FC2ブログ

オタク映画「宇宙人ポール」

2012年01月25日
9856123369

「宇宙人ポール」オフィシャルサイト
映画『宇宙人ポール』日本版予告編 - YouTube
「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のサイモン・ペッグとニック・フロストが主演・脚本を務め、「未知との遭遇」「E.T.」など名作SFへのオマージュを散りばめながら、陽気な宇宙人のポールと冴えない青年コンビの珍道中を描くコメディ。SFオタクのイギリス人青年クライブとグレアムは、全米最大のコミックイベント、コミコンと米中西部のUFOスポットをめぐる旅を楽しんでいた。その途中、ネバダ州のエリア51を通りかかった2人は、ポールと名乗る本物の宇宙人と遭遇。ポールを故郷に帰すため奮闘することになる。

SFオタクの仲良し2人組は念願叶って、アメリカのコミコンに参加、そしてトレーラーでUFOの聖地を巡る旅に出かけますが、なんと「本物の宇宙人」と出会ってしまうロードムービー。
ストーリーは「未知との遭遇」「E.T.」をおちょくるパロディ。このあたり好みが分かれそう。パロディと了解して見ないとだめですね。
サイモン・ペッグは、最近では「Mi:4」で、頼りないチームメイトを演じてますね。

p50699

地球滞在歴が長い宇宙人ポールは、英語も達者、サブカルチャーまで超詳しい(汗)頭の回転も速い。
毒舌、際どいジョークを飛ばし、冷静な判断でオタクにカツをいれる。

しかし最大の見どころは、SFオタクの2人組ですね。
念願のコミコン…オタクの祭典に来て、子どものようにはしゃぎまくり、オタクにしか通じない細かいネタで盛り上がる。とにかくうれしくてしょうがない。仲が良すぎて、ホテルではゲイのカップルと間違えられる始末。
オタクはオタクといる時が一番楽しくて自分らしい、くつろげるんですよねえ(笑)
普段はたぶん地味、いかにも冴えないオタク。そのキモい生態と、気は優しくて弱虫、泣き虫、いつだって純情なオタクをこんなに優しく表現した映画を私は知らない(爆)
旅の途中、なんとオタクと恋仲になる純情な少女がいてうれしい限り。
オタクのサクセスストーリーにもなっています。

ポールを追跡する捜査官も、地元警察の若い二人も、狂信的な少女の父親も、いずれもおかしい人ばかり。
一番まともに見えるのが宇宙人ポールってワケ(笑)

関連記事
映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示