FC2ブログ

LIVE福島 風とロックSUPER野馬追 全日程終了

2011年09月20日
LIVE福島 風とロックSUPER野馬追  
風とロックYou Tube公式チャンネル

LIVE福島 風とロックSUPER野馬追  全6日が無事終了しました。
箭内道彦さん(実行委員長・プロデューサー)を中心に、日本青年会議所、地元メディア、スポンサーが垣根をこえて協力して作り上げたライブでした。
このライブが、今苦境にある福島の何かを変えたり、解決したとは思いませんが、関わった全ての人にとって忘れがたい日々になったのは間違いありません。
私は郡山会場のみ行ってまいりました。
猛暑の野外ライブは体力的にきつかったですが、ライブは参加してこそ楽しい。余裕があれば、複数回行きたかったな。

2011091701

福山雅治さんの人気はすごくて、ファンは開場すぐ…雨混じりの蒸し暑さ、昼の炎天下を乗り切り…夕方の登場までステージ前方を死守していました。登場と同時に絶叫が…(笑)
アンコールは、福島県三春町の「滝桜」に敬意を表して「桜坂」、隣に三春出身の友人がいて感激していました。

シークレットアーティーストは内田裕也さん。出演は箭内さんのゼクシイCMつながりだと思いますが、実は裕也さんにとって郡山は特別な土地です。
1974年に郡山で開催された日本初のロックフェスティバル「ワンステップフェスティバル」は、オノ・ヨーコはじめ豪華な出演者で、日本版ウッドストックとして日本のロック史に残る(大げさでなく)伝説でした。この時のプロデューサーが裕也さんなんですよね。
なので地元では、シークレットアーティストはオノ・ヨーコだったりして?…という冗談交じりの世間話もありました。
裕也さんは今回のライブでそこに軽く触れていましたが、会場で思い当たる人はほとんどいないようでした。もちろん私も、伝聞で知っているだけなんですが。

wikipedia-ワンステップフェスティバル

ワンステップ・フェスティバル1974 [DVD]ワンステップ・フェスティバル1974 [DVD]
(2005/03/05)
オムニバス、外道 他

商品詳細を見る

裕也さんの次の次に登場したサンボマスターの山口君は、(福島県で今まで)こんなすごいライブはないよな!…というようなニュアンスのことを話して(叫んで)いたと記憶していますが、実は40年前にもすごいことがあったんだよ、君が知らないだけで(笑)

それにしてもサンボマスターがあんなに熱く激しいとは思わなかった(汗)すごい盛り上がりでした。
次のステージがBEGIN、すごすぎるサンボマスターの後で恐縮していました。私はBEGINのステージから離れていたので、遠くに聞きながらおやつ食べてました。激しい後だと癒されますねえ~。

サンボマスターの山口君、箭内さんと猪苗代湖ズ、そして西田敏行さんは福島県出身、それぞれの言葉で今の想いを話してくれました。
今の福島県の被害は、もろもろ含めてまだ進行中で、何が正しいか誰もわからない、決定的な解決策もない…と言っていいと思いますが、そいういう福島県に今は寄り添っていく、そういうことでしょうか。

猪苗代湖ズが福島への愛を歌った「I love you & I need you ふくしま」、箭内さんはこの歌を聴いた方から「これを聴いてしまうと福島を離れられなくなる。」福島で頑張ろうという気持ちになると言われたそうですが(私もそう)、それは違うと言います。
公式サイトにもありますが、福島から避難する人しない人、避難したくともできない人、避難したくないのに避難させられた人、いろいろな人がいる。それぞれの事情がある。福島で頑張る事だけがいいとは思わない。ただ福島への愛は持ち続けたい。
箭内さんはそういう全ての人を応援したいのだなと思います。

「I love you & I need you ふくしま」猪苗代湖ズ

2011091702.jpg

郡山会場は、これほどの人数を受け入れることに慣れていないので、入場も退場も大変でした。私は電車を利用しましたが、磐梯熱海駅が休日の原宿駅みたいでした。
一番残念だったのは、会場入りに時間がかかったのはやむを得ないとしても、誘導路の確保はしっかりしてほしかった。私は真ん中あたりにいましたが、猛暑、ぎゅうぎゅう詰めの会場は身動き獲れず、殺気立つ場面もありました(汗)
こういうライブになれてない年配の方もいたけれど、大丈夫だったのか。あとから聞いたのは、30人ほどが救護室のお世話になったそうです。
ちょっと気になったのは、乳母車の赤ちゃんや幼児を連れた方もいたこと。全席自由・オールスタンディングの会場で、これはちょっと危険すぎると感じました。スタッフにもそれがわかったのか、急遽子ども連れの方に限り、別位置のスタンド席を解放しました。箭内さんは出演アーティストでもあるのに、業務連絡に忙しい(汗)
夕方から少し涼しくなったのですが、ライブも佳境、発熱体の観客の中にいると全く涼しくない(汗)
盛り上がってきて腕を突き上げると、あれ?上空は涼しい(苦笑)

何はともあれ無事に終わって良かった。
スタッフもお客さんもお疲れ様でした!

福島横断ロックフェス 福山さんらと観客大合唱(朝日新聞)
福山、西田ら福島支援ライブで熱唱 1万5000人を魅了(オリコン)

CDジャーナル
<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追>in 郡山!
<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追>最終日in いわき!


060512.,0
関連記事
福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示