FC2ブログ

GPS2011 ロシア大会男子FS ゆづ優勝!

2011年11月28日
いや~、何がおこるかわかりませんねスポーツは。
男子シングルFSは熱い大会になりました!

ISU GP Cup of Russia 2011 Starting Orders / Results
テレビ朝日 グランプリシリーズ2011

ブランドン・ムロズ
普通にしていれば長身のハンサムなんですが、今日も自信なげな顔(汗)
冒頭のジャンプは4Tに変更しましたがお手つき。結果として3Aなし、コンボは3Lz+2TのみではTESも伸びないなあ。
全米向けてがんばってもらいましょう。

アルトゥール・ガチンスキー
手足の見せ方がどんどんうまくなってるような気がします。
今回もステップはいいですねえ、レベル4ですね。
ただ、かっこいい、おもしろいプログラムだと思うけれど、競技プロとしてはもうちょっと滑ってくれないとなあという印象は変わらず。

ミハル・ブレジナ
プログラムの深まりを感じました。良かったんじゃないでしょうか。
お手つきでも4Sが入ったのも好印象。
ジャンプは慎重だっかな、もっとできるとは思ういますが、ミハルらしいスケートでした。確実に良くなっていると思いました。

ジェレミー・アボット
結果だけを先に知ったので、あちゃ~と思いましたが(汗)実際見るとプログラム&スケーティングの流れの美しさにうっとりしました。
独創的でエレガントなステップが最高ですねえ。
ジャンプが決まらないことには…ですが、全体的にもう少し得点が出てもいいと感じました。
PCSはトップ、ようやく評価されてきたかとちょっと安心。

ハビエル・フェルナンデス
冒頭3発、4T、4S、3A+3T…すごかったですねえ!
後半の失速は今後の課題ですが(汗)でも十分すごいってば!
クワド2本入れられるスキルも素晴らしいけれど、スケーティングもいいし、音楽表現も素敵です。PCSも上がり、SSは8点台の乗りました。
アイドル性もあるし、これから男子フィギュアを盛り上げてくれそう。

羽生結弦
あふれるパッション、みなぎる気迫にただ圧倒されました。
ここにきて4Tはなかなか決まらないし、決してベストな内容ではありませんでした。トータルで見た場合も若い選手らしく、まだまだ足りないものがあると思います。
ですが、技術やテクニックを凌駕するパッションとでも言えばいいのか。彼には運命を変えるくらいの情熱があるんです。

ハビを僅差の0.03でかわして優勝。
3Aが2本きれいに決まったのは大きいですね。SSも8点代、16歳にしてこの進化はすごい早さ。
正直なところ、ハビの優勝であってもおかしくはなかったとは思います。優勝後のインタビューでも触れていましたが(相変わらず大人な受け答えですな)、たしかにチューハイではゆづが優勝でおかしくなかったわけで、そういう意味で帳尻は合ってるかも。
今回は運というか、巡り合わせと言うべきか?ゆづはドラマがある…そういう星のもとに生まれたのでしょう。
…ついそんなことを考えます。
ゆづをファイナルに出したい(願望~)…などと、上から目線で考えてましたが、きっちり勝ち取ったのはゆづ自身でした。
優勝おめでとう、ファイナル出場おめでとう!

今回のロシアで、ゆづ、ハビ、アボちゃんのファイナルが決まりました。
ナンソンとこづも出来れば行かせてあげたかったけれど、ハビもアボちゃんもやはり行くべき内容、そういう意味で良かったと思いました。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示