FC2ブログ

紅葉の山歩き、山頂から下界まで

2011年10月25日
2011102301
紅葉が楽しめるうちに、山に行かねばと出かけました。
週末の天気は雨、この日も雨なら平地の遊歩道にするつもりでしたが、曇りがちでも雨は止んだので、予定通り山へ。
紅葉の盛りは過ぎましたが、まだまだ美しい!

2011102302
登山口まではロープウェイ、雲間から時々下界が見えます。

201102303
この日ずっと楽しませてくれたのはナナカマドの赤い実、いたるところにありました。

201102305
天候が不順で登山者は少なめですが、団体さんもいました。

201102304
寒い時期のなのに、ぐんぐん伸びているこれは?
詳しく調べていませんが、シダの仲間ヒカゲノカズラ(日陰の葛)

201102306
山頂付近はガスがかかっています。

201102307
早くも山頂ですが、まったく視界が…(汗)
そろそろ昼、昼食を食べ始めますが、風が強くなってきてしまいました。
この日は10月としては暖かい日でしたが、山頂付近はさすがに寒い。
2011102308
手早く昼食を済ませ、また歩き始めます。今日は山頂からの長い下りがメインです。
山頂からしばらく縦走、尾根伝いの視界は悪く、強風、寒さで写真撮るどころではありませんでした。
今の季節は登山者も多いので比較的安心ですが、ここは登山道を間違えやすく、遭難者も出るところなので要注意です。
2011102309
尾根を降りてほっとしましたが、岩だらけの急な下りが続きます。この目印がなければ、まったく道がわかりません。

201102310
ヨロヨロしながら下ってくると、視界も開けてきました。登山者が休憩しています。
陽がさしている遠くの山が明るい。
2011102311
さらに下ると、雲の境目がありました。
2011102313
山小屋に着きました。側面の壁に付いているのは、太陽光パネル。
休憩してから再び歩き始めます。

2011102315
すっかり葉は落ちていますが、ダケカンバの白い幹がアクセントになって、日本画のようですね。

20110231702
ここからは長くてゆるい下り、黄色い落ち葉の道。
ここまでに比べたらずっと歩きやすい道です。

201102317
こちらは真っ赤な落ち葉の道。
2011102316
色とりどり、形もさまざまな落ち葉が楽しめます。

201110231803
木々の間から見える山も美しい。
201102318
遠くに見えるのは、黄色く紅葉したカラマツの森

2011102319
下ってくると、紅葉がまだ落ちていない(笑)
2011102320
視界が開けるとスキー場が見えてきました。目的地の登山口はあのあたりです。

2011102321
今度は杉林、黒っぽい幹に蔦植物、黄色と黄緑の紅葉が美しい。

2011102323
だいぶ下ってきました。紅葉は今が盛りです。
2011102322
どこもかしこも鮮やか!

2011102324
登山道の最後は遊歩道と合流します。
渓流沿いの遊歩道は、落ち葉と渓流が引き立て合って、華やかです。

2011102325
雨がいつきてもおかしくない天候でしたが、雨具を使うこともなく済んでよかった。
今日はずいぶん歩きました。長い下りもけっこう大変でしたが、下界から山頂まで紅葉のプロセスも堪能、いろいろ見られて飽きませんでした。
日本の紅葉は本当に美しい、しみじみそう思います。


関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示