FC2ブログ

JGP第7戦(最終戦)エストニア大会

2011年10月17日
Entries/Results
YouTube公式チャンネル

ジョシュア・ファリス
SP、完璧ですね!月光の中にいるような空間を作ってますね。なんかこう隙がないわー。
FSもいいですねえ、完璧な3A、ドーナツスピンが美しい。後半ちょっとお疲れな感じ、2つ目の3Aで転倒は残念ですが、成功してたらどんだけ得点でたか(汗)
う~ん、強いなあ。

マキシム・コフタン
あちゃ~SPのアクセル転倒、でもほかはとてもステキですよ。
FSは勝ちを意識しているのか、プログラムの楽しさが今ひとつ、このあたりが競技の難しいとこですねえ。でも、結果は申し分ないのでは?
スタイルもいいので何でも似合いそうですが、クラシカルなシャツとジャケットに、青い運動着のようなパンツはど~よ?

宇野昌磨
見入っちゃいますね。
小柄であることが、これからどーよってことにはなると思いますが、スピーディで気持ちいいスケーティング、うまいし、とにかく見ていたいって思わせる華が彼にはあります。
そしてすばらしいエッジワーク、SSが低い、6点台出せ~!

木原龍一
SPほぼノーミス、いい位置につけましたね。
FSは後半のフリップで苦労、惜しい、ここでうまくいけば表彰台でしたね。
スケーティングはいいし、プログラムの表現もいいと思いました。欲があるとしたら、ピンポイントでいいから、強烈な個性かな。


グレイシー・ゴールド
知らない選手続々、アメリカって(汗)
SPはなかなか個性的な選曲でいいんじゃないでしょうか。
手足の長い美しい選手ということもありますが、ジャンプの着氷がいいですね。ジャンプをまとめるのではなく、着氷でパーンと手足が伸びて華やか、手足がほんと美しいですね。
インパクトはSPの方がありましたが、FPはでは3Lz+3T、2A+3Tをびしっと決めて、加点もたくさんもらってます。1Lになったところが唯一のミス。
生きる喜びが伝わってくるような素敵な演技でした。
(得点に反映されるかどうかはおいといて)彼女の腕はいつも天に向かっている感じが好みです。
ジュニア離れな表現力ではなくて、ジュニアだからこそできる空気感、少女っぽさが魅力なのではないでしょうか。昔、タラ・リピンスキーやジェニー・ベハマーちゃんからうけた印象に近い、かなり私好みかも。
JGP2大会派遣なら、ファイナルに行ける内容でしたね。

庄司理紗
SP、良かったんじゃないでしょうか。セカンドの3Tが安定しているのがすばらしいですね。
大人っぽいプログラムでも、無理してる感じがしないのが彼女のいいところ、振付のミヤケンさんもそこをわかっているのだと思う。
FSは美しい風景画を見ているような気持ちなりました。
勝つ…ということになると、まだちょっとインパクトが弱いかな~とも思いますが、とても良かったです。

西野友毬
西野~今日も可憐で、今日も美しい。エレガントでのびる滑りです。
SPは、3T+3T<<ですが、3+3を入れるところまで来たことがうれしい。
FPもベストとは言えないけれど、一時期自信なげな、気持ちが引いている感じだったところから、スピード、攻める姿勢が出てきたように思います。

JGP ファイナル出場
男子シングル 
ハンやん、ファリス、ジェイソン、コフタン、リュージュ君、刑事君
日本男子2人ってすごいことですよね。
刑事君がどうやったら勝てるか、妄想しているのですが…むむ(汗)

女子シングル
リプニツカヤ、シェレペン、バネッサ、理紗ちゃん、ジジュン、KOROBEYNIKOVA
理紗ちゃん無事ファイナル決定、よかった~。
ロシアばっかりになるのでは?と思っていたら、なんとか3名に抑えました(苦笑)、それなりに各国。
コートニーは故障が残念でした。アガフォノワは、派遣された大会の運もありましたね。


関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示