶対そのチャンスをものにしてもらわないとね。
男子の層が厚くなったのもトップが強くなったからというのも大きいと思うので、厳しいかもしれないけどやっぱり自ら乗り越えていかなければならないのでしょう。

刑事くんは去年全日本ジュニアではかなり残念な結果になったので、やはり最低限表彰台に一度は乗ってからシニアに行きたいのかなと思っています。全日本にも確かギリギリで出場できたんですよね。
まあそのチャンスを生かして世界ジュニアに派遣され、最終的には素晴らしい成績を残せたのだからシニアに上がっちゃっていいのにとも思うけど、シニアも込み合っていますからね~。
やっぱり岡山仕様ですから、少し迷走しながら強くなっていくのかなぁと期待しています。
>春紅葉さん
SA見てきました、何度も再読み込みしてしまいました、いました(笑)
現役を続けるにあたって、ダイスケは休養しないというのは、いいことかもしれませんね。とにかく今の採点に対応するには、現場で磨くしかない部分も多いですし。
ファンにとっては、シーズンの数だけプログラムが見られることになりますから、それだけでもうれしい。
選手それぞれなので、美姫ちゃんに休養は必要だと思うし、真央ちゃんは戦い続けることが大事だったりいろいろですね。

それにしてもダイスケのプログラム情報が聞こえてこないですね。
いっとき「アダージョ」ではないかという噂がありましたが、あれはデトロイトで振付していたベルトン&ホタレクの新プログラム曲(クリロワ振付)を聴いた人が、もしや?と思ったのかな?
新プログラムの初披露はFOIでしょうかね。

刑事君は全日本ジュニア惨敗だったのですが、生で見ていて立ち姿から内容まで、なんというか、やっぱり格上だったんですよ。全日本出場は温情かしら?…などど思わなくもなかったのですが、刑事君の実力を連盟もわかってる感じでした。
そしてチャンスをものにできて良かったと思いました。
今季のジュニアは、アメリカ、カナダの強豪がシニアに移行だったと思うのでチャンスですよね。まあどんどん強いのが出てくるでしょうが(汗)

管理者のみに表示