FC2ブログ

今日も山歩き

2011年11月01日
2011103001
本格的に寒くなる前に、あちこちの山をうろうろする週末が続いています。
このところ週末の天気があまり良くないのが残念。

2011103003
この鳥居が登山口…なにやら妖しい気配が(汗)
2011103004
参道もかねている(らしい)細い道は急な坂道、杉林が暗い。
連れがいるからいいようなものの、一人では寂しい…いやコワイ(汗)

2011103005
早くも息切れしながら長い坂道を登り切ると森が開け、原っぱがありました。
アザミがたくさん咲いています。
2011103006
ここから、登山道らしい山道に。
それにしてもひとけがありません。会ったのは、山に慣れた感じの男性一人のみ。
静かな林の向こうに、ガサ、ガサッ…と音がして、連れがびくつきますが、大きな木の葉が落ちる音のようです。
ここの山系には、熊はいない…はず(汗)
2011103007
紅葉も始まっています。

2011103015
頂上は標高677m。
標高も低いし、距離も短いのですが、急な上り坂ばかりで息があがりました。

201103008
小一時間で頂上です。
頂上からは平地を見渡す絶景…のはずですが、曇りで…。
はるか前方に福島空港、かすかに見えます。

2011103009
マヤの遺跡のような石の建造物がありますが…ここは山全体が南北朝時代の城跡(山城)、遺跡のように見えるのは歴史を刻んだ石碑で、地震で倒れたままです。
ここを修復するには、予算的にも時間的にも、ずっと後だろうなと思います。やむを得ませんね。
2011103011
かたわらには野菊

2011103002
歴史ある古い森だからでしょうか、頂上付近は太くてねじれた木々がどっしり構え、存在感があります。

2011103010
うっそうとした森が広がっています。

2011103013
下山(と言うほどででもないけれど)は、別のルートにするつもりでしたが、またまた急斜面の暗い道、小雨交じり、標識も曖昧なので、元来た道を帰ることに。
2011103012
大きな落ち葉は朴の葉。

2011103016
登山口に戻ってきました。遠い山並みがきれいでした。

宇津峰山


関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示