FC2ブログ

2012全米 男子FS アボちゃん完全優勝!

2012年01月31日
2012 Prudential U.S. Figure Skating Championships
Jsports フィギュアスケート 男女シングル生中継/全種目放送
スポーツナビ-フィギュアスケート特集

全米男子、まさかのSPシリーズ(涙)
第一弾、リチャード・ドーンブッシュ
FSはまさかの3番滑走(汗)でも今日は良かったよリッキー。
4T他、ミスはあり、ベストとは行きませんが、彼らしい魅力がいっぱいの楽しいプログラムで、順位なんてどうでもいい…と、思ったらFSだけなら5位(喜)
そう言われるともっと上でもいいんじゃない?などと欲が出ます(笑)
おお~カウボーイハットがリンクに。お決まりですね。
来季がんばれ、彼なら大丈夫でしょう。

第二弾、まさかのSP14位、ファリス君。
ジュニアでは素晴らしいスケーティングでしたが、今日は全体に焦ってバタバタしているような印象。

第三弾、SPまさかの12位、ムロズ。
ちゃんと滑っていて一安心。しかし、どうにもこうにも、調子悪かったとしか言えない。
ちょっと情けない顔をが、一段と困った顔に。頑張れ!

ダイアー、昔のジェフみたいな雰囲気、きれいなプログラムです。

Jr.GPF優勝ジェイソン、前半は最高、このままいくかと思いましたが、後半のサーキュラーからミス続出。ジェイソンのプログラムはノーミスでこそ威力を発揮するプログラムなんですよね。厳しい得点になってしましました。
でも魅力的なスケーターです。

キャリエール君は「白鳥の湖」仏壇の後背みたいな衣装。
以前は上手だけど面白味が…なんていう選手でしたが、バレエのレッスン、頑張ってきたんだろうな。上半身の動きが別人です。
素晴らしい3連続ジャンプ、すごく頑張ったと思います。
残念なのは、サーキュラーステップの振付が全くなってない、音楽に合ってない振り付けでは?

会場にボイタノ、クリスティ・ヤマグチ、ライアン、ワイスだ。
マックス・アローン、4Sで転倒。緊張してますね。
マイナー君、「アンタッチャブル」悪いとは言わないまでも、ピリッとしませんねえ。それでもまずまずの評価。

キーガン!「タイタンの戦い」
キーガンらしい芝居のようなプログラム。この路線ばかりって気もするけれど。
4Tは3Tに、コンボはすべてミス、肝心のところでミスが多かった、残念!
しかし12位とは…もうちょっと上では?(汗)

マーバヌーサデー、「キルビル」足に工事中サインが(汗)
全体に慎重で迫力に欠けたかな。戦闘的な感じの方がプログラムにあうと思う。

アダム、肌襦袢衣装。
杉田さんがナーバスと。まさしくそんな感じ。
もともとジャンプのためが長い方なんですが、調子のいい時は、そのためさえアダムの美しさを堪能できるのですが…。
今日は、長いタメにドキドキドキドキドキドキ…
正直なところ、この得点は高すぎでは?

アボちゃん!素晴らしかった!
緊張は感じたけれど、4Tもきれいに決まりました。
高得点でしたが、2位以下とこれくらいの差があってもいいと思えるくらい良かったと思います。
美しい~、ステップもいいですね。
こんなにスケールが大きかったけ?会場全体を音楽で包み込むような包容力を感じました。

終わってみればアボちゃん完全優勝、それにふさわしい内容でした。自信を持って次の大会へ迎えるのでは。
2位以下はミスが多かったのが残念、そこで生き残り作戦って感じ(汗)もう少しアボちゃんに拮抗する選手がいた方がおもしろくなるのですが、杉田さん風にいえば、ライバル選手がナーバスってことで。
キーガンがまさかあんなに…(涙)
得点の出方にはいろいろな考え方がありますが、最終滑走のアボちゃんの演技に景気良く出した!ってことでいいんではないかと(笑)

以前はナショナルでも、国際大会に準じた(つまり手厳しい)採点で…と思うことがありましたが、日本だけがそんなことをしても、カナダやロシアで大盤振る舞いしてしまうと、日本だけが自己評価を下げてるみたいで、対外的にも得にはならないんですよね、たぶん。
最近は大盤振る舞いでもいいかなと(笑)
つまり全日本のダイスケには100点出せば良かった…今更ですが(笑)

四大陸はでは早くも、ダイスケ、パトチャン、アボちゃんのガチンコ勝負ですね。


関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
最高の全米選手権
最高の全米選手権でした(^^)
アシュリーは初制覇するし、アボッチも。
もっとも、アボッチの場合はSPが終わって結構余裕の逃げ切り状態になり、FSは結構安全運転に入っていたようで。
今後のアメリカ男子のことを考えると、アボッチのライバルがアダムだけという状態から、ドーンブッシュ、マイナー、ムロズ、マーバ・・・等々の彼らが台頭しなければいけないとは思うのですが。

今回の全米・欧州で感じたことですが、私のスケーティングの好みが流れるようなスケーティングもですが、ドーンブッシュやコンテスティのような小芝居系も割りにツボに入っているかなと(笑)

四大陸どうなるのでしょう?
全米選手権を終えたばかりのアメリカ勢はやや不利と見ますが、男子の場合プルさんワールド回避との情報も流れる中、本当にプレワールドになってしまいそうで。

今季はシーズンまだまだ先が有りますね(^^)
>クッツさん
アシュリー、アボちゃん、優勝おめでとうございます。
アボちゃんは、SPの貯金があったとはいえ、期待に答えてくれるたくましさがうれしいですね。
クッツさんが小芝居系に興味をもつとは…でもリッキーはスケーティングもいいので、クッツさんにオススメだと思いますよ。

アシュリーは初優勝なんですよね。ずっと優勝候補だったけれど、ここまで長かったですねえ。
上腕と肩の筋肉のつき方を見ながら、トレーニングをすごくがんばったなあと思って見てました(笑)
まず内容が良かった、勝ち取った優勝は価値も高いとと思います。

> 四大陸どうなるのでしょう?

プレワールドになりそうですね。
四大陸はランキングに反映されても、来季の枠取りは関係ないので、各選手思いき切った内容攻めて欲しいですね。
しかし、コロラドは標高高いので厳しいかな?パトチャンは、高地トレーニングしてるらしく、自信あるみたいですよ。
いずれにせよ、クッツさんのシーズンが1月から3月まで伸びたこと、本当におめでとうございます。


管理者のみに表示