FC2ブログ

全日本フィギュア2011 真央ちゃんのシェヘラザード

2011年12月25日
正直に言います。
かわいい~、ゴージャスで美しかった!
初見では少女のようだったシェヘラザードは少し大人になった感じがしました。
でも真央ちゃんの品の良さは、美しさは全く変わらない。

なめらかに進むところと、強いところ。きびきび動くところと、メリハリもあって楽しい。表情もいいですね。
腕や指先がいつもすーっと上に伸びていて美しい。
今回は、Y字スピンとステップ前のつなぎが、殺陣っぽくてかっこいい、特に気に入りました。

2Aにとどめましたが、コンボのジャンプは高くて軽やか、良かったです。
真央ちゃんには、いつだって攻めて欲しいと思う私ですが、失敗は避けたいSPで、今できること。
ワールドにはなんとしても行きたい。その強い気持ちが感じられるSPでした。

やっぱりすごいよ、真央ちゃん。
ありがとう。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
こんにちは!
最初このプログラムを見た時には、「なんだこれ?」と、
フリーの「愛の夢」と比べて思いましたが、
滑り込むうちに好きになってきました。

ローリー・ニコル氏は、真央ちゃんの表面的な静的な美しさを表現し、
タラソワさんは、真央ちゃんが本質的に持っているもの、
隠れている動的な性格…勝気さや強さ…をも引き出すプログラムを作ってきたのかなぁと、
考え直しています。

今はまだ無理でしょうが、感情を昇華して「鐘」を滑ったとしたら
(本人は二度と滑りたくないかもしれませんが)、
史上に残る名作となるかもしれませんね。

真央ちゃんに関する週刊誌の記事に、
「今はまだ実感していない。ぽかんとしている。」という
お寺の関係者の言葉がありました。
たぶん、まだ信じられない…事実が気持ちにまで落ちてはいないのでしょう。
スケートがあるから、試合があるからこそ、逆にやっていけるのでしょうね。
シーズンが終わった時…その時が一番辛いのではと思います。
>サマーオレンジさん
コメントありがとうございます。
「愛の夢」は、真央ちゃんに似合いますよね。

> ローリー・ニコル氏は、真央ちゃんの表面的な静的な美しさを表現し、
> タラソワさんは、真央ちゃんが本質的に持っているもの、

そうですね、同感です。
ローリーは、私たちが真央ちゃんにはこうあって欲しい…というイメージを形にしてくれる。
タラソワさんは、真央ちゃんも知らない未開の能力を引き出すような。
個人的にはタラソワプログラムが好きです。

家族を失う喪失感は、いつまでたっても癒えない思うんですですよね。これは誰も避けられないことでもありますね。
でも、真央ちゃんにはスケートがあるし、大きな夢もあるし、舞ちゃんもいる。大丈夫でしょう。

管理者のみに表示