FC2ブログ

ネーベルホルントロフィー2011

2011年09月28日
Nebelhorn-Trophy 2011 

見られた動画だけで記事書いてたんですが、ぽろぽろ動画が出てくるので、なかなか書き終わらない。
書き足しているうち、気がつくと、えらく長い記事に(汗)

Yuzuru HANYU SP スクリャービン「エチュード」
Yuzuru HANYU JPN FS ロミオとジュリエット
競技で完璧なクワドを披露できなかったのは悔しいだろうと思いますが、シーズン初戦を優勝は素晴らしい、おめでとう!
SPは、ショーの断片的な映像しか見ていなかったのですが、競技の方がずっといいプログラムに感じました。つくづくスケールが大きくなったなあと実感、実際手足が長いけどさ!
すばらしい3A、ミスをした4Tコンボの前にはステップが入っていて、ミスした場合のリカバリーも考えられているんですね。
FP、プログラムとしての完成度にちょっと足りないのは、昨年に引き続き後半のスタミナかな?でも克服しつつあるので問題ないでしょう。
スローパートの使い方がまだ青いな…なんて上から言ってみたりして(笑)
初戦であること、ゆづのキャリアを考えればすごい内容なんですが、私が贅沢を言うとしたら、SP、FPとも悲壮感が漂うこと。雰囲気の違いがもう少しあれば…彼の音楽的感性はもともと素晴らしいので。
気迫や激情はビシビシ伝わってきます、押して押して押しまくり!…つまり若いってことか!(爆)
Yuzuru Hanyu interview after SP in Nebelhorn-Trophy
Yuzuru Hanyu practice FS in Nebelhorn-Trophy
Yuzuru Hanyu 6 min practice before FS in Nebelhorn-Trophy
Yuzuru Hanyu interview afetr FS in Nebelhorn-Trophy
クワドとアクセルを念入りに練習する様子、クワドも大事だけれど、やっぱり3A決めないことにはね。

Michal BREZINA SP 鼓童
Michal Březina FS アンタッチャブル
SPの衣装が勇名虎先輩の系統では?(笑)
SPの4Tコンボは失敗。ステップがかっこいい!ミハルのスケーティングはやっぱりいいなと思う。
FSはミスも多いし、後半は特に疲れてきたかな?スピンがスローモーション(汗)でも、さわやかなミハル青年らしいプログラムだと思いました。アンタッチャブルですが、スローパートは同じ作曲家モリコーネの別の映画音楽?っぽい部分が…「ニュー・シネマ・パラダイス」?
表現だけ技術だけに偏らない、スポーツとしても作品としても、ちょうどいいバランスがミハルのいいところかな。うーん、FPもステップの腕の使い方が素敵だ。
Michal BREZINA interview afetr FS in Nebelhorn-Trophy

Stephen Carriere SP
総合3位、久しぶりの表彰台、キャリエール君!
素晴らしい流れの3A、2つ目のジャンプはコンボの予定?3Lからのコンボは珍しい。それとも3番目のジャンプがコンボという珍しい構成なのだろうか?3Lz+2T。
昔からスピンが上手かった、コツコツ稼ぐタイプなんですが、すっかり地味な存在になってしまったのが寂しい。

Zhan BUSH SP
Zhan BUSH RUS FS
ザン・ブッシュ君はSP3位、4T+3T決めました!しかし他はちょっと荒っぽいですかねえ。ジャンプだけで勝負するには時代はキビシイ。でもだんだんといい位置につけてきてますよ。

Max Aaron FS トスカ
今季のプログラムは2つともジェフリー・バトル。
トスカは美しいプログラムですが、やや淡泊な印象、ジェフならこの美しい間が…と思ってしまうのが(汗)

Denis TEN SP
これはローリー振付かな、とても素敵なプログラムだと思います。やっぱりいいスケーターだと思う。ただどうなんだろう、方向性がよくわからない部分も。
FPのピアソラはランビの振付と聞いていますが…

Javier FERNANDEZ SP
Javier FERNANDEZ FS
Javier Fernandez "La donna e mobile" gala
オーサーコーチ、振付はウィルソン、リンクサイドのオーサーが気になって、気になって…(笑)
ニコライから離れたら雰囲気変わったなあ。個人的な好みでは、ニコライのバタ臭いフェルナンデス君が好きだったのですが…あ、でもFPでウィルソンのステップ踏む彼は新鮮かも。

Konstantin MENSHOV SP
Konstantin MENSHOV FS
うはは、メンショフ楽しいな。
4T+2T決めたし、楽しいし…そこで満足してはいけないんですが(汗)

Mirai NAGASU SP
Mirai NAGASU FS
大人っぽくなりましたねえ。ちょっと幅が…(汗)
優勝したけれどミス、取りこぼしも多かった、未来ちゃんの時代が来た!…とまでは言えない。
FPはまだ滑り込みが足りない感じ、これからですね。

Elene GEDEVANISHVILI SP
リンクにオーサーが?え~いつの間にかコーチはオーサー、振付はウィルソン。
ゲデ嬢の肉感的なお色気に、北米のシャープさがプラス、あら、意外といいかもよ。
動画が見つけられませんでしたが、FPは昨年から続行みたい。

Sarah HECKEN SP
攻めの姿勢が感じられたのは彼女では?昨シーズンからの成長は著しいです。
地味な女の子がプリンセスになれるか?…なんてね(笑)

Shion Kokubun SP サユリ
もう少しスピードが欲しいなあ、でもきれいです。
リンクサイドとキスクラに本田!

Karen Kemanai SP
う~ん、これは厳しいな。

Ksenia MAKAROVA SP
こちらもジャンプの失敗がここまでくるとしょうがない。
でもつなぎも凝っていて、すてきなプログラム。FPは別の動画で見ましたが、ワタクシ的にはちょっと微妙。

Tatiana VOLOSOZHAR Maxim TRANKOV SP ブリング・ミー・トゥ・ライフ
Tatiana VOLOSOZHAR Maxim TRANKOV FS ブラック・スワン
Volosozhar & Trankov  Romeo & Juliet  gala
まだまだ未完成ですが、ふたりにぴったりのカッコいいプログラム。
特にFPブラックスワンは個性的でいいですねえ。ブラックスワンの異形っぽさがあって、これまでの白鳥の湖のどれとも違う。ただ、映画のブラックスワンはヒロインが自己崩壊していくストーリーだけれど、それとは違いますね。

Vera BAZAROVA Yuri LARIONOV SP トスカ
Vera BAZAROVA Yuri LARIONOV FP  ドクトル・ジバコ
SPでは、なんてこったい!の転倒。よく演技が続けられたと。
ストーリー性のあるプログラム、昨季までの淡白な表現力を考える、課題をよくわかっているのかなと思う。ステップの二人の距離がとても近くて、がんばってますね。

2011 Nebelhorn Trophy Medal ceremony men
NHT 2011 - Practice Stéphane Lambiel 4T-3T
NHT 2011 - Practice Stéphane Lambiel 3A
動画を検索していると、やたらランビが(笑)
4+3T、3Aですかー。

Madison HUBBELL Zachary DONOHUE FD
組替えで新しく誕生したカップル。コーチは亀さんとクリロワ。この段階で何か言えるほどの眼は私にはない。

Reed & Reed SD
今年SDはラテン、なるほど。

ダンスはシーズンが進んできてからでないとねー。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 天人草 | HOME | ウドの大木 »