FC2ブログ

JGP第3戦ポーランド大会 男女シングル

2011年09月22日
今週は注目のネーベルホルンが始まるのに…
感想がすっかり出遅れたジュニアグランプリ第3戦 ポーランド。せっかく動画見られる、主な選手だけでも見ておこう。
今季のジュニアはおもしろい、シニアをしのぐ高難度。
…というかジュニア女子の難易度は男子と同じくらいってどーよ?
…つうかロシアガールがすごすぎ(汗)
ワールドが各国3枠までなのが、ありがたいくらいだと思えてきた(汗)

Entries/Results
YouTube公式チャンネル

宮原知子選手
スピード感、フットワーク、見ていて気持ちいい。
逆回りのスピンだ、3A+3Tはジュニアじゃ当たり前になりつつありますね。
ジュニアでできる最大限のことができているような、でもジュニアの限界も…体型が変わるこれからなんですよね。
しかしまだ幼いイメージ、小柄な体型でこの衣装はどう?凝ってるし大人っぽくしたいのはわかるけれど、どーもイケナイ感じがしてしまって(汗)

佐藤未生選手
王道な魅力。ジュニアでもインパクトのある選手が多いので、少しおとなしめな感じで損をしてるかな。素敵なんだけどな。
取りこぼしがたくさんあるみたいなんですが、これがパーフェクトだったら?と考えるとかなり行けそう。

ユリア・リプニツカヤ選手
うわ~また出てきちゃいましたよ、ロシアガール!
13歳、151cm、大きく見えますね
SPかっこええ~背中にぴったりつくあの足はどうなっているのじゃ…大丈夫なのか?FPもすごいねえ、いきなり2A+3T+2T、スピンの加点もすごい。
FPは恋に無関心なジュリエット?(汗)
一本調子だし、あれもこれもてんこ盛りで忙しいし、どこがロミジュリやねん…表現だの魅力だのという意味では、まだまだこれからなんですが、こんなこともあんなこともできちゃいますよ!見て見て!…というアピールがすごい。
ジュニアとしてはもう十分、このインパクトは武器ですねえ。
それと柔軟性をウリにすると、曲芸の一歩手前みたいになることがあるんですが、姿勢や頭の傾け方、腕の使い方とか、粗さはありますが、はあるけれど基本的な動きが洗練されてますよね。
…あ、コレオはニコライだ。

木原龍一選手
見ていてスケーティングが上手いなあと思います。
課題は3Aを入れることですが、なんとなく、作品としてまとめる上手さと物足りなさを同時に感じたりして。
FPのチャイコフスキーは、ダイスケ見過ぎているの…すまん(汗)後半はスタミナが…エレメンツの消化でいっぱいいっぱいだったかな。

宇野昌磨選手
うまいなあ、スピードもあるし音楽表現も、指先まで神経が行き届いている。いつショーにデビューしてもおかしくない魅せるスケートがここまでできるのすごい。
技術もあるけど、内面の成熟した表現力とでも言えばいいのか。
フリーは3位なんですね、立派です。他の選手と比較して、PCSはもっと高くていいような気がします。
あとは小柄な時代は気にならないけれど、トゥジャンプの足を振り上げる癖は早く直した方がいいね。

アルトゥール・ドミトリエフ選手
若さゆえの乱暴者な感じはしますが、勢いという意味で「買い!」じゃないでしょうか(笑)
フリー冒頭の3Tは4Tの予定だったのかな?
ジャンプ他エレメンツがプルさん系統なのがな~。フリーレッグの美しいファリス選手を見てしまうと、やっぱりちょっと乱暴者って感じが(汗)

ジョシュア・ファリス選手
SPは「月の光」男子では珍しいような…美しい~、繊細で流れるようなスケーティングだから似合いますね。…ええ~75点?…そこまでかな?え、そうなの?
フリーは冒頭、慎重すぎて勢いがちょっと足りない感じでが、でも後半持ち直しましたね。もうちょっと激しさが表現できるとメリハリがあっていいのでは?
でもこの美しさ、好きな人は大勢いるだろうな。

おまけ…教えてもらいました、ムロズのクワドルッツ!
Go!Go!ムロズ!
Will Mroz's quad Lutz go down in history?

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示