FC2ブログ

2012ジュニアワールド ペア・アイスダンス放送を見て

2012年03月22日
ペアとダンスの選手は詳しくないので、いい加減な印象から~
会場はベラルーシのミンスク、使ってないキスクラの椅子が…人間椅子みたいだよねー怖いねー
…わからなかったらスルーしてください!(汗)

○ペア
ジュニアの場合、二人の体格のバランスがシニアまで維持できるかどうかが重要ですよね。あのキスクラのコーチみたいになったら大変だよね~と思いながら見てます。
…え?どのキスクラかって?見りゃわかる(汗)

全体にレベル高いと思いますが、中国の最新鋭早炊き炊飯器こと、スイ&ハンが別次元のレベルなので、全部持ってかれたような気がします。
SPのスロージャンプのキレ、飛距離、流れ、すばらしい!
フリーはミスも多いのですが、やってることが…スロークワド他、難しいことばっかりしてますからねえ。気迫も伝わってきます。
芸術性、表現力となると、うまいんだけどイマイチ気持ちに響いてはこないのですが、それは若いし、これからですね。

○アイスダンス
ロシアの表彰台独占はなりませんでしたが、やはりロシアとロシア系の国が強かったですね。
最近見かけなくてさみしい、かつての一大勢力リニュチュク先生が度々登場。毛皮がマダムだねえ。
有望なジュニアを抱えてるんですね、これから期待できそう。
アニシナ姐さんもいましたね、相変わらず魔界の女王みたいでかっこいい。

シニアの若手では難しいなあと思っていたSDのラテン、ジュニアだとそれほど違和感を感じないのはなぜでしょう?サンバとか普通に楽しい。
どの選手も美男美女、衣装も素敵ですよね。
皆リフトが凝っていて、どーなってるの?知恵の輪かと思ったよ(汗)

メダルセレモニーに平松さん(ジャッジ)、ここにいないのは日本人選手だけと、解説の藤森さん。
シニアはともかく、ジュニアのアイスダンスに日本選手がエントリーする日はくるだろうか?とふと思う。
ジュニアであってもこの濃厚な男女関係の雰囲気、今大会もアジアからは中国の一組だけ、欧米の文化的ベースがないとアジアンにはダンスは厳しいのか…?
と、友人にこぼしたら、今現在、日本のノービスに3組はいるはずとのこと。おお~それは初耳、うれしいです。
スケートの練習も大事ですが、まず演技直後、リンクのど真ん中でチューする練習してほしい(爆)文化!文化!

参考動画/はじめてのチュウ 山崎まさよしバージョン HAJIMETE NO CHU
日本人はまずこのあたりから(笑)

World Junior Championships 2012
Minsk / BLR 27.02.2012 - 04.03.2012
Starting Orders / Results


関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示