FC2ブログ

荒川静香 Friends+α フレンズトーク2012 荒川静香×高橋大輔

2012年03月19日
フレンズプラスも最終回、ゲストはダイスケ。すぐに動画は上がってくると思うので、テキトー感想で(笑)
映像、FOI2006記者会見、みんな若い!…つうか、ダイスケがそこらの遊び人のあんちゃんで(汗)

荒川さん:最近一番楽しいことと辛いことは?
ダイスケ:辛いことは朝起きること。楽しいことはストレッチ。
荒川さん:変わったことは?
ダイスケ:気持ちがあっても、体がついてこない。
荒川さん:メンタルは変わったよね?
ダイスケ:弱かったですね。今も弱い…でも対応ができるようになった。

映像、FOI2007 バチェラレット
若い!なつかしい。この頃も年々大人っぽくなって…と思っていたのですが、青いですねえ(笑)ステップの突っぱった足が…今の体ならもっと上がるよねー(爆)

S:スケートで今一番おもしろいことは?
D:試合でみんなが4回転…それが楽しい。以前は守りだった。攻めることに否定的な部分があって、自分では違うと思っていた。いましかできない試合は攻めたい。その分キツい
S:男子は誰も守らないよね。すごく刺激的。

トップ選手が4回転なしでは勝てない今の状況は、おもしろいらしい。今のダイスケは、スケートにどっぷり、他にしたいことがない。

今嫌なことは?
S:リンクがないこと。震災があって、リンクが被災した選手たちが、練習できない時期が続いた。何もしてあげられないのが心苦しかった。それがいつまでなのかわからない。
D:いつまでかわからないのは一番キツいかも。それを思うと(自分は)ぜいたくに練習している。
S:自分の不満が小さく見える。
D:力さえあれば、一人だけじゃ動かせない。もどかしい。何かしたいけど。
S:大ちゃんは頑張っていることで伝えられることがたくさんある。
D:大阪に住んでいると、状況が見えない、忘れてしまう。公の場で発言できる人間なんで(忘れないようにしたい)

映像、FOI2008、eye 。うわーっ若い。色っぽいけど今みるとホストっぽいような(汗)そして、危ない感じも…当時は感じなかったですが。どうもダイスケの過去の映像は、なぜか気恥かしい。
このあと、LUV LETTERもあるんですが、やはり幼く感じます。
その時その時、どんどん大人になってまぶしいくらいなんですが、進行が早いので、2、3年前が幼く感じるんですよね(笑)

FOI2012について
S:半分やってよ。
D:無理!要望は聞くけど。

ダイスケ即答(笑)
荒川さんは、今年はがっつり滑るグループナンバーにしたい…らしい。
ケンジくんをこき使う予定…らしい。
イーグルいれる…らしい。
ダイスケのFOIで思い出は、2008のオペラ座。ニコライと別れて荒れてた頃か…フレンズは心のよりどころだったのかもしれませんね。

荒川さんがしたいこと。
S:30代、力みがなくなった。
一生人に見せられる滑りができるわけじゃない。アマチュアの時は考えなかったけれどコーチも視野にいれている。理想は出張、いろいろな人に伝えたい。
D:学校(スケートだけでなく、勉強、ダンス、トレーニング…)みたいなところで、みんなが一緒にトップ選手を育ててみたい。
S:できたらいいね。
D:やりましょう。できるようにしましょ。何年後かわからないけど。

荒川さんのプロデュース能力はすごいと思うんですよね。もし滑らなくなっても、名前を冠にアイスショーを開催してもいいんじゃないかなと思います。
二人とも社会的責任を自覚しているし、後進を育てる話か…大人になったな。
ダイスケの場合、夢を叶えるには、やっぱソチで金取ってもらうのが近道では?(笑)

荒川さんもダイスケも英語をマスターしたい。
S:大ちゃんは耳もいいし、勘もいい。
D:耳は強いけど、こっち(頭)弱いから(笑)

酔うと英語話せる…これ、よく聞く話ですよね。
ダイスケ、英語を頑張って荒川さんのサポートを約束…ダイジョウブか?
大型二輪取った荒川さんは、バイクでアメリカ縦断と横断をしたいらしい。
ダイスケ、今シーズンが終わったら英気を養いたい、ブロードウェイとか、刺激を受けるところに行きたい。

映像、FOI2011 マンボ。くどい、暑苦しい…(苦笑)
対談のダイスケがあまりにナチュラルでおっとりなんで、ギャップが(汗)

D:英語を身につけたい。シャイなんでコミュニケーションを取るのが苦手。今後は、将来のためにいろいろ人と友達になりたい。
S:英語しゃべれるとしたら、誰と?アマチュア代表、プロ代表、コーチ代表なら。
D:コーチはニコライ。今なら真剣にしゃべれる。
アマチュアならメリル、パトリック、ミハル、トマシュ、いっぱいいる。プロはカート、ステファン、ジェフ。
S:(ダイスケがステファンに振付してもらった時)何を聞いても返って来なくて心配になったって。
D:シャイだから。

普段の英語は大丈夫そうですが、もう一つ突っ込んだ話となるとね。
英語が話せたら、今ならニコライと話したいか…なんかウケました!(笑)仲違いしてた親子が、息子が大人になって酒酌み交わすみたいな?

S:自分の理想にたいして、今はどれくらい?
D:自分の限界がわからない。まだまだいける気がする。

D:昔から見てる人は、僕の危うさを知っていると思います。それも含めて楽しんでくれている方がたくさんいるので。

限界がわからないって、これすごいですよね。楽しみです。
危うさはダイスケのエモーショナルな表現力と表裏一体ではないでしょうか?ファンはみなわかってますよね。
こんな風に過去の映像をみるたび、ダイスケはいつだって今が一番かっこいい、そう思います。

荒川静香 Friends+α(フレンズプラス)
あれから1年…フレンズトーク2012 荒川静香×高橋大輔
~Go to "SOCHI" 悩み、もがいた男が決めた生きる道とは!~
【#7[終]】 3月18日(日)21:00~

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示